04.29
Fri
以前、キッチンのガス台の周囲にレンジパネルというのを使っていました。
おそらくこれを使っていたのは我が家だけ?って思うくらい、
色々なブロガーさんのキッチンでは見かけないモノでした。

我が家も取り外してからずいぶんと経ちますが、
油ハネをガードするものですが、これ我が家にとっては実にたいした意味を
なさなかったものかもしれない1つでした。



最初はつけていなかったんですが、我が家のガス台と壁の間にゆとりがないうえ、
壁側のコンロが強火力だったので、そそうをしてしまったことがあります(ーー;)
それで取り付けたのですが、高さがあったりして調理台からお鍋に移すときも
パネルにひっかかったりしてちょっとストレスもありました。

肝心の油ハネに関しては、確かにガードする役目はあるのかもしれませんが、
調理後すぐに「拭き」をするならば、必要ないんじゃないか?と思っていました。
一見便利グッズのようなのですが、下手したら油がハネても、
これでガードしているから、その都度、拭かなくても良い?って
錯覚しそうだったんですよ(笑)
そして、やっかいなのはこういった使い捨てパネルは、
拭くのには向いてないのですよね。
いくつか溝があってフラットではないため非常に拭きにくい。
使い捨てでないパネルならば、そのようなこともないかもしれません。

元々使用していなかったパネル。コンロの火力にさえ気をつけて、
パネルを外したら拭きやすくなるし、コンロの奥側もパネルがある時以上に
掃除がしやすくなったのは言うまでもありません。

油ハネ以外のガードということを差し引いても、
やっぱりこのレンジパネルの必要性は、今更ですが(笑)我が家にはなさそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
04.28
Thu
以前の日記にも書きましたが、無印の高保湿化粧水を使い出しているせいか、
本当にこのは冬乾燥知らずでした。化粧水をつけるだけでも、
今まで使っていた化粧水よりは保湿効果がかなりあるようで、
私にはぴったりのものとなりました。
そして先日の日記でもご紹介しました、
「コットンくるくる洗顔」をしている最中ですので、
化粧水はたっぷり使うので、
今回の無印週間でクレンジングミルク同様追加購入しました。


↑オンマウス

クレンジングミルクも色々なメーカーをジプシーしましたが、
嫌なニオイもなく、お手頃価格が嬉しい無印のがお気に入りです。

そしてコットン洗顔をするようになって、今まで使っていた一般的なコットンより、
無印のはがして使えるコットンがいいなと思い迷わず購入。

DSCF7328.jpg

コットンなんてそんなに違いはなかろうかと思っていました。
でも、こちらの無印のは大判タイプですし、
コットンクレンジングやその次のステップであるコットン洗顔で
クレンジングミルクを完全に落とすためにも大きめの方が使いやすいのです。
化粧水パックをするにしても、使い勝手よさそうです。

あと、コットンの柔らかさ! 今まであまりコットンにこだわりがなく使っていたので、
今回コットン洗顔をしていると、肌にあたるときの柔らかさとヨレが
非常に気になったのですが、これは、ケバだつこともなく
とても柔らかいのによれないのがいいです。
cotton1.jpg

先日のコットン洗顔(コットンに水と化粧水をつける)をした後、
化粧水はつけるの?というご質問をいただきました。ちょっとおさらいを・・・。

朝は、コットン洗顔した後、乳液やクリームをつけるのですが、
夜は、コットンクレンジング(コットンを使ってくるくる動かす)をしてから、
コットン洗顔でくるくる動かしながら、仕上げ拭きをして(代謝を高めている)、
更に保湿のためにコットン洗顔、つまりもう一度ここでも化粧水を使います。
そのままだと水分が蒸発しないの?って思われるでしょうが、
クリームの重みが毛穴を下へと垂れさせ、たるみの原因となるらしく、
よほど肌の乾燥が気になる時はクリームもOKだそうですが、
基本は使わないでもよいそうです。
寝ている間は体温が上昇し、皮脂という天然クリームを分泌されるのでよいそうです。
実際、夜、クリームはお休みしていますが、お肌の調子は良いです。

コットン洗顔の特徴、肌の汚れを「拭き取る」
これはフランス式の美容理論からきたものだそうです。
最初この「拭き取るだけ」というのが頼りない感じがしましたが、
続けているうちに違和感もなく、お肌に手応えが感じられそうならば、
続けられそうかもしれません。

コットン洗顔している間は、コットンと化粧水の消耗がより激しくなりそうです^^
コットンはコスト的に考えると・・・どうなんでしょう。上をみればキリがないし、
下を見てもキリがないし、まあ、使い心地優先ということで。
無印の化粧水、お手頃価格だから惜しげなくパシャパシャ使えるのも
嬉しい限りです♪消耗品だけれど、自分のお肌をキレイにするためのモノだし、
高い化粧水をチビチビ使うより、ケチらず思い切り使える方が良いかなとも
思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
04.27
Wed
夫ちゃんが使いたいと言って自分で買ってきたモノ。
シャンプーとコンディショナーとトリートメントのセット。
現品サイズが3つセットで下手したらシャンプー1つの価格じゃない?
と言うほどの安さ。

我が家はシャンプーやコンディショナーは、
無印のボトルに詰め替えて使っているのですが、
これについては過去記事にも書いていますが、どうも中身が洗いにくい。
なのでぜひ無印さんにボトルの改良をお願いしたいと思っていますが・・・。

色々なブロガーさんが、洗濯洗剤などのボトルのラベルを剥がして、
真っ白に統一されていたりするのを見ながらも、洗剤の量とか書かれている説明が
ないとどうも不安な私は剥がせなくって(^^;;; 
自分でラベルを付けるほど器用でもなく、そのまま使っている私です。
が、夫ちゃんが買ってきたコンディショナー、詰め替えでなくボトルだったし、
ボトルに直接印字されていなかったので、ラベルを剥がしてみました。
コンディショナーだし説明もなんもいらんし~と^^
shampoo.jpg

ポンプ部分の色がとっても残念でしたが、まあこの製品の売りの色が
グリーンですから仕方がありませんしね・・・。

でもね、なんか淡い期待を抱いてしまったのです(;´▽`A``

↑オンマウス


いけるか?いけるか?(笑)などと一縷の望みを残して・・・

↑オンマウス

などと結果はわかりきったことなのですが、またちょっと遊んでみました(笑)

詰替製品がある商品なら、詰替を入れやすく口の部分が広い方がいいのにな~。
ボトルも洗えるし・・・って、
本来ボトルは洗わないで入れるようにできているんだろうな・・。
雑菌防止とか?衛生面だとか?何かしらメーカーさんの思惑があるんでしょうね。
でもきちんと洗って乾かしてから入れれば問題なさげなよ~な気もするんですが・ね。

で、ラベルを剥がしたボトルを見て・・・・・


夫ちゃん 「なんでラベル剥がすの~」 Σ( ̄ε ̄;|||・・・

私     「え!?ラベル剥がしたらアカンの?」 (゚〇゚;)

夫ちゃん 「なんかヌボーっとして、キモチ悪い・・・」 (-。-;)

なんですと!!キモチ悪いですと!? すっきりしてイイよ~♪

私     「詰替ボトルなら、最初っから何も貼っていないよ~」(*・ε・*) 

夫ちゃん 「なんか、それとは違う・・ゴニョゴニョ・・・」

確かに我が家はラベルを剥がしたモノがなく、はじめてのご対面でしたわね(笑)
慣れればなんてことはないのですよ・・夫ちゃ~ん^^

ええ、数日も経てば夫ちゃん、文句を言うことなくフツーに使ってますw

ラベルが貼ってあるデザインとしてインプットされたものが、剥がされると、
なんだかあっさりとしすぎる感じがあったのでしょうかね(笑)

でも、パカっとフタがあくタイプのシャンプーやコンディショナーが
あってもよい気もするんですが・・・
↑まだしつこく言ってるよ~。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12
04.26
Tue
ずっと洗顔って、お化粧をしていたらお化粧を落として、
石鹸や洗顔フォームで顔を洗う、所謂ダブル洗顔が当たり前と思ってきました。
でも、うちの母は顔を洗うと乾燥する、つっぱるからと言って、
ダブル洗顔どころか、石鹸の類で顔を洗うことなく
クレンジングクリーム(ミルク)のみだけで化粧を落とし、
後はサササっとお水で顔をぬらす程度でした。
で、かつて、私もマネてみようかなって思った時はあったんですが、
どこの化粧品メーカーのカウンターでもダブル洗顔が鉄則みたいな事を言います。
お肌の汚れが落としきれない、汚れが蓄積される云々。
これを言われると「うちの母の肌は汚いのか!?」と思うじゃないですか。
それとどうも顔を洗わないとなんとなく気持ち悪い感じもしていたんです。
でもね、自慢じゃないんですが、母、美容院へ行っても化粧品カウンターでも、
どこへ行っても「肌がキレイですね」を言われるのですよ、これがまた。
お世辞半分にしても、顔は美人さんとは言われなくとも(笑)
肌はキレイと言われてますw
「どこの化粧品を使っている?」とか「エステに行っている?」とか聞かれるのですが、
高い化粧品も使わずエステも行っていません。化粧水とクリームだけ。
そして顔を洗っていないことを言うととても驚かれるんです。
年齢のわりにシワもなく、確かにびっくりされることが多いです。
私の肌よりきれいかもしれない・・・。

ってそんなところへきて、モラタメさんで応募があった
樋口式「コットンくるくる洗顔」って、「水も洗顔フォームもつかわない、
コットンくるくるメソッドで美肌が蘇る!」って
これ、母親の洗顔方法とちょっと似ている??と思い興味があったのです。
で実は、モラタメさんからいただき、早々に試している最中なのです。

コットン洗顔は、非常にシンプルなメソッドです。
化粧水と水とコットンがあれば、あれこれ化粧品を揃えずとも
美肌を蘇らすことができる!?というコットンでくるくるなであげるだけ、
自己治癒力を最大限に引き出すお手入れ法です。

むくみやたるみなどのトラブル改善や、「中央から外、下から上、左から右」の順で
マッサージするので、顔筋やリンパの流れに基づいた動きで、
血行を促進し、滞った水分や老廃物を排出するというのです。
コットン洗顔を始めて2週間くらいで肌の調子が良くなってきたことを
実感できるそうです。

cotton.jpg

正直言って、母の事がなければ「うっそ~」って思ったかもしれません。
けれど、やり方は違えど、顔をパシャパシャ洗わないで、
コットンで洗顔するということに多少のギモンを持たないわけではありませんでした。
コットンを使って逆に肌に負担がかかるんじゃないか?とか、
基本は夜のコットン洗顔後、クリームも使わないということなので、
とまどいもかなりありました。
なので、今まで使っていたクリームをお休みして、しばらく様子を見るつもりで、
このコットンくるくる洗顔をしてみました。まだ10日ほどしか経っていないので、
劇的な変化というものはありませんが、乾燥肌な私ですが、クリームをつけずとも
お肌がカサカサするといったこともなく、
ズボラでほとんどマッサージすることない私が、毎日このくるくると動かすことで、
マッサージ効果があるのか、お肌がしっとりする感じがでてきました。
この「引き算」のお手入れ方法ですが、あれこれ余分なモノをお肌につけるのでなく、
非常にシンプルな方法が、案外良いのかなとも思わなくないのです。
ただ、コットンを使うので決してゴシゴシこすらない、力を入れすぎないだとか、
気をつけないといけないことはありますが、慣れればこんなにお手軽なお手入れ法、
いいじゃないかしらと思いました。

ただそれでも、顔を洗う気持ち良さが捨てがたいと思われる方もいます。
私もシャキっとしたいときは顔を洗いたいと思うのです・・(笑)
なので本来のやり方から道がそれるかもしれませんが、
全てをこの通りにでなくても、自分の肌の調子をみながらや、
朝だけ、夜だけといったように使い分けしたりするのも良いかなとも思ったりもします。

でもこのメソッドでの効果を実感するには、しばらくこの洗顔法を実践してみないと
わからないと思うのでまだ続けてみます。
そしてまたその後の変化を皆様にお伝えする時がくれば、
この場でご報告したいと思っています。

株式会社メディアファクトリーさん、モラタメさんありがとうございました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
04.25
Mon
先日、車の定期点検の時にタイヤに傷があるのがわかり、
今すぐどうこうというわけではないけれど、
だから絶対大丈夫とは言い切れないと言われ、
とりあえずディーラーを後にしました。
正直言って思いもせぬ出費になりそう~(> <)なんで今なの!!って思いましたw。
この4月、5月って何かと税金だとかで入り用なのに・・・って
思ってみてもしょうがない。けれどやはり放っておくわけにも行かず、
タイヤ交換することにカーショップ巡りをしました。
大手のカーショップなどでも探したのですが、
欲しいメーカーで我が家の車のタイヤに合うサイズが
なかったりとあきらめかけた時に、みつけたショップ。
お陰様で欲しいメーカーのものがみつかり、
何よりもお店の人の応対が感じよかったのです。が、
それ以上に、私が気に入ったのはタイヤとは直接関係ないのですが・・・・。

そのお店でお借りしたトイレの清潔なこと!

ついつい気になるトイレ(笑)
出かけた先でのトイレが汚かったりするとがっかりします。
使い方の問題もありましょうが、細かなところまで掃除が行き届いているトイレは、
非常に気持ちが良いものです。
とくに食べものやさんのトイレの掃除が雑だと、
どんなに味がおいしいお店でも残念な気がします。
日々掃除をしているか、時々しているかの違いはよくわかります。

で、そのタイヤのお店のトイレ、日頃から丁寧に掃除をされているトイレだなあと
感じました。お店ならば不特定多数の人が使ったりして、
ややもすると水栓やボウルのところが水アカがついていたり、
埃っぽかったりしがちですが、そんなこともなくとてもきれいでした。
いえ、別にトイレチェックをしていたわけではありません。
目につくところがあまりにも清潔できれいだったので驚いたということです。
商品とは関係ないことですが、お店の姿勢というものも感じました。
なのでとても気持ちよく買い物ができました。

で、ちょっと我が家のトイレでうっかりしていたことに気づきました( ゚o゚)ハッ
先日もトイレ掃除の話しを書きましたねぇ(;´▽`A``
拭き掃除の時に、いつも↓このへんもニオイの元にもなりかねないので、
拭いているのですが・・・。

↑オンマウスでよりわかりやすくなっています。

この便器を止めているネジのキャップのところも、そのまま上から拭く程度でして(ーー;)
もしや・・と思いキャップをはずしてみました。案の定、埃も積もり汚れていました(笑)
↓オンマウスで汚画像がご覧頂けます。(お嫌な方はそのままスルーしてくださいね)

拭いたらスッキリ


ネジの根元は結構しっかり汚れがこべりついてました。
毎日拭くほどでもないですが、時々は4ヶ所のネジのキャップをはずして、
便器を拭くときに一緒に拭いてあげましょ^^

こだわるほどでもないけれど、余所のトイレがキレイだときれいにしているつもりでも、
まだ我が家のトイレで見落としていた部分がみつかりました。

やっぱりトイレがきれいだと気持ちがイイものです^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12
04.23
Sat
専業主婦になる前は「時間があったらあれもできるのに」って思うこともありました。
でも専業主婦になって時間はたっぷりあっても、
思ったよりできていないこともあります。
それは、「いつでもできる」という思いがどこかにあるからかもしれません。
限られた時間が短ければ、この時間のうちにあれも、
これもと欲張ってしまうものです。
じゃあその欲張りが良いのか?と問えばそうでもない気もします。
欲張りすぎてどれも中途半端になったりだとか?
それでも、あとこれが残っているから、次はこれをしておこうって思うと、
計画的にテキパキとこなせたりします。
けれど、時間があっていつでも良いというアバウトなほど、
自分でしっかりコントロールしなければ、
ただ時間だけがすぎて行くばかりで、
振り返って「あれ、なんでできなかったんだろう」って思うこともあります。
いえ、これ私のことなのですがね・・。

家事も、確かに以前と比べて日々多くの作業はできるようになったかもしれない。
でも実際やっていることは、それほど変わらないような気がしないでもないんですよねε-(;ーωーA
やりくり下手になったのかもしれません。
仕事をしていた時、朝起きてからお洗濯をして干して、
お弁当を作って朝食の支度をして、
片づけと簡単な掃除をして身支度して出かける、
この出かけるまでの時間が出かけなくなって、
長くなったはずであろうに、なぜか時間のロスが多いことに気づきます。
確かに今まで休日以外でないとできない事が、できる事が多くなったのも事実です。
けれど、やっぱりひとつの作業にかかる時間が長いのか、
次の作業にとりかかるまでの「やすみ」が多いのか、
思っていた以上に仕事量としてはたいしたことがないというのが実感なのです。

時間に追われてあれもこれもやらなきゃと思いすぎてストレスになることも
困ったものですが、どうも元来、ナマケモノ系な私は、
少しぐらい時間に追われている方が、良いのではないか?と思う時があります。
でもきっと時間に追われたら追われたで、「あ~時間がない、あれもできてない~」と
言ったんだろうなと思いますが・・・(笑)

でもひとつ言えることは、以前の方が集中力があったかもしれません。
何をするにしてもこの時間内でやらねばと思うと、
神経もとがらせて集中するのですが、どうも「いつでもできる」
「いつやってもよい」状態だと、そこが欠けていたように思えます。
もちろんそれは、心の持ち方なので、家にいようが仕事をしていようが変わらず
できる人はできているわけでして、私自身の甘えとしかいいようがありませんが・・・。

流石に「時間がなかったからできなかった」と言い訳こそしませんが、
今日が明日、明日があさってというよに時間延長をするようになった気がします。
だからカレンダーを見て、ハッと気づいてあわてふためくといった
お粗末な事もでてくるのです。

時間の管理ができていない証拠です。

それなりにざっくりとはしていたとは思うけれど、
もう少し時間を有効に使わなければ、もったいない。
今のままじゃあ、タダ飯喰らいとは言われぬまでも、
とてもとても家事量と専業とが見合ってないなあと思うことがあります。
別に夫ちゃんから何かを言われたわけではありませんが、
ここのところずっとずっと自分の心の中でくすぶっていたものです。
心のなかで思えば良いのですが、自分のブログに書くことで、
士気が上がるかなと思い書くことにしました。(^^;;;

愚痴のような話しでしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16
04.22
Fri
久々にトイレの話し。
またか~と思われるかたは、スルーしてくださいね<(_ _)>

今までずっとブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、
私はブラシを使わず直洗いをしているのですが、今日は拭き掃除の話しを。
きっと多くの方が、トイレ掃除でトイレクリーナー紙を使われていることだと思います。
我が家も同様、使っています。

家の外に水栓があって洗い場なるものがあれば、外周りで汚れたモノを洗ったり、
トイレ掃除で使った雑巾などを洗ったりできるのですが、(実家ではそうでした)
我が家にはないので、トイレの床や壁などを拭いた雑巾を濯いだり汚水を流すのは、
浴室ということになります。時々クリーナー紙を使っていました。
(便器の中のこすり洗いは、クエン酸とスポンジを使います)
でも最近床拭きも、使い捨てのウエスで拭き掃除をすることもありますが、
ほとんどクリーナー紙になってしまいました。

雑巾だと洗って濯いで干さなきゃなりませんが、
使い捨てウエスやクリーナー紙だと、拭いて捨てるだけだからお手軽ですね。
う~んついつい人間、ラクな方に傾いてしまいます(笑)

でも時々ふと、使い捨てのクリーナー紙、資源のムダかな~、コスト的にどうなのかな~?
水道代使っても雑巾を洗って使う方がいいのかな~?など思ったりもしますが、
今の暮らしだと、お部屋の拭き掃除は雑巾を使っても、トイレは使い捨てでも
いっか~って思うようになりました。
ですが、このクリーナー紙も元々お気に入りのものはあったんですよ。
でも毎日使う消耗品だし安いモノでもいいかなと思って、
100円ショップからホームセンターオリジナルものやら色々試しました。
安いのだと小さめだったり薄かったりして破れたりすることも多く、
一番ストレスだったのは、取り出すときに1枚取り出すつもりが、
2枚一緒にくっついてきたりすること。

結局使う枚数が増えたりするので、これもどうなのかな~って思ってみたり。
これは大雑把ゆえ、丁寧に1枚取り出せば問題ないのかもしれませんが、
どうもイラっときたりしてしまうんです(ーー;)
そんなこんながあって色々思いましたが、
使い捨ての便利さを求めるなら、ここは使い勝手の良さをとって、
やはり厚手のもので大判タイプが良いということに行き着き、
それまで使っていたものに戻ったということなのです。

うちの親からすれば、絶対に「不経済だ、もったいない」って言われそうですが、
だいたいコレを使っています。
DSCF7192.jpg
もしくは下記の厚手、大判タイプのもののなかで、
安いモノを選んで買っているのですが、
       

だいたい2パックでお買い得になっていることが多いですね。
でも上記のメーカーさんで20枚入りだと1番お買い得は、
スコッティさんに軍配があがります♪
でも、残念ながら扱っているお店が近くにないんですよね(;´д`)トホホ

消耗品ですが、ちょっとしたこだわりです。

どこかにちょっと不経済さがあるならば、どこか他のところでひきしめる。
これでトータル的に帳尻が合うかなと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 9
04.21
Thu
先日からのオンマウスでの画像が見られないといった事があったようで、
大変失礼いたしました。ごめんなさい。m(_ _)m 
説明を追記させていただいておりますが、
やはりPCによっては見られないこともあるようでした。
もし今後も不具合があれば、教えてくだされば大変ありがたいです。
気をつけたいと思っています

011l.gif

昨日の記事で書いたIKEAで買ったのはRATIONELL VARIERAのボックスです。

以前にもお話ししましたが、我が家のキッチン収納は、
メタルラックを置いて収納しているのですが、
スペース上、見える収納になってしまうためIKEAのKASSETTボックス
ラップなどのストック品を収納しています。(その時の記事はコチラ
それと一緒にいくつか吊り戸棚で使っている白いカゴも使っていましたが、
その後粉モノの容器が増えたりしてメタルラックからは撤去し、
その他にも見直しをしました。
カゴは戸棚などのような棚の中に置くには向いてそうですが、
側面から網の間から、カラフルな中身が見えるのが気になっていました。
といってもスナップウェアーの透明はどうなのよ~とツッコミを
いれたくなられた方もいらっしゃいましょうが、そこはスルーしてくださいまし。(^^;;;

で、湿気のことを考えると紙製品のボックス収納も気になるところですが、
あまりストックを持たないようにしているので、(非常食は別途)
封が開いていない食品の収納場所として、
外から見えないということでいくつかあるIKEAのKASSETTボックスのうち1つは、
食品用として使用していました。
でも、中が見えないということで、夫ちゃんが気をきかせて買ってきたものが、
だぶったりして(元々夫ちゃんは、ケースの中が一目で見えない事にちょい不満げ)
もったいない買い物になったりしました。
なので、また白いカゴを復活させようと思ったのですが、
food13.jpg
吊り戸棚で使っているシリーズのカゴでは、手前2つ奥2つに並べることはできず、
他のサイズをあれこれ考えるも、帯に短し襷に長しで思案中でした。

そんなところでIKEAで見つけたこのボックスは、深すぎず浅すぎずで、
食品を入れるのに丁度良いのです。
food15.jpg

丁度横にも奥にも並べることができ、ジャストサイズ
food14.jpg
横から見たときも中身が見えることもなく、すっきり収まりました。

缶や瓶モノをいれて取り出すときも、片側の高さが低いので取り出しやすいです。
food16jpg.jpg
我が家の場合は、あまり関係がなさそうですが、ボックスの浅さとサイズが
探し求めていたものでした。

このボックスは引出しの中身を片づけやすいように作られたボックスのようです。
我が家には引出し収納がありませんが、こんなカタチで収納しました。


今回の震災で食品のストック品について再考しました。
でも基本的には何も変わらずといったところでしょうか。
元々あまり持たないようにしています。

必要以上にモノを持たない暮らしを実践中ですが、
決してストックゼロの暮らしではありません。
けれど過剰には持たず、なくても対応できる体質でいたいと思っています。
これについては過去記事にも書いています。(コチラ

そして、過去の被災経験で使っていないモノも壊れてしまう儚さと
親のモノのためこみさの無意味さと、
年老いた叔父の家のモノの多さで残った家族の大変さなど、
(もしお読みでなければ、過去記事はコチラ
ひしひしと感じた故、できるだけシンプルに暮らしたいと思ってきました。

結果的にボックス4個増えてしまいましたが、
使いやすく、見やすく、ムダなく、家事を楽しく(コレが重要)
できたらいいかなあと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
04.20
Wed
昨日IKEAへ行ってきました。
平日だから空いているだろうとたかをくくっていましたが、
結構混んでいてびっくりしました。

買ったモノは・・・・。
3袋でお買い得だったポテトチップスと
fppd9.jpg
ジャムは、今回エルダーフラワー&オレンジジャムとグーズベリージャムをチョイス。
そして、我が家の定番で欠かせないホースラディッシュソース。
以前にもご紹介しましたが、このソースは万能選手だと思います。
サラダや温野菜やムニエルなどなど。

そして、
ISTAD プラスチック袋の大きいサイズ。
セット内容は(各15枚):6L袋(28.5×41cm)、4.5L5L袋(27×34cm)

今まで大きいサイズは使い道がなかろうかと思い、
小さいサイズのみしか購入したことがありませんでした。
food9.jpg

でも、スポンジケーキも丸ごとはいるし、
手作りのベーコンパンもカットせずそのままはいるので便利。
ラップだと使い捨てですが、袋なら2、3度洗ってまた使うこともできますし^^
food12.jpg
食品以外、他にも用途がありそうです。
整理、収納するのにもよさげなサイズだと思います。
使うものによってサイズを変えて、ムダなく使えそうです。

そして

1番の収穫はコレ↓(←字の上にマウスをのせてみてくださいね)





探していたモノが見つかりました。
収納って本当に終わりがないような気がします(^^;;;
毎日使っていると、そこに入るモノが変わったり自分の使い方が変わったりして、
良かれと思った収納が使い心地が悪くなったりします。
あまりあれこれ買い替えるのもどうか・・なのですが、
毎日の家事、使いやすく気持ちよく無駄なくできれば、
いいなあと思いながら、探していたモノと出会えて良かったです。

これについてはまた明日・・・ということで・・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
04.19
Tue

時には、コレを↓ 

マウスを「コレ」にのせてみてね^^



こんなふうにして食べてみるのもよろしいかと・・・。




おいしかったです。ですが、苺よりバナナの方が合う感じがしたのは、我が家だけ?
というより、私は、やっぱり苺はそのまま食べる方が好きだと実感。
チョコ好きの夫ちゃんは、やはり再度バナナで食べたいと言ってますw



本日も、マウスで楽しんでいただけましたでしょうか?(笑)
(字や画像の上にマウスをのせてみてくださいね)
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12
04.18
Mon
苺のショートケーキが一番好きです。
初めてのケーキ屋さんでは必ず、苺のショートケーキを買います。
リピートするかどうかの決め手は、苺ショートのスポンジがおいしいかどうか。
私は、これを基準にしています。
どんなに口コミが多く評判が良いお店でも、苺のショートケーキがおいしくなかったら、
他のケーキがよほどおいしいと思わなければ、まずリピートはないのです。
なので今まで色々なケーキ屋さんの苺ショートを食べました。

プリンが毎日200個は完売することで有名なシュクレペールさんの
このバニーユは、噂どおり文句なしにおいしいです。
なめらかプリンということなのですが、ツルンといった感じではなく、
とてもしっかり感があって、プリンというかケーキに近い感じがします。
カラメルは別にかけるタイプですが、生クリームだけで十分。

DSCF7194.jpg

そしてケーキといえば、
DSCF7190.jpg
どのケーキもとってもおいしいのは言うまでもありませんが、
苺ショートのスポンジは、口の中にいれたとたん、とろけるのです。
スポンジがとけちゃう感じがします。
個人的にはもう少し生クリームの甘さが控えめでも良いかな?と思いますが、
人気があるのもうなずけます。
ロールケーキのスポンジは残念ながら、いたって普通ですが、
苺がガツンと入っているのが魅力的^^
桜ムースは、プルンとしたほどよい甘さのケーキです。

011l.gif

震災後もこうして好きな食べ物のコト、色々なモノ、コト、オモフコトを書いていますが、
色々な考え方や受け止め方があって、すごく不愉快に思われたりする方もいらっしゃると思います。
フクザツな思いもあり、時折自分の考え方が間違っていたのだろうか?と思い返すことがあります。
過去を振り返っても答えなんてみつかりません。
少しずつ、スーパーの陳列棚にいままで空っぽだったモノが並びはじめると、
何事もなかったかのような錯覚に陥る時があります。
でも、少し離れたところで、非日常の暮らしがあります。
被災された方を思うことと自分のしている普段の暮らしが相反することかもしれません。
そうした矛盾を感じながらも、日常生活を送れているということには感謝しつつ、
ココロにとどめることを忘れることなく、暮らしていきたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
04.16
Sat
今日車を運転していて、信号で止まったとたん、
携帯から緊急地震速報が鳴り、揺れだしてヒヤっとしました。
おそらく運転中ならば、わからなかったかもしれないけれど、
少し揺れている時間が長く感じました。
この地震は今回の大地震の余震領域からはずれているとのことで
余震ではないという。
いったいこの先どうなるのだろうか・・と心がざわついてしまいました。

もちろん、東北、北関東での揺れに比べれば、
こちらの揺れなど、本当に微々たるものなのでしょう。
おそらく、こちらで感じたこの程度の揺れは、
日々、いえ、1日に何回も感じられているのだと思います。
それを思うとこれくらいで心穏やかでいられないのもいい加減にせい!と
自分に言い聞かせているのですが、
どうしても過去の経験からぬぐいさることができません。

余震が少しおさまりつつそして、日中はできるだけ家事に勤しみ、
カラダを動かすようにして、気にしない、気にならないようにしたり、
少しの揺れが気づかぬようにしたりしています。
「知らぬが仏」じゃないですが、気づかなかれば少しは平静でいられる自分がいます。
先日夜、入浴中で髪を洗っていた時地震があり、最初気が付かなかったのですが、
どうも様子がおかしく慌ててでるといったことがありました。
あがってから夫ちゃんに「なんで地震だって教えてくれなかったの?」と聞いたら、
夫ちゃんはもう少し揺れが続いたら言おうと思っていたと言うのです。
私が気づかないなら、知らないなら知らない方がよかろうかと思ったそうです。
言ったら、私が大慌てになると思ったからだそうで・・・・。確かにそれはそうでした。

ただ、頻繁に緊急地震速報が鳴っても、こちらで揺れなかったりして、
「なんだ?」という気持ちと少しホッとする気持ちが混じりとても複雑な思いです。
でも1番怖いなと思うことは、「慣れ」です。
私のように怖がりすぎることも正直言ってどうかと思いますが、
「またか」であったり、少々の揺れに慣れてしまう?
揺れに対して鈍感になってしまうこと。
慣れてしまって少々のことでは何とも思わなくなってしまうこと。
いつも緊張感を持つということは良くないと思いますが、
私は、「慣れ」ほど怖いものはないとも思っています。
上手く言葉にだせないのですが、そんな気がします。

ここのところニュースを見ると、ひとつの事がおさまりかけると、
別のことに問題がでてきたりして、一進一退な状態です。
風がふいて桜の花びらが散っていくように、日本じゅうの不安が去って欲しい・・です。


018l.gif

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
04.15
Fri
粉モノの収納には、過去記事にも書きましたが、
スナップウェアーとIKEA 365+ フードの容器を使っています。
我が家は夫ちゃんがパンを作るときに、違う種類の粉を試したいということもあり、
容器も少し増えたり、粉モノの内容量が大きいものもあったりして、
スナップウェアー(SNAPWARE) 角型Mサイズ [2.7リットル]が増えたりしましたが、
粉モノの収納としては、我が家ではスナップウェアーとIKEAで落ち着いています。
これも統一感がありませんが、ここに行き着くまで紆余曲折あって、
それぞれの良さの捨てがたいところもあり、使い勝手優先の部分もあったりした結果です。
ただ、ズボラーな私は今までは全ての容器にラベルを貼っていませんでした。
1個か2個、目印としてマスキングテープを貼るぐらいでした。
けれど種類が増えると間違いやすくなり、全てに貼ろうと思ったわけです。
マスキングテープ専用のカッターがないので、
以前から使っていたキッチンテープのカッターにセットしました。


↑オンマウス
・・・とこんな有様でした(笑)

じゃあ、カッターなしで使えばいいじゃないかって話しですが、
そこは、粉の種類が変わると(その時々で粉がかわったりします)
その都度容器を洗ってテープを貼り替えるので、めんどくさくなっちゃって(^^;;;
結局、元々のテープカッターのテープなら、ちゃんとセットできるし、
って訳でおざなりなラベリングをしております(滝汗)


↑オンマウス
でもマグネットになっているので便利です。
【送料380円】ニトムズ キッチン便利テープ 本体 M2420★全品ポイント10倍!(P10倍)★★総...

おまけにニトムズ(nitoms)キッチン便利テープ 取り替え用もあります。
DSCF7162.jpg
↑クリック

けれど、ちっともオサレでありません。
テキトーにカットしたうえ、テープの色がちょいとね・・・(;´д`)トホホ
ニトムズさ~ん、ホワイト作ってくだされ~♪


↑オンマウス

こんな風になっておりますが、使用回数の目安としては、
記入用として使用した場合、4㎝/1回として250回分と説明分には書かれています。
が、そんなに細かくチェックしたわけではありませんが、惜しみなく使えます。
それ以外にも袋止めにしたりもできるので使っています。

ラベルもね、私のように書きなぐりじゃなくて、
テプラや、マスキングテーププリンターできれいにするとオサレなのですが・・。
(; ̄ー ̄A
せめて、マスキングテープカッターくらい買えよ~って、お声が聞こえてきそうですが、
あるものでまかなっちゃえ~ってなわけで(笑)テープがなくなったら考えるとしよう^^
しかし、使えども使えども、減らないテープ・・・嬉しいような悲しいようなヽ(;´Д`)ノ

ホントに昨日の保存容器同様に統一感もない、こだわりも中途半端で、
ちっともオサレでないラベリングで、参考にもなんにもなりませんが、
最後までおつきあい下さってありがとうございました<(_ _)>

※先日から少し画像で遊びすぎましたが、
遊んでいただけた方もいらっしゃったようで嬉しいです(*^.^*)
見づらいところもあったりしてゴメンナサイ。



      



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16
04.14
Thu
以前、キッチンで使う保存容器の整理をした時に、
ほとんど出番がなかったプラスティック製の保存容器を処分したことがありました。
(その時の記事はコチラ
もったいないなあという気持ちもなくはなかったけれど、
頂きものであったり、ちょっと便利かな?って次々よく考えもしないで買った結果、
私にとって結局使いづらかったり、我が家の暮らしには合っていなかったということだったわけです。
結局、IKEAのフードキーパーと冷凍ごはんの保存容器を除いて、
頻繁に使う、常備菜や茹でた野菜など冷蔵庫や冷凍庫保存したりする容器は、
ガラス製品だったということでした。(;´▽`A``
遠回りしましたが、今手元にあるのは、よく使っていたものということです。
サイズやカタチ違いで持っていますが、ほぼコレで打ち止めでしょうか。
あとは劣化などで買い替え・・かなと思っています。
ただ、統一感に欠けているのは否めませんが、我が家の定番となっています。

それぞれの容器の得手不得手がありますが、
a のIKEAの365+フードキーパーは、冷凍冷蔵保存可能で、フタに空気孔があるので、
フタをしたままレンジに入れられ、我が家ではシリコンスチーマーの代用をしたり、
お弁当用に作り置きしたカップ入れや低温発酵のパンを作るときに使っています。

b のパイレックスの耐熱ガラスの角型は、万能ですね。フタをしたままレンジOK。
フタを外せばオーブンもOK。スタッキングがしやすいし中身が見えるのでわかりやすい。
マウスをクリックした時に見える画像は、サイズ違いですが、こうして冷凍保存して、
そのままレンジでチンすることができるので、作り置きがしやすいです。
ただ、完全密閉式ではないので、傾けることができないので注意が必要です。

↓ マウスをのせると画像が表示されます^^

c のパイレックスの密閉パックも耐熱でフタをしたまレンジOKです。
完全密閉なのでニオイのあるモノには最適です。
クリック画像は「なめたけ」を作り、丁度良いサイズがコレだったのですが、
らっきょうやキムチなどの保存にはいいです。
ただ、購入時に角型がなかったので丸型にしましたが、冷蔵庫に保存するときには、
やはり無駄なスペースがでない角型の方が使いやすそうです。
でも、まあこれはこれで(^^;;;

d のWeckのキャニスターは、レンジやオーブンには使えませんが、
プラスティックカバーをつければ、ちょっとした保存なら大丈夫だし、
ゴムパッキンとステンレスクリップをつければ、煮沸殺菌して密封できるので、
ジャムや梅干しの保存に良いです。
我が家は型違いで出汁の保存もこれにしています。

あとずっとずっと迷っていた琺瑯製品・・・色々な方が使われているのを見て、
欲しいと思いつつも、直火で使えるということを考慮しても、
レンジで使えないという点がネックになっていました。
けれど、今までお味噌を入れていた容器がくたびれたので買い替えました。
購入までに1年近くかかりましたが、納得の1品となりました^^
kitchenC.jpg
野田琺瑯ってフタが密閉式のものや琺瑯フタのものがあったりして、
用途にあわせて色々な使い方ができるようですね。
我が家は、今のところお家にある容器で事が足りているので、
残念ながら(笑)他のサイズは購入しませんでした。

たかがキッチンで使う保存容器、されど保存容器。
それぞれのお家のスタイルで使い勝手の善し悪しがありますね。
こだわりがあって色で統一されたり、シリーズで統一されたり色々ですね。
見た目重視になってしまって、自分のスタイルに合っていなければ、
使いづらくムダになったりします。

やはり自分を良く知り、自分のお家での使い方を良く考えたうえで、
モノ選びをすることは大切
だなとあらためて感じました。
かつてブレ気味な私でしたが、やはりモノの数を減らしてから、
モノの選び方、モノとのつきあい方が変わった気がします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
04.13
Wed
昨日の吊り戸棚の見直しは、「使うモノは一緒に」といった考えもあり、
製菓道具をひとまとめにしていたけれど、やはり、
『高いところに重いモノは置かない』が基本の我が家だったはず!と思い、
見直しした結果でした。
できれば、やはり吊り戸棚にはそれほど重いモノでなくても
置きたくないのが本心
です。
観音開きなので、ストッパーをつければ?と考えたこともありましたが、
う~ん・・・。では引き戸なら良いのか?といえば、
過去の経験から、目線より上には置きたくないのが本音です。
モノの落下、転倒を考えると二の足を踏むのです。
でも、災害時における被害なんてものはケースバイケースなわけで、
あれこれ心配してもキリがありません。
なので、自分のこだわりで決めるしかないと思っています。

それに関連して背の高い冷蔵庫の話しです。
我が家の冷蔵庫置き場は、半分吊り戸棚が重なっているので、
高さ制限がありました。
なので、その高さ内におさまる冷蔵庫を選ばなければならなかったので、
画像のように吊り戸棚より低いです。
でも、少し空間があって収納スペースとして利用しようかと思った事がありました。
けれど、吊り戸棚でさえもやむを得ずなのに、更に冷蔵庫の上に置くことは、
やはりためらいがありました。

それと冷蔵庫は、私の背よりは高いので、ここは過去記事にも書いていますが、
埃のつきやすいところでもあり、掃除の手間を考えると何も置かないのがベストだと
いうところに行き着きました。それにもまして冷蔵庫の色がネイビーなので、
埃がめだつので、こまめに拭いてやらねばならないのが難点でした。
(その時の話しは、コチラ1コチラ2に書いています。)



昔の冷蔵庫と違って今の冷蔵庫は、背面に放熱器などはありませんが、
側面の中心あたりはほのかに他と比べても温かいので、放熱器があるのでしょうね。
天板は手で触ったくらいでは熱さは感じませんが、ここも放熱器があるようです。
基本、上にモノを置くことを想定して作ってはいない冷蔵庫なので、
放熱効果に多少の影響がでると、無駄な電力を消費する
ことになるようです。
電気代の節約になるハナシ以前に、計画停電は今行われていませんが、
少しでも電力の消費のムダに気をつけるならば、
こういった身近なところを見直すこともいいかもしれませんね。
冷蔵庫の温度調節のみならず、ほんの微々たることかもしれませんが、
これも節電効果になるかもしれません。

まあ、たんに私がズボラなだけで(笑)
モノをどけてふき掃除よりも、モノをどかさずサッと拭ける方がラクチンだと思って、
何も置かない方が一石二鳥だと自己満足しているだけのことかもしれませんが・・・^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
04.12
Tue
以前から何度かキッチンの吊り戸棚の収納の見直しをしました。

吊り戸棚は不要だと思っていますが、賃貸なので元々付いている設備でもあり、
狭い我が家、収納スペースも十分とは言い難いので、
やむなく使っていました。(コチラ1
ですが、どうしても吊り戸棚には、頂きモノで捨てるに捨てられないといったモノや
使っていないモノなのに、なんとなくモノ置き場化しやすい場所だと思っています。
ちょい置きしやすく、モノをためこむ原因になりかねない吊り戸棚。
私にとっては使いにくい収納ですが、使いやすいように見直しをしてきました。
その過程で、やはり必要以上にモノがまだあった、
使いこなせていなかったモノもあり、手放してすっきりさせ、
ゆとりある収納をするようにしました。

おまけに背が低い私には吊り戸棚の下段がせいいぱい手が届く範囲。
なので、右側は下段のみだけ使用するようにしました。(コチラ2
その後オーブントースターのトレイを置くことになりましたが、
それについてはコチラ3に書いています。


↑マウスをのせると前々回の様子が見られます。


さて今回の見直しは、左側の吊り戸棚。
こちらは、ほとんどが夫ちゃんが使う製菓道具をいれるようにしたのですが、
電動ハンドミキサーも収納していたので気になっていました。
観音開きなので今回の地震でも心配していましたが、
幸いにも落下することはありませんでした。
けれど、やはりこちらに置くことはやめ、下段のみの使用にしました。


↑オンマウスでbefore画像

ハンドミキサーは、オーブンレンジ台の下を整理して、こちらに置くことにしました。


↑オンマウスでbefore画像


持ち手付きの半透明のケースに収納していたアクとりシートなどは、
ジッパー付きの袋にいれて別の場所に移動しました。
これについてはまた後日あらためて。

DSCF7131.jpg


以前にも書きましたが、ゆとりある収納にしておけば、
取り出しやすく、また万が一置かなければならないモノが増えたとしても、
オーブントースターのトレイの時のように困ることはありません。
今回は、モノの移動をしただけで、『捨て』はしていません。
ただ使う可能性があるかどうかを考えるべきモノがありました。
それと持ち手付きのケースは別なところで使用することにしました。

吊り戸棚の収納はこれでラスト(の予定)ですが、
他の収納で見直しして、変化があればまたご紹介(のほどでもありませんが)したいと思います。


011l.gif

昨日あの大きな震災から1ケ月と書いたばかりだというのに、
余震もおさまらぬなか、こちらでもまた昨日、今日と揺れました。
少し、心の緊張がおさまりつつあったようでしたが、また少し落ち着かなくなりました。
一時中断して書きました。コメント欄は開けていますが、
お返事がおそくなるかもしれませんm(_ _)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 0
04.11
Mon
あの大きな震災から今日で1ヶ月です。
東北地方のみならず、関東のあちこちの県で被害にあわれた方にとって、
あの日から、ほとんど何も変わっていない、
厳しい日々を過ごされていらっしゃることだと思います。

DSCF7104.jpg

なのに私はといえば、関東圏に居ながら、何事もなかったかのように、
ごくごく当たり前の暮らしができることに感謝するも、
震災後から、つとめて『普段の暮らしをする』ことを選んだ時に、
少なからず、本当にこれでよいのだろうか?と思ったこともありました。
こうしてあの日と変わらずパソコンに向かって、ブログを書くことも、
ためらいながらも、変わらず書いてきました。
よそでは、ブログの内容が不謹慎だと言われたり、非難されたりすることも見ながら、
その都度取り外しができない、自分のブログのテンプレートに貼り付けた
ランキングバナー故、思いをこめて書いた記事でさえも不謹慎とされるならば、
バナーの貼り付け方を記事ごとに貼るように変えなければならないのか?と
思うこともありました。

DSCF7111.jpg

それでも、阪神大震災の時、私が周囲から感じた事、
被災地から遠く離れた場所では、おそらく普通の暮らしが営まれていたと思います。
神戸の近隣の市でさえも、多少の不便さはあったものの、
日常を取り戻して町が動いていったこと。
他県からのたくさんの人がチカラを尽くしてくれたこと。
それが後に復興への早道のひとつであったかもと思うことでした。

もちろん今回の地震とは規模も違い、比べることなんてできません。
災害など同じ状況なんて絶対にありえない。
自分が被災した場所が違うならば、同じ日の災害であっても大きく違うということ。
それは、避難所生活でも差がでるのと同じことです。
同じなんてないのですから。

ただ、普段の暮らしをするはずが、ややもすると、
地震前と何らかわらない暮らしであったかのように錯覚していまうことが怖い。
かといって、いつまでも引きずることが良いとは思いません。
こんな時にこんなことをするのは?と思い悩み全ての事を自粛することも、
良いとは思いません。

被災された方で、とりあえず次の仮住まいが見つかったとしても、
あくまでも期限付きなわけで、公務員宿舎の提供がありながら、
被災地の自治体から住民に伝達できないところがあったり、
仮設住宅に入居できても、光熱費は自費なためなくなくあきらめ、
避難所生活を続けざるを得なかったり。
復興へ動きはじめたところもあるようですが、
まだまだ『今』を生きることが精一杯な状態だと思います。

そんななかで普通に暮らすということは、
あの日を消しゴムで消したように暮らすことではなく、
あの日があったからできることもある。
あの日があったから見直すことができた事もある。
あの日があったから、捨てようとしたモノを手元に戻し活用するモノもある。
あの日があったから、ケンカしたまま朝、
送り出すのはやめようって思った人もいるかもしれない。

それぞれがそれぞれに思いがあって、それぞれの暮らしをする。
できる人はできることをして暮らす。
普通に暮らす、決して11日のあの日以前と同じであって同じでない、と
そう思うことが、私にとっての普段の暮らしです。


DSCF7098.jpg
大きな幹から枝を伸ばしたくさん咲く桜も好きですが、幹から直接、咲く桜が好きです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
04.10
Sun
業務用の食材を扱うお店でこんなものを見つけてしまいました。

spin.jpg
↑クリック

前にも見かけて気にはなっていましたが、あまり食べることもないし・・・と思いつつ、

え~!おうちで作るの!?
きゃ~こんなにあるし~!
懐かしい~!

と夫ちゃんとあ~だこ~だと言いながらも、夫ちゃんが好きだと言うので、
ちょっとおもしろいかなと思い、買ってみました。


ちょっと揚げるだけで、みるみるうちにふえるふえる!(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー 

↓これって
spin2.jpg
↑クリック

ね、どこかで見たことあるお菓子でしょ?? アレですね~( ̄▽ ̄)

まさに1969年~1998年まで発売されていたスピンですね(コチラ)

その後復刻版(コチラ)が発売されたけれど、現在は発売されていないそうな。

あまり売れていなかったのかな・・・そんなことなさそうなんだけれど・・・。

久しぶりに食べたけれど、とってもおいしかったデス^^
しかし袋にはまだまだたくさん。 消費するまでどれくらいかかるかしら・・(;´▽`A``


楽天さんにもありました↓
森永商事 スピンの素 500g


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 0
04.09
Sat
桜が咲いているかと思い、昨日、神奈川の宮ケ瀬湖に行ってきました。
平日だったので、土日祝日の賑わいは見られることなく、
本当に静かなのんびりした宮ケ瀬でした。

100段はあろうかと思われる階段を下りていくと
DSCF7072.jpg

桜が・・・ それにしても本当に人がいない。あの賑わいがウソのよう。
DSCF7075.jpg

う~ん、まだまだ蕾が多い中、咲いているのをパチリ。
DSCF7070.jpg

白木蓮もまだまだ蕾が多い。
DSCF7069.jpg


DSCF7065.jpg

穏やかな日が、みなさまに訪れるように・・・。
DSCF7066.jpg

宮ケ瀬湖畔のけやき広場。 いつもならお弁当を広げたりしている姿も多い。
DSCF7077.jpg


場所は変わって、鳥居原エリアへ足をのばしてみる。
DSCF7088.jpg

湖畔庭園には噴水と鐘を鳴らせる公園。
DSCF7096.jpg

名前がわからない花だけれど、風が強いこの日ふんばってふんばって。
DSCF7095.jpg

ツツジ科のアセビの花は、ポン菓子のよう。
DSCF7091.jpg

冬の花のイメージである椿も、ほとんど枯れているなか、
今にもぽとりと落ちそうなのに、頑張っている。
DSCF7093.jpg


鳥居原ふれあいの館内にある津久井特産品の組み紐機。
DSCF7078.jpg

手で回すと、組み紐がでてくるでてくる^^
DSCF7080.jpg


宮ケ瀬虹の大橋を後に・・・・。今年はまだ寒々とした宮ケ瀬湖でした。
DSCF7089.jpg
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4 trackback 0
04.09
Sat
今回の地震で、それまでモノのためすぎを改め、『捨て』に転じた方も
ストックがあった方が良かったって思われた方もいらっしゃるかと思います。
ストックを持つことについても以前の記事にも書きました(その時の記事はコチラ

モノを持たない暮らしというのも人それぞれに定義があると思います。
シンプル生活のあり方もそれぞれだと思います。
なので、私が言う「モノを持たない暮らし」も私流の価値観で、私が今まで経験し、
感じ、モノが多すぎることで災害時のマイナスだったこと、
モノに対する思いが変わった事などがあります。
しばらくは全てのことが空虚感で、その後の暮らし方さえも、
モノを飾ることができなかったり、何事も儚さが全面にでてしまうこともありました。
(そのことについては、過去記事にも時折ふれています)
でも、時間の経過とともに、環境が変わったり、
決して忘れることがないであろう事でも、
少しずつ少しずつ記憶が薄れていくこともあります。
心のどこかに残っていながらも、前に進むことですこしずつ自分の気持ちの
変化もでてきます。

だいぶ話しがそれてしまいましたが、
災害時において輸送ルートが確保されず、
モノ不足になったときや買いに行くことができないといった場合、
余分なモノを持たない暮らしでは、厳しい状況になるかもしれません。
「買っておいてよかった」って思ったかもしれないですね。
ひょっとしたら、今回の震災で「もう少し余分にストックを持って置こう」って
考えた方が増えたかもしれません。

前回、ストックを持つことで安心できるなら、
それは保険として考えれば良いと書きました。

非常食も期限があるので、幸いにも使うことがなければ、
期限間際になると食べて新しいものを買ったりしなければなりません。
ならば、非常食といった枠組みで考えるのでなく、
普通の食品を非常用として持つという方法もありますね。
これならば、定期的に消費して「いざ、という時のための買い置き=ストック」
と考えもあるかもしれませんね。

私は、余分なモノと災害時に必要なモノは一緒ではなく、別物と思っています。
なので、ずっと私が思っているシンプルに暮らすとは、
必要なモノを必要なだけ持つことだと思っています。


ただ、日頃から余分なモノを持たない暮らしをしていると、
モノに依存しすぎなければ、モノがないことへの不安は少ないかもしれません。
ないならないで別のもので代用できる、
不安に陥りにくいということはあるかもしれません。
もちろんいつまでも長くといったような状況では、
いつまでも楽観的にはいられませんが、
今回のような被災地以外で一時的にモノが不足するといった状況でも、
慌てて買いに行くといったことでもなく、
比較的、なんとかなるさで足らずのものは足らずで過ごしました。

けれど、部屋にモノが多くありすぎて散乱して危うくなる。
モノを積み重ねて、落下したり倒れたりして、
それがもとで逃げ場がなくなったりすることもあるかもしれない。
床にモノを置かない。高いところに重いモノは置かない。
それが、私が経験したうえで実感したことです。
なので、災害時にモノを持たない暮らしがマイナスだとも思いません。

できるだけモノは持たない、不要なモノは捨てる。
その不要なモノの基準も人それぞれで、モノを捨てることよりも、
モノがあった方が何かあった時には使えるかもしれないと思う人も
いらっしゃるでしょう。
自分の暮らしが快適だと思えばそれはそれで良いのだと思います。

でもずっと思っていること、過去記事にも書いたとおり(コチラ
私は、闇雲にモノを持たず、モノを選び、捨てなくても良い暮らしをする、
それが、私のシンプルライフです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
04.07
Thu
震災から、計画停電があってメディアでも「こんな風に節電してます!」って
いう特集を組んだりしていますね。
もちろん、私も随分と「電気の恩恵」を受けて育ちました。
今の便利な生活も電気なくしてはできないといっても過言ではないと思います。
ただ、ここのところずっとCMで「無駄な電気は消しましょう」って
流れているのを聞いていて、思ったことを少しばかり・・。

その昔 水をやかんで沸かすということから、
沸かしたお湯を保温できるという魔法瓶ができて、
その後、水を沸かして保温できるという電気ポットが発売されました。
コンピュータが内臓されカルキ抜きだとか、
タイマーがついたりして便利なものになりました。
いえ、そういった電気ポットに限らず、炊飯器や冷蔵庫といった電化製品全般ですが、
人々の暮らしの変化とともに、本当に色々な機能がついてとても便利になり、
重宝され支持されてきたものだと思います。
人々がよりいっそう便利なモノを求めてきた結果、便利なモノが生まれ、
それに伴い、良い面と悪い面が浮き彫りになってきたのかもしれません。

ここ数年、便利なモノだけがもてはやされなくなり、
そこに節電モードなる機能がついたり、
エコブームでより加速し、更に今回の計画停電の影響もあったりして、
「節電」というコトバがひっきりなしに聞こえてきます。
テレビ番組でも、ご飯を炊いたら保温せず、
掃除機を使わずほうきとちりとりで掃除をする。
使っていない電化製品のコンセントは抜いておく。
エアコンの温度を上げると、これだけの電力ワット数が下がるといった冷房対策。
そして、沸かせて保温できる電気ポットは、電気のムダ使いであるかのように、
昔ながらの魔法瓶を使っていますってどこかのお宅を紹介していました。

昔の生活スタイルにはよくあった光景が、
ほんの少し見直されつつあるということでしょうか。

いつでもお湯がでるポット、その昔うちの実家でもありました。
結婚の時、欲しいと思いましたが、必要ないなということで持たずにきましたが、
さほど不便も感じず、今は以前にもご紹介しましたが電気ケトルを使っています。
これも停電の時には役たちませんから、結局のところ魔法瓶であったり、
ガスで沸かすといったことになるわけです。
必要な時に必要な分だけ沸かすといった意味では、電気ケトルはそれなりに
使って正解だと思っています。
これも電気のチカラを借りているけれど、どれもこれもムダ?と言ってしまうと
それこそ薪で火をおこす生活になってしまうと思うのです。

そして「使わない電気は消しましょう」って、
今更言わずとも当たり前の話しなわけです。
子供の時からよ~く親に言われてました。
「部屋から出るときは電気消して」「テレビ見ないならスイッチ消して」って。
言われたことありませんか?
私はよく言われていました。だから敢えてなぜ今更って思ってしまうのです。

子供の頃、台風や落雷で停電っていうのを結構経験したことがあります。
それがいつの頃からかほとんど停電というのにお目にかからなくなった気がします。
安定供給ができているのか、それなりに対策ができているか、
きっと技術が進歩したからだろうなんて、素人考えしかありませんが、
そこには、今回問題が起きた原発のお陰だったのかもしれません。

人間、便利なモノに慣れてしまうとそれが当たり前になって、
それによって時短でき、他のことに有効に時間が使えて恩恵も受け、
暮らしも快適になったりします。
なので必ずしも今のスタイルが悪くて、昔のスタイルが良いとも思いません。
ただ、今の生活水準を維持していこうと思えば、それなりの犠牲がでるわけです。

こうしてPCに向かっていられるのも電気のお陰なわけですし、
電気をなくしては生活できない暮らしになっているのが現状です。

無意識に電気をつけて暮らすことに慣れて、
電気のありがたみをさほど感じることなく生活した結果、
今回のような事が起きると、右往左往して節電を促すといった状態になります。

スーパーだって昔そんなに遅くまで開いていなかったけれど、
今は24時間営業の店があったりします。
便利になって必要としている人もいらっしゃいましょうが、
それほど開けている必要あるなのかな?って前々から思っています。

不便でも工夫次第で暮らせることもある、
便利さに慣れるこよによって、
工夫することを忘れてしまうこともあるかもしれない。

便利さのありがたさもかみしめながら、今までどおりの
シンプルに暮らすことをふまえて、もう一度自分の暮らしも
見直してみようかなと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
04.06
Wed
まだまだ被災地では、食べ物が行き届かないところもあるなか、
昨日に引き続き、食べ物の記事もどうしたものかと思いました。
こうして普段の暮らしができることは、
感謝と同時に本当に申し訳ない気持ちもあります。
それでも、被災された方のことを憂い思ふことと、私が普通の暮らしをすることは、
別のことと思って今までどうりのブログを書いています。
これは過去に震災で被災した私が、今、逆の立場になってみて当時を思い返し、
私なりの思いとスタンスで書いています。
不快に思われる方は、どうぞこれ以上読み進めないでくださいますよう、
お願いいたします。<(_ _)>

deni2.jpg


我が家は新しいスーパーを見つけると必ずといっていいほど、
『粉モノ』の陳列棚は必ず見に行きます。
何か目新しい粉がないか? なんて。
まあどちらかと言えば夫ちゃんが主体となってなんですが(笑)

で、以前も出先で見つけたスーパーでこんなモノを見つけました。

DSCF7035.jpg

『ホットケーキミックスと混ぜるだけで、メロンパンができる!』
(森永さんの商品紹介はコチラ

「うっそぉ~!」って何度も何度も手にとって見ました。
で半信半疑ながら、買いました(^^;;; 
けれど「クッキー生地を作らず、できるのか?」頭の中はグルグル状態でした。



今回はホットケーキミックスは、森永さんのでなく、
家にあった茂蔵さんのおからホットケーキミックスを使いました。

DSCF7038.jpg


卵、バター、ホットケーキミックスにこのさくさくメロンパンの素を加えて混ぜ合わせ、
形をつくり切り込みを入れて、グラニュー糖をまぶしました。

DSCF7039.jpg

ここまでは、まだメロンパンの象徴ともいえるクッキー生地らしきものは、
当然ながら見えません。

ほ、本当にできるの? 














オーブンで焼いたら、ごらんのとおりメロンパン!

DSCF7043.jpg


中はこんな感じです。
DSCF7047.jpg

メロンの香りが漂い、サクサクの食感です^^
本当にお手軽にメロンパンができました!

辛口コメントを言うなれば、香りはともかくホットケーキの味です。当然ですが(笑)

でもこれは私みたいに超モノグサでも、ちょちょいのちょいで作れます^^

このシリーズは他にも、

☆もちもちドーナッツの素
 ホットケーキミックスに「もちもちドーナッツの素」とお湯を混ぜて油で揚げてできる。
  
☆かりかりラスクの素
 牛乳にバター、ホットケーキミックスと「かりかりラスクの素」を混ぜてオーブンで焼いてできる。

などが発売されています。


かなり疑いを持ちながら作りましたが、メロンパンできましたね~^^
ちょっとした時間で、混ぜるだけで簡単に作れるコレ、ちょっとHITしちゃいました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
04.05
Tue
先日、モラタメさんから共立食品さんの『手作りパンセット』が
当選した話しを書きました。
(その時の記事はコチラ)その後、共立食品さんとモラタメさんのコラボの、
『手作りパン』フォトコンテストに応募させていただいたんです。
応募というか、まあ頂いた商品のことを記事にしたというか・・。

そしたら、モラタメさんからこのような↓メッセージと一緒に、
共立食品さんの詰め合わせセットが届きました。

DSCF7058.jpg

DSCF7060.jpg
さっそくセサミクラッカーを頂きましたが、おいしい(> <) おつまみにいいです、コレ♪

フォトコンテストの結果発表のHPはコチラ→

私以外の方の作品はどれもすばらしく、とてもおいしそうで優秀作品に選ばれても(゚ー゚)(。_。)ウンウンと
納得するものばかりなのですが、実はですね、当選した作品は、

以前記事にもしましたが、私が作ったパンではなく、

夫ちゃんが作ったパンです。
 ε-(;ーωーA フゥ…

(その時の記事はコチラ)  この記事で応募したということです。

夫ちゃん、    しかし私のココロはちょいと複雑 

まあ、まあ、まあ・・・ですわ(笑)
いつもブログをお読みいただいていらっしゃる方はご存知ですね。
我が家は主夫のほうがよいかもしれませんw


いえいえ気を取り直して、あらためまして、
モラタメさん、共立食品さんありがとうございました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
04.04
Mon
震災から3週間以上が過ぎました。
ほんのほんの少しずつは、前に動いていっているかもしれませんが、
現実は、まだ復旧作業さえも手つかずなところが多いようです。
私のブログも「通常のブログを再開しています」と書いておきながら、
カテゴリからはずれた記事を書き、
人によっては「また地震関連の話し?」と思われたり、
「まだこんな状況の中で、のんきに書いている」と思われたりと様々だと思います。
私の思いは過去記事(☆1 ☆2)にも書いていますが、
ここから先は、非常識といわれかねないことを承知の上で書いていますので、
どうぞ不快だと思われる方は読み進めないでください。
そして重複する箇所もあるかと思いますが、どうぞ知らん顔をしてくださる(;´▽`A``
ようにお願いいたします。

deni2.jpg

かつて地震の際に「この地震による津波の心配はありません」という
テロップが流れても、さほど気にしていなかった私です。
今回の地震の津波による被害を知って、あらためて「水の怖さ」を感じました。
ただ、目の当たりに経験したわけではないので、
被災地の友からの水の恐ろしさを聞き、
テレビの映像を見てあくまでも想像の域でしか考えることはできません。
そして津波の第1波が最大ではなく第2波、第3波と時間が経ってからの方が
大きな波がやってくるということを知ったくらい、全く無知でした。

今回のあの大きな地震の時も、地震直後には家屋の倒壊があっても、
おそらく多くの人が生きていらっしゃったことと思います。
一度避難して時間が経ってから、荷物をとりにお家に戻られて、
津波がきて命を落とされたり、難を逃れられた方もいらっしゃることと思います。
過去の大震災を経験し被災したとはいえ、
とても及ぶものではないことだと感じました。
別の災害であり比較することがおかしいのですが・・。
おそらく多くの方が、想像を絶するものだったと思います。
なので、多くの人が被災された方を憂い、慮り、色々なイベントを中止したり、
ブログという個人の日記であっても、思うように言葉がでなくて書いては消して、
書けなかったり、またちょっとした発言が非難の声をなげかけられたりして、
心を痛めたりしています。
こんな状況で赤ちゃんが誕生して嬉しいと思っても、なんかそれを書くことさえも
はばかられるように感じさせられるような雰囲気になってしまったり、
なんだか元気な人までもが、意気消沈してしまったり。
そして、「不謹慎」「非常識」「自粛」といった言葉が
氾濫しているところもあるように思えます。
もちろん、中にはあの被害状況を見て、本当に嘘みたいな行動をし、
被災者の方に追い打ちをかけるような事をする悪い輩もいるようです。
それは今に始まったことではなく、阪神大震災でも誰もいない被災した店舗に
やって来て盗みにはいったりするという事件もありました。
また、物見遊山的な気分でよそから来られて、何気ない言葉をなげつけ、
被災者が傷つくこともありました。
なので、本当にこういった当事者でないとわからない、真に感じ得ないことは
あると思っています。

日本国中、募金活動に盛り上がり、日々有名人の誰それがいくら募金した、
これだけの募金が集まったと報じられています。
とてつもない金額を聞くと、それがどれくらいのものなのか想像もつかない、
とても雲の上のようなお話で、圧倒されます。
そして有名なタレントさんや歌手、俳優さん、著名人が声に出すことで、
多くの人が賛同したり、個々に募金してお金も集まります。
それは皆、被災された方への「思い」の表れだと思います。
そして太く短くではなく、細く長く・・・支援をすることが大事な気がします。

被災して仕事を失ったら、いくら貯えがあったとしても今後の生活に不安も覚えます。
全てなくしたら一から揃えねばなりません。
よしんば避難所から仮設住宅にはいれたとしても、
ひとつひとつのモノは大きな金額のモノでなくても、日常生活するのに必要なモノを
揃えるとなると一度にでていくお金も相当なものになります。
食べてもいかねばなりません。着るモノも必要です。
子供の学校の事も考えねばなりません。もし病をかかえていたら、
健康な人以上に、心配の種も多いことだと思います。

自治体によって仮設住宅ができつつあるところもあれば、まだまだ全然復旧作業も
ままならないところもあり、同じ被災地であっても徐々に差が
出てきたりしているようです。他が少しずつ「暮らし」にいきつつあるのをよそ目に、
まだまだ先が全く見えない、どうしていいのか闇の中にいらっしゃるとお感じの方も
多くいらっしゃるかと思います。
ふんだんに物資が届く地域とそうでない地域。
放射能の影響で物資を届けてもらえない。
なにも震災の復旧作業のメドすらたっていないところもあります。

あれだけ大きな地震であれだけ広範囲の被害があり、
それほど被害がなかったところでさえ、
工場が東北地方にあったがために、食品工場が稼働できない、
計画停電で稼働できない、取引先が地震の被害で自分の会社に影響がでて
自宅待機を命じられたり、逆に震災の影響で、人手が足りず忙しい方、
何かしら今までの日常と違う状況になった方も多いかと思います。

被災者の気持ちを思うことは大切だけれど、元気な人までが一緒になって、
あれもダメこれもダメ、あんな催しもだめ、お花見もやめた方がよい。
こんな時に浮かれている場合でないでしょう・・みたいな風潮が流れています。
どこかうしろめたさがあったりして、「控える」ことありきで、
どこか突出するとそれは今慎むべき事として、抑えることが良しとされる。
食料品の買い物は良くても、華美なモノの買い物は、
ちょっと遠慮した方が良いのかな?と
いったようなモノを買うことさえも時にはためらったり・・・。
こんな時期に外で飲んで浮かれている場合ではないのかなと控えたり、
もちろん、関東では計画停電の影響もあり、意志とは関係なくお店の営業にも
影響がでたりしています。
買い占めは論外ですが、また買い控えによってそこのお店のモノが売れなくなって
死活問題になるかもしれません。
今回は地震の被害のみならず、原発問題で多くの避難者の方々がいらっしゃいます。
日本の経済も落ち込んでいるなかで、
お互いに慰め合うばかりでは前には進みません。次の展望を開くために、
元気な人は働いて日々の暮らしのなかでお金を使う。
直接的にかかわりがなかろう事も、どこかで巡り巡って、
発展に繋がることはあると思います。
そうして憩いを求めて日々の楽しみを持つことさえも控えるのでしょうか?
では、いつまで控えることが良いのでしょうか?気の済むまででしょうか?
それは誰が決めるのでしょうか? 首長さんですか?

個々の判断ですよね。考え方は様々です。控えたいと思えば控えるのも良し。
でも他人がそうしていることを批判するのもへんだと思うし、
思いは胸のうちで良いのではないかなと思います。
こんな時に祭りをして元気をだそうと思う人もいれば、
それはやはりやめておいた方がいいのかなと思う人もいる。
たくさんの人がいるのだから、色々な考えがあります。
励まし方や思いの伝え方はそれぞれがそれぞれにすれば良いのだと思います。

お花見自粛の次はゴールデンウィークの自粛ですか?


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

04.02
Sat
以前52個のマグカップを所持していた兄の家の話を書いたことがあります。
(その時の記事はコチラ→) 今日はその兄の話しを。

兄も私も親の影響か、子供の時から洋服が好きでしたが、
とりわけ兄は、半端なく洋服を所持していました。
歳が離れていたので、私がおしゃれに目覚める頃には、
ものすごい数の洋服や靴下や靴があったような気がします。
さながらちいさな村の洋服屋さん並みにあったかもしれません。
兄が結婚してからも母が、「洋服にお金をつぎ込んでいなければ、御殿が建っていたかも」などと
笑い話がでるくらいでした(笑)

しかも洋服のサイズに厳しく、とくにパンツの幅、丈についてもすごくこだわりがあり、
選んだパンツの幅さえも、5ミリ単位でも直して着るといった感じでした。
そんな兄が、たくさんの洋服や靴や時計といった諸々のものの数の多さは、
私から見れば増え続けていったとしか思えなかったのですが、
実際はある一定以上は増えていなかったのです。

ときおり真新しい(と思うくらい新品同様)洋服を、誰かにあげるといったり、
不要品といってまだ着られそうな洋服を母に託したりしているのを見て、
母が「もったいないわ・・・・まだ着られそうなのに」と言うことがしばしば。
旬の洋服を手にいれて、着ないものはいともあっさりと手放すことをしていました。
もちろん気にいったものは気たおしていたものもあったようですが、
タンスの肥やしにせず、着る洋服だけに絞ったのだと思います。
それでも毎日違う洋服を着たとしても、ヘビロテにはならなかったかもしれません。
う~ん、今現在の私からすれば、着る機会が少ないのもなんだかな~。
数は少なくてもお気に入りの洋服をバンバン着る方がいいなと思うのですがね^^

しかしかつての私も、ずいぶんと洋服を持ち続けてきました。
けれど、兄と違って、潔く手放さなかったことが大間違いでした。
新しい洋服を手にして、サイズがどうのこうの、デザインがどうのこうのでなく、
着ない洋服も捨てられない、一度手にしたものは思い切りが悪く手放せませんでした。
愛着がそうわいていないものでさえ、捨てることができませんでした。
なのでそれを戒め、自分の持ち物を見直し、着ない、使わない、不要なモノを捨ててきました。
それでも日々暮らしていると、素敵なモノがたくさんある世の中、欲しいものはでてきます。
でも手にいれる時点で捨てる時のコトを考えると、安易に手をだせなくなりました。
手にいれた限りは大切に使いたい、着たいと思うようになり今に至っています。

それにしても兄のマグカップの数もさることながら、洋服の数ももう少しすっきりしても
よいのでは?と思わなくないですが、個人の趣味の範疇なわけで、
外部がとやかくいうことではありません。
ただ、着ないものは手放す、増やしたら増やした分は手放す、
クローゼットはギュウギュウにせず、収納スペースに入るだけとしていたことは、
お手本になったかもしれません。

捨てる捨てないは、人それぞれに思いがあります。
でも時には大胆に、潔く捨てることはシンプルに暮らすには、
必要かもしれないなと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

back-to-top