10.17
Tue

IMG_20171017-3961.jpg


秋晴れを期待した10月なのに、

一週間の予報を見るとがっくり。

今年の夏は夏らしくなく、

今年の秋に期待を寄せていたのに、

芳しくないお天気続き。

いきなり11月半ばから12月頃の寒さ。

秋を飛ばしていきなり冬?と言いたいくらい寒い。

衣替えをしていた頃なら大慌てしていたと思うほど。

今はオールシーズン、自分の肌で暑さ、寒さを感じた服を

さっとだせるのが私にとっては1番。

これも断捨離をして得たもの。

コンパクトな暮らしは、

今の私の暮らしにちょうどいいバランス。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
10.13
Fri

この時期の桜もまたオツなもので。

この季節に「桜が咲いてる!」と驚くこともなく、

毎年楽しみにしています。


IMG_20171013-4040.jpg

+

+


ホテルのような部屋ではないし、

インテリアが素敵!ってわけでもないし。

できるだけ目障りにならないように、と心がけるも、

一人暮らしじゃないから折り合いをつけるも、

雑多な部分も見え隠れ。

でもそこで暮らしている息遣いはしっかりと。

こざっぱりと暮らすための手段だった断捨離。

今はしょっちゅう捨てるモノはみつからない。

あとは不要に入れないように気をつけて、

時々見直ししながら整える。

そこそこモノが少なくなれば、

日々の掃除や片付けはぐっとラクなのは実証済み。

体力が衰えてあたふたしないように心がけながら、

年老いても小奇麗に暮らしたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
09.29
Fri

定期的に届くカタログ雑誌も
一定期間置いた後は資源ゴミに出します。
でも新聞をとっていない我が家ではチラシがないので、
処分するカタログ雑誌で少しゴミ箱を折ります。

IMG_20170928-3875.jpg

シンクに三角コーナーを置いていないので、
野菜の皮むきもこれにいれて捨てています。
手羽先などの料理を食べたあとの骨、
魚の骨など、直接タイミー袋にいれると破れやすいから、
これに包んで捨てると破れにくい。
ぶどうを食べたあとなど、
包んで捨てたりと重宝しています。

スーパーのチラシより、
紙がしっかりしているのもいい。

ウエブカタログでなく、敢えて紙のカタログを選ぶ理由は、
ページをめくる楽しみもあるけれど、
こうやって利用できるから-
だったりして(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
09.27
Wed

kit6.gif

*調味料の種類を増やさない。

自分が作る料理のレパートリーが多くないこともあります。
目新しい料理を作るにあたって、
香辛料を揃えても頻繁に作らなければ、
使わないままになりがち。
で、結局、期限が過ぎ処分するはめになります。
年に数回あるかないか程度なら、
割り切って市販のものを使うことに。
たとえば、カレー。
数種類の香辛料を使っていちから作る、
というのをやってみたいと思ったこともあります。
が、今の私の暮らしでは、きっと1度っきりになりそうで。
ならば市販のもので使い切った方が良い。

*調味料は小さいサイズにする。

夫婦2人だからということもありますが、
多少割高にはなるけれど、
大きなサイズだと長く置きすぎて風味が変わることを思うと、
小さいサイズだと使い切りやすい。
時には、あっという間になくなるときもあるので、
そこは気をつけたいところ。


*汎用性のあるものを使う。

「これ」しか使えないものより、
多用できるものうを使う。

+

異国料理を作ろうと思うと、
調味料から揃えなくてはなりません。
食卓に登場する回数が多ければ、
それも定番の調味料となりますが、
どんな料理にしても、
自分の作るもの、使う調味料を
把握しておくことが一番です。
賞味期限が切れた、最後に使ったのはいつだったっけ?
ということも防げます。

使い切ったあとの気持ちよさ。
また次も味わいたいから。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
09.26
Tue

今は音楽も本もネットでDLできたりして、
お手軽に手に入るようになり、
スマホで読んだり聞いたり便利な世の中だなぁと思います。
昔も、借りるというスタイルもありましたが、
とくに好きなものは購入して、揃えたいという気持ちが強かったかも。
シリーズは全種類持っておきたいとか・・ね。
で、欲しい本やCD、手に入れてはどんどん増えていきました。
その頃は、手に入れたものを手放すという感覚は
持ち合わせていませんでした。
雑誌はともかく、本は財産というような
そんな意識があったのかもしれません。
中学や高校の時に読んだ小説でさえ、
捨てられないからすごい量になっていました。
それも、結婚と同時に私の手元からは離れましたが、
もし、今の住まいで収納可能だったとしたら、
持っていったかもしれません(笑)
実家に帰ればそこに本があるし。(って、今はないですが)
ってな感じで、いつでも読めるからまぁいいやってね。
大人になって買った本は、持ち帰ったりしたものもありますが。
でもね、実際は帰省してもほとんど読むことは皆無。

その後、モノとの付き合い方が変わって、
買うという選択肢以外に、
借りて読めるなら、借りて読めばいいし、
何度も繰り返して読みたいと思うものは購入すればいいし、
と思えるようになりました。
所有欲がそれほどなくなってきたのかもしれません。
全くなくなったわけではありませんが、
所有することにこだわらなくなったのかもしれません。
だから持ち数が少なくても、よりすぐって選んだものという意識が
あるせいか、満足度は高くなっているのかも。
それと、不要なモノをどうするかの判断が、
つきやすくなったのかもしれません。




lp.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
09.15
Fri

器のコレクターでもないので、
必要且つ好きな食器を一揃え持つと、
割れたり欠けたりして買い替えがないと、
「どうしても欲しい!」という欲望も湧いてこない。

いえ、見て「うわ~素敵、好みだわ」とか、
そういう気持ちは失っていないんですよ。
でも、手持ちの食器で事足りているので、
差し迫った感がないのだと思います。

限られた収納に入るだけ-
それが足枷となっているわけではなく、
使いこなせる数はそんなに多くない
ということに気づいた結果。

それでもガラリと好みが変わって、
総入れ替えしたくなる時がくるかもしれませんが、
今はあるものだけで十分。

+

     




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



09.05
Tue

今年の夏は-
カラっとしたいかにも「夏」って感じではなかったけれど、
蒸し暑かったと思います。
9月にはいって、急に肌寒かったり。

こういう曖昧な時は、
衣替えスタイルをなくして良かったと思っています。
かつて奥行きのある押入れに、夏、冬とわけていれていた押入れケース。
衣替えがとても億劫でした。
ま、押入れケースにはいっていたそのほとんどは、
着ていないものも含まれていたので、
それらを処分したら、奥行きのないケースで十分になりました。
それ故、いつでも取り出せるようになって、
通年いつでも自分の感じる温度で選べることは、
さっと対応できるようになり衣替えの億劫さから解放。

一枚一枚、衣替えを行い、
衣類の確認をする暮らしも、
丁寧な暮らしだなぁと思います。
丁寧な暮らしに憧れた時期もありましたが、
どこに、なにに、自分が力をいれたいのか-
暮らすスタイルは人それぞれ違うので、
嫌にならない家事の仕方をする方がいいなと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
08.31
Thu

夏の衣類は毎日のお洗濯で傷みも早い。
裏返しに干しても、着用していているうちに
日焼けもでてきます。
実は、冬のコートをクリーニングに出した時も、
汚れかと思ったら日焼けだったということが判明。
なので夏の衣類の色褪せは半端なく。
私の場合、断捨離してから手持ちの数も少なく、
どれも毎日とっかけひっかけヘビロテなので、
しょうがないっちゃしょうがない。

おうちで着るTシャツも色褪せのみならず、
袖口、襟口、肩口に綻びも見えてきました。
今年限り-
そう思ってまたガンガン着る。
果てはウエスいき。掃除に使って使い切る。

着ないでもったいない、がなくなります。

来年、どんな服を迎えようか-
来年の楽しみです。


l1.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.23
Wed

雑誌やカタログの整理をしました。
今はネットでカタログも閲覧できる時代ですが、
パラパラとページをめくって、
じっくり見るのが好きなので、
アナログですがカタログ雑誌を見ています。
定期的に届くカタログは一ヶ月だけ置いて、
あとは処分するようにしています。
今回はその他の雑誌類。

IMG_20170823-3512.jpg

本や雑誌はよほど手元に置いてまで、
読みたいと思うものだけ購入しています。
今回処分したのは、気に入った特集があって
置いていた雑誌が大半。
繰り返し読みたい-
そう思ってとって置いた雑誌ですが、
読み返してはいなかったんですよね。
数年前の雑誌を見ると、
確かにこの特集が気に入って購入し、
最初の頃は見返していました。
けれど、結局見なくなって2、3年が経過。
溜まった雑誌を見て、
この先読み返すか否か。
そう思うとほとんどのものは読まないなと。
本と違って雑誌は「旬」の内容が多いので、
その時は「これだ!」と思っても、
数年経つとちょっとそぐわなく感じたり、
自分の興味が変わってしまうことも。
また逆に、ずっと読みたいものもあります。
その判断は自分自身。

いつか読むかも-
洋服と同じで雑誌の「いつか」はほとんどやってこない。
今読んでいないのに、この先読むかといえば、
う~ん、ほぼないような気がします。
でも迷った時はまた置いておけばいいし、
そんなふうに思うと、断捨離も気楽にできます。
処分してその空きスペースを見ると、
すっきりした気持ちになりました。

仕事でモヤモヤした気持ちは正直のところ、
リセットできていませんが、すこし、ほんの少し、
感情の一部も一緒に捨てられたかなと・・。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.18
Fri

16日に行われた山梨県笛吹市の大文字焼き、
安全を考慮して今年からLEDに切り替えたという。
諸事情もわかるのですが、
風情がなくなったというか、本来の送り火をともす意味が
どうなんだろう・・・と思ったりも。
除夜の鐘が五月蝿いということで、
取りやめになったニュースを思い出しました。
時代とともに変わりゆくのもある意味仕方がないのでしょうが、
なんとなく、なんとなく素直に飲み込めない私です。

+

さて-
スキンケアについては昔に比べると、
本当に超シンプルになりました。
本当ならば年齢とともに、お手入れもしっかり・・と
なるのでしょうが、どうも逆行しています。
けれど、肌本来の力がでてきたのか、
時々何もつけずに寝てしまうことがあっても、
あれほど乾燥に悩まされたのが嘘のようで、
乾燥しらずになりました。
基本、オールインワンなのですが、
その時々で、化粧水をつける時はニベアを愛用しています。

これまでハンドクリームやボディクリーム系など、
顔と分けて使っていたものは、
使い残すことが多かったんです。
新商品を目にすると使いたくなって購入するものだから、
おのずと古いものが余ってくる。
そしてそれを使い切るまで時間がかかるのと、
消費期限があるだろうから使いきれず、結果断捨離。
その使い方が問題だったのですが、
シンプルに暮らす、コンパクトに暮らす、に目覚める前の話し。
今思えば、本当にもったいない使い方をしていたと思います。
ですが、暮らし全般、使い切るを意識するようになって、
使い切った後の気持ちよさ、どこか達成感みたいな感情が沸々と。

IMG_20170818-3481.jpg

新鮮なうちに使い切ると、やっぱり清々しいのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
07.17
Mon

IMG_20170717-3193.jpg

おうちしごと-
時間がたっぷりあった時は、
終わりのない家事だから、
やりだすと止まらなくなることもあったりして、
自分の気力しだいみたいな感じもあったけど。
今は、ふだん兎にも角にも時短家事的な。
まぁ、だいたい小奇麗になってればいいかなと
いうぐらいな気持ちで。
100%を目指すのでなく、だいたい・・そう、だいたい。
自分自身を追い詰めないために。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



07.15
Sat
                   
IMG_20170715-2917.jpg

亡くなった祖母の家同様、
かつての実家もモノが溢れていました。
モノのない時代に育った世代は、
使えるものを捨てるということはハードルが高く。
なので片付けが難航することもあります。
祖母の場合は、祖母の死後、おうちの片付けをしたので、
捨てる、捨てないで意見が対立するということはありませんでした。
けれど、箱に仕舞われたままのまっさらなモノでも、
時が経って色あせが激しかったりして、
使えないということで処分せざるを得なかったものも多々ありました。
新しいものがあるのに、破けていない、まだまだ使えるからという理由で、
おそらく新品をおろさなかったのでしょう。
片付けていた母が、祖母が使わないままにしていたことを嘆いていました。
けれどその母も、自分の持ち物は同じように仕舞い込んでいました。
おうちのリフォームがなければ、今も箱に仕舞われたままのモノが
溢れていたと思います。片付けるきっかけがあったことで、
否が応でも片付けなければならず、
要、不要の判断をしなければなりませんでした。
でもその過程で、仕舞った本人でさえ忘れていたものがあり、
仕分け作業ということも億劫になっていました。
年をとってからの整理は体力的にもしんどく、
めんどくさくなったのも事実でした。

そういうのを目の当たりにすると、
精神的、体力的に衰える前から、
暮らしを整えておきたい、と、
よりいっそう思うようになりました。

とはいえ、私も気づかなかった時は、
やっぱり祖母や母と同じように
たくさんのモノに囲まれていることが幸せだと思っていました。
大事なものは(特に大枚はたいて買った物は) 使うのがもったいない。
だから特別な時だけ・・・ふだんに使うのはもったいない。
なのでそれ以外は大切に仕舞って、大事にしているつもりでした。
ほんとはそんなの大事にしてるって言えないのに。
しかも、たくさんあっても使いやすいものはほぼ決まってくる。
どうでもいいものが増えてきても捨てない、いや捨てられないから、
溜まっていく一方。負のスパイラル。
でも当時はそのことに気付かず。
ただただ執着心の塊でした。

断捨離に出会い、片付けに目覚めて、
手放したことで見えてきたこと、
どう暮らしていきたいか-
我が家は夫婦ふたりなので、
子供に託すということもできないので、
いざその時になって・・・ではなく、
身の振り方も考えておかねばなりません。
互いが病気になったりして、
何がどこにあるかわからず、
オタオタしないようモノの場所をわかりやすくすること。
(まぁ、これはほぼ夫に言えることなんですが)
どちらかがどうなっても、片付けで大変な思いをしないように、
モノを迎える時は慎重に、不必要にモノを入れない。
自分たちの今の暮らしを大切にしていきながら、
心地よい暮らしをしていきたいと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



07.11
Tue

IMG_20170712-2870.jpg

収納が足らないと思って、
ただ収納を増やすのでなく、
入り切らないモノが本当に大事なものかどうか、
見直してみると案外、そうでもないモノもあったりします。
前は絶対捨てられないモノと思っていたものでも、
あっさりと執着が解けてしまうこともあります。
そんな時は整えどき-
ここに入るだけ、と決めるとすっきり。
見通しよくすると使いやすく無駄も少なく。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
07.10
Mon
                   
IMG_20170710-2959.jpg


靴やバッグも綺麗に並べてあって、
それを見るのが好きという、
履くのはすきじゃないという芸能人の発言に
ほぉ~そういう考えもあるんだなぁとびっくり。
たくさんの数を持っていると、
何足持っているかもわからないだろうし、
履いていない靴もたくさんあるかもしれませんが、
そんなことは問題ではないのでしょうね。
もはや超越している-
庶民感覚では理解しがたいですが ^^;

+++

なんせ欲しくて買ったものは、
すぐ履きたくなるし、着たくなるし、使いたくなるワタシです。
まぁ、持っている数も少ないから、
どれも出番ありきなわけですが(笑)
履き倒す、着倒す、使い倒してモノを循環させる-
身の丈にあった暮らし。
自分の暮らしを大切にしたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



07.06
Thu
                                                
IMG_20170706-2835.jpg


これまで、要らないと判断したモノは結構処分したけれど、
残ったものたちは自分にとって1軍選手。
捨てたことを忘れて、「ある」と思ったのになかったときは、
「あぁ捨ててたんだ」と、あらためて実感こそすれど、
捨てなきゃ良かった、失敗した~と
思ったことは記憶の限りではないかも。
そのへんの執着は薄いのかもしれないと、
自分でも思います。
だから、捨てるまでの、
自分の気持ちの消化時間が長い時もあります。
あっさり、ばっさりの時もあれば、
ウジウジ、グジグジ悩む時も。
迷った時は捨て時じゃないのかもしれません。
判断しかねるときは待ちませう。

断捨離も、それぞれのやり方で-



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
07.04
Tue
 
                
IMG_20170704-2928.jpg

買い物前に行く前に、買い物リストを作ったり-
家事や掃除など、することリストを作ったり-
書くことで忘れ防止になったります。

確かに買い物リストは、買い忘れ、
ダブって買うことを防いでくれたりします。
家事や掃除にしても、
計画的に物事をすすめるのにも一役かってくれます。
書くという作業はいいことだと思います。
が、to doリストに縛られないようにしたいものだとも思っています。
計画通りに進まなかった時、ストレスの元にもなります。
なので、買い物メモのような感覚だったり、
予定を書き残すという程度で、
「しなければならない」にしがみつかず。
突発的に何かが起きて、できなかったとしても、
まぁ、次にすればいいや~的なくらい、
緩やかでいいかなと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
07.02
Sun
                          
IMG_20170702-2797.jpg

昨年は6月半ばには開花していた渦紫陽花。
今年は昨年にく比べて、
渦紫陽花の開花が若干遅いような気がします。
やはり梅雨入りしてすぐは雨が降らなかった日が
続いていたせいなのかなぁ、と素人考えですが思いました。

+ + +

数年前に自分の持ち物、服の断捨離を終えて、
気になるモノ、好きなモノが見つかった時でも、
すぐに飛びつかないようにはなりました。
コンパクトに暮らすことで、
ものの管理がしやすくなりました。
ですが、暮らしの変化に伴い、
ぐるっと見渡したり見直しは欠かせません。
自分のなかで要るものと位置づけしたものでも、
ライフスタイルが変わると、
要らなくなるものもでてくるから。

好みのものを目にして欲しいと思うものと、
壊れたり寿命がきての買い替えで必要なものとがあります。
単純に欲しいモノは、必要に迫られていないけど、
あったらいいな~くらいの気持ちで、
必要なものは、差し迫っていたり、
買うためにあれこれ理由づけをしなくていいものだと思います。

「今」自分にとって何がいるのか-
必要なものと、欲しいものの選別がブレず明確にしておくことも、
すっきり暮らすコツかなと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
06.28
Wed
 
ここのところほとんど定時で帰宅できず、
休日が待ち遠しく。
とはいえ、休みの日めいいっぱいに
日頃できない掃除を全部するという気力がなくて、
手間を省いているこの頃です。

なので作る予定だった食材が気になり、
(残業で遅くなると献立の変更をしたりするので)
慌てて使うはめになったり。
買い置きしていたえのきも冷凍保存しとくんだった~と、
なめたけを作りました。
今回のレシピはコチラで。
             
IMG_20170628-2874.jpg

井上 古式じょうゆ 360ml【楽天24】

+

割高ではあるけれど、
小さなサイズを使うようになって、
開封してから風味が変わらないうちに
使えるようになりました。
予め多めに使うことがわかっていたら、
大きめを買うこともあります。
使う時期、種類によって消費量も変わったりします。
それらを鑑みながらサイズの変化もありますが、
基本小さめサイズ。
回転よくして美味しいままいただきたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
06.27
Tue
                     
IMG_20170627-2873.jpg

試供品はやみくもにもらわないか、
使ってみたい商品の試供品だけをもらったら、
すぐ使うことにしています。
以前は○○のためにと大義名分で
もらい、取り置きすることもありましたが、
試供品が溜まっていく方が早かった。
溜まった試供品をバッサリ捨てても、
困ったことはひとつもなく。
食品ではないといえ、
未開封でも使用期限もあるでしょうし。
試供品、もらった日付なんて覚えていないだろうし、
管理するのもめんどくさい。
何年も寝かさず、
もらうならどんどん使う、すぐ使う。
本来の試供品の意味を考えるとそれが自然かなと思ふ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.23
Fri

全体的にこういうデザインの洋服に目がいきます。
敢えて言うなら、それに加えて首元が詰まっていたら
ドストライクなんですが-



私はなで肩なのでこの手の服を着ると、
肩がずり落ちたりします。
以前、一度失敗したことがあります。
やはり気に入って購入したものの、
手にとる回数が少なく、
自分の体にあっていないからだと痛感。

こんなふうに、気に入った、好きな服と、
自分に似合うか、着心地が良いかは別な話で。
そこに好きな色と似合う色が違うと、
また悩ましい話になります。

また-
以前は似合っている色でも、
年齢を重ねるごとに似合わなくなることもあります。
肌のくすみだとか関係してくるのでしょうか。

また-
好きな服はサイズの変化で着られなくなっても、
なかなか捨てがたいものになりがちです。
いつか着られるかも-
ほとんどの女性なら一度や二度は、
そう思うかもしれません。
が、年齢にもよると思いますが、
いつか着られると思いながら持ち続けても、
その、いつかはやってくる確率は、
年齢があがるにつれ、グンと下がってくると思います。

チョイスを間違ってしまっても、
それも勉強代と思って次に繋げればいいし、
好きなものを着るとやっぱり心が潤います。
だけど、箪笥の肥やしにならないようにはしたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
06.22
Thu

先日、夫がやっと捨てる気になった段ボール。
私が想像していた枚数以上にでるわ、でるわで、
正直びっくりしました。
狭い我が家のどこに隠し持っていたのか・・・と(滝汗)

サクサクと片付けていく夫。
虫全般が苦手、退治は私にさせるという夫なので、
あのゴキブリの話は本当に効果があった!と喜び、
それでも捨てるまでは、
「やっぱり置いておくわ」って言わないだろうか・・・という
一抹の不安がありました。

IMG_20170622-2696.jpg

終了~。

私がPCに座っている横で、
夫が作業を終了したと思われると同時に、
あれ?なんか数枚を棚の上に置いたような・・・・。

私の見間違えでは・・・なかった!


夫に問うと-
案の定数枚は置いておくと言う。
「なんで?」と聞くと、
「このサイズはレンズを売る時にいいサイズだから」と、
サラっと言ってのける。
最近、小物は箱でなく緩衝材の入った袋で届くし、
そのサイズを言われると言い返す言葉もなく、
ここは譲ることになりました。

IMG_20170622-2708.jpg

はぁ~

過剰に期待した私が馬鹿でした。

でも捨てた段ボールは4束。
中にごっそりと段ボールが詰まっています。
段ボールを取り除いたせいで、
それまで隠れて見えなかったモノが色々顕になりました。
そのなかでも私が捨てようとしたカゴを、
夫は使うからと言って処分しなかった。
それも結局使わずじまいだったようで、
ここに隠しもっていたか~と発見。
隠れていたせいで今まで使っていなかったカゴ。
つまりなくても問題なかったというわけだし、
今後も使わないであろう。
これは断捨離決定だ~!
と他にも顕になった状態を見ながら、
本音は全部捨ててしまいたい-
けれど夫のモノは勝手に処分できない。
見て見ぬふりができるまで
ジレンマとの戦いです(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
06.20
Tue
                        
IMG_20170620-2393.jpg

中途半端な気持ちのまま、
その場の雰囲気に流されてモノを買ったら、
全てとは言わないまでも、後で後悔することがあります。
迷いがでて悩んだ時は、一旦時間を置いて。
買うか、買わないかで迷ったものは、
時間が経ったら、欲しい気持ちが薄れていくか、
ますます気持ちが高まるかのどちらかだと思います。
それで手にいれたものは、
本当に自分が引き寄せているものなんだなと思うのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



06.19
Mon
                           
IMG_20170619-2465.jpg

親の世代にありがちな、
モノを手に入れたことで満足、
たくさん持っていることが幸せ、でなく-
モノは活用してこそ、だと思っています。
必要なもの と 心が潤うもの、
自分の暮らしに欠かせないものを・・。
死蔵品を作らないことが大事。
不要なモノを捨てて、
数を絞ったことで見えてきたコト。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.16
Fri
     
よそさまのブログでも目にしますが、
うちも色々モノが捨てたがらない夫。
時々、ほんと何を思ってか、
整理して捨てることもありますが、
まぁ、滅多にありません。
「これ要るの?」と聞くと、
大抵「要る」、「使うから」との返事。
夫のテリトリーを見てしまうと、
「要るの?」と聞きたくなるモノが溢れんばかり。
なので、見て見ぬふりをしています。

さて、その中でも段ボール問題。
私はさっさと段ボールは処分するのですが、
夫はこれまた置きたがる人です。
PCやプリンターの箱や家電など、
買ってなにか不具合があった時を思ってか、
絶対捨てません。
それについては確かに、不具合があって
箱があって良かったということもあったので、
まぁ、いいか・・・と。
でも基本私は、なかったらなかったで
なんとかなると思っているので、
諸手を挙げて賛成というわけではありませんが・・。

で、問題はそれ以外の段ボール
ネットで買い物したときの箱。
しかもア○ゾンは一回で注文したものでも、
分けて配送される時があるから箱が増えて増えて。
流石に小さい箱は捨てていますが、
夫が受け取ってしまうと、
以前に比べるとマシになったとはいえ、
手頃な大きさなものだとほぼ捨てない。


そんななか-
昨日、ネットで「ゴキブリが住みにくい家」っていう記事を見ました。
幸いなことに我が家でゴキブリを見たことはないですし、
ダンボールも床に直置きしておりませんが-
ゴキブリが段ボールや紙類が好きで、
食べる、住処にしやすいという記事だったこともあって、
すぐさま夫にスマホで送ったところ、

「捨てるか~」

\(^o^)/やったー

夫は大のゴキブリが苦手。
万一、家ででたら私に退治をさせるというくらい、
ゴキブリがダメな人です。
なのでこの話が効いたのかもしれませんが-

++

記事で紹介されていたのは-

ゴキプリの住みにくい環境をつくるポイントとして-

1.段ボールや紙類は都度処分する。
 ゴキブリの生息域は下部に集中しているので、
 腰から下の高さのところはできるだけシンプルにしておく。
 直置きしない。


2.家具と壁の隙間に気を付ける。
 ゴキブリは狭い隙間が安住の地。
 とはいえぴったりとくっつけたつもりでも
 隙間を作らないのは難しい。
 それならば壁と家具の間を広く開けて、
 動かせる状態にして・・。

 
 つまり掃除がしやすい状態を 作るということでしょうか。

3.水分をなくす
 シンクに水滴がついていない状態にしておく。
 スポンジの水分を絞って乾かしておく。
 排水口のゴミ受けのゴミは毎日捨てる。
 魚焼きグリルの底に水を貯めっぱなしにしない。
 キッチンや洗面所の床にはねた水滴は拭き取る。



功を奏したといいましょうか、
夫には効き目があったようです。
なにはともあれ、来週の資源ゴミの日には、
たっぷりと段ボールが出されることだと思いたい-
いや、思います(笑)

ついに段ボールの断捨離です!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
06.08
Thu

DMのようにすぐさま要る、要らないが
判断できるものならいいのですが、
すぐ不要と判断できないものや、
どこにも分類できないものなどがあります。
所謂、ごしゃごしゃしたモノたちです。
ずっと気になっていたので、
それらを整理、断捨離することに。

IMG_20170608-2209.jpg

未練はない-

またひとつ空間が増えた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
05.23
Tue

IMG_20170523-1715.jpg


キッチンや洗面台などの収納、
冷蔵庫、クローゼット、いろんなところ、
ぎゅうぎゅう詰めにしていたら見えないこともあります。
空きスペースを作ったら、中のモノが把握できるし、
流動的なモノを置くのにも困りません。
溢れるよりも、ちょい少なめで-
空間をもつことで、風通しもよくなります。
お腹だけでなく八分目で。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
05.22
Mon
                       
IMG_20170522-1736.jpg

カキツバタが咲いていました(こちらは表示があったので間違いなく)
湿地に咲いていたのでアヤメではないとは思っていましたが、
アヤメやカキツバタ、花菖蒲、ドイツアヤメ(ジャーマンアイリス)と、
区別しにくい花ですね。

+

自分の好みがブレブレだった頃は、
ちょっとイイと思ったら手をだし、
また飽きたら、違うものに手をだし、
その結果、数は増えども死蔵品も増えるという悪循環。
それでも「持っている」ということで満足。
だから愛着を持つどころか、
使い捨て感覚だったのかな。
使い捨て、といっても使い込むわけでなく捨てるでなく。
余計、タチが悪い^^;

自分の着るものや使うモノ、
気に入ったモノをしっかり選んだら、
愛着が持てるし、大事にする着る、使う。
使い込んだらもっと愛着がでるし、
もっともっと好きになる。
そして最後まで全うできたらいいなと思ふ。
それが、愛着を持つということだと私は考えています。


++++++

昨日、階段で転んでしまって足を打撲してしまいました。
転んだ時、ものすごく痛くてしばらく起き上がれないほど。
下りではなく上りで、引っかかってしまって(> <)
一瞬膝のさらが折れた?とちょっと大げさながら思ったくらい。
しばらくすると膝が腫れ上がって冷やしているんですが。
転ぶなんていつ以来だろう-
そんなことが頭に浮かびました。
ただただ早く治りますようにと願うばかり。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
05.10
Wed

IMG_20170510-1205.jpg

アヤメが咲いていました。
(アヤメじゃなくジャーマンアイリスかも・・区別がつかずてっきりアヤメだと思い込みしてました)
もうそんな時期なのですね。
アヤメ、カキツバタ、菖蒲、また楽しみがみつかりました。

+

今は缶、瓶、目当てで「買う」ということはありませんが-
以前は、可愛い缶や瓶を見たら、中身は要らないけれど欲しい-
それぐらい缶や瓶が大好きでしたです。
いただいたお菓子の缶も可愛ければ捨てられない。
なので缶や瓶がたんまりたまっていました。
過去形でなく現在も心惹かれます。
心がくすぐられる缶や瓶を見つけたら、
ムクムクしてきます。
何度も手にとって葛藤が始まります。

使うでなし、飾るでなし。
たまったソレは「いつか何かに使うかも」で、
更に増え続けます。
缶や瓶、あったらあったで重宝する時もあります。
たまたまあったから使えただけで、
なかったからといって、死ぬほど困るわけでもなく。

心のときめきは失っていないけれど、
お持ち帰りするまでのトキメキならいらない。

何年経っても心のときめきが褪せない缶とか瓶って
ひとつやふたつありませんか?
私はお菓子の缶であるんですよね~。
北海道のお土産で頂くものだけど、
アレがふだん目にするなら、
そのトキメキも低くなっていたかもしれませんが( ´艸`)


+



    




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
05.01
Mon

IMG_20170501-1135.jpg


うちの夫は、期間限定商品とか、オマケに弱いです。
先日も一緒に買い物に行った時、
この○○を買うと、もれなく△△がついてくる!
というものに足が止まり、手をだそうとしていました。
その前も立て続けに2度同じような状況が。
私の制止も聞かず購入。
でも結局、ゲットしたオマケは放置のままだったので、
流石に3度目はないよ、と。
手にするまでなんです。
「今だけ」「もれなく」に弱い。
なので、家に持って帰ったところで満足なんです。
今回はそれを自分でも自覚したようでなにより。
ほっ。

+ + +

買いすぎた食材を腐らし捨てなきゃならない、は、
もったいない、無駄にしている、と、思います。
手持ちのクレカで十分事足りているのに、
勧められてつい作ったクレカとか。
結局使わないまま解約する始末。
できるだけ無駄を省きたいと思っていますが、
なにがなんでも合理的に、ということでもなく。
無駄が多すぎることなく・・という感じかなぁ。

+

買った服や靴- あまりにも好きすぎて、
着るのがもったいない、履くのがもったいない、
そう思って大事に大事に仕舞いすぎたりすること。
それこそもったいない。
大切にするあまり、箱にしまったまま、
その居所さえ忘れてしまうこと。
活用しないで眠らせたまま、というのは、
ほんとうにもったいない。

生きてるうちに使おうよ-



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



04.28
Fri
                       
IMG_20170428-0953.jpg

                         
一瞬のトキメキやひらめきで出会うモノもありますが、
私の場合、それが失敗に終わったことも多々。

めったに行くことができない地で、
出会った場合は事情が変わってきますが、
そうでない時は、逸る気持ちにブレーキをかけて、
次なる機会までトキメク心が続いていたら、
手にするようにしています。

無駄に迎えない、無駄に捨てないために。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top