09.11
Fri

実家の母は、好きなものはなかなか使えない人です。
とくに器、ふだんは割れてもかまわぬものや、
景品のものを使っていました。
しかも意外と景品のお皿って、ものすごーく丈夫なんですよね。
さほど器に拘りがなかったのかもしれません。
以前実家の整理をした時、まだあったの?というくらい、
古いものがたくさんありました。
で、気に入ったものはしっかり箱にはいったまま。
数があれども、そのほとんどは使われず。
結局使わずじまいに、おうちのリフォームとともに、
処分となりました。

+

私自身も結婚当初は、
好きな器もありましたが、
夫が独身時代から使っていたものを
そのまま使ったり、とりあえず‥‥的に、
安易に選んだものを使っていました。
なので、特別な思いれがあるものでもなく、
正直どうでもいいものでした。
どうでもいいものは、ついつい雑に扱ってしまったり、
そこには、割れても心が傷まぬ・・
そんな思いが私の心にあったのかもしれません。


IMG_20150911-5276.jpg


ひとつ、ひとつ好きな器を持つようになって、
ふだん使いしていても、意識の違いが変わってきました。
好きな器だからこそ、食器を拭くにしても、
丁寧に扱うようになったり、テーブルに置く時、
コトンではなくそっと置くようになりました。
もともとガサツなワタシ ^^;

でも使う頻度が高いと、
うっかり欠けたりするものもでてきます。
残念な気持ちはもちろん沸いてでてきますが、
ふだんたくさん使っているので、
後をひきずることはありません。


器に限らず、
好きなものと暮らすことは、
大事に使ふ、ということなのかなと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
09.10
Thu

IMG_20150910-5275.jpg

少しずつ好きな器を手にしてきました。
小さな食器棚に入るだけのもので、
汎用性のあるものを-
なので種類も多くなく、
どれも2セットだけです。

+

お料理上手なブロガーさんのところで、
美味しそうなお料理と一緒に写っている器が、
またいっそ、美味しそうに見えたりして。
その器を手にしたら、美味しそうな料理を
食卓に飾ることができるんじゃないか?
なんてばかな空想をしたりして^^;

+

あまり料理は得意ではないのと、
ワンパターン化になるので、
新しいレシピを見つけて作ったりもします。
ヒットするものもあれば、あららら、
頑張って作ったわりに、夫にはいまひとつ、
といったこともしばしば。
凝らずに作るもののほうが好まれたり。
結局、献立のパターンを振り返ると、
リピートするものは、以前から作っているものが多く、
1度きりというのは、結構頑張ったのに、
夫の受けが悪かったものという感じです。

+

食器の種類や数-
2人家族で多いか少ないかは、
ライフスタイルや価値観で違うと思います。
我が家の場合、コース料理を作るでなし、
コジャレたものを作るでなし、
レパートリーが少ないこともあり、
種類も少ないので、
手持ちの器がローテーションされ、
使わぬ器がないです。

でも暮らしに変化はつきものなので、
食器棚の見直しはときどきするようにしています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
03.19
Thu

昨日は私の住む街もすっかり温かく、
すっかり薄着になり、冬ものはもういらないか、
などと思っていたら、どうも来週はまた寒くなるとか・・。
体調を崩さないように気をつけないと。

+

梅の花がすっかり咲きほこり、
桜へとバトンタッチする頃、
黄色の花が開いていました。

IMG_20150319-001-5139.jpg


山茱萸(さんしゅゆ)-
ちっちゃい黄色の花が寄り集まって、

IMG_20150319-002-5137.jpg

可愛い姿を見せてくれます。

IMG_20150319-003-5130.jpg

黄色の花は、やっぱり元気をもらえそうな気がします。

++++++++++++++++++++++++++++++

長くブログを読んでくださっている方は
ご存知かと思いますが、
我が家はお客様用とふだん使う食器と
区別して使っていません。
少ない枚数でも好きなものを持つ-
お客様が来た時だけなんてもったいない。
毎日の暮らしで好きなものを使いたい。
それがどれほど心の潤いに繋がるか。
だからどうでもいいもの、適当、でなく、
好きなものを選びたいと思いました。
全部揃ってなくてもたいしたことでなく、
おもてなしの気持ちは、
他のカタチで十分伝えることもできます。
やっぱり日々、家族との「今」の暮らしを大切に
積み重ねて行きたい-。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
11.01
Sat
以前に「器の話」に登場した、
結婚前に気に入って買った器たち。
マグカップもあったのですが、取手が割れたので、
私の手元に残ったものはこちらだけ。大切に使っています。

IMG_20141101-001-8028.jpg

右の茶碗は、丼でもなくごはん茶碗より大きめのもの。
ごはん茶碗は、手前の湯のみとお揃いの
赤いものなのですが、実家に残し帰省時に使っていました。
実は、実家の母から電話で、
リフォームするのにどけておいた食器を、
間違ってなのか、意図的なのかわかりませんが、
兄に処分されてしまったとのこと。
(母は気に入っていたものだということを知っていたので、
どけておいてくれていました。)

私が片付けを全てするわけでないので、
そうなるだろうな・・まぁ予想どうりというか。。
先日のお箸の時に一緒に持ち帰れば良かったのですが、
お茶碗だけは置いてきました。これを残すことで、
「また帰って実家でごはんを食べる」
そんな思いを馳せたというか・・・。

電話の向こうの母は、何度もごめんねと。
母のすまなさそうな顔が浮かんできました。
気遣う母をよそに、私はなんともないよ。

この作家さんのはもう手にはいらないので、
心が淋しくないといえば嘘になりますが、

モノですから。

いつか割れたりするものですし、
愛着はありますが、たくさん使いましたし、
執着はありません。

以前の私なら、きっと怒りがこみ上げて、
恨み事のひとつやふたつ言い、
母にあたってしまったかもしれません。

IMG_20141101-002-8041.jpg


意外なほどあっさりしている自分がそこにいました。

どんなに好きなものでも、
どんなに思い入れがあっても、
どんなに丁寧に使っていても、

モノですから。

新しく買うにも、同じものはなく、
代わりはありません。
でも、不思議とあきらめがつくというか、
たくさん使わせてもらったという思いでいっぱいだからか、
諦めきれないということもありません。

形あるもの、いつか壊れるから。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
back-to-top