01.31
Tue
以前、歯ブラシについて書きました。
ひとつは歯医者さんからススメられた部分磨き用のコレと、
モラタメさんで頂いたコレが気に入って使っていました。

今まで歯ブラシなんてテキトーに選んでいたのですが、
使っていると磨きよさもさながら、歯の状態にも気をつけるようになり、
小さなスタンドミラーで見ながら磨くようにしています。


そんななか、相変わらず歯医者さん通いが続いている夫ちゃんは、
色々と歯ブラシに関心を持つようになりました。
そりゃそうです、今まで放ったらかしにしたせいで、
完治まではほど遠いのですからw

そんな夫ちゃんが自分で選んだ歯ブラシを使い出して、
歯磨き粉は今までと変わりないのに、歯がツルっとして白くなったと言いました。

それで私も気になり使いだしたのが、リーチ ホワイトニング やわらかめです。

reach1.jpg

発売されてから結構経っているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、
日本発の美白機能つきステイン除去歯ブラシなのです。
ブラッシング部分がこんなふうになっています。

reach2.jpg

↑こちらは使用感があるので、ちょっとお見苦しいですが、
真ん中のステインクリーナーという部分はゴムになっているのですが、
こんな歯ブラシ見たことな~い!驚きの歯ブラシでした。

reach4.jpg


ホワイトニングパッドって最初、舌苔クリーナーがついているのか?と
思っていました。でもこちらは週1回ぐらいこの部分を歯磨き後に
円を描くように磨くのですが、磨いている時もキュキュキュって音がして
とても不思議な感じがあります。

今までにない感触です。磨き終わった後の歯のツルツル感がスゴイのです。

reach3.jpg

reach5.jpg

私は珈琲をよく飲むせいなのかどうかわかりませんが、
油断すると歯が黄色く色素沈着しやすいので、ホワイトニング用の歯磨きを
使いたいのですが、知覚過敏があるので美白専用のは使っていません。
なので、この歯ブラシを使い出してなんだか色素がつきにくい?
そんな感じがしました。とくに前歯が白くなった・・・気がします。
なによりもこのゴムで磨く感触にハマってしまった感じです^^;

キュッキュッキュッ~、キュッキュッキュッ~、って歌いたくなるような(笑)
ラバー部分の持ち手も良い感じ。
ディープクリーンも捨てがたいのですが、今は一休み^^;

今はこれと部分磨き用の歯ブラシと舌苔クリーナー(記事はコチラ)を
併用しています。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
01.30
Mon
カットソーなどの収納で気をつけていること。

収納ケースの幅と高さに合わせて畳んで立てて収納。
取り出しやすさ見やすさを考えて、向きを揃えての収納。
(1つのケース内でタテ、ヨコの向きを一緒にしない)
隙間があってもそこに詰めない。

こちらのケースは幅よりも奥行きがあるタイプなので、
手前から奥に収納しています。左右に多少のゆとりを持たせていると、
取り出しやしやすいです。(幅 内寸33センチ)

cut sew syunou1

こちらのケースは奥行きが狭く幅があるタイプなので、
横一列に揃えて収納しています。(奥行き 内寸33センチ)

cut sew syunou2

以前はこいうったケースに収納する時の洋服の畳み方は、
過去記事でご紹介した畳み方(コチラ)をしていました。↓

cut sew syunou3
シワは気にしないでくださいね・(;´▽`A``

ずっとこんな形で収納していましたが、先日テレビのニュース番組の特集で、
近藤麻理恵さんの畳み方を見て気になりました。今頃?(笑)

お名前は存じ上げていましたが、著書もテレビでの片付け術も拝見したことがありませんでした。

確かにケースに入れて収納していても、洋服を取り出したりすると
崩れていくので、「洋服が立つ」この畳み方にすれば、
どうだろう?と思い試してみることにしました。
とはいっても家事の合間でしたので、すごくうろ覚え^^; 

おそらくご存知の方も多いと思いますので、説明も端折りますが、
画像2、3のように、裾の部分を余らせて折り、裾を折り曲げます。

cut sew syunou4

若干高さが短くなりますが問題ありません。

cut sew syunou5

↓上段は今までの畳み方。 裾が全然違いますね^^;

cut sew syunou6

立ててみると、今までの畳み方のカットソーは裾がグシャっとなって
今にも崩れてきそうです。
でも左側はきれいに保っていますね。

cut sew syunou7

目から鱗が落ちた感じです。

これなら独立しているので、取り出しやすく崩れにくくなりそうです。

でもゆとりある収納が前提ですね^^;


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
01.29
Sun
昨日の記事に対してコメントをいただき、
私が小さい時から教わってきたことが、人によっては違う教わり方が
あるということを知り、自分が普通に思っていることが、
他人と違うというもあるということを、あらためて再認識いたしました。

再度少し思ふことがあり、加筆させていただきますが、
興味のない方はスルーしていただきたく思います。<(_ _)>

018l.gif

昨日の「返事をしなくなった人が増えた?」で、病院だけに関していえば、
「病院だから具合の悪い人もいて、周りに聞こえるように声をだすことはだめ」
と親から教わり、「はい」と返事をしている人がいると、
違和感があるというコメントをいただきました。
私が小さい時から教わってきたこと、返事をすると言うこともごく普通に
思ってきたことが、夫と共に「そうこともあるんだ」と驚きました。
あらためて人それぞれの「当たり前」ということを感じました。

確かに病院は体の具合が悪くって行かれているので、
そうなのかもしれない、人の返事が耳障りになることもあるかもしれないとも
思いました。私も声にだすといっても馬鹿ほどの大声をだすことは、
していないつもりですが、(ブログでの書き方が悪かったかもしれません)
呼んだ人にわかる合図の仕方なら、声にださない挙手という方法や
目を合わせて意思表示をすることで十分かもしれないと思いました。

ただ記事には「大抵すぐに立ち上がっていくので問題ない」と書いたとおり、
「はい」を言わないことが問題だとも思っておりません。

私の文章の書き方、不足分も重なりやっぱり思っていることが
表現できていないことも含め反省の部分でもあります。

でも、病院以外の場所でも呼ばれても返事をする人が少ないなと
思ったのも事実です。病院での連呼して呼ばれる看護師さんを
見るとあきらかに自分の存在を伝えていないのでしょうし、
迷惑もかけているというのも事実だと思います。
銀行や役所においても無言で窓口に行く人を見て、
昔はそんな感じじゃなかったなーという、私が見聞きしていた
ごく自然体で「はい」って言う声が聞かれたのが、
最近あまり聞かないなーっていう思いがありました。

それと話しが少しズレますが、電話などで問う場合、問われる場合
どちらのケースでも、こちらが説明しているのに、
何も言わない人が結構いらっしゃる。
うんともすんとも言わない、ずっと相槌がないので、
「聞いてるんだろうか?」って思ったりすることもあります。
でも最後に話しは通じていたとわかっても、なんか違和感があります。
やっぱりそこは「はい」であったり「うん」であったり、
返事をすることは、自分にとって自然にでるものだと思っています。


返事や挨拶というのが、時代とともに変化がでてきたのかなという思いで
書いた記事でした。

人それぞれ小さい時から言われてきたことが、ごくごく当たり前のことと
ずっと思ってきたことも、人によっては違うこともあるということがわかり、
とても勉強になりました。

拙いブログなのにたくさんの方が読んでくださったり、
コメントをいただいたり、本当にありがとうございました。
今後も何かお気づきのことがありましたら、コメントを残してくだされば
真摯に受け止めたいと思っております。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

01.28
Sat
今朝は地震で目が覚めました。
皆様の地域は被害はなかったでしょうか?
寝ていて揺れると、何十年経っても恐怖心を拭うことができません。
最近小さな地震が続いているのと先日の地震発生確率のニュースを聞くと、
ますます不安が高まります。だからといって出来うることは僅かなことで、
不安を募らせても仕方がないのですが、チョッカガタ・・・という言葉が
ずっしりとのっかかってしまいまいます。


011l.gif


最近いつの頃からかな・・気になったこと。

m-styl45.gif


名前を呼ばれても返事をしない人が増えた気がします。
銀行や病院などで番号札の器械が導入されてからかしら?
それとも個人情報保護法ができてからかなぁ・・。
やっぱり不特定多数の場所でははばかられるのかな・・。

私が子供の時は親からも先生からも、呼ばれたら返事をしなさいって
言われたし、思春期の頃は、親から面倒な事を言われると、「はい、はい」
なんて返事をすると「はいは1回で良い」って怒られたような(笑)

そういうクセがしみついているせいか、銀行や病院や調剤薬局でも、
呼ばれたらつい、「はい」と答えてしまいます。^^;
周りの誰もが返事をしなくなったせいか、それが時には恥ずかしいような気さえ
覚えてしまいます。でも、やっぱりまた次行っても「はい」って言ってしまう。
もし小さな声で「はい」って言って聞こえなかったら、
また呼ばれるかもしれないって思うと、「はい」ってなったり(笑)


昨年しばらく病院通いが続いて、余計感じるようになったのは、
病院で名前を呼ばれても、年齢にかかわらず黙って診察室に行く人が
圧倒的に多かったと思います。
大抵すぐに立ち上がっていくので問題ないようですが、
しばらくたって行く人には「◯◯さん?」って確認されたり。
後、たまに◯◯さ~んと連呼されて探されているのに、
そのままスーっと入る人をみかけます。
う~ん、何度も呼ばれているのに慌てる雰囲気もなく、
「すみません」って一言もないんだ・・。
調剤薬局は薬の渡し間違いを防ぐ意味でも、必ず氏名を呼びますが、
やはり返事をする人は少なくなった気がします。


銀行や郵便局も自分の番号が点灯されて窓口に行って、
その後、なんらかの待ちがあった場合、名前を呼ばれます。
でもそんな時でも黙って窓口に向かう人が多い気がします。
やはり、個人情報の観点から名前は知られたくないというか、
個人を特定されたくないという気持ちの表れなのでしょうか。
いや ◯番さん~と番号を呼ばれても、無言で行く人が多い気がします。

自分の名前でなくても番号であっても、自分が呼ばれても返事をしない・・、
いつからなんだろ・・。たいしたことでもないけれど、
呼ぶ側からすれば、呼んでしばらく来なかったら「いないの?」って
思ってしまうだろうにって考えてしまいました。
時間にすれば数十秒のことかもしれませんが、僅かな時間でも
呼ぶ側の人の時間を割いています。
いなければ次の人を呼ばなくちゃならないし、呼んでこなかった人は
順番を後回しにしたとしても、後で来たらチェックもしなきゃならない。
ひょっとしたら、事務的に仕事をすすめてそんなことは問題でもないのかも
しれない・・・おせっかいなハナシかもしれませんが・・。

お家でも自分が呼ばれて、返事をしないものなのかな・・・って、
ふとそんなことを思ってしまいました。

「はい」も意思表示のはじまりだと思うのですが、違うかな?


w138.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 36 trackback 0
01.27
Fri
我が家の掃除のお供のクエン酸水スプレー。
今日、トイレ掃除の時に使おうとしてもスプレーできないので、
目詰まりかと思って見るもそれらしき雰囲気でもなく、
とうとうボトルの寿命かと思いきや、トンデモナイコトになっていました。

見てみるとスプレーの根元の内部とキャップの内側の隙間に黒いものが!

え~、まさかの カ、カビ?  ( ̄□ ̄;)!!

気をつけていたつもりなんだけど、まさかスプレーできなくなるほど?

汚さに愕然。隠したくなるほど黒いものが付着していました。

spray1.jpg

あまりのショックとクエン酸水スプレーなくてはトイレ掃除もできず、
まずはスプレーボトルの掃除にとりかかりました。 なんてこった(;´д`)トホホ…

器に漂白剤を溶かしいれて、スプレーする要領で漂白剤を吸い上げて、

spray2.jpg

逆さにしてしばらく浸け置きしました。

spray6.jpg

簡単に落ちるかなと思っていたのですが、ボトルのキャップ部分は
きれいになり、そこそこにスプレーできるようになりました。
でも根元の接着部分にたまった黒いものがとれていないので、
再度スポイド方式でゆっくりと漂白剤を吸い上げて、スプレーする手前で止めて、
スプレーの出口までいかないように、根元部分に漂白剤が溜まるようにしながら、
スプレーして出しきる。これを数回繰り返します。

spray3.jpg

その後は、何度も少しずつ時間をあけてスプレーを繰り返すと、
スムーズになり汚れもとれました。

spray4.jpg

重曹と違って目づまりしにくい安心感から、少し多めに作り置きした結果、
こんなことになってしまいました。

↓この部分が要チェックです。

spray5.jpg

掃除をするためのものなのに、汚してど~するよ(+_+)
毎回とはいわずとも、ボトル本体と一緒に乾燥させることは必須ですね。
ってもしかして、それって当たり前???(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
01.26
Thu
実家に居た頃、洋服でもモノでも数が増えて処分しようかどうか
迷いが生じたりしたら、母が決まっていう言葉がありました。
「捨てようと思えば、いつでも捨てられるから急いで捨てなくても良い」
「置ける場所があるんだから、なにも慌てて捨てる必要がない」と
母はそう言っていました。

でもそういうことは、自分の持ちモノの管理ができる人が言うことだと
思います。母のような人がそんな風に思っていても、絶対に捨てられない!
捨てる時期を逸してしまいます。実際、何十年も持ち続けているのですから。
ただ母は、以前にも書いた通り、整頓はできても整理ができない人。
モノは部屋に散らかることはなく、隙間があらばそこにモノをいれ、
ところ狭しと収納をしているので、本人は片付けられていると勘違いしている。

だから余計厄介なんです。なまじモノが散乱していたらいい加減その汚さに
自分でも気づくでしょうから。いやぁ 実家での私がそうでした(笑)
そんな母にそういうふうに言われると、モノを処分するという学習が
できていません。そりゃそうです。だから捨てられない人でした。

でも「いつでも捨てられるんだから・・」ってもっともらしいことを言っても、
結局は捨てることを先延ばしにしているだけですから!

部屋が片付かない、散らかる原因がモノが収納場所からはみ出ているなら、
それは容量オーバー。数を減らせばそれなりに収まる。
でもそれはただそこに収まっただけで、整理はまた次の課題になりますよね。

モノが多くて処分しようと思ってもなかなかできなければ、
ムリする必要もないとは思います。
でもあきらかに着ない服、使わないモノをためこんで、新たなモノを
買っても収納できない、なんとかしたいと思うなら、
やっぱり処分するしかないと思います。

でもやっぱりそんなに簡単に捨てられないわって思うなら、
モノ置きがあって収納場所に困らなければ、モノを把握してそこに仕舞い、
生活空間をそれなりに確保できればいいんじゃないかと思います。
それもひとつの方法かもしれません。
自分が納得できる方法ですれば良いのではないかと思います。

よく言われる、サイズが合わなくなった洋服が捨てられないのは、
その洋服を着ていた頃の自分が好きだからかもしれません。だから
「痩せたらあの頃のように着られるかも」って淡い期待を抱いてしまう。
痩せたらって思うなら、必死にダイエットして着るくらいの根性がなければ、
ただ「いつか着るかも」ではほぼ着ることはないと思います。
数年経てば痩せても似合わなくなっているかもしれませんし。
今日より若い日はないんですから^^;

「いつでも捨てられるから」って捨てられない人の「いつでも」って
「いつか捨てられるから」じゃないかって思ってしまいます。
 
 「いつか」っていつ? 自問自答してみるといいかもしれませんね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 0
01.25
Wed
昨年末は、今までになく一歩も二歩も踏み込んだキッチンの換気扇掃除
しましたが、この埃まみれの油ギトギト汚れも大変でした。
でも、油汚れよりやっぱり厄介だと思うのは、カルキ汚れがたまった方が
掃除が大変な気がします。

浴室のドア、内側でなく脱衣所側についても過去に書いていますが、
浴室は気をつけていても、脱衣所側のドアってやっぱり油断してしまいます。

ドアの材質にもよると思うのですが、我が家のようなアルミの中折れ戸で、
下部に換気口があるのは、本当に掃除がしにくい。
ゴムパッキン部分も、拭いていてもやっぱり白残りがでてくるんですよね。
でも拭くだけじゃあだめなんですよね・・。
浴室側同様洗い流せれば、まだラクなんですけどね

bathdoor4.jpg

本当にこまめにクエン酸水スプレーで掃除をしていると、
白汚れがつきにくいのも確かです。実感してました・・・。
過去記事にもえっらそ~にそんなことを書いているんですが・・・、
しばらく外側のドア部分の掃除をサボッたらエライ事になってました。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!








正直言って、汚いです。







一応水分がついたら拭いてはいたのですよ・・・。
しょっちゅうクエン酸で掃除をしていないと、こんなことに・・・・・。

bathdoor1.jpg
こんなところが、元汚部屋住人だったんだって露呈するところですが(笑)

今回はクエン酸水パックはせず、クエン酸水スプレーしてしばらく放置。
頑固な白残りがあるガラスとゴムパッキンの境目、やはりサッシヘラを
使ってこそぎ落としました。深くパッキン部分に入れてしまうと傷がつくので、
あくまでも自己責任の元で軽く。
(クエン酸水の濃度は5%にしていますが、その時により増えているかも)

bathdoor3.jpg
アルミ部分は画像のように、サッシヘラの先端にタオルをつけてこすると
奥の部分の白残りも取りやすいです。
換気口のところも、掃除後毎回こうして水分を拭きとれば、
白残りもないのですが、なかなか毎回こんなふうに拭かず大雑把です^^;

この汚れって、汚れがついたばかりはまだ落ちやすいけれど、
時間がたつとカピカピになってとれにくくなります。
今回も結構固まっていたので、ちょっと時間がかかりました。
おまけに、汚れを落としたつもりでも乾くと、落ちたように見えた白残りが、
うっすら顔をだしている時があります。
「えー、拭いたすぐ後はきれいになったはずなのに!」って思うこと多々。


でも、よ~く見ると、ところどころ残っている部分があります。
でも気にしない、気にしない(笑)

完璧を求めれば、掃除なんて非常にシンドイ。
「これっくらいでいっか~」で止めるのが良いと思っています。

bathdoor2.jpg

ただ、パッと見て目につくところの白残りは取り除いている方が、
清潔に見えます。またこのカルキ汚れほどためればためるほど
とれにくい、とれない、自分の手ではにっちもさっちもいかなくなる!
なのでやっぱり手抜きをせずに・・ってことでしょうか。
今回結構時間がかかりました。ε-(ーдー)ハァ

私はカルキ汚れより油汚れの方がまだマシかもしれない・・・(;´д`)トホホ…





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
01.24
Tue
以前、地震の備えとして、キッチンの吊り戸棚にイケアのマルチロックを
取り付けようと思っていたことを書きました。(その時の記事
ですが、夫ちゃんもキッチンに立つことが多い我が家、
色々考えた末、取り付けはしないということになりました。

せっかく入荷を待ちわびてやっと購入したのですが、
吊り戸棚では使わず、他で使うことにしました。


昨日は、首都直下型地震の確率が4年以内の発生70%というニュースが
報じられてバクバク。「直下型・・・」と聞くとやはり心がざわざわします。(-_-;)


ロックを取り付けないとなれば、やはり前々から気になっていた
ガラスや琺瑯の保存容器を、そのまま吊り戸棚に置くのは気になります。

なので他で使っていた無印のPPケース(幅26×奥行37×高さ17.5cm)を
ワゴン下に置いて、そこに収納することにしました。
使っている容器もありますが、ちょうどここに入るだけ。

mujipp5.jpg

システムキッチンではないので、シンク下ひとつに収納ができない我が家。
こういったPPケースの経年劣化が気になる方からすれば、
しっかりした家具を求められるかもしれません。が、
賃貸暮らしで転勤があれば、家具の購入にも二の足を踏みます。
なのでやっぱり収納に困った時は、MUJIで落ち着くのです^^;
おまけに、ワゴンの幅、奥行きともジャストサイズです。

それとできればこういったモノはもう少し上に収納したかったのですが、
我が家は食器棚も小さく、家事動線を考えればここが1番ムダがなく、
作業もスムーズに行えるのでここになったわけです。

実はこのスタイルになったのは昨年末で、今頃のアップとなりましたが、
使うにあたっての不備もありません^^


で、吊り戸棚のカゴには、今は冷凍保存中で写真には写っていませんが、
プラスティックの冷凍ごはんを入れる容器と料理中の材料入れに使っている
100均で購入したお皿を収納しています。これはレンジ使用できるプラですが、
劣化してきたら、惜しげもなく処分できるので重宝しています。
あと、イケアの小さなステンレスボウルを入れています。このボウルは、
合わせ調味料を作る時に活躍中。すぐに取り出せるところに置いています。

mujipp6.jpg


なので吊り戸棚には、落ちてきても一応割れない(であろう)モノだけを
収納しています。上段は以前にも書きましたオーブントースターのトレイのみ。
手が届く下段だけを使っています。

mujipp7.jpg


保存容器もフル稼働している時もあればそうでない時もあったり、
もう少し数を絞ろうかと思ったりしましたが、我が家に必要な数として
落ち着いています。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
01.23
Mon
本日2度目の更新です。
これも主婦の戯言です。サラっと流していただければ・・と思います。

011l.gif


先日東京電力が、事業者用に続き家庭用の電気料金も値上げを要求
しているというニュースを見て思ったこと・・・。

家庭だけでなく、家庭向け電気料金で営業している企業もこれに
含まれれるらしく、家計に直撃です。非常に痛い話しです。
色々な状況を踏まえてのことだとは思いますが、
東電の社長の「料金の申請というのは、われわれ事業者としての
義務というか、権利ですので」
という言葉を聞いて、唖然としました。

値上げの主な原因は、稼働が増えた火力発電の燃料費の増加だそうです。

義務?権利?

はぁ?それを言うなら、することをしてから言って頂戴と言いたいなぁ・・・。

過去記事でもふれていますが、東電の「総括原価方式」を
見なおししてから言って欲しいなと思うのですけどね。

昨年の10月から「燃料調整費」って50円83銭 91円20銭 97円60銭って
微々たる金額のようですが、値上がりっぱなし。
なのに更に値上げ要求ですか。

原発の現場で働いている方の給与をカットしろとは申しませんが、
ちょっと胡散臭さのある「総括原価方式」の見直しをして欲しい。
保養所や接待施設の維持管理費、財形貯蓄などの社員優遇に必要な費用を
電気料金を決める際の原価に算入し、電気料金で回収して損をすることがない
なんて、なんだかやっぱり腑に落ちない。

原発事故で、昨年夏は、皆それぞれ節電に努めていました。
多くの企業も工場の運転を減らしたり、お店では少し暗めの照明にしたり、
各家庭もあれこれ工夫したり。冬になっても引き続き無駄に電気を
使わないようにと節電を心がけていると思います。

会社保有の土地なり建物の売却はなされているのでしょうか?
もう少し企業として身銭を切ってから義務、権利という言葉を
使ってほしい気がするのですが・・・。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

01.23
Mon
昨年、1年以上も前から購入を考えてやっと手にした、
アラビア 24h Avecのパスタプレート。

買った時のいきさつは過去記事でもお伝えしましたが、
本当に時間をかけて購入した甲斐がありました。
それでも私にとっては決してお財布に優しくないモノでした。

すでにお使いの方は実感されていることと思いますが、
やはり私にとっては、オールマイティーで使えるところが1番でした。

Arabia 24h Avec3

パスタプレートとしてはもちろんですが、チャーハンやおでんのような
汁があるものにもとても重宝します。
魚のアラの煮付けにも具合が良い感じがじます。

手持ちのイッタラ、ティーマのようなリムがあるプレートも、
我が家ではフラットなプレートよりも使い勝手が良いのですが、
色、柄で、温かみが増すものもでてくるというのを今更ながらに感じました。
とくに、私のように料理がへっぽこだったり、盛り付けのセンスのなさが
露呈しがちな時に、誤魔化しの手助けをしてくれるような(笑)
ありがた~いプレートです^^;

使えたらなんでも良い、家にあるもので済ますといったような考え方の
親の元で育つと、食器もあるものを使うのが普通、当たり前と思っていました。
なので、頂きモノや夫ちゃんが1人の時に使っていたものも、
すんなり受け入れていました。それが悪いわけではなかったと思います。
きっと最初から高価な食器セットを親から渡されていたら、
死蔵品になっていたかもしれません。それがなかっただけでもマシかも(笑)
自分の好みが明確でなければないほど、そういうものを受け入れたら、
たとえ使っていなくてももったいなさの方が、先に立ちますから。
なので私の場合は、そういうことも経て自分の好みがでてきたのが、
良かったのかなぁって思うようになりました。

どんなに大切に扱っていても、割れる、欠けるは食器に付きもの。
割れたら割れた時。割れたら・・ってヒヤヒヤしてたらきりがない(笑)
お客様用に・・といつかの日まで、より、自分が使う方が気持ちが良い。
そう思って使うと、自分が選んだモノ、とっても愛着が持てます。



      


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
01.22
Sun
先日、元町ユニオンで、

lebkuchen5.jpg

お店の人が、陳列棚に並べていたお菓子が気になり買ってみたのが、

ランベルツ ホースシェイプ レブクーヘン

lebkuchen1.jpg

パッケージで判断すれば、はちみつとチョコのクッキーかな?と思って、
夫ちゃんと飛びついて買ってしまいました。


パッケージの裏を見て気になったのが香辛料。でも、頭のな~か~は、
裏がチョココーティングされたクッキー!でいっぱい^^

lebkuchen4.jpg

だってこんなに馬の形が愛らしいし~。
でもね、クッキーというには結構厚みがあるんですよ。

lebkuchen2.jpg

割ってみたらこんな感じ。

lebkuchen3.jpg

でも、でも、でも、食べてみて驚きました。

今まで食べたことがない味! 

袋を開けた瞬間、ものすごい香辛料の香りがして、
その香りが・・・・カレーのような香りがしたのです。

香辛料ってなに・なに?なにが入っているの?って気になって
調べてみたら、小麦粉、砂糖、蜂蜜、シナモンなどで作るお菓子だそうで。
ひとくちにレブクーヘンと言っても種類があるようです。
コリアンダーやナツメグやアニスやクローブなどの香辛料が入っているそうな。
ただ、購入したこちらのものは香辛料については詳しく書かれていないので、
わからないのですが、コリアンダーが入っているからカレーの匂いが
してもおかしくないか・・と納得したり。

サックサクというよりモッサモサという食感でした。
クッキーというよりはパンのような?
夫ちゃんと一致した感想が、「まずくはないけれど不思議な味」
たぶんすごい好き嫌いが別れるお菓子のような気がします。

パッケージで勝手に想像していたお菓子ではなかったので、
びっくり仰天したというのが正直な感想です。
とても不思議なお菓子でした。決して香辛料が苦手ではないけどれど、
個人的には、袋を開けた時の、モワーっと漂ってくる香りが苦手・・かも。
食べだすと香りも気にならなくなる・・・そんな感じがしました。

衝撃的なお菓子でした~!

スーパーで売られているレブクーヘンではなく、
本場のレブクーヘンもこんなにきつい匂いがするのか知りたいところ^^;

おいしいか、おいしくないかの判断がしかねる(笑)お菓子でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
01.21
Sat
先日出先からの帰り、鎌倉に立ち寄りました。
夕方近くにもかかわらず、鎌倉鶴岡八幡宮は賑わっていました。

kamakura1.jpg

あの樹齢800年とも1000年とも言われた大銀杏も強風で倒れ移植された幹。
以前に見た大銀杏の姿が目に浮かびます。

kamakura5.jpg



ちょっとブラブラ歩いていて目に止まったもの。

これなんでしょう?

kamakura2.jpg

お店の名前を見ずに最初に目に飛び込んできたので、
てっきりおまんじゅうのように見えたのですが、














実はこれ、石けんなのです。

鎌倉 蒟蒻しゃぼんさんの蒟蒻せっけんです。

kamakura3.jpg

触ってみるとぷにゅぷにゅした感触で、思わず「なにコレー!」状態です。
種類は「炭」「菖蒲」「桜」「米」「金」とあります。
店先のお試しコーナーで手を洗ってみたら、洗い上がりがしっとり。
その洗い上がりに驚き、ワーワー言ってたら、
みるみるうちに人だかりになってしまいました^^;

私以上に珍しく夫ちゃんが気に入って、購入したのは限定品の「金」
夫ちゃんは相変わらず限定に弱い^^;

洗顔後のツッパリ感もなくしっとりするのは、
蒟蒻芋に含まれるセラミドの働きからだそう。
ちりばめられた金箔と杉の香りがしてとても気持ちがいいのです。
慌てて化粧水をつけなくても、お肌が乾燥しないのが嬉しい(> <)

他に効能として、蒟蒻由来マンナンが毛穴の皮脂に吸着し開いた毛穴を
整えてくれるらしいのですが、まだ実感としては得ていません。
乾燥しやすい私には、しっとりすることで満足かも(笑)

kamakura4.jpg

石けんを手にとって泡立ちますが、やはり泡だてネットを使った方が良いのと、
蒟蒻スクラブでお肌に直接マッサージすることもできます。

鎌倉土産にちょっと変わっていいかもしれませんね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
01.20
Fri
今日は朝起きたら雪景色でした。うっすらと積もったのは今年初。
どうりで寒いはずです。

photo4.jpg

昨日はたくさんの方々にお越しいただき、本当にありがとうございます。
実は昨日の記事は、ブログに書こうか、書くまいか悩んでいました。
書く私は、書くことで心の中で悶々と思っていることが吐き出され、
気持ちもラクになりますが、人によっては不愉快になったり、
あまり読んで楽しい気持ちになる内容ではないものだと思います。
以前から遊びに来てくださっている方や通りすがりの方、コメントをくださった方、
ただの愚痴におつきあいくださりありがとうございました、<(_ _)>

011l.gif



写真の整理について。これも人それぞれですが・・・。
過去記事で写真の保管についても書いていますが、
我が家は子供がいないのとマメさがないので、旅行へ行って写真は撮っても、
ほとんど撮りっぱなしで、パソコンにはいったまま状態。
なので、ブログで旅先の写真をアップすることが、「選んで残す」ことを
しているのかもしれません、^^;

写真を撮っても、アルバム整理という方法はとっていません。
どうしても・・というのはやはりフォトブックが我が家では1番いいなと
思います。過去記事にも書いていますが、色々撮った写真の中から厳選して
フォトブックにして贈ったのがとても喜ばれました。

子供の成長記録を残すということと違って、似たようなショットがたくさん
保管しても見直すこともほとんどありません。ならばどうしてもおきたい!と
思うものだけを残して後は処分。そのなかでもこれだけは、と思うものや、
気に入った写真などを選んでフォトブックに。

photo1.jpg

photo2.jpg


photo3.jpg

そういえば写真・・・、自分で風景を撮ったりしても、だんだんと自分を
撮ってもらうことを避けている気がします^^;
写真に残すことにためらいがでてきたのかもしれません。


写真って思い出のモノになって、増えていくと捨てがたいモノになります。
捨てられない大事なモノの一つにあげられるものです。
実家に残してきたアルバム・・そうだ、本以外にも写真があった!
結婚する時に写真の整理はしましたが、アルバムは置いたままだわ^^;
卒業アルバムでないアルバム・・・持っていくのに気がひけるモノ(笑)
皆さん、そういうのってどうされているんだろ・・・。

いつか処分する時がくるのですが、人の手で処分される前に、
自分の手で処分できるものは、しておかないとって気がします。
年齢に関係なく、老前整理は必要かなって思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
01.19
Thu
今日はこれを読まれて嫌な思いをされる方もいらっしゃるかと思います。
ネットショッピングで感じた不愉快さを書いていますので、
興味のない方はそのままスルーしてくださいね。m(_ _)m

018l.gif




私のブログでも自分が買って良かったもの、お気に入りになったものを
時々ご紹介させていただいています。
先日のブログでも書きましたが、モノの買い方も昔と比べてすごく慎重になり、
欲しいと思ってから、購入まで時間がかかったりするようになりました。
過去の失敗も経て、所謂、安物買いの銭失いをしないようになりました
なったかな(笑)とはいえ、良いもの=高価なもの ということでもなく、
自分の中でモノの質と値段を納得し、そこに使い勝手の良さをプラスして、
100均でも良いもの、多少「質」を追求すると他人から見れば、今ひとつで
あっても満足度の高いモノを手にするようになれた感じです。

実物を手にしてショップの人とのやりとりをしながら、
お買い物をするのが1番だとは思いますが、ネットショッピングは、
なかなか実店舗では買えないモノや手軽さ便利さで利用しています。

時々人様のブログで耳にする、ネットショッピングでのトラブルの経験も
ほとんどなく利用していました。以前、お店の間違いで色違いのモノが
届けられた時にも、そこのお店の方のメール、電話での応対がとても
丁寧でこちらが恐縮してしまうくらいだったことがありました。

ですが、昨年は非常に不愉快なことがありました。
ネットショッピングのサイトを通じてのお買い物ですが、これまでも
私自身が選んだお店や商品はハズレもなく、トラブルも皆無なのですが、
夫ちゃんが選んだお店が立て続けにトラブル続きで凹みました。

ひとつは、そのサイトでポイントが少し残っていて、支払い方法を
全額ポイント決済にした時の話し。

そのサイトは注文時「ポイントをすべて使う」を選択しても、
決済方法を選ばなくてはなりません。(その点については、サイトに
確認してシステム上いたしかたないとの回答をいただきました)

注文して折返の自動返信の受注メールがきたのですが、気になり念の為
「全額ポイント決済で」というメールをだしたところ、
お店から受注確認のメールで、ポイント決済にちゃんとなっており、
「大丈夫です確認しております」と返事がきたので安心していました。
ところが1週間が過ぎても発送のお知らせもなく、そこは通常6日以内に
発送となっていました。なのでもう少し待ってみて・・と思いながら、
10日近くになったのでたまりかねて、再度連絡したところ、
「決済方法に銀行振込となっており、振込確認を待っていた」との回答。

はぁぁぁぁぁぁ!? ブチ切れそうになりましたよ。

念のためにメールをしてお店側からも全額ポイント決済で承っていると
メールを返信しておきながら、あきれた回答に再度聞いてみましたよ・・。
そしたら、「見落としていた」とのこと。

なんですよぉぉぉぉぉぉ~!と叫びたかった(笑)

会社の連絡体制・受注体制に疑問を感じましたよ。ヽ(`Д´)ノプンプン

「すぐに発送いたします、店側の体制を整えます」というメールが来ましたが、
正直いってがっかりです。商品のお味はおいしかったですが、
二度とそこのお店を利用する気にはなれませんでした。


もう一つは、そこの取り扱いの商品が少し変わっていて、
夫ちゃんがそれを贈り物にしたいと言うので注文したのですが、
サイトからの自動返信の受注メールはきたものの、一つの商品の確認メールは
きたものの、追加注文した分のメールは来なくて。(こちらもポイント決済)
1週間近く経ち、こちらから一緒に追加注文した分もあるので、
発送確認依頼のメールを送りましたが、お店からなしのつぶて。
(発送は即日もしくは翌日発送)

贈り物だったこともあり不安になり、電話すると、「確認します」
それで折り返しきた電話では「本日只今発送します」とのこと。
お店の説明では「注文が殺到して忙しく忘れていました」とのことでした。

いやもう呆れてモノが言えませんでした。


どちらのお店もネットショピング専任の人がいないのかわかりませんが、
ショッピングサイトに登録をして、お店をだしているのです。
先のお店のように、サイトのシステムもしっかり把握できていないのも、
いかがなものかと思います。後のお店のように人気店なのか知りませんが、
「忙しかった」を理由に確認メールや、発送が遅れるなら遅れるのメールも
ないのもなんだかな・・・・と思いました。

お店によって対応の仕方はそれぞれあると思います。
私は経験がありませんが、確認メールがなくてそのまま商品の発送が
なされるところや、あまり細やかな対応でないところなどなど。
そんなお店に慣れた方は「そこの店はそんなものだから」で済む話しも
あるかもしれませんが、顔が見えないネットショッピング。
受注確認メールや更に丁寧であれば振込後の確認メールが来ると
安心感が違ってきます。

お店の対応ひとつで、商品の良さが更に上がる気がするのです。
すごく気持ちの良いお買い物ができれば、「また利用したいな」って
思えますし、同じモノを買うにしても「あそこのお店が感じが良かった」
って選ぶ理由にもなるかと思います。

お店側の立場にたつと、お客のクレーム等で言い分もあるかもしれません。
人がする事、時には手違いや間違いもあると思いますが、
ネットというお互い顔がみえなくてのやりとり。
もう少し注意を払っても良いんじゃないのかな・・・って思うのですが・・。

モノとのつきあいかた・・・モノとの出会いや手にするまでの思いも
そのモノに含まれる気がします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
01.18
Wed
先日の親譲りのモノへの執着からの脱却の記事で、
モノとのつきあい方について、書けていなかったことを・・・。

ご質問をいただいても、一度に思いを簡潔にまとめることができないので、
少しずつ小出しになりますが、思いだしたことを書いていくかと思います。
なので重複したりすることもありますので、ぐったりされる方は、
スルーしてくださいますようお願いします。m(_ _)m

018l.gif

以前福袋について書いたことがあります。
昔からバーゲンもちょっぴり苦手なところがありました。
人混みかき分けて・・が気後れするというところがありました。
でも、欲しいモノがプライスダウンしていたら、安く買えるのはそりゃ嬉しい。
それが手にできれば、小躍りしたくなります。
でもかつて、バーゲンや値引きがあると、日頃は選ばないようなモノでも、
目が曇り選んでしまい、その「モノ」を好きだから、でなく、
「買ってしまったから」ということで手元に残すことがありました。

今はモノとのつきあいかたが変わりましたが、
ずっと昔は赤字でセール品とか◯◯%OFFなんて書かれたら、
ものすごくお得感があったりしてつい手にしちゃったり。
本当はめちゃくちゃ欲しいモノでなくても、「これ、買わなきゃ損」って
雰囲気になって買っていましたねー。あとうちの夫ちゃんが好きな
「限定品」にも弱かったです。「これを逃したら、後で後悔するよ」って
悪魔の囁きが聞こえてくるんですよ。

最も実家の母の影響を受けていたのが、日常のお買い物。
スーパーで、割引率に惑わされ、限定品に目が眩み、
商品価格の端数が数字の「8」や「9」に弱く安い!が刷り込まれていく。
だから、今すぐに必要のないモノであっても、これが食品や日用品ならば、
「どうせ使うものだから」と都合の良い理由がつけられて、
ストック品が増えていく。
確かにいつか、そのうち使うものであっても、うちの実家・・・、
トイレットペーパーやティッシュの箱が、物置に積み上げられてました。
下手したら田舎の小さな商店くらいかも(笑)
母にしたらオイルショックの記憶があり、いつなんどきモノがなくなるかも
っていう思いがあったのかもしれません。
ラップも実家のキッチンの吊り戸棚に、どれだけあるか!?というくらい
ストックがあったことか。これは、阪神大震災の時にラップがすごく役だった
ということもあります。
なので私もラップ魔でした・・ラップのストックがなかったら不安でした。
結婚した時、夫ちゃんから「何個買うの?」と驚かれたくらい^^;
もちろん、非常用としての買い置きも含めてでしたが。
ストックがないと不安ということで、モノに頼っていたところがありました。

不測の事態に備えてのモノは、もちろん必要ですが、
日々のストックとしては、そんなに(持つ数というのは、人それぞれ)
持たなくても良い、必要な数だけと思うようになりました。

話しが少しそれてしまいましたが、
バーゲンに行くとその場の雰囲気に流されて、「お買い得」がインプットされ、
買うことだけに意識が集中してしまい、モノの判断が鈍ることがありました。
許容範囲が広がってしまうという恐ろしさ。
これこそがモノが増える原因でもありました。

その場では「わぁ~これいい、安いし~」って買ったものでも、
家に帰ってよくよく見ると、なんだか自分にしっくりこないモノだったり。
安いが故に、似たようなモノばかり買ってしまったり。
使い勝手や着心地が悪くても、代金を支払って買ったモノは、ハズレでも
おいそれとは処分できない。「今は使わなくても、また気が変わるかも」と
自分を納得させ、いつか使う時が来る日を信じて、いえいえ心のどこかでは、
使わないだろうなーって思っているんです。でも認めたくないの。
でもそんな風に仕舞ったモノは結局使わなかった気がします。

そういったこともあって今は、数字のマジックに惑わされず・・と思うと、
ようやく「買い」って決めたら、すでに売り切れだったという事もあります。
でも安易にモノが増えず、買って失敗したということも少ないかもしれません。

けれど、気に入ったモノだけ・・と思って、また増やしていって
手にすることだけで満足になっちゃったら、元の木阿弥になっちゃいます。
モノとのつきあいかた・・・まだまだ・・悩みもあります^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
01.17
Tue
以前、レシートやクレジットの請求書などの一定期間だけ保管するモノは、
「とりあえず一時保管場所」を作っていることを書きました。
(その時の記事はコチラ

私が使っているドキュメントスタンド は、取説の書類としても重宝しています。

モノの居場所を決めてきちんと収納することが原則です。
でも要、不要かの判断はすぐにできても、決めた場所に収まらないもの、
決められにくいモノが、紙類にはどうしてもでてきます。
数日だけは置いておきたい・・でもテーブルの上に置くとちらかる・・。
一ヶ月も収納する必要もないけど、忘れたら困るものなど。

郵便物も来た時点で、DMなど不要なものはすぐに処分しますが、
請求書と一緒に入っている期間限定のクーポン、割引チケットなどは、
レシートのように収納してしまうとつい忘れてしまうので、
目につきやすいように状差しにいれています。
使わなければ後日処分します。
最近では状差しなんて使っているお家は少ないかもしれませんね・・・。
すっきり感には乏しいけれど、使い勝手は良いです^^;

jyousashi.jpg

あと、会社からのお知らせだったり、工事の連絡日の通知だったり、
本当に短いスパンで必要だけど、ずっと保管の必要のないもの。
でも、思い出したようにすぐに確認したいものもいれています。

今年の年賀状も抽選結果日まではここに一時保管して、
使い切れなかった年賀状も、懸賞はがき用に使うか、
手数料はかかりますが、郵便局で普通のはがきと交換するまで、
ここに収納しています。

本当に流動的な紙類の収納です。

カゴ収納も試してみましたが、私はわかっているけれど夫ちゃんが
探しにくかったり、目につかずうっかり期限が過ぎていたということも
あったのですが、これにしてからなくなりました。


deni2.jpg

今日1月17日 午前5時46分 あの日から17年です。
私には決して忘れることができない日です。そして、
立ち止まり振り向きながらも、止まることなく前を向いて・・。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
01.16
Mon
以前、モノへの執着心は親譲りで、そこから脱却するのに時間がかかった事を
書いた時、どのようにシフトしていったか?モノとの向き合い方について、
ご質問をいただきました。
そんなことを考えてみたことがなかったので、すぐにお返事ができなかった
のですが、どうだったのか?を考えてみました。でも本当のところ、
こうだったと言い切れる確かなことはないんです・・・m(_ _)mゴメンナサイ

親の影響というのはものすごく大きく、モノがあることで安心感、満足感が
かなりありました。ただ、モノが多いから部屋が片付かない、だから
モノを捨てて(くどいようですが、ゴミとして捨てるということではなく、
リサイクルも含めてモノを処分、手放すという意味です)ということだけで、
モノを減らしたいと思ったわけでなく、正直なところ、
「これだけモノを持ってどーするの?」
って思ったんです。使わないモノを持ち続けてもデメリットの方が大きく、
見ていると虚しい気持ちさえでてきました。
モノに左右されてころころ好みがかわったりして、自分がブレブレでした。

結果的にモノが少ない方が掃除もラク、片付けもラクとは思います。
でもモノが多くてもきちんと片付けができて、お部屋がきれいな人も
いるので、モノがあることだけが片付かない原因だとは言い切れない。
他人から見れば不要なモノでも、その人にとっては必要なモノだったり。
でもあきらかにモノの持ちすぎでキャパオーバーだよ・・・という場合も。
この話しは横にそれてしまうので、本題にもどります。


一度に全て手放せたというわけではありませんが、
憑き物がとれたという感じなのです。

好きで買ったハズの洋服でも、着倒すことなくくたびれ感のない洋服を
見ていると、いかに愛着がなかったんだなーと感じました。
毎日出勤していた時でも、やっぱりよく着る服とそうでない服があり、
さらに着にくかったり、パッと見で買ったはよいけど着心地が悪く、
出番がなくなった服。サイズが変わった洋服なのに、「そのうち痩せたら」
ってそんな淡い期待を抱きながら持ちづづけていました。
でも、そんな服を見た時に「これからも着るのか?」って思ったら、
「絶対に着ないよね」。
でもそんな洋服でも、値段が高いと余計着なくても手放せなかった。
洋服に支払った代金を考えると、「あぁ、もったいない」でした。
もちろん自分でお直しとかできれば、着たものもあったかもしれません。
でも、本当にそうしてまで着たい服なら、代金を支払ってでも
お直しをしただろうと思いました。
以前の記事にも洋服について書いたことがありますが、
繕ってでも着たい服は着るんです。

そう思うと、自分が着たい、本当に愛着がもてるモノだけを持とう。
そう思いました。それと、「もったいないから今は使わない」ということも
なんて馬鹿げたことだとも思えるようになりました。
「今使わないでいつ使うの?」
母が祖母の遺品を整理した時に、母が祖母に贈ったモノが大切に
仕舞われたいたのを見て「使わないで新品のまま置いて置くなんて・・」
なんてぽつりと言ったことがあったんです。でもその母でさえ、
私が贈ったモノを「なんか使うのがもったいないから」と言って
使っていなかったことがあり、同じ事を繰り返しているじゃないのって
思ったことがありました。
たとえ新品でも年数が経つと、どこか古ぼけて見えます。
せっかくその時代のモノ、旬のモノを使わないでどうするの?
そういう思いがどんどん強くなってきました。

それと、数が多すぎて使い切れなかったということがあります。
かつては、数がたくさんあることが幸せだと感じていたところが
ナキニシモアラズでしたが、モノの数で思ふものでもないことに気づきました。

モノは使ってこそ。もちろん見て楽しむコレクションもありますが、
私は使う、着る、履くためのモノは、最後まできちんと使いたい。
とことん使いたい、着たいと思うようになりました。

モノが多すぎて見えていないことがありました。
モノへの依存が強かったこともあります。
これは手放したいと思いつつなかなかふんぎりがつかないモノは
生活しているとでてきます。右から左へと流れ作業のようにはいきません。
ふんぎりつかないモノがでてきたら、とりあえず別なところににどけて、
時間が少し経ってから見直すと、グジグジしていた自分が
あっさりと手放せる時もきました。

手放せないのはまだその時期じゃないかもって思うのもひとつ。
手放した後のすっきり感を思い巡らせて、バッサリするのもひとつ。
だと思います。でもモノを捨てて後悔したモノは少なからずあっても、
それを引きずることもない。人間って便利にできているなあって
思いました。その時は酷く悔やんでも忘れるようにできている。
目を奪われるモノは次々でてくるのですから(笑)


044.gif

ご質問のお答えになっていないかと思います。
上手く言葉にできず歯がゆい思いもします。
おそらく私の中でモノへの執着が薄れたのかもしれません。
なんとなくそういう時期がきた・・という感じなのです。
本当に的を得たお答えができずごめんなさい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
01.14
Sat
結婚式のスピーチでよく言われる、
「結婚前には両目をあけてしっかり相手を見る、結婚してからは片目を閉じる」

結婚する前は相手の事をしっかり見て、生涯通じてその人と生活できるか
どうかよく見る。でも結婚してからは、相手の多少の欠点には片目をつぶって
みるようにすれば、大方のことは許せて円満に過ごせる。

結婚前には気づかなかった相手の欠点が、時が経つにつれて徐々に目に
ついてくるということが出てきますが、まあお互い様。
だからこそ、昔から人生の先輩方からこういう言葉が贈られるのでしょうね。

いやこれはなるほど、ナルホドと思います。

他人同士が生活をしていくと、何かしら今まで育った習慣の違いや、
自分のクセ、やり方などが染み付いていると時には「えっ?」って
思うこともありますね。最初は気にすることもなかったことさえ、
「えっ?」が、「え~?」になり、「えぇー!?」から「うっそぉ~!」
「ありえへん」って変わったり(笑)
性格ということでなく、好みであったり、片付けの仕方であったり(笑)
いえ、ずっと相手に対しての思いがほぼ変わることもない方も
いらっしゃるかもしれませんが、多かれ少なかれ夫婦といえども他人。
全く同じ考えで全く同じってことはないと思います。
だから、少々のことは見てみぬふりをする、といったところでしょうか。

で、その結婚のスピーチと年末の大掃除が、なんとなく似ている気がします。

昨年我が家は、結果的に今までにないほどの大掃除をしました。
これらは過去記事にも書いていますが、
トイレの換気扇(途中断念しつつもその後、取り外せるところまで外した)、
浴室の換気扇も一歩踏み越えた掃除。キッチンの換気扇に至っては、
外から見てもパタパタ部分もきれくなりました。
お陰様でお家の風通しが良くなりました。

以前窓のレールの汚れをためて掃除の時に、ものすごく大変だったので、
窓や網戸同様、日々のお洗濯後に軽く拭く(あくまでもササっと)事で、
冬の寒い中の掃除がラクだったこと。これは続けて良かったなと思いました。

ものすごく掃除をした後って、汚れに対して敏感になる気もします。
例えば窓。窓ガラスが一点の曇りもなくなった窓ガラスはとても
気持ちが良いですよね。掃除をしたばかりは手の跡も埃もついておらず、
指紋がつくのもはばかられそうだったり(笑)

掃除をした後がきれいになっていればなっているほど、
できればそのままきれいな状態であってほしいと思う。でも現実それは無理。
汚れているところでは気にならなかったことも、きれいになったところでは、
少なからず気がついたり(苦笑)

ひとところの「きれいになった」安心感でホッとするのも束の間です。

でも大掃除をするまでしていくうちに、ここもあそこもって汚れが
目につき掃除をします。でも大掃除の後しばらくは、
「年末大掃除したしね」って気持ちも緩み、まあ実際そんなに汚れるわけでも
なく、なので汚れに対しても甘めな判断基準になる感じがします。
「ここだけは毎日欠かさず掃除」というところはあっても、
大掃除のような掃除の仕方は毎日できません。
時間的に余裕がなかったりして、見てみぬふりをするという状況が
起きると思うのです。それが日々の暮らしだと思います。

毎日ギチギチに掃除すると疲れて嫌気もさします。
ほどほどに手抜きできるところは手抜きして、見てみぬふりしつつ、
掃除が嫌いにならないようにすることが、長続きの秘訣かもしれません。
私の汚部屋脱出のカギだったかも(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
01.13
Fri
小学校に上がる前まで、私は非常にごはんを食べるのが遅かったと
記憶しています。おまけにそこに嫌いなものであったら尚更。
今でもすごく鮮明に覚えているのが、朝のお味噌汁に人参が入っていて、
グズグズしながら食べていました。家族は皆食べ終わって、
私1人だけ取り残されて食卓、私のご飯が残っています。
お味噌汁もご飯も冷たくなっています。
母から「早く食べてしまいなさい」と言われていました。
食べ終わるまで決して食卓から離れることは許されなかったと思います。
もちろん、体調が悪ければ別ですが、娘がただ好き嫌いで食べられない事は
お見通しだったのでしょう。
おまけにご飯粒1粒でもお茶碗に残していようものなら、
「お米を粗末にしてはいけない」と言われていました。
母も祖母の影響が強かったと思います。同じように言われていたようです。
そのせいか、好き嫌いも微妙になくなり、とはいってもここがミソで、
食べず嫌いがなくなっただけで、オトナになった今でも、
嫌いなモノがありますが。(笑)
なので、小学校に上がってから、給食のメニューで困るといったことや、
給食が食べられず1人残されるということがなかったのは、
母のお陰かもしれません。感謝しなければならなかったかも^^

「食べ物を粗末にしない」が我が家の不文律でした。

そう考えると食べる人数分だけ作れば良いのですが、
兄が連絡もせず家で食べなかったりすることが重なっても、
私が、「お兄ちゃんの分は作らなくても良いやん」と言うと、
母は「家に帰ってきた時にご飯がないということはしたくない」と。
なので、翌日母は、兄が食べるはずだったごはんを食べていました。
親の心子知らずで、兄は好き勝手なことをしていましたが(笑

母にとって、食べ物を粗末にしないこととモノを粗末にしないことが
ワンセットだった気がします。
まだ使えるものは使うという考えがありました。
洋服を捨てる時にファスナーがまだきれくて痛んでいなかったら、
それを取って別なモノに使ったり。セーターの毛糸をほどいて
また編み直すといった事も珍しくなかったのかもしれません。
そういったことを否定するつもりはありません。
そんなところは、モノを大事にするということで見習いたい部分^^;
作りなおすことができるということは、ある意味羨ましいところもあります。

ただ、オークションやフリマが一般的でなかった頃、
お家にある不要なモノは廃品回収に出すので、まだまだ使えるもの
(使えそうなもの)は捨てられない意識が強かったのでしょう。
自分が使う使わないでなく、そのモノが使えるか使えないかを
判断基準にしていたのかもしれません。

そして「捨てる」ということに後ろめたさがあるから、
まだまだ使える、捨てない、それが高じて捨てられなくなり、
モノがたまる一方。捨てないことは「モノを粗末にしてない、大事にしてる」
と思っていた部分があったりして?
捨てられないなら、せっせせっせと消費しちゃえば良いんですが、
モノにもよりますしね(笑)

食べ物を粗末にせず頂く・・・なら、モノも粗末にしない・・・は、
モノを仕舞いこむことでなく使うことだと思って、使えるだけのモノ選び。
それが私にとっては「粗末にしないこと」だと思っています。

でもそれに気づくまで遠回りしました・・ずいぶんモノを粗末にしたかも・・。

rough_sewing04.gif  rough_sewing01.gif  rough_sewing03.gif  rough_sewing05.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
01.12
Thu
以前、紙袋について書いたことがありました。(その時の記事はコチラ

現在もこうした紙袋は油断すると増えるので、数枚を残して資源ゴミに
出しています。お買い物をした時全てエコバックで・・というほど完璧では
ないので、とあるお買い物で「紙袋とビニール袋とどちらにされますか?」と
聞かれたら、つい「紙袋」と答えてしまう私がいます^^;
結局捨てることになるのなら、もらわない!に限るのですけどね。

手提げ袋以外でよく小さなモノをいれてくれるこのような袋・・・。
ちょっとおすそ分けに丁度良くて、数枚持つには便利な時もあります。
でもそれも限度があります。

DSCF2122.jpg

昔、誰かから頂いたお菓子や贈り物の包装紙をバリバリっと破くと、
「きれいにあけなさい」と実家の母からいつも言われていました。
母は気に入った包装紙は、丁寧にテープを剥がし折り目を伸ばし、
仕舞っておくのです。包装紙のみならずリボンや紐などもきれいに
ほどいて、リボンなどは棒に巻きつけ、紐は軽く結んで仕舞っていました。
包装紙の柄だけでなく、インクの匂いが好きだと言っていましたねー。
わからなくないんですけどね・・。可愛い包み紙ってそのまま捨てるには
忍びないものってありますもの!
でも母は、そう思う気持ちプラス、
いつか何かに使えるかも
という気持ちがモノスゴク大きく、置いていたと思います。

子供が小さい時は幼稚園や学校の行事や図工で必要な時もあるかもしれない。
実際、子供の時は母に言えばなんでもでてくる・・みたいなところが
ありました。それは紙や紐だけでなく、例えばミシン糸の使い終わった
糸巻(?)だって工作で役だったりしました。
でもそういった時期を過ぎれば、そう使うこともなくなってきます。
趣味で何かに使う目的があれば、置く必要もわかります。
けれど目的なくそんなに置き続けたモノが、再び使うことより多かったことは
ないんじゃないのかなぁ・・・と思うことしばし。

そんな親を見てきて育つと影響は少なからず受けるものです。
元来大雑把なので、流石に包装紙をバリバリっと破ることはなくても、
丁寧に剥がすことがないので、保管するという気持ちは持ちませんでした。
けれど実家に居る頃は本当に、メーカーのロゴ入りの紙袋は捨てられず・・。
でも私の場合、気に入った紙袋を置いていたにもかかわらず、
再び使う時も心の中にはどこか、もったいなくって使えない(> <)って
ウジウジした気持ちがあったと思います(笑)
いやもう今思えば、ほんと馬鹿みたいって思えるくらい笑い話になりました。
手放すきっかけになったのは、ひとつには結婚する時。
いくぶんか褪せた紙袋を持って行く必要があるか?と問えばNO!でした。
そりゃそうですね。そんなものを持っていく人はいないでしょう。
きっと私は、手元に置く、所有していることだけが満足だった気がします。

「いつか使う・・から」でなく、「今使いたいモノを手元に置きたい」と
思うようになったのはそれからです(^^)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
01.11
Wed
我が家はキッチンで使う保存容器について、ほとんどプラスティック製品を
やめましたが、以前の記事にも書いているとおり、
ごはんの冷凍保存についてはプラスティック容器です。
(その時の記事はコチラ1 コチラ2

保存容器をガラス製品や琺瑯に変えても、琺瑯やガラス製品では不向きな事。
そして1人前ずつラップに包んで冷凍保存することも考えましたが、
ラップの消費量をできるだけ少なくしたかったこと。そして冷凍ご飯を
おいしく食べるか?で、炊きたてをすぐに容器やラップに包んで冷凍しても
解凍の時に、ラップだとごはんの水分量によってべちゃついたりする時も
あるので、ラップを外したりして加減しなければいけません。

なので面倒くさがりな私はやはり↓コレに落ち着いています。

gohanyouki.jpg

空気弁のない容器も使ってみましたが、やはりこの空気弁がある方が
おいしい感じがします。

ただなぜこういう容器はブルーの蓋ばかりなんでしょう。とても不思議です。

蓋が白いモノを見つけたのですが、残念なことに蓋が白いのは
このタイプだけでした。


小さいサイズだけです。メーカーさんもごはんの冷凍保存用には、
全てブルーの蓋ばかりなんですよね・・。(クレハさんの製品情報)

プラスティック製品などでピンクや青や色ものが多いのは、
「白」はコストがかかるのかな・・・。なんて思ってみたりしますが、
いつも不思議に思います^^;
色について書いたことがあります。もしよろしければコチラをどうぞ
お読みくだされば幸いです。
たまたまこの色についての記事を書いたのは、昨年の3月11日13時でした。
その後、あの大きな地震が起こりました。
そしてまた色についての記事・・・巡り合わせでしょうか・・。

あの震災から今日で10ヶ月。被災した友から「頑張っている」と
メールが届きました。
色々な思いがありますが、言葉にするととても陳腐になってしまいます。
早く暖かい日がくれば良いな・・・と思ひます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
01.10
Tue
年末年始、実家に帰ってのんびりできたか?と思えば、
案外そうでもなく^^; 自宅に居る方がなにかとラクかも・・という
おかしな現象があります。
夫ちゃんは私の実家に居るとのんびりできるようでくつろいでいました。
いかに自宅でこきつかわれているか!?なんてね(笑)

母の腰の具合がまた芳しくなかったことや、実家が遠いのでせめて帰省中は、
母にはのんびりしてもらおうと思うので、家事は私が・・と思っていました。
ところがまた兄が料理を作って振舞ってくれたのです・・・が・・・・。

一部ご紹介ですが、兄が作って色々とこーしたあーしたと言い、
ポテトサラダは、じゃがいもを裏ごしして牛乳をいれて
なめらかにして・・と云々説明し、だし巻きも巻き簾で巻いた後
立てておけば形がきれいになるだとか・・。蒸し鶏のソースあえも
余分な脂がどうのこうの・・エビとブロッコリーの和え物はこうした・・。
と言いながらも、ソースの材料は?と聞いたら「オリジナルやからそれは
言われへんな」と言い放つし。ヽ(`Д´)ノプンプン

DSCF2068.jpg

野沢菜を使った菜飯はこのようにした・・だとか。

DSCF2069.jpg

とにかく昨年以上に凝りだしたのは言うまでもなく・・。
下ごしらえなど聞いていると、腕も上達したなあと思いました。
おいしゅういただきましたよ・・それは感謝^^

料理のリの字も知らなかった兄が、あーでもない、こーでもないと
作ってくれるのは非常に嬉しいしありがたい!

ですが、片付けが・・・ね(;´д`)トホホ…なんですw

シンクいっぱいに使った鍋やざるやボウルが置かれているので、
私が洗おうとしたらば(実家には食洗機はなく、乾燥機のみある)
兄が「俺が後からまとめて洗うから、置いとけー」と言います。

ここだけ聞いたら、どれだけ優しい兄かと思われた方もいらっしゃいましょう。

いいえ、絶対に兄は洗わないと確信を持っていたので、
本当は遮ってでも洗いたかった!
再度「洗うよ~」と言うと、「いいから、いいから」と言い、
けれどお正月早々、気分良く作ってくれているし機嫌を損ねるのも
なんだかな・・と思って、キッチンから退散。

いつもと違ってお正月なんて、テレビを見ながらのんびり食事をします。
お正月番組なんて特番やドラマも時間が長いし、
ダラダラと食べ続けるのは目にみえています。

私的には、さっさと片付けてゆっくりテレビを見たかったのもあるけど、
ただでさえ食べた食器の種類も数も多いのに、調理中に使ったものは
先に洗っておくほうがどれだけラクか。

まとめて洗うのが苦にならない人にとってはなんてことがないと思います。

でも私はダメなんです。我が家は夫ちゃんもダメな人で、
調理中に使った鍋やボウル類は(完全に使い終わっているもの)
料理の合間をみながら、手が空いたときに洗うタイプです。

案の定ひとしきり食べ終わった後も、
私も兄が「俺が洗うから」の言葉をすこ~し待ってはみたものの、
兄が動く気配は全くありません。( ̄Д ̄;)  やっぱり思ったとおり。
さっさと食器を洗わないと落ちにくくなるし・・と気がアセアセ。

結局、しびれをきらした私が洗うはめに!

いえ洗うのは別に構わないの。なのですが兄が料理をした後は、
洗い桶(実家では使っています)に油もののボウルもそうでないものも
鍋も包丁料理に使った器も包丁もみんなみんな、

一緒にいれている!

とにかく調理に使うボウルやザルやお皿が半端無く多い!

これは母も、時々兄が母に料理を作ってくれ嬉しいけれど、
洗いものは同じ状況でそれがやっかいなんだと言ってますw


それが嫌だから、先に洗っておきたかったのです。

実家では洗剤にスポンジのスタイルだとはいえ、油汚れじゃないものまで
油まみれになり洗うことになります。
油もののと分けるだけで、全然ラクさが違うのにな~と思いつつも、
よくよく考えてみたら、兄の家はお義姉さんもそうだったw

兄宅は「後でまとめて洗うから」と言い、シンクにお鍋やらザルやら
置かれているのに更に食器も一緒にいれるので、
シンクが山盛りてんこ盛り状態。

洗う時に嫌気がささないのかな?と思うけれどいたって本人たちは気にせず。

私も夫ちゃんもそうなると洗う気がそがれてしまうので、
洗えるものは洗って、後は食べ終わった食器と最低の鍋(お味噌汁とか)
だけにしておけば、気分的にものすごくラクだと思うので、
そうしているのですが・・。

とくに魚焼きグリルなんぞあろうものなら・・・食べ終わって時間が
たってからより、調理した後すぐ洗う方がまだ億劫にならない(笑)

家事のやり方は人それぞれですが、
「おにーちゃん、絶対に洗わないんだからさ~途中で洗わせておくれよ~」
と今年初詣に行ったお願いごとだったりして^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 0
01.09
Mon
また実家ネタになるのですが、実家は少しずつ(ホントすこ~しずつ)
改善方向に向かっているものの、
モノが多すぎです。 余分なモノが多すぎです。

以前に実家の食器の多さでもふれましたが、
自分が欲しくて買い求めたモノだけでなく、景品モノも多かった。
とてもうちの実家の様子ととそっくりなご実家のcocue-cocueさんも
書かれているのですが、ビール会社の社名がかかれたコップもこれでもかーと
いうぐらいにあったりしました。銀行やお店のオープン記念のカップとか、
時々そういうものの中に、老舗メーカーのお茶碗があって、
好み、好みじゃないにかかわらずしっかり食器棚に鎮座したり・・・。
家族分以上の数になったとしても、絶対に割れない限り捨てない親。
食器棚に置けないものは、箱入りのまま吊り戸棚の奥に仕舞われて、
そういった食器以外に買った食器もあるのですから、増え続けて当然。
持っているモノ全てに愛着を持っているか?といえば否・・だと思います。

そういう家に育った私もそんな親の影響を受けたのは言うまでもなく、
過去記事でもふれていますが、以前は食器にこだわりもなく、
使えるものならなんでも良い・・そんな感じでした。
数が多いことで安心感を持っていた(私の場合は洋服や靴がそうでした)親と
少し違いますが、自分の手元にはいってきたものを処分することに非常に
ためらいがありました。今から思えばそれは、ただの執着心ですね。

後に、無理のない範囲で、数は少なくても自分のお気に入りを選び、
モノの質を高めてそれを丁寧に持つことも、心のゆとりに繋がる気もします。

私は、景品のコップが全てダメとは思いませんが、
使っている(持っている)モノの理由が明確になく、
「とりあえず使えるのだから、これでいい」で使うのでなく、
これが使いたい」、「これは◯◯だから使いたい」で、
使うならそれはそれで良いと思います。
そこに使いこなせる数だけ・・とは思っていますが。
なので本当は夫ちゃんの景品のグラスも数を減らしたいところ。ですが、
夫ちゃんのモノなので勝手に処分はできません。夫ちゃんが
好んで使っているのでこれは片目 両目をつぶっていますが(笑)


人がどう言おうと自分が気に入ってコレを使いたい、愛着があるモノを
使うなら良いと思っています。でもずっと自分で選ぶことなく、
なんとなく・・あるから・・・まだ使えるから・・であったり、
人からお仕着せのモノを使うだけの人生、なんだか淋しい気がします。

時には、家事や仕事を一所懸命した自分にご褒美として
奮発するのも悪くない気がします。
そして、そういうものをもったいがらず普段に使うことを忘れず。

割れても惜しむ気持ちのないモノを持つより、
日々使って割れた時、心が痛むモノを持ちたいなぁと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
01.07
Sat
実家に帰った時に気になったのがタオル。
確か実家でもタオル工場ぷかぷかさんのタオルを使っていたはず。
なのに粗品らしき(名前こそはいっていませんが)うすっぺらいタオルが
増えたのか洗濯後畳まれていました。
キッチンやトイレは、厚手のしっかりしたタオルを使うとビショビショに
ならないので気に入って使っているのに、母が自分の顔を拭くのには、
うすっぺらいタオルを使っていたようです。

母は母なりに使い分けをしていたつもりでしょう。
そして母のなかには「顔を拭くくらいだから、使うのはもったいない」
っていう気持ちがあったのだと思います。
以前、母にはタオルは頂きものという固定観念がありました。
タオルを買うという発想はなかったと思います。
でも買ったタオルと粗品のタオルの使い心地の違いもわかったからこそ、
使い分けをしたのだと思います。
もちろんお祝いでいただいたりするしっかりしたタオルなら良いのですが、
薄っぺらいタオルはどうも貧相な感じがします。

これも人の価値観の違いにもよりますが、
タオルなんて拭ければなんでも良いと言う人もいるかもしれません。
かくいう私も実家に居た頃はなんでもよかった・・というか、
そういう家に育つとそれが当たり前になっていました。
でもたかがタオルでも、気に入ったモノを持つことの意味と、
心の充実感もでてきました。

母の「普段に使うからもったいない」も、わからなくはないけど、
じゃあいつ使うの?って話しなんですよね。
来客用? いつ誰が来るの? 旅行用? いつ行くの
  
次から次へと新品のタオルを使えとは言わないけれど、
毎日必ず使うタオルぐらい、ないならともかく、
あるのにペラペーラのタオルを使わなくっても良いんじゃないの?
なぜそれを使うかなぁ~?
もったいないは、別なとこにある気がするんです。
(;´Д`A ```


日々使うもの、なんでも良いじゃなく気に入ったモノを使うことで、
たかがタオルでも、扱い方がグッと変わってくると思います。
あくまでこれは私の場合ですけど。
どうでも良いタオルなら、煮洗いして使おうなんて思わないかも(笑)
できるだけきれいに長く持たせたいと思い大事にしますしね。

DSCF2094.jpg

それでもタオルは消耗品。なかなか手が届かなかった今治タオルも
使い慣れたホテルタイプのタオルもくたびれたら交換。
私にとってはふんわりしたタオルを使うことがささやかな贅沢です^^
タオルを変えるだけでも、心の満足感があります。

母にもふんわりしたタオル使ってもらいたいから・・今度贈ろう・・。
しっかり「顔を拭くのに使って」と言うのを忘れずに(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
01.06
Fri
実家に帰省するたびに、実家のモノの多さにうんざりすること度々。
でも今回あらためて見渡してみると、私が実家に残してきた本・・・。
お恥ずかしい話しですが、手つかずのままです。
もちろん私だけの本ばかりではありませんがその大半は私のものです。
昔から本が大好きだったのと、本=財産 みたいな考えが妙に根付いていて、
本を借りるというより本を買うことの方が断然多かったのです。
本に対しては所有欲があったと思います。

何度も読み返した本もあれば、買ったことさえ記憶にない本、
ダブって買ってしまった本・・・・タイトルで選んで買ったはいいけど、
読み進めていくと読んだことに気づき、本棚を探すと同じ本がでてきた・・
なんて具合です。これは流石にもったいないですよね。
同じモノを買ってしまうということは、本の管理がしっかりできていない
ってことです。

それらの本の数を数えて値段にしてみると、恐ろしくて数えられません(笑)
もちろんそれが全てムダだったとは思いません。
自分への投資であったり、仕事に役立つこともありました。
電車の中で読むには文庫本も欠かせず退屈しのぎにもなりました。

家を出るときに雑誌やカタログ、テキスト本などは処分したのですが、
それ以外の本を手放すことにすごく抵抗がありました。
その当時、母も「置いときよ(置いておきなさいよ)」と言ったので、
私も処分することなくそのまま残してきました。
たとえ持って来たとしても、今の我が家、これだけの本棚を置くスペース
すらない(笑)

本をこよなく愛していいらっしゃる方には怒られそうですが、
今回帰省して本棚から本を手にして読んでみましたが、
懐かしさは感じるものの、愛着はそれほど感じられない・・・。
そりゃそうですね、最初から愛着があったら残していなかったですね。
だって何冊か必要だと思ったものは、持ってきたのですから^^;
その時に手放すべきだったとちょっぴり後悔。

本だけではないですがモノに対しての執着心は、親譲りだと思います。
そこから脱却するには時間がかかりました。
たまたま今の住まいでは、本を手にしても全て置けないことが幸いで、
よほど手元に置きたいと思う本でない限り、借りるかすぐに手放すように
なりました。

けれど実家に残した本、親が居る間はそのまま置いてもらえていますが、
親がいなくなれば当然それらを処分しなければなりません。
実家のモノの多さを嘆く前に、ずっと気がかりだった残してきた本の処分を
きちんと考えなければいけないなぁ・・・と思いました。

今更ですが、モノを持つという事は責任も持たなきゃなりませんね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
01.05
Thu
今回の帰省は新幹線でもなく車でもなく夜行バスでもなく、
青春18きっぷで、在来線で全て普通列車での旅でした。

年末に青春18きっぷを使うならば、夜行列車のムーンライトながらを
利用すると、車中で寝て早朝に着くので時間も有効に使えるのですが・・。

ムーンライトながらについてはご存知の方も多いと思いますが、
東京~大垣(岐阜)間の臨時の夜行快速列車です。
18きっぷとセットで使うのがお得です。
18きっぷは1枚のきっぷで5回(人)利用でき、
JR普通列車が1日乗り放題で11500円。
1回分は乗車日当日限り有効で、その日限りで乗り降り自由。
ながらの指定席は510円。

ですが今回はうっかりしていて、ながらも新幹線も予約をとれず、
車にするだとか迷ったり、自由席で行くならば18きっぷで在来線で行くのも
良いんじゃないかー
 と安いから(笑)ということで長旅になりました。
だって片道1人2300円ですから。

そのかわり時間はかかります・・・・座れない時もある・・・・・。
乗り換えが多い・・・・。在来線で横一列の席の電車に乗る時もあり、
駅弁を食べる雰囲気でもない・・・。
あと、乗り換え時に壮絶な乗り換えバトルがある(笑)いえいえ、これは、
例えば10両編成くらいの電車から、3両編成の電車の乗り換えだと
みんな走って乗り込みます。
ムーンライトながらも、大垣駅に着いたら米原行きの電車に
みんな一目散で階段を駆け登って、席の確保につとめますから、
似たようなものですけど。

大雑把に書くと、
東海道本線は、東京駅から神戸駅まで589.5キロ。
JR東日本(黄緑)~JR東海(橙)~JR西日本(青)を
乗り継いでいくわけです。
東京~横浜~熱海~静岡~浜松~豊橋~大垣~米原~神戸。
そして最寄りの駅をプラスマイナス。
乗り換えも含めてざっと10時間くらいでしょうか。

今回は行く途中、人身事故があって列車の遅延もあったようですが、
自宅をでるのが遅くなって、幸いにもそんなに待つこともなかったので、
気をもまずにすみました。

我が家から神戸まで、丁度まんなかあたりが浜松、豊橋くらいかな?
なので行きは、豊橋で下車して遅昼。

kisei1.jpg

三河開化亭のラーメンとしそぎょうざ、とても美味しかった~^^


乗り降り自由といっても途中本数が少ない駅があったりするので、
やはり乗り換えをスムーズにするには、降りる駅も考えたりしつつ。


帰り、夕方浜松で降りたのですが、いつも新幹線では通り過ぎる駅なので
一度は降りてみたかった駅です。少しゆっくりと滞在。

kisei2.jpg

やっぱりここ浜松と言えば浜名湖、浜名湖と言えばうなぎ!
なのでうな重を頂きました。夫ちゃんといえば、ここぞとばかりに
2段重ねでメロン付きまで食べちゃって^^;
浜名湖養魚漁業協同組合の直営店、うなぎは美味しかったです!
脂がのっていて本当に食べて良かった!


今回時間をかけての旅でした。帰宅後ニュースで知ったのですが、
ムーンライトながらの列車事故があったようなのです。
予約がとれていたらその列車に乗っていた・・と思うのですが、
行きの事故といい、免れたのも幸いです。

そうそう、浜名湖名産 夜のお菓子 なうなぎパイの春華堂さんから

昼のお菓子 「しらすパイ」というものが発売されていて驚きました。

kisei3.jpg

これは辛口ですが、甘口もあります。
甘口の方はうなぎパイに近いものがありますが、この辛口はわさびいりで
全く別のお菓子っていった感じです^^
しっかり自宅用にも購入した我が家^^;
うなぎパイと違ったお土産にオススメします(^^)


正直言って、風景を見ながらお昼に電車に乗るのはまだ良いのですが、
日が暮れてからの長時間、在来線ではいつになく疲れました。
それでも実質2人で9200円の運賃ですから安いです!
18きっぷで最大で西は、東京から小倉(福岡)まで行けるそうです。
のんびり旅をされるなら、これを利用するのも良いかもしれませんね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
01.04
Wed
お正月三が日が過ぎましたが、昨夜遅く自宅に戻りました。
ブログを更新していない日にも、お立ち寄り頂き本当にありがとうございます。
昨年もブログを通じて本当に楽しい時間を過ごすことができました。
拙いブログですが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。<(_ _)>

018l.gif


2012年を迎え「おめでとうございます」を言うには、
昨年は大震災が起きて原発事故の不安が残るなか、「おめでとう」を
これまでと違って、とまどいがあった方もいらしたかもしれません。
私もなにげに使っていた言葉でしたが、

この「めでたい」(めでたし)の語源は、
『愛ず(めず)』の連用形「愛で」に「甚し(いたし)」がついた
「愛で甚し(めでいたし)」なんだそうですね。

「愛づ」とは、心が惹きつけられているという意味の言葉で、
美しいもの、素晴らしいもの、可愛いものに深い愛情を寄せる気持ちを表し、
「甚し(いたし)」は、その状況が、はなはだしいコトを意味するそうです。

DSCF2036.jpg

日本語ってとても美しいと思いました。
響きだけでなく、文字に意味がある。

深い愛情を言い表す言葉。
色々な思いを込めて・・・やはり「おめでとうございます」。
今年は幸多い年になりますように・・・・。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
back-to-top