08.31
Wed
この夏は暑いせいか、ほとんど保冷枕を使っていました。
そして、夏になると夫ちゃんが、以前買った無印の低反発チップの枕が、
ずっと「暑い」と言って使わず、クッションをかわりにしたりしていました。
確かに頭に汗をかくので、枕カバーをしていてもやはり汗ジミがつきます。
残念なことに、低反発チップの枕はお洗濯できません。
なので、つまみ洗いをしてこまめに干すことで対処してきました。

私は、横向きに寝るのですが、帰省中に首から肩を痛めてしまい、
フィットしにくい感じがしていました。

ということでIKEAで見つけた枕。 GOSA

GOSA1.jpg

IKEANの枕は、低め、中くらい、高めの3種類から選ぶことができます。
横向き用、仰向け用、うつぶせ用の中から自分の寝る姿勢のタイプのを選び、
先入観をなくす意味で値段や素材を気にせず、
頭をのせて心地良いと思ったものを選びました。
けれど条件は、お洗濯できるタイプで。

GOSA2.jpg

夫ちゃんは仰向け用。
側地は綿100% 中素材はダックフェザー85% ダックダウン15%。
中素材重量700g 湿気を逃し、弾力性、サポート性があります。

GOSA4.jpg
マークを見ると一目で仰向きか横向きかわかります^^

私は横向き用。
側地は綿100% 中素材はポリエステルマイクロファイバー100%
中素材重量575g 柔らかく軽やかで、ドライな状態に保つらしい。

GOSA3.jpg

で結局お値段は、夫ちゃんが799円。私のは1490円。
おてごろ価格ですね~。しかも夫ちゃんのは私の半分です・・。安っ。
(;´▽`A``なんだかな~  でも、頭を乗せた感じで決めましたから^^

とにかくベッド同様、暖かくて湿った場所を好むダニ対策には、
洗ったり、頻繁に干してきちんと乾かすことが重要!
なのでこの丸洗いできる枕、気にいっています。

でもね、横向き用の枕より仰向け用の夫ちゃんの枕のほうが、
すごい弾力があって高さがあるんですよ・・。↓

GOSA5.jpg

まあ、このお値段の枕なので、ずっと長く使う・・というわけには
いかないでしょうけれど、確かに横向きの私には眠りやすいのは確かです。
この枕を使い出してから、ぐっすり眠れております^^

今回は、寝る姿勢によって選べたことと、実際に試して選べる
IKEAの枕に軍配があがりましたが、

この枕もずっと気になっていました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4 trackback 0
08.30
Tue
我が家の食器・・これまで私が選ぶものは「白」がメイン。
でも、まだお祝いなどで頂いた食器なども、好みでなくとも
な、ん、と、な、く、使っていたものもあります。
でもやはり頻繁に出番が多くなるのは、自分で選んだお気に入りのモノや、
自分にとって使いやすい食器だと思うのです。

我が家にもだんだんと出番がなくなってきた食器・・・。
先日帰省した時に、実家で見たあの食器棚の現実。
アレを見て、そして母を反面教師とし整理しました。

以前から「今」を大事にしようと思っている私です。
まだまだ収納が上手く行かず試行錯誤であったり、「断捨離」本さえ読む機会が
なかったのですが、帰省した時に母の病院で読む機会がありました。
今頃・・・です。図書館へ行ってもいつも貸出中で・・ほんと今更って感じですが・・。

断捨離は、モノ中心から自分中心の考え方に、という。

「まだ使えるモノだから、とっておく」これは、モノを中心に考えたモノ軸で、
使えるのに捨てるのは考えられぬこと・・だそう。

でも自分に必要か、自分軸で考えると、いつか使えるから置いておく、でなく、
今、使うモノを選ぶ
ということだそうですね。

収納術と断捨離の違いは、収納術は今不要なモノでも将来使えるモノなら、
大切に収納ておくといったことが書かれていました。

(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン 
本を読破したわけではありませんが、以前から掃除のラクさを考えて、
モノ捨てが始まった私です。
それでもモノの魅力にとりつかれたり、お家が狭く収納スペースが少ないので、
お気に入りのモノを増やしつつも、使いたいモノを残して、
不要なモノは処分しながらきました。それでも暮らしているとだんだんと
好みのモノでないのは、出番が少なくなってきたと言うわけです。

で、今回も実家でたくさんある食器の中で、黄色がベースのパスタ皿を見て、
夫ちゃんと「黄色の器って元気がでるね~」と一致。
ものすごく気になったお色でした。

捨ててスッキリしながら増やしてどうよ~と思いつつも、
どうしても黄色の食器に後ろ髪ひかれた私です・・・。

そんなわけでまた我が家の iittalaのTEEMAに新たな色が仲間入りしました。
今までの白に加えて以前はじめて色モノデビューした黒に続き・・

イエローのTEEMA。
いつもながらこのシールを剥がす時はドキドキ^^;

iittala1.jpg

選んだのは、

【セットで特別価格】イッタラ ティーマ ボウル21cm(2枚セット)
【セットで特別価格】イッタラ ティーマ プレート皿21cm(2枚セット)



こんなふうにちらし寿司にも。和食だけれど元気がでて良いよね~。
と勝手にナットク(笑)

iittala3.jpg

平日1人のお昼。超メンドクサイ時にレトルトパスタも・・・。
もう少し手を加えたらど~よというくらい、手抜きランチですな(-_-;)

iittala4jpg.jpg

暑さが戻って食欲なくて、長芋のすりおろし、みょうが、海苔、大葉、
トマトのトッピングの冷やしぶっかけうどんで。

iittala5.jpg

かたまりすぎたカレーもなんのその!

iittala6.jpg


とっても元気のでるイエローの器です^^

ずいぶん処分した食器は、私が選んで買ったものではないとはいえ、
執着心・・ではありませんが、やはり心のどこかに、
「新しく買うのでなくて、これを使い続ければ?」という思いはよぎりました。
でも現実、使わなくなりつつある食器は我が家にとっては不要。
ならば、処分して数を減らしたままでも暮らせないわけじゃあない。
あらたに増やしてどうするよ?って気持ちもなくはない。
そうなんです、ここがジレンマ。
数が減ってすっきりした状態で暮らせば良いんですがね、
気に入ったモノが見つかり所有したくなる・・・まだまだ「欲」が。

器に対して遅咲きの興味をもった宿命と思い、
決してモノまみれになることないよう、上手にモノとつきあいたいです^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
08.29
Mon
本日2回目の更新です。 もし宜しければ1回目の記事はコチラです。

金比羅参りの続きです。

金比羅さん 御本宮神札授与所で見つけた
「幸福の黄色いお守り」 と「ミニこんぴら狗」のセット。
あまりの可愛さにノックアウトされちゃいました^^; 

konpira13.jpg

絵馬殿には、船の写真も飾られています。
そして、昭和37年に日本初めてヨットで太平洋横断したことで有名な
堀江謙一さんが奉納したアルミ缶リサイクルソーラーボートが展示されています。

konpira14.jpg

konpira15.jpg


今治造船から奉納された世界最大級の大型船のスクリュー。
直径6メートル、重さは19.2トン。ものすごく大きいです!

konpira16.jpg

馬小屋があってここには、神馬「月琴号」と

konpira17.jpg

サラブレット「トウカイスタント号」が。馬好きの人にはたまらないようです。

konpira18.jpg


金比羅参りを終えて、帰りは坂出ICから高松自動車道に乗る途中で、
見つけた山の谷うどんに立ち寄りました。

おうどんの写真をとったはずなのに・・・見当たらず(-_-;)
お土産のおうどんの画像で失礼。

こちらはセルフではありません。素朴な感じでお出汁は少し甘めですが、
うどんのコシはもっちりとしておいしゅうございました。
もちろん、薄い色のお出汁には変わりありません^^

konpira19.jpg

なぜだか高松自動車道がエラク混んでいて・・・。停滞状態。
おまけにここは、急に1車線になったり2車線になったり、少し走りにくい道路でした。

konpira20.jpg

夕陽がきれいなので、渋滞も運転している夫ちゃんには申し訳ないけれど、
ゆっくりと景色を楽しみました。

konpira21.jpg

さて鳴門ICから神戸淡路鳴門自動車道。大鳴門橋を渡ると、

konpira22.jpg

展望台からは、橋が一望できます。瀬戸大橋と違って短い橋ですが、
この橋の下あたりが鳴門のうずしおが、見られます。
が、橋は駐停車禁止ですので、観光船に乗ると間近でみることができます。

konpira23.jpg


明石海峡大橋までノンストップ。淡路SAからの橋の眺めも素敵です。
(↑クリックで橋の違いがご覧になれます)
夜、走りながらの写真は難しいですね・・。
かなりピンボケでお見苦しいですが、ライトアップされた橋も見事です。
季節や時間によってライトアップの色が変わるのは今でもかしら?
全28パターンあるようですね。

konpira25.jpg

橋を渡り切ると、長いトンネルが待っています。
淡路島側からトンネルに入る前には、下り坂になっているので、
ライトアップされた神戸の街がとても美しいです。
(残念ながら、夜景の写真が上手く撮れずじまい・・)

この画像は別の日、淡路島に向かう時に撮った写真ですが、
トンネルを抜けると、明石海峡大橋に・・。ここは逆に上り坂になっています。

konpira26.jpg

今回は、瀬戸大橋、大鳴門橋、明石海峡大橋と見ましたが、
どの橋の景観も美しく、それぞれの見どころがあります。

帰省中の金比羅参りの話しはこれで終わりです。
3回にわたって長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
<(_ _)>

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 0
08.29
Mon
胃もたれを防ぐ効果もあるというアニスシード
去淡作用もあるため、風邪やぜんそくを鎮めるそうです。

DSCF9517.jpg

夫ちゃんが、今の私には良いかなと思ってと言って、
アニスシード入りの食パンを作ってくれました。
パン型は、以前にもご紹介した陶器製のキャセロール1.5斤食パン型で。

DSCF9515.jpg

クッキーやスープやパンに用いられるというアニスシード。

DSCF9526.jpg

スパイシーでほのかな甘い香りがします。

DSCF9527.jpg

どちらかと言えば朝食でトーストのみで食べるより、
お料理と一緒に食べるとよりいっそうひきたつようなパンです。

お味は好みの分かれるところもありますが、ハーブがお嫌いでなければ、
いつもと違ったパンの香りも楽しめておいしいです。

レシピ:1.5欣分
  • 水         220cc
  • 強力粉      400g
  • 塩         5g
  • 砂糖       30g
  • スキムミルク  10g
  • イースト菌    5g
  • アニスシード     5g
  • オリーブオイル 30g


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4 trackback 0
08.28
Sun
昨日の続きです。

しっかりおうどんを食べて、いざ今回の目的地、海の守り神で、
こんぴらさんの呼び名で親しまれている金刀比羅宮に行きました。

今回の四国へは夫ちゃんがぜひ行きたいという希望もあったのと、
行くなら母も一緒に・・の思いもありました。
ただ、金毘羅さんの石段を考えると・・・難しい思いがありました。
夫ちゃんが「いざとなったら、お義母さんをおんぶするから大丈夫だ」と
言ってくれたのですが、母も自分の体を考えると自信がないと言い迷っていました。
でも、登れるところまででも良いから行きたいということで行くことになりました。

ご存知の方も多いことと思います。金刀比羅宮までは登り口から御本宮まで785段。
奥社までなら1368段もあります。
今回は御本宮までの785段までにしました。

参道近くまで車で行っても駐車場を探す手間もないくらい、
呼び込み合戦が激しいので迷うことなく、参道ギリギリの駐車場に止めました。

参道にはたくさんのお土産物屋さんが立ち並んでいます。

konpira9.jpg

ここを歩くだけでも色々な誘惑に(笑)食い気に走る私たち夫婦w

konpira10.jpg

今回は御本宮までの785段。曇り空とはいえ腰の悪い母には厳しいので、
石段登り口から籠に乗せてもらうことにしました。
ただこの籠も御本宮までは行けず、途中の大門までの352段。
そこからどうするか・・・。

konpira1.jpg

残念ながら、大門の写真を撮り忘れてしまいましたが、ここで母も籠を降りて、
門をくぐると特別にここで商いを許された五人百姓が飴を売っています。

konpira2.jpg

さて御本宮まで残り433段。母の調子をみながら行けるところまで・・と
そんな感じで休み休み。平坦な桜馬場がしばらく続き、また石段です。
それでもいっきに石段が続いているわけではないので、
休みながら登れるのも、母にとっては良かったです。

konpira3.jpg

↓628段に旭社(あさひしゃ)があり、向いに廻廊があってそこで休みました。
(回廊の中から座って、旭社を望む)

konpira24.jpg

旭社も御本宮にまけず立派で、ここでお参りして引っ返す人も多いとのこと。
この時点で御本宮まであと少しということがわからず、母と私はここまでに
しようかと決めて、夫ちゃんだけ御本宮まで行ってもらったのですが・・・。
↓回廊の中はこんな感じで休憩できます。
      実は回廊横のこの賢木門をくぐって石段を登ると御本宮でした。↓

konpira4.jpg

夫ちゃんは一人で登ってみて戻って来て、あと急な石段で最後だからと言い、↑
母が「頑張ってみる」と言ったので、また3人で登りました。

785段登ったところ、ここが金比羅宮 御本宮です。
参拝は「二拝二拍手一拝」

konpira6.jpg

本宮の横の展望台からは、讃岐平野を望むことができ、
讃岐富士がしっかり見えますね。瀬戸大橋もかすかに見えます。

konpira8.jpg

神木のクスノキ。幹がすごくすごく太いです。

konpira11.jpg

本宮横からは長い廊下があり、南渡殿と呼ばれていて、

konpira7.jpg

三穂津姫社まで続いています。

konpira12.jpg

三穂津姫社から正面が帰路の下向道です。

konpira5.jpg

見どころもはしょっていますが、金比羅参りの参拝模様をご紹介しました。

不思議なことに降りる時に母の足取りがしっかりしていて、
途中の大門まではスムーズに降りていくことができました。
下り、籠がなくても大丈夫そうかな?と思いましたが、それは結果論なので、
大事をとって籠に乗ってもらいました。
籠は往復頼んでいました。(もし籠を利用されるならば、後からまた頼むより、
かなり往復の方がお得です)

結局、自力で歩いた数の方が多かったわけですが、
それでも日頃の母の足取りを考えると、金毘羅さん参りなんて、
しかも夏には無理だと思っていましたので、
本当に登りきれるとは思ってもみませんでした。
今回本当に良い思い出になりました。
戻ってからバテてしまって寝こむのではないかと心配しましたが、
どうも金毘羅さんのお参りのせいか、いつになく元気になったと母が言います。

さて帰りは高松自動車道を通って、大鳴門橋を渡って明石海峡大橋を渡り、
帰路に着きます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 0
08.27
Sat
帰省中に母を連れて夫ちゃんと3人で四国に行ってきました。

実家から車で四国へ渡るルートは、姫路、岡山経由で瀬戸大橋を通るか、
明石海峡大橋を通って淡路島経由で大鳴門橋を通って、四国にはいるか。

行きは瀬戸大橋から行くことにしました。
山陽自動車道を通り、瀬戸中央自動車道を経て・・・。

setoohashi1.jpg

瀬戸大橋は本州と四国を10個の橋で結ばれています。
車中から、海を眺めると本当に点在する島々の美しさ。

途中、与島SAに下りてみました。
ここに立ち寄る人は本当に多いですね。景色が本当に美しいです。
私は結婚前にもすでに通った橋ですが、夫ちゃんははじめてなので、
エラク感激していました。
瀬戸大橋、明石海峡大橋、大鳴門橋とありますが、橋からの眺めは
それぞれ違いますね。この瀬戸大橋だけが途中にこうしたSAがあるので、
間近で橋をこんな形で眺められるのも魅力のひとつかもしれません。

setoohashi2.jpg

ここの展望台からの橋の眺めは本当に壮大です。
ただ、この展望台にはエレベーターが設置していないので、
お年寄りにはちょっと不親切かもしれません。

setoohashi3.jpg

周囲には島が点在していて、船の行き交うのもよく見えます。

setoohashi11.jpg

瀬戸大橋は、上部が高速道路で、

setoohashi4.jpg

下部には列車が通ります。残念ながら私は以前も車で瀬戸大橋を渡ったので、
1度は列車で渡りたいなあと思っています。

setoohashi5.jpg

橋を渡りきると讃岐富士が見えてきます。

setoohashi6.jpg

目的地前に腹ごしらえ。
ここ香川では珍しくもないセルフスタイルのうどんやさんへ。
「灸まんうどん」さん。
お灸の形をしたお饅頭「灸まん」はおいしいですよ~。

setoohashi7.jpg

私は定番のかけうどんとお赤飯のおにぎりを注文。

setoohashi8.jpg

やっぱりお出汁は透き通っている方が馴染みがあります(*^_^*)
麺もコシが強くて、食べなれたおうどんです^^

setoohashi9.jpg

金比羅歌舞伎があるから、こういったものが飾られているのでしょうか。

setoohashi10.jpg

つづく・・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
08.26
Fri
いえいえ、我が家のトイレの話ではなくって、
帰省した時、実家のトイレ掃除をして思ったこと・・・。

我が家の超昭和チックの便器と違い、ウォシュレットで脱臭暖房便座の
実家のトイレ。我が家と違い細かな部分があって、掃除もするところが多い・・。

↓我が家のトイレはなんにも機能がついていないので、
そのぶん掃除もいたってラクですが、それでも以前からトイレ掃除については
さんざんブログに書いているとおり、この便器の縁裏は曲者です(笑)

DSCF9482.jpg

下手な絵で失礼しますm(_ _)m
下記の図のとおり、我が家の便器の縁裏にはぐるりと隙間があいていて、
そこから水が流れます。なのでこの隙間部分にも汚れがつきやすく、
悪臭の原因にもなります。新品の時から掃除を怠らなければ通常のお掃除は、
クリーナー紙の掃除だけでも問題ないと思います。が、ココは要注意ゾーンです。

DSCF9500.jpg

なので、時々この細い隙間にスポンジを差し込んで掃除をしています。
でもとにかく狭いので掃除がしにくいのも事実。

DSCF9058.jpg

見えないから手探り状態での掃除ですね。きれいになったかどうか
わからないのも事実ですが・・。


実家の便器も縁裏があるのですが、少し違っていて、
縁裏にはところどころ小さな穴があって、そこから水が流れるタイプです。
縁裏も我が家のよりは、拭きやすいと思います。
正面から見るとこの縁裏の汚れって見えない部分もあるので、そこが落とし穴。
それでも我が家のトイレと違って、汚れがついているかどうか覗き込めば一目瞭然。

けれど、実家もやはり落としきれていなかったところもあり、
(ブラシでは尿石の有無がわかりにくい)そこは磨きたおしました(-_-;)
母に言うと「裏側 汚れ付いていた~?」ってのんきな答えが(笑)
まあ、腰の手術をしたとはいえ完全に良くなったわけではなく、
やはり日々の暮らしで、しんどい部分もあり掃除も簡単になりがちなのかも
しれません。それはそれでいたしかたありません。

DSCF9501.jpg

今流行の縁裏ナシの便器ってこんな感じかしらん?
こんな縁裏ナシだとツルっとして、お掃除もしやすいだろうな~。

DSCF9505.jpg

洗浄する部分も以前の実家のトイレのノズル掃除も大変でしたが、
今はノズル洗浄というスイッチがあるから、掃除もまだしやすい。
でも便座の取り付け部分など隙間があって、我が家のようにはいきません。

そう思うと便利な機能が付いて良いんだけれど、
メンテが大変だなあとつくづく実感。(って思っているのは私だけ?)
時々は便座を取り外して掃除をしなければならないなあと。

我が家のシンプルすぎるほどシンプル、いえ、昔ながらのトイレは、
冬は冷たいし、洗浄機能もついてはいないけれど、
縁裏以外は、掃除はラクチンですw。
母のように年をとると色々と複雑な機能が付いたトイレより、
昔ながらのトイレの方が良いのでは?と思ったりも・・。

いえいえ、年寄りにトイレが冷たいのはあまりよろしくないようで、
アリガタイ機能は重宝します^^
以前に比べると便器内部は、防汚コートされて汚れがつきにくいのも良いですね。

いつの日か、私がこの手の便器を掃除する時が来る時の為に(笑)
便座の隙間も、掃除しなくても、ラクに掃除がしやすくなればいいな~って
思ったりなんかしたりして(¬w¬*)

なあんて思った私でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
08.25
Thu
新生姜の赤梅酢漬け

少し前、梅干しを漬けた後の産物「赤梅酢」でガリを作りました^^

材料

新しょうが   200g
赤梅酢     大さじ2
酢         200cc
砂糖       大さじ10
粗塩      小さじ2

akaumesuduke1JPG.jpg


作り方

1.生姜は水でよく洗い薄くスライスする。

2.粗塩で軽くもみ暫く放置

akaumesuduke3JPG.jpg


3.鍋に赤梅酢、酢、砂糖をいれて煮て粗熱をとる。

akaumesuduke2JPG.jpg

4.保存容器は熱湯消毒をして、3の梅酢をいれておく。

5.生姜を1分ほど茹でる

akaumesuduke4JPG.jpg

6.水気を切って熱いうちに、4に入れる。


akaumesuduke5JPG.jpg


漬けた後すぐはまだ色が染まっていませんが、

akaumesudukeJPG.jpg

冷蔵庫で1日保存後は、このとおりすっかりガリになりました^^
お味も丁度よく、夫ちゃんにも好評でした♪


梅干しを漬けると白梅酢や赤梅酢という副産物ができるので、
これが楽しみの一つとも言えます。
私の梅干しの漬け方は、かなり手抜きです。
でも、副産物の恵みにはありがたくおいしく出来上がりますよ(*^_^*)

帰省した時に、実家の母に、今年漬けた梅干しとらっきょうを
おすそわけに持参しました。日頃料理も作ってあげられないので、
せめてこれだけでも・・との思いです^^;
喜んでもらえて、少しは親孝行できたかなーと。


白梅酢を使ってのきゅうりの即席漬けはコチラ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
08.24
Wed
以前キッチンの排水口のの掃除をブラシに変えたことを書きました。
(その時の記事はコチラ

今回帰省で10日間近く自宅を空けていたのですが、
そのブラシがトンデモナイ事になっていました。

いえ、使っている頃から徐々に、毛先が飛び出してきて、
結果、こんなふうにグッチャグチャになっていました(-_-;)

DSCF9469.jpg

いえいえこの話ではなく、帰宅して見ると、
ブラシの根元が、ピンク色になっているではありませんか!! ( ̄Д ̄;)

これって、水垢?カビ? Σ( ̄ε ̄;|||・・・ショック。


DSCF9464.jpg

汚ないですね・・・。 掃除して濯いで干してそのままにしていましたが、
しばらく使っていないこの間に、こんなことになろうとは・・・。

DSCF9466.jpg


このブラシを使い出した頃は、ブラシも新鮮でいいかなと思ったのですが、
ブラシでは密着度が完全でないので、落としきれないところも気になっていました。
なので、そんな時はやはり使い古したスポンジを使ったり、メラミンスポンジで、
こすったほうが手っ取り早いと思ったのも事実・・・(-_-;)

なので今回ブラシをやめて、また元のスタイル、スポンジでの掃除に
戻すことにしました。雑菌の事を考えると使い捨て、もしくは2、3回の
使用で捨てる方が私には合っているかも・・。

同じやりかたでなく別のやり方を試してみた結果、自分に合ったモノが明確になり、
あれこれ目移りすることがなくなったかもしれません。

これも毎日使用後掃除をしているので、ドロドロ汚れもついていないので、
毎回使い捨てにせずとも大丈夫かなということで、
ちょこっと掃除の時のスポンジの収納で使っている、万能ツボ60mlブラウン
入れることにしました。

ダイソーさんののスポンジ(コノタイプ)の厚みのないスポンジを
(薄いタイプ)小さく切って使っています^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
08.23
Tue
帰省して、昼網で捕れた真ダコを求めて明石の魚の棚に立ち寄りました。
生のタコの美味しさは、以前にも書きましたが、茹でて売っているタコとは
比べ物にならないくらいおいしいのです。(過去記事はコチラ
今回はこの時期に捕れる旬のタコを「麦わらダコ」と呼び、本当に美味。
買って帰って実家で、タコ飯とたこ酢を作りました^^
もちろん茹でたてをそのまま頂く!これは欠かさず!(笑)

akashi5.jpg

魚の棚は活気づいていますね~、丁度昼網であがった魚がたくさん。

akashi1.jpg

それと、魚の棚に行くとよく行っていた、明石の特産の苺を使った
とびっきり大きな苺のショートケーキが美味しいケーキ屋さんに行きたかったこと。
ですが、残念ながら苺のケーキはなく、お店もカフェがなくなって、
お持ち帰りのみになり、少し様変わりした感じで、
私の記憶にあるお店ではありませんでした。ちょっぴり残念^^;

でも、玉子焼(明石焼き)は、しっかり食べてきました。
関西の方ならご存知だと思いますが、たこ焼と玉子焼は、
似て非なり。たこ焼きのようにパリッパリでなく、ふんわりした食感です。

しばらく魚の棚に行かないうちに、玉子焼きのお店もずいぶんと増え、
今回は老舗のきむらやさんには行かずに、はじめてのお店に行きました。

安さで決めた夫ちゃん(苦笑)
後で知ったのですがお店の評判も色々あるようで・・。
写真撮影だめだったようで・・知らなかったですw。
うっそ~ 何も言われなかったのですが・・・。
芸能人も来られたりしてサインや写真が飾られていましたが、
特別珍しいことでもなく気にせずにいた私たち夫婦(笑)

akashi2.jpg

こんな感じで登場しますが、通常このままお出汁につけていただきます。

akashi3.jpg

が、私はここにソースをかけて、お出汁につけていただきます^^

akashi4.jpg

個人的にはこの食べ方が好きですねぇ。

正直な感想は、お味は美味しかったです・・うん、ごく普通に・・です。^^
魚市場のなかにあるお店という感じで、お値段に見合ったお味といいましょうか。


もし神戸で食べるなら・・・。
神戸、三宮の「たちばな」さんの明石焼きは、学校帰りに食べなれた味のせいもあり、
刻んだ三つ葉とお出汁が最高なお味がでて、お出汁だけいただきたいくらいです。
もし神戸に行かれることがあるならば、こちらのお店と明石焼ではないですが、
今回行けずに夫ちゃんが悔しがった 三宮センタープラザ 西館にある、
かつ丼 吉兵衛さん。こちらはオススメです♪
いつも行列ですが、並んでも食べる価値大アリ^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
08.22
Mon
実家の食器棚・・相変わらずぎっしりと詰まっています。
画像は途中で切れていますが、一人暮らしの食器棚とは到底思えません。

shyokkidana.jpg

前回の帰省の時にどれだけこのお皿を使うの?と言うくらいありました。
(その驚くべき模様はコチラ
その後、母が精神的、体力的にも不調であったので片付けもままならず・・。

お客様を大勢おもてなしするお家ではもうないので、
一度にたくさんの食器やスプーンなども使うことがありません。
でも、左下の隅にチラ見えするスプーンやフォークの数、
こんなに使わないってば~!

と今回は大型米びつの処分があったりして小物までは手が回らず状態で、
また後回しになってしまいました。

実家の食器の中に昔からあった景品のお皿がトンデモナイことに・・。

DSCF9424.jpg

母の食器洗いが不十分なのかもしれませんが、こういった波がうった
デザインのお皿は、裏の部分の凸凹部分に汚れがたまりやすいのです。
筋のようにうっすらと黄色っぽく汚れがついていました。
母が言うには「洗っても落ちない」と言います。
ならば、他にもお皿があるのだから他のを使えば良いのに、と思いましたよ・・。
たぶんこのお皿のように上に重なっているお皿だけを、ローテーションにして
使うから、下の方のお皿は結局使われないままなんですよね・・。

汚れがとれないなら捨てればよいものを・・・。
特別思い入れのあるお皿でもなく、何に執着しているのか?
捨てることにメンドクサイということでもなさそうで、

ただ、なんとなくそのまま使っている・・そんな感じかな。

母自身が思い通りにカラダが動かないはがゆさも抱えて、
ある意味仕方がない・・と悟った瞬間でした。

このお皿も普通に洗剤をつけてスポンジで磨いただけでは、落ちませんでした。
メラミンスポンジでこすって落としました。

DSCF9428.jpg

割れにくい素材ですが、汚れがつきにくいデザインの方が、
少し指先の力が劣ってきた母には、使いにくいお皿なのではないかと感じました。

景品のお皿が悪いということではなく、他に自分で選んで買ったお皿もあるのに、
無造作に積み重なったお皿をそのまま無頓着に使っている結果だと思います。
ほんと、使う食器を厳選してもよいかと思いました。
下の方に積まれたお皿・・・使ってないよね・・。
ガラス食器もこんなに要らないよ~。
普段使いの湯飲み茶碗、こんなにあるけれど誰が使うのさ~。

コーヒーカップもティーカップもセットものが数種類あるけれど、
今の母にそれだけの人数分、出すことはありえない・・。

やっぱりもう少し削ぎ落して、今の暮らしに合った数で
お手入れしやすいモノ、使いやすいモノ、そして、そして、

本当に必要な数だけにしようよ~。

食器棚の奥に眠っている食器なくそうよ~。必要最低限のモノで十分だよ~。

と今回も実家で痛感した私でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
08.21
Sun
帰省中の記事など、時系列ではありませんので、
日付の前後があったりしますが、どうぞご了承くださいませ^^

今回も帰省中に淡路島に行った時、道の駅でみつけた「ロロン カボチャ」
変わった形がめずらしくて思わず買ってみました。

DSCF9298.jpg

中がひょとして色が違ってたりだとか?(笑)少し期待しながら、
切ってみましたが、えびす南京とほぼ変わらず・・・で少々がっかり^^;

DSCF9301.jpg

待ちきれなくって実家で早速料理して食べちゃったのですが、
栗のような甘さと本当にホクホクしたカボチャでした。

で、前置きが長くなりました。本題に・・。

カボチャと一緒に買った淡路島の定番 玉ねぎ
我が家は小ぶりの玉ねぎ派で、こんなに入って210円。安い~!
ただ我が家は、根菜類もそんなにストックしないのですが、
旅先でしかも淡路島の玉ねぎ、今はとっても甘くっておいしいので購入しました。

DSCF9432.jpg

さて、我が家の根菜の保存は、以前にも書きましたが(記事はコチラ)、
カゴに収納しています。
けれど、これだけの数は、このカゴに収納できません。

話しは少しそれますが、実家に帰ると母は、何かと「これ、持ってお帰り」、、
「これいらないか?」とか、使っていない新品のタオルであったり、
保存容器であったり、こちらでも買える食品であったり、親心なのでしょうが、
必ず持って帰らせようとしてくれます^^;

今回も、新品のタオルケットやバスタオルを差し出され・・・いえ、
これらは母には申し訳ないけれど、我が家では十分数も足りているものなので、
「要らない」と断りました。
一瞬、私の頭の中で母の気持ちを慮って「ありがとう~もらうわ」って
言おうかと思ったのですが、使わないものを持って帰ってもそれは逆に
もったいない。そして今まで母が、古いものでもすり切れるまで使っていた事を
考えると、「新品があるならどんどん使いなさい」と言っています。
それでも新品のものを見つけると娘にって思うのでしょうか・・。
ありがたくもあり嬉しいのですが・・ね。
人生考えると、順当に行けば年老いた母の方が先に・・なので、
たくさんあっても使い切れないのはみすみすわかること。なので、
やっぱり新しいものを使えば良いと思っています。

そんななか、年代もののジュートのバッグがあったので、それは頂いて帰りました。
ジュートなら野菜の保存にも良いかと思って・・。
いくつか使う分は、従来のカゴにもいれて調理台近くに置いていますが、
残りはこうして袋にいれてみました。

DSCF9437.jpg

床置きをしたくないので、メタルラックの側面にかけました。

DSCF9444.jpg

袋の絵がなんともすっとぼけ、古さを感じますが、
気に入らなけらば裏側にすれば良いかと思って、この位置に住所がきまりました。


以前の私なら、母が差し出すモノは断りきれなかったのですが、
シンプルに暮らしていこうと決めた時から、本当に自分が使いたいと思うモノを
必要な数だけ手にするようになって、自分が使いたいと思う以外のモノは、
母以外からでもお断りできるようになりました。
もちろん、色々な状況があってもらうことで円滑な関係が築ける場合もあるので、
それはケースバイケースですが・・・。
この話しは、過去記事に書いて様々な思いのコメントを頂きました。
もしご興味がおありでしたら、どうぞコチラも合わせてお読みいただければ、
幸いです。 
好みのものでない頂きモノを断つには
好みのものでない頂きモノ・・・・の補足


楽天さんで見つけた袋

これ、遮光と通気性もよさそう~。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
08.20
Sat
おはようございます~。11日ぶりの自宅に戻ってきました^^
ただいまです! 留守の間、私のブログに遊びにきてくださって、
応援してくださってとても嬉しく思います。ありがとうございました<(_ _)>
帰省中、ipadから皆様のブログにお邪魔しつつも、
コメントも残さず読み逃げさせていただいておりました(;´▽`A``
おまけに帰宅早々、病院通いになりそうですが、ぼちぼちと更新させて
いただこうと思っています。


一昨日の夕方実家を出たのですが、とっくに帰省ラッシュのピークは
過ぎているだろうとタカをくくっていたら、すごい渋滞で、
大阪を出るまでにスゴク時間がかかってしまいました。

今回の帰省は、高速道路の1000円割引も廃止になったので、
といっても割引があった時も、除外区間があったので1000円ではムリでした。
なので今回は、往復、夜中の50%割引適用の時間帯を走りました。

おまけに行きは、実家へのお土産に(笑)富士吉田の道の駅の富士山の水を
汲みに立ち寄りたかったこともあり、途中仮眠をとったりしながら、
ゆっくりドライブしながらの帰省でした^^ 
やはりこちらのお水は、実家の母には好評でした。
本当においしいです♪ 今回は前回と違ってしっかり大きなボトルを用意。
こちらはオススメですよ~。

夜中の高速道路なので、SAも開いているお店も少なく、
前回のようなおいしいもの食べ歩きはできませんでした。
でも、トラックがたくさん勢ぞろいしたSAでの仮眠しながらの
帰省もひと味違う楽しみ方ができました。


で、昨日の朝自宅に戻りましたが、帰ってから爆睡でしたw



帰省途中の富士吉田で立ち寄ったラーメン屋さん「吉田のらーめんや」さん。

こちらのシルク麺と言われている麺は、富士の天然水にシルクパウダーを
練り込んだ麺で、そこに含まれる「アミノ酸」が美容効果があるらしいので
「こってりしょうゆしるくらーめん」を注文。

豚骨しょうゆですが、思ったよりこってりではなくとても食べやすく、
期待以上においしいラーメンでした。
ファンになったかも^^ 河口湖に来た時にまた食べに来たいお店になりました。

yoshidaramen.jpg



今回の帰省で、実家はまだまだ使わなくなったモノが多すぎて、
処分したりしてあらためてモノに対する向き合い方を実感しました。
これはおいおいとブログに書いていきたいと思います。




立ち寄り先の夕暮れ時、ちょっと雲と光の加減で変わった空を見たので、
思わず携帯で撮った写真です。
ゆっくりと空を見上げることが少なかった日常、
ココロのゆとりを持って暮らすことを忘れていたような気がします^^;

044.gif

「拍手」「まったり、のんびり」にコメントをくださった方々へ

じっくりと読ませていただきました。こうして言葉に書き連ねると、
あまりに陳腐で、語彙が少ないのでうまく言い表せないのが、
とても歯がゆいです。(-_-;)
ありきたりですが、ほんとうにほんとうにありがとうございました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2 trackback 0
08.17
Wed
毎年お盆の時期をはずして実家に帰省するのですが、
今年は、長い夏季休暇をいただいた夫ちゃんが、私の実家に帰ろうと
言うので、実現した真夏の帰省。

実は、先月から父がまた入院していて、
私達が帰省する数日前に退院したのですが、
兄が、「実は、この夏は越せないかもしれない」と思っていたと言います。
父と会った時は、体力も落ちてきたようですが、それほどいっときに比べると、
元気も少しは取り戻した感じでした。

父を見て思ったことを・・・・。


人間幾つになっても、「欲」を持つことがいかに大事なことか、ということ。
そして、「欲」が持てるということは、自分の意思があるということ。
それがどれほど生きていくうえで、とても重要な事だと思います。
残念ながら今の父には、「あれが食べたい、これが食べたい」とか、
「あそこに行きたい」「あれが見たい」「これがしたい」というような
「・・・したい」という欲望がありません。

おそらく食事にしても、ほとんど味わって食べるということがありません。
衰弱する前には、自力でモノも食べられないので、点滴で栄養をとったり、
日頃そこそこ元気な時でも、お粥に近いもの、柔らかいものしか食べることが
できません。自分の意思で「食べたい」というのでなく、
食事させなければいけないから、という半ば強制的に食事をさせる部分もあり、
決してベストな状態ではないようにも思えます。
でも、生きて行く為には必要なことなのです。

果たして本当に父のためには良いのかな?と思う時があります。
ほとんど寝たきりでテレビもほとんど見ません。
父にとって楽しみって何なのだろう?って思います。
私のこともわかりませんが、ほのかに笑みを浮かべます。

年とったから、ということでなく、昔からこれといって趣味もなく、
「働く」ということが趣味であったといってもおかしくない父。
そのお陰で家族の暮らしも十分、学校にも行かせてもらえたわけです。
でも、父の人生に於いて「自分の暮らし」というのが、
なんだったのか?と思うと、もう少し自分の時間、自分だけの時間を
作って暮らすこともすごく必要だったのではないか?と思えるのです。

人が自分の意思を持って暮らしていくなかで、「欲」を持つということ、
もちろんやたらとモノを買うことが良いと言っているわけではなく、
毎日好きなモノばかり食べたいモノばかり食べることが良いわけでもありません。
本当に体力的、精神的にも元気な時、「欲」を抑えつつの暮らし方も必要です。
でも、人間、年齢を重ねていくうちに、何か美しいいものを見ても
感動しなくなったり、色々なことに興味を薄れていって、
「なんでもいいわ」的になりがちです。
そうならない意味でも、自分のしたいことをみつけておくことも必要なんだと
思いました。そして少し「貪欲」になるのも良いんじゃないかな?と。
年老いてから、上手く切り替えてできるなら良いけれど、
日頃から、楽しみを見つけたりして、感性を磨くことも大切な気がします。
父のようになってしまうと、自分ではどうすることもできません。
なので、少しでも体が元気なうちは、「・・しよう」という気持ちが大事だと
思うと同時に、無気力にならないように色々な事に興味を持つことで、
「欲」が生じるのも良いかと思います。

そして、やはり以前から言っていますが、「今」を大事にする。
私はやはりそう思います。
「今の暮らし」があってこそ、次なる暮らしがあると思っています。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.16
Tue
夫ちゃんがいきなり自分のTシャツを着た時、
「白くなったよね?このTシャツ!?」と言いました。

ずいぶん着倒してくたびれ気味の部屋着用Tシャツ。
柄も薄くなってきてもうそろそろ・・寿命かしらと思っていました。
でも洗剤をアタックNeo抗菌EXパワーに変えてから、
夫ちゃんがきれいになった気がすると言いました。

DSCF9254.jpg

そう言われてみたら、襟元の汚れも気になりつつあって、
これも煮洗いした方がいいかしらなどと思いつつ・・。

でも、全体的に白さが戻った気がします。
もともと真っ白ではありませんでしたが、Tシャツってやはり汗で黄ばんだり、
白さがくすんできて、ヨレヨレさも加わってしょぼくれてきます。

でも、洗剤を変えてから白くなった感じがします!

それよりもお洗濯してもやはり男の人特有のニオイが(これって加齢臭!?)
あるんですよね・・まだおと~さんのようにクサクはないですが(笑)
あまりヒドイと粉石けんと酸素系漂白剤を使って、
煮洗いをしなくてはと思っていました。
でも、ニオイが和らいだ気がしますね。
やはり消臭効果が効いているのかな?って思います。

実験中ですので、この洗剤使用中ベランダに干す時は、漂白剤は使用せず、
「洗濯槽快」を併用しているので、洗濯槽もホースも排水溝の汚れも
グッと少なくなって、快適なお洗濯ライフを過ごせています。

我が家のなかでは今まで使ってみた合成洗剤のなかでは、
部屋干しするにしてもコレがお気に入りです。


ちなみに実家で粉石けんを使用しているのですが、
あれほど乗る気でなかった夫ちゃんが、「粉石けんも良いかも」と
言いだしたので、自宅に戻ったら念願の石けんも使ってみたいと思います。

018l.gif

ただいま帰省中で、予約投稿の記事に一部付け加えての記事なので、
「あれ?」と思われるかもしれませんが、ご了承願いますm(_ _)m

++++
追記:
現在はこちらの洗剤を使用しておりません^^;
2012/9




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.15
Mon
我が家の枝豆。つい先月末はこんな感じでした。

DSCF8785.jpg
(使い回し画像でスミマセン)

ところが、いつのまにか枝豆らしく・・・。
(画像は、今月8日です)

DSCF9191.jpg

近づいてみてみると、豆がはいっているのがわかります。

DSCF9192.jpg

でも、ふっくら感がありませんね~^^;
ぷくっとした枝豆になるんでしょうか・・・それともこのまま?

お試しで少ししか作りませんでしたが、暑い夏、ビールのお供にできるかな。

でも家を留守にしているので、帰ったらカラカラになっていたりして(ーー;)

そうなっていたとしても、作る楽しさが味わえたから来年も頑張ろうって
思えた私がいたのは、このうえない収穫かもしれません^^





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.13
Sat
先週から夏期休暇に突入した夫ちゃん。

彼が冷蔵庫にある食材で作ったのが、ピーマンの肉詰め。

DSCF9247.jpg

夫ちゃんが料理すると本当に調理時間が短いのです。
そんなにテキパキしてそうには見えないんだけれど・・。

片栗粉をつけたけれどピーマンと中身がはずれてしまったと言ってましたが、
いえいえ、十分でございます^^
夏期休暇中お願いできますか? な~んてね(笑)

嫁の出番はなさそうかも・・と思いつつ、密かに期待しながらも、
全てお願いしていたら、ほんとに嫁としての存在が薄まりそうな私です。
それではイカン、イカン。

せっかくサマータイムで朝早く起きるのに慣れてきたのに・・と
思わなくないですが、しばしゆるりと過ごさせていただきましょう。


018l.gif

ただ今、帰省中でコメント欄は閉じさせていただいています。
拍手コメントに非公開でコメントを頂いた場合、
お返事はシステム上できませんが、しっかり読まさせていただいています。^^
また、仲良くさせていただいているブロガーさんのところへも、
コメントは残せないですが、遊びに行かさせていただいて☆っとで、
失礼させていただいております。
暑いですが、皆様おからだには気をつけてお盆をお迎えくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.12
Fri
普通、保険証って持ち歩くものなのか、お家に保管したままなのか、
わかりませんが、私は自分で保険証を持つようになって、
万が一の時のために持ち歩くようになりました。

我が家の保険証は、カードサイズでなく、昔ながらのビニールケースに
入った大きさの為、カードケースやお財布に入らないので、
お薬手帳や診察券などと一緒にポーチに入れています。
サイズがちょうどなこちらのポーチ。↓

Mitra1.jpg

これも年季のはいったポーチです。やはりアジアンものが好きだった頃に、
気にいっていたタイで有名なMitaraのポーチに収納しています。
(お気に入りの民族衣装の記事、もし宜しければコチラを)

Mitra2.jpg

マジックテープを開けるとこんな感じで、中にファスナーがついた仕切りと
2つに別れています。

Mitra3.jpg

ところどころすり切れています(-_-;)

Mitra4.jpg

かなり使い込んでいますが、外側の刺繍の部分はなんともありません。
お薬手帳と、勤めていない私ですが手帳とペンも一緒にいれています。
あと予備のキーケースとともに。

我が家の決め事ですが、夫ちゃんと離れている時に、災害にあった場合、
連絡がとれなくなったり、一時的に別な場所に避難しても、
後で必ず我が家、もしくはその場所に、自分の居場所を書いたメモを
残すというようにしています。なのでペンとメモは常に携帯しているのです。
それができるかできないかはわかりませんが、
これも過去の経験からきたものです。

出かける時はできるだけ荷物を持ちたくない方ですが、
今回の震災もあって、やはり保険証などこのポーチ一式肌身離さずず(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.11
Thu
きのこ・・買ってきてすぐに使う分以外は冷凍保存しています。
けれど、以前は石づきをとって適当な房にわけて、個別にラップで包んで
フリーザーバッグに入れて冷凍保存していました。

でもラップしてフリーザーバッグの2重って必要ある?って思い直し、
バラバラにして冷凍した方が使うときラクかなと思って、
ばらしてそのまま冷凍保存することにしました。

freezing2.jpg

以前にもご紹介しましたが、フリーザバッグで冷凍保存するとき、
中の空気を抜いた方が霜もつきにくいので、
ストローを使って空気を抜いています。


ストローをいれてジッパーをギリギリまで閉じて、

freezing3.jpg

結構力いっぱいに吸うと、

freezing4.jpg

ギューっと空気が抜けて

freezing5.jpg

最後のところで気を緩めず素早くジッパーを閉めると、
完全ではありませんが、真空状態になります。

freezing6.jpg

エリンギも同じように個別にせず、このまま一緒に袋にいれて冷凍。

freezing1.jpg

きのこは洗わなくても良いと言われたりしますが、
私は、使う時にサッと水洗いして使っています。


こんなのがあったら便利かもしれません・・ね。
特にお肉の冷凍には良いかもしれません。

   



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.10
Wed
日本三大銘菓のひとつである「長生殿」の製造、販売をしている、
石川県金沢市にある和菓子メーカー「森八」さん(HPはコチラ)のお菓子は、
長生殿はもちろん、最中が大変おいしいです。
私は最中が嫌いでしたが、こちらの最中をいただいてから、
最中が食べられるようになりました^^

「宝達葛 くずきり」は、加賀藩御用葛としての歴史を誇る
宝達葛を使ったお品で、口当たりもいいお菓子です。

kuzukiri1.jpg

箱の中はこんな感じでセットされていて、
自分でギューっと押し込んで器にいれます。
この作業、子供でなくとも面白いので好きです^^;

kuzukiri2jpg.jpg

最後に黒蜜をかけていただくと、少し暑さも和らぐ感じがします。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.09
Tue
以前にもご紹介したことのある我が家のベランダ菜園(コチラ)の
バジルを使って、バジルペーストを作りました。


収穫したバジルを丁寧に洗って、1枚1枚乾かします。

basil2.jpg

松の実がなかったのですが、(それぐらい買えよ~ってな話しですが)
それはそれ、思い立ったが吉日!
オリーブオイルと塩とニンニクさえあればって話しで^^

ブレンダーにバジル、オリーブオイル、塩を入れるだけ。

basil3.jpg

出来上がった量は少しですが、新鮮なうちに使いませう♪


ランチはジュノベーゼパスタの出来上がり。

basil1.jpg

我が家の夫ちゃん、先週から夏期休暇に突入しております。長すぎですw。
う~ん、お家に居るとどうも家事の手順が狂うというか、
朝のうちに掃除も色々、ささっとしにくいです(笑)
お昼も私1人なら、テキトーにすませがちですが、そうもいかず・・。
手抜きもほどほどに・・ε-(;ーωーA フゥ… 夏休み長いです・・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.08
Mon
勤めていなくてお家に居ると、ついついダラシナイ格好
どうでも良い格好になりがち。

私の場合、掃除をする時の格好はとてもじゃありませんが、
人様に見せられる格好ではありません^^;
いえね、まだ市販の洗剤を使って浴室掃除をしていた時、
カビ取り剤が飛んで、色が変色したことがあってそれ以来、
掃除の時は汚れても良い格好をすることにしました。
今はもう市販の洗剤を使うことがなくなったとはいえ、
掃除をする時は、ピンポーンって鳴らないでって、
密かに願うくらい、ヒドイ格好です(笑)

それでどこにも出かける予定がないと、
ダラダラした格好で1日じゅう過ごすこともありました。
か、ろ、う、じ、てゴミ捨てには行けるくらい??
とくに夏は、薄着で靴下も履かないことがほとんどです。
けれどあの震災以降、この状態で着の身着のままでなければいけなくなったら、
このあまりにもダラシナイ格好、これでは・・・どうもイカンと思いました・・。
だからといって、お家でいつも気が張った格好も疲れてしまいます。
ゆるゆるできるのもお家だからこそ。
リラックスできて心地良く、でも、だらしなくないお洋服。

子供の頃から寝る時には、そばに自分の着替えを羽織ものの中に
たたんでいれてサッと持ってでれるようにしていました。
でも実際の地震で持ってでられる状態でなければ、
あまり意味もなかったのですがね・・・。
それでも寝る時だから、もうかなりヘタレたものでもいいかなと思うも、
やはり万が一を考えると、それなりに・・と思うようになったのも経験から・・。

遊びに行かせていただいているブロガーさんが、夏の部屋着のことで、
外に行くにはちょっと・・な格好だけど、キャミソールを着て、
宅配便など来たら上にカーディガンを羽織るけれど、
地震がきたらそれではキビシイかもということを書かれていました。

最近また地震が頻繁におきているので、気になるところです。

夏は毎日汗もでて、今年は節電を考えるとなると、超薄着でいたいと思う反面、
色々考慮して、好きな洋服で快適に過ごしたいです。

SCAMP CLOTHINGさんのTシャツとCheerさんのリネンのパンツ。
どちらもリラックスできて着心地がよくて、ほどよいユルさが好きです。

DSCF9168.jpg

Tシャツは以前にもご紹介しましたが、(その時の記事はコチラ
あの半袖タイプのものです。7分袖同様シンプルでとても着やすくて、
気にいっています。

パンツはくるぶし丈でとても着やすいです。
リネンなのでシワになりやすいですが、そんなこと全然気になりません^^
それも味。そしてお洗濯もお家でしています。
リネンは乾きが早いのが嬉しいです。
リネンなので暑苦しくなく、何よりもラクチンでお気に入りの一つです。

けれど、お掃除の時の格好は・・・やはり見せたくない格好です(;´▽`A``
どうぞお掃除中はどなた様もいらっしゃらないで、ひっそりとしてくださいまし



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.07
Sun
下の画像はどちらかが、先日の記事でご紹介した煮洗いした白いタオルです。
もうひとつは、先日の画像のきれいめのタオルではなく、
煮洗いしたタオルと同じくらい使っているタオルです。

どちらが煮洗いしたタオルでしょう?

DSCF9230.jpg


mono38.gif



右側のタオルが煮洗いしたタオルです。
画像では白さの違いが見えにくいのですが、肉眼ではあきらかに違うのです。
煮洗いしたタオルは白くなっています。おまけにふっくら感が違います!
手で押さえてみると、ふわ~っと戻ってくる感じがします。
ねっ、タオルの高さが違うでしょう?
これ、比べてみて全然高さが違うのに驚きました。

DSCF9232.jpg

夫ちゃんは道産子なので、洗濯機のそばにはお湯がでるようになっているので、
お湯で洗ったらふっくらするということは知っていたようです。
なら、なんで早よう教えてくれないの~なんて思ってもみたり(笑)

アップで見てみると、
こちらは、左側の煮洗いしていないタオルです。

DSCF9235.jpg

こちらは、煮洗いしたタオルです。
タオルの繊維がふっくら立っているのがわかりますか?

DSCF9234.jpg

また買ったばかりのタオルのように復活した感じがします。
なんだか得したように思えました^^

たかがタオルですが、手触りがとても柔らかくなって、
ふんわりしたタオルで拭くのは気持ちが良いです(*^_^*)
お気に入りのタオルも毎日使っているとくたびれてきますが、
少し手間をかけた甲斐がありました。



愛用しているタオルはこちらです↓
度々登場しています。
お手頃価格でおススメです。
今、プライスダウンしていますよ~。


実家でも使っていますが、まだまだ現役で頑張っているそうです。
今度実家で煮洗いしてみようと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

08.06
Sat
mono34.gif
いつかの晩ごはん

先月の話しですが、北海道のお義母さんから、花咲ガニが届きました。
この時期に珍しいですね。旬の時期ではないとはいえ、
こちらではなかなかスーパーではお目にかかれないので、嬉しいです。
夫ちゃん曰く、「小さめだから身もそんなにないから2杯まとめて食べよう」と。

DSCF8608.jpg

我が家は夫ちゃんの実家から、北海道の海の幸が届きます。
春から夏の時期に採れ、脂がのっている「時知らず」と言われる時鮭など、
イクラ、筋子、うにやたらこ、秋刀魚など旬には旬のものがいただけます。
でもホントは夫ちゃんの健康を思えば・・・魚卵は控えた方が良いのですが^^;

結婚するまで、カニといえばズワイガニしか食べたことがなかったので、
タラバガニや花咲ガニを食べて、その違いに驚いたものです。
それと、それまでは、カニ=鍋という感じで食べていたので、
正直いって出汁がでちゃった身は、それほど美味だとは思わず、
あまり好んで食べることはありませんでした。

でも夫ちゃんから、こうしてボイルしたカニをただ「酢」につけて食べる。
このシンプルな食べ方が1番おいしいことを教わり、
我が家ではこの食べ方オンリーです^^ でも鉄砲汁でもおいしいですよ。

DSCF8610.jpg


「豚丼」といえばどんな感じが豚丼と思われますか?

我が家では、「牛丼」の外食チェーン店系 豚丼ではなく、
帯広系豚丼(コチラ)です。(十勝豚丼)
豚肉をお醤油とお砂糖、みりんで味付けして焼いたものをごはんにのせる、
これが我が家の豚丼です。 最後に山椒をふりかけいただきます。

DSCF8797.jpg

人参サラダとエリンギのソテー

DSCF8726.jpg

お家で収穫したバジルを刻んでのっけて、
クレイジーソルトとオリーブオイルをかけただけのトマト。

DSCF8792.jpg

あとはお豆腐のお味噌汁・・まごはやさしいの全種類揃いませんが、

おいしゅういただきました



個人的にはお肉とタレが別になったモノが好き。
お家で作ったタレとは、やはりひと味違います^^;




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 0
08.05
Fri
以前、遊びにいかせていただいているブロガーさんのところで、
「割れ窓理論」という言葉を初めて知りました。
1枚の窓を割れたまま放置していると、誰も注意を払っていないという印象を与え、
そこから犯罪を起こしやすい環境を作り出してしまうという。

その「割れ窓理論」がお部屋のお片づけ理論と通じるということを、
書かれたコラムを読んで、思わずウンウンとうなづく事ばかり。
記事は7月に書かれたものなので、ご存知の方も多いかと思います。
我が家も、散らかしっぱなし、やたらとモノをお家に入れたがる夫ちゃん。
その夫ゃんにぜひ読んでもらいたいので、読んでもらった返ってきた答えが、

「ふ~ん って感じ^^」

「はぁ~!? なんですと?それだけ?」って聞いたら、

「そんな考えもあるかと( ̄▽ ̄)」

もうね暖簾に腕押しです(笑)全然手応えなし・・(-_-;)

脱いだら脱ぎっぱなしの服、家電などのパンフをもらってきたらもらってきたまま、
レシートもそのへんにくしゃくしゃっとしたまんま・・・。
DMも読んだら読みっぱなし。
片付けに積極的でない、無頓着な夫ちゃんに読んでもらって、
すこ~しは意識改革をしてもらおっかな~なんて甘い考えが(笑)
けれど以前夫ちゃんに聞いたことがあるのです。
「お部屋が掃除もせず散らかったままでも良いの?」って聞いたら、
「きれい方が良い。きれいにしてくれるのは嬉しい」と言う。
でも、夫ちゃんが言うには、汚れの程度にもよるが・・と前置きしながら、
自分の中ではあくまでも自分がするという前提で、
掃除は後回しでよい的な考え方のようです。

まあそれはそれで良いのですが、でも、景品だとか手に入るまで一所懸命で
手にはいったらど~でもよくなっちゃう性格なんとかなりませんかね~。
そのへんに置きっぱなしにするのはいささか・・・。
話しがまた脱線してしましました・・。

以下コラムからの抜粋です。
部屋が散らかって見えると、「このくらいはまあいいか」と
自制心がゆるゆるになってしまいがちですが、
逆にいつもキレイな状態を保っておくと、散らかす事でバツの悪い思いをし、
汚しにくくなるものです。


「このくらいはまあいいか」の「このくらい」は、
人によって程度の差はあると思いますが、箍が外れてしまうと
どんどん悪い方向に転げ落ちやすくなりますよね。

来客があるから散らかった部屋をキレイにしておこうって気になるのも、
少なからずは、人を呼ぶにはこの状態じゃあマズイよね?って事で
片付けるキッカケにはなります。
もしくは、そこそこキレイにしていても、掃除をしてお迎えしましょう。
気持よく過ごしてもらいたいって気持ちにもなるものです。
掃除と片付けは別ものだと思っているので、ここでは掃除の話しはしませんが、
美しい収納はともかくとしても、出したらその手で片付けることさえすれば、
とりあえず現状維持はできます。

でも、そこに片付けやすさ、元に戻すことが面倒にならない収納であれば、
たやすくなるわけですね。
とは言っても私自身、汚部屋時代を思い起こせば、取り出しやすくしていても、
元に戻す行為そのものが面倒だったのかもしれません(笑)グウタラでした^^;
そこには、すでに本やら何か床置していて、少しくらい出しっぱなし状態でも
同化してしまい、気にならなくなってしまうという、これこそ最悪な状態でしたから。
なので一度リセットは必要でした。
だから、この「割れ窓理論」がまさにそうだと思ったのです。

そして、いずれしなければならないなら、後回しにせず先にすませてしまったり、
「とりあえず後で」じゃなく、やはり「その手でする」。
やっぱり行き着くところは、溜めないことなのですよね・・。
これは掃除も片付けも、学校の宿題でもそうなんじゃないかなと思います。

そこそこきれいな状態に戻すことから、より使いやすく見た目もきれいな収納が
次のステップのような気がします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
08.04
Thu
いくらお洗濯をしても、一度染み付いたあの嫌なニオイのついたタオル。
こればかりは、いくら洗剤を変えようがニオイはとれません。
それと、白いタオルでくすんでしまったタオル。
重い腰をあげて、タオルの煮洗いをしました。

前回ふきんの煮洗いをご紹介しました。

→ ふきんの煮洗い

ほぼ同じなのですが、ふきんの時と違ってかなり煮ました。
煮るので酸素系漂白剤は入れなくても良いかなと思ったのですが、
あの頑固なニオイがとれるかどうか不安もあり漂白剤をいれました。
タオルは2枚ですが、鍋が小さいので1枚ずつ煮ます。

水1Lにつき、粉石けん小さじ2 酸素系漂白剤 水1Lにつき小さじ1の割合。
でも適当です^^

今回は水3L 粉石けん小さじ6。石けんを投入後沸騰したら、

酸素系漂白剤 小さじ3を投入すると、泡がシュワーっとでてくるので、
吹きこぼれないように気をつけ、弱火にして、
タオルを入れて15分~20分くらい煮ます。
これも黄ばみ具合など汚れに応じて加減します。

towele33.jpg

タオルを取り出し、水洗いしてよくすすいで干します。

最初に白いタオルを煮洗いしたのですが、タオルを取り出した後のお湯は、
濁ってましたね~。お洗濯したものなに汚れがでたのでしょうか。
で、赤いタオルの方は通常のお洗濯では色はでませんが、煮洗うと色がでました。
汚れも一緒にでているので赤黒い感じです(-_-;)
でも、これで煮洗いすると通常のお洗濯では落とせないニオイや汚れも、
きれいになるのがわかります。


画像左のタオルは、比較用にきれいめのタオルを置いています。
くすんでしまった右のタオルを煮洗いします。
煮洗い前

towele31.jpg

煮洗い後

towele32.jpg

画像ではあまり変わりがないように見えますね(^^ゞ
でも肉眼ですと、かなり明るくなったんですよ~(笑)

このジム用にしているスポーツタオルは、
何度洗っても生乾きの時のニオイがとれず、ウエスにするつもりでした。
毛も寝ちゃってますが、でもなぜだか使い続けてました(笑)

towele30.jpg

漂白剤を少し増やしたので、少し色があせた感じですが、
黒ずんでいたものもとれ、一皮むけた感じですっきりしました。
繊維に染み込んだ汚れがとれたせいか、かろやかになった感じがします。

タオル、生まれ変わりました!

キッチンで使う手拭き用のタオルなど、濡れている状態が長いので、
手を拭く場所だけが黒ずんだり(カビ?)します。
これも煮洗いすればきれいになりそうです。
やはり早い目に対処するのがよさそうです。

タオルの煮洗い、オススメします^^

使用した粉石けんと酸素系漂白剤は、
無添加 シャボン玉スノール
パックス 酸素系漂白剤


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 2
08.03
Wed
自分の好みの食器を選ぶようになっても、つい無難な白を選びがちです。
でも時には冒険したくなります。色モノはなかなか使いこなせる自信がなく、
以前のiittalaの黒いプレートもハードルが高かった。
そしてやはり白以外で選ぶとなると、色で迷ってしまったりします。
なので色モノは、私にとって敷居が高いです。
それと、できるだけモノを持たない、シンプルな暮らしをしようと、
不要なモノを処分してきました。なのでまたモノを増やすのか?という思いも
少なからずあって、欲しいと思っても、なかなか決めるまでは時間がかかります。

でもお祝いで頂いた食器や、夫ちゃんが独身の時に使っていた食器を
使っていた頃に比べると、扱い方が違ってきます。
本当はどんなモノでも丁寧に扱うのが良いのかもしれません。
けれど時間をかけて自分が選んだ食器は、やはり大事にします。
そういう意味では、気に入ったモノを持つということは、
結果的には、モノを大切にしてとっかけひっかけ買い替えをしない。
壊れるまで使うということで、私の望む、捨てなくても良い暮らしになるのかな・・。

で、この度我が家にお迎えしたのは、
iittala  Kastehelmi ボウル230mL 
kastehelmi1.jpg

ふふ、まだシールも剥がしていませんね(^^ゞ
いつもながら、このiittalaのシールを剥がす時は、ちょっぴり
後ろ髪惹かれながら、剥がしているショボイ私です(笑)

裏も雫が美しい^^
魅了されていらっしゃる方が多いのも頷けます。

kastehelmi2.jpg

色々なブロガーさんのところでお見かけするカステヘルミ。
良さを今更言うまでもありませんが、

kastehelmi3.jpg

サイズが丁度良いんですよね。大きすぎず小さすぎず。

kastehelmi4.jpg

夏の冷製スープを入れるのに、やっぱりガラス製品の方が涼しげな感じがします。

昨日は、コンソメジュレを作ってみました。色々手を加えることもなくあっさりと・・・。

kastehelmi5.jpg

でも、ひとつ気に入ったモノが見つかると次々にまた欲しいモノが見つかる・・。
物欲との戦いは永遠に(笑)

プレートも素敵



クリアはやはり万能選手かな




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
08.02
Tue
先日の浅間神社の次に向かった先は、
昔話の「カチカチ山」の舞台となった河口湖天上山です。(HPはコチラ
7月初め、河口湖ハーブフェスティバルに行った時に
こちらの天上山のハイキングコースに咲く10万本の紫陽花が見頃というのを知り、
ぜひ行きたいと思っていた場所でした。
紫陽花の見頃は7月中旬ら8月上旬までです。


katikatiyama1JPG.jpg

ロープウェイの山頂から少し下りた中腹から下が、紫陽花の群生地ということで、
登りはロープウェイに乗って、帰りは40分のハイキングコースを歩きました。

katikatiyama2JPG.jpg

富士見台駅で降りたところで振り向くと、河口湖と家並みが一望。

katikatiyama3JPG.jpg

展望台から見る河口湖。本当に美しい風景です。

katikatiyama5JPG.jpg

展望台からの景色は絶景です。こちらから見る富士山と裾野を眺めていると、
時間を忘れてしまいそうです。

katikatiyama4JPG.jpg

展望台の望遠鏡からは富士山五合目も。
今度はこちら側から富士山五合目に行ってみたいです。
以前私が行ったのは、コチラ
快晴だったらもっときれいに見えたかも・・・ちょっぴり残念。

katikatiyama13JPG.jpg

カチカチ山のたぬきとうさぎの像がなんとも愛嬌あって可愛いです。
でもお話は残酷な話しですよね・・。たぬきがお婆さんを鍋にいれてお汁にして、
何も知らないおじいさんに食べさせるなんて

katikatiyama17JPG.jpg


さて帰りは待望のハイキングコース。しばらくは紫陽花にはお目にかかれません。

katikatiyama16JPG.jpg

太宰治記念碑のある央平(なかばだいら)に到着。
(画像右半ばに小さく見えている石碑)
太宰治が富士河口湖町に滞留したことや、著書の『お伽草紙』は、
かちかち山を新解釈で書いていたり、ゆかりの地となって
記念碑が建てられているのでしょうね。

このあたりからが紫陽花の群生地です。

katikatiyama15JPG.jpg

向こうにチラリと見えるのは富士山。

katikatiyama10JPG.jpg

白樺のあいまに紫陽花が。

katikatiyama9JPG.jpg

色々な紫陽花が咲いていて本当に楽しませてくれます。

katikatiyama6JPG.jpg

日差しの加減かどうかわかりませんが、背の高い紫陽花も。

katikatiyama14JPG.jpg

斜面いっぱいの紫陽花は、下から上を見ると紫陽花の絨毯のようでした。

katikatiyama8JPG.jpg

お家の近くではもう紫陽花も枯れていたり葉だけになっていたりしていますが、
この時期にしてこんなにきれいな紫陽花が見られるとは・・・。
(7/28撮影)

katikatiyama11JPG.jpg

本当にみずみずしい紫陽花を見させていただきました。
今年はいつになく色々な紫陽花を見れた気がします。
(宜しければ、コチラもきれいな紫陽花がご覧になれます

katikatiyama12JPG.jpg

ずいぶん下りてくると天上山公園休憩所があります。
この日はもう5時前でしたので、休憩所は閉まっていました。

katikatiyama18JPG.jpg

護国神社の鳥居さんをくぐると、舗装された道にでます。
この道の両脇にも紫陽花が咲いていました。

これぐらいのハイキングコースは、お手軽に行けるので
日頃の運動不足には丁度良い感じで、疲れることなくリフレッシュしてこれました。

006s.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 0
08.01
Mon
FC2のテーマ 第1245回「レシートためちゃう?すぐ捨てる?」

レシートはためません!でもすぐにも捨てません!(笑)

家計簿をつけているので、必ずレシートはいただきます。
その場ではお財布にいれて持ち帰りますが、ためないでその日か翌日には
家計簿を入力してから、内容を確かめてすぐに処分できるものは捨てて、
万が一返品することがありそうなモノは、1週間くらいは保管します。
あとはカードでお買い物した時の控えのレシートは、請求がくるまで保管して、
請求書と照らし合わせてから処分します。今まで間違いはありませんでしたが、
コンピュータ処理といえども、人の手がはいるものに「絶対間違いない」と
いうことはいと思っているので(^^ゞ

こういった一時的にも少しの期間保管しておきたい紙類は、
ついテーブルなどに置きっぱなしにしがち。
その手で決まった場所にいれる「とりあえず一時保管場所」を作ると、
雑多にならず、すっきりするかと思います。

以前にもご紹介したドキュメントスタンドA4判13ポケットを使っていますが、
(その時の記事はコチラ

DSCF9111.jpg

レシートなど小さいものはこのままこちらに入れてしまうと、
バラバラになってしまって、埋もれてしまう可能性があり、下手したら、
そのままになりかねません。なのでクリアファイルに入れて、

DSCF9090.jpg

このドキュメントスタンドのポケットに差し込みます。

DSCF9108.jpg

あくまでもここは一時保管なので、入れっぱなしにしない事!
時々ファイルを取り出し、まだ必要かそうでないものかチェックします。


これは以前の記事にも書いて重複しますが、
小さな説明書で保管しておきたいものは、これもひとまとめにしておきたいので、
ジッパー付きの袋にいれて、上記同様ドキュメントスタンドに収納しています。

setumeisyo.jpg
(使い回し画像でスミマセン)

レシートが不要ならお買い物の支払い時にことわる、その場で処分。
家に持ち帰ったなら、お財布にいれっぱなしにしない。
必要に応じて不要なものかそうでないものか判断して、
不要ならその手ですぐに捨てる、残したいレシートなら決めた場所に保管。
こうすることで、お財布がパンパンになりすぎることは避けられそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 0
back-to-top