08.17
Thu

東京では8月にはいってから連続雨。
ほんと長雨は、気持ちも下がりっぱなしになります。
関東地方全般のこの異常気象に、
野菜や果物などの生育に影響がでてきそうです。
野菜高騰!が予想されます((((;´・ω・`)))
お日様が恋しいです。

+

甘唐辛子の煮浸し。
いつもは佃煮っぽくすることが多いのですが、
今回は煮浸しで。
胡麻油で炒めて水200cc 白だし、濃口醤油、味醂(分量は適当に)。
味を見ながら調味料を加減。

IMG_20170817-3477.jpg

+

昨日作り置きしていた
ねじりこんにゃくも今回は薄味で。
水200cc 白だし、濃口醤油と味醂

IMG_20170817-3478.jpg
冷蔵庫で冷やしていた感ハンパないですで^^;


白だしも封を開けてしまったら、
早めに使い切らなきゃと思うので、
せっせせっせと使う毎日です。
とても便利だと先日も記事にしましたが、
なかったらなかったでも問題ないし、
あったらあったで重宝するし、とそんな感じです。


こういうのって作ってすぐに頂くより、
時間が経った方が染みて美味しい気がします。
出勤前の短時間にちょこっと1品作ると、
やっぱり気分的にラクになります。
加えて休みのときに作った常備菜もあると、
残業になっても心が焦ることがなく、
お腹空いてすぐに食べられる~ってことで、
このスタイルが定着しそうです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
08.15
Tue

お盆中ですが、私の住む町では、
ぱっとしないお天気が続いております。
相変わらず傘が手放せなくて、
8月ではなくて6月の梅雨じゃね?って思うほどです。
お盆ということもあって、仕事もバタバタせずほっとしています。

+

元々お料理が好きでたまらないわけでもないし、
家事の中で言うなら、お料理よりお掃除の方が好き。
そのうえレパートリーも少ないので、
ワンパターン化になりやすいです。
それでも、ちょっと頑張る気力が多い時は、
私なりに頑張ってみることもあります。
が、そこには手の混んだものが並ぶことはなく、
いかに簡単にいかに手短にできるか、と、
ややこしいプロセスのないものが主流。
昨日のブログにも書いたとおり、
自分が知らない食材・・とくに野菜などは、
手をだすこともなく知らないままということも多く。
なのでオイシックスに入会したことで、
初めての野菜であっても、
最初からカゴに入っていたら、
食べてみよっかな、って思うことも。

おかひじきもそのひとつ。
名前は耳にしたことがありますが、
実際に手にすることもありませんでした。

今だから-
今だから言えるのですが、
数少ない私の料理記事のなかに、
人参を使った常備菜とかアップしています。
ですが、本音を言うと、大好きな野菜ではありません。
苦手とまではいかなくても、
好んで食べていたわけではなく。
子供の頃、残すことを許されていなかったこともありますが、
嫌いだから残すということもありませんでした。
でも、好きな野菜として名前を挙げられることはない、そんな存在でした。
栄養を考えると食べたい食材だし、食材としては欠かせない。
そんな生半可な理由で食べていたといっても過言ではなく(笑)

で、オイシックスの食材の中のおかひじき
お試しセットの時に初めて食べました。
その時は酢の物で。
で、今回は人参とおかひじきのきんぴらにしてみました。
お醤油、お砂糖、お酢、胡麻油で味付け。
夫にも好評でした。

オイシックスの人参、確かに甘いんです。
人参臭さがないから食べやすい。口コミどおり。
人参なんて大差ないと思っていましたが、
嫌い、またはそんなに好きじゃない人にとっては、
人参嫌いが克服できるんじゃないか?って思いました。

IMG_20170814-3462.jpg

おかひじきの栄養素を調べると、
美肌効果もありそうだし、
人参とともにカロテンも豊富なので、
こちらも進んで食べたい食材となりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.14
Mon

今はネットでレシピ検索もできますが、
親がしていたのを見よう見まねで、
適当に作っている料理ってあるかと思います。
肉じゃがやひじきや切り干し大根のような煮物などが
多いのですが、ハンバーグもその中のひとつです。
合い挽き肉も適当な量、入れる調味料も目分量。
それでもそれなりにできます。
時々、お店のビックリ○ンキー風ハンバーグとか見つけると、
やってみたりするものの、何も見ないで適当に作る、
いつもの自己流のハンバーグに落ち着いたり。
なので、ハンバーグの「タネ」は、
自分で合挽き肉を買って手捏ねするのものと
思っていました。
思っていました-
と過去形なのは、
初めてハンバーグの「タネ」を使ったんです~。

少し話しは遡りますが-
実は先日オイシックスのお試しセットが気に入って、
本当必要なの?と自問自答色々考えた末、入会することに。
食材の新鮮さは勿論なのですが、
配達日や時間の変更可能ができること、
一応セットのものが届くけれど、
それも要らないものは削ったりできること、他のものを増やしたり、
と自由設定できるからも決め手になったかも。
あとは、自分の作る料理に使う食材も、
冒険心が少なくなって、同じ食材に偏っているので、
知らない野菜が入っていたりすると、
食べたことがない味を知ったり、
お料理の幅を広げるという意味でもいいかな~と。
昔、利用していた宅配だと、選ぶのは自分だから、
作ったことがない食材は絶対に買わなかったし、
スーパーで購入との差がそれほどなく、
ただ宅配してくれるというメリットだけだったので。

で、夫が、「大人の粗挽きハンバーグのタネ」なるものを見つけ購入。
正直最初は、ただ成形して焼くだけの「タネ」に、
それほど期待もありませんでした。
捏ねる作業も省くということに、
ほんとにそんなに手抜きしていいのかい?みたいな思いもよぎりました。

生まれて初めて、ハンバーグのタネを購入しましたが-
びっくりしました。
ただ成形して普通に焼いただけなのに、
お店のハンバーグみたいにとてもふっくらしていて、
柔らかで美味しい~。ちょっと感激しました。

IMG_20170814-3454.jpg

付け合せは人参のグラッセとサラダだけ。
ハンバーグソースは大根おろしソース。
先日ブロ友さんのところで拝見したとうもろこしごはん。
恥かしながら、とうもろこしごはんは初めてでしたが、
すごく気に入っちゃいました。

ハンバーグのタネ。
やはり捏ねる作業がないので帰宅後、
バタバタせずに調理にとりかかることもできました。
時間があるときにハンバーグを多めに焼いて、
冷凍保存すれば時短ということでは解消します。
けれど、いつもの我が家の味もいいのだけれど、
たまに「違う味」というのも刺激になっていいなと、
今更ながら感じました。
ラクすることばかりに逃げてもいけないけれど、
昨日の市販の調味料など、
全て否定的に考えるのでなく、
うまく使って暮らしやすくするのもいいのかなと思いました。

でも、本当に粗挽きハンバーグのタネ、美味しかった~。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.13
Sun

中途半端に残った野菜。
出勤前の短時間にできる料理、と言いたいけれど、
料理といえるほどでもなく。

オクラは軽く湯通し、
大根や人参の千切り。
たいした時間がかかるわけでもないけれど、
残業必須の日には、これさえもありがたい存在に。

箸休め-

IMG_20170813-3444.jpg

手作りの調味料で-
と言いたいところですが、白だしの便利使い。
あとは水、醤油とお酢を少し足すだけ。
作りたてより冷蔵庫で冷やしてから食べた方が美味しいです。
時間が経つとオクラの色が悪くなりますが、
ネバネバ度が増して美味です。

手作りのものを-
と拘りすぎず、市販のものとも上手に付き合いたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
07.30
Sun

数年前に食材の宅配をやめました。
色々理由はあったのですが、ひとつには、
勤めをやめていたのに惰性で続けていたこともあって、
やっと重い腰があがって退会することになりました。
それから、また仕事を始め、
色々な宅配も気になりつつ、
それほど積極的にもなっていませんでした。

よそのブロガーさんのところで、
オイシックスのお試しセットを見て、
ちょっと気になってお試しセットを購入しました。

IMG_20170730-001-3257.jpg

注文するタイミングによって内容が変わったりするのか、
入っていると思っていたものが入ってなかったのですが、
購入された方のお声どおり、お得感満載でした。

いつも我が家がスーパーで購入している野菜と比べても、
確かにモノは良いなぁ、新鮮だなぁというのが第一印象でした。
実際、食べたトマトも甘くてオクラもあれ、いつものと違う(笑)
ってな感じで、ワクワク。

献立も考えなくていいKit Oisix

こちらは「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」と
「小ねぎとのり、豆腐の歓呼奥風スープ」
使い切りの食材がセットになっています。

IMG_20170730-002-3261.jpg

仕事だった昨日、残業になったので
夫が作ってくれました。
料理手順も写真いりなのでわかりやすいです。
温泉卵もついていて美味しかったです~。

IMG_20170730-003-3270.jpg

Kit Oisix
昨日は、私自身が作ったわけではありませんが、
こういう全て揃ったもの、無駄がなくて、
時間がないとき手っ取り早くできるのは便利だなと思いました。
決して安い金額ではないので、毎日利用はできないですが、
献立を考えることもシンドイ時、疲れて帰ってきた時、
こういうのを利用するのもありなのかなと。
これまで頑なにこういうのはちょっと・・・と
マイナスなイメージを持っていました。
けれど、考え方を変えてみると、
ぽっきり食材だからこそ無駄にならないし、
食べてみたい料理、自分じゃ思いつかなかった料理を
試す機会にもなるかなぁと思ったりもしました。

といっても入会するかどうか決定したわけではなくて-
野菜もいつものスーパーで購入するよりは割高です。
けれどお試しセットの野菜を見ても、
新鮮さと質の良いのはわかります。
添加物、安心、安全な食材ということを考えると、
それなりのお値段がするということなんでしょうね。

おいしっくすくらぶに入会しなくても、
利用はできますが送料が高いです。
入会しても送料無料ではありません(金額によりますが)、
金額に応じて送料が安くなります。
でも、毎週購入する必要がない、キャンセルが可能。
すきな曜日、時間帯に受け取れるということは、
かなり魅力的で、利用しやすい気がしました。
ふだんの買い物のサブとして、
再び宅配利用をしてもいいかなぁ~って
思わせるような品揃えがあったりして
じっくり考えてみたいなぁと思わせてくれる
オイシックスでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
07.28
Fri


左が3年前に漬けた梅干し、右が今年漬けた梅干し

IMG_20170728-001-3256.jpg




3年前の梅は赤紫蘇入なので、おなじみの色。

それまでは、その年の梅干しが出来上がって、
前年の梅が少し残っているというパターンでした。
が、2014年は多く漬けたこと、
食べる頻度が少なかったこと、など、
翌年漬けなかったから、ちょっとずついただいたことで、
3年経っても残っています。
年数が経っているから、まろやかな味になっています。
柔らかさもいい塩梅♪

IMG_20170728-002-3250.jpg



2017年、今年は白梅干し
昨日の記事にも書いたとおりお天気が・・・。
なので太陽の光が不十分・・・殺菌効果も色も、
イマイチな感じが否めませんが、
瓶に詰めるときは、ひとしお嬉しく感じます。
漬けたての梅より、ひと冬越してからいただく方がよさげ。
食べ比べも楽しみです。

IMG_20170728-003-3249.jpg


今年の梅しごともこれで完了しました。
また来年、梅もぎから梅シロップ、梅干しと、
梅しごとを楽しみたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
07.27
Thu

第二弾の梅干し。

IMG_20170727-3245.jpg

お天気を見計らって土用干し始めたのに、
初日以外は曇り空続き。
とくに我が家の陽当りが午前中勝負なので、
やきもきしっぱなし。
太陽をいっぱい浴びたら、
出来具合も見た目でわかりやすいけれど、
こんな状態だとわかりづらい。
皮をつまんでみて・・・う~ん。
目安はもともとの梅の重さの50~60%くらいと言われているので、
計ってみたら、到達しておらず_| ̄|○

超ビミョウ~

生憎の雨なので一日部屋干しして様子を見ることに。

慌てず8月に入ってから土用干すれば良かったか-
と少々後悔ありきですが、
まぁ今更言っても仕方がない。
また来年の課題にしませう。

+

3年ぶりに再開した梅干し。
袋漬けで手軽さがわかったのに、
期待した第二弾の梅干しはちょっと不本意。
でも、毎日梅を眺める暮らしは、
ワクワク、ドキドキもあり~ので、
楽しい時間を過ごすことができました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
07.26
Wed

お料理に関しては、本当に気分にムラがあります(笑)
元々お料理するのが好き!じゃないので、
自分の気持ちも体調もベストとな時じゃないと、
作り置きにまで手がまわりません。
しかも品数もたくさん作る・・・は無理。
でもとりかかるとそれなりに楽しくなるんですけれどね~。


先日も作ったオクラの醤油漬け、再び。
この時期だからネバネバものを積極的に。


IMG_20170726-001-3231.jpg


こちらも何度か登場している切り干し大根のサラダ。
湯通しした切り干し大根(30g)、塩を振ってしばらく置いたきゅうり(1本)。
タレはオイスターソース、胡麻油、酢、大さじ1、
甜菜糖 小さじ2、生姜のすりおろし、白胡麻をレンチンして、
熱いうちに具材と混ぜ合わせるだけ。

IMG_20170726-002-3232.jpg


こちらは胸肉の落とし焼き
タレ(醤油、大さじ1.5~2) 生姜のすりおろし、にんにくのすりおろしに
みじん切りにした大葉と角切りにした鶏肉を入れて揉み込みしばらく放置。
さらに卵、片栗粉を入れて混ぜ合わせ焼くだけ。
できたても冷めても美味しいです。

IMG_20170726-003-3234.jpg

+

お味噌汁はフライパンで、というわけにはいきませんが、
フライパンは万能です。
このフライパンになって揚げ物はしていませんが、
揚げ物、炒め物、茹でもの、とほぼフライパンでまかなえます。
上記の常備菜も使ったお鍋はフライパンだけ。

さて、新しいフライパンの使い心地ですが-

底の色が赤なので、五徳でついた傷が、
ポツポツと結構目立ちますが、
まぁこれは仕方ないですね。
(我が家のはガス直火用の底。)

IMG_20170726-004-3239.jpg


落とし焼きするとどうしてもこべりつくのですが、
こちらのフライパンを使ってからこべりつかず、
スポンジで軽くこするだけで、スルっと落ちます。
気持ちのいいほど落ちます。
ちょっと焦げ付かせても、
ゴシゴシ、ガシガシ洗うということがありません。
これに関しては良かったと思います。
油も少量、もしくはなしでも調理できるので良いのですが、
控えめな火加減調理なので、熱してジュワっと・・できないというか、
それがちょっと物足らなく感じることもあります。
今までとはちょっと違う感じです。
じっくり調理するという感じなのかな。
でも、調理後の洗い物のストレスはないです。

IMG_20170726-005-3240.jpg







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
07.23
Sun

梅干しを漬けると嬉しい副産物、白梅酢。

第一弾の梅干しは梅酢が濁ってしまったので白梅酢はなし。
第二弾の梅干しも1キロしか梅を漬けなかったので、
これだけしか梅白酢はありません。


IMG_20170722-001-3223.jpg


我が家のお決まり、白梅酢を使ってきゅうり漬け。

IMG_20170722-002-3224.jpg


あとは白梅酢は使っていませんが、
我が家の定番常備菜。
オクラの醤油漬けときのこのおかか煮。
暑い時期、短時間でできるものが多くなります^^

きのこのおかか煮は、今回はしめじとまいたけとしいたけだけ。
免疫力を高めるために、ほぼ毎日きのこは食べています。
ストックするつもりで作ったものですが、
2日間で食べきっちゃいました(> <)


+


   



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
07.22
Sat

梅雨があけて眩しいほどのお天気。
ジリジリした暑さでした。
夏って感じですねぇ。

+

さて問題です!
コレは一体何でしょう?

手作りなので不格好で年季がはいっていますが、
これがあって良かったと思います。

IMG_20170722-001-3215.jpg






答えは・・・。

梅の天日干しの時、
ざるの下を風通しをよくするために夫が作ってくれたものです。
我が家のベランダは狭いので、梅を干すのも室外機の上だけ。
なので台座も重いものは・・・、と思い、
段ボールで作った台座です。

初めて梅干しを漬けた時に教わった、
風で乾かすということを忘れずに。
野菜を干すときにも使います。

今年も大活躍してくれました。

IMG_20170722-002-3217.jpg


第二弾の梅の天日干しに着手。
来週はどうやら戻り梅雨らしいとの予報。
8月に入ってから干そうかどうか迷ったけれど、
思いきって干すことにしました。

今までは南高梅でしたが、
梅シロップの梅と同じ、梅もぎしてきた白加賀梅です。
しかも今年は第一弾の梅干し同様、
赤紫蘇を入れずに仕上げることにしました。
第一弾の梅は皮の破れにみまわれましたが、
こちらは破れることもなく順調にすすみました。

IMG_20170722-003-3218.jpg


なんせ我が家の陽当り問題。
午前中だけが勝負なので、
なんとかこの期間中、晴れの日が続きますように。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
07.19
Wed

定期検診を終えて帰宅後爆睡。
病院って本当に一日仕事で、
重労働したわけではないのに、
検査が終わったらどっと疲れました。
毎回思うのは結果がでるまで、ドキドキです。
採血の時、看護師さん泣かせの血管のようで、
前回は「私では無理なので・・・代わります」と言って、
ベテラン看護師さんにバトンタッチ。
今回は刺す場所を何度も確認されて、
時間がかかりましたが無事終了。ほっ。

+

追熟の時からトラブルがあった第一弾の梅干し。
皮が破れたことで梅酢が濁り、
ほとんど梅酢なしだったので梅雨明けを待たず、
初日だけが快晴であとは曇り空つづき。
急変する天気のことが気がかりで、
仕事の時は怖くて室内干し。でもなんとか完成しました。


今年初めての白梅干し。
やはり赤紫蘇をいれた方が色鮮やかですね。

IMG_20170719-3213.jpg

下漬けの時のトラブルで数が減ってしまいましたが、
第二弾の梅干し(こちらは順調)に期待です。

今まで梅干しは樽で漬けるものだと思って、
そのとおりずっとやってきましたが、
今年初の梅干しの袋漬けで、
ハードルがかなり低くなりました。
季節の楽しみごとが億劫にならず、
楽しみながらできるのが1番だなと思います。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
07.08
Sat

6月に漬けた梅シロップも日々お風呂あがりに
飲むのがお決まりのようになっている我が家。
氷砂糖で漬けた梅シロップを飲みながら、
今年初めてハチミツで漬けた梅シロップの味見。
甘ったるい仕上がりかと思ったハチミツの方は、
意外や意外。
氷砂糖と同じで梅と同量で漬けたのですが、
氷砂糖で漬けたのより甘くなくて、
甘さ控えめ的なオトナな味でした。
もし同じような甘さを求めるなら、
ハチミツの量を少し増やした方がいい
かも!と思いました。 
また来年の課題となりました。

梅シロップ、この調子で飲んでいると、
あっという間になくなりそうです(笑)

第一弾の梅は皮がとれてしまうという事態もあり、
だいぶ数は減ってしまいましたが、
第二弾の梅とともに順調です。
今年初めての白梅干し、楽しみです。

+

昨年は漬けられなかった梅シロップ、
しばらくお休みしていた梅干しでしたが、
今年はたっぷり楽しむことができました。

今日も暑いですね。
では行ってきます~(^_^)/

+++




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
07.07
Fri

どうでもいい話ですが-

さつまいもの甘辛煮-
晩ごはんのおかずに作ったり、
常備菜として作り置きのレパートリーの常連です。
でも、今まで温かいまま食べたり、
ちょっと冷めた状態で食べたり、
作り置きしたものは、温めなおして食べていました。

IMG_20170707-3133.jpg


ですが、暑くて蒸し蒸ししたこの日、
冷蔵庫でギンギンに冷やしまま食べたら、
それがまぁ超美味しいこと!
今までなんだか損していたような(笑)
レシピでぐぐったら、
冷やして食べるのオススメですとか、
冷やして食べると美味しいです、とか、
書いてあるじゃないですか~。

ずっと自分で作っていると、
あらためてレシピを見ることもなく過ぎてきました。
井の中の蛙大海を知らず・・ですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.30
Fri

今年最初に漬けた梅干しのこと-

これまで樽でしか漬けたことがなかった梅干し
今年は袋漬けに初チャレンジしたことは、
記事に書いたとおりです。
そして、いくつか傷をつけてしまったことも。

+

梅しごとの記録として。

傷つけて破れた梅を取り除いたものの、
梅酢が濁ってきました。
おまけに皮が剥けて種があらわになったものも見つかり、
( ̄Д ̄;) ガーン
一瞬カビが生えた!?と思ったのですが、
どこにもカビは見当たらず、香りも梅の香りだけ。
なぜなのか理由がわからず。
どうしたものか・・・ネットで検索してみるも、
カビが生えた時の対処法は見つかったのですが、
そうではなくて濁った時の対処法が見つからず、
このまま放っておいても大丈夫かどうか不安もあり、
結局、きれいな梅だけとりだすことに。
濁った梅酢を戻しても仕方ないと思い、
第二弾に漬けた梅の白梅酢を、
少しいれようかと思ったのですが、
せっかくきれいに漬かっていることもあって躊躇。
ダメ元でホワイトリカーを少し足しました。
(赤紫蘇をいれない白梅干しです)

IMG_20170629-003-2876.jpg

随分数が少なくなっちゃいました。
こんな少しの梅酢(といえるのかどうかわかりませんが)で、
無事に仕上がるのかどうかわかりませんが。
空気を抜いて液が行き渡るようにそっと動かしています。
レシピどおりに漬け込んだはずなのですが、
重石が良くなかったのか、
揺すりすぎたつもりはないのですが、
それが原因?とか色々考えられますが、
思ったところでしょうがない!
土用干しまで毎日カビが生えないかチェックして、
残ったこの梅たちを見守りたいです。


第二弾の梅は順調です。
透明の白梅酢を見るとうっとりします。

IMG_20170629-004-2878.jpg



これまで梅干しを何年か漬けていますが、
こんなトラブルになったことは初めてで
正直驚いています。
袋漬けということでハードルが下がったことで、
油断していたのか、知らず知らずのうちに
雑に扱っていたのかもしれません。
これから気を引き締めていきたいと思います。


+++

我が家で愛用しているセラーメイトの保存瓶。
4L、2L、1Lを使っています。
今年は梅シロップで全て使っているので、
梅干し用に追加検討しています。

が-
梅シロップを漬けた後で知ったのですが、
あらたに3Lの瓶が誕生していたようで。
レビューの声が多くて生まれた商品のようです。
1キロの梅シロップを漬けるのにちょうどいいサイズなのかな。
確かに、使いだして、このサイズだとちょっと大きいなぁ、
小さいなぁってことがあったりします。
使ってみて初めてわかるってこと・・ありますね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
06.29
Thu

できるだけ帰宅後の負担を減らすため、
出勤前に短時間でできる常備菜を。
昨日作り置きしていればよかったのですが、
ごぼうの存在を忘れていて・・・あちゃ~ってわけで・・。(-_-;)

今年初めて作った梅味噌(熟した梅にお味噌と砂糖を1:1:1の割合で煮たもの)を使って-

ごぼうの梅味噌煮を作りました。

IMG_20170629-001-2880.jpg

ごぼう1本
醤油 大さじ1
出し汁 50CC
梅味噌 適量

醤油と水の代わりに白だしなど
使ってもいいかと思います。
梅味噌がなくても梅干しと味噌を入れれば
できる簡単にできる常備菜。

IMG_20170629-002-2882.jpg

でもごぼうは煮込めばもっと甘くなるので、
コトコト煮込んだ方が美味しくなるのかもしれません。
歯ごたえが欲しいということもあって、
我が家はごぼうが柔らかかくなったら、で
出来上がりとしました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
06.25
Sun
           
最初に漬けた梅シロップが出来上がりました。
今年は第二弾の梅もぎをして、
追加で梅シロップを漬けたので瓶が所狭しと並んでいます。
なので、出来上がった梅シロップの梅を取り除き、
少し小瓶に分けて、冷蔵庫で冷やして味見しました。
昨年は味わうことができなかった梅シロップ
2年ぶりのこの味! すっきりした味わいに感激。

IMG_20170625-001-2723.jpg

第二弾にもいだ梅の追熟ですが-
自己責任で、りんごをそばに置いていたせいか、
第一弾と違って、満遍なく追熟がスムーズに進み、
塩漬けしています。

IMG_20170625-002-2719.jpg

右は第一弾の梅。
なにぶん、袋漬けが初めてでしたので、
樽つけの時と違い、袋をひっくり返す作業で
柔らかくなった梅を傷つけて皮が破けてしまったので、
数が少し減ってしまいました。

IMG_20170625-003-2721.jpg

さて-

梅シロップ、 梅干し、 今年初チャレンジの梅醤油と
漬けてきましたが、
今年は更に追加したのが梅味噌です。
手前は梅シロップから取り出した梅で作った梅ジャム
今年の梅ジャムはフードプロセッサーにかけたことで、
とてもなめらかな舌触りとなりました。

奥側の瓶に入っているのが梅味噌です。
鯖の煮付けやおにぎりに塗ったり、
冷やし中華(しょうゆだれをかけた上でも)に、
梅味噌をのせて食べたら旨旨でした~。
和物のタレとして梅醤油とともに万能調味料になりそうです。

追熟し終えた梅にお味噌と砂糖を加えて煮て、
梅の種をとって出来上がりです。
(梅、味噌、砂糖 1:1:1の割合)

IMG_20170625-004-2716.jpg


これでひととおり今年の梅しごとはお終い。
あとは土用干しまでしばし休憩。
最初に漬けた梅は赤紫蘇を入れず白梅にしようかと。
あとの梅は赤紫蘇をいれようか迷い中。
でもぐずぐずしていたら赤紫蘇がなくなっちゃうな(笑)

昨年は梅を楽しめなかったので、
今年はたっぷり楽しむことができました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.21
Wed

先週17日に漬けた梅干しの袋漬け-
待望の酢があがってきました。
この白酢が摂れると思うと嬉しくなります。

IMG_20170620-001-2539.jpg

+

父が亡くなった年に気力が抜けて、
それまで毎年漬けていた梅干しでしたがお休みして、
その後も仕事をするようになって、
時間的なこともあってしごとも、
梅シロップのみとなっていました。
けれど、今年この袋漬けの梅干しをしてみて、
神経質になりすぎるくたいだった樽に漬ける梅よりも
本当にハードルを下げてくれました。
今後はまた樽漬けするかもしれませんが、
力が入りすぎずにできる梅干しです。

+

先週、梅もぎに行きましたが、
ちょっと小さめだなぁと思っていたことと、
今年は昨年のリベンジも兼ねて、
梅しごとに力が入ってしまい、第二弾の梅もぎに行ってきました。
やはり1週間経つと梅も成長していました。
が、ここでアクシデントが!
棒を使って高いところの梅を落とすのですが、
目測が誤ったというかこっちに落ちてきて、
梅が目に直撃。
痛ぁ~!
目が潰れたかと(大げさ)思った後、
今度は頭に直撃。
イタっ!
なんだかなぁ・・・。

そんなこんなでしたが、
前回より非常に満足した梅もぎでした。

+

で、梅シロップ用の梅をアク抜きしている間、
また梅干し用の梅を追熟。

IMG_20170620-002-2530.jpg

またあの芳醇な香りが楽しめるのかと思うと、
とても楽しみです。

+

さて、今回は夫が是非ともという梅醤油も漬けました。

IMG_20170620-003-2537.jpg


梅醤油といってもただただ、
梅に醤油をいれるだけという超お手軽なもの。
梅の風味が醤油に移り、
食卓の調味料として、梅の実は箸休めとして。

口広の瓶を梅シロップで使い切ったので、
ジャータイプの瓶に漬けることに。
時々梅を混ぜるのですが振ったらいいかと。
20日ほどでできあがるようです。
冷蔵保存するなら1年間。

IMG_20170620-004-2536.jpg

今年初めての梅醤油
どんな出来栄えになるかワクワクします。

青梅の醤油漬けのレシピ
我が家はガーゼがなかったので省きましたが、
梅が乾燥しないように瓶をまわしています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
06.17
Sat

追熟していた梅ですが、
満遍なく追熟ができず気持ち焦っていた矢先、
黄色くなったものにポツポツとしたものが目についたので、
何個か強制追熟することに。
ブロ友さんのご主人がされていたという方法を
調べてみるとありました、ありました。
お湯に20秒ほど浸して水気を切って放置し粗熱をとってから、
他の梅と同じに漬け込みました。


初めての梅の袋漬け

梅 1キロ
粗塩 18%

梅を洗って水気を拭いてなり口をとって、
焼酎でなり口を拭いて、保存袋に梅と塩、
ホワイトリカー50ccを入れてなじませ、
平にして空気を抜いて、

IMG_20170617-001-2300.jpg

重石を敷いて梅酢が上がるのを待つのみ

IMG_20170617-001-2303.jpg

これまでの梅干しは樽に漬けていました。
袋に変わっていただけで、
樽や重石の消毒、
たいした手間ではないというものの、
このステップが省かれるだけでも
なんだか梅干しのハードルが
低くなった感じがします。

追記: 一晩経って先に黄熟していたうちの2個が潰れていたのを発見。
それを取り除いて重石を外しました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
06.15
Thu

今月11日にもぎして漬けた梅シロップ
氷砂糖の方は下にちょこっと残っているだけ、
ハチミツで漬けたほうはこんな状態になりました。
振って振ってを繰り返し、美味しくなぁれ、美味しくなぁれと
呪文を唱え(笑) 後は飲み頃を待つだけです。

IMG_20170615-001-2270.jpg



干し用に取っていたちゃんたちを追熟しています。
これまで干しを漬けた時は、
完熟した南高でしか漬けたことがないので、
追熟がどれくらいかかるのかわからず。
黄色みがでたら・・と思っていますが、
一斉に黄色くならない(当たり前ですが)ところが悩ましいです。
全部がそうなるまで待っていると、
先に黄色くなったものが変色する可能性もありそうで、
どの塩梅で追熟をやめたらいいのかなぁと、
毎日眺めながらドキドキ。

IMG_20170615-002-2278.jpg


梅の香りが漂って、なんか幸せな気分です。

この時期だけの特別だと思うと、
イロイロあっても乗り切れそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
06.12
Mon
昨年は梅の不作で、梅もぎに行ったものの、
手ぶらで帰るという始末。
で、梅の購入もタイミングを外してしまい、
紫蘇ジュースオンリーで過ごした夏でした。

今年、皆さんが梅仕事をはじめられたというのを
ブログで読みながら、我が家も早く早くと気が焦り。
やっと梅もぎに行ってきました。

土曜日の仕事疲れが多少残っていたこともあって、
体調万全とはいきませんでしたが、
小ぶりな感じはしつつも、昨年の不作を思えば満足。

+

梅干しもご無沙汰なので、
今年は初めてのジプロックで梅を漬けてみようかと思っていました。
ですが、こちらの梅はまだまだ青梅なので追熟させる必要があり、
1キロだけ梅干しにして、あとは梅シロップを。


2時間ほどアク抜きをしてからなり口をとる作業。

IMG_20170612-001-2221.jpg



定番の氷砂糖で漬けたものと、
初めて試みるハチミツとリンゴ酢入りの梅シロップ

IMG_20170612-002-2231.jpg


傷んでいたものがあったりで、
1キロと1.6キロの梅シロップ

IMG_20170612-003-2228.jpg


でも予想だにしなかったのは、
キロ数が予想より少なかった。
結構いっぱいもいだつもりだったのだけれど・・・。
当初はもうひとつ4Lの瓶に漬ける予定だったので、
再度梅を入手し漬けようかな~と目論んでいます。

だってあっという間に梅シロップ
なくなっちゃうんだもの(笑)
これから毎日、揺すりながら出来上がりが楽しみです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
06.07
Wed

夕飯の支度-
夫の帰宅が遅い時は、
残業になっても焦らずにすみます。
けれど今週は出勤が早いので帰宅も早く。
残業になると夫の方が早い時も。
ごはんを急かされることはありませんが、
私自身がアセアセしてしまいます。
自分のペースでできなくなるというか、
手順が狂ってしまったり。
そういう自分の性分が嫌になるときがあります。
動じず冷静に行動ができればいいのですが・・。

なので前もって作り置きするとやっぱり助かる。
だけどこの前も書きましたが、
その常備菜を作るにあたって、
時間的な余裕に加えて、
自分の気持ちにゆとりがないと作る気力もない。
気分にムラがあります(> <)
作っておくと自分がラクなのはわかっているのに、
できないときはできないのです。
凝った料理を作るわけでなく、
至って簡単、時短料理にもかかわらず-

+ + +

筑前煮を作るつもりでごぼうを買ったのはいいのですが、
こんにゃくがないことに気づき、たたきごぼうに変更。

お酢と塩を加えて柔らかくなるまで茹で、
綿棒で叩いて冷ましてから、
調味液と合わせるだけ~。

IMG_20170607-001-2206.jpg

少しおいてからの方が、
味が染みて美味しくなります。

レシピは飛田和緒さんの常備菜より。
とっつきやすいシンプルレシピです。




他にも常備菜の本を手にしましたが、
1番愛読しているかも。

覚書
ごぼう(太め)1本
だし汁 1/2カップ
砂糖 小さじ2
醤油 大さじ2
お酢 大さじ1
白ごま 大さじ1

+

最近利用しているアプリ、kurashiru[クラシル
動画も見やすい、わかりやすい、作りやすそう。


ピーナッツがなかったのですが、
クミンを使った人参サラダはとってもスパイシーです。

細切りにした人参に 調味液をあわせただけ~。
ナッツ系があった方が美味しさも増すのでしょうが、
人参1本使い切れました。

IMG_20170607-002-2202.jpg

冷蔵庫で冷やして食べると美味しいです。

覚書
人参 1本

オリーブオイル 大さじ2
お酢 大さじ2
砂糖 小さじ1
塩 小さじ1
黒胡椒 クミン   適量


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
06.06
Tue
                       
かねてからブロ友さんが蒸篭を使って、
蒸し料理をされているのを見て、
「蒸篭が欲しい~」と思うことしばし。
ですが我が家の狭い収納で蒸篭の行き場と、
モノを増やすことにちょっと躊躇いがあって
なかなか決断できませんでした。
なので蒸す料理は、シリコンスチーマーですませていました^^;
ずっと匂い移りも気になっていました。

でも、でも-
おうちにあるもので代用しようと思い、
圧力鍋とカゴで簡易蒸し器に。
いい塩梅でサイズがピタリ。

最近の我が家、蒸し料理にハマっています~。

IMG_20170606-001-2198.jpg


ちょいと見た目はさておき-
この日は、もやしを敷きつめて豚肉、肉団子、えのき、
しめじ、れんこんをいれただけですが、
レンチンして食べた時より、
ずっと、ずっと美味しいんですよね。
れんこんも水分が抜けないのでぱさつかずしっとり、
それでいてさっくりとした食感が残ります。
なんか、なんか違うんですよね。
ポン酢でいただいたのですが、
食材の甘みがあるというのでしょうか。


電子レンジは閉じ込めて調理する感じですが、
こうして蒸すと嫌な臭いも蒸気と一緒にでていったり、
余分な油分が下に落ちたりするのが、
美味しさの秘密なのかなぁと思いました。

IMG_20170606-002-2196.jpg


確かに電子レンジで調理した方がスピーディですが、
少し時間がかかるもののあらためて、
蒸し調理いいなと実感しました。

ステンレスのカゴでなく、
蒸篭の方が味わいがありそうですが・・・(uu*)
今のところ、我が家はこれで問題なさそうです(笑)

+

蒸篭と蒸し板があると専用の鍋がなくても-









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
05.31
Wed
                         
昨日は夏のような暑さでした。
病院に行くと一日がかり-
そう思い込んでいましたが、
思いの外空いていてそれほど待ち時間もなく。
足の打撲も日に日に良くなってきました。
治療するわけでないので、
先生に見せるだけですから(笑)

+

さて-

休みとなると、ついアレもコレもしよう、
しなければ・・と意気込みがちになりますが-
家事で欲張ることはやめました。

時間があっても体力的に無理っぽかったり、
心の余裕がないと家事もスイスイ進みません。
なので、今日はココを徹底的に掃除しよう!
まとめて常備菜を作ろう!と、思える日には頑張るけれど、
気力、体力ともにやる気なしという日はやらなかったり、
一つだけでもできれば良しとしたり。
前は、休みなんだし、アレもコレもやらなくっちゃ、と
気負いすぎてできなかったら罪悪感でいっぱいでした。
それより、「できるときにできることを」でいいじゃんね。

+



IMG_20170531-2016.jpg

千切り大根
茗荷の甘酢漬け
きゅうりと茗荷の中華風サラダ

茗荷がたくさん出回っていました。
これからの季節お酢を使った料理で
疲れを溜めないようにしたいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
05.27
Sat
                    
先日、ブロ友さんがきゅうりの佃煮を作られていたので、
私も作ってみました。

きゅうりのパリッパリの食感をだすために、
煮詰めず調味液に軽く煮て漬ける感じに。

きゅうりは5mmほどの厚さに切って、
塩を振って重しをして3時間ほど放置すると、
しっかり水があがってきました。

調味液が沸騰したら、生姜、赤唐辛子、きゅうりをいれて、
(この時はまだきゅうりは青々としてますね~)

IMG_20170527-001-1944.jpg


再び沸騰させて火をとめてしばらく放置。
(きゅうりの色が茶色っぽく変わってきました~)

IMG_20170527-002-1946.jpg


一度具材を取り出して調味液を沸騰させて、
具材を戻し入れてできあがり。

IMG_20170527-003-1956.jpg

冷めて染み込んでからの方が
美味しいのは言うまでもありませんが、
味見と称してつまんでみると旨し!
ひとつつまみ、ふたつつまみ(笑)
きゅうりのキューちゃん(風)だ!
自画自賛ですが、美味しい~。
ちょっとハマりそうです~。

お鍋につきっきりでないので、
よそのことをしながらできるのも自分的にはいいかなと。


覚書

きゅうり5本
(空いている容器に合わせたのでこの本数ですが、
調味液からするとあと2、3本大丈夫かな)


醤油 50ml
酢   50ml
砂糖 50ml
味醂 大さじ1
生姜の千切り 赤唐辛子 適宜



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
05.25
Thu
                                
IMG_20170525-1941.jpg

茗荷の甘酢漬け-

時間もかからず、難しい作業もなくて、
手軽に作れて、箸休めにもイイ。
茗荷6本くらいなら、あっという間になくなってしまいます。
もっと多めに作れば良かったかなと思うものの、
こういうのって、少ないからいいのかなぁとも思います。
あともう少し食べたい-
そんなふうに思えるのがいいスパイスになるのかな。

+

覚書

水60cc
酢60cc
砂糖 大さじ2
塩 少々

これらを沸騰させて冷ましておく。

茗荷を軽く湯通しし水気をしっかり切り、
熱いうちに作っておいた甘酢に漬ける。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
05.03
Wed

我が家にも旬の味わいを-

一昨日、やっとありつけた
筍ごはん

IMG_20170503-1178.jpg

前夜、筍をゆがいて、
仕事から帰ってきからとりかかる。
筍って、いつもどれくらいまで皮を
剥がしたらいいのか迷う(笑)
でも水煮よりやっぱり美味しい。

木の芽が欲しかったけど、
大葉で代用。
これはこれで大葉の香りがして美味。

一緒に筍と和布のお味噌汁。
なんか今まで思い込みで、
この時期の筍と和布といえば、
おすまししか作ったことがなくて。
でもお味噌も美味しかったの。


ちょっと手間でもこの時期だけだから-


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
04.03
Mon

買い物に行く前にメモるのを忘れ、
無いと思っていた人参のストックがあるのがわかり、
先に買った人参を使うべく常備菜に。

IMG_20170403-001-0221.jpg


人参というと人参しりしりを作ろうかと思ったのですが、
以前作った人参しりしりもどきのサラダバージョン。
前はキャベツをいれましたが今回は玉葱で。

人参、ツナ缶(オイルなし)、
みじん切りした玉葱をぜーんぶレンチン。
熱いうちに砂糖、酢、塩、胡椒、
マヨネーズで和えるだけ。
粗熱がとれたら冷蔵庫で。

IMG_20170403-002-0225.jpg


おなじみのさつまいもの甘辛煮。
醬油と甜菜糖だけの味付け。

IMG_20170403-003-0226.jpg


以前は千切り大根ときゅうりだけで作りましたが、
今回は人参もいれて-

千切り大根、人参は軽く茹で、
塩をふったきゅうりを水切りして、
タレ(酢、オイスターソース、胡麻油 甜菜糖)
に絡めて胡麻をふりかけるだけ。

IMG_20170403-004-0227.jpg


手の混んだ料理は尻込みしてしまいますが、
時間もかからず簡単にできるものなら、
ハードルも低し。
空いた時間にちょこっとできるのが嬉し。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
02.18
Sat
                        

缶詰は食べながら備えるローリングストック法で、
日常に取り入れています。

サバ缶とごぼう炒め。
これが一番お手軽です。
油は使わず、サバ缶(お汁も全て使用)とごぼうと人参。
味付けは醬油、酒、味醂。

IMG_20170218-002-9411.jpg


お醤油味のおかずなら白ごはんで-
といきたいところですが、ひじきご飯で。

IMG_20170218-001-9405.jpg

+

8年間「食べない」を実践されている弁護士先生が
いらっしゃると知りました。
食べることが好きな私には「不食」という二文字は
頭のなかにはありませんが、
不食という生き方-
そういう生き方もあるのだなと。

美味しいものをモリモリ食べる-
食べる楽しみ-
それが私にとって元気の源です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
01.18
Wed

今年のお正月は酢ばすさえも作らずだったので、
今頃ですが、作ることに。

以前から書いておりますが、
料理が苦手(大きな声で言うことではありませんが)です。
しなくてすむものならしたくない-
が、本音。
でも、そういうわけにもいきません。
気がすすまない時に無理しない、
自分の気持ちが前向きな時に、
常備菜などは作ったり。
キッチンで使う道具などを、
好きなものを使ったりして、
心が弾むようにしたりしています。

+

さて、酢ばす。
昆布だしをとることから始まり、
甘酢をつくりハスを茹で漬けて出来上がり。

IMG_20170118-001-9099.jpg


出汁でとった昆布で佃煮を。

IMG_20170118-002-9094.jpg

たったこれだけのことですが、
やっぱり時間と心に余裕がないと、
作る気がおきない(> <)
でも、余すことなく使い切ると、
やっぱり気持ちがイイ。

+ +

この日、たまたま目にした記事で、
俳優の堤真一さんの言葉。

自宅に招いた友人のために、
前夜からスープをとったり、
料理をつくってもてなすそうです。

「プロの料理は美味しいし、凄いなぁとしょっちゅう思うけれど、
また行こうとはあまり思わない。それより、
おふくろの作ったおにぎりの方が何度でも食べたくなる」と。

「僕の勝手なイメージですけど、便利なもので身の回りを固めると、
自分も便利な扱いしかされないように思う。
でも、普段から手間を惜しまない生活をしていると、
それが自分にもきっと返ってくると思うんです」


+

手間を惜しまぬ暮らしを・・と思うものの、
なかなか普段の暮らしは手抜き全開の私ですが、
ちょっと手をかけて丁寧に心がけけてみること-
心にとめておきたいなぁと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
01.12
Thu

芽がでてきたじゃがいもがあったので、
まとめて消費しよう-
いもだんご(いももち)が簡単でイイ!

以前、大根餅風、いもだだんごを作ったら、
(大根餅風と書いたのは、じゃがいもをすりおろして作ったので)
夫からやっぱり、子供の頃から食べ慣れた
いもだんご(いももち)が良いと言うので、
本来のいもだんごを作ることに。

+

茹でたじゃがいもを熱いうちに潰し、
触れるくらいになったら片栗粉をいれて混ぜます。
パサパサ感がなくならないなら、茹で汁を少しいれて。
ラップにくるんで棒状に形を整え、しばらく放置。
少し粗くつぶすとじゃがいもの食感が味わえます。お好みで。
この状態で冷凍保存も可。
(茹でずにレンチンでした場合でも少し水分を加えた方がまとまりやすい)

IMG_20170112-001-9003.jpg

好みの厚さに切ってフライパンで焼きます。

IMG_20170112-002-9005.jpg

味付けは醬油やバターをつけたりお好みで。


今回は-
両面に焼き目がついたら、前もって合わせておいた
タレ(醬油、味醂、砂糖 1:1:1の割合)をかけて絡めてできあがり。

IMG_20170112-003-9006.jpg

甘じょっぱいノーマルな食べ方ですが、
チーズをいれたり、ベーコンや海苔を巻いたり、
アレンジ次第で色々な味が楽しめます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
back-to-top