09.09
Sat

メラミンスポンジはお手軽で便利なのですが、
材質によっては(プラスティック素材など)
目に見えない傷がついて
余計に汚れがつきやすくなることもあって、
以前から多用することをやめました。
それでも水だけで落ちるというのは魅力的。
どうしても・・という時、
最終手段として使うことにしています。

なのでふだん、
スポンジの古くなったものを格下げしたり、
ウエスを使ったりしていますが、
いつでもある、というわけでもないので
その対策にも頭を悩ませていました。

そんな時、ブロ友さんが使っているクロスが気になって・・。
おすそ分けをいただき使ってみると、
使い勝手がよかったので購入。

IMG_20170909-3717.jpg

水を含ませて落とす巻きまきがんこクロス

トイレットペーパーのように巻かれています。
ミシン目は入っていません。
自分の好きな長さにカットして使います。
材質は、ポリエステル不織布 ゴムラテックス。
研磨剤は不使用。

メラミンでも同じでしたが、
こびりついた汚れが、
さっとひと拭きでは落とせませんが-

軽く拭いて汚れがおちるものもあれば、
こすらなければ落ちない、ということもあります。
軽い汚れなら石けんで洗えば数回使えます。
と、説明にも書かれています。
が、それも汚れの度合いによるかなぁ。
こびりついた汚れが酷かったらやっぱり使い切る。
そのために好きな長さで使えるのがいいのかもしれません。

メラミンスポンジと巻きまき頑固クロスとどちらが汚れが取れるか-
研磨して汚れを削るメラミンと、
繊維に織り込まれたゴムラテックスで
こすりとる巻きまき頑固クロス。
言わずもがなです。
けれど傷がつかないでほとんど気にすることなく、
色々使えることを思うとね。
まぁコスパを思うと、
100均で買えるメラミンはお得感もありますが、
使い方次第では巻きまきクロス、
いいんじゃないかと個人的には思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.26
Sat

地元のお味噌屋さんでお味噌を購入しています。
家からそんなに近いわけではないので、
早めの購入を心がけていますが、
今回は行くタイミングを逃していまい、
スーパーで違うお味噌を購入することに。

kit22.gif


ふだん1キロの袋入りを購入しているのですが、
初めてのお味噌ということもあり、
お試しサイズということで500グラムのパックいり。

いつもは、袋タイプなので容器に移しています。
入れ替えようかと思ったのですが500グラムだし、
いつもより早く使い切れそうだし、
入れ替えもちょっと面倒くさくなってそのまま使うことに^^;
少し蓋が心許ない気がしましたが、
使っていて割れたら容器に入れ替えしてもいいかと。

いつものお味噌に戻るまで、
定番の容器はちょっとお休み-

IMG_20170826-3603.jpg

こんなときもあるわね・・・ってことで-




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
08.25
Fri

先日、ドイツの大学の微生物学者らが発表した論文が、
とても衝撃的でした。
台所用スポンジはいくら殺菌消毒しても、
生き残って増える耐性菌が繁殖するという。
細菌密度は大便並みで、毎週交換を勧めているという。

以前からもスポンジの菌については、
色々言われています。
ミクロの世界は見ちゃいかんというのが、
うちの夫の口癖で(笑)
気にならないというと嘘になりますが、
無菌な状態で生活しているわけではなく、
いたるところで菌と共存している状態だと思います。
無神経になってもよろしくないけれど、
神経質になりすぎても・・というのが正直な気持ちです。

我が家は、台所スポンジとびわこふきんが共存しています。
漂白や煮洗いしてますが生き残る菌ねぇ・・・。
現在我が家では、耐久性で選んだスポンジを使っています。
使い勝手は満足しています。
そのうち心変わりして安いスポンジを1週間で交換するかもしれませんが、
気持ちの問題で、お手入れもしないよりは今までどおり。
現在のところは今のスタイルで-


    

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
08.10
Thu

我が家は常備菜などの保存に、
パイレックス(IWAKI)の保存容器と
野田琺瑯の保存容器を使っています。
常備菜の保存にどちらも重宝しています。
以前はプラスティック製の容器に
カレーなどを保存して匂いや色移りがとれなくなったりして、
定期的に買い替えを余儀なくされていました。
けれどガラス製と琺瑯にしてから、
何年も使っていますが、そういったこともなく
買い替えてることがなくなりました。
幸いなことに落として割ったということはないので、
初期費用はプラに比べると高いですが、
長い目でみるとコスパもいいし、
十分元はとれたと思います。

レンジ使用ができるガラス製と、
レンジ不使用でも直火OKな琺瑯製、
どちらも用途によって使い分けしています。

ただ、「蓋」に関して-
本体はどうもなっていないのに、
蓋だけ割れた、劣化するということもあるので、
野田琺瑯は、蓋だけの販売があることも、
決め手になったと思います。

+

IMG_20170809.jpg

パイレックスのガラスの容器は、
蓋のみの販売がないと思っていました。
(私だけ?)
が、今販売されているIWAKIの耐熱ガラスは
蓋だけの販売もありました。
品番が同じなので使えるかな~。
(購入される方は確認してくださいね)
万が一蓋だけ割れてもひと安心。




昔、思いつきで買った密閉式のパイレックスの丸型も一つ所持してますが、
収納のことを考えたら角型の方が使いやすい。
我が家はセットで購入していませんが、
今は、使いやすそうなものが色々なシリーズで、
セットになっていますね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
08.04
Fri

先日、魚焼きグリルで食パンを焼いて食べました。
いつものオーブントースターで焼くよりずっと美味しい。
時間がかかるのと、じっと見ながらなので、
心と時間にゆとりがある時でないとできません(> <)
でもあの味は、オーブントースターでは出せない気がします。
いや、最新のオーブントースターは美味しく焼けるか^^;
ま、我が家のトースターとの比較です。

また-
グリルで鶏肉を焼いてもヘルシーで旨旨。
パリっとしてフライパンで焼いて食べるのとはちょっと違う。

そのグリルですが-
我が家はバットを持ち合わせていないので、
揚げ物をした時、油きりのバットの代わりに、
グリルを引き出してそこに揚げたものをのせて油きりをしています。
元々シンク台も狭いのでここが定位置となっています。

コンパクトな暮らしゆえ、
ひとつで何役もこなせるものが重宝します。

+

我が家は水をいれないで、
ゼオライトの石を敷いています。
お手入れがぐっとラクです。
ふっくらおいしく焼けます。

楽天さんにもありました~。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.05
Mon

キッチンの換気扇と違って油まみれになりませんが、
湯気と埃で結構汚れる浴室の換気扇。
旧換気扇はどうやってもシロッコファンが外せなくて、
苦い思いをしていました。
が、新しい換気扇になってシロッコファンが簡単に
取り外せるようになって喜んだのも束の間。
油断しすぎてこんなことになったこともありました。( ̄∇ ̄;)

IMG_20160909-004-6513.jpg
(画像は以前の時のものです)

ここまで埃の色が黒くなるのは酷すぎますが、
それでも1、2ヶ月で薄っすらと埃はついています。
湯気にまみれた埃は、流すだけではやはり落ちません。
浸け置き洗いも色々試しましたが、
スルっと落ちたということはなく、
シロッコファンヘラでこそぎ落とす必要がでてきます。
このヘラを使うようになって、
羽の汚れは落としやすくなりましたが、
やっぱり時間もかかります。

どの程度なら埃がスルっと落ちるのだろうか-
毎日掃除の時、一緒に洗えばベストでしょうが、
毎回・・・と決めてするなると、長続きしなさそうなので、
基本週1、2回(これも埃の付き具合を見て)、
浴室掃除と一緒に洗うことにしました。
この程度ならゴシゴシしなくても、お湯で洗い流すだけで、
埃も一緒に落ちてくれそうです。

IMG_20170605-2049.jpg

そういえば、新しい換気扇に変わったとき、
こまめに洗えば埃もべったりついていないので、
掃除がラクだと自分でも書いたような^^;

換気扇カバーをつければ幾分マシになるかもしれませんが、
シロッコファンの取り外しはそう億劫でもないし、
こまめに洗い流せば、洗剤も不要だし時短にもなるので、
この選択をすることにしました。

自分のやりやすい方法で、
自分がラクな方法で掃除するのが1番・・・ですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
06.03
Sat

我が家の冷蔵庫もそろそろ危ないかなと不安を抱えています。
いざ、急にとなると困るので、
(我が家は高さ、奥行きと制限があるので)
候補を探したりしております。

大物家電はさておき、
先日からキッチン雑貨の買い替えが続いております。
さて我が家で使っているアルミダイカスト製フライパンも、
こびりつきが酷くなってきました。

IMG_20170603-001-2044.jpg


全く同じものと断定できませんが、
(メーカー名を覚えていないのですが構造が同じと思われ)
こんな感じです。



アルミダイカスト製フライパンに替えたのが5年前なので、
長持ちしたと思います。元は十分とれたと思います。

その前に使っていたのはセ○ブリッドフライパン。
これについては過去に記事にした時、
様々なご意見をいただきました。
その後、使ってから非常に残念だったことも、
加筆記事として書きました。
メーカーさんのHPで謳っていることも確認して使っていましたが、
厳しいコメントもいただきました。
結局1年ほどで買い替えることになりました。

++

実は以前から買い替えを検討していて、
夫も私も次はコレをと思っていたのが、
エバークックのフライパン。
今は2年保障のエバークックαが新しくでていますが、
どんなものかお試しとお値段で、
1年間保障付きのエバークックを選びました。
ただ、アルミダイカスト製のフライパンは、
金属ヘラもOKでしたが、こちらはNGなので、
夫愛用のヘラは使えない。
新しいヘラが必要となります(> <)
が、お好み焼き用に使っているヘラで
代用できそうかな~なんて思ったり(笑)

IMG_20170603-002-2038.jpg

こちらはどのくらい耐久性があるのでしょうか。
口コミどおりのフライパンなのかしら、と楽しみです。

でも実際、お道具って使ってみないとわからないことがあります。
使ってみて初めてわかることもあります。

鉄のフライパンも気になるところですが、
フライパンに関しては消耗品と割り切ることにして
定期的に買い替えをすることにしています。


     




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



05.30
Tue
                   
お鍋やざるを洗うためのサイザル麻の束子が
ヘタってきたので買い替えることに。
ザイザル麻の束子、ドーナツ形が可愛くて。
固い束子とスポンジの中間な感じで、
使いやすかったのですが、
先に使っている野菜の泥落とし用のパーム束子より
ヘタリが早かった気がしました。
なので今度は棕櫚の束子にしました。

IMG_20170530-2013.jpg

以前、棕櫚のササラを使ったことがあるので、
期待が高まります。
しなやかでコシが強い棕櫚束子。
また台所でガンガン働いてもらいましょっと。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
05.29
Mon
      
WECKのシリコンキャップ、お迎えしました。

1番気になっていて半信半疑だったボトルを横にしても、

IMG_20170529-001-1993.jpg

もれることがなく。

IMG_20170529-002-2001.jpg

我が家の冷蔵庫の手前のドアポケット、幅が狭くて、
出汁をいれているJuice Jarの大きいサイズが入らなかったんです。
なので奥側のドアポケットに入れようとするために、
お茶のボトルを減らしていました。
夏になるとお茶も需要が多くなるので、
このキャップをつけると、
横にできるので冷蔵庫の棚に置けるので、
使いやすくなりました。






シリコンなのでこんなに柔らかく。
プラスティックの蓋の方がパカっと被せるだけで簡単ですが、
こちらのシリコン蓋は、両手でしっかり被せるという感じです。

IMG_20170529-003-2002.jpg



食品の臭いが移った臭いでなく、
ずっと気になっていたプラスティック蓋の独特な臭い。
シリコン蓋にはその臭いもなく。
ダメになったプラスティック蓋とは別の残りの蓋も、
これで処分できそうです。

ただ、蓋の構造上、洗って乾かした時、
→の部分に水分が残っている場合があります。
(食洗器使用ならそんな問題はないでしょうけれど)
裏側の縁までしっかり見た方が良いかと思います。


IMG_20170529-004-1997.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
05.25
Thu

塩をいれていたスナップウェアーの蓋が割れてしまいました。

今はフレッシュロックという名称で、
タケヤ化学工業さんのオリジナル商品で販売されていますね。
スナップウェアーはタケヤ化学工業さんが、
米国のスナップウェアー社と契約して、製造販売されていた商品でした。

IMG_20170525-001-1887.jpg

先日入れ替えした時はなんともなかった(ハズ)なのに、
夫から「割れているよ~」と言われ見てみると、
あら、ほんと。まぁ6、7年もほぼ毎日のように開け閉めしているので、
壊れても仕方ないか・・という気持ちです。

IMG_20170525-002-1892.jpg

角型のSサイズ。他のサイズと違って、
ストッパーはついていません。
カクッカクッと蓋がそこで止まる方がいいなと思ったこともありました。
(蓋を開けたときの留め位置が2段階になっていないということ)
これは他のサイズを使ってその違いがわかりました。
昔メーカーさんに訊ねたことがありました^^;
他のサイズはストッパーがついているのになぜこのサイズだけないのか?
蓋のサイズは3種類あって、LとMは同じ蓋。角型300と500も同じ蓋。 
Sだけ構造上違うという説明をいただきました。
(今のフレッシュロックは、
サイズもお客様の声で増えたりもっと使いやすくなっていそう~)


材質は飽和ポリエステル樹脂
ワンタッチ開閉が使いやすのと、
容量的にガラスや琺瑯容器では入らないものあり、
重宝している保存容器です。
ゴムパッキンはなんともなく蓋だけが割れているので、
蓋の替えは販売していないのだろうかと思いましたが、
ゴムパッキンの替えはあっても蓋はなさそうでした。
まぁ、商品そのものがもうないこともあるので諦めるしかないですが。

以前記事にも書いたことがありますが、
保存容器が余るようになって、
この塩を入れていたサイズももう一つあったので、
それを使うことに。

モノが壊れる-
使っていれば当たり前の話で。
前は、お気に入りのモノや食器が壊れたら、
残念でたまらず「あぁ~」と嘆く気持ちでいっぱいになり、
使っていないものならば余計、もったいなさが強くて、
気持ちが引きずることが多かったのですが、
たくさん使っているから壊れたんだと思うようになってから、
切り替えが早くなった気がします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
05.16
Tue

以前から気になっていたシンクのくすみ。
古い賃貸だから仕方ない部分もありますが、
ここが汚れていたら色々やる気が失せる場所です。
これまでも歯磨き粉で磨いたり、
重曹で磨いたりと時々試し、
きれいになった達成感はあっても、
使っていると汚れてくるのは仕方がないです。

IMG_20170516-001-1673.jpg

キレイが永遠にとはいかなくても、
しばらく保つことができれば!
汚れがつきにくくなれば!
なんてえ思っていたら、こんなものを見つけました。

IMG_20170516-002-1686.jpg

コーティング剤 ステンレスシンク用 1台×1回分【楽天24】[和気産業 洗浄剤]

キレイが3年持続!って、ホント!?
ってついつい気になっちゃって試すことにしました。

プロが使っているクリーナーとコーティング剤を
家庭でもつかえるように小分けされています。
1回で使い切りなのでお安い洗剤ではありませんが、
防汚効果洗浄効果があるということで、
期待が膨らみました。

ただ、クリーナーで洗浄してから、コーティングが乾燥するまで、
時間がかかるので、他の家事に差し支えないように、
時間配分してから取り掛かった方が良いです。

作業に取り掛かる前に、
ふだんどおりシンク掃除をしてあらかた汚れをおとしてから、
クリーナーをぬりつけていきます。

↓わかりやすいように塗ったところとそうでないところの画像です。

IMG_20170516-003-1688.jpg

擦り掃除をしていると汚れの膜がとれて黒くなってきたら、
クリーナーを追加して磨きます。
20分ほど乾燥させてから拭き取り、
クリーナーを洗い流して十分乾燥させて洗浄作業終了。

クリーナー、もう少し量があったらなと思いました。
うちのシンクの汚れが積み重なっていたからかもしれませんが・・。
研磨剤が入っているから、でるわでるわって感じ。

次にコーティング作業にとりかかります。
丁寧に塗り延ばして乾燥させます。
約6時間で完全にコーティング剤が硬化。
(約3時間でシンク使用は可能ですが)

写真写りがよくないので、
キレイ感がだせていませんがピカピカになりました。

IMG_20170516-004-1695.jpg


輝きが増した感じになりました。
古いシンクでもキレイになると嬉しくなります。

IMG_20170516-005-1701.jpg

コーティング剤が浸透しているせいか、
水を流したらはじくので、
汚れがつきにくそうなのも頷けます。

3年持つかどうか・・・はわかりませんが-
(メーカーさん、ごめんなさい、半信半疑です)
この後、ふだんどおり料理し洗い物をして思ったのは、
スルリと汚れが落ちるという感じはします。
汚れが留まらないというのでしょうか。
シンクの表面に膜がはられている感じで、
水を流すと滑りおちていく感じです。
スポンジでなでるように滑らすだけで、
きれいになります。

最初1回限りでこのお値段は・・と
思わなくもありませんでしたが、
コスパはいいかなと思います。

+

シンク以外もあるので色々気になります!

        


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
05.15
Mon
                
WECKのガラス容器、愛用しています。
おうちで作ったジャムや、出汁、
温めしない常備菜など入れています。
瓶だからプラと違って臭い移りがないのと、
あのフォルムが気に入っています。

ご存知の方も多いと思いますが、
蓋もガラスの密閉できる蓋と
プラスティックの蓋があります。
しょっちゅう使うものだと取り外しがラクチンな
プラスティックの蓋が便利なのですが、
うっかりして夫が変形させてしまいました。
ガラス蓋をつけるほど密閉機能は必要ないので、
プラスティックの蓋を探していたら、
シリコンキャップを見つけました!!
これなら水分の多いものをいれても安心かな。
しかもJuice Jarにつけても
横にしてもこぼれる心配がないらしい!
ってまだ手にしていないので
正直なところ半信半疑ですが(笑)
気になります。

   


漬物石までもでてるし~。
WECKの瓶の新しい使い方♪

   

我が家は冷蔵庫が小さいので、
ドアポケットにJuice Jarが入り切らない時があって、
横にしたいと思うときがありましたが、
今まで不可能だったので、
(ガラス蓋とゴムパッキンを使えばいいのでしょうが付けたり外したりが面倒)
色々諦めなければならないことがあったので、
シリコンキャップは朗報でした。
なので「こんなのでたんだ~」と
久々にワクワク。
「こういうのがあったらいいな~」というのが
実際にできて嬉しくなっちゃいました。

あれもこれもと欲張ることなく、
必要なモノは手に入れたいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
04.16
Sun

作り置きなどに使う保存容器は、
臭い移りや洗っても取れないくすみがや汚れが気になって、
プラスティック製品から耐熱ガラスと琺瑯製品に変えて数年。
ただ、ごはん保存容器だけは、
ごはん一膳分がそのまま冷凍できて、
レンジでチンできるプラ製品を使っています。
けれどプラ製品は使っていくうちに、
劣化が気になります。空気弁や蓋がわれたりしたので、
買い替えることに。

ただあの青い蓋がね・・・。
以前キチントサンで白い蓋のを見つけていましたが、
ごはん用ではなく小さいサイズのものしかなく、
買い替え時のとき探せばいいやと思っていました。
最近、ごはんの保存容器なんてみることなかったので、
探してみたら,、メーカーは違うけれど、
あった! ありました!

ご飯一膳分だし文句なしです。

IMG_20170416-001-0491.jpg

これまで、
青い蓋の空気弁があって、底のくぼみが1つタイプ。
緑の蓋で空気弁がなく、底のくぼみが4つタイプ。
青い蓋で空気弁がなく、底がフラットタイプ。
この3種類を使ったことがあります。

底がフラットタイプの保存容器の方が、
洗いやすくていいのですが、
くぼみが加熱ムラを防ぐためのもの。
個人的には空気弁を開けるだけで、
蓋を外さなくてもチンできる方がいいなと思うのと、
空気弁がある方がチンしたごはん、
美味しく感じるかなぁ。

IMG_20170416-002-0493.jpg

まぁ、素材の問題は目をつぶって、
色と機能性で満足したものが見つかって良かったです。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 4
04.12
Wed

数年前に用途別の洗剤をやめてから、
使うようになった重曹やクエン酸などは、
100均の容器にいれています。

DSCF20170412-001-8588.jpg

洗剤などを詰替えていらっしゃる方も多いかと思います。
また、我が家は塩素系漂白剤は使っていませんが、
メーカーさんのあの色はちょっと苦手。
ただし、それは危険防止の意味で敢えて
あのような色を使っているのだと思います。

でも色が氾濫すると雑多な感じもするので、
できれば色は抑えたいのですが、
メーカーさんの容器のまま使っているものがあります。

それは酸素系漂白剤
コスパが良いので、これを使っています。




袋入りなのでこのままでは使いづらく、
別のメーカーさんの容器に詰替えています。

IMG_20170412-002-0336.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、
酸素系漂白剤は少量の酸素が発生するので、
ガラスなど密閉性の高い容器に保存すると、
ガスの逃げ場がなくなって破裂する恐れがあります。
詳しくはコチラ

ほぼ毎日使っているなら、
完全密閉じゃない容器なら詰替えても
良いかなと思わなくもないのですが、
我が家の場合、スリムタイプのこのボトルが、
隙間収納にちょうどいいサイズなこともあって、
ずっとメーカーさん容器のままで使っているというわけです。
本音はというと、印字ではなくラベルだったら剥がせるのにな~ですが(笑)
見える場所に置いていないこともあって、
目障りにならないのでこれはこれで良しとしています。
夫は、見た目より使い勝手が良いかどうかが重視なので、
どっちゃでもエエと思っております。
まぁ、こういうことって自己満足の世界ですが-





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
03.21
Tue

我が家のキッチンツールのこと-

私はもともとバタービーターよりターナー派なので、
使いづらいと思わなかったのですが、
夫が料理をする時、バタービーターを好んで使用します。
最初はイイと思っていたのですが、
使いだしてみて使いづらいことがわかり、
買い替えることにしました。

奥はそれまで使っていた柳宗理のバタービーター。
手前は買い替えたのは、100均のバタービーター。
え?逆でしょって思われた方いらっしゃいますよね。
間違いじゃないんです。

IMG_20170321-001-9904.jpg


私は柳宗理のカーブがあるバタービーターが使いやすいと
思っていましたが、特に夫が餃子をひっくり返す時に、
使いづらいというのです。

IMG_20170321-002-9905.jpg


適度に弾力があってしなりがあるもの-
これが夫にとっての使いやすさでした。

IMG_20170321-003-9909.jpg

私は、柳宗理のは固いので、フライパンに入れてしまって、
底からひっくり返す時はしっかりしているところが
使いやすいと感じていましたが、
夫が言うには、フライパンに入っていかないといいます。
どういうことなのかというと、
100均のバタービーターは、しなりがあって、
フライパンの縁から沿って入っていくから使いやすいと。
平らな鉄板なら柳宗理は使いやすいのだけれど、
自分は使いづらいのだと。
確かにこうやって比べてみるとよくわかりました。
私はこの斜めのバタービーターをほとんど使わないので、
気にしたこともなかったのですが^^;

IMG_20170321-004-9911.jpg

バタービーター。
夫が結婚前から使っていた
ナイロン樹脂製のバタービーターが劣化して、
それは必要だからということで、
買い替えたのが柳宗理のものでした。
でも私自身はほとんど使っていないことに気づき、
正直なところ、いらないかも・・・と思うこともありました。
ただ、メインで使っている夫の使い心地が良くないということ、
たぶん、もっと前から思っていたであろうと思われ。
そして100均のものでも色々あって、
自分に合ったしなり具合のが見つかったということです。
そういうわけで、
まだまだ、いや今後も壊れることはないであろう、
100均の10倍以上したバタービーターでしたが、
買い替えることにしたというわけです。

使い心地というのは、使ってみてわかるということ。
そして、使い方で感じ方が違うということがわかりました。
でも他の柳宗理シリーズは愛用中です^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
02.15
Wed

先日破れた台ふきんに使っていたクロスの代わりに、
数日間、無印の落ちワタふきんを
台ふきん用として使っていました。
落ちワタふきん、我が家では食器拭きと
テーブル拭き用に使っているので、
もう一枚、台ふきんとして仲間入りしてもいいかなと
思わなくもありませんでした。
けれど、コンロ周りの油汚れや焦げつきを拭くと、
白いふきんは汚れが目立つのも玉にキズ。
シンク周りの水アカを拭き取るのにも、
以前使っていたクロスがいいなと思い、
やっぱりリピしちゃいました。

以前はニットクロスだったのですが、
今回はダブルクロスにしてみました。

裏表違う素材。


IMG_20170215-001-9394.jpg


青いほうはテッククロス。
赤いほうはニットクロス。

IMG_20170215-002-9396.jpg

青のテッククロスは、
鏡やガラスやステンレス磨きに最適。
シンクの蛇口も何もつけないで拭くだけでピカピカ。

IMG_20170215-003-9402.jpg
(光の加減で色が違って見えますが同じものです)

ニットクロスを使用していた時から、
テッククロスもずっと気になっていましたが、
いかんせん、クロスとしてはお財布に優しくない。
けれど、ニットクロスを1年使ってみて、
頻繁に買い替えしないことで、
気になる衛生面も煮洗い、漂白しても耐久性も良し。
ニットクロスより少しお値段があがりましたが、
ダブルクロスにして正解かなと思いました。


キッチンではこのスタイルが落ち着いたので、
今度は浴室掃除用にと考えています。


+




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
02.10
Fri

お茶を沸かしていて吹きこぼれて
慌てて台ふきんで五徳を拭いたらこんなことに-

IMG_20170210-9310.jpg

MQ-Duotex ニットクロス

お気に入りのマイクロファイバークロス
マイクロファイバーの手触りが、
これまで使ったことがあるものと違って、
ひっかかりが少なくて、
使い心地もよくてお気に入りのクロスだったので、
ガックリ感も半端なく。_| ̄|○

1年近く使っていました。
定期的に漂白や煮洗いしても
ボロボロになることなく頑張ってくれていました。
お繕いも考えたのですが、
これはお掃除用に使うことに。

これを買う時もずいぶん時間をかけて選びましたが、
また同じものをリピートすると思います。
気に入ったものだけにがっかり感は否めないですが、
ガシガシ使った分満足感も。
気持ちよく掃除用に下ろせそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
02.06
Mon

昨年12月から使い始めたサンサンスポンジ。



使われている方の口コミどおり、
耐久性抜群です。
今まで使っていたどのスポンジよりも、
ヘタらないのは使ってみてこその実感。
夫も驚いています。

キッチンのスポンジは、トイレの便座より20万倍汚いとも言われたりしています。
なので、耐久性重視より、お手頃価格で短いサイクルで取り替える方も
いらっしゃると思います。
さて我が家はというと、耐久性の良さで選んだこのスポンジ。
買ったのは4個いりなのにまだ一つ目です。
本当にどれくらい持つんだろう・・・と思うくらいです。

これまでのスポンジと違って、
替え時のスパンが長いものは、
くたびれていないからと安心しきっていると、
そのぶん雑菌の繁殖も心配になります。
使い終わったら水気を切って乾燥させるのはいうまでもありませんが、
ふきん同様に煮沸をしています。
ふきんと違って5分位煮る程度です。
あとは漂白剤で除菌。
繰り返すうちにモロモロになってきたりするでしょうが、
今のところそんな兆しはなくまだ使っています。

本当にコスパが良いと思います。
耐久性が良い反面、お手入れもしておかないと、
不衛生になりがちなのでそこは気をつけたいところです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
02.04
Sat

今年も恵方巻きは買わずおうちで巻き巻きしました。
我が家は卵焼き器を持っていないので、
やっぱり卵焼き器が欲しいと思いました。

以前、テフロンの卵焼き器を持っていましたが、
くっつくようになって処分してから、
フライパンで代用しています。
毎日、卵焼きを作っていたら切実に欲しい熱も高まったのでしょうが、
使う頻度を考えるとちょっと躊躇していました。
たまに作るにはフライパンで代用できてるし・・だとか、
年1回の恵方巻きにというのもなぁ、という色々な思いが絡まって、
踏ん切りがつきませんでした。
今年のお正月、夫が伊達巻を作った時、
フライパンより卵焼き器があった方がよかったかなぁ
と言ったこともあって、また卵焼き器の再考を。

お手頃価格のものをとりあえず買うか-
そんな思いもよりぎましたが、
以前、処分したとき次こそは納得のいく欲しいものを買おう!
そう思って手離し、ずるずるとないままに過ごしてきたので、
今年、恵方巻きを作ってから決めようと思いました。

今年の恵方巻きの卵焼きには間に合いませんでしたが-

鉄製のも候補にあがったり迷いが生じたりしましたが、
やっぱり欲しいと思ったのが銅製の卵焼き器。
お手入れがきちんとできれば、
中華鍋同様、買い替えることなく使えそうです。




代用できていてもやっぱりこれは欲しいと思った道具-
無駄にはしたくないのでしっかり考えて
手に入れたいと思ったので時間もかかりました。
まだ手にしていませんが、
気持ちは固まったのでもう迷いは生じません。


+ +



     






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
12.23
Fri

以前、保存容器が余ってきた話を書きました。
ライフスタイルが変わったこともあります。

収納に試行錯誤していた頃、
雑多な色が氾濫することで、
落ち着かない、見た目が五月蝿く、
すっきりさせたい気持ちもあり、
容器を統一することでそれは解消しました。
もちろん、使い勝手の良さを考慮し、
現在も同じスタイルのものもあります。
が、少し変化したものもあります。
例えば-
片栗粉も容器に入れ替えしていましたが、
少量タイプのものを使うと、なくなるのも早く、
頻繁に詰替するのが正直言って面倒になりました。
鰹節も容器に詰め替えると、
小さな冷蔵庫はいっぱいになるので、
袋のままコンパクトに収納することに。

最近は袋いりの小さいサイズのものも、
チャックつきのタイプが増えたこともあって、
カゴにいれて整頓していれていれば探すことも容易。
開け閉めのバフン、気にならなくもないですが、
少し拘りが緩くなったというか、
拘るところが変わってきたのかな。

IMG_20161223-8781.jpg

これがベストな方法!と思っていても、
生活スタイルが変わったり、
自分の心の持ち方が変わったりします。
自分のこだわりも、一貫して変わらないものあれば、
何を優先させるかによって、
許せるストライクゾーンが広がったり。

そういうことも含めて「暮らすこと」なんじゃないかなぁと
思うこの頃です。


ちなみに-
液体調味料に関しては、ずっと買ってきたものを、
詰替せずそのまま使っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
12.16
Fri

夏頃、新しいキッチンスポンジの話を書きました。
束子メーカーさんのスポンジで、
これはこれで泡立ちとちょっと小ぶりで
持ちやすさもよくて気に入っていました。
が、使いだしてレポしようかと思ったのですが、
思いの外、ヘタレ具合が早くてモロモロになってしまって。
なので、それ以前からずっと気になっていたスポンジを使うことに。
多くのブロガーさんがご紹介されているので、
今更あれこれ書くこともないのですが、
使ってみての感想を。

購入したのは、楽天ランキング1位のへたらない、
サンセブン黒のサンサンスポンジ4個セット

IMG_20161216-001-8575.jpg

圧縮されて梱包されているので、
封を開けると膨らんできます。

色でね、悩みました。
好みは黒より白だったのですが-




その前のスポンジもオフホワイトだったので、
やはりカレーなどの色はついてしまい、
漂白をする回数も多かったので、
これがヘタレが進む原因を増やしたのかも・・と
思わなくもないのですが、色がついたまんまというのもね・・。

ちなみに3種類のスポンジのサイズ。
石けんメーカーのスポンジは110mm ×70mm ×35mm
束子メーカーのスポンジは70×110×27mm
今回購入したサンサンスポンジは75mm×115mm×33mm
個人的には小ぶりサイズの束子メーカーと、
石けんメーカーの中間といったところでしょうか。

泡立ちに関しまして個人的な感想ですが-
我が家は合成洗剤を使っていないので、
液体石けんではどうかしら・・と思ったのですが、
これまで使った2メーカーと遜色ないといったところでしょうか。
ずっと昔に使用していたスポンジよりは、
泡立ちが良いのは間違いないなぁ。

確かにヘタレにくい。4個セットのものを購入したので、
使い切るまでどれくらいかかるんだろう~って思うほど。
しょっちゅう買い替えしなくて良さそうです。

IMG_20161216-002-8578.jpg

色々とスポンジジプシーしましたが、
こちらで落ち着きそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
12.14
Wed

用途別に洗剤を買わなくなって、
何年になるだろうか。
その代わりに、トイレや浴室、住居用などの専用の洗剤を使わず、
クエン酸、重曹、セスキ炭酸ソーダを使って掃除をしています。
水で薄めてスプレーとして、粉のまま使ったり、
それぞれの用途に合わせて。
コスパも良いので満足しています。

+

クエン酸や重曹いりの商品も出回っていますが、
あまり目に留まることもありませんでした。
けれど、CMでやたら目にして、
気になっていたものがありました。
最初は、なんだ、セスキの洗浄剤か・・と思って、
おうちのセスキ炭酸水スプレーと同じじゃない、
と思ってスルーしていました。

ですが-
これまでキッチンの壁もセスキ水をスプレーして
拭き取り掃除をしていましたが、
スプレーしたらすぐ液垂れしてくるので、
すぐ拭かなくてはならず。
換気扇のフードものんびりしていたら、
タラーっと流れ落ちていくので慌ただしく。
なので「泡」というのが気になって。

おうちにあるスプレー容器に
詰替用のものを買おうかなと思ったのですが、




泡タイプの液は普通のスプレーボトルでは
泡にならないだろうと思ってまず容器入りを。
あぁ、ひとつ残念なことは、黄緑色の持ち手が~w
ってここは目をつぶることにして。

無色無臭で除菌消臭効果もある
セスキの激落ちくん 泡タイプ 320ml
【楽天24】[激落ちくん マルチ洗剤(マルチクリーナー)]



IMG_20161213-001-8477.jpg


気になる中身は当然、セスキ炭酸ソーダだけでなく、
アルカリ電解水、エタノール、増粘剤。

IMG_20161213-000-8479.jpg

早速、キッチンの壁、窓、換気扇、レンジの庫内
ついでにガス台、五徳の受け皿などの油汚れのもの等々。
セスキ配合なので、洗剤を使いたくない場所に
使えるのはもちろんのこと。

当然ながらスプレーすると泡が広がり、
しばらく放置すると汚れが浮き上がってくるのがわかります。
壁もタレてこないので、しばらく汚れを浮き上がらせ、
汚れ落ちもよく、拭き取るだけできれいになりました。
二度拭き不要なのもありがたい!


久々に新製品に目が眩みました(笑)
今年最後になって買った掃除モノ、大満足です。
これでちょこちょこ掃除にも力が入ります!




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
11.30
Wed

先日購入した無印の落ちワタふきんは、
吸水性をアップするために湯洗いします。
(このふきんに限らずです)

IMG_20161130-001-8087.jpg


パリパリに糊が付いたふきんなら、
湯洗い、水でもみ洗いを数回繰り返しますが、
落ちワタふきんは軽く^^

IMG_20161130-002-8089.jpg

初めての落ちワタふきん。
当初、台ふきんとして使うつもりでしたが、
今まで使っていた食器拭きのリネンのふきんの一つが
破れてきたので、使ってみようかと。
縁取りの色で区別すればいいし。
使い勝手がよければ、
またリピするだろうし、
用途によっては今まで使っていた方が
良いと思うかもしれないし。
なんといっても惜しげなく使えそうなので、
色々使ってみようと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
08.16
Tue
              
キッチンで使うスポンジは、
機能重視でパックスナチュロンキッチンスポンジを
使っていることを以前書いたことがあります。

夫はスポンジ。私はびわこふきん、時々スポンジ。

ブロ友さんも使っているこちらのスポンジも
ずっと気になっていたのですが、
次に買い替える時に試してみようと思っていた矢先-




以前から気になっていた亀の子スポンジ
実店舗で見つけました。
西尾商店さんの束子は、
白いたわしシリーズを使っていますが、
スポンジもずっと試してみたくて。

以前から気になって楽天さんで探していましたが見つからず、
実店舗で出会えればな~と思っていました。
が、やっと出会ったというわけで。

IMG_20160816-001-6039.jpg


ふきんや束子は煮洗いして、
清潔感を保つようにしていますが、
スポンジも気になりながらも、
買い替え回数がふきんや束子より多いこともあり、
くたびれたら買い替えることでよしとしていました。

が、この亀の子スポンジ
銀イオンが塗布されていて抗菌効果があり、
菌の繁殖を抑えてくれるそうなのです。

実際、抗菌効果と言われてみても、
目に見えるわけではありません。
ふきんだと菌が繁殖すると嫌な臭いがするので、
わかりやすいのですが、スポンジはわかりづらく。
なので洗剤などのCMで除菌効果などとうたっているものも
出回っているのでしょうね。
我が家は合成洗剤を使っていないので、
その効果も望めず。
なので、この亀の子スポンジが気になっていました。

片面に銀イオンが塗布。
画像ではわかりづらいですが、
上部の面にうっすらと色が違っています。
なので洗う時は、反対側だけを使って洗います。
こちらの面を使って洗うこともできますが、
剥がれてしまうと抗菌効果も落ちてしまうとのことで、
効果維持のために片面だけの使用を推奨されています。

IMG_20160816-002-6034.jpg

パックスナチュロンも申し分なかったのですが、
弾力がもう少しある感じです。
泡立ちも水切れもなかなか良いと思います。
パックスの厚みが35mmなのに対し、
こちらは27mmなので、持ちやすさの点では、
亀の子スポンジの方が小さな私の手にも
扱いやすいかな。
長持ちさは、まだ使いはじめたばかりなので、
わかりませんが、ずっと使いたかったスポンジ。
ブロ友さん愛用のスポンジのお試しが
また遠くなりましたが、次回には試したいと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.24
Fri
    
じめじめしたお天気が続きますね。
梅雨時は湿気も多いし、
部屋干しなどで湿度が高くなりジメジメします。

+

掃除機をかけて拭き掃除をするとすっきりします。
フローリングワイパーは手軽に使えますが、
手で拭かないとできないところが必ずあります。
隙間や幅木など。

+

掃除をして、一見きれいになった床でも光を当ててみると、
とりきれていない埃や塵が見えたりします。
見なきゃ良かった-
と思う瞬間です。

「そういうのは見ちゃイカンのよ」と
悪魔の囁きが聞こえますが、
見てしまったらね・・・。

IMG_20160624-4814.jpg


毎回、光を当ててチェックはしませんできませんが、
光を当ててみると、
掃除したはずなのに~って思うことがでてきます。
視線が高いフローリングワイイーパーより、
膝をつけて視線を床に近づけての拭き掃除は、
力もしっかりはいります。

この時期だからこそ、埃や塵はダニの温床になります。
また、虫に刺されたわけでもないの、
なんか体がむずくなる、痒みがでる、
ダニの疑いも考えられますが、
ハウスダストが原因の場合もあります。
なのでこの時期、掃き掃除の後は拭き掃除をしっかりして、
気持よく過ごしたいものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
06.18
Sat
 
愛用しているたわしも衛生面で、
気になるので時々煮洗い。
使用後洗って乾かしても、
この時期とくに気になります。

今回は除菌がメインで酸素系漂白剤のみで。
なので粉石けんはなしです。
(漂白剤使用に関しましては自己判断です)

茶色は野菜洗い用。白色はお鍋洗い用。

やっぱり洗ってもカスが溜まっているので、
でてきますね~。

IMG_20160618-001-4441.jpg


酸素系漂白剤は50度くらいが最も効果が
発揮できるので、ぐつぐつ煮ないで、
沸騰したら火をとめてしばらく放置。

IMG_20160618-002-4445.jpg


しばらくすると泡がきれ、
水が汚れているのがわかります。
まるで揚げ物をあげているみたいですね。

IMG_20160618-003-4448.jpg


あとは自然乾燥。

IMG_20160618-004-4451.jpg


時々、こうして煮洗いすることで、
完全とはいかなくても、
気になる汚れも菌もすっきり。
清潔に使っていきたい道具です。

+ + + + +


野菜用に使っているのはコチラ




それまで愛用していたササラがはじけてしまって、
鍋用のたわしはこちら




毛の柔らかさが全然違うのがよくわかります。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
05.20
Fri

冷蔵庫の掃除-

ひとつひとつのパーツを取り出し洗う。
その後を拭き取りをします。
大抵パストリーゼで簡単に拭き取れます。

IMG_20160519-001-3719.jpg


が、汚れがこべりついているものは
100均のメラミンスポンジを使って。

IMG_20160519-002-3724.jpg


この形、真四角より使いやすいんです。
ドアポケットも液体モノをいれているところは、
知らず知らずベタつきがあったりします。

IMG_20160519-003-3732.jpg


冷蔵庫の中にはいっている調味料をだすと、
賞味期限のチェックのみならず、
数回使ってそのまんま・・っていうのもあるのがわかります。
焼肉やジンギスカンのタレだとか。

IMG_20160519-004-3720.jpg


冷蔵庫掃除で忘れてはならないのは-
調味料や入れているモノなどの「底」。
ここもきれいにアルコールで拭きます。
せっかくドアポケットをきれいにしても、
底が汚れていたら(意外と汚れていたりします)、
元も子もないですからね~。

IMG_20160519-005-3734.jpg


梅雨入り前の冷蔵庫掃除。
思ったより時間がかかりました。
でもきれいに拭きあげると気持ちがいいものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
05.17
Tue
昨日の夜は、久々に緊急地震速報が鳴って、
ヒヤリとしました。
巷で噂の2062年未来人のメッセージが
頭のなかをよぎりました^^;
こういう情報を鵜呑みにするわけでもありませんが、
ちょっとドキっとしました。
なにごともありませんように・・・・。

+

沖縄は梅雨入りしましたね。                                             
関東地方も6月初めには梅雨入りしそうです。                                                                                                          
が、梅雨入りする前にしておきたいコト。


+

冬用の布団のクリーニング、圧縮袋で保管。
エアコンのクリーニング(これは業者に依頼)
カビやダニが繁殖しやすい条件のひとつ、
埃の掃除は念入りにしたいところです。
箪笥の引き出しの拭き掃除


+

洗濯槽の掃除。(定期的にしてはいるものの)
ただでさえ、湿気が多いし、
カビ臭さを抑えるためにもしておきたい。


+

冷蔵庫(のみ、冷凍庫は冬)の掃除

冬の方が気温が低いし温度変化も少ないので、
食品も傷みにくいので、年末にされる方も多いと思います。
が、食品のチェックも兼ね、食中毒の予防の意味で、
この時期に。

野菜室、ドアポケット、庫内で使っているカゴなどを
丸洗いして乾燥している間に、
パストリーゼで冷蔵庫の棚を拭きあげます。

IMG_20160617-3707.jpg


細かなところを探せば、
いくらでも掃除したいところはでてきます。
キリがないとはこのことで。
あれもこれもと欲張るとしんどくなるので、
少しずつ、少しずつ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
04.29
Fri

GWに突入しましたね。
お出かけの方も多いかと思います。

私はカレンダー通りの休みでもなく、
ふだんとなんら変わらずです。

+ + + + +

数年前、劣化したキッチンツールの買い替えの時、
以前から欲しかった、取手のつなぎ目のないステンレス製を
購入しました。その当時はプラスティック製じゃないので、
劣化することもないだろうから、ほぼずっと使えるなぁと
思ってそのつもりで使っていました。
けれど、ストウブを購入した時、
ステンレスのレードルでは・・ということで、
木製のレードルを購入しました。
これがすごく使いやすくて。

ほぼ毎日出番のあるおたまと菜箸。
SUNAOの菜箸も過去記事でご紹介しましたが、
転がりにくい三角形でとても持ちやすく。
それまで安易に選んで、菜箸なんか大差ないと
思っていましたが、使ってみてその違いに納得。


IMG_20160429-001-3138.jpg

以前、菜箸は使わずトングを使っていらっしゃる
ブロ友さんがいらっしゃいましたが、
我が家は菜箸の方が使い勝手が良くて、
少しの炒めモノならターナーより菜箸の出番も多く。
で、これに新たなツールが仲間入りして万全に。


我が家は中華鍋も使っているので、
こちらのターナーは現役選手。
ですが、別のターナーは我が家ではほどんど
出番がありませんでした。
使うぞ~!と意気揚々としていたのに、
実際使うものって限られてくるんですよね。

IMG_20160429-002-3137.jpg


それと、ステンレス製のツールに買い替えた時から、
ずっと気になっていた無印のシリコーン調理スプーン。
こちらも色々なブロガーさんが使われて、
その評判はよく耳にしていました。
でもまだ全然使えるツールがあることと、
モノを増やすことへの抵抗みたいなものがありました。
けれど、嗜好の変化、暮らし方の変化で、
台所道具も変化してきました。
そしてずっと欲しい気持ちが変わらず、
数年経って手にすることに。

おたまとヘラ、そしてスパチュラを
あわせもったような調理スプーンです。
調理から盛り付けまで1本で使えるというシロモノ。

IMG_20160429-003-3133.jpg


実際使ってみるとウワサどおり。
グラタンのソースも鍋の隅っこもスパチュラのように
とれてそのまま掬える。
カレーも具材を炒めながら掬うまでこれひとつ。
根菜の煮物も盛りつけてからお汁をって時も
これひとつでいけるから便利。

これも購入まで時間がかかりましたが、
あぁ買って良かった!って思えるモノとなりました。


長く使えるものや、壊れるまで使おうと思っていたものでも、
用途がなくなっちゃうと無用になってしまいます。
よく考えてお迎えしたはず・・でも使いだして、
わかることもあります。
当分はこれで落ち着いていくかなと思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
04.27
Wed

4月22日から5月9日まで無印週間ですが-

+

これまでも多くのブロガーさんや、
口コミで知ってはいたものの、
お迎えしていなかったモノ。
評判の良い、マイクロファイバーミニハンディーモップを
前回の無印週間で購入しました。

フローリングワイパーは使い捨てを脱したのに、
なぜだかハンディモップは使い捨てでした。
あと、使い捨てのハンディモップの保管も
持て余していましたが、
使い捨てのもったいなさを感じつつも、
手軽さがあったのと、アクリルタワシも
併用していることもあってそのまんまでした。


なのでやっと・・ほんとやっと購入したって感じです。

マイクロファイバーだからこその使い心地も
さることながら、やっぱりヘタってモップ部分が
別売りになっているのは嬉しい限り。
立てて収納できてスマートなサイズ、
目立つことなくさり気なく隅っこに置けるのがイイ。
そして、使い捨てじゃなく、汚れたら洗う-
ほんの少しの手間だけ、
今思うと大したことないのにね(笑)

IMG_20160427-2801.jpg

あぁ、こんなことならもっと早く決断すべきだった!

写真のアクリルタワシは、
ブロ友のぎゅうすけさんお手製。
アクリルタワシもデスク周りにおいてついで掃除
よく使うところにそれぞれ置いて埃対策しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
back-to-top