09.06
Wed

洗面所のコップ

我が家はmogのマグネットコップを使っています。
洗面所のコップ-
なくてもよいもののひとつなのですが、
夫は絶対コップが必要と言うので健在。

このコップ、水切れが良いので衛生的で良いのですが、
長年使っていると、受け側のここ ↓が錆びついてくるんですよね。
この画像は過去のものですが、
うっかりしていて錆が酷くなってしまって、
錆取りを使っても完全にとることができなくなってしまいました。

IMG_20170905-001-8632.jpg

コップの買い替えをしようかという話しになって、
コップの置くスタイルを考えるとやはり、
壁につけるのが邪魔にならずベストだということに。
新しく買おうかという話しにもなったのですが、
コップはまだ使えるし、ということでちょっと手を加えることに。

付属の吸盤のは使いたくなかったので、
(錆が酷かったので速攻捨てました)
ステンレス板(裏はシールになっています)を貼り付けて、

IMG_20170905-002-3702.jpg


以前のマグネットはコップの底から少し下がってついているため、
ステンレス板にはくっつかないので外して、
凹んでいる部分の穴埋めのためグルーガンで底上げして、
マグネットを貼り付け、更に上からグルーガンで閉じ込めました。
最後に底はクッキングシートを被せて、アイロンをあてて平にしました。

IMG_20170905-003-3705.jpg

以前となんの遜色もなく使えるようになりました。

IMG_20170905-004-3700.jpg

グルーガンもマグネットもステンレス板も、
100円ショップで調達したので、
安上がりとなりました^^

でもこのために買ったグルーガン。
他でも利用できないか模索中~(笑)






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.28
Mon

IMG_20170828-3637.jpg


浴室掃除、浴室の換気扇(シロッコファン)の掃除については、
過去何度か書いています。
結局行き着いたのは、汚れが軽いうちに落とすということ。
当たり前なの話しですが、水垢が白く残ってカピカピになると、
落とすだけでも大変。我が家はお風呂に入ったあと、
掃除をするようにしていますが、もうしんどい時は、
こする作業を省いても
水気を拭きとるだけでも、水垢残りは防げます
決して隅々まできれいにではなくても、
大雑把でも(特に床)拭き取るようにしています。

浴室のシロッコファンの汚れも湯気で
ねっとりと真っ黒になって落とすとなると、
それなりに結構大変です。
重曹やセスキ、クエン酸、その他色々駆使しましたが、
こすり落とす作業は必須。
湯気と埃がこびりつく前だと、
お湯で流すだけでも落ちるけれど、
毎日できる話しでもなく。

黒くなった汚れの程度にもよりますが、
グレーの状態になるとお湯で流すだけでは落ちません。
たまたま重曹、セスキを切らしていたので、
キッチンで使っている液体石けんをかけると、
みるみるうちに薄っすら着いた汚れが流れ、
ちょっとブラシでこするとスルリと落ちました。
(多分他のキッチンの合成洗剤でも同じことが言えると思いますが)
ちょっと目からウロコ。
結構他では多様使いしている液体せっけん。
時々トイレや浴槽そうじにも使用。(メインはクエン酸スプレー)
正直、食器の油汚れは合成洗剤を使うよりは、
一手間(ウエスで拭いたり、重曹スプレーをつけたり)
必要ですが、手荒れがなくなったことが大きいです。
今使っている液体石けんは、
これまで使っていた液体石けんのなかでも
コスパもいいので長く使っています。
(合成洗剤から石けんへの移行時、最初は苦労し挫けそうになりました)
話しはそれましたが、今回は浴室掃除の話なのでもとに戻しますが、
浴槽掃除には使っていても、シロッコファンには
頭から落ちないと思い込んでいたところもあって、
今回初めて使って、この程度の汚れなら落ちると判明。
なんでもっと早くに試さなかったんだろう・・。

溜めすぎず汚れが軽いうちなら

やはり短時間で掃除も完了。
これは今までと変わらずですが、
おうちにあるものが多様に使えるのが
またひとつ発見できたことは良かったと思いました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
07.14
Fri

あかぎれに悩まされていた頃は、
予防できるハンドクリームを見つけ、
すっかりあかぎれ知らずとなりました。
昨シーズンの冬は、あまり使わなくなりましたが、
入れ替わるように次に手をだしたのは-
炊事後にハンドクリームを塗って、
そのまま水で流せるというハンドクリーム。
お陰様で手あれに悩まされなくなりました。

そうなると元々ハンドクリームを
頻繁に塗らなくなってしまう、マメさがない私です。
とくにこの時期になると余計つけなくなりました。
が、春頃から夜寝る前だけにつけるハンドクリームを見つけ、
(私は全然興味がなかったので知らなかったのですが、って、発売されたのは2年前のようです)
塗るようになりました。
夜用なのでべたつき感は否めませんが、
美容カプセルのプチプチが消えるまで、
塗り込むようにして・・・翌朝、腕、手のふっくら感があって、
しっとりします。この時期だとさっぱり感を好まれる方は
苦手かもしれませんが、マッサージしながら手のシワ予防です(笑)
手はお顔と違って隠せない部分。
職場でPCを打つ手が、実年齢より手が美しい人を見ると、
お手入れされているんだろうなと思ったりします。その逆も。
お金をかけてお手入れはできませんが、
お手頃価格、コスパもいいハンドクリームでできるならお安いもんだと。
高いマッサージを数回で辞めるより、
高い成分には負けちゃうかもしれないけれど、
続けることの方が良いんじゃないか-
そんな気分で継続中です。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
07.05
Wed

我が家の歴代のアイロンです。

初代のアイロンは夫が独身時代から使っていたものを、
結婚後もずっと使っていたドライアイロンです。
電源スイッチがなくてコンセントで抜き差しタイプ。
この頃からスチームアイロン、コードレスアイロンに
憧れながらも、すっきりしたデザインが気に入っていました。
長くお世話になりましたが寿命がきて買い替えることに。

DSCF20170705-001-8080.jpg
(画像は以前のもの)


二代目に選んだアイロンです。
色々口コミで良し悪しも承知の上購入。
が、決めては色でした(笑)
とにかくコードレススチームアイロンを使ってみたかった。
でもあっけなく3年ほどの寿命・・短かったです。

IMG_20170705-002-5586.jpg
(画像は以前のもの)

2台目のアイロンの時も悩みましたが、
それ以上に選択幅が増えて困りました。
選択肢から外れたのは、コードレス。
これはコードレスを使ってみて、温度が下がるので
しょっちゅう戻さなければいけないというのが、
結構ストレスだったため。

コードつきのスチームアイロンに、
ほぼ決定していました。
ぼんやりとでしたが、
メーカーも検討をつけていました。
ただ、全く迷いがなかったわけでなく、
色の差だけでお値段がちょっと高いけど、
気に入ったものを使う方がいいと心は傾いていました。
が、スチームアイロンを使っていた時の、
水垢の詰まり、手入れとかが、
この期に及んで面倒になって(笑)

初心にかええろう!
という気持ちになって選んだのは-

パナソニックドライアイロンです。
使いだして数ヶ月経っていますが、
霧吹きつかってアイロンかける-
スチームアイロンを使った後なので、
面倒かなぁと思ったのですが、
元々ドライアイロンを長く使っていたので、
気になることなく、逆に休まずにアイロンがけができるので、
(いちいち戻さなくていい) アイロンがけもスピーディに。

IMG_20170705-003-3120.jpg


こちらに決めたのは、動きに合わせてコードが上下に動くのは勿論、
コードの動作範囲が広いということで。

IMG_20170705-005-3123.jpg


IMG_20170705-006-3125.jpg


実際に使ってみて、800gの重さなので軽い。
2台目と同じくらいかなぁ。
ある程度重さがあった方がシワも伸ばしやすいけれど、
スチームと比べると、温度が下がらないことと、
霧吹きでジュっ当てるとシワも伸びます。
先端が尖っているのでボタンのところも当てやすい。
アイロンを立てて置く時も、そのままコードを手で動かすことなく、
水平になるので使いやすい。

IMG_20170705-004-3132.jpg


私的にはシンプル機能のこのドライアイロン、
性に合っている気がします。

IMG_20170705-007-3115.jpg



     






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
05.13
Sat
                                  
我が家の浴室の床-

浴室掃除をしているのに、
浮き上がった部分との境目の汚れが気になりました。

IMG_20170513-001-1284.jpg


クエン酸とスポンジで磨いても
すきま部分はやっぱり取れないので、
愛用しているシロッコファンヘラを用いて-
こちらはサッシヘラのように金属でないので、
傷がつきにくくきれいに取れました。

IMG_20170513-002-1287.jpg


ふだん掃除していても、
隅々まで念入りに、は、なかなかできないので、
スッキリしました。

IMG_20170513-003-1284.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
05.12
Fri

いつものようにアイロンがけしようと、
ブラウスの襟にアイロンをのせたとたん、
滑らず生地が溶けちゃい焦げ付いてしまいました。
前日に当てたものと同じ種類だったので、
温度設定も同じでいじってない。
なので頭の中が真っ白になりました。
アイロンの底を見ると、ベタッとした感じで
色が茶色くなっていました。(;´д`)トホホ…

何かが底についていたのか?
洗濯物にもなにもついていないし。。
思い当たることもなく。
ただただ、無残な襟を見て_| ̄|○。

アイロンの底を拭いて
さぁ、再度アイロンのスイッチをいれても
電源がはいらず。
何度か試すももう逝ってしまったようです。

IMG_20170512-5583.jpg


アイロンがないと困る!

このアイロンは3年ほど使いました。
過去記事にも書いたことがありますが、
アイロン選びで悩んで、
見た目と色で無印のアイロンを選びました。
初のスチームアイロン。
滴が落ちるということも事前に口コミで知っていましたが、
それほど気になることもなく。
コードレスだからパワー不足というのも、
そういうものなのかなぁと思いながら使っていました。
でも使ってみたかったスチームアイロンでした。
でも、アイロンの寿命ってどのくらいなんでしょう。
ほぼ毎日アイロンを使っているので、
そんなものなのでしょうか。
修理するか否か-
悩むまでもないと今回は買い替えで。

スチームアイロンを使って、
長所、短所も感じました。
ここへきてまたアイロン選び。
以前から候補にあがっていたアイロンにするか、
初心に戻ろうかまた悩ましい問題が勃発しました。
焦りたくないけれど、急がねばアイロンがかけられない。
あぁ、また前回(消費税増税前)のように追い詰められてしまいました。

ふぅ・・・なんだかなぁ。
服もアイロンも・・・踏んだり蹴ったりだ~。(T_T)


    


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
04.27
Thu

ここのところずっと落ち着いていた
浴室掃除道具。
ここに辿り着くまで色々試しました。
評判の良いと聞いたブラシも、
柄つきで便利は良さそうでしたが、
私には水栓の細かな水垢や、
浴槽と床の境目の水垢を残さず掃除するには物足りず。
そんなかんやで、見た目の色に不満は残るものの、
機能面で気に入った100均の洗剤なしで使えるスポンジを
ずっと使っていました。
使いながらも、目新しく気になったモノは使ってみて、
結局落ち着く先はそのスポンジでした。

キッチンで使っているファイバークロスが気に入って、
浴室でも使おうかと思っていた矢先、
ブロ友さんが浴室でずっと愛用しているクロスが、
気になっていました。
使っていたスポンジがへたるのを待って購入し、
しばらく使いその感想を-

+

洗剤なしで水垢汚れが落ちるダスター。

緑はアクリルハード面。
樹脂加工仕上げでしつこい水垢とりに。
黄はアクリルソフト面。
浴室小物など傷つきやすいものに。

IMG_20170427-001-1056.jpg


洗剤不要で使えますが、
念入り掃除にはセスキ炭酸スプレーを使います。


蛇口やチェーンがピカピカになるかどうか。
これがスポンジやクロス選びの目安のひとつ。
こちらを使って見て、ここはクリア。
ピカピカになります。

IMG_20170427-002-1060.jpg


今まで使っていたスポンジのサイズと違い、
大きくなるので磨くのがまだ慣れていないせいか、
扱いに戸惑いますが-
一度に磨く範囲も広くなったので時短に。
水垢のザラザラもしっかり落ち、
ドアの下部の換気の隙間も磨きやすいので、
合格ライン越えです。

今まではスポンジで磨いてタオルで拭き取りしていました。
本来の使い方ではないかもしれませんが、
こちらでも磨いたあと、水を流して軽く黄色の面で水分を拭きます。
裏表で使い分けするわけするのでラクチン。
ものすごく吸収する、というほどでもないのですが、
床面はすぐに水分を拭かないと水垢が尽きやすいので、
ざっと拭くには具合が良いです。
ふだん、お風呂の後に掃除をするので、
少し時短になって嬉しいです。
本音を言うなら、色が・・なのですが、
これまでのスポンジ同様、見た目より機能重視で。

IMG_20170427-003-1061.jpg

お試しするつもりで購入したスポンジですが、
どうやらこのクロスに落ち着きそうです。
当初予定していた次なる候補より、
ずっとお手頃価格で機能面抜群な掃除道具に
出会えて良かったです!
ゆるままさん、ありがとうございます!


+








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
04.20
Thu

ウエットシートの蓋。
ダイソーさんで売っているのは知っていましたが、
ピンクやブルーしかなかったので、
手を伸ばすことがありませんでした。
ブロ友さんのところで、セリアで白があると知ったのですが、
ダイソーさんのと違ってストッパー的なものがついて、
ちょっと取り出しにくい・・と知って保留にしていました。

その後、ダイソーさんで白を見つけて購入。
こちらはストッパーではなく、接着テープがついていて、
何度か剥がしてまた貼れるようです。

IMG_20170420-001-0822.jpg

粘着の問題があるから、
そう何度も取り替えに耐えられるかどうかは不明ですが、
使ってみることに。

これからの季節、虫除け効果のあるシートを使用。

IMG_20170420-002-0825.jpg

ワンプッシュで開けられるこの蓋-
装着する前にはポンと押したらパカっと開いたのを確認したのに、
なぜだか甘くなってしまったのか、
カチっと閉まらないというか、すぐ開いてしまいました。
これではすぐに乾燥してしまう・・・どうしよう・・・。
いじりすぎたのかしら-
まぁ、100均だから・・と半ば諦めの境地。

ダメ元で、手の矢印の部分を内側に少し引っ張りました。
(引っ張りすぎると折れてしまうので手加減しながら)
そしたらカチっと閉まって、勝手に開くことはなくなりました。
一安心。

IMG_20170420-003-0826.jpg

これでワックスシートや、
トイレのシートにもつけようかと思います。
ただ、接着テープがどれくらいもつか-
使ってみないとこればかりはね。
でも、諦めないで良かった~。
しばらくこれで快適に使えそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
04.19
Wed

少し前に理想の洗濯竿ピンチが見つかって、
使い心地のレポ記事を書いたのですが-

ステンレスならではガッツリ挟めて安心-
そう書きました。
が、意外なことが判明しましたので追記として。

先日ものすご~い風が吹いた時
洗濯物に直接挟んで使っていたのですが、
風に煽られたせいか洗濯物が中央に寄ってしまいました。
干したものは暖パン。中表にして干していました。
フリース面だったから滑ったのかもしれません。

+

それと本来の竿ピンチとして使用して-

IMG_20170419-0829.jpg


ふだんならなんともなかったのですが、
(風が吹いているときも使用しています)
こちらも竿ピンチごと移動がありました。
この状態で手でさわっても動きません。
ガッツリ挟まれているのですが、
ものすごい風が吹いたせいか、
干した場所から少し位置がずれていました。
そんなことある?って思ったのですが、
実際ありました。 滑っていったのだと思われます。
使いだしてそんなことがなかったので、
そういうこともあるということで記事にしました。
ものすごい風だったせいなのか、
使っているハンガーのせいなのか、
竿の直径とピンチが合っていなかったのかわかりませんが、
先日の記事で、風のきつい時も安心と書いたので、
まさかこういう事が起きるとは想定外で。
一応、商品を紹介して記事にしましたので、
気になった点を追記記事として書きました。

商品の説明書にも外れにくいとは記載されていましたが、
ズレないとは書かれていませんでしたしね。
まぁ、「絶対にない」ということはないということですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
03.23
Thu

先日、理想の洗濯竿ピンチが見つかったという記事を書きました。
使ってみた感想をレポしますね。

それまで使っていたプラスティック製とのサイズ比較。
ほぼ変わらずです。ちなみに大サイズを購入。
(大サイズのみのが見つかりました)

IMG_20170323-001-9918.jpg

開くとこんな感じです。

IMG_20170323-002-9919.jpg

握るときは、プラスティックのものより、
確かにちょっと力が要るかもしれません。
バネがしっかりしていると思います。
握力が弱い方だと、使いづらいと感じる方もいらっしゃるかも。
ここは個人差があるかもしれません。

ハンガーが風で飛ばされないために、
この竿ピンチが欲しかったので、
ハンガーを挟むだけならガッツリ挟めて、
風のきつい時も安心感はバッチリです。

あと、直接洗濯物をとめるのがメインではありませんが、
ベッドカバーやシーツなどをとめるときにも
以前から、上記の画像のプラのピンチを使用していたので、
こちらのステンレス製のを使ってみたところ-

直接洗濯物にとめていて、それを外す時、
プラスティック製のものの時は、
ちょっといい加減に摘んでもポロリと外れるけれど、
こちらを同じようにすると、ポロリとはいかず、
生地にひっかかるので気をつけないといけないと思いました。
もちろん、最初からしっかりピンチを摘んで外せば問題ありません。
バネの力が強いからだと思いますが。

でももともと竿ピンチとしての仕様ですから、
それをわかって使うということは自己責任で使わなくては
いけないでしょうね。

でも、パキパキ割れて都度買い替えを余儀なくされていたので、
理想のピンチに出会えたことは嬉しかったです。
そして使ってみて安心感がやっぱりあるのと、
頑丈そうなので買い替えの頻度が少なくてすむのが、
私にとっては良かったかなと思います。





+++

2017/04/19
その後、使用して気になったことがございます。
追記記事に書いております。コチラ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
11.28
Mon

買い替えをしなければ・・・と思っていたものがあり、
無印週間で買ったモノを・・・。

麦茶ポットを洗うブラシ。
以前はケユカのコップブラシを使っていました。
長さもあって使いやすかったのですが、
くたびれてきたこともあって買い替えを検討していました。
以前から気になっていた無印の柄つきスポンジ。
スポンジがくたびれたらスポンジだけ替えられるのがいいなと思って。
はじめましてのスポンジです。

IMG_20161128-002-8028.jpg


ただ、ひとつ残念なことは、
もう少し長さが欲しかったこと。
麦茶ポット、深さがあり少し手をいれなければ届かず、
私は入るのですが、夫は手がはいらず。

IMG_20161128-003-8027.jpg


石けん置きの取替用スポンジ。
こちらはリピです。

IMG_20161128-004-8026.jpg

ひとつは、ポリプロピレンの蓋つき石けん置きの取替用です。
以前記事にもしたことがありますが、
石けん置きは蓋の部分がちぎれて、
別々で使っていました。

IMG_20161128-005-8030.jpg


もうひとつは発泡ウレタンの石けん置きの取替用。
浴室で使っているので、石けん置きは使っていませんが、
発泡ウレタンなので、水切れもよく、
石けんが溶けださないのがいいです。

IMG_20161128-006-8033.jpg


これも初めてですが、落ちワタふきん。
色んなブロガーさんが使われているので、
気になっていましたが、
これまで気に入っていたふきんがあって使っていたので、
なかなかここにいきつかず。
破れたこともあって、こちらを試してみようと。
台ふきんとして使うつもりですが、
12枚で500円はお得ですね。と今更ながらビックリ。
しょっちゅう煮洗いや漂白をするので、
消耗も早いふきん、これなら気にせず使えるかなと。

IMG_20161128-001-8024.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
09.21
Wed


我が家のサイクロン掃除機は、
お手頃価格故なのか、
フィルターレスではありません。
(サイクロン掃除機を購入する時、
フィルターあり、なしがあるとは思いもせず調査不足でした)
なので使用後は、フィルターをカチャカチャ回してゴミを落とし、
その後こんなふうにブラシで掃除をしていました。

IMG_20160921-001-0073.jpg

ですがこのブラシも使っているうちに、
毛先がバカボンのパパの鼻毛のように、
広がってゴミがとれにくくなってしまいました。
隙間がないので厚みのあるブラシはNG。
色々探していましたが丁度いいのが見つからず。
やはりメーカーの純正部品を取り寄せた方がいいのかなと
考えていました。

+

話は変わりますが、                           
先日、浴室の換気扇のシロッコファンが、
トンデモナイことになって、
思いの外、掃除に手間取ったことを書きました。
記事はこちらです。

キッチンと違って軽くみていましたが、
蓄積された汚れをこそぎ落とすのに、
歯ブラシではしづらく大変でした。

ま、溜めなきゃお湯かけて簡単に落とすことができますが、
キッチン(我が家はシロッコファンではない)や浴室の
シロッコファンヘラを見つけました。


IMG_20160921-002-6631.jpg


この間掃除をしたので、シロッコファンは汚れていませんが、
羽根にフィットして取りやすそうです。


IMG_20160921-003-6632.jpg

あぁ、もっと早くにこのヘラに出会っていたら!
あんなに時間をかけることなく落とせたかも・・なんて思ったり。
汚れを溜めない、と決めたから、
このヘラの出番はなさそう・・だと思うけれど、
いや、もし、うっかりした時は、
強い味方があるのでこれで安心かも。
それにしても、汚れがへばりついたところを
ごっそりかき落としたいと思う私もいるのです。(笑)

我が家はサッシヘラを愛用していて、
重宝していますが、金属なので、
傷がつかないか、不安な場所もあるので、
このシロッコファンヘラなら、
心配ないというのもいいかなと。
サッシのレールの角部分、
浴室のドアの隙間部分の掃除にも使えそうです。

スクレイパー部分。
平坦でなくこのカーブが羽根に沿うようにして、
削ぎ落ちやすいと思われます。

IMG_20160921-004-6635.jpg


角がある場所に使いやすそう。

IMG_20160921-005-6636.jpg

トイレのドアの換気口の部分にも使えそうなのと、
掃除機のフィルター用ではないですが、
耳かきのように使えそうなので、
自己責任で使ってみようと思っています。


+


職人技シリーズの製品でした。
詳しくはこちらのサイトで。


楽天さんにもありました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
09.09
Fri
                      
昨年12月初めに浴室の換気扇を交換した記事を書きました。
旧換気扇はシロッコファンが取り外せないので、
取り外しができることで掃除がラクになると喜んでおりました。
その後の記事にも、浴室掃除のついでに換気扇を外して、
ざっくり洗うことで大掃除が必要ない~なんて、
いけしゃぁしゃぁと書いていました。^^;

+

IMG_20160909-001-6511.jpg


ふだん浴室掃除は入浴後にしていることもあって、
夜遅くの掃除はそこまで手が行き届かなくて。
できなくても「休日にすればいい」と思っていました。
それと「外せる羽根」になったことで、
丸洗いすれば簡単~と安心しきっていました。

ですが-その油断がトンデモナイことになっていました。

最初は何を勘違いしたのか、シロッコファンの部分を
グレーだと思いこんでいて、(グレーなのは、枠の部分だけ)
見事なほどの埃の膜だったせいか、
埃とも気づかず薄汚れだと思って漂白していたのですが、
落ちておらず、こすってみると白い部分が顕になって気づく始末。

ガ━━(゚д゚;)━━ン!!

ご覧のとおり、この有様。
画像はすでに一部洗っていますが、
グレーのシロッコファンと見間違うほど、
びっしりと綺麗に覆われていたんです。

IMG_20160909-004-6513.jpg


セスキ炭酸スプレーして、
歯ブラシでひとつひとつこすり洗い。
キッチンの換気扇と違い、油汚れがないはずなのに、
意外としぶとくて結構力をいれないと落ちませんでした。

IMG_20160909-002-6514.jpg

扇風機のように、
日頃、目に見えていればすぐ洗っていたのでしょうが、
盲点でした。

事実、換気扇を取り替えた後しばらくは、
掃除したときもほとんど埃もついていないので、
シャワーで洗い流すだけで終わったし。

最後にこれを掃除したのはいつだっけ?
って思い出せないんかい、ってほど、
掃除していなかったてことですね。
大失態です。


元通り、きれいになりました。

IMG_20160909-003-6515.jpg

本当に迂闊でした。
いつでもできる、簡単にできる、と、
高をくくっていました。
いやもう余分な時間を費やしてしまいました。

今後はこまめにチェックを怠らないようにしたいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
08.29
Mon

浴室の排水口の髪の毛やゴミの流れ防止に、
ネットを被したりしていましたが、
毎日それを替えるのも使い捨てでもったいないと思っていました。
ところが3年程前に、直接髪の毛に触れることなく、捨てられる
髪の毛くるくるポイと出会ってからからは掃除もずっと楽でした。

渦の力で髪の毛やゴミを集め。
捨てる時にひっくり返してトントンとするだけで、
ポイっと捨てられる便利なグッズでした。

IMG_20160829-001-6280.jpg

排水口のサイズによってツメを折って調整もできます。

IMG_20160829-003-6290.jpg


けれど日々トントンするから劣化して割れてしまいました。

IMG_20160829-002-6282.jpg

このままの状態だと隙間から髪の毛が流れるので、
買い替えることに。
同じものを買おうと思っていた矢先、
100円ショップで見つけたのがこちら。

IMG_20160829-004-6294.jpg

え!? なにこれ~!
どうやら原理は同じもののようでした。
けれど、ちょっと疑わしい気持ちもありましたが、
合うのかどうか不安ながら購入。

髪の毛が流れ入る部分が少し違います。
以前のは2箇所でしたが、こちらは4箇所。

IMG_20160829-005-6286.jpg


裏返してみると底の形状が違います。

IMG_20160829-006-6288.jpg


こちらも調整リングを外すしたり、ツメを折ることで
サイズ調整ができ設置できます。
我が家の排水口は調整せずともそのまま設置できました。

IMG_20160829-007-6291.jpg


実際使ってみると、
以前使っていたものとなんの遜色もなく、
髪の毛も渦の力でくるくると中央に集められ、
捨てる時もトントンとするだけでポイっと捨てられます。
4箇所開いていることもあって、設置向きを気にせず使えます。

IMG_20160829-008-6304.jpg

今まで100円ショップで排水口のカバー系は、
排水口ネット以外に、一般的な排水口カバーしか
見たことがなかったので、これを見つけた時は、
半信半疑でした。
が、お得で手にはいり、以前と変わらず使えているので、
良いお買い物ができました。

我が家の100均のスグレモノグッズ、
またひとつ増えました。


+





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
06.27
Mon
                   
IMG_20160627-4837.jpg

昨日はいいお天気でお洗濯日和でした。
シーツを洗ってお布団干して-

ベッドはマットレスが干せないのが、
やっぱり1番気になるところ。
できるだけお天気の時には、マットレスをあげて
風を通すようにしています。
マットレスパッド(画像の真ん中)は丸洗いできないので、
これまた干すだけ。

DSCF20160627-002-9801.jpg

昨日はお天気が良かったのでダニ対策に、
マットレスとマットレスパッドに掃除機をかけました。
見てはいけない塵や埃、やっぱりものすごくとれました。
専用の掃除機がない我が家ですが、
サイクロン掃除機なので、とれた量がまるわかり。
正直げんなりしました。時々、かけてはいたものの、
やっぱりここしばらくご無沙汰していたので多かったのかも。
こんなところの上に寝ていたら、いくらシーツを取り替えていても、
カラダに悪そうです(^_^;)

+

以前、ほうきの暮らしをしたい、と書いたことがあります。
小さな住まいなこともあり、コンパクトな暮らしに、
そして時間を気にせず掃除ができる箒は、
もってこいだと思っていました。
棕櫚の箒をお迎えしたら、掃除機を処分して-
とまで思ったほどです。ずっと悩んでいました。
棕櫚の箒を使えば、埃を舞い上がりにくく、
掃き掃除ができますが、
住宅環境のせいなのか、色んな所が埃がつきやすく、
毎日ハンディーモップも欠かせない^^;
先日記事にもしましたが、掃除機をかけても、
拭き掃除をしないとやっぱり埃は取りきれない。
ベッドを使っている我が家のライフスタイルでは、
箒オンリーの暮らしは厳しいと感じました。
また、今の暮らしでは掃除機とフローリングワイパーに、
箒をプラスしてまで必要なのか?と感じることが増え、
ずっと迷って結論がだせぬままでしたが、
現時点では我が家には箒の暮らしは向いていないのかもと。
また、箒を手に入れたところで、モノを増やすだけでなく、
箒を活かしきれないかもしれないなと思うようになりました。
とはいえ、また気持ちに変化がでるかもしれません。
この先、布団クリーナーを購入して、
また箒が欲しい気持ちが再熱した時、
考えてみようと思いました。

今ある道具で暮らしてみようと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
04.12
Tue
以前、我が家は用途別に洗剤を持ってはいないけれど、
洗剤の1本化ではないという記事を書きました。
掃除に関してナチュラルクリーニング、
キッチンでは液体の石けんを使っています。
ふきんの煮洗いには粉石けんが必要なので使っていますが、
なにぶん、ふきんの煮洗いや時々、掃除用に、
酸素系漂白剤と混ぜてペースト状にしたりして
使っている程度なのでそうそうなくなりません。
お洗濯も粉石鹸を使うと良いのですが、
現状はしておらず、液体洗剤使用です。
朝が早くなって予約タイマーを使うことと、
すすぎ1回でしたいという理由からです。
それと出勤の日、朝のあやふやなお天気で、
外に干すのを躊躇すると部屋干しが増えたため。

以前は「浄」の粉を使っていました。
液体を使うようになりましたが、
部屋干ししても嫌な臭いは気になりません。
弱アルカリ性の粉タイプと違って、
液体は中性。配合成分も若干違います。
粉の方は界面活性剤0.5%以下に対し、
液体は25%ですが、
蛍光増白剤、漂白剤は無配合。
香料、抗菌成分が配合されていますが、
香料といってもドギツイ香りではなく、
気にならないのがリピするようになっています。

少ない種類で管理しやすくしたいと思っていますが、
今の暮らしではこのスタイルがベスト。
何が何でも「粉石けん」に移行しようと
無理するより、今、暮らしいやすいと感じることに、
重きをおきたいなと思っています。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 0
02.26
Fri

蛇口など光ものを掃除しておくだけでも、
全体的にきれいに見える-
それを知ってから、手を洗ったついで掃除を
するようにしています。

+

ほとんど水垢の汚れなので、水分を拭き取れば
予防はできますが、蛇口のカバーがあるがゆえ、
隙間だとか、水がたまる部分が磨ききれない。
ずっと前から気になっていたものの、
外したことはなかったんです。
思い切って外してみました。

IMG_20160226-001-1200.jpg


アップでみるとものすごく汚い。

ここから衝撃的な汚れなので、
見たくない方はここでストップしてくださいね。


+


+

錆、水垢、カビでしょうか。
ここまで汚れているとは・・・(;´д`)トホホ・・・です。

汚い~。

IMG_20160226-002-1201.jpg


漂白したり錆とり(100均の錆取り)したりして
なんとかきれいに。

IMG_20160226-003-1205.jpg


片方ずつ外したのは、水を出すためですが、
左側も同じような状態でした。
○で囲っている部分は手洗いの時、
水が溜まりやすく白残りしやすい部分。
矢印の部分はカバーを被した時、
隙間になるため汚れがたまりやすい。

IMG_20160226-004-1212.jpg


微妙に金属錆が残っていますが
これが限界でした。ピ○ールを使えばもっととれたかも^^;

IMG_20160226-005-1217.jpg


カバーをつけ赤、青のキャップ?をつけて完了。

IMG_20160226-006-1219.jpg


スッキリしましたが、
何年越しの汚れだったので、
頑固な汚れにぐったり疲れました。
やっぱり汚れは溜めすぎると時間もかかります。
今後は時々こちらも見るとしましょう。
見なかったら気にならないところですが、
見ちゃったらね・・・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
01.28
Thu
今冬になって部屋干しが増えました。
出勤時間が早くなったこともあります。
夏の間は早朝でも明るいから良かったのですが、
冬は日の出が遅いので、暗い、寒いということもあって。
それと湿度対策も兼ねて。

外に干すと風に吹かれてゆらゆら揺れて、
乾きやすそうと思いますが、
部屋干しだと揺れることもなく、
乾きづらい感じは否めないです。
でも、意外と乾きますね。
この時期、天気の悪い日なら外よりよく乾くかも。

IMG_20160128-001-0219.jpg


気持ちはやっぱりお天道さまの下で干した方が
気持ちが良いですが、取り込む時間が遅くなると、
逆に洗濯物が冷たくなって・・ということもあるので、
部屋干しに落ち着くことが多くなりました。
ただ、大物とか乾きにくいものは外に干します。

+

以前は、部屋干し=臭う そう思っていましたし、
実際、アノ臭い対策も色々施していました。
なので、極力部屋干しはしたくありませんでした。
よって、柔軟剤で誤魔化したり、
(後に柔軟剤は使わなくなりました)
酸素系漂白剤を使ったり。
こんなのも使っていました。
洗濯物の除菌消臭と洗濯槽のカビ防止に。



石鹸生活にシフトした時、
洗濯洗剤も粉石鹸に変えようと思ったことがあります。
が、どうしてもすすぎ1回が
譲れない条件のひとつだったこともありシフトできず。
なので現在は、粉石鹸は煮洗い用、プリン石鹸を作る時など、
手洗いでの洗濯などに使うということになっているのです。

IMG_20160128-002-0221.jpg


更なるジプシーが続き、
こちらのバイオ洗剤に落ちつくことに。
部屋干しの臭いが気にならなくなったのもこの洗剤からかなぁ。

    

この2つはどちらも弱アルカリ性で、
界面活性剤をほとんど配合していないので、
泡立ちはほとんどありません。
白い箱は、蛍光増白剤・漂白剤・香料 無配合。
キッチンの換気扇のベトベト油汚れも、
これで洗ったこともありますがよく落ちた(笑)

そんなところへきて、
すすぎ1回の粉石鹸に出会い、浮気心がでました。
スーツもそれで洗ったことがあります。
おしゃれ着も洗えるということで、これ1つで良いなら、
いいなと思っていましたが、シャツの汚れが
いまひとつすっきり落ちないので、結果2箱使いきって
こちらに戻ることがありませんでした。

で、元の洗剤「浄」に戻ろうかと思っていた矢先、
同じ善玉バイオ洗剤の液体を見つけました。
こちららはアルカリ性ではなく中性で、
蛍光増白剤・漂白剤を配合しておらず、
すすぎ1回OK。

現在予約洗濯をしているので、
粉の「浄」が使えないこともあって、こちらを使っています。
予約の時は粉である酸素系漂白剤もいれられないのですが、
部屋干ししても臭わないということが継続使用に
つながっているのかなと思います。

IMG_20160128-003-0227.jpg


一般的な液体洗剤に比べると高いですが、
何より部屋干ししても臭わないのと、
「浄」同様、柔軟剤不使用でもゴワゴワじゃないところが、
気に入っています。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
01.08
Fri

ie.jpg


ずっと前に浴室掃除で使っていた
愛用していたダイソーさんオリジナルの
青いスポンジ、ピンクのスポンジ。
色はねぇ、正直いって好きじゃないけど、
実用性では抜群だったので使っていました。
ところが数年前に突然なくなってがっかりしました。
その後は、似たようなスポンジを
ホムセンや100均で見つけ使っていました。
それはそれでない諦めもあり、
満足していました。

が、-

先日ダイソーさんで見つけました!
リニューアルされて復活!


018l.gif


もう見つけた時は飛び上がりそうなくらい(笑)

IMG_20160107-0067.jpg


使ってみましたが、昔のまんま。
湯垢も石けんカスもスッキリ。
我が家はクエン酸スプレーで掃除をするのですが、
ふだんお風呂はいった後に、簡単に掃除をする時、
水いらずのスポンジはやっぱり助かります。

やっぱりこれが1番!  最強です!
このシリーズ他にも、
コゲ落としやステンレス磨き、
尿石落としなど復活しています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
01.07
Thu
昨年12月、我が家の浴室の換気扇が新しくなった話しを書きました。
それまでの換気扇は、シロッコファンを取り外せないタイプで、
せいぜいカバーを洗って、
溜まった埃も歯ブラシで落とす程度なので、
苛立ちありーの、諦めありーのでした。
なので外せて丸ごと洗えるということで、
ストレスフリーとなりました。

そういうわけで年内の掃除リストには入っていなかったのですが、
一度見てみようと思って外してみました。

当然ながら汚れておりませんが、
せっかく外したのだからここは拭いて。

IMG_20160106-001-0060.jpg



シロッコファンも埃も溜まっていないので、
お湯で流すだけ。
我が家は洗剤を持たないので、
ここも汚れていたらナチュラルクリーニング。
セスキやクエン酸や重曹が切れていたら、
台所用の米ぬか石けんで代用することもあります。
でも、基本、窓拭きもそうですが、
汚れが溜まらないうちなら、湯や水だけで十分。


IMG_20160106-002-0063.jpg


お風呂掃除をしたついでに、毎回排水口も洗っているので、
時々、換気扇も外してざっくり洗うことで、
大掃除の必要がないと思われ。

IMG_20160106-003-0064.jpg


洗えるところは丸洗い-
これがやっぱり私にはラクチンです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
12.06
Sun
いつの頃からだろうか-

浴室の換気扇が異様なほど音が大きくなって、
外まで聞こえる始末。
もともと決して静かな方ではなかったのですが、
ここへきて急に激しさを増していました。
考えられる理由として、埃が溜まっているから?
と思うものの、定期的な掃除をしているので、
そんなに溜まっているとは思えず。
シロッコファンを外せればもっと埃も落とせるのでしょうが、
今まで何度かトライしたものの、
外せなくてできる範囲で掃除をしていました。
管理会社に問い合わせたところ、
我が家のは素人では取り外せないタイプとのこと。

+

見てもらったところ、まぁ、年数が経っているせいか、
速攻で取替ということになりました。

新しい換気扇です。

IMG_20151206-001-8963.jpg


前のタイプと違いますね~。

IMG_20151206-002-9133.jpg


「あける」って書いてる~!
ってテンションあがります。

IMG_20151206-003-9146.jpg


あぁ~これで全部外して洗えるぅ~!

IMG_20151206-004-8972.jpg



トイレの換気扇にはフィルターを貼っていますが、
(こちらもシロッコファンが取り外せないのと、
私の背が届かず、カバーが取り外せないため、
掃除の頻度が少ないため)

浴室の換気扇は、トイレに比べると綿埃も少ないので、
今までどおり、フィルターはつけず・・です。

洗えるものは洗った方が手っ取り早い!

それにしても換気扇の音があまりにも静かすぎて、
換気扇、つけてないのかと思うほど。
びっくりポンです(笑)

新築ではいった賃貸ではなかったこともあり、
設備品も「新品」じゃなかったので、
掃除をしてもこれ以上は元々の汚れと、
諦めていた部分がありました。
なので、掃除をサボった分、自分に跳ね返るので、
やりがいがあります。
なによりも羽根が洗えるのが嬉しいです。

年内中の掃除リストから除外でき、
ひとつラクをもらうこととなりました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



11.24
Tue

過去に洗濯用のハンガー
日々使っていると劣化して割れるたびに
買い替えしていたプラスティックから、
ステンレス製の大木製作所/ハンガーに変えたことがあります。

IMG_20151124-001-8658.jpg

丈夫で申し分ないのですが、結構重いので、
部屋干しの時かけている突っ張り棒が、
耐え切れず落ちたことがありました。

それで何本かはクリーニング屋さんの
白い針金のハンガーを使っていました。

IMG_20151124-002-8661.jpg

ですが、これだと肩がずり落ちるものもあるので、

これを使ったほうがいいのかなと思ったのですが・・・。

   


100円ショップで見つけました。

IMG_20151124-003-8662.jpg



肩紐用の溝付、滑り止めのコーティングがされたハンガー。
滑り止め効果が弱まってきたら、
洗剤を薄め、濡らした布で油分や汚れを拭き取れば
また使えるというもの。

IMG_20151124-004-8664.jpg


4本で108円。

突っ張り棒もこれで落ちることもなくなりました。

+

お洗濯で干す以外にもかけてみました。
首まわりが広くあいた服も、溝にかけなくても、
ずり落ちることがありませんでした。

IMG_20151124-005-8673.jpg


取り出す時に、くっつきすぎて取りにくいこともなく、
厚みがないのですっきり収まります。

IMG_20151124-006-8691.jpg


スーツやコートは型崩れしてしまいそうなので、
使えなさそうですが、意外とこのハンガー、
いい仕事してくれます。100円ハンガー侮るなかれ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
11.05
Thu

我が家はトイレブラシを置いていません。
以前は使い捨てのブラシを使ったこともありますが、
何も置きたくないので直洗いをしています。
使い捨てのビニール手袋とメラミンスポンジ、
または使い古したスポンジや布で便器、
縁裏を洗っています。何年もこのスタイルです。

使い捨てとなる手袋やスポンジ。
お掃除のための経費と考えていました。
けれど、それらが切れてなかったので、
スーパーのタイミー袋で代用しました。
一枚は手にはめて手首に輪ゴムでとめ、
(薄手だと2枚にした方がいいかも)
2枚めをくしゃくしゃ丸めてブラシ代わりに。
(我が家は洗剤は使わず、クエン酸水スプレーだけで掃除をしています)
これが意外と便器内がピカピカになります。
捨てる時も手につけたタイミー袋を
裏返しにして一緒に捨てるだけ。


トイレ以外でも、洗面所の手洗いも、
水垢がつきやすい蛇口も
タイミー袋をくしゃくしゃ丸めて
こするとツルツルピカピカになります。
思わぬとろこで、代用したものが功を奏しました。


line11.gif




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
11.04
Wed

浴室掃除、お風呂はいった後でするので、
浴室のドアまで念入りにできません。
時間があればクエン酸水スプレーして、
サッシヘラの先にタオルをつけて
奥側にいれて拭きますが、日々できません。


内側もさることながら、脱衣所側のドアも
パッキンも白く汚れます。
日が経つほど、こういう汚れは取れにくく。

IMG_20151104-001-8075.jpg

先日、昔愛用していたダイソーオリジナルスポンジの
(こちらは以前探しまわるも販売が終了されたもようで、
出かけた先でダイソーがあると探したりしていました)

そっくりさんを見つけました。
本来は洗剤いらずのカビ取りスポンジですが、
石鹸カスや水垢もとれやすく。
浴室内のカビの生えやすそうな溝部分も
ちょっと点みたいなのを見つけた時に、
こするだけで落ちるので、
カビが広がる前に対処できます。
パッキン部分の汚れもクエン酸水パックで、
カルキ汚れもとれますが、
時間がない時、サササと汚れ落としを
したい時はこのスポンジが便利です。


IMG_20151104-002-8088.jpg


我が家の掃除道具でサッシヘラと同じく、
欠かせない道具となりました。
ただ、色が残念なんだわ~。

IMG_20151104-003-8092.jpg

サッシヘラ活用は過去記事にも
書いてありますのでよろしければ、
そちらを見て下さいね。









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
10.25
Sun
ここ数日、お風呂ブーツで検索してくださる方が、
なぜだか多くて-
4、5年前に書いったけ。

でも、最近、ブロ友さんのところで、
お風呂の手桶と椅子を買い替えたという記事を
読んだばかりだったので、
また今の気持ち、あらためて書いてみよう(笑)
同じ話しつまらないと思われる方は、
ここでそっと閉じてくださいね。

+

こういうおうちで使う道具っていうのは、
実家の影響が大きいと思います。
実家ではお風呂ブーツ以外にも、
お風呂の床(タイルだったので)にマットも敷いて、
その上に椅子を置いていました。昔はすのこでしたが、
いつしかポリウレタンのマットみたいなものに変わっていました。
でもそのマットって、カビが生えやすいんですよね。
カビ取りもしていたなぁ~(遠い目)
で、最初は、必要なものだと思っていました。
が、結婚して夫はマットや椅子、ブーツなど「要らない」派でした。
ブーツに関しては押し切って最初は使っていましたが、
結局なくても問題ないとわかり現在に至っています。
掃除に関しては素足の方が、私にはラクチンでした。

結局、我が家では、手桶はありますが、
それ以外のものはありません。
おしゃれな椅子を見ると、いいな、って
思うのですが、今の我が家の浴室(ここが肝心)、、、では、
似合わない(笑) 

休みの日以外は、お風呂あがりに掃除をするので、
できるだけ掃除をするものが少ない方がイイ-
単純にそれだけの理由。
浴室を使用したら石鹸カスがつくから、
カビよりそっちの方が悩ましい問題です。

ただ、今は要らないと思っていても、足腰が弱って、
椅子が欲しいと思う時がくるかもしれません。
環境や状況によって変わることは当然。
その時、必要になったら考えればいい-
モノについて、そんな風に思うと、
ずいぶん気がラクになりました。

line19.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
06.30
Tue

キッチンの排水口、浴室の排水口とともに、
洗面所の排水口も日々の掃除のついでに、
排水口も臭いがないか気にしていますが、
スポンジでこする程度です。

画像は洗面所。中が金属ではなくプラスティック。
IMG_20150630-001-3342.jpg


時々、重曹をふりかけてクエン酸スプレーして、
シュワーっとして流して終わり。
排水口専用の洗剤も不要なので安上がり。

が、

仕事をするようになって、
手抜きが重なったせいもあり、
浴室の掃除、排水口の掃除はしても、
浴槽内の排水口・・・・たまーに、たまーに、
上記のシュワーはした・・はず、、と記憶が曖昧なくらい、
いつしたのかわからず状態でした。

で、その浴槽内の排水口に青緑色のものがついていました。
こちらは中が金属です。
一瞬カビ?と思ったのですが、
メガネの鼻パッドやネジの部分に緑色の錆、緑青でした。
緑青とは、銅が酸化されることで生成される青緑色の錆の事だそうです。

IMG_20150630-002-3347.jpg

あまりの酷さに写すのを忘れ、少し落とした後です。
うっすらまだ青いものが見えます。


サッシヘラのあたりまで青緑がついていたのですが、
こそげてみるも落ちきれず。

IMG_20150630-003-3349.jpg


お酢と塩でこすって落としました。

わかりづらいですが、それなりに、それなりに
きれいになりました。

IMG_20150630-004-3353.jpg


緑青・・・うかつでした。

ふぅ・・・今日はいろいろ慌ただしい一日で、
おまけに緑青出現で疲れたぁ~ε-(;-ω-`A)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 5
06.26
Fri

お掃除用に使用している無印スプレーボトル
重曹やクエン酸やセスキを入れて使っています。

数年前、スプレーボトルにカビらしきものが生えて、
スプレーの掃除をしたことがありました。
その時の記事はコチラ
それからは気をつけるようになったので、
問題なかったのですが、
割れて買い替えしたことがありました。

+

さて、カビ問題があってから、
長く置きっぱなしにせず洗って乾燥させていますが、
いざ、作ってスプレーしようとしたら、
シュッシュできない事態が発生。
え、またカビでも生えた!?
と思ってみたけれどそうでもなく。

再度洗って水だけいれてもシュッシュできず、
スプレーの穴の部分が詰まっているのかと思って、
針を抜き差しして、なんとか使えるようになりました。

IMG_20150626-001-3290.jpg


ところが、あらためてボトルを眺めてみると-

後から買った半透明のボトルは、
以前に買ったナチュラルクリーニングのボトルと、
(現在こちらは販売されていないのか、見当たりません。)違うのが判明。

IMG_20150626-002-3282.jpg

画面手前、白のボトルは先に買ったもの。
確か、ナチュラルクリーニング用のボトル、
重曹やクエン酸対応に内部処理がしてあると
記載があったような記憶が。

グリーン用は無印のサイトでも、
「植物以外の用途に使用しないでください。
重曹やクエン酸でのクリーニングなどに使用すると、
つまりの原因となる可能性があります。」と書かれていました。
絶対に詰まるというわけではないのでしょうが、
注意書きとして書いているので、
明らかに前のお掃除用のボトルとは違うのでしょう。
お掃除用のボトル、復活しないかなぁ~。

よく見ないで同じものだと思って買って、
なにも気にせず使っていたボトル。
今更ですが-
こんなことがなければ、きっと気づかなかったかも(笑)

最初は何回針をさしてもだめだったので、
捨てるつもりでしたが、捨てなくて良かった^^;
消耗品なのでいづれまたその時がくるかもしれませんが、
その時まで・・しっかり働いてもらいましょっと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
06.11
Thu

先日、記事に書いたように洗濯槽の掃除をしました。

日々、洗濯後は槽内の水気を拭き取るだけで、
丁寧な掃除には程遠く、案の定上部の穴の汚れが
気になっていました。

IMG_20150611-001-1334.jpg

穴なし槽ですが、上部にこのような穴があります。
通常の過炭酸ナトリウムを投入する槽内の掃除だけでは、
この部分がきれいになることはなく。

毎回、洗濯後にこんなふうに拭き取ればいいのでしょうが、
なかなか朝の慌ただしい時間、それもできず。

IMG_20150611-002-1339.jpg

やっぱりこんなふうに汚れてるんですよね。

IMG_20150611-003-1341.jpg


なので-

洗濯槽の掃除をする前に、
過炭酸ナトリウムを水で薄めたものをこの部分にスプレーし、
(もしお試しされる方は自己責任で。塩素系は錆るのでNG)
しばらく放置。温水を高水位までいれ、
(設定しても上まで届かないので、バケツで足します)
過炭酸ナトリウムをいれて洗濯機をまわし、
掃除すること6時間、槽乾燥し終了。

それなりにキレイになりました。
それなりに・・というのは、やはり鏡でチェックすると、
隅っこの汚れはとれていないのが判明。
先日コメントをくださった方のように、
歯間ブラシで穴のなかを掃除するということは、
私にはハードルが高く諦めました。

IMG_20150611-004-1343.jpg


もう一つ気になったのは-
槽内の石けんカスが残っていてザラつきます。
上の方、白い石けんカスが付着。
毎回、拭いているのになぁ・・・と思いながら、
手で触ったり、しっかりライトを照らして見ることもなく、
手抜きなところもあるのが原因かなと反省。

これは過炭酸ナトリウムでは落ちないので、
翌日改めて掃除をすることに。

溶けやすいかなと思い、ぬるめのお湯を
高水位まで溜め、(ここでもバケツで水を追加)
カップ半分のクエン酸をいれて2~3時間放置。

IMG_20150611-005-1789.jpg


放置するだけで良いのですが、
頑固な石鹸カスがついていたので擦りました。

IMG_20150611-006-1801.jpg

その後、普通に洗濯をするようにして脱水して完了。

画像ではわかりにくいですが、
石けんカスのザラつきがきれいに落ちました。

IMG_20150611-007-2065.jpg


ピロピロワカメがでない構造とはいえ、
上部の穴の汚れは仕方ない-
と半ば諦めモードです。
もう少しこまめにスプレーだけでもして、
簡単掃除を増やしてみようか、などと思ったりも。

時間と心の余裕がある時に-
そんなゆるゆるな気持ちでやっていければと思いました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 15
05.26
Tue

今月初めに掃除機が壊れたことを書きました。
しばらく、掃除機なしの生活をしてみて、
やっぱり掃除機を購入しました。

悩みました。
お決まりのように
紙パック式はサイクロン式か、で悩みましたねー。

それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で、
サイクロン式にしたのですが-
(それぞれの特徴などは色々なとこで書かれているので端折ります)

ただ単純にゴミ捨て、お手入れのことだけでいえば、
紙パック式がラク! だと思います。
以前のものは紙パック式だったので、
ランニングコストはかかるにしても、
ゴミのことなんて、紙パックがいっぱいになるまで
考えたこともないし、見ることもなかった。

ですが、サイクロンにしたら、
使用の度に見えるゴミ、埃。
1回でこれだけとれるのか~と目の当たりにすると、
最初は衝撃的でした。
当然の如く、今までよりお手入れに時間がかかります。

勿論高機種だとお手入れもラクなのかもしれません。
そのへんはわかりませんが。

最初はやっぱり売れ筋の機種に目がいきました。
へ~こんな機能があるんだ、とか、
今までない機能に、へぇ~、へぇ~と驚きで。
でも、結局よくわからなくなったというか、
便利な機能がどこまで必要か考えると、
そんなに要らないな~ってことで、
最小限、吸引力があるもの、
マイナーチェンジされながらも
今も販売されて口コミもいいものを選びました。
まぁ、安かったし(笑)

+

ただ、サイクロン式にしてみてわかったこと-

ホースと本体の繋ぎ目だってね、
前は紙パックの交換の時しか見えなかった、見なかったけれど、
ゴミを捨てようとカップを取り外すと見えるんですもん。

IMG_20150526-001-0055.jpg


この埃の塵汚れ、これもずっと溜まっていくと、
ほんと、容易にとれない。(以前の掃除機がそうだった)
とれないから、そのまま放っておく、
ますます汚れがたまる、とれない、
その悪循環でいつしか放置になるのが目に見えている。
なので、一応さっと拭くことに。

見えなきゃ、見えない、知らない、
気づかない、で済むんだけれど、
(結構、いい加減です、ワタシ)
でも見えるとね(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^

続きを読む

comment 4
05.03
Sun

少し前にAll Abautで気になった記事-
詳しくはコチラの記事で。


トイレの汚れの原因といわれている、
小用時の飛び散りの尿ハネ

男性の尿ハネが臭いの原因だと考えられ、
最近は座って用を足すという方もいらっしゃるかと思います。
けれど、座ったままの時は便座の裏面に尿ハネが付着しやすく、
女性の方が便座の前側が汚れやすく、
意外や意外、男性より女性の方が、尿ハネしているそうなのです。
便座を上げる機会が少ないため気付かず、
放置したままになり臭いジミをつくることになるのだそう。
夫や子供のせいだと思っていたら、
実は自分だったかもって話し。
いや~驚きでした。こわい、こわい(笑)
ちょっと衝撃的な話しでした。

その他にも、トイレ汚れの原因は、
服の着脱とトイレットペーパー使用時の
埃によるトイレダスト
トイレダストにしても、リビングや寝室の埃よりも、
トイレの埃の方が多くの菌が存在するだけでなく、
埃を栄養にして増えそれが嫌な臭いの原因にもなるということを
以前、何かで読んだ気がします。

洗浄の水の汚染ミスト
これもトイレの蓋をしないで流すと、
便器内の菌が舞い上がるという。
蓋をしてから流した方が良いということですね。

結局、臭いの軽減とするには、
汚れや埃、こまめの掃除で蓄積させないこと-
これに尽きるのでしょう。

line20.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
back-to-top