04.16
Sun

作り置きなどに使う保存容器は、
臭い移りや洗っても取れないくすみがや汚れが気になって、
プラスティック製品から耐熱ガラスと琺瑯製品に変えて数年。
ただ、ごはん保存容器だけは、
ごはん一膳分がそのまま冷凍できて、
レンジでチンできるプラ製品を使っています。
けれどプラ製品は使っていくうちに、
劣化が気になります。空気弁や蓋がわれたりしたので、
買い替えることに。

ただあの青い蓋がね・・・。
以前キチントサンで白い蓋のを見つけていましたが、
ごはん用ではなく小さいサイズのものしかなく、
買い替え時のとき探せばいいやと思っていました。
最近、ごはんの保存容器なんてみることなかったので、
探してみたら,、メーカーは違うけれど、
あった! ありました!

ご飯一膳分だし文句なしです。

IMG_20170416-001-0491.jpg

これまで、
青い蓋の空気弁があって、底のくぼみが1つタイプ。
緑の蓋で空気弁がなく、底のくぼみが4つタイプ。
青い蓋で空気弁がなく、底がフラットタイプ。
この3種類を使ったことがあります。

底がフラットタイプの保存容器の方が、
洗いやすくていいのですが、
くぼみが加熱ムラを防ぐためのもの。
個人的には空気弁を開けるだけで、
蓋を外さなくてもチンできる方がいいなと思うのと、
空気弁がある方がチンしたごはん、
美味しく感じるかなぁ。

IMG_20170416-002-0493.jpg

まぁ、素材の問題は目をつぶって、
色と機能性で満足したものが見つかって良かったです。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 4
04.12
Wed

数年前に用途別の洗剤をやめてから、
使うようになった重曹やクエン酸などは、
100均の容器にいれています。

DSCF20170412-001-8588.jpg

洗剤などを詰替えていらっしゃる方も多いかと思います。
また、我が家は塩素系漂白剤は使っていませんが、
メーカーさんのあの色はちょっと苦手。
ただし、それは危険防止の意味で敢えて
あのような色を使っているのだと思います。

でも色が氾濫すると雑多な感じもするので、
できれば色は抑えたいのですが、
メーカーさんの容器のまま使っているものがあります。

それは酸素系漂白剤
コスパが良いので、これを使っています。




袋入りなのでこのままでは使いづらく、
別のメーカーさんの容器に詰替えています。

IMG_20170412-002-0336.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、
酸素系漂白剤は少量の酸素が発生するので、
ガラスなど密閉性の高い容器に保存すると、
ガスの逃げ場がなくなって破裂する恐れがあります。
詳しくはコチラ

ほぼ毎日使っているなら、
完全密閉じゃない容器なら詰替えても
良いかなと思わなくもないのですが、
我が家の場合、スリムタイプのこのボトルが、
隙間収納にちょうどいいサイズなこともあって、
ずっとメーカーさん容器のままで使っているというわけです。
本音はというと、印字ではなくラベルだったら剥がせるのにな~ですが(笑)
見える場所に置いていないこともあって、
目障りにならないのでこれはこれで良しとしています。
夫は、見た目より使い勝手が良いかどうかが重視なので、
どっちゃでもエエと思っております。
まぁ、こういうことって自己満足の世界ですが-





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
03.21
Tue

我が家のキッチンツールのこと-

私はもともとバタービーターよりターナー派なので、
使いづらいと思わなかったのですが、
夫が料理をする時、バタービーターを好んで使用します。
最初はイイと思っていたのですが、
使いだしてみて使いづらいことがわかり、
買い替えることにしました。

奥はそれまで使っていた柳宗理のバタービーター。
手前は買い替えたのは、100均のバタービーター。
え?逆でしょって思われた方いらっしゃいますよね。
間違いじゃないんです。

IMG_20170321-001-9904.jpg


私は柳宗理のカーブがあるバタービーターが使いやすいと
思っていましたが、特に夫が餃子をひっくり返す時に、
使いづらいというのです。

IMG_20170321-002-9905.jpg


適度に弾力があってしなりがあるもの-
これが夫にとっての使いやすさでした。

IMG_20170321-003-9909.jpg

私は、柳宗理のは固いので、フライパンに入れてしまって、
底からひっくり返す時はしっかりしているところが
使いやすいと感じていましたが、
夫が言うには、フライパンに入っていかないといいます。
どういうことなのかというと、
100均のバタービーターは、しなりがあって、
フライパンの縁から沿って入っていくから使いやすいと。
平らな鉄板なら柳宗理は使いやすいのだけれど、
自分は使いづらいのだと。
確かにこうやって比べてみるとよくわかりました。
私はこの斜めのバタービーターをほとんど使わないので、
気にしたこともなかったのですが^^;

IMG_20170321-004-9911.jpg

バタービーター。
夫が結婚前から使っていた
ナイロン樹脂製のバタービーターが劣化して、
それは必要だからということで、
買い替えたのが柳宗理のものでした。
でも私自身はほとんど使っていないことに気づき、
正直なところ、いらないかも・・・と思うこともありました。
ただ、メインで使っている夫の使い心地が良くないということ、
たぶん、もっと前から思っていたであろうと思われ。
そして100均のものでも色々あって、
自分に合ったしなり具合のが見つかったということです。
そういうわけで、
まだまだ、いや今後も壊れることはないであろう、
100均の10倍以上したバタービーターでしたが、
買い替えることにしたというわけです。

使い心地というのは、使ってみてわかるということ。
そして、使い方で感じ方が違うということがわかりました。
でも他の柳宗理シリーズは愛用中です^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
02.15
Wed

先日破れた台ふきんに使っていたクロスの代わりに、
数日間、無印の落ちワタふきんを
台ふきん用として使っていました。
落ちワタふきん、我が家では食器拭きと
テーブル拭き用に使っているので、
もう一枚、台ふきんとして仲間入りしてもいいかなと
思わなくもありませんでした。
けれど、コンロ周りの油汚れや焦げつきを拭くと、
白いふきんは汚れが目立つのも玉にキズ。
シンク周りの水アカを拭き取るのにも、
以前使っていたクロスがいいなと思い、
やっぱりリピしちゃいました。

以前はニットクロスだったのですが、
今回はダブルクロスにしてみました。

裏表違う素材。


IMG_20170215-001-9394.jpg


青いほうはテッククロス。
赤いほうはニットクロス。

IMG_20170215-002-9396.jpg

青のテッククロスは、
鏡やガラスやステンレス磨きに最適。
シンクの蛇口も何もつけないで拭くだけでピカピカ。

IMG_20170215-003-9402.jpg
(光の加減で色が違って見えますが同じものです)

ニットクロスを使用していた時から、
テッククロスもずっと気になっていましたが、
いかんせん、クロスとしてはお財布に優しくない。
けれど、ニットクロスを1年使ってみて、
頻繁に買い替えしないことで、
気になる衛生面も煮洗い、漂白しても耐久性も良し。
ニットクロスより少しお値段があがりましたが、
ダブルクロスにして正解かなと思いました。


キッチンではこのスタイルが落ち着いたので、
今度は浴室掃除用にと考えています。


+




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
02.10
Fri

お茶を沸かしていて吹きこぼれて
慌てて台ふきんで五徳を拭いたらこんなことに-

IMG_20170210-9310.jpg

MQ-Duotex ニットクロス

お気に入りのマイクロファイバークロス
マイクロファイバーの手触りが、
これまで使ったことがあるものと違って、
ひっかかりが少なくて、
使い心地もよくてお気に入りのクロスだったので、
ガックリ感も半端なく。_| ̄|○

1年近く使っていました。
定期的に漂白や煮洗いしても
ボロボロになることなく頑張ってくれていました。
お繕いも考えたのですが、
これはお掃除用に使うことに。

これを買う時もずいぶん時間をかけて選びましたが、
また同じものをリピートすると思います。
気に入ったものだけにがっかり感は否めないですが、
ガシガシ使った分満足感も。
気持ちよく掃除用に下ろせそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
02.06
Mon

昨年12月から使い始めたサンサンスポンジ。



使われている方の口コミどおり、
耐久性抜群です。
今まで使っていたどのスポンジよりも、
ヘタらないのは使ってみてこその実感。
夫も驚いています。

キッチンのスポンジは、トイレの便座より20万倍汚いとも言われたりしています。
なので、耐久性重視より、お手頃価格で短いサイクルで取り替える方も
いらっしゃると思います。
さて我が家はというと、耐久性の良さで選んだこのスポンジ。
買ったのは4個いりなのにまだ一つ目です。
本当にどれくらい持つんだろう・・・と思うくらいです。

これまでのスポンジと違って、
替え時のスパンが長いものは、
くたびれていないからと安心しきっていると、
そのぶん雑菌の繁殖も心配になります。
使い終わったら水気を切って乾燥させるのはいうまでもありませんが、
ふきん同様に煮沸をしています。
ふきんと違って5分位煮る程度です。
あとは漂白剤で除菌。
繰り返すうちにモロモロになってきたりするでしょうが、
今のところそんな兆しはなくまだ使っています。

本当にコスパが良いと思います。
耐久性が良い反面、お手入れもしておかないと、
不衛生になりがちなのでそこは気をつけたいところです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
02.04
Sat

今年も恵方巻きは買わずおうちで巻き巻きしました。
我が家は卵焼き器を持っていないので、
やっぱり卵焼き器が欲しいと思いました。

以前、テフロンの卵焼き器を持っていましたが、
くっつくようになって処分してから、
フライパンで代用しています。
毎日、卵焼きを作っていたら切実に欲しい熱も高まったのでしょうが、
使う頻度を考えるとちょっと躊躇していました。
たまに作るにはフライパンで代用できてるし・・だとか、
年1回の恵方巻きにというのもなぁ、という色々な思いが絡まって、
踏ん切りがつきませんでした。
今年のお正月、夫が伊達巻を作った時、
フライパンより卵焼き器があった方がよかったかなぁ
と言ったこともあって、また卵焼き器の再考を。

お手頃価格のものをとりあえず買うか-
そんな思いもよりぎましたが、
以前、処分したとき次こそは納得のいく欲しいものを買おう!
そう思って手離し、ずるずるとないままに過ごしてきたので、
今年、恵方巻きを作ってから決めようと思いました。

今年の恵方巻きの卵焼きには間に合いませんでしたが-

鉄製のも候補にあがったり迷いが生じたりしましたが、
やっぱり欲しいと思ったのが銅製の卵焼き器。
お手入れがきちんとできれば、
中華鍋同様、買い替えることなく使えそうです。




代用できていてもやっぱりこれは欲しいと思った道具-
無駄にはしたくないのでしっかり考えて
手に入れたいと思ったので時間もかかりました。
まだ手にしていませんが、
気持ちは固まったのでもう迷いは生じません。


+ +



     






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
12.23
Fri

以前、保存容器が余ってきた話を書きました。
ライフスタイルが変わったこともあります。

収納に試行錯誤していた頃、
雑多な色が氾濫することで、
落ち着かない、見た目が五月蝿く、
すっきりさせたい気持ちもあり、
容器を統一することでそれは解消しました。
もちろん、使い勝手の良さを考慮し、
現在も同じスタイルのものもあります。
が、少し変化したものもあります。
例えば-
片栗粉も容器に入れ替えしていましたが、
少量タイプのものを使うと、なくなるのも早く、
頻繁に詰替するのが正直言って面倒になりました。
鰹節も容器に詰め替えると、
小さな冷蔵庫はいっぱいになるので、
袋のままコンパクトに収納することに。

最近は袋いりの小さいサイズのものも、
チャックつきのタイプが増えたこともあって、
カゴにいれて整頓していれていれば探すことも容易。
開け閉めのバフン、気にならなくもないですが、
少し拘りが緩くなったというか、
拘るところが変わってきたのかな。

IMG_20161223-8781.jpg

これがベストな方法!と思っていても、
生活スタイルが変わったり、
自分の心の持ち方が変わったりします。
自分のこだわりも、一貫して変わらないものあれば、
何を優先させるかによって、
許せるストライクゾーンが広がったり。

そういうことも含めて「暮らすこと」なんじゃないかなぁと
思うこの頃です。


ちなみに-
液体調味料に関しては、ずっと買ってきたものを、
詰替せずそのまま使っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
12.16
Fri

夏頃、新しいキッチンスポンジの話を書きました。
束子メーカーさんのスポンジで、
これはこれで泡立ちとちょっと小ぶりで
持ちやすさもよくて気に入っていました。
が、使いだしてレポしようかと思ったのですが、
思いの外、ヘタレ具合が早くてモロモロになってしまって。
なので、それ以前からずっと気になっていたスポンジを使うことに。
多くのブロガーさんがご紹介されているので、
今更あれこれ書くこともないのですが、
使ってみての感想を。

購入したのは、楽天ランキング1位のへたらない、
サンセブン黒のサンサンスポンジ4個セット

IMG_20161216-001-8575.jpg

圧縮されて梱包されているので、
封を開けると膨らんできます。

色でね、悩みました。
好みは黒より白だったのですが-




その前のスポンジもオフホワイトだったので、
やはりカレーなどの色はついてしまい、
漂白をする回数も多かったので、
これがヘタレが進む原因を増やしたのかも・・と
思わなくもないのですが、色がついたまんまというのもね・・。

ちなみに3種類のスポンジのサイズ。
石けんメーカーのスポンジは110mm ×70mm ×35mm
束子メーカーのスポンジは70×110×27mm
今回購入したサンサンスポンジは75mm×115mm×33mm
個人的には小ぶりサイズの束子メーカーと、
石けんメーカーの中間といったところでしょうか。

泡立ちに関しまして個人的な感想ですが-
我が家は合成洗剤を使っていないので、
液体石けんではどうかしら・・と思ったのですが、
これまで使った2メーカーと遜色ないといったところでしょうか。
ずっと昔に使用していたスポンジよりは、
泡立ちが良いのは間違いないなぁ。

確かにヘタレにくい。4個セットのものを購入したので、
使い切るまでどれくらいかかるんだろう~って思うほど。
しょっちゅう買い替えしなくて良さそうです。

IMG_20161216-002-8578.jpg

色々とスポンジジプシーしましたが、
こちらで落ち着きそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
12.14
Wed

用途別に洗剤を買わなくなって、
何年になるだろうか。
その代わりに、トイレや浴室、住居用などの専用の洗剤を使わず、
クエン酸、重曹、セスキ炭酸ソーダを使って掃除をしています。
水で薄めてスプレーとして、粉のまま使ったり、
それぞれの用途に合わせて。
コスパも良いので満足しています。

+

クエン酸や重曹いりの商品も出回っていますが、
あまり目に留まることもありませんでした。
けれど、CMでやたら目にして、
気になっていたものがありました。
最初は、なんだ、セスキの洗浄剤か・・と思って、
おうちのセスキ炭酸水スプレーと同じじゃない、
と思ってスルーしていました。

ですが-
これまでキッチンの壁もセスキ水をスプレーして
拭き取り掃除をしていましたが、
スプレーしたらすぐ液垂れしてくるので、
すぐ拭かなくてはならず。
換気扇のフードものんびりしていたら、
タラーっと流れ落ちていくので慌ただしく。
なので「泡」というのが気になって。

おうちにあるスプレー容器に
詰替用のものを買おうかなと思ったのですが、




泡タイプの液は普通のスプレーボトルでは
泡にならないだろうと思ってまず容器入りを。
あぁ、ひとつ残念なことは、黄緑色の持ち手が~w
ってここは目をつぶることにして。

無色無臭で除菌消臭効果もある
セスキの激落ちくん 泡タイプ 320ml
【楽天24】[激落ちくん マルチ洗剤(マルチクリーナー)]



IMG_20161213-001-8477.jpg


気になる中身は当然、セスキ炭酸ソーダだけでなく、
アルカリ電解水、エタノール、増粘剤。

IMG_20161213-000-8479.jpg

早速、キッチンの壁、窓、換気扇、レンジの庫内
ついでにガス台、五徳の受け皿などの油汚れのもの等々。
セスキ配合なので、洗剤を使いたくない場所に
使えるのはもちろんのこと。

当然ながらスプレーすると泡が広がり、
しばらく放置すると汚れが浮き上がってくるのがわかります。
壁もタレてこないので、しばらく汚れを浮き上がらせ、
汚れ落ちもよく、拭き取るだけできれいになりました。
二度拭き不要なのもありがたい!


久々に新製品に目が眩みました(笑)
今年最後になって買った掃除モノ、大満足です。
これでちょこちょこ掃除にも力が入ります!




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
11.30
Wed

先日購入した無印の落ちワタふきんは、
吸水性をアップするために湯洗いします。
(このふきんに限らずです)

IMG_20161130-001-8087.jpg


パリパリに糊が付いたふきんなら、
湯洗い、水でもみ洗いを数回繰り返しますが、
落ちワタふきんは軽く^^

IMG_20161130-002-8089.jpg

初めての落ちワタふきん。
当初、台ふきんとして使うつもりでしたが、
今まで使っていた食器拭きのリネンのふきんの一つが
破れてきたので、使ってみようかと。
縁取りの色で区別すればいいし。
使い勝手がよければ、
またリピするだろうし、
用途によっては今まで使っていた方が
良いと思うかもしれないし。
なんといっても惜しげなく使えそうなので、
色々使ってみようと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
08.16
Tue
              
キッチンで使うスポンジは、
機能重視でパックスナチュロンキッチンスポンジを
使っていることを以前書いたことがあります。

夫はスポンジ。私はびわこふきん、時々スポンジ。

ブロ友さんも使っているこちらのスポンジも
ずっと気になっていたのですが、
次に買い替える時に試してみようと思っていた矢先-




以前から気になっていた亀の子スポンジ
実店舗で見つけました。
西尾商店さんの束子は、
白いたわしシリーズを使っていますが、
スポンジもずっと試してみたくて。

以前から気になって楽天さんで探していましたが見つからず、
実店舗で出会えればな~と思っていました。
が、やっと出会ったというわけで。

IMG_20160816-001-6039.jpg


ふきんや束子は煮洗いして、
清潔感を保つようにしていますが、
スポンジも気になりながらも、
買い替え回数がふきんや束子より多いこともあり、
くたびれたら買い替えることでよしとしていました。

が、この亀の子スポンジ
銀イオンが塗布されていて抗菌効果があり、
菌の繁殖を抑えてくれるそうなのです。

実際、抗菌効果と言われてみても、
目に見えるわけではありません。
ふきんだと菌が繁殖すると嫌な臭いがするので、
わかりやすいのですが、スポンジはわかりづらく。
なので洗剤などのCMで除菌効果などとうたっているものも
出回っているのでしょうね。
我が家は合成洗剤を使っていないので、
その効果も望めず。
なので、この亀の子スポンジが気になっていました。

片面に銀イオンが塗布。
画像ではわかりづらいですが、
上部の面にうっすらと色が違っています。
なので洗う時は、反対側だけを使って洗います。
こちらの面を使って洗うこともできますが、
剥がれてしまうと抗菌効果も落ちてしまうとのことで、
効果維持のために片面だけの使用を推奨されています。

IMG_20160816-002-6034.jpg

パックスナチュロンも申し分なかったのですが、
弾力がもう少しある感じです。
泡立ちも水切れもなかなか良いと思います。
パックスの厚みが35mmなのに対し、
こちらは27mmなので、持ちやすさの点では、
亀の子スポンジの方が小さな私の手にも
扱いやすいかな。
長持ちさは、まだ使いはじめたばかりなので、
わかりませんが、ずっと使いたかったスポンジ。
ブロ友さん愛用のスポンジのお試しが
また遠くなりましたが、次回には試したいと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
06.24
Fri
    
じめじめしたお天気が続きますね。
梅雨時は湿気も多いし、
部屋干しなどで湿度が高くなりジメジメします。

+

掃除機をかけて拭き掃除をするとすっきりします。
フローリングワイパーは手軽に使えますが、
手で拭かないとできないところが必ずあります。
隙間や幅木など。

+

掃除をして、一見きれいになった床でも光を当ててみると、
とりきれていない埃や塵が見えたりします。
見なきゃ良かった-
と思う瞬間です。

「そういうのは見ちゃイカンのよ」と
悪魔の囁きが聞こえますが、
見てしまったらね・・・。

IMG_20160624-4814.jpg


毎回、光を当ててチェックはしませんできませんが、
光を当ててみると、
掃除したはずなのに~って思うことがでてきます。
視線が高いフローリングワイイーパーより、
膝をつけて視線を床に近づけての拭き掃除は、
力もしっかりはいります。

この時期だからこそ、埃や塵はダニの温床になります。
また、虫に刺されたわけでもないの、
なんか体がむずくなる、痒みがでる、
ダニの疑いも考えられますが、
ハウスダストが原因の場合もあります。
なのでこの時期、掃き掃除の後は拭き掃除をしっかりして、
気持よく過ごしたいものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
06.18
Sat
 
愛用しているたわしも衛生面で、
気になるので時々煮洗い。
使用後洗って乾かしても、
この時期とくに気になります。

今回は除菌がメインで酸素系漂白剤のみで。
なので粉石けんはなしです。
(漂白剤使用に関しましては自己判断です)

茶色は野菜洗い用。白色はお鍋洗い用。

やっぱり洗ってもカスが溜まっているので、
でてきますね~。

IMG_20160618-001-4441.jpg


酸素系漂白剤は50度くらいが最も効果が
発揮できるので、ぐつぐつ煮ないで、
沸騰したら火をとめてしばらく放置。

IMG_20160618-002-4445.jpg


しばらくすると泡がきれ、
水が汚れているのがわかります。
まるで揚げ物をあげているみたいですね。

IMG_20160618-003-4448.jpg


あとは自然乾燥。

IMG_20160618-004-4451.jpg


時々、こうして煮洗いすることで、
完全とはいかなくても、
気になる汚れも菌もすっきり。
清潔に使っていきたい道具です。

+ + + + +


野菜用に使っているのはコチラ




それまで愛用していたササラがはじけてしまって、
鍋用のたわしはこちら




毛の柔らかさが全然違うのがよくわかります。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
05.20
Fri

冷蔵庫の掃除-

ひとつひとつのパーツを取り出し洗う。
その後を拭き取りをします。
大抵パストリーゼで簡単に拭き取れます。

IMG_20160519-001-3719.jpg


が、汚れがこべりついているものは
100均のメラミンスポンジを使って。

IMG_20160519-002-3724.jpg


この形、真四角より使いやすいんです。
ドアポケットも液体モノをいれているところは、
知らず知らずベタつきがあったりします。

IMG_20160519-003-3732.jpg


冷蔵庫の中にはいっている調味料をだすと、
賞味期限のチェックのみならず、
数回使ってそのまんま・・っていうのもあるのがわかります。
焼肉やジンギスカンのタレだとか。

IMG_20160519-004-3720.jpg


冷蔵庫掃除で忘れてはならないのは-
調味料や入れているモノなどの「底」。
ここもきれいにアルコールで拭きます。
せっかくドアポケットをきれいにしても、
底が汚れていたら(意外と汚れていたりします)、
元も子もないですからね~。

IMG_20160519-005-3734.jpg


梅雨入り前の冷蔵庫掃除。
思ったより時間がかかりました。
でもきれいに拭きあげると気持ちがいいものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
05.17
Tue
昨日の夜は、久々に緊急地震速報が鳴って、
ヒヤリとしました。
巷で噂の2062年未来人のメッセージが
頭のなかをよぎりました^^;
こういう情報を鵜呑みにするわけでもありませんが、
ちょっとドキっとしました。
なにごともありませんように・・・・。

+

沖縄は梅雨入りしましたね。                                             
関東地方も6月初めには梅雨入りしそうです。                                                                                                          
が、梅雨入りする前にしておきたいコト。


+

冬用の布団のクリーニング、圧縮袋で保管。
エアコンのクリーニング(これは業者に依頼)
カビやダニが繁殖しやすい条件のひとつ、
埃の掃除は念入りにしたいところです。
箪笥の引き出しの拭き掃除


+

洗濯槽の掃除。(定期的にしてはいるものの)
ただでさえ、湿気が多いし、
カビ臭さを抑えるためにもしておきたい。


+

冷蔵庫(のみ、冷凍庫は冬)の掃除

冬の方が気温が低いし温度変化も少ないので、
食品も傷みにくいので、年末にされる方も多いと思います。
が、食品のチェックも兼ね、食中毒の予防の意味で、
この時期に。

野菜室、ドアポケット、庫内で使っているカゴなどを
丸洗いして乾燥している間に、
パストリーゼで冷蔵庫の棚を拭きあげます。

IMG_20160617-3707.jpg


細かなところを探せば、
いくらでも掃除したいところはでてきます。
キリがないとはこのことで。
あれもこれもと欲張るとしんどくなるので、
少しずつ、少しずつ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
04.29
Fri

GWに突入しましたね。
お出かけの方も多いかと思います。

私はカレンダー通りの休みでもなく、
ふだんとなんら変わらずです。

+ + + + +

数年前、劣化したキッチンツールの買い替えの時、
以前から欲しかった、取手のつなぎ目のないステンレス製を
購入しました。その当時はプラスティック製じゃないので、
劣化することもないだろうから、ほぼずっと使えるなぁと
思ってそのつもりで使っていました。
けれど、ストウブを購入した時、
ステンレスのレードルでは・・ということで、
木製のレードルを購入しました。
これがすごく使いやすくて。

ほぼ毎日出番のあるおたまと菜箸。
SUNAOの菜箸も過去記事でご紹介しましたが、
転がりにくい三角形でとても持ちやすく。
それまで安易に選んで、菜箸なんか大差ないと
思っていましたが、使ってみてその違いに納得。


IMG_20160429-001-3138.jpg

以前、菜箸は使わずトングを使っていらっしゃる
ブロ友さんがいらっしゃいましたが、
我が家は菜箸の方が使い勝手が良くて、
少しの炒めモノならターナーより菜箸の出番も多く。
で、これに新たなツールが仲間入りして万全に。


我が家は中華鍋も使っているので、
こちらのターナーは現役選手。
ですが、別のターナーは我が家ではほどんど
出番がありませんでした。
使うぞ~!と意気揚々としていたのに、
実際使うものって限られてくるんですよね。

IMG_20160429-002-3137.jpg


それと、ステンレス製のツールに買い替えた時から、
ずっと気になっていた無印のシリコーン調理スプーン。
こちらも色々なブロガーさんが使われて、
その評判はよく耳にしていました。
でもまだ全然使えるツールがあることと、
モノを増やすことへの抵抗みたいなものがありました。
けれど、嗜好の変化、暮らし方の変化で、
台所道具も変化してきました。
そしてずっと欲しい気持ちが変わらず、
数年経って手にすることに。

おたまとヘラ、そしてスパチュラを
あわせもったような調理スプーンです。
調理から盛り付けまで1本で使えるというシロモノ。

IMG_20160429-003-3133.jpg


実際使ってみるとウワサどおり。
グラタンのソースも鍋の隅っこもスパチュラのように
とれてそのまま掬える。
カレーも具材を炒めながら掬うまでこれひとつ。
根菜の煮物も盛りつけてからお汁をって時も
これひとつでいけるから便利。

これも購入まで時間がかかりましたが、
あぁ買って良かった!って思えるモノとなりました。


長く使えるものや、壊れるまで使おうと思っていたものでも、
用途がなくなっちゃうと無用になってしまいます。
よく考えてお迎えしたはず・・でも使いだして、
わかることもあります。
当分はこれで落ち着いていくかなと思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 10
04.27
Wed

4月22日から5月9日まで無印週間ですが-

+

これまでも多くのブロガーさんや、
口コミで知ってはいたものの、
お迎えしていなかったモノ。
評判の良い、マイクロファイバーミニハンディーモップを
前回の無印週間で購入しました。

フローリングワイパーは使い捨てを脱したのに、
なぜだかハンディモップは使い捨てでした。
あと、使い捨てのハンディモップの保管も
持て余していましたが、
使い捨てのもったいなさを感じつつも、
手軽さがあったのと、アクリルタワシも
併用していることもあってそのまんまでした。


なのでやっと・・ほんとやっと購入したって感じです。

マイクロファイバーだからこその使い心地も
さることながら、やっぱりヘタってモップ部分が
別売りになっているのは嬉しい限り。
立てて収納できてスマートなサイズ、
目立つことなくさり気なく隅っこに置けるのがイイ。
そして、使い捨てじゃなく、汚れたら洗う-
ほんの少しの手間だけ、
今思うと大したことないのにね(笑)

IMG_20160427-2801.jpg

あぁ、こんなことならもっと早く決断すべきだった!

写真のアクリルタワシは、
ブロ友のぎゅうすけさんお手製。
アクリルタワシもデスク周りにおいてついで掃除
よく使うところにそれぞれ置いて埃対策しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
03.24
Thu
我が家のキッチンタオルの遍歴。

最初はフェイスタオルを使っていましたが、
中央で折ってかけていると、
手を拭く部分がほぼ同じで、
そこだけが黒ずんできました。
煮洗いで対処するものの、
手を拭く範囲を考えると大きなタオルは
要らないと思って、ワッフルリネンの生地で、
小ぶりなサイズで作っていたものを使っていました。

20160324-003-P1100565.jpg


ワッフルリネンにしたのは、
濡れても乾きやすい、吸水性が良いという点。
ですがこれも使っていると、ポコッとしたワッフルが、
ぺったんこになってグショっとなって、
何度も取り替えしなければならなくなりました。
だましだまし使っていたのですが、
おうちにあったハンドタオルで代用してみると、
サイズ的にも吸水性もよいではないの。

IMG_20160324-001-1905.jpg

でもこれは4senses interior scope version.Rのノベルティだったかのもの。
一枚では足りないので、同じものを探しましたが、
今は販売されていないようで。
なので、洗い替えはまだワッフルリネンも併用することに。


しょっちゅう使うことがなかったハンドタオル。
毎日使うキッチンタオルとして、
出番が多くなりました。

IMG_20160324-002-1911.jpg


実のところ、自分で作ったキッチンタオル、
くたびれたとはいえ、破けたわけではないので、
掃除用に格下げするには、まだ愛着もありました。
なので一度に全部(といっても3枚)交換することなく、
併用という形で使うことで、新たに買わずにすみました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
03.15
Tue

我が家の食器洗い用のスポンジ。
私はびわこふきんを使用していますが、
夫は泡たっぷりで洗いたい派なので、
びわこふきんは使っていません。
なのでスポンジが必要です。
そういうこともあって、
1つに絞れてないので、
不経済と思いつつ今に至っています。

その食器用のスポンジは、
いまは夫が選んでいます。
100円ショップで買ったスポンジも、
お買い得だと思っても、
すぐにヘタって交換時期が短かったりして、
結局お得でもなんてもなかったり。
ホムセンでよさげと思って選んでも、
持ちやすさと泡立ちさ、ヘタレ具合、
どれもリピートするに至らず。
結局次はまた違うスポンジを選ぶという、
ジプシーになっています。

我が家は液体石けんを使用しているので、
一般的なスポンジが泡立ちにくいのかもしれません。
石けんを使用するならあのスポンジだわね。
ということで-

私自身もびわこふきんを使用する前は、
スポンジでジプシーしていた時に、
使ったことがありましたが色がネックで。
ですが、ここは背に腹変えられない。


IMG_20160315-001-1580.jpg
パックスナチュロン キッチンスポンジ



もう一度使ってみて、
夫も私も感じたことは-
やっぱり泡立ちが良い。ヌメらない、水切れも良い。
柔らかいのにヘタリにくい。
我が家は束子を使っているので問題ないですが、
フライパンなど焦げたものがある時はちょとと不向きかな。

IMG_20160315-002-1581.jpg


ブロ友さんのところで知った人気あるスポンジも、
気になりますが、今のところ色が選べないスポンジですが、
機能重視で満足しています。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
02.04
Thu

フライドポテトやトーストなど、
高温調理で発がん性リスクが
高まるということを耳にしました。
前にもポテトチップスがよくないとか、
ありましたが同じような話し。
なんだか以前の加工肉を食べると発がん性云々と
いうのを思い出しちゃいました。

じゃがいもは高温調理がよくないだとか。
高温で加熱することで含まれている成分(還元糖)が
反応してアクリルアミドを発生させるんだとか。
焼く、揚げる、炒めるなどの方法より、、
煮る、茹でるなどの方法の方が、
アクリルアミドができにくいとのことです。
野菜炒めより肉じゃがのほうがリスクが
少ないということなのかな。
もやしも加熱調理で発生しやすい食品だとか。

フライドポテトはともかく、カリカリに焼いたトースト・・ねぇ。
我が家は食べています。この先もきっと
トースト、食べるだろうなぁ。薄めのキツネ色で(笑)
じゃがいもは結構食卓にのぼる機会多いから、
せいぜい調理法を変えて控えるくらいかなぁ。

毎日大量に食べなければ・・なんて思うんですが。
まぁリスクは少ないほうがいいですねぇ。

で、じゃがいもの保存も、
低温で保管すると、でんぷんが還元糖に変化するので、
低温で貯蔵したものは、アクリルアミドが多く生成されるそうです。
なので冷蔵庫保存より常温保存が良いとのこと。

+

我が家はずっとじゃがいもや玉ねぎなど根菜類は常温保存。

IMG_20160204-001-0339.jpg

ほんとはじゃがいもと玉ねぎと一緒に保存しちゃだめ、
って言われていますが、ずっとこのスタイルです。
使い切る分しかストックしないので、
なんら問題ないです。

白菜など、新聞紙に包んで、外の自然の冷蔵庫に置いています。
ずっとずっと日持ちします。



IMG_20160204-002-0341.jpg


+

ちなみに-
調理前にじゃがいもやもやしなど水にさらすことで、
アクリルアミドの生成を少なくすることができる
そうです。
でもそれって普通に、下ごしらえでしますよね。
考えてみれば先人たちは、
発がん性だとか、そんなこと考えてではなく、
自然の知恵というのでしょうか、
そんなふうに暮らしていたのだと思います。

+

何事もあまり神経質になりすぎず、
心にとめておきたいと思う-

+

ロー引き袋は愛用中
何かと使えて便利です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
01.30
Sat

検索で煮洗いの記事でに辿ってきてくださる方が
結構いらっしゃるので、改めて最近の煮洗い事情を。


IMG_20160130-0218.jpg


煮洗いもアバウトにやっております。
石けんを入れずにネルドリップは湯だけの煮洗いだったり。
タオルの煮洗いなんて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を
入れているのにグツグツ煮たりしたこともありました。
酸素系漂白剤の効果が1番発揮できるのは、
50℃なので、火にかけて石けんを入れ、
漂白剤をいれて泡だったら火をとめて、
冷めるまで放置。このスタイルが1番多かったり。
もしくは時間に余裕があれば、
石けんのみだけいれてグツグツ20分くらい煮る。
まぁ、適当、適当。

でも以前、煮洗いに過炭酸ナトリウムを加えても、
特別な漂白効果は期待できない。
炭酸塩入りの石鹸を高温で使うと、
洗浄力が高まるので漂白剤の助けはほとんど必要ない。
なので石けんのみでの煮洗いという記述を見て、
我が家の石けんは炭酸塩が入っていないのですが、
石けんのみでの煮洗いが多くなったかも。
その時の気分で放置スタイルをしたり。
でもふだん漂白メインの時は、煮洗いではなく、
ボウルで漬け置きすることが多く。

臭いとかくすみがでたタオルやTシャツは、
ダントツ煮洗いが効果を発揮。
ふだんお洗濯していても、
どんより臭う、とか-
夫の男臭さい(笑)臭いとか-
煮洗いするとやっぱりすっきりします。
ふきんもふだん、使用後石けんで洗っていますが、
殺菌する意味でも煮洗いは欠かせない。
洗ってきれいなはずでも、煮洗いすると、
繊維の奥に詰まった汚れがでるのか、
水の汚れをみるのも、
「うわ~汚れとるなぁ」などと思いながら、
煮洗いの時間も楽しかったりもします。

義務感でするより、
心と時間に余裕があって、
「煮洗いでもするか~」ってな気持ちで、
した方が精神衛生上よろしい、なんて思います。
同じするなら、楽しくする方がいいもんね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
01.26
Tue
我が家はラップの箱がふにゃふにゃになるのが嫌で、
ラップケースを使っています。
シンク台に引き出しがないので、
マグネット式のケースが重宝しています。

4年程前、マグネットではないですが、
無印のラップケースが使ってみたくて、
購入したことがありました。
ですが、ラップの巻き戻りで切れるということが度重なり、
我が家では使いこなせなかったということがありました。
それで割れたのを機会に、
今のラップケースに辿り着いた経緯があります。

購入店は違いますが、こちらのケースです。



ラップの入れる向きが通常とは異なり、
使い方もラップをピンと張って、
蓋を閉じてカットするというものでした。
最初慣れるまではちょっと大変でしたが、
使い出すと手放せないものとなっていました。
ところが刃の切れ味が悪くて、
買い替えを検討していました。

同じものを買うか否か。

そんな時、偶然ホムセンで見つけてしまいました。
しかも、お値段が1/4ほど。
お店で切れ味チェックができたので、
こちらに決めました。

それは↓




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 4
01.16
Sat

タイトルをご覧になって、
今頃、マイクロファイバークロス?、ん?
と思われた方も多いかと思います。
お使いになられている方は、
その良さも十分ご承知のことと思います。

実は、数年前、マイクロファイバークロスを
使ったことがあります。
水残りがない拭きあがりは感じましたが、
その当時は、それほど効果を実感できず。
100円ショップのものだったので、
まぁ、こんなものか、っていう思いでした。
それとラインマーカーのような蛍光色というのも、
好きになれなかったのも重なり、
リピートすることもありませんでした。

それから数年、色々な方の使い心地を知ったりして、
色々物色しているなかで、ずっと気になるクロスを見つけました。
MQ-Duotex ニットクロス
ブログのサイドバーにも貼り付けていますが、
正直なところ、高いな~という思いがあったのと、
以前と同じで、これで効果がなかったら・・って
少々不安もありなかなか決断できず、
時間だけが経ってしまいました。

IMG_20160116-0096.jpg


年あけて思い切って購入したのですが、
いや~、なんでもっと早く手にしなかったのか!
ちょっと水で濡らして蛇口を拭いたら、
水垢もすっきりしてピカピカ。
磨きあげの効果があるのがイイ!
ガスコンロ周りの油汚れも、嘘のようにサッと落ちる。

乾いたままでも濡らしても使えるスグレモノ。

病院清掃にも採用される清掃用クロスとあるだけに、
実際に使ってみて、汚れを掻き取るのも納得。

もともと、何もつけないで(クエン酸はセスキも)
落とせる汚れなら湯拭き、水拭きするので、
こんなことならもっと早くに使わなかったのかと少々後悔。

マイクロファイバークロス
色々なものがありますが、
こちらのクロスの開発した経緯とか色々見て、
使ってみて納得いくものでした。
買うまでに時間はかかりましたが、
ハズレでなくて良かったです。

キッチンだけでなく、浴室など他の場所でも使いたいので、
追加購入間違いない(笑)











にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
12.24
Thu

昨日のブログに書いたとおり、
レンジフードの中の掃除をしました。
換気扇掃除は終わっているから楽勝!
なーんて思っていたのが間違い。
案の定、油と埃まみれ。
今回はずいぶん期間を置きすぎました。
おうちに居た頃は、ついで掃除で、
ささっと拭き掃除をしていましたが、
毎日仕事に行くようになって、
どうしてもルーティン以外の掃除に、
手が回らなくなりました。

我が家は市販の洗剤は置いていないので、
セスキ炭酸スプレーで。
けれど拭き取ろうとしても、
今回の頑固な汚れはさっとではとれない。
スプレーして少し放置して汚れを浮かせ、
拭きとりました。
シンク台の上に乗って、フードの中に上半身はいって、
上を向いての掃除はキツイ。
けど、まだ今回は換気扇掃除がないだけ、
ずっとマシなんですが・・・。
それでもやっぱりココの掃除は好きとは言えないですね^^;

こういう油汚れの時、ウエスを使って、
使い捨てにするのですが、ウエスは使いきってなくて。
雑巾を使いました。
油汚れで使った雑巾、当然落ちないよねー。
でもこういう時のウタマロは最強です。

油汚れもすっかりきれいに落ちています。

IMG_20151224-9639.jpg

かつて、蛍光増白剤を配合しているから、
使うのをためらっていた石鹸でした。
けれど、洗濯を干す時に網戸を拭いたり、
なにかと雑巾を使うことが多いので、
汚れた雑巾をきれいに落とすのに使うことに。

で、写真の石鹸ですが-

昔、小学校の手洗い場に、
ミカンネットに吊るされた石鹸ってありませんでした?

今まで、石鹸をそのまま使っていましたが、
ミカンネットに石鹸を入れて雑巾をゴシゴシする方が、
泡立ちやすいし使いやすい。その差歴然。
赤のネットがなんとも・・・ですが、
ここは実用的に。

ミカンネットの赤もですが、
ウタマロの色もちょっと・・・って思っていたところがありました。
でもその理由をHPで知って、なるほど、と納得しました。

汚れを落とすためには、汚れとなじませる必要があり、
洗う基本を実行させるため-
うっすらした緑色になるまで塗り、もみ洗いする時は、
その緑色が消えるまでしっかりもみ洗いする。
その目印のための緑色だそうです。
そう思えば、納得です。

ですが、本音を言えば、
塩素系漂白剤のボトルの色と
たぶってしまい、チカチカします。(苦笑)
でも、これいい仕事してくれます。











にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
12.23
Wed

      col14.gif

日々の小掃除と中掃除でのたりくたり、
乗り切っていますが、キッチンの1番の要、
換気扇掃除はまだでした。
レンジフードのところのフィルターも
掃除をした時に交換と思って汚れたまま放置。

夫との会話中、ぽろりと、
「換気扇掃除したよ」と。
「え!? いつ!?」と私。
夫が休みの時(私は出勤)、
してくれていたようです。
フィルターは交換してないので、
掃除をしているとは思いもよらず。
いやもう、感謝感激。
そうしたら、先月も洗ったよとぼそっと呟く。
 
全然知らなかった。∑(; ̄□ ̄A
ここ最近、換気扇掃除していないなぁと思いつつ、
まぁ、年末にすればいいなと思っていたのですが、
知らぬ間に夫が洗っていてくれていたとは。
あぁ、なんともおめでたい嫁です (;´Д`A ```

流石に中の換気扇のみの掃除なので、
レンジフードの外、中側は掃除はまだですが、
これでひとつ掃除がラクになった(笑)
祝日の今日は、フードを拭いてきれいにしよう♪

夫に感謝です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
12.13
Sun

食器棚から食器を全てだして掃除-

IMG_20151213-001-9387.jpg


棚は湯拭きです。
固く絞ったびわこふきんで拭いてから、
アルコールで拭いて乾燥。
消臭剤として、無印のシリコーンボールに
重曹をいれています。
お弁当用のカップに穴をあけてのせています。
重曹も取り替えして、古いのは排水口へ。

IMG_20151213-002-9388.jpg


ガラス戸も取り外して拭いて終了。

IMG_20151213-003-9392.jpg


小さな古い食器棚です。
昔は大きな食器棚が欲しい!と思っていました。
ですが、使わない食器は処分し、
自分たちの暮らしのスタイルが明確になって、
必要な数だけになると、あれほど大きな食器棚が
欲しいと思っていたことが嘘のように。
実家の食器の多さに辟易し、片付けが大変だったこと、
それらを思うと、今後減らすことはあっても、
増やしていくことはないと思います。
けれど、器は好きです。
新しいものに出会って、
目を奪われることもあると思います。
差し引きしながら、ここにはいるだけ-
そう思いながら、過不足のない暮らしを
していきたいと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
12.09
Wed
休みの日がお天気だと、
のんびりする間もなく-

シーツのような大物もあって洗濯も2度。
勤務の時は丁寧に掃除もできないので、
ここぞとばかりやる気モードに。

洗濯槽も年内にもう一度と思っていたので頑張ることに。
我が家は穴なしなので洗濯槽内にワカメは
発生しませんが、洗濯槽の外側の掃除。
ホースをたてて、バケツに汲み出す作業が待っています。

IMG_20151209-001-8929.jpg

なのに、なのに掃除も終盤になって、
立てかけていたホースが外れて、
床にドロっとした水が溢れて慌てて拭く始末。(-_-;)
余分な作業が増えてしまいました。

ドッと疲れがでました。

こんな水が溢れてしまいました

IMG_20151209-002-8937.jpg

最後に乾燥機をかけて終了~。

洗濯槽を掃除している間、(6時間モードにしたので)
トイレ、浴室、もふだんはチャチャチャ~なので、
重曹とセスキ炭酸スプレーのWで。
部屋も掃除機をかけ拭き掃除をしてさっぱり。

キッチン下の掃除-
吊り戸棚の扉などなど。
セスキ炭酸スプレーで拭きとったあと、
パストリーゼで拭いて乾燥させます。

ガス台下の白い棚、胡麻油が溢れていたようで、
こべりついて気になっていました。
セスキ炭酸スプレーをかけてしばし時間を置いて、
油汚れを浮かせて拭き取りました。

IMG_20151209-9338.jpg

調理台下も全て出して拭き取り。
こちらは油汚れもなく。
シンク下の鍋の収納しているところまで、
手がまわりませんでした_| ̄|○
また次の機会に。


ふだん、中のモノを全部だして拭き掃除まで
なかなか手が回らないのですが、
掃除をしたらやっぱり気持ちがいいです。

おうちしごと-
つくづく終わりがない仕事だと思います。
探せば次から次へとキリがないです。
とりかかる前までは、ちょっと・・って思っていても、
とりかかると、あれもこれもと欲張ってしまいます。
が、「このへんで」という折り合いを見つけるようにして、
疲れてやる気が失せないようにしています。


   





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
12.03
Thu
キッチンで使っている無印のPPストッカー。
毎日使っているのに、入っているものをだしてまで
ふだん掃除をすることもなく。
年末も近いことだし、掃除をしました。

案の定、調味料の粉が隅っこにこぼれていたりします。
手垢の汚れ、セスキ炭酸スプレーで拭きもアリですが、
ぶっちゃけ、冷蔵庫の野菜室同様、
引き出して丸洗いが手っ取り早い。

IMG_20151203-001-8942.jpg

掃除と片付けは一緒にしない-
全てのことを一度にしない-

なのですが、ここはちょっと例外です。
こういうケースのは中のものを全て取り出して、
賞味期限切れの調味料などないかチェック。
常温保存している調味料、お茶、キッチン用品など。

IMG_20151203-002-8941.jpg

一段だけ、調味料の小瓶が引き出すたびに
動くのを防ぐためにこうしてペーパーを敷いています。

IMG_20151203-003-8946.jpg

捨てるものなんてないわ~
なーんて思っていましたが、
全部だしてひとつひとつ見ると、
やっぱり出てくるものです。
紅茶の茶葉もいつのだっけ?
というものがあったりしました( ̄∇ ̄;)
我が家はコーヒーは毎朝飲みますが、
紅茶はほとんど飲まないので、
こういう有様に。
たまーに飲みたいと思って購入して、
最初の数回飲んだだけで忘れていたってことですね。
使い切るどころか、むだにしてしまいました。

全部だす-

全部だしてみると、後ろのほぉ~に隠れていたモノや、
期限切れのものがでてきたり、今の暮らしで出番が
少なくなったものが見えてきて、
処分対象がはっきりします。

IMG_20151203-004-8948.jpg


キレイに洗ったストッカーに元通りに詰めていくと、
ちょっとメンドクサイなと思った掃除も気分イイです。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
11.27
Fri
何年かぶりにIKEAのストックバッグを購入しました。
というのも、数年前ストックバッグ、新品の状態で、
立て続けに破けていたり、裂けたり、真空にしても
空気がもれたりすることがたて続き起こり、
それまでも使っていたのですが、
作りの甘さに使用をやめていました。

先日IKEAに行って見たら、気になっていた部分が
なんとなく元に戻った気がして、
メイドイン○○が変わっていました。
で、もう一度買うことに。

IMG_20151127-001-8723.jpg

全て中身を見たわけではありませんが、
何枚か取り出してみて①に切れ目はなく、
(過去に何枚取り出しても切れ目がついたものがでてきた)
②も閉じて開けても裂けることはなく。
冷凍保存してみて開けても大丈夫でした。
③の部分、かつてはもっとギジャギジャしているところが、
雑な感じがしていましたが、昔(不良品に出会う前)に
戻ったような気がします。

ヒラタケを冷凍保存する時は、
ストローを使って真空状態に。
しばらくたっても空気が抜けることはなく安心。

IMG_20151127-002-8710.jpg

2サイズ 各25枚ずつはいって300円切るのは、
やっぱりお買い得です。

+


ここからは別の話しですが、ストックバッグ、
だいたいこういうスタイルではいっていますよね!?
取り出しにくいと思っているのは私だけ?

IMG_20151127-003-8715.jpg


そんなふうに思っていましたが、
クレハのフリーザーバッグの箱は、
すごく使いやすいのです。
この箱からだとものすごく取り出しやすくて、
リニューアルされて初めて使った時、
開け口の場所が変わるだけで、
こんなに取り出しやすくなるものかと驚いたものです。

IMG_20151127-004-8718.jpg

今までこんな発想がなかったのも、
ちょっと不思議です。
各メーカーさんもこのスタイルだといいのにな~。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
back-to-top