11.30
Tue
年末が近づくと、あちらこちらで掃除の話が聞かれます。
『年末の大掃除』を今のうちから少しずつ・・・って思って、
掃除をされている方もいらっしゃることと思います。
我が家は今まで、年末も仕事だった事もあり、
年末に大掃除をするという観念はありませんでした。
なので掃除に関しては、時々、日常の掃除の時に、
ひと手間かける
ということを組み込んでいます。
ほんの少しの手間で、まとめて大掃除をすることが少なくてすみます。

ずっと私のブログを見てくださっている方はご存じだと思いますが、
我が家は、用途別に住居用洗剤を使わなくなって、
重曹やクエン酸、セスキ炭酸ソーダを使って掃除をしています。
そして、カラフルな色が気に入ってはないけれど、
性能の良さに惚れ込んだダイソーさんのスポンジが浴室掃除には欠かせません。
(その時の記事はコチラ→
ただ、ずっと入手困難になっているのです。廃盤かと思ったらそうではないようで、
残り1個とか見つけたら迷わず買うのですが、ここ最近はそれさえも難しくなりました。
さてどうしたものかと思っていた矢先、いつも暮らしの中で、
色々な工夫をされているブロガーさん、
rionnさんが紹介されていたスポンジ(記事はコチラ→)を見て、
ナチュラルカラーなスポンジがあるもんだと思っていたら、
見つけたので買っちゃいました。
これも洗剤不要で大丈夫ですが、我が家はクエン酸やら重曹などと併用しています。

我が家では、キッチンスポンジとしては今のことろ使わないのですが、

daiso.jpg

浴室掃除で試してみました。

丸印のところは、以前の記事にも書きましたが、掃除のチェックポイントです。
白い水垢残りや、ザラツキの残りやすい部分です。

(くわしくは、コチラ→
daiso2.jpg

浴室の換気扇も、私、時々こうして天井を掃除するときに一緒に掃除します。
もちろん水を直接かけませんが、しぶきでかかっちゃいますので、
トイレの換気扇のようにココリン棒を使わずとも(コチラ→)埃知らずでキレイです。

使い終わった率直な感想は、
悪くはないです!自由に好きな大きさにカットできるので、
細かな部分をこするのに便利。浴室の壁、浴槽も、ほぼ洗い上がりは満足です。
ただ、蛇口やドア部分の白く水垢がつきやすいところは、
茶色の不織布のところを使いました。
日常使いでは問題ないと思いますが、私は、少々もの足らなさが否めません(ーー;)

トイレの縁裏をメラミンスポンジだけで、日常掃除をしていても
時々、しっかり擦るということが大事だと実感しているので、
(1番上の☆にも書いているとおり)そういう面からも考えると、
残念ながら、今までのスポンジがダントツなのです。
トイレ掃除も使い古した今までのスポンジ(コチラ→)が
大活躍してくれていましたから。

目に見えて汚れがあったり、目立つ汚れがなければ、
『一般的な浴室用スポンジ』と使用感は変わらないと思います。
お得感もあり、これは使えるスポンジだなあと思います。

シンプルカラーは☆5つあげたい気分です^^
どうもあの原色カラーは、なぜ?と思いながら使っていましたから、
このスポンジカラーで、もう少し性能を一捻りしていただければ、
最強で、文句なしのスポンジと言えるのですが(笑)
まあ、浴室専用スポンジでないから仕方がないのだと思いますが・・・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
11.29
Mon
私の留守中に、契約をしている新聞やさんが来て、
次の契約のお願いにきたそうな。

新聞の購読に関しての契約は、我が家では夫ちゃんがしているので、
私はノータッチなのです。だから、以前記事にも書きましたが、(コチラ→
夫ちゃんのいないときには、私が契約することはないのでお断りをしています。
今契約をしている新聞は、その時の失礼な新聞社の新聞ではありません。

で、以下伝聞ですが、

「もう契約がきれるので、次またお願いしますよ~」「××もつけるので~」
夫ちゃんは、欲しいモノがないから、別に要らないって言ったらしいのですが、
営業さんが、「じゃあこれ、良い洗剤なんですよ~これどうぞ」と言って一緒に
置いて行かれたのが、

DSCF4966.jpg

これです! 

( ̄Д ̄;; まさかこれがくるとは思ってもみなかったのです。
以前新聞屋さんからいただく洗濯洗剤は、一般的な洗剤だったので、
新しい洗剤を使ってみたかった時、必死で消費したものです。
だから、新聞屋さんからの洗剤といえば、今回のコレとは思わなかったのです。
確かにこの洗剤、前のよりはお高めだし、イイ洗剤です・・・ね。

ですが、我が家では、新しいタイプの洗剤を使ってみて、気になるところがでてきたので、
やっぱり、元のタイプのような洗剤の方が我が家には向いているのかなと思い、
(その時の記事はコチラ→
元に戻したのです。(;´д`)トホホ

よりによって、使うのをやめた洗剤がくるとは思いもよらなかったので、

見た瞬間、唖然としました。


しかし、常日頃、自分が使わないものは手放して、不要なモノはおうちにいれないように「断」ことを
している私なのですが、おうちに入ってきちゃったモノ、さてどうしましょ。

いえいえ、贅沢を言っちゃあ、いけませんね。

使い方を変えて、「すすぎ」を多くしたりすることもアリなのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・ε-(;ーωーA フゥ・・・・・・・・・・・
そんな問題でもないし・・・・。

夫ちゃんは、多めに洗剤をいれて、(効果あるのかどうかギモンですが)
以前のような使い方をしてみたら?と言います。
もう一度、試してみるのもアリ? それとも手洗いモノの時だけ使う?
などとあれこれ思いが巡ります。

おまけに最近、ブロガーさんのところで気になるエコな洗剤を知ってしまい、
お試ししてみようかなと思っていた矢先だったので、
ちょっと、ショックが大きいのです(笑)

まだ我が家で使っている洗剤があるので、少しだけ考えてみようと思います。

我が家ではやっぱり・・・( ´ω` と思えば、誰かにお譲りしようかと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
11.28
Sun
以前の記事で、我が家はバスタオルのお洗濯は2日に1度の取替で、
お洗濯しない時は、干して乾燥をさせているということを書きました。
(その時の記事はコチラ→☆)
アンケートで、多くの皆さんが毎日お洗濯をしているとわかり、
「え、我が家は不潔?」って本当に凹んだり、悩みました(^^;;;

けれど、今年の夏は暑い日が続き、夫ちゃん、朝晩シャワーを浴びていました。
水道代の節約だなんて、いってられませんでした。
ホント、猛暑続きましたもんね~。
なので、バスタオルも朝晩使うとなると、やっぱり1日おきではキビシイので、
毎日お洗濯するようになりました。

そのせいでもないのですが、ずっと使っていたバスタオルが随分くたびれてきました。
破れたわけでもないし、カビの発生があったわけでもありません。
もったいないかなとも思わなくもありません。
基本、私は、モノは壊れるまで使おう、モノの命をまっとうしようと思っていますが、
いかんせん、吸水性がだいぶ悪くなっていましたので、
新しいバスタオルと取り替えることにしました。

次に新しいものに変えるときは、かさばるバスタオルの代わりに、
スポーツタオルか、フェイスタオルを使おうかと考えていました。
けれど、ふっくらしたバスタオルに包まれる気持ちよさと、
夫ちゃんの好みを考えて、やっぱりバスタオルになりました。

フェイスタオル同様、タオル工場ぷかぷか日本製ホテルタイプ【普通判】バスタオルを購入しました。
フェイスタオルをずっと使っていて、その良さは十分承知していてます。
タオルのくたびれ具合が全然違うこと、吸水性の良さと肌触り、ヘビロテしても
ふっくら感が損なわない、本当に一度使うと手放せないしリピーターになります。

左側が、おNEWのバスタオルです。
右側がそれまで使っていた別のメーカーのバスタオルです。
新品のタオルは一度お洗濯してあります。

DSCF4957.jpg
やっぱり、厚みが違います。
もちろん使い倒したタオルと新品のタオルの差もありますが、
風合いが断然違います。

お洗濯を繰り返したフェイスタオルでも、ふっくら感は続いています。



こうして見るとずいぶん違いがわかります。
見ただけでも、↓上の画像のタオルは、カラダを拭いても拭き心地が悪そうでしょ(^^;;;

bath towel



古いタオルは、繊維がねてしまっています。これではしっかり吸収しませんね。
bath towel2

夫ちゃんに黙って新しいバスタオルを用意しておいたら、
お風呂上がりに使ってみて、ふっかふかのタオルに驚いていました。
今まで使っていたバスタオルが新品の時でも、そんな感想を言ったことがないので、
やっぱり、肌触りがとっても良いのはフェイスタオルと一緒だなという感想です^^



こんなお試しがあります。超オススメします♪ 



ずっと前は、タオルなんてそう差なんてないだろうと思っていましたが、
本当にぷかぷかさんのフェイスタオルに出会ってから、その差が歴然とわかり、
使えば使うほど、その良さがわかります。

今回、お役ごめんになったまだ使えそうなタオルには申し訳ないけれど、
(ウエスにリサイクルです)
バスタオルを念願のぷかぷかさんのに変えて、愛着を持って使えそうです。

お気に入りのモノを大事に使うシンプルな暮らしをしたいと思っている私です^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
11.27
Sat
冬になると、お肌が気になる季節です。
以前テレビで、すごく肌のきれいな歌手の方が、
肌のキメの細かさの秘訣を尋ねられて、化粧水を顔からデコルテまでたっぷりつけている話を
されていて、ナルホドと思ったことがありました。
なので、化粧水はかなりの勢いでパシャパシャ使っています^^
春から夏にかけたは、さっぱりしたものを好みますが、
どうしても秋から冬になると、乾燥しやすくなるので、
保湿効果の高い化粧水にチェンジします。

前回の無印週間の時、ざくろ石けんと一緒に購入したものが、(記事はコチラ→
この高保湿化粧水です。
無印の化粧水って購入したことがなかったので、敏感肌用化粧水かどれを選ぼうか
迷ったのですが、『高保湿』が決め手になりました(笑)

mujicosme.jpg

あのときは、まだ手持ちの化粧水があって使っていなかったのですが、
寒くなって暖房をするようになると、乾燥しだしてきたので、使うようになりました。

私は、冬に使う化粧水はどちらかといえば、テクスチャーが、トロっとしたものが好きなのですが、
(気分的にトロっとしていた方が、保湿効果が高そうな感じがしているだけだと思いますが)
このMUJIの化粧水、さらっとした使用感で、ベタつかないにも拘わらず、浸透しやすく、
保湿効果はあると思いました。
時々その後につけるクリームを忘れてしまう時があるのですが(^^;
翌朝、モチっとした感じが残って、乾燥知らずです。ただ真冬になるとこうはいかないと
思いますが(笑)
それでも、化粧水をつけて手のひらで頬をおさえると、しっとりと吸いつくような感じはあります。
香りもほのかなローズの香りで、きつくもないので気に入りました。

リピジュアという成分がはいっているのですが、リピジュアというのが、
保湿力はヒアルロン酸の約2倍だということらしく、高い保湿力があるようなのも、
使ってみて納得しました。

ズボラーな私は、あれこれ色々な種類の化粧品を使うのが苦手なので、
シンプルに必要なモノだけを使っていますが、化粧水だけは、ふんだんに使っています。

無印の化粧品は、何よりもお値段が手頃なので、
たっぷり使えるというのも魅力的なので、リピするかなと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
11.26
Fri
お出かけ先でもらう観光パンフレットや、ショッピングモールなど
施設ご利用案内のパンフレットなどの、ご自由にどうぞのパンフレット類。

DSCF4803.jpg

我が家は、こういったパンフレットを夫ちゃんが必ず手にします。┐('~`;)┌
(できるなら、チラ見程度ならもらわないで~と思っています)
基本、私は『もらわない派』なので、見たいところがあれば、1冊で事が足ります。
なので、家に持ち帰るのは夫ちゃんの分だけということになります。
ただ、こういった観光パンフレットは、昔はその時に撮った写真と一緒に
『思い出の品』として、アルバムに貼ったりしたものです。

けれど、デジカメで写真を撮るようになって、プリントアウトするものもありますが、
PCで見ることが多いので、アルバムに貼るといったこともなくなり、
(きっと、こまめな方やお子さんのいらっしゃる家庭では、写真もきちんとプリントアウトして、
整理収納をされていることだと思います)
結果こういったパンフレットも、もう一度見るといったことがなくなりました。
夫ちゃんは、こういったものを再び見もしないのに、ずっと置きっぱなしにするので、
一定期間保管したら、処分するようにしています。

思い出として残すのも良いのですが、出かけるたびに増え続けるし、
また、行ったときにもらえばよいわけだし、二度と行けそうにない場所のものなら・・・、
保管もアリかもしれませんが、パンフレットなどの情報は常に新しくなっているので、
情報雑誌と一緒ですね。基本持ち続けることはしません。


さて、ポイントカードなど入会申込をしたときの説明書みたいなもの、
これらの小さい字で約款など書いているパンフレット。隅から隅まで読む方はいらっしゃるのでしょうか?

DSCF4918.jpg

私、読みませんね~(^^;
かといって、即 捨てるわけにもいかず・・・一応保管しています。
できるだけモノを増やさないように、買うときには選んで必要なモノだけ、と思っていたはずが、
結構その場の流れで、ポイントカードなんて作ったりして、
お財布はお金でパンパンということでなく、ポイントカードでパンパンなどという状況に
なっていたわけです。
カード申し込み時に付随する説明書もそれにともなって、増えていきました。
安易に作ったツケだと思って反省しました。
そういったカードも時々見直して、ほとんど使っていなければ処分することが、
増えない一手かもしれませんね。




キッチンの保存容器を買うと、使い方やお手入れの仕方、
パッキンの交換方法や、型番が書かれた紙がはいっていますよね。
こういったモノってどうされていますか?

DSCF4916.jpg

私は、必要なモノはとりおきするようにしています。

たとえば、キッチンの収納で使う白いカゴなどは、
似たようなモノがいくつもあり、同じように見えてもメーカーによって微妙に違います。
なので、万が一追加で購入する時、
(今までの失敗の経験上、基本収納モノはまとめて購入することにしています)
揃える意味でも型番を控えている方が良いのと、商品についているラベルなど、
結構小さいものもありますので、チャックつきの袋に収納しています。

DSCF4920.jpg

でも、この袋、再利用なんです^^
調剤薬局で薬を入れてくれる袋です。捨てないでとっておいています。
わざわざこの収納のために、新しい袋を購入しなくても薬がはいっていただけの袋ですから、
汚れていることもなく、透明でチャックつきなので重宝します。
食品を入れるのには少し抵抗があって使うことはなくても、
こういった小さいモノをいれるのには、透明のこんな袋が中身もわかって便利です。
私は、冷蔵庫にメモなどは貼らないので、ちょっとした覚え書きレシピなども、
この袋にいれて、収納しています。



請求書や領収書などの明細書などと一緒で、以前の記事にも書きましたが、(コチラ→
紙類って、ついちょっと、と思って置いておくと、たまりがちになり、
後でまとめて処分となると大変です。

おうちの中に大事な書類でもない、不要だといいきれないけれど、
必要というほどでもない紙類ってありませんか?

すぐに判断できれば良いけれど、ちょっと判断つきにくいものは、
期間を設けて保管し、不要なモノは処分するというふうにして、
紙類をためこまないことが、おうちスッキリにもつながると思います^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 0
11.25
Thu
以前、キッチンの吊り戸棚がなくてもよい存在だということを書きました。
(その時の記事はコチラ→

背が低い私にとって、吊り戸棚の上段は背伸びをしても取り出しにくいので、
日常使わないモノや、とりあえず他で置き場所に困ったモノなどを置いていました。

前々から吊り戸棚の存在にギモンを抱いていた私なので、いっそ
吊り戸棚を空っぽにして、使わなくしてしまおうかとも思ってみたり。
でも、収納が少なくてあっぷあっぷしているので、流石に空っぽにはできませんでした。(;^_^A

一つの吊り戸棚には、ほとんど夫ちゃんが使う製菓道具をまとめて置きました。
私がパンやお菓子を作ることは稀なので、頻繁に出し入れしないことを考えると、
上段に置いたとしてもさほど問題がないだろうと考えました。

DSCF4895.jpg

下段は、ハンドミキサーとアク取りシートなどを入れたカゴを置きました。
本当は、白いカゴで統一感を出したかったのですが、
魚焼きシート(これはなくてはならないモノなのです。記事はコチラ→)が入らないので、
違和感はありますが、使いやすさ優先ということで。


こちらの棚は、以前の時と違い、上段に何も置かないようにしました。
必要以上に保存容器があったりして、結局、出番の多いモノだけを選び残しました。
保存容器もつい増えがちになりますが、よく考えてみると使っている容器って、
使いやすいモノ、匂い移りのないモノをつい手にとってしまいます。
実際持っている数より、少ない数で、十分に事が足りていることに気づきました。

DSCF4891.jpg

以前にもこういった保存容器はかなり処分したはずなのですが、
それでも多いということだったのですね。

ずいぶんスカスカになりましたが、以前のようなギュウギュウの収納より、
何がどこにはいっているかわかりやすいし、とりだしやすくなりました。

ただ、おうちによっては、季節モノの食器の保管場所であったり、
めったに使わないけれど、なくてはならないモノを置いたり。
そういうモノを置くぶんには、問題ないと思うのですが、
ややもするとこの棚って、本当に不要なモノのたまり場になりかねません。
使うアテのないモノのとりあえずの置き場所として、
不要だけれど捨てられないモノの隠し場所として、恰好の場所だと思うのです。

なので、自分で管理でき使うモノだけを置くことにしました。

使わないモノは我が家にとって、やぱり必要なかったということです。

必要以上にモノがあり、「捨てなくても良い暮らし」までには遠いなあと感じました(^^;;;



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
11.24
Wed
col5.gif今日は収納の話を書くつもりでしたが、
昨日の記事について、コメントをいただいて、
記事では十分に伝えきれなかったことの補足を・・・・。

義理の間柄、義両親からの贈り物、一口に贈り物と言っても、
食べ物か洋服か、インテリアものか、子供のものか、
お土産物か、食器か、「もらいものだけど、ウチでは使わないからどうぞ」
の類のものかによっても違うのですが・・。
食べるモノであれば、よほどの事がない限り頂いても
お腹にいれるかして残るものではないので、
問題ないのですが、それ以外のモノ。
我が家は子供がいないので、
ほとんど食べるモノ以外の贈り物がないのですが、
一般的にお義母さんから、「これ使って」と言われて手渡された時に、
無下にことわれないというのが、普通だと思います。
まして、そういう気持ちを持ってくださっているということは、
きっと息子夫婦によかれと思ってしてくださっている気持ちなので、
すごく良好な関係だと思います。
そういう気持ちのやりとりも大切だと思っています^^

けれど、贈ってくださる相手の気持ちも十分わかったうえで・・・なのですが。
自分(家族)の好みに反して「どうぞ」と言われたら、
ほんとは「うぅ、これは・・困る」というようなモノでも、
本音は、受け取りたくない気持ちでいっぱいであっても、
建前はニコニコしながら受け取らざるを得ない場面に遭遇することってあると思うのです。

景品だろうが、みすみす使わないであろうモノであっても、
モノを増やすことに抵抗を感じなかったかつての私は、受け入れていました。
でも、使わないであろうモノをもらっても、使わないでしまいこむかして、
結局、不要なモノとして処分するはめになってしまっていました。

モノの多さにうんざりして、なくすことをはじめて、
モノは使ってこそだと思い、使わないモノほどもったいないものはないと思いました。

なので、先日記事にもしましたが、(コチラ→)本当に使うと判断したものは遠慮なく頂きますが、
使わないものはお断りするようにしました。
すべて白黒をつけての判断ばかりではありません。グレーゾーンの場合もあります。
もちろん、その時の状況や言い方もあるので、いちがいには言えませんが、
そのなかの一つの手段として、一番無難であろうと思われる、夫ちゃんにお断りしてもらうこと。
そうして、我が家の状況もきちんと伝えるようにしました。
また、自分で言える状況なら、感謝しつつも偽らず話すようにしました。
ひょっとしたら、その時贈ろうとした相手は気を悪くしたかもしれません。
それは人の心の中なので、ほんとのところはわかりませんが、
人間関係がまずくなったということもありません。

でも、色々な人間関係があって、言わないで良好な関係が続けられるならそれも良し。
モノを減らしたいところに増える要素があって、ほとほと困り果てるなら、
そこは、やんわりじんわりと自分の思いを伝えるのもひとつの方法。
相手の気持ちを優先に考えるもひとつの方法だと思います。

自分の暮らしをどうしたいか?

そこに至る過程で何を優先順位にするかは、
人それぞれ・・・ってところではないかなと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 13 trackback 0
11.23
Tue
暮らしの中で、全て自分のお気に入りのモノばかりで生活できれば、
最高ですが、なかなかそうはいかないところもあります。

「断」ということについて少し考えてみました。

おうちの外から入ってきたモノが、自分の好みで、丁度使うモノなら大歓迎ですが、
そうでなかった場合さて、どうしましょ。

先日の新聞の勧誘の時の粗品のように(不覚にも私はいただいちゃいましたが)
即座にことわることも可能です。そういった粗品の類ならたやすく処分しやすいかもしれません。
入ってきたモノを置き続けないで、処分すればモノは増えることはありません。

けれど身内、特に義理がはいる間柄からの贈り物で、好みのモノでない場合
困ってしまうことありますよね。

相手方が「それぞれ好みがあるから、好きなものを買いなさい~」なんて
思ってくれれば問題ないのですが、それでも大なり小なり、
義両親からの贈り物で、悩むことってありますよね。

いただいて、からが問題なのですよね。

ずうっともらい続けますか?
今後も好みのモノでなくてもとりあえず頂いて、
不要なモノとレッテルを貼って押入にしまって、挙げ句フリマかバザーか。
たまの贈り物なら目をつぶることもできなくはないです。
そこらへんは、個人の感じ方次第といったところでしょうか。

実の親なら、気を遣うこともなく言えても、
義両親の贈り物であれば、言いにくいですよね。

ダンナ様にそれとなく言ってもらうのが1番良いと思います。
もちろん実の親子であっても、感謝の気持ちは忘れてはなりません。
でも少なくとも、嫁が言うよりはギクシャクしないのではないかと思います。
やはり、義理がはいると本当の本音というものが見えてきません。
それはお互い様だと思いますが。
なので、実の子供が親に言うのが当たり障りがないと思っています。

もちろん、相手の気持ちをおもんばかって、好みのモノでなくても受け入れ、
後からそれらの処分に費やす時間をもろともしない人ならば、
波風をたつようなこと(たつかどうかはわかりませんが)を言わなくてもと
思われるかもしれませんね。

でも、不要なモノだと思いながらもらい続け、「困るのよね~」と思い続けるより、
自分たちの気持ちを伝えた方が、長いおつきあいをしていく上で、

ずっとずっとラクだと思うのですが。



我が家は義母から、海の幸を頂くことが多いので、本当にありがたいと思っています。
なにかにつけて送ってくださるので、大助かりです^^

DSCF4874.jpg
 冷凍庫の残りものです・・・

蟹は好きなのですが、蟹ミソや外子、内子が苦手です。
夫ちゃんが好きでリクエストしているのでこれはしかたがありません。
なので、好きないくらの醤油漬けや秋刀魚などはしっかりアピールしているので、
そこはかとなく、余り好きでないものは伝わっているような気がします(* ̄▽ ̄*)

以前、義父から「河豚の卵巣の糠漬け」というものを頂きました。
好き嫌いのない夫ちゃんも私も、これにはお手上げでした。
で、夫ちゃんには絶対「おいしかった」と言わないで~と懇願しましたよ(;^_^A
いえいえ、流石に夫ちゃんも食べられなかったので、同意見でしたが(笑)
へたに「おいしかった」などと言おうならば、また届いたら大変です。
味がどうだった?と聞かれたら「お酒呑みでないから、我が家には・・・」って
やんわりと伝えるつもりでした。

他人や、そう親しくない間柄の関係であれば、頂いたモノが好みでなくても、
気持ちとうらはらに、偽った気持ちを伝えることもあるかもしれません。
長いおつきあいをしていく間柄、ずっとそれをしていたら、しんどいと思うのですよね。
嘘も方便ですが、嘘がわかったときに、嫌な気持ちになる嘘はつきたくないなと思っています。
ひとつ嘘をついたら、ずっとつき続けなければならなくなるような気がします。
なら、最初のうちに本当の思いを伝えた方が、心底、心のこもったつきあいが
できるような気がします・・・・が、相手がある話なので難しいかもしれませんね。



花咲カニは美味しいです♪




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
11.22
Mon
かつて私は、『どうせ××だから・・』っていう最もらしい理由をつけて、
あきらめ半分だったり、最初から否定モードでマイナスからの出発みたいな
考え方を持っていたりしていました。

なので、『暮らす』ということも、
まず『賃貸だから』という理由ありきで、物事を考えるクセがついていました。
賃貸だから、自分の持ち家でないからという理由づけで、
「まあ、仕方がない」っていう思いがあって、ここにこうしたいけれど、
自分の家じゃないしね~って物理的に不可能な事を除いて、
収納やインテリアなどでも、どこかで、この住まいに手をかけても
もったいないかな~とかそんな気持ちがあったり、
間に合わせの収納でも良いかとかという安易な気持ちで選んだりしていました。
でも暮らしていくなかで、そんな気持ちでいると、
全てがマイナス思考になってしまうことに気づきました。

お掃除に関しても、『どうせ賃貸だから・・・』っていう思いがでると、
一生懸命掃除をしても、空しくなります。
ピカピカにしたシンクも、きれいに保たせたいっていう気持ちが萎えてきます。
ならば、『今の暮らし』を大事にしようと思えば、毎日の暮らしが変わってきます。
お借りしているおうちですから、退室後にリフォームはされるのでしょうが、
それでもお返しするまでは、できるだけきれいな状態でと思っています。

『今の暮らし』を大事にするには、嫌なモノを仕方なく使っていては、
そこに「どうせ××だから、まあいっか~」って思ってしまったりもします。
もちろん、先を見据えねばならない事もあります。
みすみす近々に状況が変わるのに、そのことを考えず今欲しいからって
モノを買って満足することは控えた方が賢明です。
でも、いつか××のために、という不測の状態に備えての暮らしにばかり
目をむけて、全ていつかのためにの上に、今の暮らしがのっかっているだけの
空虚な暮らしは、少し淋しい
・・気がします。

やっぱり、今、自分がどう暮らしたいか、が
大事だと私は思っています。

『どうせ××だから・・・』って思ってしまうと、
そこから先には何も進めない気がします。
先に進めないどころか、よどんだ空気のなかで暮らすことになってしまいます。
そんななかでは、今を楽しむこともできません。

お掃除にしてもお料理にしても一緒のことだと思います。
結局しなくてはいけないなら、嫌々するより楽しくした方がイイに決まってる。
嫌々するならやらない方が絶対にイイって思っています。
なので、前にも書きましたが、カラダがしんどい時は、家事も手抜きでいいんです。
できる時にできるだけの事をやればいい。
心地良く暮らすための工夫、そういうふうに思うと、
すごく気がラクになって、自分のペースで自分のやりやすいように
おうちの事ができます。

目標のために頑張ることも大切、かもしれません。
目標達成までの我慢も、時には必要かもしれません。

でも、『今』を大事にしたシンプルな暮らしをしたいと思っています。



DSCF4873.jpg
 また夫ちゃんが、ガチャガチャでこんなのを見つけてしまいました。
 狙うモノがでてくるまでガチャガチャしませんよ~に(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
11.19
Fri
今日は、かなりジャンルからかけ離れているのと、
馬鹿馬鹿しくも呆れてモノも言えない話なので、お嫌な方はスルーしてくださいね。

deni2.jpg



夕ごはんの支度をしている時に、ピンポーン。

「誰だろう、この忙しい時に・・」と思いつつ玄関のドア越しに確認して、
「どちら様ですか?」と尋ねると、
「××(我が家の棟の名前)担当になりました、○○(個人名)と言います~」と言います。

管理会社の担当が変わったのかと思って、ドアを開けると、

某新聞販売所の拡張員でした。

違うじゃない!新聞屋さんなら、どこそこ新聞ですと言ってよ~と思うが後の祭り(;´д`)トホホ


「このたび担当が変わりましたのでご挨拶に伺いました。コレ(と言ってすぐさま粗品を手渡す)どうぞ」
と、なにやら、デパートの包装紙の10×20センチ四方の薄い箱を手渡されました。

言うまでもなく、新聞勧誘です。
「今どこの新聞?」から始まり、「そこが終わったら三ヶ月だけでもいいから~」と
お決まりの文句の連発です。
「景品つけるから~」「○○もあるし~」と以前にも書きましたが、(記事はコチラ→
勧誘のコトバはほぼ同じことをおっしゃいます。

お断りをしても、「なんとかお願いしますよ~」と泣きのオーライ、万々歳ってとこでしょうか。
いえいえ、こちらも負けてはおりませぬ。
「私の一存ではいきませんので」の一点張り。
それでも、食い下がってきますね、まあ当然っちゃあ当然ですが。お仕事ですもの。
わかりますとも!

で、しばらく押し問答の末、あちらが折れました。

が、その時ですね、その時、私の手にあった粗品を指さして、
それ返してと言わんばかりに、目で訴えていて、
「その代わりに食品のフリーザーバッグ差し上げますから~」と言って、
私の手から取りあげ、
フリーザーバッグが入っているかと思われる薄っぺらい袋が手渡されました。
その間、一瞬の出来事でしたよ(ーー;)
その後、「また来ますわ~」と言って帰って来ました。(゜Д゜) ハア?? なんですと?

私、呆気にとられましたよ~。気分悪ぅ~です。
「え?これって担当が代わったからご挨拶の粗品ではないの?」
私、そう思っていました。ん?違います?? でも、違ったのですね。
契約しなかったから、これは、粗品から景品に早変わりしたわけですね。
だから、契約しなかったから、「それなら渡すものか」ってな感じなんですかね~。
渡した粗品は挨拶だけではもったいない。契約しないところには渡す価値もない。って感じ。

別に粗品なんて欲しいわけではありませんよ~。
「ご挨拶に伺いました」と言って手渡したのは、どこのどちら様ですか(`へ´)フンッ。
最初から、粗品なんか渡さず、挨拶だけで来られたならなんとも思いませんが、
なんだか気が悪いです。
でも、不要なモノ(かもしれなかった)が、家に入ってこなかったということで、
(フリーザーバッグは消耗費品ですし)良しとしましょう^^

そもそも、最初からどこそこ新聞って名乗るのがスジでしょう!
紛らわしい言い方をして、ドアを開けさせて、
ご挨拶に~などと言っておきながら、さらに粗品とおぼしきモノを手渡し、
(ココが肝心。決して景品とは言ってなかった)契約の返事をしなかったから挙げ句の果て、
ショボイペラペラの2枚しか入っていないフリーザーバッグと交換して、
「これ便利ですよ~使ってくださいね~」なんて軽い口調で言いたいことだけ言うか~!!

激怒しているわけではなく、呆れかえりましたね~。┐('~`;)┌



某新聞社の拡張員さんか、販売店の拡張員さんか知りませんが、
あまりにも失礼ですよ~(--メ)

こんな状態だから、アナタさまのところの新聞、とりたくないんですよ~と思ってしまいます。

夫ちゃんが帰ってからこのいきさつを話しました。もうただただ呆れ果ててました(^^;


しかし、ショボイですよ~。全国紙でしょ。
営業の仕方、これで良いんですかね~。
各販売店さん任せなので、末端までわからないとは思いますが、
販売店さんの販売会議なんて本社か支社であると思うのですよね。
もう少し、礼儀ってわきまえていただきたいなあと思うのですが・・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
11.18
Thu
以前、砂糖と塩の容器について暫定的に置いている話を書きました。
(そのときの記事はコチラ→

あれから使い続けてみて、『料理をする近くに置く砂糖と塩の容器』について、
我が家ではどうやら落ち着き先が見つかりました。

はやり我が家では、塩は、毎日のトイレ掃除の後、
『盛り塩』として使うということもあり、
消費も結構早いので、小分けをして、小さな容器にいれると度々移しかえを
しなくてはならないので、前回から暫定的に使っている、
スナップウェアーの角形 サイズの容器に
1kgの袋をそのまま入れて使っています。これが一番最適だと実感しました。

ただ、砂糖に関しては、塩以上にどうしたものか悩み続けました。
砂糖1kgがきちんと入るスナップウェアーの角形 サイズにして、
『日々使うための容器』は、砂糖だけ別の容器にしようか?とも思いましたが、
塩の容器がゆるぎないのと、塩と砂糖の容器がチグハグなのもどうかと思い、
結局前回のスナップウェアーの角形 サイズの容器で落ち着きました。

DSCF4819.jpg

ずっと私のブログを読んでくださっている方は、ご存じだと思いますが、
夫ちゃんが、パンやお菓子を作るので小麦粉や砂糖の消費も多いのです。
袋から取り出すあの『バフン』という感じが嫌なのもあり、
粉モノは、スナップウェアーの容器を使っています。
小麦粉の種類が更に増えたのもあり、
薄力粉も以前使っていたIKEA の容器から変更しています^^
我が家の粉モノ、以前よりずっと幅をきかせすぎ状態になってしまいました┐('~`;)┌ 

けれど、1kgの砂糖の小分けをした時、残った砂糖の『保管用』兼、
夫ちゃんが片手で使えるのに便利なので、グラニュー糖同様、
IKEAの365シリーズの容器は そのまま以前どうりのまま使っています。

本当に、キッチン雑貨で、あれこれ悩みますね。

ほとんど毎日出番の多い、砂糖と塩の容器。
おうちによって、洒落た小さめな容器で事が足りるところがあったり、
自分のお気に入りの容器にしたり、それぞれですよね。
我が家も、結果的に砂糖の容器は2つのままで、よそから見れば無意味、
ムダかもしれません。
けれど、家事導線、使い勝手はそれぞれのおうちによって違ってきます。
我が家の『迷いながらの砂糖と塩の容器』は、
『迷いがなくなった砂糖と塩の容器』になりましたというご報告でした^^

追記:

その後、IKEAの容器での砂糖の収納はグラニュー糖のみになりました。



今月はお買い得ですよ^^ 32%OFF!
他にも超お得なモノもありますね。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
11.17
Wed
結婚して関東に来て、ひとつ残念だなあと思うことは、
スーパーで『生きたタコ』が売られていないこと。(T.T)
海がない県でもないのですが、近くのスーパーでは、茹でたタコしかお目にかかれません。
もちろん、百貨店の食品売り場の鮮魚コーナーには、『生きたタコ』が
売られている場面にでくわすこともありますが、大手のスーパーでも見たことがなく、
一度尋ねましたが、扱っていないとのこと。

なぜに、私が『生のタコ』にこだわるかというと、
私は結婚するまで、一般的にスーパーで売られている『茹でタコ』は、
買って食べたことがありませんでした。
もちろん、外で食べるものにそういったタコが使われているのは当然のことなですが、
家で調理をする場合に限ってという話です。
なので、家でタコの料理をすると言った時、生きたタコ、もしくは生きてはなくても、
『生のタコ』を買って、家で茹でて食べていました。
なので結婚後、正直言って、茹でたタコを食べた時は、少しショックでした。
タコの弾力といい、味といい、何か物足りなさがありました。
これは、茹でたタコしか食べたことがない方は、機会があればぜひ、ぜひ、
『生のタコ』を家で茹でて、その違いを食べ比べしてもらいたいと思うくらい、味が違うのです^^

先日、帰省した時、小さめですが『生きた明石タコ』が手にはいったので、
冷凍して持って帰りました。そして、我が家で調理をしました。
本当は、冷凍などせずそのまま調理していただくのが、最も美味しいのですが、
こればっかりはいたしかたありません。

タコの茹で方を。

今回はタコのスミと内臓はお魚屋さんでとってくれていましたので、ラクチンでした。

1. 解凍したタコです。ちょっとグロテスクで、さわれないと言う方もいらっしゃるかもしれませんね。
  でも思うより慣れちゃいますよ^^

2. タコのヌメリをとるために塩を用意します。

tako1.jpg

3. 画像では、塩が少な目ですがテキトーです(^^;;; 多めにいれると言われたり、
  多めにいれると固くなると言われたり色々諸説様々ですが、目分量です。

4. 20分くらいしっかり揉み込み、ヌメリを取り出します。

5. このような状態になったら次は水洗いです。

6. とくに吸盤や足の付け根にもヌメリがなければ、水でよく洗い流します。


さて次は、いよいよタコを茹でます。

一般的に塩茹ですると言われますが、実家の母が、お魚屋さんに教わったのは、
塩と酢と、少しお醤油を入れて茹でると美味しいよと言われたらしく、ずっとそうしています。
きっと小さい頃から、その味で慣れ親しんだから、
これが美味しいと思っているだけかもしれませんが、
この味に優るものはないと思っています。

塩と酢と醤油の分量は、少々というか、目分量です(すみません、わかりづらくって)

7. 沸騰している湯の中(酢も塩も醤油もいれています)に、足の先からいれていきます。
  足が丸まるようになったら、頭まで入れます。

8. 5分ほど茹でると色が変わってきます。

tako2.jpg

9. ひっくり返してまた5分ほど茹でます。
  茹で時間も、だいたいテキトーなんです。
  正確に計ったことがなく、タコの色を見ながら・・・です(笑)

10. このような色になると出来上がりの目安かしら。


11. 茹であがりました!

12. 蛸の足の先は、昔からお腹が痛くなるからと言われ(たぶん迷信だと思われ)カットします。

tako3.jpg


13. 茹で上がった蛸をスライスして、熱々をそのままいただくのがまた絶 品!なのです。
    道産子の夫ちゃんも、料理をする前のこのタコを食べて、旨い!と絶賛していました~。

茹でるときに、酢と塩、醤油がはいっているので、ほんのり薄味がついていて、
これほど贅沢な食べ方はないくらいだと思っているくらいなのです^^

14. この日はタコの天ぷらにしていただきました。


本当にこのお味を知ってしまったら、病みつきになります・・・が、
こちらで明石の『生のタコ』を手にいれる方が難しいのが、ちょっぴり残念です。

明石の蛸はなぜ美味しいか?お知りになりたい方は、コチラをご覧になってくださいね→


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
11.16
Tue
我が家で使っているキッチンツール、メーカーもバラバラです(ーー;)
不揃いすぎるのと、めったに使わないけれど、ないと困るといったモノがあります。
ツールだけが原因でなく、使っているお鍋の種類や材質によってツールの
使い分けがあったり、昔からの調理手順の使い方だったりするものに
よるのかなと思いました。

画像はほんの一部なのですが、気になるところを・・、

我が家では菜箸が2本あります。通常1本でも問題ないので、
1本「捨」か?と頭をよぎるけれど、天ぷらなどをする時、
天ぷら粉がはいったボウルに食材をいれた時に使う菜箸と、
お鍋にいれて揚がったものを取り出す時に使う菜箸も使います。
ならば、コレは2本でOKってことで良いよねと自分で納得したり(笑)
もし、天ぷらの時に菜箸を1本で使われる方がいらっしゃいましたら、
使い方を伝授してくださいまし~^^

tool.jpg

中華鍋で使う金属のフライ返し。
これは私はほとんど使うことがありません。主に夫ちゃんが料理をする時に使います。
もう一つのフライ返しは、テフロン加工の鍋の時に使います。
木べらは結構色々なところで使っています。
これらは、年季がはいっています。夫ちゃんが独身時代から使っていましたから(^^;;;

不要なモノを捨てる、使わないモノは捨てる、こういった「捨」をするときに、
「普段あまり使わないんだけれど、でも使う時があるのよね~」と
いうことがありますよね。

さて大小のお好み焼きの時に使うヘラ。
我が家でお好み焼きは結構作って食べます。
その時は、やっぱりヘラがなければ返しにくい。
ただ、金属ヘラでないのはテフロン鍋だから。
鉄板ならばやはり、迷わずお好み焼きやさんが使う金属ヘラを
購入していると思います(笑)
いえそれよりも、日常フルに使うモノでないけれど、ないと困るモノなのです。

もちろん、私も日頃から、便利なモノだけれど、代用できるものなら
代用品でまかなっちゃおうという思いで暮らしています。
なので、先日のシリコンスチーマーの代わりに
フードキーパーで代用(記事はコチラ→)するなんてことをしたりするわけで(^^;

けれど、暮らしているとやはり『新しいモノ』に目を奪われたり、
試してみたくなったりすることもあります。
また、こういったツールって追加購入でちぐはぐになったりします。

調理で使う鍋も材質を揃えれば、ツールも合わせて揃えることもできます。
けれど、調理の用途により、違うものをチョイスすると、
異端児なツールの存在がでてきます。

よそのおうちで、鍋もツールもきれいに揃っているのを見ると、
「わぉ~美しい」と思い羨ましくも思います。
ならば、我が家もと思ってみても、それぞれ暮らしていくなかで、
使う頻度や用途が違うと選び方も変わってきます。

今あるモノを一掃して、全て新しいモノにすれば「揃える」事はできますが、
結局、鍋から一掃して材質を揃えない限りは、異端児のモノが残ってしまうのです。
鍋にあったものを使うことを考えれば、仕方のないことだと思います。

こういったツールもの、あきらかに壊れていなくても、
食材がひっつきやすくなったり、いくら洗っても色素沈着みたいな事がおきます。
そういった時に、思い切って買い替えもアリかなと思い・・・ます。
その時は、思いつきでなく、よく厳選してお気に入りのモノを必要な数だけ
購入したいなあと思っています。

それまで、ちぐはぐではあっても、使い倒す気持ちで使うつもりです^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
11.15
Mon
使い終わったら元の状態に戻すこと。

これだけでもお部屋の散らかり具合が違います。
だからといってお部屋が片づくということでもないと思っています。
けれど、元の状態にリセットすることはとても重要だと思っています。

とエラソーに言っていますが、私の隠れたズボラな性格がでると、
「後からしよう」などと思うと、ずるずると片付けをしなくなる可能性もなきにしもあらずです(笑)
独身時代の過去の経験から、体の調子が悪い時を除いて、怠け癖がでて、
「後でまとめてすればいいや」と自分を甘やかせると、
一つが気にならなくなり、二つ目も気にならなくなってしまい、
やがてまとめると大がかりな掃除やら片付けになってしまうのです。

そういったこともふまえ、私の性分なのですが、
1日の終わりには、キッチンシンクの排水溝のネットにたまったゴミを取り除きサッと洗い、
シンクも軽く洗って水分を残さないように拭き取っています。
翌朝、キッチンを使う時に、前の夜に使った食器が残っている状態が嫌なので、
どんなに遅くなってもシンクに何も残さないようにしています。
これは働いていた頃からずっと心がけていました。
歯を磨くといった習慣と同じことと考えればそう苦にもなりません。

出かけて帰ってから、さあごはんの支度をしようと思ったときに、
シンクにその前に使ったお鍋や食器が残っているのがとても、やる気をうせてしまうので、
必ず、使ったその手で洗い物をすませるようにしています。


reset1.jpg

ダイニングテーブルも何も置かないようにしたいと思っています。

が、我が家の夫ちゃんは、結構その辺のところがアバウトで、
郵便物でも食品を取りだした残りの袋など、必要なのか不要なのかすぐ判断できるものでも、
とりあえず置くのです。(ーー;)
そのとりあえずというのが、放っておいたらいつまでたっても、そのままの状態なので、
後から片付けていっています(^^;
でも何もないほうが、テーブルを拭くときもラクチンだし、すっきりします。
そのへんは夫ちゃんもわかっているのですが、
これが、つい、なんでしょう。

でも、夫ちゃんからは、「大雑把」だと言われている私です。
私は掃除はしても、何かにつけざっくり気味なところがあるからだと思っています(笑)

まあどちらもどちらも几帳面すぎると衝突もありましょうが、
お互い抜け落ちているところをカバーしあっていると言っておきましょう( ̄▽ ̄)

以前にも書いたかと思いますが、よほどのことがない限り、
玄関のたたきの掃き、拭き掃除とトイレ掃除(軽いとかの度合いはあっても)は、毎日しています。
やはり玄関って、人を招き入れる最初のところだから、きれいにしておこうと思っています。
トイレは過去記事(→)にもあったように、突然の訪問者がいらしても困らぬように・・と。

玄関のたたきが狭いということもあるのですが、
たたきに靴をおきっぱなしにしないようにしています。
この家はいったい何人家族なの?というくらい、靴が雑然と置かれているより、
最小の数だけ、靴でもスリッパでも一つだけで事が足ります。
来客があったときに、バタバタ片付けることもなく、
「いつでもどうぞ」っていう気持ちで、お迎えしたいと思っています。

reset2.jpg


先日のように数日家を空けるときも、その前に部屋の掃除はもちろん、
浴室の掃除、排水溝の髪の毛などの除去、洗濯機のクズネット、柔軟剤の投入引きだし等をとりだして、
乾燥させて出かけます。

帰ってきてきれいだと落ち着きますし、汚れていないのだから、
明日の掃除は手抜きができるかな、なんて思えるのです(笑)常にラクをしたいと思ってます(*'-'*)

外から帰ってきて、掃除をしてお風呂に入るというより、
すぐに沸かせる状態なほうが、私は気分的にラクチン。
シンクもきれいになっていたら、蛇口をひねって水を使うときも気持ちが良いです。
しばらくぶりの我が家のトイレ、汚れているよりきれいなほうが、ホッとします。

きれいにリセットされた状態だと、とても心地が良いものです。

自分の暮らしのなかでも、公衆のモノを使うときも同じように、
次に使う時を考えると、誰しも汚いよりキレイな方が、気持ちよく使えると思っています。
ちょっと元に戻す、これだけでも違うかなと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
11.14
Sun
先日の帰省した時に、淡路島にも行ってきました。
神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリアから望む、明石海峡大橋です。
夜になるとライトアップされます。

kobe3jpg.jpg


2006年には、このサービスエリアに観覧車が設置され、観光スポットに。

淡路サービスエリアは上りの淡路ハイウェイオアシスと自由に行き来することができ、
Uターンも可能なので、神戸→淡路SA→神戸 といったように、橋を渡って淡路SAで折り返すことが
できます。また鳴門→淡路SA→鳴門も可能。

kobe4.jpg


淡路では、回転寿しの金太郎さん(HPはコチラ→)に行って来ました。
いつもは「サバ」といえば、酢でしめたサバでしかお目にかからぬお寿司も、
こちらのお店で、「黄金サバ」といって、生の新鮮なサバのお寿司もいただくことができます。
画像はありませんが、(^^; と~っても美味でした。
100円均一じゃないのですが、通常のウニも美味しいのですが、
こちらの「黒ウニ」が臭みもなく、本当に美味でした。

DSCF4640.jpg



deni2.jpg

ここからはつぶやきデス・・。
少し家計とちょいとおかしいなと思っているオハナシ・・・

なので、お嫌な方はスルーしてくださいね。

私事ですが、こうやって出かけた時に使った支出は、いままで帰ってから、
レシートを見ながら家計簿を入力していましたが、ガソリン代も含めて
娯楽費としてまとめて入力することにしたので、ずっとラクになりました^^

今回の帰省、車で帰ったのですが、土日祝の高速道路1000円って、
我が家から、神戸まで高速で帰ってもこの限りではないのですよね(T.T)
まあ通常よりはありがたいのですが^^
確か選挙の時に、高速道路、無料化ってうたってませんでしたっけ??って、
わかっちゃいるけど、頭をよぎる~(笑)
でも諸々の控除は廃止方向なんですか~?ってもの申しちゃいました(笑)
ついでに言わせてもらえれば、
たとえ専業主婦でも、おうちに介護する人がいれば、働きたくても働きに行けない場合も
あるのですぇ~。それでも配偶者控除廃止なんですかね~。
なんだかな~って思っているコトでした(^^;;;

テーマとかけ離れたことを書いてしまい、失礼いたしましたm(__)m



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
11.12
Fri
根菜の保存ってどうされていますか?

我が家は、じゃがいもや玉葱を常に常備しているのですが、
根菜類は、低温障害になるものがあるので、基本冷蔵庫保存はせず、
さつまいもや玉葱は通年カゴに入れて陽に当たらないところにおいています。
じゃがいもは、夏場など芽がでやすい時期には、冷蔵庫の野菜室に入れるのがよいのでしょうが、
我が家は同じようにカゴに入れて風通しの良いところで保存しています。

DSCF4746.jpg

カットしてつかいかけのものは、ラップをして冷蔵庫で保存しますが、
買ってきたらそのまま、カゴに放り込んでいます。
ただ、じゃがいもは芽がでやすいのもあり、使いきる数を購入します。
本当は、コストとか考えると箱買いの方がお得感もあるのですが、
屋外での保存が不可能なのと、2人暮らしなので腐らせる可能性の方が大なので、
1個、2個買いか、せいぜい小袋入りのものを購入。

玉葱も本当は吊して保存するのが良いようですが、
雨があたらない場所となると、なかなか難しくこうしたカゴ保存になってしまいます。

先日帰省の時、淡路島にも寄ってきたので、
淡路島特産の「ターザン」という日持ちのする種類の玉葱と
徳島の鳴門金時を購入してきました^^
画像にあるのはちっちゃいですが、とってもおいしかったです。



淡路島といえば、ちりめんじゃこやいかなごのくぎ煮も有名です。

kobe6.jpg

ちりめんじゃこの佃煮といかなごのくぎ煮です。
これが、アツアツのごはんにのっけて食べるとおいしいのですよ。
つい、ごはんのおかわりをしたくなっちゃいます。
もちろん酒の肴にも合うので、ビールや日本酒を飲みながらつまむのもいいですよ。

淡路島に限らず、神戸や明石に住んでいると、
春の時期になるといかなご漁がはじまり、
生のいかなごを買ってきて家で、くぎ煮をしたりする家庭も多いです。
こちらにきてからは、生のいかなごの入手は無理なので、
こうしたくぎ煮になったものを味わうことになります。

って、話がまたまた脱線してしまいましたが、
大根は、買ってきたら葉を落として、新聞紙に包んで冷蔵庫で保存しています。
冷蔵庫に野菜室はあるのですが、そのまま入れるより紙に包んだ方が
ずいぶん日持ちが違ったのでずっとそうしています。

かぼちゃもまるごとだと新聞紙に包んで常温保存していますが、
カットしたものは、種の部分を取り除き、ラップにくるんで野菜室で保存しています。

食材を腐らせて捨てることのないように、ストックもできるだけ少なめにしています。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 0
11.11
Thu
先日帰省したら、絶対に行こうと思っていた八天堂のクリームパンやさん。
以前いただいた味と違う種類のクリームパンがどうしても食べたい!!

この神戸 元町界隈は、歩き慣れた地元。
ぎょうざやさんは昔からあったけれど、( 『 瓢たん 元町本店 』のぎょうざもホントおいしいのですよ~。)
八天堂のクリームパンやさんはなかったのよね。
いつのまにできたのかしらん。

kobe2.jpg

買っちゃいましたよ^^
抹茶くりーむ、 チョコくりーむ、カスタードくりーむ。
(前回の八天堂のクリームパンの記事はコチラ→)」
お味は、もうもう前回同様文句なし!!パンがやわらかくてクリームがしっとり。
前回と合わせると全種類食べたことになるのですが、私個人的には、抹茶と生くりーむが好きです。
いえ、いえ、どのお味もやっぱりおいしいのには変わりません。
トロっとしたクリームがなんともたまらないのです。

長崎堂のカステララスク、こちらは偶然見つけたました。
カステラのラスクって食べたことがなかったのでめずらしくて思わず買っちゃいました。
(長崎堂さんのHPはコチラ→
当然ですが、食べたらカステラのおいしさがギュっと詰まって、
あっさりした甘さなので、甘いのが苦手な方にもオススメかも。


神戸、三宮から電車に乗っても見える外観が特徴的なメディテラス
ここも震災後10年たってから建てられたストアですね。
この一角だけを見たら、ちょっぴり外国みたいに思えます。
ファッションを中心にカフェレストランがあります。
三宮中心から少し西にはずれていますが、オサレなカフェや雑貨やさんが並ぶ
神戸 トアウエストにもほど近いので、通りすがりに寄るのもいいかもしれません。

kobe.jpg



大丸百貨店に行って、『山側』、『海側』の店内の案内板を見て、懐かしかった~!
百貨店の天井から吊されている案内板には、山側、海側と書かれています。
珍しい事と思います。一般的には通用しませんものね。
神戸だから、通じる案内標識なのでしょう。
神戸は、山と海に挟まれた狭い街なので、道を聞かれた時に、
「・・山側の方に曲がって・・・」だとか「海側に向かって・・」だとかそういう言い方をします。
大阪方面に向かう電車で、進行方向に乗っていれば、左側が山、右側が海。
今私が住んでいる街だとこうはいきませんね(笑)当然といえば当然なのですが。

しばらく神戸に帰っていないと、新しいお店ができていて様変わりしていたり、
昔からある老舗のお店が健在だったりしてホッとしたり。
それでも、めまぐるしさを感じました。

次回、帰ったときまた変わっているかしら。楽しみです^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
11.10
Wed
またまた、実家ネタなのですが・・・。

先日帰省して父を見て感じたのですが
人間、食に対する執着心がなくなれば、生きる意欲がなくなるのかなと感じました。

常日頃、私はモノに対して執着せず、使わなくなったモノは手放して、
使いたいモノをとことん使う、あれもこれもより、これが好きだから、これが使いたいから、
という思いで暮らしています。

『食』については?と言えば、
食べることが好きな我が家ですが、モノに対する思いよりも、食に対しては貪欲です(;^_^A
食べてみたい、食べたい、食べることが好きです。


ところが今回、父が脱水症状を起こし一応食べられるところまで回復はしたものの、
父は本当に、食に対する欲がなくなっていました。
といっても食に対しての欲がなくなったというのは今回からということではなく、
おそらくここ数年、徐々にだと思います。

あれほど好きな鰻や牛肉さえも、欲しがらない。
父は、お肉(と言えば牛肉)が大好物で、(関西人は、肉=牛肉を指しています)
歯が悪くても、にく、ニク、肉料理
お魚といえば鰻が好きでした。お寿司も鰻、丼も鰻、鰻づくしで大満足していました。

けれど病気が進行して、ここ1年ほどは特に食が細くなったようで、
何が食べたい?と聞いても「なにもない」と言っていたらしいのです。


同じ部屋のお年寄りの方は、もりもり食事をされていて、
「人間、食べないとアカン。動かれへん」と。
その十分の一でも良いから、父にもその意欲があればなあと思いました。

今回も食事の時に、食べさせようとしましたが、ほとんど口にすることはなく、
やがて怒り出す始末です(ーー;)
少しは食べなきゃいけないのは重々承知。でも本人が食べたくないと言えば、
無理に食べさせることもできません。
そうすることで、また今回のように脱水症状を起こすかもしれない、そう考えると痛しかゆしです。
看護士さんにもずいぶんご迷惑をかけました。
少し元気がでれば点滴をはずしたりして、やりずらかったことと思います。

父を見て、食に執着がなくなると、こうも活気がなくなるものかしらと感じました。
そして、健康で食べ物をおいしくいただけること。本当にこれが1番だと思いました。

聞いた話ですが、山で遭難した時に、「助かったらあれが食べたい」と食に対して執着心を
持った人間が生き残る確率が高いということを聞いたことがあります。


人それぞれ価値観や生活に於いて何に比重を置いているかが違うので、
いちがいに言えませんが、『食べる』ということがどれほど大事か考えさせられました。
モノに対して興味を抱き、好きなモノを収集することも心の糧かもしれません。
モノに執着しないで手放そうなんて言っている私ですが、
自分にとって必要なモノをほどほどに持つことも、暮らしていくはりあいになるのかもしれません。

でも、不要なモノは手放す、これは変わりません。

ただモノへの執着と、食への執着は、大きな違いがあるように思います。

モノは手にして手放さない限り、増え続けます。でも、
食べるモノは、おなかにいれちゃえば、増えることはないですもんね。体重は増えるか・・(ーー;)

っていうだけではなく、『食べること』に興味もなくなれば、
暮らしに色がなくなってしまう気がします。
父を見ていてそう思いました。少しだけ、色をいれてあげたいなと思うのですが・・。




で、我が家は帰省の道すがらも『食』に走る~
地元 神戸で見つけたラスク。
高速道路のSAやJRのキヨスクで販売されています。

morry mama

お土産用に買い求めましたが、我が家にもひとつヾ(´ε`*)ゝ
サクサクしてと~っても美味しかったですよ。
いつのまにこんなラスクができたのかい?ってちょっと浦島太郎気分でした(笑)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
11.09
Tue
昨日の日記にも書いたとおり、実家の母が、
使わないモノを手放すことができたことは嬉しいのですが、
久しぶりに実家に帰って感じたことが・・・。


あれほど、きちんと家事をこなしていた母が、大儀になっているようで。
母も少し前に手術をして、思うように体が動かないということもあるのですが、
年々歳をとると、億劫になるのかもしれませんね。

相変わらず、玄関とトイレの掃除は欠かしていないのですが、
(私のトイレ掃除にこだわる理由がここにもひとつです(^^;;;・・)
過去記事(→)にも、トイレ掃除の事書いてますので、ご覧になっていない方は
そちらもどうぞお読みになってくだされば嬉しゅうございます。
今回も帰省した時、これ以外で目についたところがあったので、
できる範囲で掃除をしてきました。

実家のキッチンシンクも以前と比べて驚くほど不要なモノはなくなりました。
掃除がしやすいハズなのですが、細かなところを見逃してしまう、
それなりに掃除はできても、お手入れが行き届かないといった感じです。
ただ実家は、あまり水アカがつきにくく、蛇口のところに白残りがほとんどなかったので、
汚さは感じませんが、磨くといったところまでいかない故、全体的に曇ったシンクといった感じです。
なので、100円ショップで、クエン酸や重曹と私の必須アイテムのオリジナルスポンジを購入して、
シンクや浴室の蛇口を磨いてきました。
お陰様で、いくぶんかは以前の輝きを取り戻したかと思います。

実家は長年、住居、キッチン、浴室、トイレといった場所ごとに洗剤を使い分けています。
今更、私がしているようなナチュラルクリーニングに全て変更なんて、そう簡単にできません。
近くに居てあれこれ言うことができれば別ですが、遠く離れていて一度に変えろと言われても
年老いた母には無理があります。
ですから、とりあえず使っていてすぐに効果が見えるシンクに、
スプレーボトルに薄めて使うといったやり方を見せました。母は、喜んで、「使うわ」と言いました。

が、活用できるかどうかは正直言ってわかりません。

まして、親娘といえども、それぞれ家庭を持ってやり方など似かよっているものの、そこはやはり違います。

自分のやり方というものがあり、しやすい事が1番だと思っています。

なので母には「私はこういうやり方でしているから、掃除がラクチンになった」と言う程度です。

母が、おうちが汚れていることを気にしていましたが、

体がしんどい時には無理せず、掃除もしなくってもよろし。
埃がたまっていても死ぬことはな~い。
少々お部屋が片づいていなくっても気に病むことはなし。


私、基本こういう考え方です(^^;;;
でも、ずっと私のブログを読んでいただいている方はご存じだと思いますが、
埃のせいでアレルギーになったので、それもほどほどに( ̄▽ ̄) と。

ただ、キレイにしていると汚したくなくなりません???
できることなら、キレイなまま保っておきたいって思いません???
でも、雑然として汚かったら、少々汚しても目立たない、気にならないかも。
それが、積み重なると気にならなくなるのかもしれません。
『掃除ができていないと感じている』時は、まだキレイにしたいと言う気持ちがあり、
その時は、相手に「少々掃除ができなくっても問題な~い」と言えます。
でも、『掃除ができていないということも感じなくなった』時に、同じ事は言えません。

年をとってできないことを無理せず、できる事をすれば良いと思っています。
できなければ、できないと言って、してもらえば良いとも思います。
できる人がすれば良いことだと思っています。

でも、できるうちはしようと思っています。
年をとらずとも、家事がキツイなあと感じるときもあります。
疲れがたまって思うようにはかどらないときもありますよね。
そんなときは、何もしない。それで良いと思っています。

自分ができるときにして、時々掃除とともに、お手入れをしてやることで、
大切なモノが長持ちさせられればなあと思います^^


3-blue5.gif



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
11.08
Mon
帰省中の間も、遊びに来てくださったり応援してくださって、
大変ありがとうございました。とっても更新の励みになり、嬉しいです^^
皆様のところには、ゆっくりではありますが、遊びにいかせていただきます♪
またぼちぼちと書いていきますので、よろしくお願いいたします(^^)

deni2.jpg

2年近く実家に帰っていなかったのですが、父親の状態が悪くなり帰省しましたが、
病状も落ち着きひと安心したところと、
実家の母の劇的な変化に驚いてしまいました。

あれほど、「もったいない」が口ぐせの母で、
とにかくモノに執着しすぎるところがあり、モノを手放せない人でした。
なので、実家は使わないモノも含めて、使う人よりもモノの方が多かったと
いえるくらい、モノがありすぎるほどありました。

1番に驚いたのはトイレマット、蓋カバー、便座カバーのトイレ3点セット。
お決まりのように昔からセットされていたのですが、

DSCF4656.jpg

ご覧の通りありません。

家そのものが古く、トイレの壁や床も昔ながらのタイル貼りで、
我が家同様オサレなトイレとは言えませんが、温水洗浄便座で便座も
暖房が入っているので、便座カバーがなくても問題なかったのですが、
以前はしっかり3点セットがついていました。
なので、そんな親を見ていた私も当然ながら、結婚当初トイレ3点セットは
必須アイテムだと思っていたわけです(^^;

けれど、今回なかったので聞いてみると、
「マットを洗うのも大変だし、汚れたらすぐ拭けばすむから」と。
そりゃそうでしょうとも。1人暮らしなのでトイレもそうそう汚れることもないでしょうし、
拭けばすむ話。
床がタイルなので、スリッパは置いているけれど、
マットがなくなったことで、すっきりしたようです。

少し話はそれますが、今回親戚の家を訪ねた時に、
うちの母がトイレのスリッパを履きかえる時つまづいて、
親戚のおばが、「別に履き替えずそのままで良いよ。
スリッパはお客様が来た時にはだしているけれど、
毎日掃除をしているから、なんら汚くないし普段はスリッパを置いていない。
リビングの床とトイレの床になんのもないって思っているから」と言い、
その話で盛り上がりました(笑)
私のブログをご覧いただいている方はご存じだと思いますが、
我が家もなんにもなしのトイレです(記事はコチラ→
これは、以前記事(→)にもしましたが、自分の常識と他人の常識の違いもあるので、
これが良いともいえませんが、トイレ掃除をこまめにするかマットをこまめに
洗えることを手間と考えぬなら、どちらもよいことなのだと思いますが・・。

つい、トイレの話になると脱線してしまう悪いクセがでてしまいました(;^_^A

話は元にもどりますが、
トイレマットに限らず、実家がスカスカしていました。
まだまだモノはあるほうだと思いますが、随分モノを処分したようで、
必要なモノだけを置くようにしたみたいで、すっきりしていました。

おそらく以前親戚の不幸があった時に、残されたモノの多さで
家族がどれほど大変かを、母も感じたのかもしれません。
(記事はコチラ→
各部屋にあった暖房器具も、自分が今ほとんど過ごす部屋とキッチン以外では、
「使わないからもったいないので譲った」と言います。

まさか、母から使わないからもったいないと言う言葉が
聞けるとは思ってもみませんでした。
以前の母でしたら、「捨てるのがもったいない」でしたから(笑)
今回は、捨てたというよりは、使ってくださる方がおり、
ムダにすることもありませんでした。
が、自分の家から捨てた、手放したわけですから、それができた母には、
「あっぱれ」って言いたくなりました。

勿論、私が無理強いをした訳でもなく、本を読んだからという訳でもなく、
自分で今を大事にしようという気持ちが強くなり、
歳をとってきて余計、モノがたくさんあっても使うものがしれていることに
気づいたようです。
ならば、今、自分が使いたいモノだけ使って、要らないモノは手放す。

なんだか母が、「手放せない」から、「手放せる」ようになったのが嬉しくも思いました。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
11.05
Fri
ずっとずっと前に、兄が私に「家にマグカップが52個もあった」と
言っていたことを思い出しました。
仕事でほとんど居ない兄がたまたま1人家に居て、マグカップの多さが目について、
家にあるカップの数を数えたらしい。
で、マグカップだけで52個あったらしいのです。

夫婦と娘2人でマグカップだけで52個!
なんですと~。
全部まんべんなく使っているとは思えません。(ーー;)
常識で考えてもありえない~などとその時思ったのですが、
52個は多すぎにしても、うっかりするとマグカップなんて
結構ポイントがたまったときの景品だとか、
車のディーラーさんのイベントのくじで当たったり、
新しいお店のオープン記念だとかでいただいたりして
箱のまま置いて置いておいたりってことあると思うのですよ。
そして、それらは、手の届きにくい吊り戸棚の奥や、食器棚の奥に
しまわれていたり。

でも兄の家はそういうのだけでなく、子供が小さかったので、
キャラクターモノが新しくでれば買い求めたりして、
増える一方だったとのこと。
なので、子供も目新しいものを使うので、古いものはおのずと
忘れられる存在になってしまう。
本当にもったいないことです。
これこそ、ムダ。
義姉は、ふんだんに子供たちに買い与える、それが自分の幸せだみたいな
雰囲気が漂っていました。
まあそれは、義姉の育った環境なんかで影響があったのかもしれませんが・・。

それで、自分の家にどれだけのモノがあるか把握できず、
だぶって買うこともしばしば。
部外者の私が口出しすべきことではないので、口にだすことはありませんでしたが、
必要以上にモノを持ちすぎているとしか思えないのです。

で、マグカップの件は、兄が義姉に「必要な数、気に入ったものを残して処分しろ」と
言ったそうな。義姉が私にそう言いました。そして「ヒドイ~」と。┐('~`;)┌
夫婦の問題に口出しする気は毛頭ありません。
ただ、使っていないものも後生大事に持っているのは、
本当にモノがあることが豊かさの象徴みたいなキモチがどこかにあるのか、
モノを所持することで満足しているといったところなのでしょうか。

マグカップのその後の行方はどうだったか忘れてしまいましたが、
家族で使うモノ、プラスいくつかは必要かもしれませんが、
必要以上にモノは持たなくても、十分暮らせることができると思います・・・。

モノの数が多いことより、使っていないモノが多すぎるほうが
悲しくもあり、淋しすぎると感じます。



line11.gif

ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、皆様のところにゆっくり遊びに伺わせていただきますね^^
予約投稿ですので、もし過去記事にコメントをいただいていたら、
ゴメンナサイ。m(._.)m  後日お返事をさせていただきますので、
よろしくお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

11.04
Thu
先日、竹炭ロールケーキがTVでお取り寄せで話題になった、
アトリエやまこさんの純生ロールケーキ(HPはコチラ→)を購入しました。

こちらのロールケーキは、乳化剤、油脂系等を一切使用しない
純生クリームがはいったロールケーキです。
クリームは最高に美味しかったです。
正直いって残念なことに、ロール生地は、少しもっさりした感じがありました。
もう少ししっとり感があれば☆5つ~と言いたいところなのですが・・
我が家のロールケーキランクのNo1のケーキの座は、交代せずです。

cakeyamako.jpg

我が家はロールケーキと聞けば色々買ってしまうので、
地元のケーキやさんから有名どころまで幅広く味わっていますが、
一長一短ありますね。



むか新しさんのみたらしだんご(HPはコチラ→
こちらの元祖みたらしだんごは、甘辛い醤油だれをだんご生地に包み込んだ、
普通にみられるみたらしだんごの逆パターンなだんごです。
口にいれると、とろっと醤油だれが広がり、本当においしいみたらしだんごでした。

dangojpg.jpg

これは文句なしにおいしい!!

おひとついかがですか?




line11.gif

ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、また皆様のところに遊びに伺わせていただきますね^^
予約投稿ですので、もし過去記事にコメントをいただいていたら、
ゴメンナサイ。m(._.)m  後日お返事をさせていただきますので、
よろしくお願いします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

11.03
Wed
今年ほど、夏が長くて急に寒くなって、
本当に秋をゆっくり楽しむ感じが少ない年はないなあと感じます。

過去に地蜂が巣を作ったことがあり、それを駆除してから巣もみあたらなかったのですが、
今年の夏は暑かったせいかまたいつになく地蜂が多く飛んできて
窓の戸袋に巣を作りかけていたので、その時点で退治していました。
蜂がいなくなった時点で作りかけの巣を撤去し、その後見つけては
殺虫剤をかけて駆除しました。勿論我が家は、私が駆除係りです(^^;
ミツバチより少し大きいけれど、大きな蜂でもなく数も一度にわんさといなかったので
できたことかもしれませんが、巣ができあがっていたら、素人駆除は無理ですね。
最近の蜂も、耐性ができているのか、殺虫剤も効かなくなっているのもあり、
四苦八苦しました。
毎日、ベランダにやってくる地蜂をチェックしては、退治するという地道な作業。
放っておくとすぐ巣作りするので(ーー;)


それと別にこの夏、今まで訪れることがなかった虫がよく飛来してきて、騒動になりました。

駆除しても駆除してもやってきました。


DSCF3802.jpg


虫嫌いな方ごめんなさい~m(._.)m

画像がでま~す。














エアコンの室外機に止まっているカメムシですが、
この種類のカメムシが異様なくらい、やってきたのですよ(;´д`)
駆除しても駆除しても、いらっしゃる(ーー;)

DSCF3801.jpg




網戸にコレ↑をふっているので、室内への侵入はないはずなのですが、
洗濯物の取り入れの時か、サッシの掃除の時に開け放たれた窓から侵入してくるのか、
部屋でカメムシを発見したときは、大変です。

なので虫嫌いの夫ちゃんからは、洗濯物を取り入れる時は、
洗濯物をよ~く振って取り入れるように言われてます(笑)
それでも、時々侵入してきたりしているのです。
今年はそれが多かったのです。

もうもう、夫ちゃんが帰宅前には駆除しておかねばと、
今年ほど、虫駆除に追われたことはありません。

不思議なことに、夫ちゃんが居るときはカメムシも蜂もそんなに
来ないのですよ~。なので軍団で来る話をしても信じがたいようで、
私の日中の奮闘ぶりは知るよしもなく・・・。


本当に暑かった今年の夏、見たこともない虫も来ました。
カゲロウに似たヘビトンボがきたり、
虫嫌いの我が家に、招かざる客が押し寄せた夏でした。




line11.gif

ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、皆様のところに遊びに伺わせていただきますね^^
予約投稿ですので、もし過去記事にコメントをいただいていたら、
ゴメンナサイ。m(._.)m  後日お返事をさせていただきますので、
よろしくお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

11.02
Tue
タイトルを見るとなんのこっちゃ~って感じなのですが、
我が家のフライパン、他の鍋が収納されているシンク下に収納できていません。
(記事はコチラ→
これを言うとキリがないのですが、賃貸でオサレなシンクにはほど遠い(;´Д`A
ですが、不満を言っても仕方がない。色々なブロガーさんの素敵なキッチンを見ては、
ため息もつきます。「うわ~素敵」って思わず息をのむこともあります。
参考にしたいな~っと思っても根本的に無理な部分もあったり、
たとえ可能であっても、生活スタイルの違いを考えたりすると、
現実の世界に向き合うことになります。

なので私は、いかに自分の『今の暮らし』を心地よく、使いやすくするために、
『仕方なしに使う』のでなく、『気持ちよく使える』ようにしたいと思っています。

でも『理想と現実』があって、隠す収納をしたいと思うけれど、
物理的に不可能だったり、使い勝手を優先にすると我が家の場合、
見せる収納になってしまいます。

冒頭のフライパン収納ですが、コンロ下に収納できればベストなのですが、
こうして吊す収納になっています。
きれいなモノを見せる収納としているならまだしも、
こんなにフライパンの底が汚いものを・・(> <) これを見せる収納というか、
『見せたくないけど見えてしまう収納』です。
(〃 ̄ω ̄〃ゞ

DSCF4577.jpg

使い勝手をも考えるとこれはこれで便利なのですが、
フライパンなんて見せていたら、生活感がまるだしですね(> <)
我が家の場合、出番の多い大小ふたつのフライパン。同時で使うことも多々、
また、少しの揚げ物もフライパンで代用したり、夫ちゃんが使うことを考えると、
取り出しやすさも考慮すると、こうなってしまいました。
さらにもうひとつ我が家のコンロ下の事情・・・。

コンロ下には、火を使うものを置くということを考えれば、
お鍋やフライパンもここにまとめて置くのが良いのだと思います。
最近のキッチンシンクは、本当に使い勝手よく作られていると思います。
が、我が家はお鍋をこちらに置いたら、
シンクの流しの下に食品を置くことになります。
漬けたらっきょうや梅干しなど、流しの下に置くのはどうもはばかられます。
油などの調味料もシンク下に置いたら、使い勝手が悪すぎです。
中華鍋もコンロ下に置くといっぱいいっぱです。
フライパンのはいる隙間がありません。
今は、画像の右側のところに棚を置いて二段収納していますが、
左側の上部の空間がもったいなくもあり、全部二段収納も考えました。
新たにハコモノを購入することも考えましたが、帯に短したすきに流しといった感じで、
ほどよいモノが見つからず、また、『今あるものでベストな収納』ということも
考えると、このような状態になっています(^^;;;

DSCF4586.jpg

キッチンの収納も、使っていくうちに今までこれでよかれと思っていたところも、
使いにくいな~と思ったり、新たな閃きがあってコレ!って思えるときも
あったりします。人の気持ちも時と共に変化していきます。
また、作った保存食品が増えたり減ったりすると置き場所も考えなくては
ならないので、変化することもでてきます。
そうしたなかで、フライパンの収納も、
『見えてしまう収納から見えなくなった収納』になるかもしれませんが。(笑)


収納ってつきることがないなあとつくづく思います(^^;)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
11.01
Mon
前からなかなか定まらないキッチンスポンジ。
以前、ブログでもご紹介した(そのときの記事はコチラ→
KEYUCAで見つけた『クロススポンジ』と『マイクロスポンジ』を使って40日あまり。
様子を見ながらと思い、最初は用途にわけて使ったりしていましたが、
我が家では、ふきんで拭くように洗える『クロススポンジ』配があがりました。
キャッチコピーどうり「一度使ったら手放せない」まさにそうなのです。

もともと拭くように洗えるということで、布巾タイプに興味はあったのですが、
かゆいところに手が届くといった感じでしょうか。
手に馴染みとっても使いやすい。お鍋も『クロススポンジ』だけで十分に洗えることが
わかったので、昔ながらのたわしとふたつで事が足りるようです。

冷蔵庫に沸かしたお茶をいれるピッチャーの底の角の隅々まで拭き取れ、
茶渋もきれいにとれ洗い残しがありません。
厚めのスポンジと違って指先での感触がわかります。

これは掃除の時に使う重曹やクエン酸をいれた容器ですが、(記事はコチラ→
毎回ではありませんが、粉が固まったりするのを防ぐため、詰め替える時に洗ってから詰替をします。

わかりやすいようにコチラを使って説明しますね^^

底はくぼみがあったり、角があるのでこのふきんのような『クロススポンジ』が
よく届いて洗いやすいのです。

keyuca15.jpg

これは重曹なのでこべりつく汚れというものがないのですが、
お茶のピッチャーは、四角の筒状のモノなので、四隅の角に汚れが付着しやすいので、
自由に折り曲げられるスポンジだと、隅にまで密着するので落ちやすいと思います。
お茶碗もお皿も、布巾で拭くような感じで丁寧に洗えるのも嬉しいです。


KEYUCA以外にもこんなふきんもあります。



なので、我が家のキッチンスポンジの収納も、『マイクロスポンジ』を撤去し、
ピンチにかける必要もなくなりすっきりしました。
スポンジスタンドの位置を左側から右側に変えて、ただいま使い勝手実験中のモノあり(^^;
これについては、また後日・・・。

keyuca16.jpg

スポンジの横に見えているモノは 、


です。魚料理の後の手についた臭いがとれます。
これっていつまで使えるのか?ギモンに思うのですが、寿命ってあるものなのでしょうか・・。
ずいぶん長く使っていますが、十分もと、とれちゃってます^^


古めかしいキッチンシンク、シンクを磨いたり、自分が使うモノだけ、最小限のモノだけを置いて、
使いやすくそして、すっきりさせたいものです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
back-to-top