07.15
Sat
                   
IMG_20170715-2917.jpg

亡くなった祖母の家同様、
かつての実家もモノが溢れていました。
モノのない時代に育った世代は、
使えるものを捨てるということはハードルが高く。
なので片付けが難航することもあります。
祖母の場合は、祖母の死後、おうちの片付けをしたので、
捨てる、捨てないで意見が対立するということはありませんでした。
けれど、箱に仕舞われたままのまっさらなモノでも、
時が経って色あせが激しかったりして、
使えないということで処分せざるを得なかったものも多々ありました。
新しいものがあるのに、破けていない、まだまだ使えるからという理由で、
おそらく新品をおろさなかったのでしょう。
片付けていた母が、祖母が使わないままにしていたことを嘆いていました。
けれどその母も、自分の持ち物は同じように仕舞い込んでいました。
おうちのリフォームがなければ、今も箱に仕舞われたままのモノが
溢れていたと思います。片付けるきっかけがあったことで、
否が応でも片付けなければならず、
要、不要の判断をしなければなりませんでした。
でもその過程で、仕舞った本人でさえ忘れていたものがあり、
仕分け作業ということも億劫になっていました。
年をとってからの整理は体力的にもしんどく、
めんどくさくなったのも事実でした。

そういうのを目の当たりにすると、
精神的、体力的に衰える前から、
暮らしを整えておきたい、と、
よりいっそう思うようになりました。

とはいえ、私も気づかなかった時は、
やっぱり祖母や母と同じように
たくさんのモノに囲まれていることが幸せだと思っていました。
大事なものは(特に大枚はたいて買った物は) 使うのがもったいない。
だから特別な時だけ・・・ふだんに使うのはもったいない。
なのでそれ以外は大切に仕舞って、大事にしているつもりでした。
ほんとはそんなの大事にしてるって言えないのに。
しかも、たくさんあっても使いやすいものはほぼ決まってくる。
どうでもいいものが増えてきても捨てない、いや捨てられないから、
溜まっていく一方。負のスパイラル。
でも当時はそのことに気付かず。
ただただ執着心の塊でした。

断捨離に出会い、片付けに目覚めて、
手放したことで見えてきたこと、
どう暮らしていきたいか-
我が家は夫婦ふたりなので、
子供に託すということもできないので、
いざその時になって・・・ではなく、
身の振り方も考えておかねばなりません。
互いが病気になったりして、
何がどこにあるかわからず、
オタオタしないようモノの場所をわかりやすくすること。
(まぁ、これはほぼ夫に言えることなんですが)
どちらかがどうなっても、片付けで大変な思いをしないように、
モノを迎える時は慎重に、不必要にモノを入れない。
自分たちの今の暮らしを大切にしていきながら、
心地よい暮らしをしていきたいと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

07.11
Tue

IMG_20170712-2870.jpg

収納が足らないと思って、
ただ収納を増やすのでなく、
入り切らないモノが本当に大事なものかどうか、
見直してみると案外、そうでもないモノもあったりします。
前は絶対捨てられないモノと思っていたものでも、
あっさりと執着が解けてしまうこともあります。
そんな時は整えどき-
ここに入るだけ、と決めるとすっきり。
見通しよくすると使いやすく無駄も少なく。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
07.06
Thu
                                                
IMG_20170706-2835.jpg


これまで、要らないと判断したモノは結構処分したけれど、
残ったものたちは自分にとって1軍選手。
捨てたことを忘れて、「ある」と思ったのになかったときは、
「あぁ捨ててたんだ」と、あらためて実感こそすれど、
捨てなきゃ良かった、失敗した~と
思ったことは記憶の限りではないかも。
そのへんの執着は薄いのかもしれないと、
自分でも思います。
だから、捨てるまでの、
自分の気持ちの消化時間が長い時もあります。
あっさり、ばっさりの時もあれば、
ウジウジ、グジグジ悩む時も。
迷った時は捨て時じゃないのかもしれません。
判断しかねるときは待ちませう。

断捨離も、それぞれのやり方で-



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
07.02
Sun
                          
IMG_20170702-2797.jpg

昨年は6月半ばには開花していた渦紫陽花。
今年は昨年にく比べて、
渦紫陽花の開花が若干遅いような気がします。
やはり梅雨入りしてすぐは雨が降らなかった日が
続いていたせいなのかなぁ、と素人考えですが思いました。

+ + +

数年前に自分の持ち物、服の断捨離を終えて、
気になるモノ、好きなモノが見つかった時でも、
すぐに飛びつかないようにはなりました。
コンパクトに暮らすことで、
ものの管理がしやすくなりました。
ですが、暮らしの変化に伴い、
ぐるっと見渡したり見直しは欠かせません。
自分のなかで要るものと位置づけしたものでも、
ライフスタイルが変わると、
要らなくなるものもでてくるから。

好みのものを目にして欲しいと思うものと、
壊れたり寿命がきての買い替えで必要なものとがあります。
単純に欲しいモノは、必要に迫られていないけど、
あったらいいな~くらいの気持ちで、
必要なものは、差し迫っていたり、
買うためにあれこれ理由づけをしなくていいものだと思います。

「今」自分にとって何がいるのか-
必要なものと、欲しいものの選別がブレず明確にしておくことも、
すっきり暮らすコツかなと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.22
Thu

先日、夫がやっと捨てる気になった段ボール。
私が想像していた枚数以上にでるわ、でるわで、
正直びっくりしました。
狭い我が家のどこに隠し持っていたのか・・・と(滝汗)

サクサクと片付けていく夫。
虫全般が苦手、退治は私にさせるという夫なので、
あのゴキブリの話は本当に効果があった!と喜び、
それでも捨てるまでは、
「やっぱり置いておくわ」って言わないだろうか・・・という
一抹の不安がありました。

IMG_20170622-2696.jpg

終了~。

私がPCに座っている横で、
夫が作業を終了したと思われると同時に、
あれ?なんか数枚を棚の上に置いたような・・・・。

私の見間違えでは・・・なかった!


夫に問うと-
案の定数枚は置いておくと言う。
「なんで?」と聞くと、
「このサイズはレンズを売る時にいいサイズだから」と、
サラっと言ってのける。
最近、小物は箱でなく緩衝材の入った袋で届くし、
そのサイズを言われると言い返す言葉もなく、
ここは譲ることになりました。

IMG_20170622-2708.jpg

はぁ~

過剰に期待した私が馬鹿でした。

でも捨てた段ボールは4束。
中にごっそりと段ボールが詰まっています。
段ボールを取り除いたせいで、
それまで隠れて見えなかったモノが色々顕になりました。
そのなかでも私が捨てようとしたカゴを、
夫は使うからと言って処分しなかった。
それも結局使わずじまいだったようで、
ここに隠しもっていたか~と発見。
隠れていたせいで今まで使っていなかったカゴ。
つまりなくても問題なかったというわけだし、
今後も使わないであろう。
これは断捨離決定だ~!
と他にも顕になった状態を見ながら、
本音は全部捨ててしまいたい-
けれど夫のモノは勝手に処分できない。
見て見ぬふりができるまで
ジレンマとの戦いです(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
back-to-top