09.09
Fri
                      
昨年12月初めに浴室の換気扇を交換した記事を書きました。
旧換気扇はシロッコファンが取り外せないので、
取り外しができることで掃除がラクになると喜んでおりました。
その後の記事にも、浴室掃除のついでに換気扇を外して、
ざっくり洗うことで大掃除が必要ない~なんて、
いけしゃぁしゃぁと書いていました。^^;

+

IMG_20160909-001-6511.jpg


ふだん浴室掃除は入浴後にしていることもあって、
夜遅くの掃除はそこまで手が行き届かなくて。
できなくても「休日にすればいい」と思っていました。
それと「外せる羽根」になったことで、
丸洗いすれば簡単~と安心しきっていました。

ですが-その油断がトンデモナイことになっていました。

最初は何を勘違いしたのか、シロッコファンの部分を
グレーだと思いこんでいて、(グレーなのは、枠の部分だけ)
見事なほどの埃の膜だったせいか、
埃とも気づかず薄汚れだと思って漂白していたのですが、
落ちておらず、こすってみると白い部分が顕になって気づく始末。

ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

ご覧のとおり、この有様。
画像はすでに一部洗っていますが、
グレーのシロッコファンと見間違うほど、
びっしりと綺麗に覆われていたんです。

IMG_20160909-004-6513.jpg


セスキ炭酸スプレーして、
歯ブラシでひとつひとつこすり洗い。
キッチンの換気扇と違い、油汚れがないはずなのに、
意外としぶとくて結構力をいれないと落ちませんでした。

IMG_20160909-002-6514.jpg

扇風機のように、
日頃、目に見えていればすぐ洗っていたのでしょうが、
盲点でした。

事実、換気扇を取り替えた後しばらくは、
掃除したときもほとんど埃もついていないので、
シャワーで洗い流すだけで終わったし。

最後にこれを掃除したのはいつだっけ?
って思い出せないんかい、ってほど、
掃除していなかったてことですね。
大失態です。


元通り、きれいになりました。

IMG_20160909-003-6515.jpg

本当に迂闊でした。
いつでもできる、簡単にできる、と、
高をくくっていました。
いやもう余分な時間を費やしてしまいました。

今後はこまめにチェックを怠らないようにしたいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
06.27
Mon
                   
IMG_20160627-4837.jpg

昨日はいいお天気でお洗濯日和でした。
シーツを洗ってお布団干して-

ベッドはマットレスが干せないのが、
やっぱり1番気になるところ。
できるだけお天気の時には、マットレスをあげて
風を通すようにしています。
マットレスパッド(画像の真ん中)は丸洗いできないので、
これまた干すだけ。

DSCF20160627-002-9801.jpg

昨日はお天気が良かったのでダニ対策に、
マットレスとマットレスパッドに掃除機をかけました。
見てはいけない塵や埃、やっぱりものすごくとれました。
専用の掃除機がない我が家ですが、
サイクロン掃除機なので、とれた量がまるわかり。
正直げんなりしました。時々、かけてはいたものの、
やっぱりここしばらくご無沙汰していたので多かったのかも。
こんなところの上に寝ていたら、いくらシーツを取り替えていても、
カラダに悪そうです(^_^;)

+

以前、ほうきの暮らしをしたい、と書いたことがあります。
小さな住まいなこともあり、コンパクトな暮らしに、
そして時間を気にせず掃除ができる箒は、
もってこいだと思っていました。
棕櫚の箒をお迎えしたら、掃除機を処分して-
とまで思ったほどです。ずっと悩んでいました。
棕櫚の箒を使えば、埃を舞い上がりにくく、
掃き掃除ができますが、
住宅環境のせいなのか、色んな所が埃がつきやすく、
毎日ハンディーモップも欠かせない^^;
先日記事にもしましたが、掃除機をかけても、
拭き掃除をしないとやっぱり埃は取りきれない。
ベッドを使っている我が家のライフスタイルでは、
箒オンリーの暮らしは厳しいと感じました。
また、今の暮らしでは掃除機とフローリングワイパーに、
箒をプラスしてまで必要なのか?と感じることが増え、
ずっと迷って結論がだせぬままでしたが、
現時点では我が家には箒の暮らしは向いていないのかもと。
また、箒を手に入れたところで、モノを増やすだけでなく、
箒を活かしきれないかもしれないなと思うようになりました。
とはいえ、また気持ちに変化がでるかもしれません。
この先、布団クリーナーを購入して、
また箒が欲しい気持ちが再熱した時、
考えてみようと思いました。

今ある道具で暮らしてみようと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
01.07
Thu
昨年12月、我が家の浴室の換気扇が新しくなった話しを書きました。
それまでの換気扇は、シロッコファンを取り外せないタイプで、
せいぜいカバーを洗って、
溜まった埃も歯ブラシで落とす程度なので、
苛立ちありーの、諦めありーのでした。
なので外せて丸ごと洗えるということで、
ストレスフリーとなりました。

そういうわけで年内の掃除リストには入っていなかったのですが、
一度見てみようと思って外してみました。

当然ながら汚れておりませんが、
せっかく外したのだからここは拭いて。

IMG_20160106-001-0060.jpg



シロッコファンも埃も溜まっていないので、
お湯で流すだけ。
我が家は洗剤を持たないので、
ここも汚れていたらナチュラルクリーニング。
セスキやクエン酸や重曹が切れていたら、
台所用の米ぬか石けんで代用することもあります。
でも、基本、窓拭きもそうですが、
汚れが溜まらないうちなら、湯や水だけで十分。


IMG_20160106-002-0063.jpg


お風呂掃除をしたついでに、毎回排水口も洗っているので、
時々、換気扇も外してざっくり洗うことで、
大掃除の必要がないと思われ。

IMG_20160106-003-0064.jpg


洗えるところは丸洗い-
これがやっぱり私にはラクチンです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
12.06
Sun
いつの頃からだろうか-

浴室の換気扇が異様なほど音が大きくなって、
外まで聞こえる始末。
もともと決して静かな方ではなかったのですが、
ここへきて急に激しさを増していました。
考えられる理由として、埃が溜まっているから?
と思うものの、定期的な掃除をしているので、
そんなに溜まっているとは思えず。
シロッコファンを外せればもっと埃も落とせるのでしょうが、
今まで何度かトライしたものの、
外せなくてできる範囲で掃除をしていました。
管理会社に問い合わせたところ、
我が家のは素人では取り外せないタイプとのこと。

+

見てもらったところ、まぁ、年数が経っているせいか、
速攻で取替ということになりました。

新しい換気扇です。

IMG_20151206-001-8963.jpg


前のタイプと違いますね~。

IMG_20151206-002-9133.jpg


「あける」って書いてる~!
ってテンションあがります。

IMG_20151206-003-9146.jpg


あぁ~これで全部外して洗えるぅ~!

IMG_20151206-004-8972.jpg



トイレの換気扇にはフィルターを貼っていますが、
(こちらもシロッコファンが取り外せないのと、
私の背が届かず、カバーが取り外せないため、
掃除の頻度が少ないため)

浴室の換気扇は、トイレに比べると綿埃も少ないので、
今までどおり、フィルターはつけず・・です。

洗えるものは洗った方が手っ取り早い!

それにしても換気扇の音があまりにも静かすぎて、
換気扇、つけてないのかと思うほど。
びっくりポンです(笑)

新築ではいった賃貸ではなかったこともあり、
設備品も「新品」じゃなかったので、
掃除をしてもこれ以上は元々の汚れと、
諦めていた部分がありました。
なので、掃除をサボった分、自分に跳ね返るので、
やりがいがあります。
なによりも羽根が洗えるのが嬉しいです。

年内中の掃除リストから除外でき、
ひとつラクをもらうこととなりました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



11.05
Thu

我が家はトイレブラシを置いていません。
以前は使い捨てのブラシを使ったこともありますが、
何も置きたくないので直洗いをしています。
使い捨てのビニール手袋とメラミンスポンジ、
または使い古したスポンジや布で便器、
縁裏を洗っています。何年もこのスタイルです。

使い捨てとなる手袋やスポンジ。
お掃除のための経費と考えていました。
けれど、それらが切れてなかったので、
スーパーのタイミー袋で代用しました。
一枚は手にはめて手首に輪ゴムでとめ、
(薄手だと2枚にした方がいいかも)
2枚めをくしゃくしゃ丸めてブラシ代わりに。
(我が家は洗剤は使わず、クエン酸水スプレーだけで掃除をしています)
これが意外と便器内がピカピカになります。
捨てる時も手につけたタイミー袋を
裏返しにして一緒に捨てるだけ。


トイレ以外でも、洗面所の手洗いも、
水垢がつきやすい蛇口も
タイミー袋をくしゃくしゃ丸めて
こするとツルツルピカピカになります。
思わぬとろこで、代用したものが功を奏しました。


line11.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
11.04
Wed

浴室掃除、お風呂はいった後でするので、
浴室のドアまで念入りにできません。
時間があればクエン酸水スプレーして、
サッシヘラの先にタオルをつけて
奥側にいれて拭きますが、日々できません。


内側もさることながら、脱衣所側のドアも
パッキンも白く汚れます。
日が経つほど、こういう汚れは取れにくく。

IMG_20151104-001-8075.jpg

先日、昔愛用していたダイソーオリジナルスポンジの
(こちらは以前探しまわるも販売が終了されたもようで、
出かけた先でダイソーがあると探したりしていました)

そっくりさんを見つけました。
本来は洗剤いらずのカビ取りスポンジですが、
石鹸カスや水垢もとれやすく。
浴室内のカビの生えやすそうな溝部分も
ちょっと点みたいなのを見つけた時に、
こするだけで落ちるので、
カビが広がる前に対処できます。
パッキン部分の汚れもクエン酸水パックで、
カルキ汚れもとれますが、
時間がない時、サササと汚れ落としを
したい時はこのスポンジが便利です。


IMG_20151104-002-8088.jpg


我が家の掃除道具でサッシヘラと同じく、
欠かせない道具となりました。
ただ、色が残念なんだわ~。

IMG_20151104-003-8092.jpg

サッシヘラ活用は過去記事にも
書いてありますのでよろしければ、
そちらを見て下さいね。









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
10.25
Sun
ここ数日、お風呂ブーツで検索してくださる方が、
なぜだか多くて-
4、5年前に書いったけ。

でも、最近、ブロ友さんのところで、
お風呂の手桶と椅子を買い替えたという記事を
読んだばかりだったので、
また今の気持ち、あらためて書いてみよう(笑)
同じ話しつまらないと思われる方は、
ここでそっと閉じてくださいね。

+

こういうおうちで使う道具っていうのは、
実家の影響が大きいと思います。
実家ではお風呂ブーツ以外にも、
お風呂の床(タイルだったので)にマットも敷いて、
その上に椅子を置いていました。昔はすのこでしたが、
いつしかポリウレタンのマットみたいなものに変わっていました。
でもそのマットって、カビが生えやすいんですよね。
カビ取りもしていたなぁ~(遠い目)
で、最初は、必要なものだと思っていました。
が、結婚して夫はマットや椅子、ブーツなど「要らない」派でした。
ブーツに関しては押し切って最初は使っていましたが、
結局なくても問題ないとわかり現在に至っています。
掃除に関しては素足の方が、私にはラクチンでした。

結局、我が家では、手桶はありますが、
それ以外のものはありません。
おしゃれな椅子を見ると、いいな、って
思うのですが、今の我が家の浴室(ここが肝心)、、、では、
似合わない(笑) 

休みの日以外は、お風呂あがりに掃除をするので、
できるだけ掃除をするものが少ない方がイイ-
単純にそれだけの理由。
浴室を使用したら石鹸カスがつくから、
カビよりそっちの方が悩ましい問題です。

ただ、今は要らないと思っていても、足腰が弱って、
椅子が欲しいと思う時がくるかもしれません。
環境や状況によって変わることは当然。
その時、必要になったら考えればいい-
モノについて、そんな風に思うと、
ずいぶん気がラクになりました。

line19.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
06.30
Tue

キッチンの排水口、浴室の排水口とともに、
洗面所の排水口も日々の掃除のついでに、
排水口も臭いがないか気にしていますが、
スポンジでこする程度です。

画像は洗面所。中が金属ではなくプラスティック。
IMG_20150630-001-3342.jpg


時々、重曹をふりかけてクエン酸スプレーして、
シュワーっとして流して終わり。
排水口専用の洗剤も不要なので安上がり。

が、

仕事をするようになって、
手抜きが重なったせいもあり、
浴室の掃除、排水口の掃除はしても、
浴槽内の排水口・・・・たまーに、たまーに、
上記のシュワーはした・・はず、、と記憶が曖昧なくらい、
いつしたのかわからず状態でした。

で、その浴槽内の排水口に青緑色のものがついていました。
こちらは中が金属です。
一瞬カビ?と思ったのですが、
メガネの鼻パッドやネジの部分に緑色の錆、緑青でした。
緑青とは、銅が酸化されることで生成される青緑色の錆の事だそうです。

IMG_20150630-002-3347.jpg

あまりの酷さに写すのを忘れ、少し落とした後です。
うっすらまだ青いものが見えます。


サッシヘラのあたりまで青緑がついていたのですが、
こそげてみるも落ちきれず。

IMG_20150630-003-3349.jpg


お酢と塩でこすって落としました。

わかりづらいですが、それなりに、それなりに
きれいになりました。

IMG_20150630-004-3353.jpg


緑青・・・うかつでした。

ふぅ・・・今日はいろいろ慌ただしい一日で、
おまけに緑青出現で疲れたぁ~ε-(;-ω-`A)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 5
06.11
Thu

先日、記事に書いたように洗濯槽の掃除をしました。

日々、洗濯後は槽内の水気を拭き取るだけで、
丁寧な掃除には程遠く、案の定上部の穴の汚れが
気になっていました。

IMG_20150611-001-1334.jpg

穴なし槽ですが、上部にこのような穴があります。
通常の過炭酸ナトリウムを投入する槽内の掃除だけでは、
この部分がきれいになることはなく。

毎回、洗濯後にこんなふうに拭き取ればいいのでしょうが、
なかなか朝の慌ただしい時間、それもできず。

IMG_20150611-002-1339.jpg

やっぱりこんなふうに汚れてるんですよね。

IMG_20150611-003-1341.jpg


なので-

洗濯槽の掃除をする前に、
過炭酸ナトリウムを水で薄めたものをこの部分にスプレーし、
(もしお試しされる方は自己責任で。塩素系は錆るのでNG)
しばらく放置。温水を高水位までいれ、
(設定しても上まで届かないので、バケツで足します)
過炭酸ナトリウムをいれて洗濯機をまわし、
掃除すること6時間、槽乾燥し終了。

それなりにキレイになりました。
それなりに・・というのは、やはり鏡でチェックすると、
隅っこの汚れはとれていないのが判明。
先日コメントをくださった方のように、
歯間ブラシで穴のなかを掃除するということは、
私にはハードルが高く諦めました。

IMG_20150611-004-1343.jpg


もう一つ気になったのは-
槽内の石けんカスが残っていてザラつきます。
上の方、白い石けんカスが付着。
毎回、拭いているのになぁ・・・と思いながら、
手で触ったり、しっかりライトを照らして見ることもなく、
手抜きなところもあるのが原因かなと反省。

これは過炭酸ナトリウムでは落ちないので、
翌日改めて掃除をすることに。

溶けやすいかなと思い、ぬるめのお湯を
高水位まで溜め、(ここでもバケツで水を追加)
カップ半分のクエン酸をいれて2~3時間放置。

IMG_20150611-005-1789.jpg


放置するだけで良いのですが、
頑固な石鹸カスがついていたので擦りました。

IMG_20150611-006-1801.jpg

その後、普通に洗濯をするようにして脱水して完了。

画像ではわかりにくいですが、
石けんカスのザラつきがきれいに落ちました。

IMG_20150611-007-2065.jpg


ピロピロワカメがでない構造とはいえ、
上部の穴の汚れは仕方ない-
と半ば諦めモードです。
もう少しこまめにスプレーだけでもして、
簡単掃除を増やしてみようか、などと思ったりも。

時間と心の余裕がある時に-
そんなゆるゆるな気持ちでやっていければと思いました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 15
05.26
Tue

今月初めに掃除機が壊れたことを書きました。
しばらく、掃除機なしの生活をしてみて、
やっぱり掃除機を購入しました。

悩みました。
お決まりのように
紙パック式はサイクロン式か、で悩みましたねー。

それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、
サイクロン式にしたのですが-
(それぞれの特徴などは色々なとこで書かれているので端折ります)

ただ単純にゴミ捨て、お手入れのことだけでいえば、
紙パック式がラク! だと思います。
以前のものは紙パック式だったので、
ランニングコストはかかるにしても、
ゴミのことなんて、紙パックがいっぱいになるまで
考えたこともないし、見ることもなかった。

ですが、サイクロンにしたら、
使用の度に見えるゴミ、埃。
1回でこれだけとれるのか~と目の当たりにすると、
最初は衝撃的でした。
当然の如く、今までよりお手入れに時間がかかります。

勿論高機種だとお手入れもラクなのかもしれません。
そのへんはわかりませんが。

最初はやっぱり売れ筋の機種に目がいきました。
へ~こんな機能があるんだ、とか、
今までない機能に、へぇ~、へぇ~と驚きで。
でも、結局よくわからなくなったというか、
便利な機能がどこまで必要か考えると、
そんなに要らないな~ってことで、
最小限、吸引力があるもの、
マイナーチェンジされながらも
今も販売されて口コミもいいものを選びました。
まぁ、安かったし(笑)

+

ただ、サイクロン式にしてみてわかったこと-

ホースと本体の繋ぎ目だってね、
前は紙パックの交換の時しか見えなかった、見なかったけれど、
ゴミを捨てようとカップを取り外すと見えるんですもん。

IMG_20150526-001-0055.jpg


この埃の塵汚れ、これもずっと溜まっていくと、
ほんと、容易にとれない。(以前の掃除機がそうだった)
とれないから、そのまま放っておく、
ますます汚れがたまる、とれない、
その悪循環でいつしか放置になるのが目に見えている。
なので、一応さっと拭くことに。

見えなきゃ、見えない、知らない、
気づかない、で済むんだけれど、
(結構、いい加減です、ワタシ)
でも見えるとね(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 4
05.03
Sun

少し前にAll Abautで気になった記事-
詳しくはコチラの記事で。


トイレの汚れの原因といわれている、
小用時の飛び散りの尿ハネ

男性の尿ハネが臭いの原因だと考えられ、
最近は座って用を足すという方もいらっしゃるかと思います。
けれど、座ったままの時は便座の裏面に尿ハネが付着しやすく、
女性の方が便座の前側が汚れやすく、
意外や意外、男性より女性の方が、尿ハネしているそうなのです。
便座を上げる機会が少ないため気付かず、
放置したままになり臭いジミをつくることになるのだそう。
夫や子供のせいだと思っていたら、
実は自分だったかもって話し。
いや~驚きでした。こわい、こわい(笑)
ちょっと衝撃的な話しでした。

その他にも、トイレ汚れの原因は、
服の着脱とトイレットペーパー使用時の
埃によるトイレダスト
トイレダストにしても、リビングや寝室の埃よりも、
トイレの埃の方が多くの菌が存在するだけでなく、
埃を栄養にして増えそれが嫌な臭いの原因にもなるということを
以前、何かで読んだ気がします。

洗浄の水の汚染ミスト
これもトイレの蓋をしないで流すと、
便器内の菌が舞い上がるという。
蓋をしてから流した方が良いということですね。

結局、臭いの軽減とするには、
汚れや埃、こまめの掃除で蓄積させないこと-
これに尽きるのでしょう。

line20.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
03.06
Fri

IMG_20150306-3626.jpg


ストレスの発散も色々。

買い物したり、おいしいもの食べたり、
カラオケ行ったり、スポーツしたり。
映画をぶっ通しで見たり。
ムシャクシャしたり、怒りがいっぱいいっぱいなった時、
テレビのように、食器を投げたり、割ったり、
は、後片付けを考えるとできませんが-

一心不乱でシンクを磨いたり、
カランを磨いたりしたくなります。
心を鎮めるのにいい薬かもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
12.29
Mon
今月初め、100円ショップで購入した
トイレの換気扇フィルターについて書きました。
その時の記事はコチラ

浴室の換気扇と同タイプのものですが、
トイレは背が届かなくて私ではカバーが外せないので、
しょっちゅう外して洗うこともできず、フィルターをつけています。


取り替えてまだ一ヶ月経っていないのですが、
フィルターがかなり汚れていたので取り替えることに。

実はカバーを外した時に、
フィルター側に取り付けたテープが
換気扇カバー側にくっついていました。
本来はこういう使い方なのですが、
私が勘違いしてフィルターに貼り付けて設置したのですが^^;

フィルターをつけているから、
換気扇のカバーは汚れていないと思っていたら、

IMG_20141229-001-1175.jpg

ショック、、、こんなに埃がついていました。
前のフィルターの時は裏面に糊がついていて
しっかりガードできていたせいか、このようになることもなく-
やはり気がかりだった隙間から埃がついたようです。

IMG_20141229-002-1178.jpg

で、洗い流して再びフィルターをセットしました。
両面テープでしっかりつけようかと思ったのですが、
取り付け用テープが残っていたので全て使い切ることに。

IMG_20141229-003-1180.jpg
雑な貼り方は見なかったことに


念のため用意しておいた両面テープは、
様子を見てから使うことにしました。

IMG_20141229-004-1183.jpg


テープの数が増えてフィット感もありますが、
やはり若干の隙間は仕方がありません。

IMG_20141229-005-1185.jpg

次の交換時が楽しみです(笑)

全面糊のついたフィルター、20*20サイズ、
復活ないのかなぁ・・・(心の声)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
12.24
Wed
浴室の換気扇掃除-

我が家の換気扇は、過去記事にも書いていますが、
グリルと呼ばれるカバーは外せるのですが、
ケーシングと呼ばれているシロッコファンは外せません。
真ん中のポッチを外せますよ、と、
過去にコメントを頂いたことがあるのですが、
外せそうな仕様でなさそうなんですよね・・。
ボッチがとれる気配もなく、力まかせでとろうとして、
万一壊れたら・・と思うと無理にできず。

なのでこんな状態で埃を歯ブラシでこそぎ落とし、
セスキ炭酸スプレーした布で拭き取るだけ。
なのでかなり限界があり、満足感がない掃除です。

IMG_20141224-001-0824.jpg


汚れ、かなり落ちます。
今年はふだんの掃除でここまでしなかったから、
初めて外した時のように酷い汚れでした。

IMG_20141224-002-0795.jpg


歯ブラシ真っ黒です。

IMG_20141224-003-0817.jpg

カバーはふだんの掃除でもシャワーで洗い流しています。

今回のような内部の掃除をした後、
カバーを外したまま換気扇を回すと、
取り残した分の埃が落ちてきたりします(笑)


本当はごそっと外して丸洗いした方が、
手っ取り早いんだけれどな~と、いつも思います。
毎回思う、消化不良気味な換気扇掃除です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
12.03
Wed
トイレの換気扇カバーのフィルターの取り替えサインがでたので、
替えようと思ったらストックぎれで、同じものをお店で
探したけれど見当たらず。メーカーのサイトを調べたら、
販売終了となっていました。

え!? なんで?
サイズは20センチ✕20センチサイズのもの。

埃積もりすぎでお見苦しいですが・・・フィルター探しで、
取り替え時期が遅くなってしまいました。

IMG_20141202-001-9599.jpg



実はこれを使う前に使っていた同じメーカーさんのものは、
30センチ✕30センチで、カットして使っていました。
ですが20センチ✕20センチのジャストサイズがあるとわかって、
切らずに使えるのはこりゃ便利~と思っていたのに・・・_| ̄|○

メーカーさんのHPにも15センチ✕15センチか、
30センチ✕30センチのラインナップ。
裏面の糊が剥がしたあともべたつかないので、
気に入っていたのに・・・ほんと残念。
ネットで色々調べてみたのですが思うようなものがなく。

どうしたものか考え、
また同メーカーの30センチ✕30センチ(2枚入り)のものを
購入して、以前記事にしたセコイ使い方をしようかと思ったり。

100円ショップでも探して、
30センチ✕30センチのが5枚入りのを見つけました。
同じカットして使うなら、100円ショップの方がお得かなと思って、
購入したのがこちら。

IMG_20141202-002-9602.jpg


ところが、ところが、意外なところで落とし穴が。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!。


不織布に糊がついているタイプでなく、
取付用マジックテープがついているタイプでした。

IMG_20141202-003-9605.jpg


よく確かめなかった私がいけなかったのですが・・。
マジックテープは予めカットされているので、
4ヶ所につけてカバーに貼るのですが、
トイレの換気扇、踏み台を使っても届きづらく、
フィルターをつけるのがやっと。

IMG_20141202-004-9606.jpg


とはいえ、まぁ気を取りなおして取り付けることに・・・。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 6
11.19
Wed

トイレに芳香剤を置いていないので、
消臭剤としてはクエン酸を置いていますが、
ほのかな香り・・ということで、お香を置いています。
今までいれていたジュースの瓶から、
部屋に飾っていた一輪挿しに入れ替えました。


IMG_20141119-9116.jpg

右に見えるのは「塩」
6月の紫陽花と同様、
実家に居る頃からの習慣です。
掃除をした後に必ず取り替えています。
正式な盛り塩の仕方ではありませんが、
「気持ち」。
掃除が終わったという儀式というものでは
ありませんが、なんかすっきりします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.20
Wed
言い訳にはしたくないですが、
仕事をするようになって、
今までどうりの掃除ができません。
というか、今までのような時間のかけかたは
できないのが現状です。
ちょこちょことろ思いついたら、とか、
時には見て見ぬふりすることが増えた気がします^^;

できるだけ時短で、「ついで掃除」で。


掃除に大活躍のクエン酸水スプレーのボトル。
以前記事にしたことがありますが、
スプレーノズルにカビを生やしちゃったことがあります。
その時の教訓で、作りおきする量を少なくしています。
できるだけ使い切り、水洗いして乾燥するようにしてから、
あのようなシンドイ思いをすることもなくなりました。

そのまま水洗いをしていたのですが、
たまたま思いつきでしたことが功を奏しました。それは・・・。


kitchen12.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 2
07.29
Tue
制菌・制汗・消臭という効果を持った
ミョウバン水を使っています。
水に溶かすと弱酸性になるので、
アルカリ性のニオイのものに効果あり。
雑菌の繁殖を抑える働きがあるそうです。


IMG_20140728-001-3507.jpg

ミョウバンの水原液の作り方

1.5リットルの水
焼ミョウバン 50グラム
ペットボトルにいれて溶かすのですが、
ご覧のようにつくりたては白濁しています。
すぐには溶けないので、3日ほど放置。
すぐ透明になったようにみえますが、底に沈殿しているので、
しっかり溶かします。

ミョウバンの結晶が溶けて透明な液体になったら出来上がり。
冷暗所に保管。

IMG_20140728-002-3555.jpg


こちらがミョウバン水原液。

お洗濯の最終すすぎの時に、
100CCほど(多めにいれても問題なし)投入。

これをするようになって、心なしか、
生乾き臭がなくなった気がします。

それと汗臭さが気にならなくなったかなぁ。


ミョウバンは漬物の変色防止やあく抜きに利用したりするだけでなく、
制汗作用や収れん作用があるということで、
薄めて肌にスプレーしても使えます。
汗が抑えられると雑菌も増えない、、ニオイも抑えられると
いったところでしょうか。


上記で作ったミョウバン水原液を10倍に薄めて、
消臭剤スプレーとして使えます。

制汗スプレーとして使う場合は、
水150mlでミョウバン10gの割合で、
肌の調子を見ながら加減しながら。
薄めたミョウバン水は冷蔵庫で保管します。
多めに作らず少なめに作ってはやめに使い切ります。

IMG_20140728-003-3972.jpg

焼きミョウバン、安くて手にはいるので、
デオドラントスプレーよりお得です^^






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
07.08
Tue
雨が続くと部屋干しが多くなります。

以前は、部屋干しの匂い対策のモノを使ったり、
柔軟剤で臭いを匂いで消したり、洗剤ジプシーでした。
が、今はそれらも使わず、石けんに落ち着いています。

なので部屋干しの匂いもおさらばしていたのですが、
ここ数日、生乾きのニオイが気になってきました。

( ゚д゚)ハッ!
思い当たるといえば、
最近、洗濯槽の掃除をしていない!
最後に洗濯槽の掃除いつしたっけ?
仕事をしだしてから、その回数もぐっと減ったような^^;

で、掃除をしたところ、トンデモナイことに。

我が家は穴なし槽なので、洗濯槽内にピロピロワカメは
浮いてきません。ですが、洗濯槽の外側の掃除をするので、
過去記事にも書いていますが、
若干の黒いものもホースから流れでます。
でも今回はすごく汚れていました。

外側の掃除なので、ホースを立てて洗浄し、
洗浄が終わると排水ホースをバケツに受けます。

IMG_20140708-001-3422.jpg


勢いが終わるまでバケツに受けるのですが、
出るわ、出るわ、以前の洗濯機で見たピロピロわかめを
彷彿とさせます。

いつも水で洗浄するのですが、(お湯をバケツでいれるのがメンドクサイため)
今回、お湯だけつかって洗浄した効果もあるのでしょう。
気持ちが良いほど落ちた・・という感じでした。

IMG_20140708-002-3430.jpg


あぁすっきり。 
少々面倒でも「お湯」の方が汚れが
剥がれやすいのでしょうね。
これからはもう少しこまめにしなくっちゃ^^;

あと、お洗濯で試してみたいコトがでてきました。
またレポしたいと思います。


今回使ったモノ



クリーナーでなくても酸素系漂白剤で良かったのですが、
おうちにある量では足らず、
買うのならこれを試してみたかったのです。
重曹が入っていたので洗浄力アップということで選びました。


++

こんなのもあるんですね・・。


部屋干しの嫌な臭いがなくなる。
洗濯槽のカビや汚れを徐々に除去。
排水ホースや排水口の汚れが徐々にとれる。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
05.29
Thu
専業主婦時代と違って、おうちの水回りの仕事も、
以前のようにはいかなくなりました。
もともとまとめて大掃除的なものは苦手なので、
簡単でも都度掃除を心がけています。
とはいえ、前と同じようにいかないのも事実。
一言でいうと「時短で簡単」に尽きます。
仕事の日はできないのも事実。
休みの日だって出かけたりしたら、
やっぱり手抜き掃除になっちゃいます。
それはそれで、楽しんだのだからサボった分の、
しわ寄せの後始末ですね。

+++

私のブログを最初から読んでくださっている方は、
ご存知だと思いますが、ブログを始めた時は、
掃除ブログでしたねー。専業主婦ということもあって、
色々試しましたが、経済的、環境にもエコな、
ナチュラルクリーニングに落ち着きました。
なによりも洗剤の用途別に使い分けしなくなって、
日用品の出費はかなり激減しました。
重曹、クエン酸、セスキ炭酸、微妙に使い分けが
必要ですが、慣れてしまえばやっぱりお得。


+++

話は脱線しましたが、

油断していると手洗い部分も
埃や水垢でざらついたりします。

IMG_20140529-001-1190.jpg


日頃掃除をしていても、
トイレの水垢や尿石はついてしまいます。
フチ裏や便器内にざらつきがないかどうかチェック。
こういう汚れは、ブラシで軽くこするだけでは
落とせないので、濃い目に作ったクエン酸液を
かけて放置して鍋洗いなどの固めのブラシで、
こするだけでツルリンとしてきれいになります。
ツルツルした便器だと汚れも付きにくくなるので、
日頃の掃除はちょっと拭くだけで十分になります。

IMG_20140529-002-1192.jpg


もう完全に尿石がとれない・・状態になったら、
最終的にはサンドペーパーの出番ですが、
そこにいきつかないようにしたいものです。


日頃はこれで拭き取りでも十分。

+++

話は本題に(ってここまでいったいなんだったんだ~)

浴室掃除をしたあと、私はスクイジーを使わず、
水垢のチェックも兼ねてタオルで拭きあげしています。

以前から知っていたものの、タオルで十分だわ~と
思って手をださなかったコレ↓

IMG_20140529-1198.jpg


職場で頂いたんですが、
使ってみてびっくり。
浴室掃除の拭きあげ時間が短くなりました。
ものすごく吸水してくれるので、短時間で拭きあげ完了。
なんで今までコレに手をださなかったんだろうか・・って、
ちょっと後悔(笑)
好きな大きさに切って使えるし、
洗濯して繰り返し使えるのも魅力です。

それ以外にも、
水分がついたシンクを拭き取る時にも、
水に濡らして状態でもきちんと拭き取れるので、
水滴が残らないので水垢がつきにくそうです。
冬の結露ふきに悩まされていたので、
これならラクーにできそう。

欲を言えば、「色」がブルーでなく、
「白」だったらいいのにな~と思わなくもないですが、
実用的なので◎ですね(笑)




久々に、仕事ができる掃除グッズでした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
12.24
Tue
ようや大掃除小掃除にとりかかりました。

夏頃から入浴後に浴室掃除をするようにしました。
なので仕事をするようになってからも、
前夜に掃除をすることで負担が楽でした。
ですが、冬になるとやっぱり寒いから、
掃除も億劫になるので翌日持ち越しに。
洗えない時は、使用後ざっと水分を拭くだけ。
これだけでも全然違うのは、如実に実感しています。
特に排水溝近くの、床と浴槽の境目は石けんカスでざらつきやすい。
一見汚れていなくても、ここは手で触るとザラっとしやすく、
放っておくとカピパピのカルキ汚れとなるので、
さっと水でこすって拭くだけでふだんの掃除がラクです。

シャンプーラックの裏側の掃除をしました。

IMG_c20131224-001-1090.jpg

ラックをひっくり返して見ると、
案の定、白いカルキ汚れがびっしりついていました。

IMG_c20131224-002-1091.jpg

先日、ちょっと話題になったプリン石けんを作ろうかと思ったのですが、
作って3時間ほど置いてから・・ということなので、
急に掃除を思いったったのでいつもどおり、クエン酸で。
スプレーして少し放置してこすり洗い。

IMG_c20131224-003-1097.jpg

古いラックなので、スチール加工されているのが剥がれていますが(前から)、
とりあえず白い汚れはとれました。
(よーく見るとところどころ残りはありますがこれで良しとしています)


浴室掃除はほぼクエン酸(時々重曹をプラス)だけで掃除しています。
でも時々泡泡したい時はキッチンで使っている液体石けんを
プラスしたりしています。

石けんといえども最終的には川や海に流れるので、
使わないでも落ちる汚れ、水やお湯で落ちるなら、
必要以上に使わないでもいいかなと思っています。
石けんを使って汚れを落とさなくては無理なもの、
使わないとダメな場合はもちろんあるので、
使わないと言っているのではありません。
きれいにするために使うものですもんね^^
ただ使わない時は泡を出さない分、流す水も少しでいいし、
泡立たない分掃除がラクだから。これが1番の理由かも。(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
08.09
Fri
昨日の緊急地震速報に慌ててしまいました。
実家が気になりつつ、私自身も右往左往。
教訓が活かされていませんね^^;
でも、本当に誤報で良かった・・と思います。

+++++

家計簿を振り返ってみると、
用途別に洗剤を買わなくなって、
日用品の出費がここ数年で激変しました。
浴室用、トイレ用、住宅用、レンジ周りの油汚れ用と、
使い分けせずナチュラルクリーニングにしたことが
大きかったと思います。
(もちろんこれだけではありませんが・・)
洗剤類など、それまでなくなると慌てたりしていたので、
ストック品の管理の煩わしさもありました。

クエン酸で蛇口もピカピカになるし、
トイレの消臭にも事欠きません。
磨き粉代わりに重曹をプラスするといいし、
油汚れもセスキできれいにおちるし。

とはいえ、使い方がいまひとつわからずで、
失敗があったり、思うような効果が得られず、
合成洗剤に戻ろうかと思うこともありました。
きちん使いこなせれば、手あれに悩まされることなく、
コスパもいい、手肌にも優しいので、
今後もこのままだろうなぁ・・。

それまで、◯◯用という思い込みがあったのも事実。
メーカーさんの戦略が上手いのか、そういうものだと
刷り込まれてきた気もします。
純石けんを使い出して、便宜上◯◯用と書かれていても、
他の用途に使ったり、代用できたりするので、
切れた時の慌てもなくなりました。
なので、日用品の無駄がなくなったと思います。


IMG_0965.jpg


できるだけ環境や自分の体に負担のないものを使って、
家計にも優しくなると、ちょっと嬉しくなります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
06.25
Tue
お風呂掃除しているし、黒いカビも発生していないしって、
安心していると意外なところで盲点。
天井のカビは一箇所に集中せず広がり、天井から胞子を撒き散らすらしい。

浴室のパッキンについた黒いものなら、すぐにカビだとわかるけれど、
壁とか天井とかって、汚れって目立たないですよね。
浴室の天井や壁の材質にもよるのでしょうが、
浴槽や床と違って、たいして汚れていないと感じやすい場所です。
我が家は24時間換気扇をまわし、窓もあけて換気しているから、
目にみえるカビがないのをいいことにあまり気に留めていませんでした。
でも・・・。

P1130890.jpg

浴室のカビの発生源は天井に潜んでいる。

浴室のカビの胞子が気流にのって、
他の部屋まで広がってしまう可能性もあるのだとか。

なんて言われてもピンと来ない。
やっぱり、浴槽や排水口や換気扇が汚れやすい場所だと認識はあっても、
天井って湯気があがって水滴はついても、
石けんカスがたまるわけでもないから。
日々の掃除にも手抜きしてしまいがちです。
我が家も昨年、油断してあわやカビが発生!?と記事にも書きました。

我が家の浴室は広くないし、浴槽の縁に登るとつま先立ちになりますが、
天井に手が届くのですが、それでも毎回天井を洗うとまでは
いきません。サボりぐせがついてしまいました^^;
水を流してはい、終わり。ならいいのですが、
後の拭き取りのことを考えると気合がいります。

あからさまに天井に水滴がかかったら拭きますが、
やっぱり、何回かに1度くらい・・・気が向いた時とか、
気になる時にしか、天井は洗わないですね。

でも、目に見えないからやっかいですねー。

こういう置くタイプのものは前からあったけれど、




燻製タイプってどうなんでしょう。
煙でお部屋に殺虫剤を散布するのよ同じ仕組ですね。




消毒用のアルコールを染み込ませて拭き取る。
これをするだけでも随分違うようです。

皆様のお家ではどのようにされているのでしょう。
気になるところです(*^^*)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



04.30
Tue
家族意外の人間がお家にあがることは、
良い意味でも、悪い意味でも、
日頃気づかないことも気づくことがあって良いのかも。

って一体何の話?って思われたかもしれませんね^^;

実は友人からの電話で、
お義母さんがいらして友人のトイレの臭いを指摘されたそう。
もちろん、嫁姑といったこじれた関係ではなく、
久々に来られたお義母さんから、それとなくトイレのニオイを
言われたそうな。
「掃除もこまめにしているつもりなんだけどな・・」

それで、一緒に原因を探ってみました。

まず友人のトイレの状況を聞いてみると、
温水洗浄便座。
トイレ掃除は週5日、使い捨てのブラシと拭き掃除をしている。
便座カバーは使用していないが、マットとスリッパは使用。
家族構成は夫婦と男の子。

以前、我が家でも同じように掃除をしているつもりでも、
ニオイが気になったことありました。

便座の縁裏、便器と床の境目、便座のとりつけネジ部分など、
確認していくと、温水便座を便器から簡単に取り外せないタイプでした。
なので、便座取り付け面や便座とタンクの間、本体の裏側など、
日々の掃除ではすみずみまではしづらい。
拭き届かないところにも、飛び散るので要チェック。

それと、洗浄ノズルが気になりました。
洗浄ノズルも拭き取りしていても、根元の取り付け部分など、
奥の方に汚れがついてしまうので、それがニオイの元に。

一度洗浄した後でノズルを自動的に洗浄して、
ノズルを収納する自動洗浄するタイプですが、
便器とノズルの接着部分までは洗浄してくれない。
格納する蓋のようなところにも飛び散る汚れが付着したりします。

マットは汚れていなさそうにみえても、
こまめにお洗濯をしないと、飛び散りとか気づかないので、
気をつけたいところ。マットに尿はねも吸収するので、
まめに洗濯するか、床をこまめに拭くか?別れるところでしょうか。

それと話を聞くと、一応水は流れているけれど、
流れが悪いということでした。
ご主人が少し前にバリウム検査したというので、
友人に再度確認してもらいました。
一見きれいに流れているように見えても、
奥の方に固まっている場合があります。
直洗いをしたことがない方はしにくいと思いますが、
手袋をしてでも、中を確認する方が良いかと思います。

友人宅のニオイはこれで解消しました。

フローラルな芳香剤もニオイ消しに良いのかもしれませんが、
その匂いでかき消されたり、日が経ってニオイが混じったりすることも。
トイレのニオイも、ずっと住んでいる家族はわからなくても、
訪問者は意外と気づいたりするものです。
ニオイに気づいても、なかなか指摘されることは少ないけれど、
身内ならではということもありますね。

トイレ掃除にエタノールを利用するのもいいですね。
我が家はクエン酸水スプレーで掃除し、
消臭剤としてクエン酸をカップにいれて置いています。
(アンモニア臭なのでアルカリ性の重曹では中和できないですよ)


それにしても、最近の最新型のトイレはどうなっているのか
気になるところです^^;

w138.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



04.25
Thu
今でこそ、温水洗浄便座って珍しくないですが、
その昔、CMで「おしりだって、洗ってほしい」なんて
キャッチコピーはセンセーショナル。

「手が汚れたら洗いますよね?紙で拭く人っていませんわよね?
おしりだっておんなじです」なんて女性歌手が語る。
それまでおしりは拭くものが一般的で、
おしりを洗うなんて~ショーゲキ的だったと思います。

理屈を考えれば、そうだよね・・汚れたら洗う。
うんうんってな感じ。
だからどんどん普及していったのでしょうね。
今では温水洗浄便座というより、ひとつのメーカーさんの商品名の方が、
わかりやすかったりして。

前置きが長くなりましたが、トイレの話しではないのですが、
「汚れたら洗う」まさしくそのとおり。

でも、やっぱり「拭く」ありき。

これは皆様もご経験ありだと思います。
シンクの水周り、拭くだけで水道水のカルキ汚れ、
白残りの付着はある程度軽減できますよね。
でもついちゃったものは、ゴシゴシしたり。

1人暮らしの友が、平日、連日連夜仕事がハードで掃除もままならない。
特にお風呂掃除が面倒くさい。平日はシャワーがほとんどだから、
浴槽も湯垢もつかないし、壁はほとんど洗わない、と。
でも、窓もない浴室で、換気扇を回していても、
たまたま湿度と温度のバランスが丁度よかったのか、
うっすらピンク色になって、ヌルヌルを発見。
まあ黒カビではなかったから、事なきを得たのですが。
その友が、やっぱり掃除はこまめにできない、時間があったら、
眠りたいし、でも、週末はきれいなお風呂につかりたいという。
どうしたら良いものか?と私に話しました。

そりゃもう、

拭くしかないっしょ!

お風呂からあがる時に掃除ができればベストかもしれない。
でも、夜遅くだと面倒だよね。
シャワー浴びた後、洗うのでなく拭く。
カランも拭いておくだけで、水滴の白残りもない。
浴槽も壁もドアも拭く。

丁寧に拭き取るのがいいけれど、
ざっと拭くだけで、全然違う。
理想は乾いたタオル。でも、水気が絞れるくらいでなければ、
体をふいたタオルで全然問題ない。
掃除の時間がなくて洗わなくとも拭く!
日々の数分、歯磨きのように習慣化で後々ラクラク♪

その後、友はお風呂掃除が苦にならなくなったと^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



04.18
Thu
昨日の煮洗い続きで。

昨日熱湯だけで煮洗いが気負うことなく手軽でいいと書きました。
が、どうしても熱湯だけではニオイが消えないものがあります。

人間の皮脂汚れ。とくに男性の皮脂のニオイは、
枕のニオイ同様、独特のニオイがします。
おと~さんのニオイ(笑)
え?ご主人は匂わない!?
我が家も昨年あたりから、ニオイが気になりだし、
通常のお洗濯で、酸素系漂白時を投入しようとも、
染み込んだニオイは超頑固です。
湯洗いだけだとそこはかとないニオイとくすみ感が残ります。
なのでこんなときはやぱり、石けんと漂白剤での煮洗いしか、
消えることはないのです。

P1100288.jpg

ね、吹きこぼれないように見ないといけないので、
気合がいるのですが、やっぱりこうしないと。
一手間なんですが、煮洗いするとニオイも黄ばみも
なくなるんですよね^^

驚くほど、男臭さいニオイがなくなりました!

+++

で、もう一つ悩ましいニオイ。

我が家のキッチンタオルはこんな感じでフェイスタオルを
冷蔵庫の側面に吊っています。
オサレなキッチンタオルでもなんでもなく(笑)
なぜにフェイスタオル(キッチン専用にしているもの)?って
思われた方もいらっしゃるかと思います。
これも固定観念というか、ずっと実家でそうだったから・・。
ただただその習慣をそのまま・・。
親がしていたことを、他人の家をみることなく過ごしていると、
それが当たり前って思うことってないですか?

ずっとずっと気になっていたのがコレ。

P1100315.jpg

ほぼ手を拭く位置が決まっているということもあり、
タオルの下の方が濡れて、しだいに黒ずんできます。
そしてあの嫌なニオイが発生する時があります。
生乾きの時のあのニオイです(> <)
キッチンのタオルって水仕事をして拭く回数も多いので、
薄いものだとぐしょぐしょになるので、
厚めのタオルが良いかと思っていました。
意識していれば拭く位置を変えるのですが、
やっぱり拭く場所って下の方ばかりなんです^^;
それで、このサイズだと常に乾いているところがでてきて、
拭いているところが乾く暇がないというか。

なのでそれを解消するために、ピンチで止めて、

P1100322.jpg

タオルの位置を変えたりしたこともあったんです。
↑こうして輪っかの部分が下にくるようにしたりして、
常に同じところで拭かないように。
でも、見ためもいまひとつ・・。

そして上で止めているときはいいのですが、
くるくると回転させて使っていくので、
下の位置にピンチがくると冷蔵庫にカチャカチャあたるのが気になり、
あ~もう、メンドクサイって思ってしまうんです。
それで長続きしなかったのですが、
その後、食器拭きに使用しているリネンのふきんを手拭きに
しようかと思ったこともありました。
リネンだと薄いけれど乾きも早いし。

ただ、吊り下げる場所はここしかないので、
ふわっと広がると、冷蔵庫の開閉(我が家は左開き)の邪魔になるので、
市販のサイズで悩み、やっぱりタオルを折った感じの方が良いのか・・とか
色々悩み悩み、あれこれシュミレーションしている状態が続いていました。

以前にも記事にしましたが、黒ずみを解消するのに煮洗いすれば
良いのですが、やっぱり度々となると・・って思います。

ほどほどに厚みがあり乾きやすい生地。
時々熱湯だけで煮洗いできるサイズのもの。
掛け方の工夫。

この課題をクリアして、またご紹介できればと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



03.01
Fri
洗濯槽の掃除については以前の洗濯機の時の掃除の模様を
過去記事で書いていますが、定期的に掃除をしないと、
酷いことになることは十分認知しました。
今は、穴なし槽の洗濯機なので、槽の内側にピロピロわかめがでることは
ないですが、槽洗浄をするときは外側までするようにしています。
穴なしステンレス槽の利点は外側の汚れが逆流しないですが、
洗濯後に水分を拭きとっても、以前の洗濯機以上に、
ステンレスの曇りと水垢が気になります。

以前使っていた洗濯槽クリーナーはもう販売されていないようですが、
今は酸素系漂白剤で槽洗浄をしています。
ですが、前から気になっていた洗濯槽クリーナーがありました。
成分に過炭酸ナトリウム、炭酸ナトリウム以外に、
純石けん分(脂肪酸ナトリウム)が入っているというもの。

洗濯機の「槽洗浄」機能にお任せすると、
お水が注水されるのでお湯のバケツリレーをして、
最高水位といいつつも、以前のように上いっぱいまで達しないので、
ギリギリいっぱいまでいれました。これだけでもシンドイ作業です。

P1070212.jpg

外側までの洗浄となると、排水ホースをたてかけて、

P1070218.jpg

つけ置き洗浄が終了したら、排水ホースにたまっている水が
でなくなるまで、バケツでうけます。
放ったらかしにできないので、手間がかかります。

P1070220.jpg

最初はこんなふうに汚れがでます。
これを数回繰り返し、最後の水もやはり汚れがでてきました。
やはり汚れが付着していますね。でも洗濯物には付着していないので、


裏側まで見ることはできないので、どれだけきれいになったかなんて、
わかりませんが、数ヶ月ごとの洗浄は必要な気がしました。
でも、一見、ステンレス槽もピカピカになったと思いきや、

P1070225.jpg

近づいてよ~く見ると、(ここが大事。ライトを照らして見ました)
白色のカスのようなものがついていました。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

P1070226.jpg

酸素系漂白剤で洗浄していた時には見られなかったような気も
するのですが、記憶が曖昧です^^;

柔らかいタオルでわりとしっかり拭いて取りました。
ほっ。なんだかな・・(-_-;)

P1070230.jpg

使用したクリーナーの成分と水道水の硬度と関係があるのかな。
我が家はキッチンでも白く残りやすいので水が硬めのような気がします。
それとも洗濯機との相性かしらん。
なぜなんだろう・・という疑問は残りましたが、
キッチンシンク同様、ステンレスの輝きが気になります^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



10.19
Fri
我が家は浴室掃除は、ほぼクエン酸で掃除をします。
(重曹やセスキ炭酸ソーダを使用することもあります)
泡たっぷりということがないので、そのぶんすすぎもサっとできます。

けれど、時々、アワアワでガシガシ洗いたい時もあるんです^^;
でも浴室用洗剤は持っていません。

以前、重曹とクエン酸と石けんで作るクリームクレンザーを
ご紹介したことがありますが、ホイップするという作業があるので、
気が向かないとなかなかすぐに手がでません。

ふきんソープ、台所用石けんで、シンクを洗ってピカピカになったので、
時々キッチンの液体石けんで、

P1030191.jpg

浴室まるごと洗います。

P1030173.jpg

蛇口も浴槽も床も壁も排水溝も換気扇カバーも、しっかり泡立てて。
普段は経験しない、ツルっとして危うく転びそうな感じになりました^^;

P1030175.jpg

きれいになった。

石けんの残りがあるとカスになるので念入りに洗い流したので、
いつもよりすすぎに時間がかかりましたが、
すっきりした洗いあがりが新鮮な感じ。
あとは、浴室まるごとしっかり拭きとっておしまい。

水周りは拭きとりこそ命(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 20 trackback 1
09.27
Thu
先日新しい洗濯機の使い心地のことを書きました。

その時ちょこっと洗濯槽の掃除のことで意外な発見をしました。
実は、前の古い洗濯機の掃除の時は、
電源を落として数時間放置してその後通常サイクルで回すという方法でした。
なので、新しい洗濯機になって「槽洗浄」をした時、
(但し我が家の洗濯機には槽洗浄ボタンはありませんが機能としてはあります)
放置している間、かくはんと休止を繰り返してつけおき洗浄を
するので驚いたというわけです。

放置している数時間ずっと動きっぱなし!?
驚きました'`,、('∀`) '`,、

って、そんなの今の洗濯機は当たり前よ~と言われそうですが(笑)

「槽の外側まで洗浄する」というのをしたので、
今までと違って、つけ置き後、バケツをあてがいながら、
排水ホースをはずし洗浄液がでなくなるまで少し繰り返すという作業が
ありました。最初は槽の水を全てバケツでだすのか?と勘違いしましたが、
そうではなく、液がでなくなったら排水口に接続して排水するのですが・・。
今までよりは余分な作業っちゃ作業ですが毎日のことではないので、
たいしたことはないですが、洗濯機によって色々違うんだなーと
思いました。

もちろん穴なし槽だしピロピロわかめがでるはずもなく、
ただ、バケツに受けた水をみると、気にするほどでもないけれど、
多少の汚れは見受けられました。
とりあえずまだ汚れは出ないであろう一月半程度の掃除でしたが、
今後どれくらいの割合で洗濯槽の掃除をすればよいか、
ひとつ目安になったのでしてみて良かったです。
なんせ、初めての新品を手にしての掃除でしたので、
これから私の掃除具合で汚れが一目瞭然 ^^;


+++++++++

それと、洗濯機の排水溝の掃除・・・。
昨年の秋、濃縮タイプのすすぎ1回の洗剤と柔軟剤をやめたこともあり、
排水溝の汚れがつきにくくなりました。これは目をみはるものがあります。
以前は過去記事にも書いていますが、洗濯後には泡がかなり残り、
それがドロドロの原因になるので、こまめにするようにしていました。

でも今回、指を怪我して排水溝の掃除もせず暫く放置状態でした。

P1020226.jpg

多少のねっとりした汚れはついています。

P1020224.jpg

前はここにもたくさんの汚れがついていましたが、
見た目的にはきれいです。でも触ると汚れはついていますけど、
前に比べたら比じゃありません。

P1020223.jpg

排水側の方もこんな感じです。

P1020231.jpg

ここまで掃除の状態です。


以前は洗濯後放っておくとすぐにこんなあんな汚れになったので、
それを考えると、掃除の回数が激減しました。

汚れもひどくないので、手でこすり洗いで終わります。

P1020229.jpg

前の洗濯機ではホースの汚れも多少影響があったのかもと思ったので、
今回どうしても洗濯機を替えて、排水溝の汚れも確かめたかったのです。

ちなみに、我が家はまだ石けんでの洗濯には移行できていません。
私の中では、水道代の節約、すすぎ1回ということの方が
まだ大きく占めています。
すすぎ1回の洗剤 > 石けんでの洗濯
この図式ですね ^^;  
それと部屋干しの嫌な匂いがないことは重要。

ただ、洗濯機の買い替えで水量がぐっと減ったので、
これも再考する余地ありです。
でも最近掃除に使っていたセスキ炭酸ソーダ、これがすすぎ1回OKなので、
軽い汚れのものなどを洗濯をしています。問題なくお洗濯できているので、
石けんでのお洗濯はまだ先になりそう^^;

DSC02234.jpg
アルカリウォッシュ
善玉バイオ洗剤 浄  
シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 16 trackback 0
09.11
Tue
以前、トイレの換気扇が手が届かないので、
掃除が疎かになるという記事を書きました。
その時の記事にも書いたのですが、我が家もカバーを導入しました。

初のトイレの換気扇カバー(フィルター)です(笑)
浴室の換気扇のようにカバーを外せて洗った方がてっとり早いけど、
我が家の踏み台は寸足らず。背が届きません。
夫ちゃんが居るときにはずしてもらえばいいんですが、
頼むのを忘れたりするので、掃除のタイミングが合わずとか・・。

しかも二度とあんなものは見たくないw
浴室同様ほぼずっと換気扇をつけっぱなしにしているので、
埃もたまるので、あれからすぐに購入した次第です。

R0011752.jpg

ただサイズが大きすぎるのでカットしなければなりません。
つけてらっしゃる方もこんな感じなのかしらん?
5センチ刻みの四角に粘着剤がついていて、
それを目安にカットできるのでラクチンです。

R0011762.jpg

キッチンの換気扇と違って、どれくらいで交換するものなのか
検討がつきませんでした。

R0011757.jpg

とりかえサインが出たら交換、もしくは2~2ヶ月とありましたが、
1ヶ月で、こんなに埃がもっさりと^^;
どうりで吸い込みの音が鈍くなっていました。

P1010825.jpg

カバー(フィルター)をつけたら吸い込みが悪いかな?と心配していましたが、
そんなこともなく、カバーを外すと一応ここはきれいです。

P1010836.jpg

粘着の跡も全くつくこともなく、(これはちょっぴり心配でした)

P1010843.jpg

カバー(フィルター)は「とりかえて」の文字が。

P1010839.jpg

さて取替ようと新しいフィルター(カバー)をカットしてみたものの、
1ヶ月でこの埃・・・カバーは2枚いり・・・。
もったいないなーと思って、最初にカットした残りを残していたので^^;

P1010828.jpg
↑前の残りの端を切り取って使うことにしました。


ジャ~ン。見た目はすっきりしませんが十分使えそうです。

P1010838.jpg

これなら4回使える!

そして、セコイけど、カットして余った小さな正方形も残しています。
次回また今回と同じようにしたら、小さい正方形が余るので、
その次1袋買うとそこで2枚小さな正方形が余るので、
4枚つなぎあわせて1回使えるという算段をしています^^;
一度封を開けているので、粘着力がもつのかどうかわかりませんが・・。

今回は1ヶ月で交換してみましたが、
1ヶ月半でもいけそうな気がしないでも(笑)
ただ、トイレの換気は臭い云々だけでなく、
風通しを良くしておいた方が良いので、気になったら交換かな。

次回はまたカバーを外してもらって、中を掃除しないと・・・。
ギリギリ手前のカバーからチラ見したら、中も多少埃がついてました^^;

自分で外せるならカバーは洗った方が早いし、
フィルター(カバー)を買わなくてもすむんですけどね~。
まあ、これで以前よりはずっと掃除が簡単になったのは
言うまでもありません。って遅すぎっ(uu*)


調べてみると小さいサイズのもありますね。枚数も色々。
ここのメーカーと同じものでした。

       

+++++
09/10 拍手コメ欄にコメントくださったOさんへ
そちらにお伺いしてお返事させていただきますね♪


042s.gif

追記:2012/10/04

こちらの記事は「広島住宅総合館」さんというサイトに紹介されました。

広島住宅総合館さんは、広島の家づくりをサポートしてくれる
地元工務店さんのカタログを、一度に取り寄せられる
便利な住宅ポータルサイトです。
家づくりに関すること、暮らしに役立つサイトも充実しています。

この記事は「住まいのアイデアブログ 」というコーナーの
「家族いろいろ住み方いろいろ」にて紹介いただいております。
他にも大変参考になる記事が紹介されています。
ご興味のある方は下のバナーからご覧下さいね。

広島住宅総合館


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 24 trackback 0
back-to-top