03.03
Fri

ものすごくハードな仕事をしているわけではありませんが、
時々、どっと疲れたり、心がおれそうになったりして、
料理をする気力がなくなるときがあります。
もともと料理がそんなに好きじゃないこともあります。
また、何か理由ががあればこれ幸いに-
とばかりに手抜きに傾く傾向にあります。

経済的なことだけでなく、
できるだけ手作りのものを-
と思っていますが、お惣菜に手が伸びることも。
作る時間がないわけでなく、
気力が追いついていないだけ。
だから、「買う」という行為に多少の罪悪感-
が、ありました。
今は全くないわけではありませんが、
そのひとつによって、
気がラクになったり、
他のことがスムーズに運べるなら-
たまに、たまの、こういうのもアリだと思えるように。
頑張りすぎて自分で自分を追い詰めて、
八方塞がりになるのを回避できればいいのかなと。

+

シルクスイートというさつまいもにハマっています。
甘くてとっても美味しいです。

さつまいもをチンして、
レタスやきゅうり、トマトと胡麻一緒に、
サウザンアイランドドレッシングで和えただけ。
繊細さのカケラもないけれど、
さつまいものほっくり感もあって旨旨。
お腹が膨らみます。

IMG_20170303-9631.jpg


+








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
02.18
Sat
                        

缶詰は食べながら備えるローリングストック法で、
日常に取り入れています。

サバ缶とごぼう炒め。
これが一番お手軽です。
油は使わず、サバ缶(お汁も全て使用)とごぼうと人参。
味付けは醬油、酒、味醂。

IMG_20170218-002-9411.jpg


お醤油味のおかずなら白ごはんで-
といきたいところですが、ひじきご飯で。

IMG_20170218-001-9405.jpg

+

8年間「食べない」を実践されている弁護士先生が
いらっしゃると知りました。
食べることが好きな私には「不食」という二文字は
頭のなかにはありませんが、
不食という生き方-
そういう生き方もあるのだなと。

美味しいものをモリモリ食べる-
食べる楽しみ-
それが私にとって元気の源です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
01.18
Wed

今年のお正月は酢ばすさえも作らずだったので、
今頃ですが、作ることに。

以前から書いておりますが、
料理が苦手(大きな声で言うことではありませんが)です。
しなくてすむものならしたくない-
が、本音。
でも、そういうわけにもいきません。
気がすすまない時に無理しない、
自分の気持ちが前向きな時に、
常備菜などは作ったり。
キッチンで使う道具などを、
好きなものを使ったりして、
心が弾むようにしたりしています。

+

さて、酢ばす。
昆布だしをとることから始まり、
甘酢をつくりハスを茹で漬けて出来上がり。

IMG_20170118-001-9099.jpg


出汁でとった昆布で佃煮を。

IMG_20170118-002-9094.jpg

たったこれだけのことですが、
やっぱり時間と心に余裕がないと、
作る気がおきない(> <)
でも、余すことなく使い切ると、
やっぱり気持ちがイイ。

+ +

この日、たまたま目にした記事で、
俳優の堤真一さんの言葉。

自宅に招いた友人のために、
前夜からスープをとったり、
料理をつくってもてなすそうです。

「プロの料理は美味しいし、凄いなぁとしょっちゅう思うけれど、
また行こうとはあまり思わない。それより、
おふくろの作ったおにぎりの方が何度でも食べたくなる」と。

「僕の勝手なイメージですけど、便利なもので身の回りを固めると、
自分も便利な扱いしかされないように思う。
でも、普段から手間を惜しまない生活をしていると、
それが自分にもきっと返ってくると思うんです」


+

手間を惜しまぬ暮らしを・・と思うものの、
なかなか普段の暮らしは手抜き全開の私ですが、
ちょっと手をかけて丁寧に心がけけてみること-
心にとめておきたいなぁと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12
01.12
Thu

芽がでてきたじゃがいもがあったので、
まとめて消費しよう-
いもだんご(いももち)が簡単でイイ!

以前、大根餅風、いもだだんごを作ったら、
(大根餅風と書いたのは、じゃがいもをすりおろして作ったので)
夫からやっぱり、子供の頃から食べ慣れた
いもだんご(いももち)が良いと言うので、
本来のいもだんごを作ることに。

+

茹でたじゃがいもを熱いうちに潰し、
触れるくらいになったら片栗粉をいれて混ぜます。
パサパサ感がなくならないなら、茹で汁を少しいれて。
ラップにくるんで棒状に形を整え、しばらく放置。
少し粗くつぶすとじゃがいもの食感が味わえます。お好みで。
この状態で冷凍保存も可。
(茹でずにレンチンでした場合でも少し水分を加えた方がまとまりやすい)

IMG_20170112-001-9003.jpg

好みの厚さに切ってフライパンで焼きます。

IMG_20170112-002-9005.jpg

味付けは醬油やバターをつけたりお好みで。


今回は-
両面に焼き目がついたら、前もって合わせておいた
タレ(醬油、味醂、砂糖 1:1:1の割合)をかけて絡めてできあがり。

IMG_20170112-003-9006.jpg

甘じょっぱいノーマルな食べ方ですが、
チーズをいれたり、ベーコンや海苔を巻いたり、
アレンジ次第で色々な味が楽しめます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
12.21
Wed

最近、ひき肉って「解凍肉を含む」っていうのが多いから、
冷凍できないこともあって、作る機会がなかなかなく。
「今日はハンバーグ作るぞ~」って決めて、
久々にハンバーグを焼きました。

IMG_20161221-001-8741.jpg

で、いつものハンバーグではなく-

おうちのハンバーグって、
家庭の味ってありますよね。
時々豆腐をいれたりしますが、
基本スタイルは、玉葱を炒めたものと、
溶き卵、ナツメグと塩、胡椒であじつけ。
つなぎにパン粉と豆乳(または牛乳)

なのですが-
今回、夫から何やらネットで
コレが美味しいって評判だから、っていうので、
作ってみたのが、

シャウエッセン入りハンバーグ!

まずいわけがない・・。

味付けは塩、胡椒だけだったのですが、
我が家はいつもの基本スタイルでナツメグ入り。
みじん切りにしたシャウエッセンをいれて。

↓シャウエッセン見えるでしょう?

IMG_20161221-002-8745.jpg

片面が焼けたらひっくり返して、
蓋をして蒸し焼き。


ネットではかなりジューシーなのですが、
ちょっと焼きすぎた感が否めませんが、
肉汁がすごくて、その肉汁を使ってソースを作りました。

IMG_20161221-003-8747.jpg

でも、味はいつものハンバーグより旨旨。
美味!
ウインナーが入っただけでこんなに美味しいの?って感じでした。

ウインナーの量は一つのハンバーグに1本くらいとあり、
入れすぎるとシャウエッセンの味が強くなるので、
これくらいが良いそうな。
まぁ、好みの問題ですね。

ちなみにレシピは、ひき肉 300グラム シャウエッセン 4本




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
back-to-top