08.26
Sat

地元のお味噌屋さんでお味噌を購入しています。
家からそんなに近いわけではないので、
早めの購入を心がけていますが、
今回は行くタイミングを逃していまい、
スーパーで違うお味噌を購入することに。

kit22.gif


ふだん1キロの袋入りを購入しているのですが、
初めてのお味噌ということもあり、
お試しサイズということで500グラムのパックいり。

いつもは、袋タイプなので容器に移しています。
入れ替えようかと思ったのですが500グラムだし、
いつもより早く使い切れそうだし、
入れ替えもちょっと面倒くさくなってそのまま使うことに^^;
少し蓋が心許ない気がしましたが、
使っていて割れたら容器に入れ替えしてもいいかと。

いつものお味噌に戻るまで、
定番の容器はちょっとお休み-

IMG_20170826-3603.jpg

こんなときもあるわね・・・ってことで-




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
08.10
Thu

我が家は常備菜などの保存に、
パイレックス(IWAKI)の保存容器と
野田琺瑯の保存容器を使っています。
常備菜の保存にどちらも重宝しています。
以前はプラスティック製の容器に
カレーなどを保存して匂いや色移りがとれなくなったりして、
定期的に買い替えを余儀なくされていました。
けれどガラス製と琺瑯にしてから、
何年も使っていますが、そういったこともなく
買い替えてることがなくなりました。
幸いなことに落として割ったということはないので、
初期費用はプラに比べると高いですが、
長い目でみるとコスパもいいし、
十分元はとれたと思います。

レンジ使用ができるガラス製と、
レンジ不使用でも直火OKな琺瑯製、
どちらも用途によって使い分けしています。

ただ、「蓋」に関して-
本体はどうもなっていないのに、
蓋だけ割れた、劣化するということもあるので、
野田琺瑯は、蓋だけの販売があることも、
決め手になったと思います。

+

IMG_20170809.jpg

パイレックスのガラスの容器は、
蓋のみの販売がないと思っていました。
(私だけ?)
が、今販売されているIWAKIの耐熱ガラスは
蓋だけの販売もありました。
品番が同じなので使えるかな~。
(購入される方は確認してくださいね)
万が一蓋だけ割れてもひと安心。




昔、思いつきで買った密閉式のパイレックスの丸型も一つ所持してますが、
収納のことを考えたら角型の方が使いやすい。
我が家はセットで購入していませんが、
今は、使いやすそうなものが色々なシリーズで、
セットになっていますね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
08.04
Fri

先日、魚焼きグリルで食パンを焼いて食べました。
いつものオーブントースターで焼くよりずっと美味しい。
時間がかかるのと、じっと見ながらなので、
心と時間にゆとりがある時でないとできません(> <)
でもあの味は、オーブントースターでは出せない気がします。
いや、最新のオーブントースターは美味しく焼けるか^^;
ま、我が家のトースターとの比較です。

また-
グリルで鶏肉を焼いてもヘルシーで旨旨。
パリっとしてフライパンで焼いて食べるのとはちょっと違う。

そのグリルですが-
我が家はバットを持ち合わせていないので、
揚げ物をした時、油きりのバットの代わりに、
グリルを引き出してそこに揚げたものをのせて油きりをしています。
元々シンク台も狭いのでここが定位置となっています。

コンパクトな暮らしゆえ、
ひとつで何役もこなせるものが重宝します。

+

我が家は水をいれないで、
ゼオライトの石を敷いています。
お手入れがぐっとラクです。
ふっくらおいしく焼けます。

楽天さんにもありました~。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.03
Sat

我が家の冷蔵庫もそろそろ危ないかなと不安を抱えています。
いざ、急にとなると困るので、
(我が家は高さ、奥行きと制限があるので)
候補を探したりしております。

大物家電はさておき、
先日からキッチン雑貨の買い替えが続いております。
さて我が家で使っているアルミダイカスト製フライパンも、
こびりつきが酷くなってきました。

IMG_20170603-001-2044.jpg


全く同じものと断定できませんが、
(メーカー名を覚えていないのですが構造が同じと思われ)
こんな感じです。



アルミダイカスト製フライパンに替えたのが5年前なので、
長持ちしたと思います。元は十分とれたと思います。

その前に使っていたのはセ○ブリッドフライパン。
これについては過去に記事にした時、
様々なご意見をいただきました。
その後、使ってから非常に残念だったことも、
加筆記事として書きました。
メーカーさんのHPで謳っていることも確認して使っていましたが、
厳しいコメントもいただきました。
結局1年ほどで買い替えることになりました。

++

実は以前から買い替えを検討していて、
夫も私も次はコレをと思っていたのが、
エバークックのフライパン。
今は2年保障のエバークックαが新しくでていますが、
どんなものかお試しとお値段で、
1年間保障付きのエバークックを選びました。
ただ、アルミダイカスト製のフライパンは、
金属ヘラもOKでしたが、こちらはNGなので、
夫愛用のヘラは使えない。
新しいヘラが必要となります(> <)
が、お好み焼き用に使っているヘラで
代用できそうかな~なんて思ったり(笑)

IMG_20170603-002-2038.jpg

こちらはどのくらい耐久性があるのでしょうか。
口コミどおりのフライパンなのかしら、と楽しみです。

でも実際、お道具って使ってみないとわからないことがあります。
使ってみて初めてわかることもあります。

鉄のフライパンも気になるところですが、
フライパンに関しては消耗品と割り切ることにして
定期的に買い替えをすることにしています。


     




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



05.29
Mon
      
WECKのシリコンキャップ、お迎えしました。

1番気になっていて半信半疑だったボトルを横にしても、

IMG_20170529-001-1993.jpg

もれることがなく。

IMG_20170529-002-2001.jpg

我が家の冷蔵庫の手前のドアポケット、幅が狭くて、
出汁をいれているJuice Jarの大きいサイズが入らなかったんです。
なので奥側のドアポケットに入れようとするために、
お茶のボトルを減らしていました。
夏になるとお茶も需要が多くなるので、
このキャップをつけると、
横にできるので冷蔵庫の棚に置けるので、
使いやすくなりました。






シリコンなのでこんなに柔らかく。
プラスティックの蓋の方がパカっと被せるだけで簡単ですが、
こちらのシリコン蓋は、両手でしっかり被せるという感じです。

IMG_20170529-003-2002.jpg



食品の臭いが移った臭いでなく、
ずっと気になっていたプラスティック蓋の独特な臭い。
シリコン蓋にはその臭いもなく。
ダメになったプラスティック蓋とは別の残りの蓋も、
これで処分できそうです。

ただ、蓋の構造上、洗って乾かした時、
→の部分に水分が残っている場合があります。
(食洗器使用ならそんな問題はないでしょうけれど)
裏側の縁までしっかり見た方が良いかと思います。


IMG_20170529-004-1997.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
05.25
Thu

塩をいれていたスナップウェアーの蓋が割れてしまいました。

今はフレッシュロックという名称で、
タケヤ化学工業さんのオリジナル商品で販売されていますね。
スナップウェアーはタケヤ化学工業さんが、
米国のスナップウェアー社と契約して、製造販売されていた商品でした。

IMG_20170525-001-1887.jpg

先日入れ替えした時はなんともなかった(ハズ)なのに、
夫から「割れているよ~」と言われ見てみると、
あら、ほんと。まぁ6、7年もほぼ毎日のように開け閉めしているので、
壊れても仕方ないか・・という気持ちです。

IMG_20170525-002-1892.jpg

角型のSサイズ。他のサイズと違って、
ストッパーはついていません。
カクッカクッと蓋がそこで止まる方がいいなと思ったこともありました。
(蓋を開けたときの留め位置が2段階になっていないということ)
これは他のサイズを使ってその違いがわかりました。
昔メーカーさんに訊ねたことがありました^^;
他のサイズはストッパーがついているのになぜこのサイズだけないのか?
蓋のサイズは3種類あって、LとMは同じ蓋。角型300と500も同じ蓋。 
Sだけ構造上違うという説明をいただきました。
(今のフレッシュロックは、
サイズもお客様の声で増えたりもっと使いやすくなっていそう~)


材質は飽和ポリエステル樹脂
ワンタッチ開閉が使いやすのと、
容量的にガラスや琺瑯容器では入らないものあり、
重宝している保存容器です。
ゴムパッキンはなんともなく蓋だけが割れているので、
蓋の替えは販売していないのだろうかと思いましたが、
ゴムパッキンの替えはあっても蓋はなさそうでした。
まぁ、商品そのものがもうないこともあるので諦めるしかないですが。

以前記事にも書いたことがありますが、
保存容器が余るようになって、
この塩を入れていたサイズももう一つあったので、
それを使うことに。

モノが壊れる-
使っていれば当たり前の話で。
前は、お気に入りのモノや食器が壊れたら、
残念でたまらず「あぁ~」と嘆く気持ちでいっぱいになり、
使っていないものならば余計、もったいなさが強くて、
気持ちが引きずることが多かったのですが、
たくさん使っているから壊れたんだと思うようになってから、
切り替えが早くなった気がします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
05.15
Mon
                
WECKのガラス容器、愛用しています。
おうちで作ったジャムや、出汁、
温めしない常備菜など入れています。
瓶だからプラと違って臭い移りがないのと、
あのフォルムが気に入っています。

ご存知の方も多いと思いますが、
蓋もガラスの密閉できる蓋と
プラスティックの蓋があります。
しょっちゅう使うものだと取り外しがラクチンな
プラスティックの蓋が便利なのですが、
うっかりして夫が変形させてしまいました。
ガラス蓋をつけるほど密閉機能は必要ないので、
プラスティックの蓋を探していたら、
シリコンキャップを見つけました!!
これなら水分の多いものをいれても安心かな。
しかもJuice Jarにつけても
横にしてもこぼれる心配がないらしい!
ってまだ手にしていないので
正直なところ半信半疑ですが(笑)
気になります。

   


漬物石までもでてるし~。
WECKの瓶の新しい使い方♪

   

我が家は冷蔵庫が小さいので、
ドアポケットにJuice Jarが入り切らない時があって、
横にしたいと思うときがありましたが、
今まで不可能だったので、
(ガラス蓋とゴムパッキンを使えばいいのでしょうが付けたり外したりが面倒)
色々諦めなければならないことがあったので、
シリコンキャップは朗報でした。
なので「こんなのでたんだ~」と
久々にワクワク。
「こういうのがあったらいいな~」というのが
実際にできて嬉しくなっちゃいました。

あれもこれもと欲張ることなく、
必要なモノは手に入れたいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
04.16
Sun

作り置きなどに使う保存容器は、
臭い移りや洗っても取れないくすみがや汚れが気になって、
プラスティック製品から耐熱ガラスと琺瑯製品に変えて数年。
ただ、ごはん保存容器だけは、
ごはん一膳分がそのまま冷凍できて、
レンジでチンできるプラ製品を使っています。
けれどプラ製品は使っていくうちに、
劣化が気になります。空気弁や蓋がわれたりしたので、
買い替えることに。

ただあの青い蓋がね・・・。
以前キチントサンで白い蓋のを見つけていましたが、
ごはん用ではなく小さいサイズのものしかなく、
買い替え時のとき探せばいいやと思っていました。
最近、ごはんの保存容器なんてみることなかったので、
探してみたら,、メーカーは違うけれど、
あった! ありました!

ご飯一膳分だし文句なしです。

IMG_20170416-001-0491.jpg

これまで、
青い蓋の空気弁があって、底のくぼみが1つタイプ。
緑の蓋で空気弁がなく、底のくぼみが4つタイプ。
青い蓋で空気弁がなく、底がフラットタイプ。
この3種類を使ったことがあります。

底がフラットタイプの保存容器の方が、
洗いやすくていいのですが、
くぼみが加熱ムラを防ぐためのもの。
個人的には空気弁を開けるだけで、
蓋を外さなくてもチンできる方がいいなと思うのと、
空気弁がある方がチンしたごはん、
美味しく感じるかなぁ。

IMG_20170416-002-0493.jpg

まぁ、素材の問題は目をつぶって、
色と機能性で満足したものが見つかって良かったです。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 4
03.21
Tue

我が家のキッチンツールのこと-

私はもともとバタービーターよりターナー派なので、
使いづらいと思わなかったのですが、
夫が料理をする時、バタービーターを好んで使用します。
最初はイイと思っていたのですが、
使いだしてみて使いづらいことがわかり、
買い替えることにしました。

奥はそれまで使っていた柳宗理のバタービーター。
手前は買い替えたのは、100均のバタービーター。
え?逆でしょって思われた方いらっしゃいますよね。
間違いじゃないんです。

IMG_20170321-001-9904.jpg


私は柳宗理のカーブがあるバタービーターが使いやすいと
思っていましたが、特に夫が餃子をひっくり返す時に、
使いづらいというのです。

IMG_20170321-002-9905.jpg


適度に弾力があってしなりがあるもの-
これが夫にとっての使いやすさでした。

IMG_20170321-003-9909.jpg

私は、柳宗理のは固いので、フライパンに入れてしまって、
底からひっくり返す時はしっかりしているところが
使いやすいと感じていましたが、
夫が言うには、フライパンに入っていかないといいます。
どういうことなのかというと、
100均のバタービーターは、しなりがあって、
フライパンの縁から沿って入っていくから使いやすいと。
平らな鉄板なら柳宗理は使いやすいのだけれど、
自分は使いづらいのだと。
確かにこうやって比べてみるとよくわかりました。
私はこの斜めのバタービーターをほとんど使わないので、
気にしたこともなかったのですが^^;

IMG_20170321-004-9911.jpg

バタービーター。
夫が結婚前から使っていた
ナイロン樹脂製のバタービーターが劣化して、
それは必要だからということで、
買い替えたのが柳宗理のものでした。
でも私自身はほとんど使っていないことに気づき、
正直なところ、いらないかも・・・と思うこともありました。
ただ、メインで使っている夫の使い心地が良くないということ、
たぶん、もっと前から思っていたであろうと思われ。
そして100均のものでも色々あって、
自分に合ったしなり具合のが見つかったということです。
そういうわけで、
まだまだ、いや今後も壊れることはないであろう、
100均の10倍以上したバタービーターでしたが、
買い替えることにしたというわけです。

使い心地というのは、使ってみてわかるということ。
そして、使い方で感じ方が違うということがわかりました。
でも他の柳宗理シリーズは愛用中です^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
02.15
Wed

先日破れた台ふきんに使っていたクロスの代わりに、
数日間、無印の落ちワタふきんを
台ふきん用として使っていました。
落ちワタふきん、我が家では食器拭きと
テーブル拭き用に使っているので、
もう一枚、台ふきんとして仲間入りしてもいいかなと
思わなくもありませんでした。
けれど、コンロ周りの油汚れや焦げつきを拭くと、
白いふきんは汚れが目立つのも玉にキズ。
シンク周りの水アカを拭き取るのにも、
以前使っていたクロスがいいなと思い、
やっぱりリピしちゃいました。

以前はニットクロスだったのですが、
今回はダブルクロスにしてみました。

裏表違う素材。


IMG_20170215-001-9394.jpg


青いほうはテッククロス。
赤いほうはニットクロス。

IMG_20170215-002-9396.jpg

青のテッククロスは、
鏡やガラスやステンレス磨きに最適。
シンクの蛇口も何もつけないで拭くだけでピカピカ。

IMG_20170215-003-9402.jpg
(光の加減で色が違って見えますが同じものです)

ニットクロスを使用していた時から、
テッククロスもずっと気になっていましたが、
いかんせん、クロスとしてはお財布に優しくない。
けれど、ニットクロスを1年使ってみて、
頻繁に買い替えしないことで、
気になる衛生面も煮洗い、漂白しても耐久性も良し。
ニットクロスより少しお値段があがりましたが、
ダブルクロスにして正解かなと思いました。


キッチンではこのスタイルが落ち着いたので、
今度は浴室掃除用にと考えています。


+




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
02.10
Fri

お茶を沸かしていて吹きこぼれて
慌てて台ふきんで五徳を拭いたらこんなことに-

IMG_20170210-9310.jpg

MQ-Duotex ニットクロス

お気に入りのマイクロファイバークロス
マイクロファイバーの手触りが、
これまで使ったことがあるものと違って、
ひっかかりが少なくて、
使い心地もよくてお気に入りのクロスだったので、
ガックリ感も半端なく。_| ̄|○

1年近く使っていました。
定期的に漂白や煮洗いしても
ボロボロになることなく頑張ってくれていました。
お繕いも考えたのですが、
これはお掃除用に使うことに。

これを買う時もずいぶん時間をかけて選びましたが、
また同じものをリピートすると思います。
気に入ったものだけにがっかり感は否めないですが、
ガシガシ使った分満足感も。
気持ちよく掃除用に下ろせそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
02.04
Sat

今年も恵方巻きは買わずおうちで巻き巻きしました。
我が家は卵焼き器を持っていないので、
やっぱり卵焼き器が欲しいと思いました。

以前、テフロンの卵焼き器を持っていましたが、
くっつくようになって処分してから、
フライパンで代用しています。
毎日、卵焼きを作っていたら切実に欲しい熱も高まったのでしょうが、
使う頻度を考えるとちょっと躊躇していました。
たまに作るにはフライパンで代用できてるし・・だとか、
年1回の恵方巻きにというのもなぁ、という色々な思いが絡まって、
踏ん切りがつきませんでした。
今年のお正月、夫が伊達巻を作った時、
フライパンより卵焼き器があった方がよかったかなぁ
と言ったこともあって、また卵焼き器の再考を。

お手頃価格のものをとりあえず買うか-
そんな思いもよりぎましたが、
以前、処分したとき次こそは納得のいく欲しいものを買おう!
そう思って手離し、ずるずるとないままに過ごしてきたので、
今年、恵方巻きを作ってから決めようと思いました。

今年の恵方巻きの卵焼きには間に合いませんでしたが-

鉄製のも候補にあがったり迷いが生じたりしましたが、
やっぱり欲しいと思ったのが銅製の卵焼き器。
お手入れがきちんとできれば、
中華鍋同様、買い替えることなく使えそうです。




代用できていてもやっぱりこれは欲しいと思った道具-
無駄にはしたくないのでしっかり考えて
手に入れたいと思ったので時間もかかりました。
まだ手にしていませんが、
気持ちは固まったのでもう迷いは生じません。


+ +



     






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
12.23
Fri

以前、保存容器が余ってきた話を書きました。
ライフスタイルが変わったこともあります。

収納に試行錯誤していた頃、
雑多な色が氾濫することで、
落ち着かない、見た目が五月蝿く、
すっきりさせたい気持ちもあり、
容器を統一することでそれは解消しました。
もちろん、使い勝手の良さを考慮し、
現在も同じスタイルのものもあります。
が、少し変化したものもあります。
例えば-
片栗粉も容器に入れ替えしていましたが、
少量タイプのものを使うと、なくなるのも早く、
頻繁に詰替するのが正直言って面倒になりました。
鰹節も容器に詰め替えると、
小さな冷蔵庫はいっぱいになるので、
袋のままコンパクトに収納することに。

最近は袋いりの小さいサイズのものも、
チャックつきのタイプが増えたこともあって、
カゴにいれて整頓していれていれば探すことも容易。
開け閉めのバフン、気にならなくもないですが、
少し拘りが緩くなったというか、
拘るところが変わってきたのかな。

IMG_20161223-8781.jpg

これがベストな方法!と思っていても、
生活スタイルが変わったり、
自分の心の持ち方が変わったりします。
自分のこだわりも、一貫して変わらないものあれば、
何を優先させるかによって、
許せるストライクゾーンが広がったり。

そういうことも含めて「暮らすこと」なんじゃないかなぁと
思うこの頃です。


ちなみに-
液体調味料に関しては、ずっと買ってきたものを、
詰替せずそのまま使っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
04.29
Fri

GWに突入しましたね。
お出かけの方も多いかと思います。

私はカレンダー通りの休みでもなく、
ふだんとなんら変わらずです。

+ + + + +

数年前、劣化したキッチンツールの買い替えの時、
以前から欲しかった、取手のつなぎ目のないステンレス製を
購入しました。その当時はプラスティック製じゃないので、
劣化することもないだろうから、ほぼずっと使えるなぁと
思ってそのつもりで使っていました。
けれど、ストウブを購入した時、
ステンレスのレードルでは・・ということで、
木製のレードルを購入しました。
これがすごく使いやすくて。

ほぼ毎日出番のあるおたまと菜箸。
SUNAOの菜箸も過去記事でご紹介しましたが、
転がりにくい三角形でとても持ちやすく。
それまで安易に選んで、菜箸なんか大差ないと
思っていましたが、使ってみてその違いに納得。


IMG_20160429-001-3138.jpg

以前、菜箸は使わずトングを使っていらっしゃる
ブロ友さんがいらっしゃいましたが、
我が家は菜箸の方が使い勝手が良くて、
少しの炒めモノならターナーより菜箸の出番も多く。
で、これに新たなツールが仲間入りして万全に。


我が家は中華鍋も使っているので、
こちらのターナーは現役選手。
ですが、別のターナーは我が家ではほどんど
出番がありませんでした。
使うぞ~!と意気揚々としていたのに、
実際使うものって限られてくるんですよね。

IMG_20160429-002-3137.jpg


それと、ステンレス製のツールに買い替えた時から、
ずっと気になっていた無印のシリコーン調理スプーン。
こちらも色々なブロガーさんが使われて、
その評判はよく耳にしていました。
でもまだ全然使えるツールがあることと、
モノを増やすことへの抵抗みたいなものがありました。
けれど、嗜好の変化、暮らし方の変化で、
台所道具も変化してきました。
そしてずっと欲しい気持ちが変わらず、
数年経って手にすることに。

おたまとヘラ、そしてスパチュラを
あわせもったような調理スプーンです。
調理から盛り付けまで1本で使えるというシロモノ。

IMG_20160429-003-3133.jpg


実際使ってみるとウワサどおり。
グラタンのソースも鍋の隅っこもスパチュラのように
とれてそのまま掬える。
カレーも具材を炒めながら掬うまでこれひとつ。
根菜の煮物も盛りつけてからお汁をって時も
これひとつでいけるから便利。

これも購入まで時間がかかりましたが、
あぁ買って良かった!って思えるモノとなりました。


長く使えるものや、壊れるまで使おうと思っていたものでも、
用途がなくなっちゃうと無用になってしまいます。
よく考えてお迎えしたはず・・でも使いだして、
わかることもあります。
当分はこれで落ち着いていくかなと思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
03.24
Thu
我が家のキッチンタオルの遍歴。

最初はフェイスタオルを使っていましたが、
中央で折ってかけていると、
手を拭く部分がほぼ同じで、
そこだけが黒ずんできました。
煮洗いで対処するものの、
手を拭く範囲を考えると大きなタオルは
要らないと思って、ワッフルリネンの生地で、
小ぶりなサイズで作っていたものを使っていました。

20160324-003-P1100565.jpg


ワッフルリネンにしたのは、
濡れても乾きやすい、吸水性が良いという点。
ですがこれも使っていると、ポコッとしたワッフルが、
ぺったんこになってグショっとなって、
何度も取り替えしなければならなくなりました。
だましだまし使っていたのですが、
おうちにあったハンドタオルで代用してみると、
サイズ的にも吸水性もよいではないの。

IMG_20160324-001-1905.jpg

でもこれは4senses interior scope version.Rのノベルティだったかのもの。
一枚では足りないので、同じものを探しましたが、
今は販売されていないようで。
なので、洗い替えはまだワッフルリネンも併用することに。


しょっちゅう使うことがなかったハンドタオル。
毎日使うキッチンタオルとして、
出番が多くなりました。

IMG_20160324-002-1911.jpg


実のところ、自分で作ったキッチンタオル、
くたびれたとはいえ、破けたわけではないので、
掃除用に格下げするには、まだ愛着もありました。
なので一度に全部(といっても3枚)交換することなく、
併用という形で使うことで、新たに買わずにすみました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
02.04
Thu

フライドポテトやトーストなど、
高温調理で発がん性リスクが
高まるということを耳にしました。
前にもポテトチップスがよくないとか、
ありましたが同じような話し。
なんだか以前の加工肉を食べると発がん性云々と
いうのを思い出しちゃいました。

じゃがいもは高温調理がよくないだとか。
高温で加熱することで含まれている成分(還元糖)が
反応してアクリルアミドを発生させるんだとか。
焼く、揚げる、炒めるなどの方法より、、
煮る、茹でるなどの方法の方が、
アクリルアミドができにくいとのことです。
野菜炒めより肉じゃがのほうがリスクが
少ないということなのかな。
もやしも加熱調理で発生しやすい食品だとか。

フライドポテトはともかく、カリカリに焼いたトースト・・ねぇ。
我が家は食べています。この先もきっと
トースト、食べるだろうなぁ。薄めのキツネ色で(笑)
じゃがいもは結構食卓にのぼる機会多いから、
せいぜい調理法を変えて控えるくらいかなぁ。

毎日大量に食べなければ・・なんて思うんですが。
まぁリスクは少ないほうがいいですねぇ。

で、じゃがいもの保存も、
低温で保管すると、でんぷんが還元糖に変化するので、
低温で貯蔵したものは、アクリルアミドが多く生成されるそうです。
なので冷蔵庫保存より常温保存が良いとのこと。

+

我が家はずっとじゃがいもや玉ねぎなど根菜類は常温保存。

IMG_20160204-001-0339.jpg

ほんとはじゃがいもと玉ねぎと一緒に保存しちゃだめ、
って言われていますが、ずっとこのスタイルです。
使い切る分しかストックしないので、
なんら問題ないです。

白菜など、新聞紙に包んで、外の自然の冷蔵庫に置いています。
ずっとずっと日持ちします。



IMG_20160204-002-0341.jpg


+

ちなみに-
調理前にじゃがいもやもやしなど水にさらすことで、
アクリルアミドの生成を少なくすることができる
そうです。
でもそれって普通に、下ごしらえでしますよね。
考えてみれば先人たちは、
発がん性だとか、そんなこと考えてではなく、
自然の知恵というのでしょうか、
そんなふうに暮らしていたのだと思います。

+

何事もあまり神経質になりすぎず、
心にとめておきたいと思う-

+

ロー引き袋は愛用中
何かと使えて便利です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
01.26
Tue
我が家はラップの箱がふにゃふにゃになるのが嫌で、
ラップケースを使っています。
シンク台に引き出しがないので、
マグネット式のケースが重宝しています。

4年程前、マグネットではないですが、
無印のラップケースが使ってみたくて、
購入したことがありました。
ですが、ラップの巻き戻りで切れるということが度重なり、
我が家では使いこなせなかったということがありました。
それで割れたのを機会に、
今のラップケースに辿り着いた経緯があります。

購入店は違いますが、こちらのケースです。



ラップの入れる向きが通常とは異なり、
使い方もラップをピンと張って、
蓋を閉じてカットするというものでした。
最初慣れるまではちょっと大変でしたが、
使い出すと手放せないものとなっていました。
ところが刃の切れ味が悪くて、
買い替えを検討していました。

同じものを買うか否か。

そんな時、偶然ホムセンで見つけてしまいました。
しかも、お値段が1/4ほど。
お店で切れ味チェックができたので、
こちらに決めました。

それは↓




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 4
11.27
Fri
何年かぶりにIKEAのストックバッグを購入しました。
というのも、数年前ストックバッグ、新品の状態で、
立て続けに破けていたり、裂けたり、真空にしても
空気がもれたりすることがたて続き起こり、
それまでも使っていたのですが、
作りの甘さに使用をやめていました。

先日IKEAに行って見たら、気になっていた部分が
なんとなく元に戻った気がして、
メイドイン○○が変わっていました。
で、もう一度買うことに。

IMG_20151127-001-8723.jpg

全て中身を見たわけではありませんが、
何枚か取り出してみて①に切れ目はなく、
(過去に何枚取り出しても切れ目がついたものがでてきた)
②も閉じて開けても裂けることはなく。
冷凍保存してみて開けても大丈夫でした。
③の部分、かつてはもっとギジャギジャしているところが、
雑な感じがしていましたが、昔(不良品に出会う前)に
戻ったような気がします。

ヒラタケを冷凍保存する時は、
ストローを使って真空状態に。
しばらくたっても空気が抜けることはなく安心。

IMG_20151127-002-8710.jpg

2サイズ 各25枚ずつはいって300円切るのは、
やっぱりお買い得です。

+


ここからは別の話しですが、ストックバッグ、
だいたいこういうスタイルではいっていますよね!?
取り出しにくいと思っているのは私だけ?

IMG_20151127-003-8715.jpg


そんなふうに思っていましたが、
クレハのフリーザーバッグの箱は、
すごく使いやすいのです。
この箱からだとものすごく取り出しやすくて、
リニューアルされて初めて使った時、
開け口の場所が変わるだけで、
こんなに取り出しやすくなるものかと驚いたものです。

IMG_20151127-004-8718.jpg

今までこんな発想がなかったのも、
ちょっと不思議です。
各メーカーさんもこのスタイルだといいのにな~。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
11.17
Tue
愛用しているウォータージャグを
うっかり割ってしまいました。
2本同時に割ったわけではなく、
先に1本、割ってしまっていて、
残りのものだけで対応していました。
我が家は通年、冷たいお茶を作っています。
夫も私も病気のこともあり、
水分が欠かせないので、夫は1L、
私も500ML会社に持って行っています。
なので、不便なこともあり2本購入することに。

IMG_20151116-001-8411.jpg

こちらのジャグはパーツが少なく、
注ぎ口もタレないし、蓋の開け閉めもラク。
耐熱ガラスで、手が入って洗いやすいので、
以前記事にしたこともありますが、
シリコンの蓋が切れてしまった時も、
蓋だけ取り寄せで買ったこともあります。
ただ、部品のみだとホワイトではなく、
オフホワイトになりますが・・・。

今回、あらたに買うのでホワイトの蓋のものを、、と
思ったのですが、送料がかからず、
できるだけ安く買おうと思ったのですが、
ホワイトは見つからず。というか、安くなってない(笑)
で、断念して違う色にしました。
どうせ、お家にオフホワイトの蓋が
余っているわけだし(笑)

って、お迎えしたのは赤。
実物はびっくりするような色でした。
これも悪くはないんですけれどね^^;

IMG_20151116-002-8414.jpg

今回は割れたジャグの蓋があるから、
あっさり決まりましたが、
なかったら悩んだかもしれません。
夫に言わせると、
きっと、色なんてどっちゃでもエエ、と言うでしょう。
実際、私も、蓋の買い替えをしてから、
拘りが和らいだ気がします。
また蓋は買い替えがでてくるでしょう。
ただ、このウォータージャグじたいは、
使いやすく気に入っているので、
これからもきっと同じものを選ぶと思います。


楽天では-







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



10.28
Wed

先日、お気に入りのウォータードリップコーヒーサーバーが
割れてしまいました。
形がシンプルで気にいっていたんですけれどね・・。
本来は水出し用でなのですが、
冬はネルドリップでホットコーヒーにして
飲むようになりました。
その前はドリッパーとペーパーフィルターを使用していましたが、
毎日のことなので、ネルドリップに変えました。
濯いだりする手間はありますが、
毎日ペーパーを捨てるよりは・・・・って、
気休め程度ですけれどゴミが少なくなるかななんてね。





こちらに買い替えたのも、
その前に使っていたサーバーが
割れての買い替えでした。
けれど今回は、
3年ほどしか使っていので、
少し短かったのかな・・と感じることもあります。
が、割れてしまったもの仕方ないですね。

今は、お茶用のガラスの急須で代用しています^^;
買い替えも視野に入れていますが、
正直なところ、なくてもいい?
なーんて私的には思わなくもないのですが、
夫はやっぱり欲しいようです。
淹れるのは夫(ネルのお手入れは私)なので、
当然なのでしょう。

ないと困る、というほどでもないので、
慌てずじっくり考えてみようと思います。

今後の行方、またご報告したいと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
10.22
Thu

以前、根菜の泥落とし用に、
白いたわしシーリーズの束子を
購入した記事を書きました。


IMG_20151022-001-7633.jpg

さて使い心地ですが、
じゃがいもや人参はもちろんのことですが、
ごぼうの旨味は皮の下の部分にあるので、
皮をむかないほうがいいとされますね。
包丁の背でこそぎ落とすこともなくきれいになります。

昔、ナイロンっぽい野菜の泥落としのようなものも
使ったことがありますが、凸凹の穴の部分にもはいるので、
昔ながらの束子の方がやっぱりいいと再確認。

IMG_20151022-002-7629.jpg


じゃあ、昔からあるカタチの束子とどうよ?

ドーナツ型だから持ちやすいから洗いやすい。
やっぱり穴があいてることと吊るせるから
乾燥が早い気がします。


使っているうちにぴょこんとでてきますが、
これも味のうちということで(笑)

IMG_20151022-003-7631.jpg


キッチンで使う道具、消耗品だけれど、
好きなものを使うと、キモチ心が高まるから、
苦手なことでも頑張れそうと思えたり。
好きなものを使うと、
ドーパミンも増えそうです(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
09.10
Thu

IMG_20150910-5275.jpg

少しずつ好きな器を手にしてきました。
小さな食器棚に入るだけのもので、
汎用性のあるものを-
なので種類も多くなく、
どれも2セットだけです。

+

お料理上手なブロガーさんのところで、
美味しそうなお料理と一緒に写っている器が、
またいっそ、美味しそうに見えたりして。
その器を手にしたら、美味しそうな料理を
食卓に飾ることができるんじゃないか?
なんてばかな空想をしたりして^^;

+

あまり料理は得意ではないのと、
ワンパターン化になるので、
新しいレシピを見つけて作ったりもします。
ヒットするものもあれば、あららら、
頑張って作ったわりに、夫にはいまひとつ、
といったこともしばしば。
凝らずに作るもののほうが好まれたり。
結局、献立のパターンを振り返ると、
リピートするものは、以前から作っているものが多く、
1度きりというのは、結構頑張ったのに、
夫の受けが悪かったものという感じです。

+

食器の種類や数-
2人家族で多いか少ないかは、
ライフスタイルや価値観で違うと思います。
我が家の場合、コース料理を作るでなし、
コジャレたものを作るでなし、
レパートリーが少ないこともあり、
種類も少ないので、
手持ちの器がローテーションされ、
使わぬ器がないです。

でも暮らしに変化はつきものなので、
食器棚の見直しはときどきするようにしています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
09.03
Thu
野菜洗いブラシというのでしょうか、
これまでもブラシや専用のスポンジとか
使ったことがありますが、
結局束子に落ち着いていました。
くたびれたことと衛生面を考えて、
買い替えました。

以前から次買う時はこのタイプで、
と思っていたものにしました。

亀の子束子西尾商店さんと
石黒智子さん共同開発された「白いたわし」。
シリーズの白じゃないですが、
野菜洗いに適した方をと思ったので、
かためのホワイトパーム(小)にしました。

IMG_20150903-001-5148.jpg

今までは一般的な束子でしたが、
やはり乾燥させるということでは、
穴があいているので乾きが早いということもあり、
ずっと気になっていました。
ただ、用途を考えて、
点で洗うパーム束子を選びましたが、
線で洗うザイザル麻 (やわらかめ)も
テフロンのフライパンを洗うのに良さそう~。
白いたわしがちょっと新鮮♪
でも我が家は棕櫚のササラがあるので、
またいつか買い替え時に考えることにして。

IMG_20150903-002-5159.jpg

目立たぬようにシンク内に吊るした方が
いいかなーと思うのですが、
吊るすとシンクと接するので、
乾燥しにくいかなと思い、やはり定位置になりました。

IMG_20150903-003-5160.jpg







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
08.26
Wed

空き状態が増えた保存容器-

IMG_20150826-4910.jpg


以前はフル回転していた容器でした。
食品の保存に使っていました。
今も写真以外に使っているものもありますが、
空家状態のものが増えてきました。

粉モノの保存に関して、
過去に記事にしています。
カビ、ダニ問題をテレビ番組で見聞きすると、
全く気にならないといえば嘘になります。
賛否両論ありますが、
冷蔵庫の容量が小さいので、
全てのものを冷蔵庫保存はできません。
基本、過敏になりすぎず的な我が家なので、
開封したら早めに食べきるようにしたり、
少ない量のものを購入するようにしました。
それまでは、やはり大袋の方がお得感があるから、
といった理由もありました。
けれど2人暮らし、調味料にしても、
容量が多いと使い切るまで時間がかかるし、
風味も落ちてきます。少し割高になるけれど、
少量タイプにして回転よく使うことにしています。

片栗粉などチャック付の袋入りも、
最初は使うたびにバフンとするのが嫌で、
詰め替えていました。
仕事と家事の両立で、時短家事を考えるようになり、
少量のものだと詰め替えも頻繁になり、
都度、容器を洗って乾燥させて、ということも、
少し負担になることも。
ぶっちゃけ面倒くさくなったってことですかね(笑)

もちろん全て詰め替えを廃止にしたわけでなく、
容器にいれることで、使いやすいものは詰め替えて、
袋のままですぐ消費しきれるものはそのまだったり。
以前のように、「全て揃えて詰め替え」に
拘らなくなりました。
でも、見た目が雑多にならないような工夫と、
機能的に使えることを重視し、
ストレスのない暮らしができるようであればと
思っています。


瓶の容器と違って、プラスティック特有の劣化で、
洗ってもくすみが消えなくなってきたことも気になり、
他の場所で使えるものがあれば使い、
使う用途が見つからなければ処分することにしました。

長く空き状態が続いたってことは、
結局、なくてもなんの支障もなかったってことですね^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.14
Fri

お盆休みにはいられた方も多いと思います。
我が家はふだんと変わりない暮らしです。

++

先日記事にしましたテーブルふきん-
くたびれたので買い替えしました。

シンク台ふきんと同じにしようかと思ったのですが、
また、ウワキゴコロが芽生えてしまいました(笑)

IMG_20150814-001-4437.jpg

すごくちっちゃくなるのにびっくりでした。
吸水性はもちろん良いし、
乾きも早いので文句なし。


倉敷意匠計画室×中川政七商店×mitsouのコラボの
蚊帳生地ふきんです。
ネームのループはひっかけることもできますが、
サックスグレーの色にキュンとなりました。
暑い夏、ちょっと爽やかに、
古びた台所を彩ってくれるかなーと。


ふきん用として小サイズを選びましたが、
サイズ展開がありとても気になりました。
包んだりできるサイズと、タオルサイズ。
キッチン以外での使用も考えたので、
まずはキッチンで使ってみて-
と思ったというわけです。

愛してやまないもう一つのふきんと並行して、
使い込んで最後はお掃除用にして、
使い切りたいと思います。


      






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
07.31
Fri
さんざん、びわこふきんについては、
ブログで語っておりますが、
現在の状況を少し。

我が家は食器洗いに
びわこふきんを使い、
他、シンク台とテーブル拭きと
ふきんを2枚使用しています。
一枚はびわこふきん。
もう一枚は現在、テーブルふきんは、
別のものを使っています。
が、日々使い、時々漂白したり煮洗いするので、
生地が傷みこのような状態に。
お掃除用に格下げになる日も
近づいてきました。

シンプルなびわこふきんを使っていても、
ときどき、カワイイモノに目を奪われます。
これはこれで使ってよかった!と思っています。
いつもの愛用のものがあっても、
時々、違うものを試したくなります。
これが「ココロの潤い」の素だと思っています。
買い替えの時は同じものをリピするか、
びわこふきんにするか、はたまた違うものになるか。
物色中です(笑)

IMG_20150731-001-4041.jpg


びわこふきんは、キッチンだけでなく、
お顔洗いにも使用しています。
お風呂でお湯に濡らしてくるくるしています。
(こすりすぎず優しく)
洗顔ブラシよりソフトで、黒ずみを気にすることなく、
かえって血行がよくなったかも・・・です。

IMG_20150731-002-4039.jpg

また違うサイズのもので、
体を洗う時にも使っています。
以前、スポンジや手拭を使わずに、
体を洗っているというコメントをいくつか
頂いたことがありました。
私も真似てみたことがありますが、
やっぱり物足りなさがありました。
もともとガシガシ洗うのが好きですが、
あまりこすり洗いすると、肌によろしくないようで。
なのでソフトさがちょうどいいのだと思います。
石けんを使用しなくても使えますが、
私は固形石けんを泡立てて使っています。

個人差はあると思いますが、
産毛が気にならなくなりました。

こういうモノって、
ずっと同じものを使い続けていると、
「慣れ」が生じてくるので、
時々違うものを使って、
刺激を与えるといいのかなと思いますが、
また戻ってきたいと思える「ふきん」です。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


スタンダードサイズ。
色々試してみた結果、私は手が小さいので、
食器を洗う時、1/4サイズが扱いやすい。
そのままでもいいし、1/4サイズを2枚重ねて
縫って少し厚みがあってもいいと思います。




背中までしっかり届きます。




こちらも浴用に使えるけれど、
タオルサイズだとびわこαの方がいいかも。
食器をびわこふきんで洗って、
和太布で拭く使い方もあり。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
06.02
Tue

何年も使っていた梅シロップの瓶。
ずいぶんお世話になりました。

IMG_20140616-004-2517.jpg
(画像は昨年のものです)

昨年、シロップを揺する時に、
中ぶたが随分甘くなって、漏れが気になっていました。
気になりながらもそのまま漬けて、
来年、つまり今年、買い替えようと思っていました。

今まで使っていたのは、よくみかける赤い蓋の瓶。
この頃は、よく考えず行き当たりばったりで、
とりあえず的に買ったものでした。
梅干し用の瓶と同じ、ゴムパッキンのあるタイプのものに
買い替えたかったのですが、
壊れていないものを買い替えるのには、
ちょっと気がひけて、買い替えを思いとどまっていました。
なので昨年を最後にと思っていました。

で、買ったのは梅干しの瓶と同じセラーメイト



お使いの方も多いと思います。
我が家も、梅干しを漬けた時、
お世話になっています。
無印の果実酒用ビンと迷ったのですが、
セラーメイトの方が安いし、使い心地はわかっているので、
こちらに決めました。


モノを買う時、よく考えて買う-

昨年まで使っていた瓶は、
買った時はそのことに気づく前でした。
その後、モノとの向き合い方が変わり、
選び方もずいぶん慎重になりました。
ちょっと不満がありながら使っていましたが、
これで解消となりました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
05.09
Sat

新しいラップを使う時、
ラップに赤や緑の口取り紙ありますよね。
あれ、すっと引き出せる時と、
紙だけが先にとれちゃって、
ラップの端っこが見つからなくて、
ちょっとイラつくときもありました。


新しいラップをケースに移し替えようと、
箱から取り出そうとしたら-

口取り紙がない!

え!?引き出せるの!? と思いきや、
このカール部分をつまんで引き出す。
引き出しやすいのなんのって!
すご~い、 これ、いいわ~。

IMG_20150509-002-8958.jpg



箱をよーく見たら、書いてありました。
今までラップに口取り紙がついているのが
当たり前だと思っていたからビックリ。
なんて斬新な!

IMG_2015050-001-8956.jpg


どうでもいい話しだけど、
今までこういうのを見たことがなかったので、
誰かに言いたかったのです。^^;


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
03.22
Sun

我が家のミキサー。
実家で使われなくなったまま仕舞い込まれたものを
数年前にもらってきて使っています。
古いものですがまだまだ現役選手です。
スムージーもこれで作っています。

IMG_20150322-001-5423.jpg



気に入っているところは、ぽってりしたカタチ。
本体がアルミなのとチタンの刃。
最近のは5枚刃とか6枚刃なのかな。
高いものだともっと性能が良いのが
たくさんありますねー。

今のところ、この子も
氷も問題なく砕けてくれるけれど、
音がスゴイです(笑)

IMG_20150322-002-5425.jpg

メーカーの製品情報にもすでに載っていない
古いものですが、壊れるまではしっかり使いたいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
03.04
Wed

IMG_20150304-3797.jpg


保存容器-

その昔は、陶器、ガラス、琺瑯、缶と保存容器
そんなに種類もなかったであろうと想像します。

その後アメリカからプラスティック製密閉容器の登場で、
容器革命ぐらいの勢いがあったんじゃないかと想像します。
今では、色々なものがたくさんあって、
選ぶにあたって悩ましいものもたくさんありますね。
カタチと容量と材質と用途がなかなか
あわないで悩んだり、とかあったりしますね。

+

気に入ったものを買う、のは、
言うまでもありませんが、
過去の失敗の経験から、
間に合わせで選ばない。
安易に買わない。
好きなものでも、必要な数だけ-
と決めています。

+

最近はやはり、というか、
材質のせいなのか経年劣化なのか、
スナップウェアーのくすみ?が
気になってきました。漂白してもスッキリ感が、
以前ほどないような感じが否めません。
ガラス製品との違いなのかなぁと感じます。

+

昔からずっと使われて廃れていないモノ、
見直されてまた使われるようになったモノは、
それなりに理由があるのだと思います。

コレというモノに出会うと嬉しいですね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top