09.09
Sat

メラミンスポンジはお手軽で便利なのですが、
材質によっては(プラスティック素材など)
目に見えない傷がついて
余計に汚れがつきやすくなることもあって、
以前から多用することをやめました。
それでも水だけで落ちるというのは魅力的。
どうしても・・という時、
最終手段として使うことにしています。

なのでふだん、
スポンジの古くなったものを格下げしたり、
ウエスを使ったりしていますが、
いつでもある、というわけでもないので
その対策にも頭を悩ませていました。

そんな時、ブロ友さんが使っているクロスが気になって・・。
おすそ分けをいただき使ってみると、
使い勝手がよかったので購入。

IMG_20170909-3717.jpg

水を含ませて落とす巻きまきがんこクロス

トイレットペーパーのように巻かれています。
ミシン目は入っていません。
自分の好きな長さにカットして使います。
材質は、ポリエステル不織布 ゴムラテックス。
研磨剤は不使用。

メラミンでも同じでしたが、
こびりついた汚れが、
さっとひと拭きでは落とせませんが-

軽く拭いて汚れがおちるものもあれば、
こすらなければ落ちない、ということもあります。
軽い汚れなら石けんで洗えば数回使えます。
と、説明にも書かれています。
が、それも汚れの度合いによるかなぁ。
こびりついた汚れが酷かったらやっぱり使い切る。
そのために好きな長さで使えるのがいいのかもしれません。

メラミンスポンジと巻きまき頑固クロスとどちらが汚れが取れるか-
研磨して汚れを削るメラミンと、
繊維に織り込まれたゴムラテックスで
こすりとる巻きまき頑固クロス。
言わずもがなです。
けれど傷がつかないでほとんど気にすることなく、
色々使えることを思うとね。
まぁコスパを思うと、
100均で買えるメラミンはお得感もありますが、
使い方次第では巻きまきクロス、
いいんじゃないかと個人的には思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
08.28
Mon

IMG_20170828-3637.jpg


浴室掃除、浴室の換気扇(シロッコファン)の掃除については、
過去何度か書いています。
結局行き着いたのは、汚れが軽いうちに落とすということ。
当たり前なの話しですが、水垢が白く残ってカピカピになると、
落とすだけでも大変。我が家はお風呂に入ったあと、
掃除をするようにしていますが、もうしんどい時は、
こする作業を省いても
水気を拭きとるだけでも、水垢残りは防げます
決して隅々まできれいにではなくても、
大雑把でも(特に床)拭き取るようにしています。

浴室のシロッコファンの汚れも湯気で
ねっとりと真っ黒になって落とすとなると、
それなりに結構大変です。
重曹やセスキ、クエン酸、その他色々駆使しましたが、
こすり落とす作業は必須。
湯気と埃がこびりつく前だと、
お湯で流すだけでも落ちるけれど、
毎日できる話しでもなく。

黒くなった汚れの程度にもよりますが、
グレーの状態になるとお湯で流すだけでは落ちません。
たまたま重曹、セスキを切らしていたので、
キッチンで使っている液体石けんをかけると、
みるみるうちに薄っすら着いた汚れが流れ、
ちょっとブラシでこするとスルリと落ちました。
(多分他のキッチンの合成洗剤でも同じことが言えると思いますが)
ちょっと目からウロコ。
結構他では多様使いしている液体せっけん。
時々トイレや浴槽そうじにも使用。(メインはクエン酸スプレー)
正直、食器の油汚れは合成洗剤を使うよりは、
一手間(ウエスで拭いたり、重曹スプレーをつけたり)
必要ですが、手荒れがなくなったことが大きいです。
今使っている液体石けんは、
これまで使っていた液体石けんのなかでも
コスパもいいので長く使っています。
(合成洗剤から石けんへの移行時、最初は苦労し挫けそうになりました)
話しはそれましたが、今回は浴室掃除の話なのでもとに戻しますが、
浴槽掃除には使っていても、シロッコファンには
頭から落ちないと思い込んでいたところもあって、
今回初めて使って、この程度の汚れなら落ちると判明。
なんでもっと早くに試さなかったんだろう・・。

溜めすぎず汚れが軽いうちなら

やはり短時間で掃除も完了。
これは今までと変わらずですが、
おうちにあるものが多様に使えるのが
またひとつ発見できたことは良かったと思いました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 0
06.05
Mon

キッチンの換気扇と違って油まみれになりませんが、
湯気と埃で結構汚れる浴室の換気扇。
旧換気扇はどうやってもシロッコファンが外せなくて、
苦い思いをしていました。
が、新しい換気扇になってシロッコファンが簡単に
取り外せるようになって喜んだのも束の間。
油断しすぎてこんなことになったこともありました。( ̄∇ ̄;)

IMG_20160909-004-6513.jpg
(画像は以前の時のものです)

ここまで埃の色が黒くなるのは酷すぎますが、
それでも1、2ヶ月で薄っすらと埃はついています。
湯気にまみれた埃は、流すだけではやはり落ちません。
浸け置き洗いも色々試しましたが、
スルっと落ちたということはなく、
シロッコファンヘラでこそぎ落とす必要がでてきます。
このヘラを使うようになって、
羽の汚れは落としやすくなりましたが、
やっぱり時間もかかります。

どの程度なら埃がスルっと落ちるのだろうか-
毎日掃除の時、一緒に洗えばベストでしょうが、
毎回・・・と決めてするなると、長続きしなさそうなので、
基本週1、2回(これも埃の付き具合を見て)、
浴室掃除と一緒に洗うことにしました。
この程度ならゴシゴシしなくても、お湯で洗い流すだけで、
埃も一緒に落ちてくれそうです。

IMG_20170605-2049.jpg

そういえば、新しい換気扇に変わったとき、
こまめに洗えば埃もべったりついていないので、
掃除がラクだと自分でも書いたような^^;

換気扇カバーをつければ幾分マシになるかもしれませんが、
シロッコファンの取り外しはそう億劫でもないし、
こまめに洗い流せば、洗剤も不要だし時短にもなるので、
この選択をすることにしました。

自分のやりやすい方法で、
自分がラクな方法で掃除するのが1番・・・ですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 0
05.26
Fri

新緑の季節の紅葉もまたいと美し。

IMG_20170526-1721.jpg

                             
2年に1度の排水管の高圧洗浄が終わってほっとしました。

先日からそのために、と言うとちょっと語弊があるけれど、
やっぱり少しはきれいにしておかないと、
と、サボリ気味だった掃除も集中掃除したり。
その甲斐あってか、「きれいに使われていますね~」と言われ、
やっぱりその一言は正直嬉しい。
ま、他人がお家に入ってくるとなると、
そりゃ、見栄もありますが-
清掃の人は、仕事だから淡々とこなしていくだけのことでしょうが、
もし自分が触るとなると、ドロドロのトラップやゴミ受けを
触るのはヤダなぁと思う、から、やっぱり、
そこそこキレイにしておこうとも思うわけで。
だから、人が来るから、でなく、結局自分の為なんだよね。
自分が暮らす住まい、気持ちよく暮らしたいと思いますもん。
私は-
汚れを溜めすぎてそこに費やす時間と労力を考えると、
やっぱり溜めずに、テキトーでもちょこちょこ掃除しているのが
1番だと思うのです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
05.19
Fri
  
マーブル柄のような薔薇、咲いた姿はどんなだろう。
                                      
IMG_20170519-1553.jpg


先日、浴室の床の凸凹の境目の
汚れの掃除をした記事を書きましたが、
床がきれいになるとやっぱり気持ちがいいです。
半ば諦めかけていたところもありましたが、
やってみてダメで元々、できれば上々。
実のところそんな気持ちもありました。

シンクの方はというと、(記事はコチラ
あれから嘘のような水切れに感動です。
もちろん、水ハネは白く残ってしまうので拭きあげますが。
軽くスポンジで撫でるようにこする、
水を流すとスルスルと流れていくのを見ると、
時間はかかりましたが、
コーティングして良かったと思います。
とはいえ、まだ日も浅いので、
これまで定期的に時間をかけて磨いていたことも、
しなくてよくなったのか気になるところです。
これから気づいたことはレポしていきたいと思います。

ここのところちょっと頑張っているのは、
近々排水管の高圧洗浄が行われるので、
目につくところは念入りにキレイにしておこうかと。
今回のように高圧洗浄やガスの点検や、修理等々で
他人がお家に入るって、やっぱり緊張感があります。
いちいち、気にしてないかもしれないけれど、
キレイにされていますねと言われると、
やっぱり嬉しいもんね。

誰かが来るから、でなく、
玄関の掃除のように毎日苦痛なく、
短い時間で自然に習慣化されることがひとつでも
ふたつでも増えればいいなと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
back-to-top