03.31
Sat
先日の帰省の時、どうしても立ち寄りたい場所がありました。
滋賀県近江八幡日牟禮八幡宮の杜近くにある、
日牟禮(ひむれ)ヴィレッジ です。(HPはコチラ

向こうに見える鳥居からぬけて手前に歩いてくると、

himure village1

写真右側の川の風景は、こんな感じです。朝早くて肌寒かったのですが、
空気がとっても澄んでいて、清々しい気持ちになりました。

himure village2

左側の風景はこんなに情緒ある家並みが広がっています。

himure village3

この川沿いには、タイムスリップしたような風景が広がる感じなのですが、
これはまた後日ご紹介したいと思います。

橋を渡って歩いて行くと、『クラブハリエ』の看板が見えてきます。

himure village4

赤煉瓦のクラブハリエ日牟禮館。
こちらでは、焼きたてのバームクーヘンや色々な種類のお菓子が並び、
カフェやお菓子教室も開かれています。

himure village5

日牟禮ヴィレッジに行くと決めた後で、横浜店でも焼きたてをいただくことが
できることを知り、行くのをやめようか・・と少しためらったのですが、
夫ちゃんがどうしてもこの日牟禮ヴィレッジで焼かれたものを食べたいと。
朝から行列するということを聞いていたので、早めに到着して大正解でした。
案の定、みるみるうちに行列でした。
目の前で焼かれたバームクーヘンを切り分けられたものは、

himure village6

写真ではお伝えしきれませんが、湯気がたってふかふかでした。
2つ買ったのですが持って帰ってからだと冷めてしまうので、
車の中で熱々のバームクーヘンをいただいちゃいました^^;
こんなことなら、カフェに入れば良かったのですが、
他にも行きたい場所があって、今回は車で思わずパクっでした(笑)

バームクーヘンといえば、しっかりした生地のイメージがあったのですが、
ふんわりとした口当たりと手に持つと崩れそうなで、食感が全然違います。
焼きたてというのは、こんなにもおいしいものかと感激しました。
ただ、バームクーヘンではない、全く別なお菓子のようでした。

himure village7


残りの1つは冷めてからの味の違いと、普通に販売されているバームクーヘンも
購入して、味くらべをするべく実家で食べることにしました。

himure village8

こちらは日牟禮ヴィレッジオリジナルの箱に入ったバームクーヘンです。
実はこの箱、包装紙をはがしても箱の図柄がこの絵なのとあまりにも
しっかりした造りでしたので、自宅に持ち帰って毛糸いれに使っています^^;


8センチほどの厚さがあったでしょうか。
焼きたてのものと若干見た目の生地が違います。
でも食べごたえのあるしっかりしたお味で、こちらも美味しかったのは
いうまでもありません。

himure village9

本当に甲乙付けがたいものですが、我が家は、
焼きたてバームクーヘン箱入りバームクーヘン冷めたバームクーヘン

ダントツ、 焼きたてバームクーヘンは絶品でした。
やっぱり違うお菓子のような感じがしてなりません(*^^*)

焼きたてのバームクーヘンを(購入の際、数に制限があります)
お土産用として買い求める方もいらっしゃいましたが、
冷めてしまうので・・それならば個人的には箱入りの方がオススメかな。


でも機会があれば一度はぜひ、焼きたてバームクーヘンを
食べる価値はアリだと思います(*^^*)

そして近江八幡のこのあたりの街並みが、とても雰囲気があって素敵です。
長くなりましたのでまた後日にでもご紹介したいと思います。
帰省時にはほとんど滋賀を素通りして、京都に立ち寄る我が家ですが、
滋賀の新たな魅力を発見しました。

長々と書いてきましたが、ここまでお付き合いいただき
ありがとうございました<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
03.30
Fri
昨日は、お見せするような出来栄えでないアクリルたわしの記事に、
温かいコメントをいただいたり、思いもよらぬ応援☆ポチをいただいて、
本当にありがとうございました。これまで拒否反応をしていた編み物。
私にとっては新分野ですが、もう少し踏み入れてみたい!という
少し前向きな自分を発見することができました^^;

今日は少し昨日の話と逆行するようなことも含むのですが、
興味ごとと収納の話に、お付き合いいただければ嬉しゅうございます。

ずっと私のブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、
常々私は、「使わないことがもたいない、使ってこそナンボ」
「不要なモノは捨てる」という考えのもと、モノの処分をして、
モノとの付き合い方を変えてきました。
そして「いつか使えるから、使うかもしれない」でモノを置いたままにせず、
「使いたいモノを残す」ようにすることと自分の軸がブレないように
してきました。処分で迷った時は一時箱に期間を設けて保管して、
処分するようにもしました。

なのに使わないのに、ずるずるときたものがひとつあります。

このイケアのKASSETTボックスは書類用ボックス同様、我が家では至る所で
活躍しております。紙製のボックスは賛否両論ありましょうが、
定住ではない住まいだと家具購入も踏み出せないところがあります。
そして安価なのと中身が見えないのを良いことに隠せるというのも利点です。
ですが、この見えないというのが時にはアダになることもあるので、
仕舞いっぱなしにならないようにしなければと思っています。

box8.jpg

前置きが長くなりましたが、このボックスのひとつだけは、
処分保留中の一時箱となっています。

実は、このボックスの中に、しばらく定期購読していた
ハンドメイドの雑誌とキッドが入っております。
この不器用な私が・・・・こっそりとハンドメイドしようと手を出しておりました(笑)

box9.jpg

以前、ハンドメイドの初心者向け雑誌でキットもセットだったのと
作りたかった作れそうなモノに惹かれて、
夫ちゃんからも「やってみれば~」って勧められてその気になって
定期購読しました。その時は見ようみながら作れて勢いついたこともあり、
更に布地を買って、アレンジという芸がないですが、同じものを作ったり
しました。簡単なものだったので、私にもできたというわけです。^^;

雑誌は、本当に私のようにハンドメイド苦手でもわかりやすい説明でしたし、
ちょっとしたお菓子やお料理のレシピがあったりして良かったと思います。

ただ、毎月の内容が様々でして、最初にイメージしていたモノが
だんだん少なくなってきた感じがして、ほとんど作ることがなくなりました。
夫ちゃんから「作らないの?」って聞かれると返事に困り、
それでも毎月雑誌が届けられます。やがて「やめないの?」って
言われるようになって、さて解約しようかと思えばネットで解約できず、
必ず電話で解約。それでも、電話1本で解約なのだから早い話なのですが、
次の号は私の好きなものがあるから・・などとへんな理屈をつけて、
購読ストップせずにいたわけです。

洋服ですら着ないものがバッサリと処分できるようになったのに、
なんだかね・・(;´д`)トホホ・・・

でもほとんど作らず雑誌を見るだけで終わるのは、全くもって

もったいない!

そう思って解約して、残った雑誌の処分をすべく整理をして、
このボックスに入るだけ、見なおして自分がやれそうなモノだけを、
残すことにしていました。ただし一定期間決めてそれでも作らないなら、
処分しようと決めて・・・。

その期間中、いくつか作りかかったものもありますが、
中途半端に終わってしまったり(-_-;)

そんなことがあったので、昨日のアクリルたわしも、
本当に最後まで作りあげることができるかどうか不安でした。


そろそろ保管時期も終わりになったので処分となるのですが、
モノを完成させた時の感激した気持ちを思うと・・・。
もう一度整理して、再度猶予期間を設けてみようかな・・と
思ってしまった私です。
なんかグラついた一瞬でしたが、最初に雑誌を手にした時より、
作ることの楽しさを覚えたからか、少し違う気がします。
もう数ヶ月様子を見たいと思います(*^^*)

自分の言っていたこととしていることに、
ものすごく矛盾が生じているのですが、バッサリできないという気持ちって
こういうことなのかな・・とあらためて感じました。

次回は断捨離できるのかどうか・・・・^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
03.29
Thu
編み物や縫い物などハンドメイドされているブロガーさんの作品を
憧れの眼差しで見ておりました。

特に編み物に関しては、頭から「私にはムリ(> <)」だと思っているので、
その分野には手をだそうとさえ思ってもみませんでした。

なので過去記事にも登場した、埃とりで愛用中のアクリルたわしも、
母からもらったものを使っていました。

acryl tawashi1

以前にネットでもアクリルたわしの編み方を見たことがありますが、
チンプンカンプンでさっぱりさっぱり(´・ω・`)

ええ、編み図アレルギーです!
なのに先日帰省した時に、何を血迷ったか「編んでみよう」って
思ったのはよいけれど、基本の編み方さえ、見ただけで理解不能(-_-;)

acryl tawashi2

なので母に「簡単で私にも編める方法で教えて」と言い、
実践あるのみで、やりながら・・という方法で編み始めることにしました。
ただ、母も洋裁はできても、編み物は本を見て編む程度の素人なので、
これを見て変な編み方と思われるかもしれませんが、ご了承のほどを・・。

人生初のかぎ針です!
エエ加減歳とってるのに、編み物なんてしたことありません。
実際は、教えてもらっている最中は、「わからへん」
「もうできひん(できない)」と挫折しかかりました(笑)


本来は1本の毛糸から編み始めるのでしょうが、お恥ずかしいのですが、
最初の段階からつまづき四苦八苦し、編みづらかったので、
中心の部分を別糸で輪っかを作って、そこから編み始めました。
(わかりやすいように別糸で違う色にしています)

使用したのは、ダイソーで購入した毛糸と針です(^^)

そしてここからの画像は、実際初の1個でなく2個目です。
帰ってきてから1人で編んだので、間違っているかもしれません^^;

1.中心の輪っかに毛糸を通し、くさり編みを3目編み、
 長編みを16目編んでいきます。
2.編み終わったら、裏で中心の別糸をギュっと絞って留めます。
3.表にしたところです。

acryl tawashi3

4.引きぬいて、くさり編みを3目編みます。
5.2段目は、1目に2つ長編みをします。


6.編み終わったら、
私は2段しか編んでいませんが、大きいサイズにするなら、
更にまたくさり編みを3目編んでから長編みをしても良いです。


同様にもう一つ編みます。

acryl tawashi4

7.2個めの時は編み終わっても毛糸を切らないで、先に出来上がったものと
 あわせて細編みをしていきます。
8.これで出来上がりです(*^^*)

毛糸の色変えもせず、あっさりしたものですがアクリルたわしができました。

正直言って、帰る最終日に教えてもらったので色々と中途半端で
うろ覚えでしたので、留め方も超いい加減です^^;
中心の毛糸を別糸にしましたが、どうせ裏側同士を中にするので、
表にしても見えることもありませんでした。

どうも毛糸の引っ張り具合がきつかったせいか、出来上がりは
ふんわりできませんでした。

でも編み終わった感想は、複雑な編み方ではないので、
これなら短時間で編めちゃいます(*^^*)

acryl tawashi5

こんな風に毛糸を箱に仕舞ってまたそれを出して編み物をする・・。
自分でも思いもよらず・・です。 もっと可愛いデザインや
複雑な編み方のものができるなんて思っちゃいませんが、
もう少し慣れたら、ステップアップしてみたいなーなんて、
そんな気持ちになった私です(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
03.28
Wed
昨年の4月にやっぱり自分の時間の使い方について
時間の管理ができていなかった事を書きました。(記事はコチラ

「これじゃいかん」と思い、「いつでもできる」という考えをやめて、
「できるだけ先延ばしにせず」という意識を持つようにして
少し改善した部分もありますが、やっぱり家庭内という甘えがありました。

震災の影響もあるのですが、
いつ何があるかわからないとやっぱり考えてしまいます。
なので、「しようと思っていたけど、しなかった」でなく、
「できる時にはしておく」これは家事だけということではありませんが・・。

働きもせずお家に居ることを考えると、
少々ルーチン以外の事が増えたからと言って
「時間がない」なんて言えまい。することが増えたなら、
スピードアップするなりして工夫する必要があります。
同じようにしていたら、絶対に時間が足らなくなるのは明白。

専業であっても何かをしようとする時間を作るために、
たとえば料理にかける時間を短縮するには、
保存食や常備菜を作って置くという事も手助けになりました。
こんな事は多くの方が、実践されていて当たり前の事なのでしょうけれど、
お家にいるからいつでも作れる=さほど必要性もないと
思っていたところもありました。でも、上手に活用すると、
お助けの1品にもなります(*^^*)

nodahoro11.jpg
野田琺瑯 替え用密閉蓋
野田琺瑯 保存容器ホワイトシリーズ
アンカーホッキング メジャーカップ

そういう工夫をする中で、自分の気に入ったモノを使うと
モチベーションがアップします。
道具にこだわらなくてもやろうと思えばできるかもしれませんが、
それで効率が上がるなら、私は自分への投資だと思えました。

毎日使うモノこそいい加減に選ばず、いただきもので済まさず・・、
というのが本当に実感できたかもしれません。

時間の使い方を見なおして、もうすぐ1年ですが、
まだまだ時間を有効に使っていないというのを痛感しました。
次なるためにとこの場を借りて、自分の報告となりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
03.27
Tue
実家に帰って洗濯物をたたんで収納した時に気づいたこと。
現在は母と洗濯物のたたみ方も違いますが、やはり収納の仕方にしても、
身近に居た母親の影響を受けていたんだなぁとしみじみ思いました。
親との関係にもよりますが、収納の仕方だけでなく、家事全般というか
多少なりとも親の仕方を受け継いでいる部分があるなぁと思います。
それが良い、悪いにかかわらず・・・・。

靴下のたたみ方なのですが、母のたたみ方はこんな感じで、
片方の履口にもう片方をいれてまとめています。

socks3.jpg

もしくは、半分に折って片方の履口にもう片方をすっぽりと入れてしまいます。

socks4.jpg

「靴下がバラバラにならないので、片方がなくなる心配がない」
と実家に居る頃にそう言われてきました。

非常にお恥ずかしい話ですが、その頃の私の部屋は汚部屋であり、
ざっくりと・・と言えば聞こえは良いですが、放り込んでいたというか、
ただただ、引き出しに詰め込んでいたという状態でした。なので頻繁に
「あの靴下はどこにいったか知らない?」って聞いていたからだと思います。

とはいっても以前、『整頓はできても整理ができない』という記事(コチラ
にも書きましたが、母の収納はバラバラにならないようにはしてあるものの、
基本、洋服の収納と一緒で立てる収納でなく、重ねる収納をしています。
なので、靴下はバラバラにはなりませんが、引き出しを開けて上から
とっていくか、履きたい靴下を探さなければなりません。
そのうえ数が多いとなると、取り出すまでに時間がかかります。

でもそういう収納に工夫がなかった当時の私は、
母の言う方法なら、靴下も行方不明にならずにすむと思い、
それからずっとその方法でたたんでいました。

結婚して、夫ちゃんが独身の時からすっぽりかぶせるたたみ方をしていたので、
私も同じようにたたんで、立てて収納していました。
でも靴下の素材の違いからか、こんな感じで靴下のゴムの部分が
伸びたり、全体的に片方だけが大きくなったりしました。

socks5.jpg
(もともと左右柄違いの靴下です)

上記のたたみ方は、タイツやストッキングには良いのですが、
どうも伸縮性のあまりないものは適さない気がしたので、
ずいぶん前に、現在のたたみ方に変更したわけです。
あと長めの靴下となると、すっぽりいれることもできませんし^^;

なので現在は、いたって
シンプルでごくごく普通なたたみ方 です。

socks6.jpg

靴下の長さに関係なく半分に折って更に折りたたむだけ。
当たり前すぎて笑っちゃうでしょう(笑)いや、もうこれで、
それなりに、それな~りに収納できるから、ラクチンでいいです。

socks7.jpg

先日の靴下の収納の記事の写真のとおり、
引き出しには夫婦2人分の靴下を入れています。開けたら一目瞭然です。
バラバラになるというのは、揃えていれなかった昔ならありうるけれど、
このように仕切板もなくて、立てて収納すれば問題なく使えています。

socks1.jpg
(使い回しの写真でスミマセン)

ご紹介するほどのものではなかったのですが、(/・ω・\)
我が家にはこれがベストな収納です。


とはいえ、靴下のかかと部分のでっぱりが気になったこともあります。^^;
テレビで靴下のたたみ方をチラ見して、四角になって収納しやすそうだなと
思ったこともあります。こんな感じだったのかなぁ?
うろ覚えで間違っているかもしれませんが・・。

socks8.jpg

確かに形が揃って美しく収納ケースに収まりそうです。

ですが、履口にもう片方をいれるのは・・ゴムが伸びそうなので、
これはできそうにないな・・・と思ったのと、

やっぱり洗濯物をとりこんでたたむ時に、いちいち靴下のかかとを
こんな感じでひと手間折りたたむこと・・・慣れたらなんてことはないのかも
しれませんが、このひと手間は私には長続きできそうにありませんでした。

どんなに美しく収納できても、日々たたむ作業が面倒になってしまっては、
収納どころの話ではないので、無理なくできる方法が私にとっては、
片付ける秘訣かと思っています(^^)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
03.26
Mon
昨日無事自宅に戻りました。
今回の帰省は車でしたので、マイペースでそして途中にぜひとも
立ち寄りたい場所も行くことができました。またおいおいとご紹介させて
いただきとうございます(^^)
そして、留守中にもかかわらず、ご訪問とコメントをいただき
大変ありがとうございます。コメントのお返事が大変遅くなりました。
また、応援ポチもしていただいて、本当に更新の励みになっています。
この場をお借りしてお詫びとお礼を申し上げます<(_ _)>
そしてこの期間中、仲良良くさせていただいている皆様のところへ
お伺いしても読み逃げで失礼させていただいておりました。
また、ゆっくりとお伺いしたいと思っております(*^^*)

018l.gif


ブログの自己紹介でも書いているように、シンプルな暮らしをするべく、
「必要以上にモノを持たず」、気に入ったモノを選び使うこと、
「捨てられない暮らし」から、「捨てなくても良い暮らし」にシフトしました。
過去記事にもふれていますが、モノの数を減らして片付けやすくしたり、
代用できるモノは代用して、使わないモノをなくすようにしてきました。

親戚のお家のモノの多さで、遺品整理が大変だったことを思うと、
残された者にとって、故人を思い偲ぶ大事なモノばかりとは言い切れず、
負担となる場合もあるということを感じたこと。
実家の使わぬモノが多すぎ使い切れず、箱に仕舞われた新品のモノを見ると、
非常にもったいないと感じたこと。
やがていつかそれらも、片付ける日が訪れることを考えると、
親にはどんどん使ってもらいたいと思うこと。
そんなこんなで、自分が使える、使いこなせる数には限りがあるということ。

でも、ただモノの数を減らせば良いとも思っていません。
便利なモノはなくてもまかなえるモノもありますが、
それを使うことで、時間が有効に使えたりすることもあります。

モノの数が多くて片付かない、よってモノの数を減らすことに
一所懸命だった頃、見えていないこともありました。
モノの数が問題なのではなく、いかにそのモノを生かせられるか?
それが重要なのではないか?と思えるようになりました。

昨年の夏、計画停電でできるだけ節電をということで、我が家も電気ケトル
使用を控え、魔法瓶を使ってこの冬も活躍中です。
元々、夫ちゃんが会社にもお茶を持っていくこともあり、
通年を通してやかんでお茶を沸かしています。ならば、電気ケトルはなくても
やかんだけでも十分かな?って考えたことがありました。
でもそれ以外に少しのお湯を沸かす時、ガスで沸かすより電気で沸かす方が
光熱費も安く時短にもなります。
代用できるものがあっても、我が家では毎日使うやっぱり必要なモノです。

以前、実家の母に贈った電気ケトルもものすごく活躍していました。
(今は廃盤商品になっているかも)

カップ1杯約65秒

1人暮らしということを考慮して選んだのは、転倒湯漏れ防止や、
レバーの押し加減で湯量調節ができ、コンセントにつないだままの状態でも
「待機時消費電力ゼロ」で、中がステンレスなのでお手入れがしやすいモノ。
今までの保温もできた電気湯沸しポットは、冬場だけの出番でした。
いつでもお湯がでるという利点はありましたが、夏場には不要でした。
なので、母にとって今のケトルの方がコンパクトで扱いやすく、
毎日使い欠かせないものになっているようです。

オール電化のお家とそうでないお家との違いがあったり、
そのお家の生活スタイルによって、必要とされるモノも違います。
ただ、自分のお家で有効活用されれば、同じようなモノが2つあろうとも、
それが無駄と言い切れないものもあるということ。数が多い少ない以上に、
使いこなせているかどうかの方が重要だとも思えます。

ただ、モノを少なくしたことで気に入ったモノを選び愛着を持って大事に
使っていても、時にはモノは壊れてしまうこともあります。
でもそんな時、もったいなくて時々しか使わなかったモノが壊れてしまうより、
残念な気持ちは同じでも、変な執着心が残らない気がします。

weck5.jpg

モノが多くて片付かないなら、減らして片付けやすくする事も必要です。
でもモノの数が少なければ少ないほど良いか?となれば、
そうとも言い切れない。だって、極端な話、食器だって各1つずつ、
お茶碗、汁椀、お皿、コップだけでも生活はできるでしょう。
でもそういうものではありませんよね。暮らしって。
無機質な暮らしならば、塀の中での暮らしとそう変わらずだったり(笑)
お料理も器を見て味わう楽しみもあります。その時の気分が違ったり、
器次第で食欲が増したりすることもありますし。
人の息遣いが感じられるのが、暮らしだと思います。

でもモノにまみれることなく、モノに振り回されずにいたいと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
03.25
Sun
いつだったか、出かけた帰りにスーパーに行ってお買い物して
お家に帰ってから、買ったものを冷蔵庫に仕舞おうと人参を見たら、

(昨日の記事のシフォンケーキの時の人参の話ではありません)

ninjin.jpg
こんな状態でした。

あまりにグロイのでこんな画像に加工しましたが、
1袋3本いりで、端の2本が逆さまに入っていて真ん中の人参の茎の部分が
白くカビが生えていました。よく見ると袋の中は水分でしっとりしており、
他の2本の人参も少し濡れていました。

お店で買う時に手にとって見たつもりでしたが、慌てて買い物をしたせいか、
見落としていたようです。でもこんな酷い状態なのは初めてです(-_-;)

それで、お店に電話をして、店長さんが出られたのですが・・・・。


「申し訳ございません」の後にでた言葉に、思わず絶句しました。

「カビが生えているのは何本ですか」と聞かれ1本だけと答えると、
「後の2本がどうもないなら、残りのものをとりあえずお使いください。」と
言います。

もちろん夕方時の買い物だったので、料理に必要だと判断されたのかも
しれませんが・・。


私が「残りの人参も濡れているのでちょっと・・」と言うと、
「カビがついている人参が他の人参に空気感染で食べられないことはないので
大丈夫ですからー」と何でもないことのように言いました。

はぁぁぁぁぁぁ!なんですと?

私、耳を疑いました。

そういう問題じゃないでしょう!?

カビが生えているのは1本ですが、
普通はまず、「全部交換します」って言わないですか?

その後、買った側が残りのモノを使いますから、とか言えばまだしも、
売る側から最初にそういう提案をされるのは、少し違う気がしたんです。

えええ?スーパーの店長さんがおっしゃる言葉じゃないと思うのですが・・。

ほんと唖然としました。

ものすごくそのお店の姿勢が見えたって感じ。

気にしなければすむ話かもしれないけれど、やっぱりカビが生えたものと
一緒に入っているのは気持ちが悪い(> <)
なのでお店の人の言葉に疑問を持ってしまいます。


結局、3本とも交換してもらいましたが、なんとも・・・。

そこのスーパーは安いのですが、野菜はちょっと・・という感じの質なので、
いつも野菜は買わないのですが、その時は時間的に余裕なく、
私自身がきちんと確かめなかったという責任もあるのですけどね・・。



やはり慌てていてもしっかりモノをチェックすることを怠らず、
これ忘れべからずですね^^;





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

03.24
Sat
甘いモノとは縁が切れない我が家。結婚前はめったに甘いモノを食べず、
夕食後には一切口にしなかった私ですが、結婚してしばらく食事の時間も
かなり不規則だったり、なんといっても夫ちゃんがお菓子を作る
という事の影響が大きく、甘いモノを食べることが増え気にもせず数年。
体重増加云々ということだけでなく、少し食生活の見直しをすることに。

といっても甘いモノをいきなりやめなければならないということでも
ないのですが、控えつつ非常にゆるい~感じで無理なくですが・・。

夫ちゃんが私のカラダを慮って(笑)、
人参シフォンケーキを焼いてくれました。

chiffon cake1

人参はすりおろしていれています。人参の食感が少し残っているのが、
若干ココナッツをいれたような感じ? がしなくもなく?
ほんのり甘くて軽くてワンホールなんてあっという間に食べられそう^^;

chiffon cake2

人参嫌いでも食べられます^^
ビタミンAをたっぷり摂ることができます。

覚書レシピ

人参シフォンケーキ 18センチ シフォン型

材料

人参  1本
薄力粉 70グラム
シナモン適量
BP  小さじ1
卵   3個(今回は全卵2個と冷凍保存の卵白2個使用)
はちみつ大さじ1
オリーブオイル 30グラム
水   25グラム
砂糖  60グラム

作り方

1.人参をすりおろす。
2.薄力粉とベーキングパウダーとシナモンを3回くらいふるう。
3.卵白と砂糖30グラムをいれてしっかりメレンゲ
4.卵黄に砂糖30グラムとオリーブオイルと水を入れて
  もったりするまで混ぜる

この時点で余熱開始

5.人参と2の粉を4に入れて混ぜ合わせる。
6.メレンゲの1/3くらいを5に入れしっかり混ぜる。
7.最後に残りのメレンゲをいれてさっくりと混ぜる。
8.型に入れて170℃の温度で30分から35分焼く。


usa3242.jpg
遊びに来てくださってありがとうございます。
ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、またコメント欄をあけさせていただきますね^^
もし過去記事にコメントをいただいていたら、ゴメンナサイ。  
後日お返事をさせていただきますね。
皆様のところへは、こっそりお邪魔させていただいでも、
コメントは残せないかもしれませんが、よろしくお願いします。
<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

03.23
Fri
以前、ハンカチの収納で仕切板を使わず、ざっくりと融通の利く収納が
私に向いているという話を書きました(コチラ

靴下も同じように、仕切板を使わずに収納しています。

socks1.jpg
畳み方が雑ですが^^;

仕切板を使っていないので、押しくら饅頭状態にギュウギュウに
収納してしまうと、一足取り出した時に2足めが一緒になって
飛び出しかねません。なのでゆる~く余裕を持たせています。
ただ、靴下の素材や種類、長さなどによって厚みが違ってくるので、
入れる枚数が違ってきます。
そして隙間があきすぎてしまうと、崩れてくる時があります。
我が家は引き出しに、匂い袋やこうした石鹸を入れて香りづけを
しているので、その石鹸が隙間を埋めるのに丁度よいのです。

socks2.jpg

リネンソックスなど糸がひっかかりやすいものもあるので、
箱入りのものより包み紙の石鹸の方が良いと思います。
または、箱から出した薄紙の状態で収めると具合が良いと思います。


usa3242.jpg
遊びに来てくださってありがとうございます。
ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、またコメント欄をあけさせていただきますね^^
もし過去記事にコメントをいただいていたら、ゴメンナサイ。  
後日お返事をさせていただきますね。
皆様のところへは、こっそりお邪魔させていただいでも、
コメントは残せないかもしれませんが、よろしくお願いします。
<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

03.22
Thu
先日のキッチンツールを買い替えた記事で、
画像がちょこっと写っていたOXOの縦型ピーラー、
キッチンツールの買い替えの時に一緒に購入しました。

peeler1.jpg

今まで使っていたY型のピーラーの切れ味が悪くなり、
次に買い替える時はOXOの縦型ピーラーを狙っていました。

でも、うまく使いこなせるんだろうか?って不安があったんですよね。

縦型って、持ち方からして違うじゃないですか!?

今までのピーラーは、例えばじゃがいもだと、
右利きだと、左手にじゃがいもを持って、右手でピーラーを持って、
上から皮を剥いていき、また同じように剥いていくのを繰り返しますよね。

でも縦型のこのピーラーは、右手の親指以外でピーラーを持って、
親指をずらしながら包丁で皮を剥く感覚なんですねー。
だったら包丁を使えばーなんて言わないでね(笑)

peeler2.jpg
片手で撮っているので、左手は添えてませんが・・。

シャッシャッシャッって剥けるというか、じゃがいもの凸凹があっても
剥きやすい。じゃがいもの芽はピーラーの先の部分で取り除けます。

持ち手の太さと滑りにくさも使いやすく、トマトの皮も剥きやすいです。

使ってみないとその良さはわからなかったモノかも。

切れ味が悪くなったら次も絶対に縦型ピーラーを使おうと思っています(^^)

OXOの縦型ピーラー、 惚れました(笑)

使い心地は抜群です! オススメで~す♪






usa3242.jpg
遊びに来てくださってありがとうございます。
ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、またコメント欄をあけさせていただきますね^^
もし過去記事にコメントをいただいていたら、ゴメンナサイ。  
後日お返事をさせていただきますね。
皆様のところへは、こっそりお邪魔させていただいでも、
コメントは残せないかもしれませんが、よろしくお願いします。
<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

03.21
Wed
和え物ってあと1品という時にお助け料理ですね。

ほうれん草の胡麻和え・・しっかり水気を切ったつもりでも、
水っぽくなったりします。
なので下ごしらえの時に一工夫。

ohitashi1.jpg

塩をいれた鍋でほうれん草を茹でたら、水をはったボウルに取り出し冷まします。
緑が鮮明になりますね~。

水気を絞ってしょうゆを全体にかけ、ほうれん草の水気を絞ります。
これをしょうゆ洗いと言います。こうすることで味がよくなじみます。
変色予防のため、しょうゆ洗いしたまま長時間置かず盛りつけ直前に。

そして適当な大きさに切り、ボウルに水、出汁、砂糖、しょうゆをいれて
混ぜあわせ、胡麻を加えてからほうれん草と合えます。


なめこと生姜と塩昆布で超簡単1品

ohitashi2.jpg

なめこはサッと湯通しして生姜の千切りと塩昆布と合えるだけ。


しょうゆ洗い 材料の水っぽさがなくなります。
酢洗いもあります。鯖の酢の物などする時など、魚を酢洗いすると
生臭さがなくなります(^^)



usa3242.jpg
遊びに来てくださってありがとうございます。
ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、またコメント欄をあけさせていただきますね^^
もし過去記事にコメントをいただいていたら、ゴメンナサイ。  
後日お返事をさせていただきますね。
皆様のところへは、こっそりお邪魔させていただいでも、
コメントは残せないかもしれませんが、よろしくお願いします。
<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

03.20
Tue
数日お家を空ける時は、できる範囲でですがお家のお掃除をすませてから
出かけます。時間的に全てできないことがあっても必ずすることは、
シンクに洗い物を残さず、ゴミを取り、磨いて水垢は残さず拭います。

kitchen sink5
『ザ、昭和なシンク』ですが・・。

寝る前のリセットと同じ状態です。

帰ってきてリラックスできるお家が、シンクの片付けから始めるのは
億劫なのと、ゆっくりまずはお茶を一杯から・・とくつろぎたいから。

でも、仲良くさせていただいているブロガーさんから、
以前、『旅行に出かける時、少し散らかして・・・』というおまじないを
聞いてから、テーブルの上もきれいに片付けず、2つ3つモノを置いて
出かけるようにしました。
これは、ほんのキモチ散らかしてから出かけると、無事にお家に帰れるって
おまじないなんだそうです。あまり綺麗に片付けて出かけると、
死出の旅路へと繋がるようで、それを回避するためのおまじないだそうです。


usa3242.jpg
遊びに来てくださってありがとうございます。
ただいま帰省中につき、コメント欄を閉じさせていただいています。
戻りましたら、またコメント欄をあけさせていただきますね^^
もし過去記事にコメントをいただいていたら、ゴメンナサイ。  
後日お返事をさせていただきますね。
皆様のところへは、こっそりお邪魔させていただいでも、
コメントは残せないかもしれませんが、よろしくお願いします。
<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

03.19
Mon
色々なブロガーさんのところにお邪魔して、素敵なキッチンやお部屋を見て、
写真に撮るからということを差っ引いても、モノが出ておらずすっきり整えて
いらっしゃるお家が多いです。
小さなお子様がいらっしゃるお宅でも、ものすごく整理整頓されていたり、
子供さんの陰がない雰囲気?たとえおもちゃがでていても、
その周りのものがすっきりと片付けられていれば、気にならない感じがします。
収納の工夫や素敵なインテリアのお家を見ると、本当にため息がでるくらい。
我が家も見習いたいと思うも、どう頑張っても物理的にできないことも多く、
どうしようもないなぁ・・と思ったりもします。
でも賃貸で制限がある中でも、意外な発想や工夫で個性的且つ機能的な
キッチンを拝見すると、これまた驚き、学ばされることが多いです。

kitchen1.gif


さて我が家を振り返ってみると、なんとも昭和なキッチン台所で、
隠す収納をしようと頑張ったこともあるけど、やっぱり無理で、
見せる収納、と言うとオサレな見せる収納か?と言えば程遠く(-_-;)
見せざるを得ない収納となっています。
できるだけ色を抑えたいと思いつつ白を求めて~と願った心も、
すでに冷蔵庫が紺ということでアウトなわけで、できるだけ色を抑える
抑えたいと妥協点を見出す始末。いかんせやっぱりまとまりがないことに
かなり凹みまくり。眺め回してこうしてみようか?ああしてみようか?などと
妄想にふけるも現実とのギャップがあまりにも大きすぎる。
見た目優先にすれば、キッチンを使う夫ちゃんから「いちいち面倒くさい」と
なるし、使い勝手優先となればごちゃつき感がでてくる・・。
そのちょうどいいバランスというのが難しい。
やはり暮らしていると、状況の変化もあるので「これで終わり」というのが、
ありません。変化に応じて見直すことは言うまでもありませんが、
少しだけでも、バランスよく落ち着きたいという気持ちがナキニシモアラズ。
雑誌に登場しているお宅のように調和のとれたキッチンには、
手、いや爪すら届かず(笑)

思い迷うことばかりで妙案も浮かばず、少しずつこうでもない、
ああでもないと模索を繰り返すばかり。
我が家の場合、使わぬモノはほぼない(ハズ)、でもまだモノが多いのか?
と自問自答しつつこれ以上削れぬモノはない・・だろうと思うけれど、
どこかすっきりしないのはなぜなんだろう。きっと第三者の目から見ると、
意外な落とし穴を発見されるのだろうなーなんて思ってもみたり。

背伸びすることなく、現状から目を逸らさずありのままを受け入れて、
自分のお家らしく飾ったり、収納の工夫をする。そして素敵なお家を見て
憧れ参考にしつつも惑わされず自分がブレないように・・と
あらためて思った日でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 24 trackback 0
03.18
Sun
愛用の布バッグ。縁あって私の手元にやってきたかなり古いものです。

nunobag1.jpg

大きくなくて肩掛けができず、お出かけ用には不向きだけれど、
ちょっとそこまでならちょうどよい大きさ。手提げ袋って感じ。
台形で柄がなんともレトロ。

内側はこんな感じ。ナイロンになっています。

nunobag2.jpg

横は、マチというのかつまんで縫いつけて、底にはマチがあります。

nunobag3.jpg

内側のラベル、MADE IN FRANCE になってるけどどうなんだか(笑)

布バッグ・・安っぽい感じがしてお嫌いな方もいらっしゃるでしょうが、
私は肩のこらない布バッグが好きです(*^^*)
今まで気に入ったモノをみつけては買って増えてしまい、
本当に好きなモノがわからなくなってしまったことも。
自分がどれが本当に気に入って持っておきたいか?
大事なモノを選んで残すことを心がけて・・。

少しも今風でないけれど、だいぶ馴染んできたバッグ。
まだまだ使えるバッグになってくれそうな気がします(^^)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 0
03.17
Sat
3月だというのにまだまだ暖房が手放せない日が続いています。
灯油も目が飛び出しそうな価格になったり、ガソリンの高騰も気になるところ。
この時期、分厚いコートを着るのもな・・と思う反面、薄手のコートはまだ
心もとない気もして厚手のコートが手放せなかったり・・困ったちゃん状態です。

今日は雨模様でちょっと憂鬱ですが、それを吹っ飛ばすような意味もこめて・・。


コンデシでも新しくなると今まで違う機能が満載だったり、
使いこなすまでに時間がかかりそうな私です^^;
そしてやっぱり訳もなくパチパチ撮りたくなったりします。
このコンデジでさえも「わ~」って思うこともあるのですから、
きっとデジイチならもっと「おぉ~」と感じたりするんでしょうか^^

umekisetsu1.jpg

今年は梅の開花が遅れたようですが、我こそはと言わんばかりに咲いています。

umekisetsu7.jpg

光で透けた花びらがきれいです。

umekisetsu8.jpg

梅の花って桜と違って派手さはないけれど、そこが魅力でもあったりします。

umekisetsu2.jpg

もうすぐ桜の季節に追いつかれそうだと言わんばかりに、

umekisetsu3.jpg

蕾をたくさんつけてはひとつ咲き、


umekisetsu4.jpg

楽しませてくれます。 赤い花もキュートです。

umekisetsu5.jpg

遠くに見える山は雪化粧ですね。
寒々しいですが、またこの風景も様変わりするのでしょうね。

umekisetsu9.jpg


夕暮れ時の風景

umekisetsu10.jpg

ここから富士山は・・・見えそうで見えないんだよね^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
03.16
Fri
過去に着なくなった洋服を手放す記事を何度か書いてきました。
痩せたら着られるかも・・と淡い期待を持ちつつ捨てられないことは、
よくあることですが、はたして残した洋服は実際着ることがあるのか?

私はできるだけ、過去の体型に執着せず、今現在着られない洋服、
そのシーズンに着なかった洋服は衣替えの季節に見なおして処分するように
しています。もちろんグレーゾーンの洋服というのは必ず存在します。
なので、これも期間を設けて別箱に仕舞うということを書いてきました。

ただ、コレクション化している以前に集めた民族衣装などは、
こちらに書いているとおり、捨てない服になっていますが^^;

そんななかで、やはりかつてエスニックファッションだった頃に、
手にいれたTシャツです。こちらはタイ人姉妹のアーティストが描く
Tシャツで、シルクスクリーンのインクを使って1枚1枚手描き一点もの。
制作枚数に限りがあってほとんどフランスの顧客に買われたり、
日本にも少し出回ったものらしく。
少し変わっていて、前見頃と後身頃の色が違っています。
これ以外にも彼女たちが描くTシャツは袖のデザインが違ったりと、
ポップなデザインで、一風変わったところがお気に入りでした。

JIJY1.jpg

数年前に購入してだんだん着る回数が少なくなり、元々細身のデザインで、
着れなくはないけれどちょっと・・・。部屋着にしてもいいかな?と思いつつ、
これも処分対象にして別箱に仕舞っておいたものです。
着ないのなら処分となるのですが、これに関しては手に入れる時に、
ものすごくお願いした経緯があって、やっと手にいれたものなので、
なかなか踏ん切りのつかないものでした。
かといって民族衣装のような形で保管するのとはちょっと違う?かなと思い、
思い切ってリメイクすることにしました。

最初台紙に貼ってフレームにいれようかとも思ったのですが、
以前から、北欧の生地でファブリックパネルを作りたいと思いつつ、
なかなか踏み出す勇気もなく、時間だけが経過していました^^;

なので、このTシャツを使って作ってみようと思いました。
Tシャツ生地なので伸縮性があるのでしやすそうなのですが、
絵が盛り上がっているので、少し不安もありつつ。

以前夫ちゃんが購入した発泡スチロールが残っていました。
ただ今回は生地の色が黒なので、色つきの発泡スチロールでも透けることなく、
問題なく使えましたが、透ける生地は白の方が良いでしょうね。

今回は生地に余裕がない、袖ぐりの加減で柄いっぱい使えないことや
見頃の中心に絵がきていないこと(左右の余白が微妙にある)ことなどで、
ギリギリいっぱいでの制作となりました。

発泡スチロールの内側1センチくらいに切り込みをいれます。
(深くいれず、数ミリ程度?適当です)角のところは斜めに切り込みをいれます。

JIJY2.jpg

カッターの背の方で生地を押し込んでいきます。
私は適当に生地をカットしたので測っていない為、
すんなり押し込められたりするところと、そうでないところがあったりと
不細工な状態ですが、これは後から処理できるので気にせず。

JIJY3.jpg

はみ出した生地は、ハサミでできるだけ短くカットし押し込めていきます。

JIJY4.jpg

よーく見ると雑な部分が多々ありますが、
なんちゃってファブリックパネルの出来上がりです♪

JIJY5.jpg

30センチ×30センチ程の大きさです。
Tシャツの縫い目をほどいておらず、意外と簡単にできました。
本格的に板を使っているわけでもなく残りもので作ったものですが、
とても愛着がでてきました。
これで好きだった洋服を捨てることなく、
仕舞ったままでなく、飾る楽しみができました。(*^^*)
インテリアの統一もあったもんじゃないですが(笑)

着られないのに捨てられない、捨てたいけど捨てられない。
そんな思いって誰しも1度や2度経験されていると思います。

思いがつまって残して置きたい服も、思い切ってハサミをいれたら、
ものすごく気持ちがラクになりました。
失敗したら失敗した時、捨てられない洋服を山積みしてスペースを
占領しているよりずっとすっきりします。

我が家は壁に釘打ちができないこと、できるだけ軽く・・と考えると
次にファブリックパネルを作る時も、発泡スチロールを使おうと思っています。
次回は・・・むふっ(*´艸`)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
03.15
Thu
自分が使いたいと思えるキッチン雑貨や食器の買い替えで、
夫ちゃんから何か言われたこともありませんでした。
先日のキッチンツールは、夫ちゃんの要望というものもありましたが、
食器に関しては、特別な感想を言う訳でもありませんでした。
おそらく、数年間私が選んだものでない食器を使っていたことや、
私が自分の使いたいもの、好みがはっきりしてきたことで、
やたらと数を増やすこともないだろうと信頼してくれてる?と
都合よく思っていますが・・。

そんな夫ちゃんですが、前にご紹介したアラビアのパスタプレートは、
「大きくて使いやすい」と初めて口にだしてでた言葉です。
なので夫ちゃんが料理をする時は出番が多いのです。

いつだったか夫ちゃんが作った「肉団子の甘煮」です。
自分で「肉団子が食べたい」と言い、豚肉か牛肉のブロックの残りを
挽肉にして作ったのですが、盛りつける時に安定感のあるプレートが
「やっぱりこのお皿、いいわ~」と。 
その言葉を聞いてなんか嬉しかったんです。私だけがお気に入りのもので
満足しているのもどうなんだか・・という思いがありましたから^^;
otto1.jpg

豚骨のチャーハンもやっぱりこのプレートを出してきます。
otto2.jpg

小さなお皿にてんこ盛り、ギュウギュウに入れるより、
ゆとりがあった方が良い
。と。

あれ?なんだか収納と一緒のようなことを言うのね^^;

でもやっぱり、私が選んだモノが「使いづらい」となれば凹みます。
なので良かった・・という安堵感もあります。



夫ちゃんは結構な頻度でお菓子やパン(私が作る以外で)を作ります。
先日、チョコレートケーキを焼いてくれました。
上にのせる生クリームがきれいに形づかないと、今後の課題になりましたが、
あまり甘くなくおいしゅういただきました。これも嬉しいけれど、
今後は健康上、すこーし控えなければいけませんのでほどほどに^^;
otto3.jpg

そんな夫ちゃんですが、以前雑誌の付録のシリコンカップを見て「欲しい」と。
「雑誌は私が読めばいし~」などど言い、購入したのですが、
付録でなくてもこういったカップを買えばよいのに?と思わなくない私。
でも、付録の魔力ってあるんですよね・・これはかつてわたしもリンネルの
付録につられて買ってしまったことがあるので、ものすごくわかる^^;

それで夫ちゃんがこれを使いたかったのは、
otto4.jpg

前に作った八天堂もどきのクリームパンのリベンジのためだとか・・。
ケースは関係ない気がするけど(笑)
otto5.jpg

前回はクリームを注入する口金が太かったので、細いタイプのも購入しました。
やっぱり使いやすいです。

我が家は製菓の道具などは私はとんと疎いし、さほど興味がないので、
夫ちゃんが欲しいもの、使いやすいものを選んでいます。
ただ食器にしてもキッチン雑貨にしても、家族で使うものを、
どちらかの満足で終わるものでなく、一緒に満足でき楽しめるものを選ぶことは、
やっぱり暮らしの中では大事なことのような気がしました。
折り合いをつけながら歩み寄り、時には妥協時には貫き通す(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 0
03.14
Wed
先日の報道でもありました首都直下型地震の震度が震度6から震度7に
見直されたという報道を聞いてから、我が家の防災の状況を見てみると、
なんとも不安だらけな気がします。(-_-;)
夫ちゃんにあれこれこうしよう、あーしようと言っても、
わりと平然としているというか、常に「なんとかなる」といった感じで、
端から見ていて少しイライラする時もあるのです。
家具の固定にしても、賃貸で釘が打ち付けられないことなど、
制約があると不安が募ります。
家具転倒防止のポールも天井がしっかりしてこそという感じも否めません。

非常食や防災用としてどれだけ備えれば良いのか。
お家が倒壊していないということを前提とするならば、人数分の非常食なり、
飲料水なりグッズをそれなりの数を揃えて・・となるのでしょう。
でも倒壊した場合や火事が起きた場合は、正直言ってストックしていたものが
持ち出せないこともあります。そうなるとリュックに最小限のモノだけ詰めて
・・と考えても、アレもコレも要るんじゃないだろうか?などと色々思うと、
袋が膨れ上がってしまったり^^;
本当に考えると不安になりつつも、キリがないのです。

でもお家に居る時に地震がくるとも限りません。
出先の時かもしれません。地下街にいる時かもしれません。
ショッピングセンターにいる時かもしれません。
電車ででかけている時かもしれません。

私は肌身離さず持ち歩いているのが、過去記事()にも書いておりますが、
携帯用LEDライトとホイッスルです。それと一緒に持ち歩くようにした、↓

P3140003.jpg

その袋の中は・・。

P3140006.jpg

比較的賞味期限の長いゼリーやチョコレートといったお菓子類。
ジッパー付きの袋にいれています。原則、食品のストックをしませんが、
お家と違って出先の場合、あると少し心強いかなと思います。
クッキー類は飲み物があれば良いですが、喉が乾くことも考えると、
ゼリーがいいような気がしました。

P3140009.jpg


阪神の時、暗闇で閉じ込められましたが、幸いにもすぐに助けてもらって
外に出られたので空腹感があったわけではありません。
でもいつもそうとは限らないかも・・と思い、
多少何か口に入れられるものがあるのとないのでは違うだろうと思い、
出かける時はバッグの中にいれておくことにしました。
もちろん、日常のバッグなので入れっぱなしにすることもなく、
食べたら補充するといった具合です。

それと、おそらく多くの方のはすでに用意されているものだと思いますが、
水のタンク。
「えっ?今頃用意?遅い~」って声が聞こえてきそうですが、
ポリタンクの方がしっかりしているし・・保存に適しているのか?などと
考えていたら今になりました^^;

狭い家に防災グッズを揃えるとなると、ペットボトルの飲料水でさえも
置いていると結構なスペースが必要になっており、
さらにポリタンクを置くスペースとなると・・・といった具合でした。

P3140002.jpg

お家が倒壊せずともライフラインが途絶えて、給水車からの水をいれる
ポリタンク・・我が家は用意していませんでした。水汲み用のボトルは
ありますが、行列になると何本も入れるには憚られます。
最悪ビニール袋でもまかなえるかも・・と思ったり。
けれどやはり16年前の震災の時は、多くの方がポリタンクやバケツを
下げて給水車を待っていました。
我が家の家事情を考えて、コンパクトに折りたためるこれを。
これならば使わない時はスペースもとらず。

不安が募り安心を求めすぎて、日々の暮らしがモノで圧迫しても
快適ではありません。そこが「そこそこに用意」となるのでしょうか。
安心も快適さも求めようとするのは無理な話なのかもしれませんが・・。

気休めに過ぎないと言われればそれまでですが、
少しずつ見なおして増やしたり減したりして、その時々に気づいたモノ、
必要なモノを揃えて置くようにしたいと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
03.13
Tue
先日の押し入れ収納では、期待を裏切るぐらいありきたりな
お粗末収納で(/・ω・\)オハズカシイ~^^;
更に恥の上塗りですが、ご質問があったので記させていただきとうございます。
色々なブロガーさんで、ケースの目隠しをされていらっしゃる方も多く、
今更感がありますので、ご興味のない方はスルーしてくださいますよう
お願いしますm(__)m

011l.gif


ケースの目隠しに使っているマリメッコは、コチラのサイトからDLしました。
あまりにも有名すぎるのでご存知の方も多いかと思います。

DLしたものをケースの内側にテープで留めているだけですが、
押入れ上段の無印のケースは、中がストレートなのでラクチンです。
ただA4サイズなので、若干横幅が足りません。

oshiirecase17.jpg

なので端に紙を足しています。足りないのはわずかでしたので片側だけに。


ただこのケース、横から見るとこんな形なので、

oshiirecase18.jpg

下の部分が透けてしまいます。

oshiirecase19.jpg


紙でなくプラダンだとしっかりしているので、ケースいっぱいに目隠し
できるかもしれないですが、凹んだ分の幅の処理があるので、
簡単にできるこの方法にしました。


ケースに合わせるのに前もって型紙を作りました。
こちらは押入れの下段の時につかった紙なので台形になっています。

oshiirecase16.jpg


下段のケースはくぼみがあるので、それに沿わせるように紙を貼ります。
こちらのケースは、幅も無印のと違って広いので片側だけに紙を足すと
片側だけ白い部分が多くなって、マリメッコの柄が中央にこないので、
両端に紙を足しています。こちらのケースは下まで隠せることができます。

oshiirecase15.jpg

内側から見ると透けて足した部分が丸見えですが、
表側からだと気をつけて見ないと、それほど目立ちません。

ただの紙を貼りつけているので、プラダンなどに紙を貼ってから、
ケースにセットした方がしっかりするかもしれません。

でも、収納ケースの中がギュウギュウに詰めていなければ、
取り出しの時にひっかかることもないので、問題なく使えています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
03.12
Mon
実は、昨年からデジカメの調子が悪くて、騙し騙し使っています。
勝手に操作される現象が現れ制御不能になったり^^;
いえいえ幽霊の仕業と言っているわけではありませんが・・。
設定を変えようとボタンを押したら、次々勝手に設定が動く?と
いうかそこでストップしようとしてもできなくなったり、
ボタンが押せなくなったりして、ブログに載せる写真も
カメラの機嫌を伺いつつ・・なんてことをしながらで・・。
なんともおかしな現象に頭を悩ませていました。
そろそろ寿命かな?という感じはずっと感じていたのですが・・。

それと恐れ多くも「デジイチが欲しい(> <)」と思っていました。
(写真のいろはもよくわからんというのに)
以前から夫ちゃんにデジカメの調子が悪い話をしつつ、デジイチが欲しい!と
話しをして、買っても良いよ~的な雰囲気になりつつ・・・も、
私の欲しい性能のカメラとメーカーが一致せず、なかなかコレと決められずと
いった状態でした。

私の欲しいものリストには常に入っていた一眼。

ところがところが、先日、車のタイヤの点検とオイル交換に行った時、
エンジンオイルだけの交換のつもりだったのに、他に不具合が見つかり、
思わぬ出費になりました。(T T)

春になると住民税やら車の税金やら色々出費が重なります。
そういえば昨年もそんな時期にタイヤの交換したんだっけ(-_-;)
なんともタイミングが悪いというかいやはや・・。

これでデジイチがまた遠のく・・・(;´д`)トホホ…


あと一歩で欲しいものに手が届きそうだったのに、
まあ、人生こんなもんですね(笑)

一眼なんて安い買い物でないので、使いこなせるかどうかの自信もなく、
明確にコレというものに絞れていない時に買うというのは、
やはりまだ買う時期じゃあないんだと変なこじつけをつけたような(笑)

けれどこれからの季節が待っている・・。

最近は頻繁に固まってしまうのを考慮して、夫ちゃんが、
「デジカメを買い替えたら?」と提案。
「少なくとも今持っているデジカメよりは機能も新しいし、
日々ビクビクするより良いんじゃないか」と言ってくれて買ったのは・・・。

OLYMPUS1.jpg


コンデジですが・・。

諭吉さん1枚でおつりがきました~(^^)
発売されたのは2011年6月ですが、後継機種がでたようなので、
値段が下がったものなのですが、それでもお得感がありました。
夫ちゃん~ありがと~(*^^*)

でもね、買う時はやっぱり迷ったんですよ。
本当に欲しいモノ(デジイチ)のがあるのに、つなぎのような感じで
買ってもいいのかどうか・・。モノを手にする時は本当に悩みます。
昔なら迷わず即決!って感じでしたが、シンプルな暮らしをしよう!と
思うようになってから、待ったがかけられるようになりました。

でも我が家にお迎えしたデジカメ君、愛着を持って使っていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8 trackback 0
03.11
Sun
あの未曾有の大震災から今日で1年。
多くの命が失われたことを忘れてはなりません。
あの日を消すことできません。
あの日以前に戻すことはできません。

少しずつ復興しはじめて動き出したところがあるとはいえ、
まだまだ避難をされている人が多く、
復興は遅々として進んでいない・・そんな感じにも思えます。
地震は天災とはいえど、今回は原発問題で人災とも言えます・・。
「先が見えない不安」
「故郷に戻りたい気持ちはあっても戻れない」そんな声があるなか、
とてもじゃないけれど収束したなどとは到底言えない。


ガレキ処理が進まない問題。
受け入れに前向きなところ、そうでないところ。
それぞれに思いがあるのでしょう。
本当にそこに住んでいる住民が受け入れを反対しているのか?
そこの住民でない人が反対の意を表明しているのか?
テレビで流れるニュースを垣間見るだけでは知りえないことが多々。
ガレキ処理が進まぬ以上、町の復興が進まない。

2011年を表す漢字が「絆」でした。
でも、「絆」という言葉だけが独り歩きしているように思えます。
簡単に片付けられる問題ではないけれど、
震災から1年、何も変わらぬところもあるということ。
日本に住んでいればいつどこで地震が起こってもおかしくないということ。
いつでも逆の立場になりうること。
もう一度被災地のことを真剣に考えたいものです。

町が復興しても人の心の復興はそれぞれ。
町が戻りつつあっても心が戻らない、戻れない。
忘れたくても忘れられない。
心の奥底に押し込めようとしても押し込め切れない。
町が元気になりつつあっても、自分の気持ちが追いつかないこともある。
地震の恐怖を思い出すと、胸が締めつけられ、
月日が経ってもそのトラウマから逃れられない。
他人から「いつまで引きずっているの?って」言われるかもしれない。
気持ちの持ち方、受け止め方もそれぞれ。

被災地以外では、あの震災直後は多少の混乱はあっても、
普段の暮らしができている。
人によってはそれが「これで良いのか?」と思ったり。
あの頃は、とどまることなく進んでいく人を見て
「不謹慎」という言葉が飛び交ったり。
でも、誰しもあの震災で何も感じぬ人はなかろう。
自分の中でひっそりと思いながら、普段の暮らしを営む。
時として、ふと思うことがあって何か行動する。
できる時にできることを・・それで良いんじゃないかと思います。
そしてやはり、いつもと変わらぬ日々を過ごせていることに感謝。


我が家の豆苗クン、2度にわたり茎が折れたけれど、
1つ花が咲いて実がつき、

tomyo new52

根元を見ると、どこから水分補給しているかわからないけれど、
2つめの花はしぼみ、枯れている茎が伸び、また3度目の蕾がつきました。

tomyo new53

もうだめか・・とあきらめかけたけれど、あきらめないで良かった。
植物と一緒にしてはいけないけれど・・・、
上を向いて、前を向いて、振り返りつつも立ち止まらず・・・。


最後になりましたが、
震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

03.10
Sat
キッチンツールの買い替えの経緯の続きです。


選んだキッチンツールは、柳宗理のものです。

kitchen tool6
下には違うものが写っていますが気にせずに・・

材質でかなり悩みました。シリコン、ナイロン樹脂、木 ステンレス等々。
ただ、以前使っていたナイロン樹脂系の先端部分の溶け具合が
気になっていたので、選択肢は木かステンレスかが、悩みどころでした・・。
ですが、時々料理をする夫ちゃんのたっての要望もあり・・・。

そしてシンプルなデザインでつなぎめのない一体型のもの
これは絶対に譲れなかったのです。汚れがたまりにくく洗いやすいもの。
ターナーやビーターはほどよくしなりがあるもので、軽すぎず重すぎず、
しっかりしたもの。


迷いましたが、我が家は以前、柳宗理のソースレードルを購入した時()に、
その質感と使いやすさを実感していたので、こちらに決めました。

kitchen tool12

無駄がなく美しいデザインだと思います。

kitchen tool7

以前記事にしましたが、我が家はセラブリッドフライパンを使っているのですが、
金属ヘラも角の丸いものなら大丈夫だということもありまして。
先日買い替えた小さいフライパンは、金属ヘラも角ばっていなければ
使えるようですが、食材をガシャガシャほぐすような時には、
コーティングが剥がれる場合があるようです。
でも我が家は小さなフライパンでは木べらを使うので問題クリア。
私は、結構なんでも菜箸で炒めたりするのと、
ハンバーグ等をひっくり返す程度なら、全然問題なさそうです。
我が家のフライパンのように、お手軽価格なフライパンは、
定期的に買い替えが必要です。なので寿命を考えると問題なく
使えると考えました。

夫ちゃんは、程よい重量感があって(決して重くないですよ)硬さがあり、
ヘニャヘニャしていなくてしっかりした造りがとても気に入っています。
中華鍋を使う時も、鍋底から思い切りすくい上げできそうだと喜んでいました。


個々に見ていくと、
柳宗理 バタービーター は以前のモノと違ってカーブと角度があります。
これなら今までと違って、私も使い勝手がよさそうです。

kitchen tool8

柳宗理 ターナー Mサイズ
は、バタービーター同様曲線になっていて、鍋肌から掬いやすい感じです。

kitchen tool9

柳宗理 レードルM は、そうそうに使ったのですが、お玉の部分がまんまるでなく、
緩やかなカーブなので、残り少ないお汁ものを掬う時には掬いやすく、
汁こぼれがないです。


フライパンや鍋にあわせてみるとこんな感じです。

kitchen tool10

調理中で お恥ずかしい(/・ω・\)のですが、こんな感じ^^;

kitchen tool11
慌てて写真を撮ったのでバタービーターが裏返しですね


まだ使いこなせていないので、使っていくうちに「アレ?」って
思うこともでてくるかもしれませんが、機能的で、質感も気に入っています。
使い手になって考えられたツールだなと思います。
私にとって決して、お財布には優しくないお買い物でしたが、
大事に使えば長く使えそうなものだと思いました。
少しずつ揃えていきたいなと思えるものに出会えました。
これで鉄のフライパンに一歩近づけたかしら~なんて。えへっ^^;

でもでも1つだけ気がかりなこと・・は、
実はずっとずっと、欲しくてどちらにしようか迷っているお鍋がありまして^^;
それを購入したら、今回購入したキッチンツールは使えない・・って事に
なりそうです(笑)なんて、「いつか」の話を今してもね。
使い分けをしなくてはならない時がくるかもしれませんが、
今は、選んだものを使いこなしていきたいなーと思っています(*^^*)





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
03.09
Fri
以前、我が家のキッチンツールが不揃いであることを書きました。
なので常々『揃えたい』意識はありました。
これは以前からブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、
夫ちゃんが独身時代から使っている年季モノをそのまま使っていました。
あの時点でも使い込んだ感があり、更に『傷み』が気になってきました。
ただ、木べらは、以前自由が丘のクオカに行った時に、私が探し求める形が
見つかり買い替えています。

以前の木べらは平らだったのですが、こちらは丸みがあって、
フライパンやボウルの丸みに沿って混ぜあわせやすいのです(^^)

kitchen tool1

製菓用として売られていたものだと思うのですが、
普通に料理用として使っていますが、私にはとても使いやすいのです。


さて、それ以外のキッチンツールも色々気になるところがありました。

kitchen tool2

そんな折、夫ちゃんから「バタービーターを買い替えたい」と言われました。
私はこのバタービーターは、ほぼ平で非常に使いづらかったので、
これは渡りに船だと思って大賛成!

kitchen tool4

前々から気になっていた、画像ではわかりづらいのですが、
長年の使用で先端部分が変色し、溶け出したような感じがあります。
そうしたら他のも気なる部分があります。お玉も柄の部分が溶けたような感じと
掬う部分の丸みの先端がささくれのようになっていました。

kitchen tool3
金属ヘラは汚れがたまりやすいのも気になっていてました。

夫ちゃんはこの金属ヘラも柔らかいのが心もとなく、
もう少ししっかりした造りのモノが欲しいと。

kitchen tool5

そういうわけで色々と夫婦の意見が一致!買い替えに決定しました(*^^*)

普通、結婚の時に食器やお鍋やキッチンツールなど揃えるのでしょうけれど、
我が家はほとんど夫ちゃんが使っていたものをそのまま使い、
実家から持たされた『あるもの、使えるもの』でスタートしました。
今思えば、私にとってはそれが良かったのかもしれません。
その当時は、コレと思える好みのモノが明確でなかったし、
ブランドだけで選んでいたら、そのモノの良さを実感できなかったかも
しれません。 

なので、食器にしても自分の好みがわかってきての買い替えだったり、
調理器具やツールも『お家にあるもの』を使っていくうちに、
使いにくさがわかって、自分の使いたいと思うもの、自分の暮らしに合う
使いやすいと思えるもの、質の良さを求めて選ぶことができました。


続きは後日^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
03.08
Thu
昨年の春、購入まで1年近くかかって手にした野田琺瑯。
手始めにお味噌入れとして使い出し、少しずつ増えましたが、
重宝する保存容器です。それまでから使っているパイレックスの容器と共に、
我が家では欠かせない容器になっています。
パイレックスの密閉式は丸型だけなんですよね・・それが残念。

nodahoro9.jpg

マリネもこれで作りながらそのまま保存でき、プラスティック製品で
ありがちだった匂い移りやカレーなどの色移りがないのも嬉しい。

nodahoro10.jpg

ただ、やはり使い出していくと色々なことが起こります。
以前に野田琺瑯の蓋を追加購入した話を書きました。(コチラ
この時は直火にかけた時の蓋が欲しくて、琺瑯蓋のついでに密閉式の蓋を
ひとつだけ購入しました。

ところが保存の種類や量を考えて使っていても、バッティングしてしまい、
空いている適したサイズの容器がなく、シール蓋で汁気のある食材を保存すると
いうことが重なりました。お家で漬けた浅漬でも、少量の汁気があるせいか
夫ちゃんから指摘されてみると、こんな感じで蓋に汁がついて

nodahoro6.jpg

容器の端っこに水分がつくと液ダレして底に伝わります。

nodahoro7.jpg

もちろん蓋を閉める前にきちんと拭けば問題ないのでしょう。
なんせガサツな私、ちゃちゃーと置くからこうなるのかも^^;
冷蔵庫に置く時の私の置き方が雑だから液漏れするのかもしれません。

やっぱりそうなると、密閉式の蓋が最適なのかな~と。
もちろん実際、密閉式の時はこういったことは起きていません。

密閉式の蓋の内側がこのようになっているので、汁気が内側についても
周りの蓋につくこともありません。追加で購入した時は、
ただ『密閉式もあれば便利』ということで購入したのですが、
ずっと使い出していくと、自分の家でその容器の役割が明確になってきます。

nodahoro8.jpg

食材の保存だけでいうとシール蓋で十分ですし、中身がわかる利点も
あります。ただ最初に選ぶ時に、密閉式の蓋の琺瑯を選んでから、
シール蓋を追加購入しても良かったかなーという思いもあるという
使い出してからの感想です。

湿気を嫌う食材などにも適した密閉式の蓋・・・追加購入した我が家です^^;


これを買って、

追加でこれを買うなら、

最初からこれを買ったら若干お得!?


でも、使ってみないとその必要性ってなかなかわからないんですよね~。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
03.07
Wed
昨日夫ちゃんが、「車に積んでいる置き傘用の傘骨の先端が外れている」と
言いながら、手渡された傘を見るとつゆ先もありませんでした。
安い傘だったのであきらめも早いのですが・・・。

umbrella1.jpg

そういえば以前、私の傘のつゆ先が壊れた時に購入した『つゆ先』が
残っていたはず・・と思って探すとありました~。

umbrella2.jpg

でもつゆ先を挿し込もうとしても、若干傘骨の方が太くて挿し込めず。
挿し込めなければ長くなり、柄の玉止め部分にはいりません。
カッターナイフで削れるかどうかわからなかったのですが、
安い傘のせいか、材質が金属でなかったようで削ることができました。
削ること数十分(笑)

umbrella3.jpg

おかげでつゆ先が挿し込めました。
雨に濡れるのでレジロンの糸の方が良いかと思い探してみても
傘の色に合った茶色の糸がみつからず、黒糸しかありませんでした。
これぐらいのためにわざわざ糸を購入するほどマメさはありません^^;


まあ、目立たなさそうだから「いっか~」と思ってそのまま縫いつけちゃいました。

umbrella4.jpg



傘の玉止めにもちゃんと収まりました。
なんかしっかり取り付けようと思って頑丈にしすぎたみたいで、
微妙に縫い付け部分が目立ちますが、また使えるようになりました(^^)

umbrella5.jpg


骨の間接部分や傘骨が折れたら、このキットだけでは修理ができませんが、
安い傘だったので修理にだしたら、下手したら修理代の方が高くつくかも
しれません。^^; この程度でしたらお家で修理した方がお安くできます。


ひとつお家にあれば便利。
こんなセットならどんな修理もできそう。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 26 trackback 0
03.06
Tue
以前私の兄の家のマグカップ52個の話を書きました。
子供が小さい頃に使っていたキャラクターモノのカップも、
それを持つ年齢が過ぎれば減らせば良かったのですが、それができずに、
52個も膨れ上がり、義姉が兄から数を減らせと言われていた話です。
その後マグカップは、業を煮やした兄がいくつか処分したらしいのですが。

その後も器に限らず色々と手に入れたモノはなかなか手放せない。
減らさず新たに買うから増える・・当たり前の話です。
義姉も、うちの母と一緒で「まだ使えるから」という、一見モノを捨てずに
大事にしている感じにも見えます。でも、それは大きな錯覚なんですよね。
割れたり壊れたりしてなければ、『使える』モノになってしまうんです。
まして新品となれば余計に捨てられない。
その『使える』モノを使えば良いのですが、また大事に仕舞ったまま。
食器棚の奥に、箱に入れて吊り戸棚に、物置へと消えていきます。

「部屋が狭くって片付かない」が口癖でしたが、我が家よりは広い。
片付かないって、収納スペースからはみ出てるからじゃないの?って
思わなくもないのですが。

残したなら使う。 使わないなら捨てる。

そうすればよいのになぁって思うのですが、モノがたくさんあることで、
満足感を得ているところもあるようなので、なんとも言えませんが。

『使える』 と 『使う』 は違うんですよね。
 
確かに壊れてなければモノとしては使えるけれど、
それを使うかどうか? 使わず箱に入れたままや食器棚の奥底に何年も
眠らせたモノ、いったいいつ使うんですかー?

人間カラダはひとつ。使いきれる数なんて限られてます。

新しいモノに目を奪われるのは、子供ばかりでなく大人も一緒。
でも減らさず新たに買うから、増える一方。
収納するスペースにめいいっぱい詰め込むから、今度は使いづらくなったり、
使うモノが偏ってしまったり。気に入ったモノでも増え過ぎたら削る潔さも
時には必要になってきます。でもそれができないなら数を決める。
人間一旦手にいれてしまうと、なかなか手放しにくくなりますから。
ましてそれが気に入ったものなら特に。(って私自身の戒めでもあります)

『使えるモノ』 が 『使うモノ』 になるなら良いと思いますが、
使わないのに残したままは、『使えないモノ』となんら変わりがないように思えます。
(コレクションとして飾るという場合はまた別の話です)


rough_kitchen22.gif   rough_kitchen26.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 0
03.05
Mon
我が家の夫ちゃんは、PCケースやモニターなどが入っていた箱は
捨てられない人です。

hako1.jpg

こんな感じで押入れの枕棚に鎮座されています^^;
できれば処分したいものなのですが、絶対に「うん」とは言ってくれません。

我が家のパソコンは2台とも、夫ちゃんの自作パソコンなので、
HDDやマザーボードやCPUやメモリーや電源などのようなパソコンの
パーツを買い替えた時も全てではありませんが、置いている空箱があります。
「箱、捨てないの?」と聞いても、「要る~」の一言。
オークションに出す時に使ったりしているようですが、
何年も置きっぱなしのモノもあるんですよね。

いったいどうするんだか・・と思わなくもないのですが、
こういった箱に関しては、かつて話をしても堂々巡りだったので、
今は何も口出ししないようになりました^^;

先日購入したシュレッダーの箱も、すぐに捨てようとする私に対して、
夫ちゃんは「そんなに急いで捨てなくでもいい」と言って、
次回の資源ごみの時に捨てることになりました。
これは、使ってすぐ不具合があったりしたら交換で返品するかも
しれないなんていう思いがあるようです。

う~ん、でもその不具合がいつくるかもわかんないし、
箱を捨てた後で調子が悪くなるかもしれないしって思うのですよねー。
ならばすぐに捨てても一緒じゃない?って思うんですw
でも夫ちゃんの本音は、この箱も捨てたくないんだと思います。
だってかつて、キッチンのガス台の箱だってずっと置いていたんですよ。
「引越しの時必要かも」って。いつともわからぬ引越しを想定しても、
現に引越ししてませんしね^^; 私は「捨てよう」って言い続け、
流石に埃かぶった箱を見て捨てたくらいですから(笑)

そんな私ですが、仕舞うものもない空っぽの箱を置いていても・・と思う
気持ちに反しますが、一つだけ捨てずに残すと決めたダンボールがあります。

hako2.jpg

車で実家に帰省する時は、荷物の心配もなく良いのですが、
電車の時はできるだけ荷物を少なくしても、
手土産だとかあれこれ荷物が増えてしまいます。
今年のお正月のように18切符を使って途中下車しながらだと、
フットワークがいいように身軽が便利です。
なので実家に帰る時は前もって荷物を送るようにしています。今までは、
自宅から実家に荷物を送る時に使った箱を、今度は実家から自宅に送る荷物に
使って、その後はすぐに処分していました。
往復しただけなので箱はほとんどきれいな状態です。
たかだか150円もしないダンボールです。また買えば良いのですが、
まだ使えるダンボール、毎回捨てていたのももったいないなーと感じました。
親の病状を考えると頻繁に帰ることもあろうかと思い、
夫ちゃんと相談して、1つだけ捨てずに残すことにしました。
とはいっても、何回も使えるわけではありませんが、
あまりにも無駄にしすぎた気がしましてね・・・。
ネットショップでも、ダンボールの再利用をしているのですから、
お家に保管するのにスペースも必要なく、たたんで収納すれば良いし。
箱を捨てたいと思う気持ちと相反しているのですけどね^^;

でも、モノは無闇に増やし続けず、は忘れずにいたいとは思っていますが^^



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
03.04
Sun
押入れ収納 その1(コチラ)の続きです。

狭い部屋で家具の配置を替えたりすると、押入れの使いやすさを重視した
配置にはならず、日々の暮らしでストレスがたまらない程度ならば、
妥協せざるを得ないところがあります^^;

現在の我が家の押し入れとベッドの足元部分の位置関係です。
この幅が22センチと狭く、押入れ半分以上にベッドがあるので、
多少の不便さはあっても、日常の使いづらさはありません。
でも心の中では、もっと広い部屋であれば~と思わなくもありませんが(笑)

oshiirecase5.jpg

さて、我が家の押し入れの左側の上段には、ハンガーラックを置いています。
これも紆余曲折しましたが、この向きでこの位置が定着となっています。
洋服をかけるギリギリの奥行きを考えて、もう少し手前に移動しています。

oshiirecase6.jpg

このハンガーラックを使用するとなると、奥には日々出し入れしないような
↓こんなケースを置いた方が良いのですがしておりませんできません。

oshiirecase8.jpg

一般的にはえ?って感じになりますが、押入れ奥に引き出しケースを
置くことになりました。これも他のケースとの兼ね合いが・・・ε-(;-ω-`A)
それは夫婦持ち寄りのケースでメーカーが違っていたり、置きたい場所に
引き出し式のケースを並んで置けないということが事がありまして・・・。

数個ある上記画像のケースも、引き出し式でなく重ねての収納なので、
使いづらいですが、季節モノ収納として使っています。
でもモノの数を減らしていくうちに、中身がスカスカになっているので、
見直し対象のものです。

押入れを開けると、上から下まで揃えられた引き出し式の収納であれば、
美しいのですが、現実はそうもいかず(;´д`)トホホ…
収納モノは揃えて買えばスムーズにできるのでしょうが、
なかなかそうもいかず、できる範囲でパズルごっこです。


これは過去記事でも登場したタオルの収納で使っている無印のケースです。
置き位置が変わったので、高さが揃っておらず段違いになっています。
おまけにカゴを置いているので、まとまり感はありませんけど^^;

oshiirecase9.jpg

そしてこの手前に洋服をかけると幅もギリギリいっぱい。
正直言って洋服にとっては、あまりよろしくない状態かもしれません。

oshiirecase10.jpg

おまけに奥の引き出しのモノをとろうとするならば、

oshiirecase11.jpg

こうして洋服を寄せながらとらなくてはなりません。

oshiirecase12.jpg

なのでこの奥のケースに入っているものは、今までと同じくリネン類やほぼ
私が出し入れするものに限定しています。夫ちゃんが毎日着るものならば、
それを夫ちゃんにさせるとなると煩わしくなるかもしれない^^;
ハンカチも今まで同様私が毎朝だしているので、
私が洋服を寄せる作業が面倒だと感じなければ問題ないかと。
まあ、これは想定していた妥協点です。

押入れ左側の下段は、これまた先日処分したケースと同じ半間分の
キャスター付きのケースです。本音を言えばこれも買い替えたかったもの^^;

oshiirecase13.jpg

そりゃ正直なところ「一掃して全てを買い替えたい!」
押入れを開けたら、ちぐはぐさが目立ちますから(笑)

お家にあるケースをそのまま使うとなると、その不揃いさに嫌気がでてきます。
でも使うたびに「あ~嫌だ、嫌だ」と思いながら使うより、
少しでも統一感をだせるようにして、(マリメッコの柄でイメチェンしました)
自分の使う気持ちが萎えないように工夫しながら、既存のケースと
つきあっていっています。

このキャスター付きのケース、ずっとここが定位置なのですが、
現在はベッドが迫っているので、ケースそのものを出すことはできません。
でも引き出しは問題なく引き出せます。

oshiirecase14.jpg

きっともっと良い収納の仕方があるかもしれません。
ただ、新しく買わないで、持っているモノでの収納、
全部が全部、満足いく形ではありませんがあるものを使い回して、
「捨てたい!買い替えたい!揃えたい!」という気持ちを
払拭しながらの収納です(笑)

夫ちゃんは心の中で「押入れの中なんて家族以外に見ないのだから、
こだわるこもともないだろうに」って思っているかもしれません。
でも、きっとそれで私がごきげんさんなら、
「納得いくまで好きなようにすれば~」って感じで
見ているんだろうなーって思います^^;

半透明のケースは中身がわかるというのは利点なのですが、
目隠しの意味も含めおめかしすると、ケースの中の雑多なモノが
気にならなくなります。

押し入れ収納まだまだ問題は山積みです・・また日をあらためて・・。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
03.02
Fri
以前記事にした『処分しなかった押し入れケース』です。

oshiirecase1.jpg

捨てないことにしたのだから、なんとか使おうと他の収納ケースとの
組み合わせを考えながら、あれこれやっておりました。

でもやはり半間分の大きさとなると、非常に使いづらい。

この上にお布団を収納する、というスタイルがないので、
他の収納ケースを置いてみたりすることも考えました。
けれど不安定なこともあり断念。

ならば、左側の押入れ上段に置いているハンガーラックの下に入れると、
一部の洋服の裾がこんなふうについてしまいます。^^; これはマズイですね。

oshiirecase2.jpg

本当は押入れの幅いっぱいに、バーを取り付けたいのですが、
壁が弱そうで、万が一洋服をかけたとき重みで壁ごとズルっと
いきそうな感じなので、それは夫ちゃんから却下されていました。
天井の桟部分なら、壁ダイレクトに取り付けるより頑丈かな?と思うのですが、
我が家の押し入れは天袋がなく枕棚なので、バーを取り付けられたとしても
桟はかなり上になり、洋服をかけられる状態にはなりません。

oshiirecase3.jpg

そんなこんなで、押入れをパズルのようにして移動の繰り返しを
していました。工夫次第でなんとかなる・・と思ったのですが、
私の頭で考えていたことは全てアウト(-_-;)

ずっと以前、お布団をこの上で収納しないとなった時点で、
押入れを機能的に使えて、尚且つ見た目も美しい収納にしたいという願望が
ありました。なのでこれを捨てて新たに他の収納ケースに買い替えしようと
思ったこともありました。その後もこのケースの使い道ができず、
買い換えたくて仕方がありませんでした。
でもね、片付ける理由として不要になったケースを捨てるのに、
新しい収納ケースを揃えてどうする
!?って思うんです。
そりゃ新しく大きさも揃えたらきれいに見えます。
見た目も美しくなりますよね。
でも、でも、押入れの中、誰に見せるため?
ブログに載せたいから、新しいモノを揃えたいの?
それは違うよね、なんか違うよね。と踏みとどまった経緯があります。

壊れて使えないからの買い替えと違う気がしました。
収納がどうしても足りないから増やすのとも違います。
もちろん、使いにくいから捨てて使いやすいものに買い換えると
いう場合もあります。
でも私の場合は、新しい収納ケースを買っても
ただ首のすげ替えに過ぎない
と思いました。
モノを捨てる時の事を考えると、安直に買い替えることは
避けた方が良いということは、もう他でも失敗ずみ。

なので、前回の記事でも書きましたが、
なんとか生かせないかと思って処分しなかったわけです。

この数ヶ月あれこれ試行錯誤したけれど、どうしても置く位置が
しっくりきません。ケースそのものが必要なのか?も考えました。
このケースに仕舞っているものが、本当に必要かどうか?
もう一度見直すことにしました。以前に整理してスカスカ状態だったのですが、
収納ケース内にスペースがあるとついとりあえず放り込んだものもありました^^;

というわけで、残念ながらこのケースは生かしきれず、
夫ちゃんも今回は、色々やった挙句なので捨てることに同意してくれて、
先日のミラーの処分と一緒に粗大ゴミにだしました。
本当に、モノを買う時は捨てる時の事を考えねばと痛感しました。

これで押入れパズルもしやすくなりました^^

でも、

新しく買わず、今あるもので収納する! 


押入れ収納 まだまだ続きます^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 26 trackback 0
03.01
Thu
今日から3月ですね。
さて、昨日はこの冬一番の大雪のような積り方でした。
といっても雪深いところでは、たいした積雪量でもないのでしょうけど^^;

heyaboshi1.jpg

で、今朝は打って変わって良いお天気で気温も高め。
ですが、我が家のベランダは大変なことになっています。
古い賃貸ゆえ、ところどころ雨樋が朽ちて雨降りの時もそうなのですが、
こんな感じでダダ漏れ状態があちこち至る所で。

heyaboshi2.jpg

なので、上の画像の雪が積もった手すり部分も雪が溶けた後は、
雨樋からこぼれ落ちる水しぶきの跳ね返りが酷くて、
サッシのレールまで飛んできます(-_-;)
せっかくの良いお天気にもかかわらず、ベランダで洗濯物が干せず。

heyaboshi3.jpg

この勢いが半端ないんです! しかも音がスゴイ!
ポツポツ、ポチャポチャ、ポタポタいや、
ボタボタ、カンカン です^^;

以前に別件で建物の修理の時に、屋根も見てもらっていたはずなんですが、
やっぱり1つ直したら2つ・・と次々でてきたようです。
雨降りの時は夜に音が気になり、以前スポンジを置いて対処したことも
あるのですが、数が増えてくるとキリがありません。
そして雨降りの時なら、洗濯物も諦めもつくのですが、あまりにも
春のようなお天気とくると、なんともな~と思うわけです(笑)

浴室乾燥機もないので、部屋干しです。

ええ、生活感アリアリですが・・・。

heyaboshi5.jpg


こんな感じで天井に埋め込み式や



後付タイプでもこんなのだったら、
目立たないのにな~と思いつつ。



付けられるものなら付けたいけれど、付けられないのは仕方なし。
賃貸で壁も天井も安普請な感じは否めません。

そんなわけで、突っ張り棒が頑張ってくれてます^^
しかしこの突っ張り棒も取り付ける位置もどこでも大丈夫って感じがせず、
壁の厚みを調べながら夫ちゃんが取り付けました。

heyaboshi6.jpg

いやー前のように部屋干しした時に『臭い』がするなら、
到底我慢できませんが、我が家は今はあの嫌~な臭いとおさらばしたので、
消臭スプレーや柔軟剤を多めに使用することもなく、
見た目にはNGですが、前ほど部屋干しが嫌じゃなくなりました。
でもやっぱりお天気が良い時は、殺菌効果もあって太陽の下で干したいです。
花粉症ではないので余計にそう思ってしまいます^^;

洗濯物の嫌な臭いやカビの原因になる洗濯槽の汚れ。
これもしっかり掃除。昨年洗剤を変えてから柔軟剤(濃縮タイプ)を
使わなくなってピロピロわかめの出現はグッと減りました。
でも、時々残っている柔軟剤をその日の気分で使うこともあり、
そのせいかどうかはわかりませんが、汚れはやっぱりでてくるものですね^^;
それでも初めてリセッターを使った時のようなドロドロ汚れは、
お目にかかることがなくなりました。アレはほんと衝撃的な汚れでしたからね。

我が家の洗濯機にはお湯がでないので、バケツでお湯をいれるのですが、
それがめんどくさくなり、途中から蛇口をひねって水を足した事がありますが、
お湯と水では雲泥の差がでますね~。今回もしっかりお湯を使って
洗濯機任せの水量ではゴミポケットまでいかないので、
お湯を足して(流れ出るギリギリ部分まで)。
heyaboshi4.jpg

洗濯をしている以上は、洗濯槽の汚れはつきものだと思って、
定期的にすることで、清潔に保たれるのかな?と思います。


あ~それにしても我が家のベランダは微妙に雨漏り状態、
雪の溶け出しが増してより一層激しくなっております(T T)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
back-to-top