05.31
Thu
夫ちゃんがディスカウントショップで買ってきた、
昨年の秋に発売されたエヴァンゲリヲンのフィギアつき缶コーヒー。

確か・・・あれ~この缶コーヒー、前にお家にあったハズだけど・・。
フィギアがあったのかなかったのか・・覚えがありませんが。

P5311404.jpg

「安かったから」

キタ━━━━━━(・∀・)━━━━━━ !!!!!
いつものパターン。

私が「でもさ~、こういうフィギア、コンビニのお菓子のオマケでも
あったよね~ 同じようなのばっかり持ってるよね~」と言うと、
(我が家には子供がいませんが、ガンダムとかエヴァンゲリヲンが夫ちゃんは好きです)

P5311407.jpg

「違うから」

「同じキャラクターだよ~」

「よく見てみ~、形が違うさ」

確かに足が伸びてるだとか違うけれど、他のキャラクターもあったハズ^^;

「でも同じキャラクターだし・・」と言うと、

「○○さん(私)のイッタラ(ティーマ)の食器と同じことだよ~」と。

違う、違う、違う、違う、サイズも違う、色も違う、同じものはないよ~」

「極端なことを言うと、1枚だけでも十分やん」
いやいやいや、まあ実際に1枚が良いとは思ってないでしょうけど(笑)

P5311412.jpg

そんな会話をしつつ・・・、
はっ・・・夫ちゃんと同じことを言っているワタシ(笑)
色、サイズ違いであってもデザインは同じもの。

「同じものばかり買ってない・・べつもの、必要だから(とこれはあやふやかも)」と
言っているものの、自分なりに食器をお迎えする時の理由付けであったり、
自分に言い訳しているのが本音だったりして^^;

確かに食器に目覚めて、1枚買ったらまた次と、欲しくなってくるのも事実。
とはいえ、欲するままになーんて買い方してできませんが。

買うまでに本当に必要なのか、時間をかけて買って・・・いる・・。
と言いつつも、う~ん、そうだよね・・・オマケ欲しさにペプシも買った私。
同じことしてるんだよね・・(滝汗)

P5311401.jpg

夫ちゃん、せめているわけではありませんよ(^^)
人のこと言える私ではないですからー。
だってだって、ポチったのあるんだもん'`,、('∀`) '`,、


食器に対してコレという好みがない夫ちゃん(アラビアAvecは気に入ってますが
にすれば、どれも一緒に見えるのかもしれません。
サイズが違うのはあきらかでも、たいして拘りがないと同じように
見えるのかもしれません。私がフィギアがどれも同じようなものに
見えるのと・・・ね。

ε-(;-ω-`A) なんとも私達夫婦、似たり寄ったりです。

最後までオバカな夫婦の会話にお付き合いくださって、
ありがとうございました。<(_ _)>




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 1
05.30
Wed
お祝い返しで戴いたモノや贈り物で、自分のお家ではたぶん使わないだろうと
思われるものはどうされますか?というご質問を頂きました。
過去に身内、義両親からの贈り物について記事にしたことがあります。
(記事はコチラ1コチラ2
少し重複しますが、よかれと思ってくれる親心の気持ちには感謝します。
ただ最初に無理をして、心よく思っていないのに「嬉しいわ」なんて言うと、
後々それが続く場合を考えると、長いおつきあいをしていくうえで、
ストレスのないようにしたいと思うので、やんわりとお断りをします。
とはいっても、言葉を選んだり、夫方の身内ならば夫ちゃんから伝えて
もらったり、さりげなく好みを伝えたり。
そこは色々な考え方があると思います。
人間関係にもよりますし、波風立てないように黙ってもらっておけば良いと
いう考え方もあると思います。私も以前は両親、義両親だけでなく、
いただきものは、好みを問わず全て受け入れていました。
でもやっぱり絶対に使わないモノってでてくるんです。

kitty.jpg

お家に入ってくるモノって、好みでないからもらわないってことが
できないモノと、最初に遮断できるものがありますよね。
受け取る受け取らないの選択ができない、つまり贈り物と
粗品とかサンプル品、景品など自分の意思で断ることができるものとでは
違ってきます。それでも不本意に入ってくるものもあります。
でも贈り物などの場合、自分の手元に入ってきたものが、
自分の趣味に合わないものだったらどうしましょう。

実は結婚した時、結婚したという知らせだけを伝えた知り合いから、
写真立てをお祝いにいただいたことがあります。箱を開けて中を見て、
夫ちゃんと思わず困った顔になりました。
うちでは絶対に飾らない飾れないデザインのものでした。
とてもきらびやかな、ゴージャスなといった形容があてはまる感じのもの。
その写真立ては、贈った人の雰囲気、その人自身にはとても似あっている
と思いました。彼女自身の好みで選んでくれたのだと思います。
その気持ちはすごく嬉しかったのですが、やはり飾るとなると、
我が家には不釣り合いのものだと思いました。
大変申し訳ないと思いつつ、箱にしまったままずっと眠らせていました。
これがまだ消耗品なら使ったかもしれません。
景品とかと違って、結婚通知だけでわざわざ私達にという思いの入った
贈り物なので、使わないモノであってもすぐさま処分できませんでした。
でももう数年経って、今まで箱からださなかったものはこの先も
出さないだろう。そう思うとやはり使わないモノはもったいない。
申し訳ないけれど、そう思い手放しました。

実家は、こういう思いをしながらも幸いにも納戸があって、
モノを置き続けていました。お祝い返しの寝具や食器やタオルといった
定番の品から、装飾品といった類。
何十年と箱に仕舞ったまま。箱も色褪せ、陽に当たらないとはいえ、
年数が経ってしまった毛布の柄も、今となっては時代を感じさせる
ものがほとんどです。せっかく新品であっても古ぼけたものになって
しまっています。

そういうことを見てきたのと、私自身が今の生活、暮らしやすくするには、
旬の時期を逃さず、使うと決めたものは使う。
思い入れの入っていないモノに関しては、使わないものなら処分する。
そういうふうにしてきました。

ですが、お祝いで戴いたモノはそうバッサリとはできませんでした。
何度となく手放そうかと思いつつ、手にとってみては「う~ん」。
思い悩み結局箱に戻すといったことが繰り返されていました。
でも気持ちは十分に頂きましたし、眠らせたままより、
使ってくださる、欲しいとおっしゃる方にお譲りして良かったと思います。

人にモノを贈るというのは本当に難しいと思います。
気心をしれた相手ならともかく、そうではない場合、
ちょっとしたモノを贈る場合も、ものすごく考えてしまいます。
相手の生活スタイルや好みがだいたいわかっていれば良いですが、
そうではない場合、残るモノを贈るのはとても慎重になりました。

結婚当初、夫ちゃんの祖母やお義母さんに贈り物をする時に、
冬お家の中で着る、毛糸の羽織りものを贈ろうと思ったことがあります。
実家の母が冬になると、肩が寒いと言ってよくなにやら羽織っていたので、
そう思って夫ちゃんに伝えました。
そうしたら即「そんなものは、絶対着ない」と。
とても不思議に思ったのですが、夫ちゃんの実家(北海道)では、
お家の中は暖房がしっかりきいていて冬でも薄着なのです。
着膨れすることはありません。
部屋の中が熱くなったら暖房を切る、ではなく、ドアを開ける、
窓を開ける、といった具合です。(煙突がついストーブです)
実家ではこまめに暖房のスイッチを切ったり点けたりしていたので、
これには驚きでした。
なのでお家の中で寒いということがないというわけです。
環境、その家のスタイルによって違うことがあるので、
自分の基準に照らし合わせると真逆なことも起こりうるわけで・・。
きっと贈っていたら、お家の中では着られなかったと思います^^;
結局別なものを贈ったのですが、聞いていて良かったと思いました。


でも思いもよらぬ贈り物って、嬉しいですよね。
贈る人は、受け取る人のあれこれを思い巡らせながら選んで贈ってくださる、
受け取った人は、その気持ちが伝わり、計り知れないほど嬉しいもの。
そういうやりとりは、本当に素敵なことだと思います。

でも結局戴いたものを生かしきれなければ、やっぱりもったいない・・と
思う私です。自分の好みでないならリメイクして使うなり、
絶対に使わないと思うものなら誰か使う人に使ってもらったりして、
せっかく貰ったものでも手放すことになろうとも、
使わないままよりはアリなのではないかと思っています。
それと、さほど欲しくもないものなのについつい受け取ってしまう
サンプル品なども安易に受け取らなくなりました。
試してみたいと思うものだけ。
そうするとやっぱりすぐ使うので、溜まることはなくなりました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
05.28
Mon
モノが多くて自分の手に負えないくらいモノが氾濫して、
モノを減らし、捨ててすっきりさせる暮らしから、
モノを手に入れる時に厳選して、捨てなくても良いよい暮らしを
したいと思うようになりました。それはモノの命をまっとうさせたい、
させられるモノを選んで、しっかりモノは使いたい。
モノは使ってこその思いで使うようになりました。

目利きがしっかりしていれば、できるだけムダのない買い物もできます。
でも、使ってみなければわからないことや、失敗したということもあります。
そんな時は、やっぱりまだ使えなくはないけれど、
買い替えという選択肢もでてきます。
それで遠回りして手にしたものは、今までの失敗した分まで、
大切に使ってやれば良いと思うようになりました。

できる時にできるだけこまめ掃除をすることが、
自分にとってやりやすい、暮らしやすい、ためるとシンドイから。
そんな思いでした。

暮らしなんてよそのお家と比べるものではありません。
でも、よそさまの暮らしから、新たな方法を見つけたり、
自分のやり方よりも効率が良いと思うものがあったりします。
色々な方のブログを拝見したり、本や雑誌で得るものも大きいです。


料理研究家の有元葉子さんの「ためない暮らし」を読んで、
頷くところが多くあり、暮らしのヒントを頂きました。
(一部端折りながらですが、抜粋してご紹介しています)

毎日の暮らしについてまわる汚れや必要なものをためない工夫。
今手元にあるものを十分に使い切り、必要なものは必要なだけ持って、
それをとことん生かして、流れを滞らせない、
そんな暮らしをめざしたいと書かれていました。

そして「食べる」章では、
最後まで食材を使い切るコツなど。
作りおきは作って、上手に使い回すことが大切であって、
冷蔵庫にためておかず、おいしいうちに食べきりましょう。
と書かれています。

「キッチン」の章では、
戸棚の食器が増えたり、新しいものが欲しくなった時、
食器棚の整理の潮時、と思って、使わなくなったものや趣味に
あわなくなった物の行く先を考えて、処分してから買いましょうと。
毎日つかっているものほど、つやがあっていきいきしていると。
そう言われると実家の食器棚を思い浮かべると、
食器棚の奥のめったに使わない食器は、一度洗ってからでないと
なんか使う気になれないものもありました。

「住む」章では、
有元さんも「こまめ掃除が楽で楽しい」と書かれており、
ちょこちょこ片づけをなさっているという。
片付け方にルールはなく、片っ端から片付けると。
自分の生活スタイルがわかったうえでやりやすい方法で、
ということでしょうか。

その他にも、戸棚など空きスペースを作ることで、
家事の流れ、段取りがスムーズにできるということ。
色々なことを滞らせず循環させる暮らしのヒントのようなこと、
有元さんご自身が実践されていることなどが書かれています。

以前過去記事でご紹介した、門倉多仁亜さんの「ドイツ式部屋づくり」
でも書かれていることと根っこのところは繋がっている感じがします。

私自身、色々なことで迷いが生じたりする時があります。
でもブレずに自分軸はしっかり持っておきたいとあらためて思いました。






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 1
05.27
Sun
ダイエットをしよう!と思いつつも、食事制限とかムリムリ~(> <) 
ハードなものはダメ~(> <)などと甘っちょろいことを言ってます(笑)

でもこれならできそうと思って、
昨年購入して続けていたコレ↓



何年か前に流行った軍隊式のと違って、ハードでなく、
部分やせというのが気に入ってそれなりに続けられてました。

が、やはり時間を割かなければならないので、
だんだんと遠ざかってしまいました。
といいながら、時間なんてたっぷりあるのにね^^;
やめたつもりはないのですが、併用できてもっとラクにできて、
極めつけ、○○しながら・・が、私には向いているかと。

以前スノボをしていた時、シーズンオフに内転筋を鍛えるために
水中歩行をしていたことがあります。
ダイエット目的ではありませんでしたが、
内ももを鍛えることは骨盤まわりに脂肪もつきにくかった気がします。

こうしてPCの前に座っている時にできるダイエットグッズが
ないものか探していたところ、見つけたものがコレ。

P5201314.jpg

ダイエットしても痩せにくかったり、下半身太りや冷えが、
内転筋の衰えが原因とも言われているようです。
『冷え』はずっと気になっていたので、少しでも改善できれば良いかなーと。
下腹が下がってくると、お腹まわりにも脂肪がつきやすい。
なかなか太ももの内側を鍛えるってことが、日常生活ではないので、
意識的に鍛えたほうが良いかと思って。
これなら椅子に座って膝に挟んで押すだけ。

P5201317.jpg

これが意外なほど、無理なく簡単に続けられています。
なんてったって、挟むだけですから(笑)

負荷がかかることで鍛えられるというのも(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン

目をみはるように細くなった感じはありませんが、
確実に内ももの筋肉が引き締まってきた感があります。

椅子に座らなくても床に座った時でも、コレを膝に挟んでいるだけ。
挟んでいるのを忘れると、膝が外側に開こうとして緩んでくるので、
それは効果がなくなるので気をつけねばなりませんが。

それでも超お手軽なダイエットグッズです。
手で挟んで大胸筋のトレーニングにもなります。
年齢とともに胸が下がってくるのを防止するのに
両手を胸の前でつきあわせて押し合うより、負荷をかけて
これを使うとイイかも~♪

『うちももシェイパー』という商品なのですが、
楽天さんで似た感じのを見つけました。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 1
05.26
Sat
先日、ハマのアメ横と言われている、保土ヶ谷区にある松原商店街に
行った時、苺が安かったのでジャムを作ろうと思って買ってきました。

テレビでよく映し出される、屋根にダンボールを放り投げる八百屋さん
だけでなく他にも八百屋さんがいっぱい。魚屋さんも大きな声が
飛び交っていました。

matubara.jpg

活気がある商店街です。日々スーパーで買い物をしているので、
昔ながらのやりとりをしてのお買い物は、やっぱりいいな~と。
いやいやいや、激安でびっくりです。だってチンゲンサイだって、
3袋で120円だったり、驚きの価格がいっぱい(> <)
ご近所さんだったら良かったのにって思いました(笑)

044.gif


いえ、今日はおでかけの話ではなくて、
以前ジャムを作った時、頃合いの鍋がなく、ティファールの鍋を使いましたが、
コーティングされているも年数が経っているので気になっていました。
本来ならジャム作りには、琺瑯かステンレス鍋が良いのも
わかっていながら、頃合いの鍋がなく・・といった具合でした。

家にある圧力鍋のステンレス鍋だと大きすぎるし・・。琺瑯の小鍋があれば
いいのになーと思いつつ買い足すのはちょっと・・と躊躇していました。

なので、我が家のセラブリッドフライパンで作りました。
前日に、苺にグラニュー糖をまぶす下ごしらえして、

jam1.jpg

アクをとりながら煮詰めていきました。

jam2.jpg

セラブリッドフライパン、熱の伝導率が良いから、
弱火で作るジャムにはもってこいです(*^^*)
底の面積が広いので、意外にフライパンでジャム作りは良いかも!
鉄のフライパンは使えませんが、買い足さなくてもこれで十分でした。


苺2パック 600グラムくらい、 グラニュー糖300グラムくらい
レモン汁 適宜。苺の粒を残しざっくり作りました。

jam3.jpg



余談ですが、このセラブリッドフライパンですが、
昨年買ってもうすぐ1年です。白い部分が汚れるかなーと心配しましたが、
それほど気になることもありませんでした。
熱効率が良くて、弱火で調理できるのは良いのですが。
火加減をあやまると焦げ付いてしまう時があります。(-_-;)
個人的感想ですが、ジューっと焼きたいと思うなら、
ちょっとモノ足らなさがあります。
焼いて煮込んだり、蒸したりする料理には抜群なのですけどね・・。
夫ちゃんのたっての希望で買ったこのフライパンですが、夫ちゃんも
使い出してから時々焦げ付くのに苛立つこともあります。
色々なお料理に使ってみないとわからない事がありますね。

って、お出かけの話なのか、苺ジャムの話なのか
セラブリッドフライパンの感想で締めくくってしました^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6 trackback 1
05.25
Fri
子供の頃、母から「脱ぎっぱなしにしない」「出しっぱなしにしない」
などとよく言われていました。
ハサミを使ったら使ったまま放りっぱなしであったり(笑)
自分の部屋はともかく、玄関の三和土に靴を脱ぎっぱなしはおろか、
いくつも靴が置きっぱなしになっているのが、
母にはそれが、1番たまらなく嫌だったようです。
小さい頃から口酸っく言われ、叩きこまれながらも、
思春期になると、「狭い玄関じゃないのに、出しっぱなしでも問題ないのに」
と不満にさえ思ったものです。
靴を下駄箱に戻すというだけのことが、できないのも今から思えば
不思議な気がします。

だってモノの住所がきまっているのに、戻せていないんですもの。
もどしにくい場所でもないのに・・です。
ただその時は面倒くさかっただけなのだと思います。
そうして最後に、「母が片付けてくれるだろう」という甘えもあったかも。

片付けられない原因は、モノの住所が決まっていないから・・だけでなく、
住所は決まっていても、そこに戻すのは自分本人。
その本人の気持ちの持ちようも関わっている気がします。
かつての片付けられない私がそうでした・・・。

044.gif


先日、仲良くさせていただいているORIERIOさんが、
「元の場所にもどす」という家しごとについて書いておられました。

お布団を押し入れにもどす。
食器を洗って拭いて食器棚にもどす。などなど、
元に戻す仕事が好きだと書かれていらっしゃいました。
『カタン、コトン、ポトン、モノを戻したときの、この音が、
心臓のあたりに響くのが心地いい』と。

なんともこのコトバに胸を突かれた思いがしました。

(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
今の私も、この元に戻す・・・そうリセットする家事は好きだなぁ・・。

でもなぜにあの頃は、できなかったんだろう。
リセットした後の心地よさに気づかなかったのかもしれない。

ORIERIOさんも書いてられていましたが、
家族が気持ちよく過ごせるようにでもあるけれど、
自分(私)が、ちゃんと自分(私)でいられるために。
そう、誰かのためでもない・・・気がします。


出したら出しっぱなしのこんな状態を、

P5241369.jpg

元に戻すこと、

P5241383.jpg


床に散らかったままでは、掃除するにもどかさなくてはならない。
自分が掃除をする時のラクさを考えているだけかもしれないけれど、
元に戻すこと、リセットすることで次の作業を始める時に、
すぐにとりかかれるというマジックがあるかもしれません。

多少モノが散乱していてもそこが落ち着けると思う人もいるかもしれない。
それはそこがその人の居心地の良いスタイル。
家族と暮らしていて、整えられた部屋であっても落ち着かない時も
あるかもしれません。その家の頃合いがあるでしょう。
折り合いをつけながら・・・ですが、
元に戻すことで、あらたな気づきが見えるかもしれません。

もとにもどす・・・簡単なようで簡単でないのもわかる私です^^;



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 1
05.24
Thu
先日の記事「面倒なことは一手間惜しまず」でいただいたコメントで、
ものすごくインパクトがあった「膨張氾濫」という言葉。
作家の幸田文さんが書かれた作品に書かれていた言葉です。
すごく気になります。

幸田文さんといえば「おとうと」ぐらいしか頭に浮かず、
エッセイも書かれていたと知った具合です。
幸田文さんの父、幸田露伴から暮らすにあたって、ごくごく普通なことを
教わったことを書かれた本などもあり、興味惹かれるものがあります。

その中のひとつ、家事について、
前出の言葉、『膨張氾濫』がでてきます。
『絶え間もなく続き続き、渋滞すればたちまち膨張氾濫するから、
何事においても先ずこれを一埒さっとかたずける。
果て知らずという性質をもったのが家事だから、
われからくぎって規矩にはめなくてはならぬ。』と書かれていました。
(一部抜粋)


先日の記事と少しかぶりますが、
家事なんて探せばいくらでも次々と用事がでてきて、
ためればためるほど、1回でこなすのに時間もかかってしまう。
ならば毎日すこしずつでもためないで、ちょこっとする方が、
ラクな気がするとやっぱりそう思ふ私。
それでも、人間ですから気が緩んだり、ナマケ心がでる時もあります。
そんな時この『膨張氾濫』というこのコトバ。
歯止めになりそうです(笑)

それと、規矩 (きく)という意味。
恥ずかしながら、知りませんでした。(/・ω・\)
考えや行動の規準とするもの。手本。規則。

家事は一定の形にはめずに・・ということなのでしょうか。

そう考えると、自由にのびのびギチギチにならず、
とはいえ、溜めることなくひととおりさっと片付ける・・・。
昔の時代、今と違って便利なモノがなかった頃に、
家事とはなんぞやではないですが、この文言に凝縮された感じがします。
あらためて、自分の家事のあり方の気づきを頂いた気がします。


色々なハウトゥ本などありますが、
そういう類のものではない本だと思います。

久々に次々と読んでみたいと思う本でした。

   




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 1
05.23
Wed
先日の21日、金環日食を見に行ってその後お出かけして帰宅後、
夫ちゃんが、紅茶のシフォンケーキを作ってくれました。
相変わらずフットワークが軽い♪

先日お伝えしていましたとおり、夫ちゃんの念願の
天然大理石のケーキ回転台&カバー貝印 パレットナイフ もお迎えして、
不慣れではありますが、それなりに形づいて出来上がりました。
アールグレイの香りがしてとーっても美味しかった。

chiffon cake5

以前は、作ったケーキを冷蔵庫に入れる時、カバーがなくて大変でしたが、
この回転台にはカバーもセットだったので、夫ちゃんたっての希望。
すんなりこんな感じで収まります。

chiffon cake6



ところが、夫ちゃんが何やら「はずせん!」と慌てた声をだしています。
見ると、ゲゲッ~、イッタラ ティーマのプレートにかぶせたカバーが
外せないと言います。  

カバーの外径24センチ、ティーマプレート23センチ。
こんな感じで軽くポンと置いた程度なら問題なかったのですが、
(下の画像は後で撮ったものです)

chiffon cake7
夫ちゃん、ギュって押し込んじゃって、カバーが外せなくなってしまいました。
上の画像はケーキが入っていませんが、実際はケーキが入ってカバーが
外せない状態でした。(-_-;)

もうこの時は焦っていたので、写真を撮るどころでなく(笑)
右往左往していまいした。最悪、カバーかティーマを壊さねば、
無理かもしれないって思いました。

私の心の中のつぶやき・・・「よりによって23センチプレートが・・」
我が家では1番重宝するサイズ。しかも23センチは廃盤品なので、
探せばあるでしょうが、他のサイズと違ってすぐに手にいれるのは難しそう^^;


でも、ずっとずっと前の私なら、大事にしている食器がこんな風になったら、
ヽ(`Д´)ノプンプン怒ったかもしれません。
というか、昨日の母の話じゃないですが、昔の私は、食器に限らずですが、
気に入ったものや限定品であったり、ちょっと高めなものだったりしたら、
もったいなくて、なかなか使えなかった!
そんなところがありました。

でも、お気に入りのものを普段使うようになって、
使っているとモノは壊れる、大事にしていても壊れる時は壊れるんだ。
って思えるようになってから、すごく変わった気がします。
もちろん、自分で選んだものです、丁寧に扱うようにしていますが、
夫ちゃんにもとりたててその旨伝えることもなかったのです。昔の私なら、
きっと「これ大事な食器だから、気をつけてね割らないでね」って
言ったかもしれません(笑)

うちの夫ちゃんは、食器にはこだわりがありませんが、
いつの間にか、私がこっそり(笑)我が家にお迎えしたコレは、
使いやすと言ってお気に入りです。
でも、値段を知りません。言ってないから(笑)
気にせずガンガンに使ってもらいたいのと、名前も気に留めず、
気に入った器というのがなんかほっとするところです(*^^*)

もとい、外せないカバーをとるべく、お皿の裏に吸盤をつけて
引っ張ってようやく取ることができ、事なきを得ました。

正直言って、ほっとしましたけどネ ^^;


その後は26センチプレートに移しました。余裕があるでしょw

chiffon cake8.

我が家の冷蔵庫は小さくて棚板も少ないので、
ホールケーキも食材の量が少ない時を見計らわないと置けません。
今までカバーがなかった頃は、ラップをふんわりかぶせるも
やっぱりくっついちゃうので、これはセットでお得でした(^^)

chiffon cake9

金環日食の日に起こった我が家のちょとした騒動の話でした(笑)

でも、ほんと、「良かった~!」と大声で叫びたかったのも事実デス


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
05.22
Tue
昨日、実家の母と電話で話をしていた時のこと。
母が「お刺身用の和食器が何枚かなくなっている」と言います。
詳しく聞くと、兄が来て新しい料理を作って行ったらしく、
その時持って帰ったんじゃないか?と言います。
母は「どうせ、使っていないから良いんだけどね。あんたたち(私達夫婦)が
帰ってきてもお刺身は大皿に盛って取皿を使うし。」と言います。
更に続けて「大事に置いておいても、誰も使わないし」
なんだ、わかっているやん・・と心の中で思うも、
いやいや、この母は納得しきれていない様子と踏む私(笑)

兄に確かめたわけではありませんが、以前から実家の食器の多さを
兄と話をしていました。これについては過去記事にも書いていますが、
母が使う枚数、種類もほぼ決まっています。
以前から使うものだけを手元に残して、食器の数を減らそうとは、
兄と話したことがあります。私も母には帰省の度に話はしていました。
おそらく兄も母に話したりしていたと思います。
でも、きっと兄から「このお皿使わないよな?」と聞かれても
決まって「使う、使う」と答えていたに違いありません。
または「それはちょっと高かったし良いモノだから」なーんて、
絶対こういう会話をしていたと予想されます。

昨日の母が電話で言う「使っていないから良いんだけど」
これもよく言う言葉なのです。でも実際に処分するとなると、
あ~だ、こ~だともっともらしい理由をつけるから、
兄も無理やりに捨てさせるわけにはいかなかったのだと思います。

その和食器がなくても、他にもあるんです!
なにがなんでもそれがないと困ることはありません。
母が言ったとおり、昔は個々のお皿にお刺身を盛りつけて出していたけれど、
今1人暮らしの母が、セットもののお皿を全部使いきれることもありません。
また、実家はお正月には、鯛や鰤は冊では買わずお家で捌くので、
大皿に盛り付けします。
それを考えても、お刺身皿が数枚なくても問題はなく、すでにここ何年も
使われていません。それは食器棚をみれば明白です。

家族が減っていったりして、生活スタイルの変化とともに、
お家にあるモノを見直すべきなのです。
家族に合わせた数、その家の来客にもよりますが必要な数、
ずっと同じスタイルのままなんてありえないと思っています。
孫も大きくなったら、キャラクターカップなんて使わない。
なのにまだまだキャラクターカップを置いているし^^;
母も頭ではわかっていても、やっぱりモノに執着しているフシがあります。
今回の件は、私が説明して納得したようですが・・・。

私のブログを初めて読まれた方は、親のモノを勝手に処分するなんて
おかしいと思われた方もいらっしゃるかもしれません。
親といえども勝手にモノを捨てるわけにはいきません。
兄がいくら母に言っても埒が明かないから、数枚ずつ処分したのかも
しれません。どうせ母が使っていないから、拝借したのかもしれません。
それは定かではありませんが想像がつきます。
私も帰省の時に食器以外のモノも、少しずつ一緒に見なおして、
処分するものは処分して、暮らしやすい環境を整えるお手伝いは
している状態なのです。 歳をとると取り出しにくいこともあって、
上から上から食器も使うので、重ねられた下にある食器は、
使われることはほとんどありませんから。

桐箱にはいった茶器セットなど・・・ε-(;-ω-`A)
後生大事にしても使わないと意味がありません。
飾って見て楽しむならまだしも、箱に入ったまま吊り戸棚の奥に
仕舞っておいて、お客さんがきた時に使う!?

はぁ?って思ってしまいます。それはいつですか? 

ふだん遣いして日々の自分の暮らしを楽しもうよ~。
常々、母に言っているんですけどね・・・^^;

お家で使っていない食器は、なくても問題ないものばかり。
代用なんていくらでもできるのだから!

m-styl21.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 1
05.21
Mon
今朝はどんより曇かと思っていたら、雨がちらついていて、
金環日食は見えないかもしれないなーと思いながら見に行きました。
7:31

P5211320.jpg

厚い雲の合間からときおり光がさしてきて、
何度もシャッターチャンスをのがしながら(笑)パシャっと・・。
7:34

P5211321.jpg

7:36

P5211323.jpg


7:38 三日月のようですね。

P5211327.jpg

あんなに何日も前から騒いでいたこの日も、
一瞬のうちで終わってしまうのも、ちょっぴりはかない感じがしますが、
それが、よいのかもしれませんね(*^^*)

ずっと曇ったままでしたが、シルバーリングが見えて良かったです。(*^^*)

初めて行った公園でしたが、緑が多くとても広い公園でびっくりしました。
金環日食を見るためにカメラ片手にという方もいらしてましたが、
毎朝の日課のような散歩の感じで、ベンチに腰掛けてまったりされている
ご高齢のご夫婦がいらしてたり、のどかな風景でした。

P5211333.jpg

シャーレーポピーもとっても美しく、

P5211341.jpg


8時を回ると、水色の空が見えてきました。

P5211349.jpg

それでもあまりぱっとしないお天気です。
今日はこのままお出かけの予定です(^^)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 1
05.20
Sun
自分に不得手なことは、つい後回しにしてしまいがちです。
「後でする」その時は「今しないけど、後でするから」と思うものです。
でも、時間が経つと面倒になったり、優先すべきものがでてくると、
したくないものほど、なにかと理由づけをして後回しにしがちです。
差し迫って急ぐものでなければ、時間がある時に後回しになった事を
すれば良いのですが、たいして急がないものであれば、
ずるずると時間が経ってしまうこともあります。

自分にとって面倒なことほど嫌なものはありません。
延ばし延ばしに時間を稼いで、その時は逃れても、
誰かが代わりにしてくれるなら良いけれど、
結局自分がしなければいけないないなら、
早めにすませた方が、後がラクなのは明らかです。
でも、頭でわかっちゃいるけどできないこともあるのも事実。

「やらなきゃ、やらなきゃ」って思って、やる気スイッチが
はいる場合もありますね。

「先手を打つ」ではないですが、面倒なことを面倒にならないように
工夫することもひとつの手だと思います。
掃除をするのが面倒だ、汚れているところはどうも面倒だと思って、
しなければいつまで経ってもきれいになりません。
放っておいて自然にきれいになるなら良いけれど、
自分しかいなければ、汚い状況に目をつぶるか、
それに慣れてしまうか、自分でしなければなりません。
どうせ自分でするのなら、軽いうちが絶対にラクなんです。
一手間を惜しまず、ちょっとひと拭きするだけで汚れはたまらない。
面倒だからと何もしなければ、次がその倍、放っておけばおくほど、
汚れも酷くなり、掃除にかかる時間もかかります。
汚れたところは触りたくないと思ってしなければ、ますます酷くなり、
悪循環です。

それぞれ自分にボーダーラインがあるはず。
ここまできたらそれはマズイでしょーみたいな(笑)
結局、そのマズイでしょーをなんとかする時に、
自分が嫌になるほどなのか、そうでもないのかなのだと思います。
私は、溜めすぎてウンザリ度が自分のキャパを超えると、
「どうでもいいや」ってなってしまうので、
そうならないようにしているところはあります^^;

そして、どうせしなくちゃならないのなら、嫌々するより、
楽しくしたいじゃないですか(^^) 
好きになるかどうかは別として、少しの工夫でラクになれば、
御の字だと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 1
05.19
Sat
4月の末に、京都にあるHAMBURG LABO(ハンバーグラボ)という
ハンバーグ専門店から、このブログを通じて、試食をというお声を
かけてくださいました。
ですが正直言って私に?っていう思いと、口にするものだったので、
半信半疑でした。(ハンバーグラボさん、ゴメンナサイ)
実のところこんなご時勢ですので、「ただほど怖いものはない」というような
そんな思いもあったのも事実です。^^;

で、どうしたものかと思いつつ時間が経過したのですが、
遅くなってのお返事にもかかわらず快く商品を送ってくださいました。

それで届いたのはこちらです。これ、試食の商品!? ?(ノ゚ο゚)ノ オオオ
てっきり小さな箱が届くものだと思っていたのでびっくりしました。

HAMBURGLABO1.jpg

実際にオンラインで販売されている通常のものです。
京都ポーク100%ハンバーグ 150gが6個セット。
素材にこだわったハンバーグです。

HAMBURGLABO2.jpg

焼かれているので沸騰したお湯につけるだけで出来上がり(^^)

HAMBURGLABO3.jpg

ソースも、特製ネギ塩 和風しょうゆ デミグラスの3種類がついています。

HAMBURGLABO4.jpg


私が特に注目したのが『特製ネギ塩ソース』
九条ネギ・白ネギ・玉ねぎなど数種類のネギに鰹と昆布のお出汁と、
赤穂市のお塩で味付けされたソース。なので私は今日こちらを頂きました。

HAMBURGLABO5.jpg
お肉がね、とーっても柔らかいんですよ。ポーク100%だからかしら。
私の写真の腕では、うまく伝わらないのですが、本当にふっくらして
牛肉のンバーグに勝るとも劣らないお味です。
このネギ塩ソース、今までハンバーグで味わったことがないソース。
絶妙な味がお肉と調和して、食欲を増す感じです。


夫ちゃんは、『デミグラスソース』
ミルポワベースを赤ワインで煮込んだ和風のデミグラス。

HAMBURGLABO6.jpg
一口頂きましたが、安心していただけるお味でした。
チーズを乗せて食べたいなーって思いました。

お家で温めるだけのハンバーグですが、、とっても美味しくって、
本格的なお味がいただけるのが嬉しいです(*^^*)

とってもおいしいハンバーグでした!
HAMBURG LABOさん、どうもありがとうございました<(_ _)>

ぜひとも京都にある実店舗に行って、食べたい!
帰省の途中に立ち寄りたいと思いました。

詳しくは、HAMBURG LABOさんのHPでご覧になってくださいね。コチラです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 0
05.18
Fri
少し前、キッチンの排水溝からのニオイが気になっていました。
シンクの上からというより、シンクの下、扉を開けるとなんか臭う・・。

haisuiko10.jpg

夫ちゃんも同じように思っていたらしく、
「配水管が汚れているんじゃない?」と。
失礼しちゃう~、掃除してるよ~と内心ヽ(`Д´)ノプンプン

「重曹とクエン酸で掃除しているから」と言うと、
夫ちゃんが「パイプジェル使ってみたら?」と言います。
「見てみて~きれいだってば」と言いつつもちょっぴり不安になりました。

正直言って、もし汚れているとなるとショックでした。

でも、先日の記事にも書いたとおり、排水溝も配水管も
こまめに掃除をしているつもり。でも、重曹じゃあ落ちてないってこと?って
不安もよぎりました。シンク下から電気を照らして、上から配水管を
覗きましたが、汚れているふうには見えません。
なので管理会社に連絡して、一度見てもらうことにしました。

夫ちゃんが電話をしたのですが、第一声が「お掃除されていますか?」
まあ普通ですが、状況を話してもなんだか疑り深い様子だったらしく。
それを聞いた私は、「掃除のノウハウがあるなら教えていただきたい!」と
思いました。

さて、我が家のシンク下・・・何かおかしくないですか?

本来なら、排水トラップから下に続く蛇腹の排水ホースが途中で曲がっても、
床下の穴部分が真下にあけられているはずなのです。
ですが、穴があけられているのが横にズレています。
これはもうどうしようもないので、このままの状態ですが・・。
古い物件の賃貸でこういったおかしなところが他にもあります^^;

haisuiko11.jpg

この画像はもうなおした後なのですが、それまでもっと蛇腹の排水ホースも
長く出っ張っていました。この為どれだけ、シンク下の収納に支障が
あったことか・・。お鍋を収納するにしても余裕がなく、排水ホースに
当たらぬように、最小限のモノしか置かないようにして余裕を持たせながらの
収納をしていました。
↓点線部分のような感じで排水ホースが取り付けられていました。

haisuiko12.jpg

ホースを外して排水溝も見てもらったところ、

排水ホースも汚れていませんでした。


それで、ニオイの原因なのですが、
↓床にはこのようにメクラ蓋(刀のツバのようなもの)で目隠しされています。

haisuiko14.jpg

画像では見えないですが、このメクラ蓋の下には、蛇腹の排水ホースと
床下の排水パイプの接続部分に、ゴムでできた防臭キャップが装着されて
いるのですが、それが劣化して腐食していたのと、度重なる地震で、
この排水ホースの不自然な設置のためズレて、そこからニオイがもれて
いたのではないかという説明でした。

蛇腹の排水ホースを取り替えたわけでもありません^^;
すり切れた部分も気になりましたが、そこが穴があいているわけでもなく、
テープで留められた程度です。
ホースのカットと防臭キャップの交換だけでした。

おかげ様で、ニオイはしなくなりました(^^)

排水溝から嫌なニオイがする時、排水溝のトラップやホースの汚れに
原因があると思われがちですが、普段目にすることがない床下部分が
原因の場合もあるので、ご参考になればと思います。


それで、この際だからキッチンの換気扇や浴室もみてもらったりして、
掃除のノウハウがあればとお聞きしたところ、
「ここまできれいにされているのでそれ以上していただくことはないです」と
言われました(^^)/ 居住年数を考えると、とてもきれいに使っていると
言われて、掃除している甲斐があった~って嬉しくなっちゃいました^^;
そして重曹とクエン酸掃除で大丈夫だということが、これで自信が持てました。

でも、臭いがしていた間は気が気じゃなかったです。
「なんで臭うんだろう・・これ以上どう掃除をして良いのか」って
真剣に悩みましたよ・・・ブログだって書いているのに、
掃除の足りなさが原因だったってなると・・・・(-_-;)

でも、原因が判明してすっきりしました。
それよりもシンクを開けるとそれほど臭くなくても、なんか臭いが
あるのは嫌なものです。これで快適に過ごせます(*^^*)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
05.17
Thu
また愚痴っぽい話なので、
気分が悪いとお感じになられたら、どうかそのままスルーして
くださいますようお願いします、<(_ _)>

011l.gif





以前、ネットショッピングで不愉快な経験をした話を書きました。
それらは初めて利用したネットショップばかりでしたが、
外で食事をした時も似たようなことが立て続きに起きて、
我が家では「ここのところツイてないね」と。

それも初めてのお店がことごとくハズレを引いたというか、
非常に残念なお店ばかりでした。

それもお料理の味以前の問題で!


主だったって気になったのは接客応対とお店の姿勢。

2つ同時に注文確認したにもかかわらず、1つだけなかなか料理が
運ばれてこなくて、(そんなに時間のかかる料理ではない)
それでも気長に待っていました。
先に食べだしてだいぶ経つので、店員さんに「まだですか?」と尋ねると、
慌ててオーダー伝票(席には当然まだ伝票はきていない)を確認。
なにやら店員さん同士で確認するも、オーダーをとった女の子は、
「私、注文ミスしていないよ~」とでも言いたいよう表情ですごく不満顔。

結局、忘れられていたようでしたが、料理を運んできてやっと
「すみません」。

これは考えの違いがあるかもしれませんが、こちらが「まだですか?」って
聞いた時点で、テーブルと伝票を確認したら、
その場で「申し訳ありません」が普通では無いのかなって思うのだけど・・。


人気店でものすごい行列のお店に入った時のこと。

1人の女性がお店のトイレに入ったのだと思いますが、
店員さんにトイレットペーパーがない事を伝えていました。
お店ではセルフのウォーターサーバーには、何人もその前に
行ってはそのまま戻る姿が。1人の男性が水がないことを
言って、ようやくお水が飲める状態でした。
とても混雑したお店なので、オーダーやお料理を運ぶのに
手いっぱいだったのかもしれません。広いお店ではありませんでしたが、
1人で切り盛りしているお店ではありません。
でも、テーブルをセッティングが完了するまで、次のお客を店内に
入れないシステムでしたので、その間に水やペーパーの補充も
できるはずではないかと。私もトイレを利用しましたが、
いうまでもありませんが、あまりきれいとは言いがたかった。(-_-;) 
いくら人の出はいりが多いとはいえ、お昼時であの状態では、いささか・・。
汚した汚れというより、洗面所も埃が積もっていて清潔感も全くなく、
日頃の掃除ができていない感じがしました。
まして食べ物屋さんで、これではいくら人気があるお店でも
私はガッカリしました。
もちろん、ペーパーなど入れ忘れもあるかもしれませんが、
ストックは補充しておくべきものだし、配慮が足らない気がしました。


また別のお店では、人手不足なのかお客が多すぎるのか
わかりませんが、呼び鈴を押しても来ない。
具材を用意するだけで、後はお客任せのスタイルのお店でしたが、
火入れを忘れたままで具材を運んでくるも、
一緒に食べる別の具材は、長い間忘れられていたかの状態で
(少々待たされたぐらいでは、文句は言わないです)
やっとくる始末。これも長い間待たされて、もう来ないならこないで
いいやって思った矢先、運ばれれてきたのでそれを言うと、
「すみません。火をつけるの忘れていました」でした。
下ごしらえに時間がかかるものでもないでしょう。
なぜにこんなに時間がかかる??? 
この店ではお客が席に着いた時に、まず火を点けて温めてからが基本の
はず。人間ですから忘れる時もありますが、そこのお店としては、
まずこれがないとどうしようもない大事な道具。
なんだかな・・・。おまけに調味料のイレモノも汚れたままであったり、
テーブルの側は埃がついたまま。う~んガッカリ。


お家で作って食べるのと違って、外食というのは、
お料理のお味も然る事乍ら、お店の雰囲気を楽しんだり、
サービス料金を徴収していない場合でも、
「食事を提供する」というある程度の心遣いというサービスが
お料理のお値段に含まれていると私は思っています。
もちろんお店側も無理難題を言うお客の対応に困ることもあるでしょう。
けれどお料理を提供するお店なら、清掃は基本でしょう。
素晴らしいお店はたくさんあります。
接客応対にしても、不備があってもそれを上回るような応対のしかたで、
気持ちよく帰ることができるお店もあります。


上の3つのお店はどうもただ『お料理を運んでおしまい』的な感じ?

気配りが足りない 

そんな印象のお店ばかりでした。

どうか今度はハズレでないお店に出会いたいと願うばかりです(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

05.16
Wed
本日は2回目の更新です(*^^*)

不安定な天気を見ながら、やっと衣替えができました。

さて我が家の押入れには、以前チラっとお見せした、
季節ものの洋服の収納に使っている、使いづらい押入れ収納ケースです。

koromogae1.jpg
このサイズが幅44センチ、 奥行き74センチ、 高さ35センチ
積み重ねるケースです。買った時はたっぷり収納で便利だと思っていました。
ですが、衣替えになると積み重ねているケースをおろしたりするのも
一苦労します(;´д`)トホホ・・・

シーズン中に着る普段のものは、こんな感じで立てて収納しています。

本当は、衣替えしない収納ができれば良いのですが我が家は無理です。
なので、ニット、タートルのカットソー等は、
この深さのあるケースに収納します。
ところが、立てて収納するとこんな感じで、高さも幅も余ります。

koromogae2.jpg

日頃使う引き出しでは、立てて収納すると見やすいし、
頻繁に出し入れするので折ジワも気になりません。
けれど、この畳み方をすると、前身頃に2本は折りたたみシワが必ずつきます。
裾にも1本折シワがつきます。

koromogae3.jpg

袖もこうして折るので、脇と袖のこの部分↓に折畳みシワがつきます。

koromogae4.jpg

仮に高さが低いケースであったとしても、
半年近くこの状態でこのケースにいれるとなると・・・。
やっぱり衣替えの収納は、ケースに合わせて、重ねて平たく収納に。

いたって普通の畳み方でゴメンナサイ。m(__)m


袖も脇の部分で折って伸ばして2つ折り。
いたって一般的な畳み方ですが、折りたたむ位置は目立たぬところで。

koromogae5.jpg

いれたらこんな感じです。 折る部分は最小限です。

koromogae8.jpg

タートルの場合は、首の付け根のところで折って、上の様に二つ折り。

koromogae9.jpg

こんな感じで上に積み重ねるので、普段の引き出しには不向きですが、
これらの洋服を出すときは、全部だすことになるので不便はないです。
中のものはこうして透けて見えるし、伸ばしていれていくので、
上の洋服が重しになって、シワも伸びます(笑)

koromogae10.jpg

ただ、また次の衣替えの時にケースに合わせて
折り畳み直す作業があります^^; ちょっぴりメンドクサイ(笑)
でも洋服の数も少ないので、まあ許容範囲です。
この使いづらいケースも買い替えて統一すれば問題解決になりますが、
安易にハコモノを増やすのでなく、また別な良い方法が見出せたらなと考え、
敢えてこのまま平らな収納にしました。

収納モノを買うことはお金が許せば簡単ですが、
以前、ひとつ使いづらい押入れケースを処分した時にも書いたとおり、
あるもので収納する!
収納ケースをお迎えする時はよく考える。これは本当に痛切に感じました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
05.16
Wed
3月の帰省の時、途中で立ち寄った滋賀県近江八幡にある日牟禮ヴィレッジ。
その時にご紹介しきれず(記事はコチラ)、今頃になってしまいました。
数ヶ月前の話で申し訳ないですm(__)m

また一部ずつのご紹介になるのですが、おつきあい願えたらと思います。
クラブハリエ日牟禮館に行くために、早朝に着いた為、
主だった観光場所はまだ開いていなくて、入れませんでしたが、
人も歩いていない街並みが、とても趣があってまた立ち寄りたい場所に
なりました。今まで帰省時には京都には度々立ち寄るのですが、
滋賀は素通りでしたので、情緒溢れる街並みをぜひご覧いただければと。

クラブハリエも開店前でしたので、ぶらぶらと歩いていくと、
こんな看板を見つけました。

P3200135.jpg

瓦専門の展示館かわらミュージアムです。

P3200137.jpg

この建物の裏側は川が流れていて、こんな感じになっています。

P3200150.jpg

屋形船がとても情緒があって、水郷めぐりができるようです。

P3200151.jpg

はやり、こういう瓦がところどころで見かけます。

P3200152.jpg

石畳を降りて船まで荷物を運んだのでしょうね。

P3200161.jpg

見上げると川沿いのお家は、石垣が高く積まれています。

P3200163.jpg

川沿いを歩いていると水面に映る建物がとても風情があります。
この先に画像の上の方にある橋、この橋の右手に日牟禮八幡宮と
クラブハリエがあります。

P3200162.jpg

橋の上から見るとこんな感じです。
写真では見えませんが、左側がかわらミュージアムで、
右側の川沿いを歩いてきました。

P3200146.jpg

こちらが日牟禮八幡宮です。とても立派な佇まいです。

P3200168.jpg

早朝だったので、神職全員の朝拝が行われていました。
おごそかな雰囲気が漂っていました。

P3200170.jpg

粛々ととり行われている中を、そっと神社の奥に進むと、
鏡池がありました。後ろの大きな岩は物々しい感じがします。

himirozinjya.jpg

日牟禮八幡宮でひいたおみくじ。
今まで数々のおみくじをひきましたが、『未分(いまだわからず)』という
おみくじはお目にかかったことがありませんでした。
大吉でもなく、凶でもなく、未分! 初めての経験です。

P3200178.jpg

明治に八幡東学校として建築された白雲館です。
現在は、観光案内所があり、お土産が販売されているそうです。
朝、早くていけずじまい(;´д`)トホホ・・・

P3200147.jpg

早朝だったこともあり、人通りもなく静かな街並みを堪能できました。


ちょっとオマケ

虫刺されにつけるメンターム、その近江兄弟社グループの
近江兄弟社学園が、白雲館の前の通り沿いにありました。

oumikyoudaisya.jpg

近江と名がついているから、こちらにあっても不思議ではないのですが、
メンタームでお馴染みの会社の学校があったのはオドロキでした(*^^*)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
05.15
Tue
昨日の記事で、シンクも石けんで洗うとピカピカになるというコメントを頂いて、
私も手持ちのふきん洗いの石けんで試してみました。

シンク掃除は、まだナチュラルクリーニングでなかった頃、
キッチンの食器洗い洗剤(合成)でシンクを洗ったこともありますが、
きれいになった感じがしなかったことがあります。
なのでクレンザーで必死になって磨いたりもしました。
シンク磨き用のクリーナーも使ったことがありますが、
お値段もそんなに安いわけでもなく・・長続きしませんでした。

特別なモノを使わなくて、クエン酸、重曹掃除に切り替えてからは、
水周りはこれだけで十分に掃除はできました。
とくにカルキの白残りは、クエン酸パックで汚れが気にならなくなりましたが、
ふきん洗いの石けんで、シンクを洗う発想がありませんでした。

石けんを使用されている方は、何の不思議もないのかもしれませんが、
意外な発見でした(^^)/

固めのナイロンスポンジにふきん洗い石けんをつけて泡だてて、
シンク、調理台もゴシゴシ。先に使っていた小さくなった石けんを
直接シンクにつけてゴシゴシ(笑)

P5151276.jpg

蛇口もレバーの後ろ部分、レバーを上げながら(水が出る手前くらい)
その間もゴシゴシ。

P5151279.jpg

洗っている時に感じたのですが、シンク内の壁面のくすみの汚れなのか、
水分と一緒に灰色のようなものも一緒に落ちました。


水を流すとあっという間に水分がはじいてなくなっていく感じがします(^^)
キュッキュッって音がします。これがシンク掃除の醍醐味です。

P5151289.jpg

蛇口の根元にたまりがちな水も、サーっと流れていきます。

P5151290.jpg

後は拭き取りをして完了。
20数年経過したシンクで、輝きはとっくに諦めていましたが、
ピカピカして輝きが少し復活した感じがします(*^^*)

P5151294.jpg

ふきん洗い用の石けんで、こんなにきれいになるなら、
もっと早くに使っておけばよかった~(笑)
でも、カルキ汚れはクエン酸は欠かせないですから、
これから併用して掃除をしていこうと思います♪

カネヨ ふきんソープ
お財布に優しくて、良い仕事をしてくれました!

あれこれ用途別に持たなくても、今まで使っていたもので
掃除ができてきれいになるなら、一石二鳥です!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 26 trackback 0
05.14
Mon
以前キッチンで使うふきんは、石けんで洗っている話を書きました。

下の画像の石けんに限らず、こうした石けんはふきん以外にも使えます。
私は手荒れが酷くなって、合成洗剤の使用をやめて食器洗いには、
びわこ ふきんで洗っていますが、泡立てればまな板や鍋、食器も洗えます。
手もこれで洗っています。万能選手です。

fukin2.jpg

液体石けんもありますが、ふきんをゴシゴシと石けんで洗う方が
なんとなく落ちそうな感じがして固形石けんを使っているのですが、
普通の石けん皿でははいらないし、水分を含むとシンクの下に石けん成分が
落ちて白残りの原因になります。
(ケースのお手入れはコチラに書いています)


なのでこれも以前、無印のざくろ石けんの時にご紹介しましたが、
無印の石けんケースを使っています。スポンジがセットされるので、
最後まで石けんがジュクジュクになることなく使えます。

fukin3.jpg

でも、やっぱり石けんが大きいので、蓋がしまりません^^;



なのでこんな場合は、石けんを半分にカットします。

fukin4.jpg

これできれいに収まります。

fukin5.jpg
残りの半分は袋に戻して口を閉じて保管します。


先日、ブロガーさんのところで、キッチンにハンドソープを
置かれたという記事を読んで、私も置いてみようかなと思ったのですが、
スペースが狭まるので断念したということがあります。

昔ながらの石けん、コスパも良いので和が家はコレで乗り切っています。

fukin1.jpg








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 0
05.12
Sat
我が家は物置はもとより、掃除道具を収納する専用の場所もありません。
なので、洗面下には殺虫剤や雑多なモノを押し込めるような感じで、
収納せざるを得ません。押入れというほどの物入れでなく、
工具とかいれたり、毎日は使わないけれど使うもの、というものを
入れておくモノ入れ?目隠しできる場所があればな~と思います。
なので余分なモノ、使わないものは置かないようにしています。置けない。
収納の狭さに不便だと感じる時もあるけれど、
ないものねだりをしても仕方ないですしね^^;

キッチンのもので1年に1度しか使わないモノでも、それは使うもの。
たま~にしか出番がなくても、めったに使わないものでも、
使うのならば収納しておかねばなりません。
使うから収納する、使う時に取り出しやすいように収納する、
しまう時、次回使う時にわかりやすく収納する。
収納するってそういうものだと思います。
使わないモノを保管するために、収納スペースをさいて
日々使うモノのスペースを使いづらくするのは本末転倒。
そぎ落とせるものはそぎ落とす。

でも、なかなかそぎ落とせないモノがあるのが人の暮らしですが、
だいたいのモノはお金で買えるもの。
思い出の品のようにお金では買えないものなら、
手放しにくかったり躊躇したりしますが、
買えるもので、ずっと使っていないなら、それほど重要なモノでないのかも。
そもそも仕舞ったままのもの、ひょっとして忘れていたかも。
手放してまた必要になれば、手にいれれば良いって考えると、
暮らしも身軽になるかもしれません。

また、見て楽しむモノは心を豊かにするけれど、
仕舞いこんで、ただ持っているという事実だけで満足しているのは、
なんとも心淋しい気もします。
モノの数が多いから満足度が高いとも限らず、
モノの数が少なくても満足度が高いモノを選びたい。
って思えるようになったのも、ただ持っているだけで活用していないものを
少しずつ削ぎ落してきたから。
だから多少の不便さを抱えていても、色々工夫し見なおしたりしながら、
自分の『今の暮らし』、好きだと言える暮らしをしたい。


popo3.jpg   popo3.jpg   popo3.jpg   popo3.jpg   popo3.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
05.11
Fri
我が家は過去記事にご紹介したことがありますが、
薬やトイレットペーパーの収納にカゴを使っています。
他にもちょっとしたモノいれ、一度着た洋服の収納にも便利づかいしています。

プラスティクカゴではないので丸洗いはできません。

置いている場所によって、埃のつきやすいものと、つきにくいものがあります。
またカゴの素材によって違いがあるかもしれませんが、
収納しているカゴの編み目に埃が積もっていては、見た目もよくありません。
つい便利でポンと置きがちですが、静電気の加減で埃を吸い寄せたりします。

kago10.jpg

こういった布張りのカゴも要注意です。
中にモノを入れていると、いれっぱなしになりがちです。
編み目に埃がはいりこむと取りづらくなります。
時々、布を取り外してお洗濯をします。

kago11.jpg



我が家のトイレットペーパーを収納しているこのカゴ。
トイレは一見埃がなさそうに見えても、着衣の脱ぎ着で埃は多いです。
もしトイレにカゴを置いているなら、チェックです(*^^*)
蓋の上、埃がたまりやすいんです。ここはこまめに掃除した方が良いです。
掃除機で吸い取ったり、拭き取りします。
蓋の裏や蝶番の部分、カゴの後ろ側、そしてカゴの中。
他のカゴの布と違って、やっぱり紙の繊維が落ちるので、
細かなゴミがつきやすいので、こまめにお洗濯します。

kago12.jpg

我が家のカゴはお手頃価格なので、汚れが気になったら、
固く絞った雑巾で拭いちゃう時もあります。
その時はカビ防止のため、しっかり陰干しししっかり乾燥させます。
籐製品だと乾拭きすると、汚れもとれてツヤもでますよ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
05.09
Wed
今我が家で使っているスパイスボトルをご紹介します。
砂糖や塩はスナップウェアーの容器にいれていますが、
スパイスや卓上で使う塩はこちらの容器にいれています。

ずっと悩んだ挙句選んで使っているのがこちらキャ○ドゥのもの。
使われている方も多いかと思います。

chomiryocase1.jpg

私が求めていたものは、
形が台形でなくストンとしているもの。
先細りになった容器より、まっすぐな方が収納しやすいと思って。

ボトルの中身がわかるもの。
この画像ではわかりずらいのですが、金属のカバーの下はガラスです。
一部中がみえるようになっています。

ガラスかステンレスか陶器製のもの。

蓋の取り外しがないからラク?100均だしお手頃価格だし、
容器の中はガラスで、手に持った時のしっかり感もあるし、
フォルムが良くて気に入っていました。



最初候補にしていたものは、とコチラのもの。↓
レビューも結構良かったのですが、蓋の素材がメッキとプラスティック。
メッキ部分の蓋がネックになっていました。
でも今考えると、さほど問題なさげな気がします。



話は我が家のスパイスボトルに戻って・・。
ですが、こういうものってお飾りじゃないから使ってみないと
わからないことがあります。でも頭によぎった不安がありました。
なのである程度は想像はしていました。

使う前の私の気持ちは、maybe

それが段々とperhapsに変わり、probablyになっていきました(笑)

こうなるであろうと思っていましたけどね~、

使っているとね、スライドさせた時にこうして残るんです。
塩だけでなくコンソメも鶏がらや他諸々同じような有様。
使い方の問題なのか? 悩みました(笑)

chomiryocase2.jpg

でも大小の穴があって、中身によって使い分けできるのが良い!と
思っていました。

chomiryocase3.jpg

なので、多少中身がついても、蓋をスライドさせる時に拭けば良いや~って。

chomiryocase4.jpg


そう思いながら、そう言い聞かせながら使っていました。

でも、でもね、中身がなくなって詰替をいれようと蓋を開けたら、










こんなことになるんです・・(;´д`)トホホ・・・


chomiryocase5.jpg


これはイカンでしょう~。


おまけに詰め替えで蓋を開けたら、テーブルの上はこのとおり。

chomiryocase6.jpg


拭いたら良い。

拭けば済む話。

そう言い聞かせて使っていますが、このボトル、調味料の種類によって
常温保存と冷蔵庫保存にしているのですが、きちんと払いきらずに戻すと
ドアポケットにも粉が落ちるんです。
毎回使うたびにボトルを拭けば良いのでしょうけど、夫ちゃんが使う時に
それを言うのもはばかられ、それならば容器を変えず市販のまま使えと
言われかねません^^;

このボトルを使われている方、このような経験はないでしょうか?
それとも我が家のボトルの使い方が悪し?
それともハズレをひいた?


ちょいとストレスがたまりすぎになっています(-_-;)

使いづらかったら買い替えれば良いのですが、
捨てるというのもいささか・・・どうしたものか。
最初に頭によぎった不安・・見事的中しました。
よく考えて選んだつもりですが、少しでも不安のあるものは、
何度も何度も考えてから・・の方が、良かったなと、
久々の後悔をしてしまいました。

スパイスボトル、何かオススメのものがおありでしたら情報求ム♪(^^)


気になるモノ
IKEAのDROPPARのスパイス瓶


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 26 trackback 1
05.08
Tue
昨日のお月様はオレンジ色でしたね。
時々、ものすごく赤い月の時がありますね。
先日のスパームーンとは違い、少し不気味な感じがします。


オンマウスでスーパームーンが見られます。もしくはコチラ



知り合いがお店を出しました。
もともと別のジャンルのお店をしていて、充電期間を設けてから、
別の場所で心機一転、新たにお店をオープンしました。
なので、内装もお店の備品にいたって、いちからのスタートだったようです。

美味しそうに盛りつけられた小鉢です。

shoputsuwa.jpg

お店をコーディネートされた方が、「実は・・」とぶっちゃけ話を
してくれたのは、こちらの小鉢は「お値段以上、○トリのものだよ」と。
そして「お手頃価格(確かにこの器の値段はものすごく安かった)の器だけれど、
1つの小鉢をそのままだすより、下に木のトレイを置いて3種類の小鉢を
セットで出した方が良いかと思って」と言い、
更に敷いているトレイ(写真では見えませんが)、
これは平らでなく小鉢に合わせてくり抜いたと言います。
小鉢をどけると花びらのような形にくり抜かれていました。

それ以外にもおてふきや荷物入れの籠なども同店のものだそうな。
でも、そう見えないのが不思議でした。

お店の内装は細部にわたってこだわりが見られます。
お金をかけるところ、かけないところがあり、尚且つ
安いものでも安っぽさを感じさせないところ。
内装の写真がないのですが、高級感があるけれど、
新品の木ばかり使ったわけではないと。
洋服のフック・・・一見フックにはみえませんでした。
動物や一目でわかる形のフックではなく、オブジェ的なものに見えました。
「服掛けをつけたら普通でしょ。洋服を掛けない時にフックに見えないもの、
掛けなくてもインテリアとして見えるものにしたかった」と、
それなりにお金をかけたということでした。
お店として器もお料理も含めトータル的に見ても、
安っぽく見えませんでした。

もちろん全てお金をかけて揃えたら完璧かもしれないけれど、
安いものをいかにも・・・的に見せない工夫。
これは大変勉強になりました。


人それぞれの好みがあり、自分が良いと思う器であっても
価値のないものと判断する人もいます。
お家に於いて、ただ、安い高いにかかわらず、好みのモノを使うことが
大事だと思います。頂いたりオマケの食器であっても
「ないからとりあえず使っているだけ」より、
「こういうとこが好きだから使う」っていう方が素敵じゃないですか?
なんとなくあるから、仕方なしに使っている・・・ではなく、
食器としてどうよ?と思うものなら、ばっさりと処分するか、
いっそ別な形で使うほうが良いと思うのです。

創意工夫して同じモノでも違うように見えたりするのって、
なんだかいい感じだなぁと実感した次第です(*^^*)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 0
05.07
Mon
以前、無印のシリコーンボールを脱臭剤としてキッチンの食器棚に
置いていることを書きました。(記事はコチラです)

silicon1.jpg


雑把な私は食器の出し入れの時に、シリコーンボールにひっかけて
中に入っている重曹をこぼしてしまったことがあります。

なので今は蓋をつけて置いています(^^)

お弁当用のカップ8号サイズを用意します。

silicon2.jpg

シリコーンボールにのせて、はみ出した部分をカットします。

silicon3.jpg

そして穴をあけます。テープで止めても良いのですが、
お弁当用のカップ、このサイズだと丁度良い具合に止まります。
でも完全ではないので、重曹がたくさん入っていると横倒しになった時、
こぼれる可能性はあるので気をつけてくださいね。

silicon4.jpg

食器棚の隅っこに置いています。

silicon5.jpg


クローゼットにも置いておくと、消臭・吸湿剤の役目をしてくれます。
靴やブーツの中は、小袋にいれておくと良いと思います。


クエン酸はアルカリ性の臭いを消すので、
トイレの消臭(アンモニア臭)には重曹でなくクエン酸を置くと良いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14 trackback 1
05.06
Sun
本日2度目の更新です(^^)

昨日、子供の日は久しぶりの晴天だったので、
埼玉県にある、蔵の街・小江戸川越を散策しました。
ただ、行き当たりばったりで行ったのと、ものすごい人で、
正直行って人酔いしてしまいました。今度は平日に行かねば!と
もう先の話を夫婦でする始末です^^;

城下町である川越の街は、ほんと昔の時代にタイムスリップしたかのようです。

kawagoe1.jpg

街並みをゆっくり見たいと思うも、本当にたくさんの人でいっぱいで、
車も大渋滞です。

kawagoe2.jpg

川越といえば『時の鐘』が有名ですね。
1日4回、時を知らせてくれるそうです。

kawagoe3.jpg

この建物は銀行です。一見何?って思いますよね~。

kawagoe4.jpg

こちらは商工会議所の建物です。

kawagoe5.jpg

蔵づくりのゾーンの街並みのなかに、大正ロマンあぶれるモダンな建物が、
現れると、とても不思議な感じがします。


陶舗やまわさんです。店の奥の蔵で、陶芸教室が開かれているようです。
店内は色々な作家さんの作品が展示され販売されています。
ずいぶんこちらで長居してしまいました。

kawagoe6.jpg

川越の地ビール コエドビール(COEDO)

kawagoe7.jpg
小江戸巡回バスが通っています。
フリー乗車券で川越の観光地直接結ぶ観光路線バスです。

情緒あふれる街並みです。

kawagoe8.jpg

人力車に乗っているのは芸者さんですが、
観光客を乗せている風景をみかけました。

蔵造りのゾーンの街並みは、『重要伝統的建造物群保存地区』に指定され、
昔ながらの建物の造り、本当に見どころがたくさんです。

kawagoe9.jpg

時代劇にでてきそうな街並みです。

kawagoe10.jpg

kawagoe11.jpg

今回はあまりの人出の多さに圧倒されて、周りきれていないところが
まだまだあります。次回はもう少し余裕を持ってでかけたいと思います。

芋菓子店、亀屋栄泉さんで、7日放送の月9ドラマ『鍵のかかった部屋』
こちらでロケをされたようです。

kawagoe12.jpg

明日の放送、ちょっと楽しみが増えました(^^)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 16 trackback 1
05.06
Sun
昨日5月5日のお月様は、スーパームーンでしたね。
月が地球に接近したときに満月になると、いつもより大きくて
明るいお月様になるそうな。
確かに昨日のお月様は明るかった気がします。

P5051125.jpg


さて、昨日はGW中で最も良いお天気でしたね。
我が家も少し遠出しました。

ですが今日の話は、昨日の話ではなく昨日の記事の続きです。
一昨日グリーンライブセンターの帰り、前から行きたかったケーキ屋さんに
行ってきました。

以前、夫ちゃんが買ってきてくれたことがあるのですが、
遅い時間だったので、ほとんど売り切れで私の好きな苺ショートは
ありませんでした。なので今回は実際にお店に行けるということもあり、
苺ショートがあるかなという期待を抱いて、ワクワクドキドキしました。

連れて行ってもらいながら、「こんな住宅街の中にあるのかしら?」って
思うぐらい、幹線道路から中にはいっていきます。

車だとうっかり通り過ぎてしまいそうな感じです。外観がとっても素敵です。

P5041029.jpg

お店の中は本当にこじんまりとしていましたが、
とっても温かみのある雰囲気が漂っています。
お店の中には木でできた猫ちゃんがいっぱい♪
お店の方にお伺いすると、やはり猫が好きだそうな(^^)

お店のポストもこんなに可愛くて、猫ちゃんがお手紙を運んでくれてます。

P5041027.jpg

後から思えば、お店の中もお写真撮らせてもらえば良かったと
ちょっぴり後悔^^; 本当に素敵なお店でした。


迷いに迷ってお持ち帰りしたケーキは、この4つ。

P5041042.jpg

初めてのケーキ屋さんでは必ず苺のショートは外せない。
苺のショートがおいしくなかったらリピートはしないと思っているので、
ドキドキでした。
ってでも先にここの別のケーキを食べてましたから、おかしな話なのですが^^;
スポンジケーキはしっとりふんわりして大満足です。
生クリームもべったり甘くなくいところが良いですねー。

でね、4つのケーキを2人でぺろりと食べちゃった。
それぐらい甘ったるくないケーキなんです。いくら甘党の我が夫婦といえども
一度に食べるというのはなかったので・・。
夫ちゃん~生クリーム研究してくださいましね(笑)

先日夫ちゃんの手づくりのケーキも食べたので、
最近ケーキの食べ過ぎな我が家です^^;
少し気をつけねばと思いつつ、甘い誘惑には勝てません(uu*)

で、これは苺のプリンなのですが、プリンも色々食べましたが、
もう一度食べたいプリンとなりました。とろけるプリンではないですが、
固すぎず柔らかすぎずほどよい食感のプリンです。
白い陶器に入っているのが、私的にはツボでして^^;

P5041044.jpg

またとって置きたい容器となってしまいました! 

本当はお店の名前もご紹介したいのですが、
かつてお気に入りの小さなお店が、どんどん大きくなって支店が増えて
味が変わってしまった・・という残念なことがあります。

なので、まだナイショにしておきたいお店です。
じゃあブログに載せるなーって話なのですが(笑)、
多摩南大沢『三井アウトレットパーク』の近くです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4 trackback 0
05.05
Sat
今日は久しぶりの良いお天気になりました。
朝から青空が見えて、お洗濯日和ですね。
今年のGWも、あまりお天気に恵まれなかったので、
今日は、おでかけされる方も多いのではないでしょうか。
我が家も出遅れた感がありますが、ゆるりと出発します^^;

昨日の話ですが・・・。
さて、3日間ほど続いた雨で、晴れた!と思ったら、
急にスコールのような激しい雨に降られ散々。

グリーンライブセンターに足を運んでみました。
ここは10年以上前、ドラマ「眠れる森」のロケ地になった場所です。
三角屋根の温室には、自由に出入りができてちょっと癒される空間です。

syokubutsuen1.jpg

温室の中は温帯、熱帯性植物だけでなく、身近な観葉植物も植えられていて、
ずっと眺めていても飽きない空間です。
中では植物の相談や様々な講習会も開かれているようです。

syokubutsuen2.jpg

多肉ちゃんや、ちょっと変わった葉っぱをみつけてパチリ。

syokubutsuen3.jpg
虫を捕らえる食虫植物、モウセンゴケを見つけました。
葉の面に粘毛に小さな虫がいっぱい(> <)


ロマンティックガーデンを散策

syokubutsuen4.jpg

水琴窟がありました。地中に作られた小さな空洞の中に水が落ちて音がでます。
敷き詰めた石に水を落とすと、なんともかすかな音がしました。

syokubutsuen5.jpg

お天気が良いともっと気持ちが良かったかもしれませんが、
グレーの空だと木々の緑が透き通った感じがします。

syokubutsuen6.jpg

「きらめきの広場」です。
水面にモニュメントが写しだされているこの風景が好きです。

syokubutsuen7.jpg

時間の経つのも忘れるぐらいまったり過ごしました(*^^*)

夕方、虹がでていました。何年ぶりに見たかしら・・って。
写真ではわかりにくいのですが、『虹』見えてますでしょうか?
うっすらですが、なんだか虹を見て小さなシアワセを感じました^^
横にはお月様がちょこっと顔をだしていました。

P5041034.jpg

あの大雨は嘘のような青空になり家路に着きました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
05.04
Fri
実家の母が、昔テレビのリモコンにラップを巻いていました。
今は、リモコンがスライドになっているので、勿論ラップは巻いていませんが、
要するに埃よけというか汚れないようにという意味だったようです。

リモコンにラップはともかく、ラップやカバーをつけて埃よけすることで、
日々の掃除の手間が少しでも省けるならひとつの方法ですよね。

我が家も今まであって当たり前と思っていたガス台のカバーや、
油ハネガードなども取り外したところで、使った後すぐに拭けば
なんの問題もなかったということもありました。
けれど、やっぱりあった方が良い、外せないものもありますね。

我が家でつけているカバー類ですが・・・。

一番手強いのがキッチンの換気扇。カバーをつけていても、
やっぱり油汚れがつきます。だいぶ軽減されるか?と思っていても
ないよりはマシ程度(笑)とはいえ、ガス台のように毎回拭くということは
できないので、やっぱりここは必要です。

cover1.jpg

キッチンの排水溝にネット。浅めの受け皿にすれば必要ないかな?と
買い替えも考えました。が、ゴミを集めて取り除くということを考えると、
お手軽のネットでポイに行き着いてしまいます^^;
100均で購入しています。色々なタイプのモノがありますが、
このタイプが水の流れもさまたげず、小さなゴミもしっかりキャッチします。
油汚れのものを流した時に、多少のヌメリも軽減されそうな気がします。

cover3.jpg

浴室の排水溝にもネットをつけています。
私のこだわりですが、シールタイプのものもありますが、
泡が多くなると水の流れが悪くなるので、我が家はネットです。
排水溝の中に髪の毛が流れでない為もありますが、掃除の時に髪の毛を
取り除くのはやっかいですしねー、ネットをつけた方がポイするだけ。
そうすれば排水溝の中も軽く洗うだけですみます。

cover2.jpg
換気扇のカバーは昨年の大掃除の時にはずせることを知って(遅すぎですね)
時々、思い出した時に洗うようにしています。
昨年のあのおぞましい埃を思い出すとゾッとします(笑)

でも、浴室以上にトイレの換気扇の方がこまめにすべきなんですよね^^;
ほらね、この埃! 浴室以上に埃がつきやすい。
昨年のあの衝撃的な汚れあれを考えると、せめてカバーを
外して洗う回数を増やした方が良いとは思うんですが、
台にあがっても手が届かないんですよね。
なので今回GW中に、夫ちゃんに外してもらいました。

cover4.jpg

浴室とトイレの換気扇のカバーは洗うのが手っ取り早いですが、
掃除の頻度を考えれば、
トイレの換気扇カバーはつけた方が良いのかなぁ・・・
としみじみ思ってしまいました。

cover5.jpg
掃除のたびにこうして洗って干してなんて、できませんからー(笑)

昨年あの大掃除をして、換気扇の吸い込みがちがって換気の良さを
実感しました。なのでまたこうして埃も少しずつ積もると掃除が大変だと
思うと・・ね。

汚れをためないのが良いけれど、そうはいっても普段の掃除で
あれもこれもなんてできやしない。そしてその掃除をする時に、
できるだけ嫌気がささないように、防止するのもひとつの手。

他人が億劫にならないことでも、自分は億劫になるということもあります。
掃除に限らずですが、どうせ自分がしなきゃならないなら、
しやすい方向に仕向けるのは必要なことなのかな。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
05.03
Thu
以前ネットショップですごく不快な思いをしたことを
書いたことがあります(コチラです)

今回別のお店ですが、同じようなことがありました。
前回と同じく大手のネットショッピングのサイトを経由しての出来事です。

夫ちゃんが初めてのお店で買い物をしたのですが、
前回同様、全額ポイント決済でしたが、サイトのシステム上、
なんらかの決済方法を選択しなければならず、銀行振込を選択し、
念のために備考欄に「全額ポイント決済」の旨を書いていました。

その日のうちにサイトから自動返信メールが届いて、
翌日、お店からメールが届きました。
けれど、メールには銀行の振込先が記されて、振込がない場合は
キャンセル扱いになるとの内容。けれど支払金額合計は0円。
そして、発送準備ができ次第、再度メールしますと書かれていました。

前回のことがあるので不安がよぎりましたが、
確認メールが届くと信じて待っていました。

そこのお店は注文後翌々日までには配達可能なのですが、
おそらく着くであろう日になっても発送メールが来ず、
配達もありませんでした。なのでお店に連絡したら、
慌てて「本日発送いたします」との事。

そのまま「はいお願いします」と言うにはすごく違和感があって、
ひょっとして発送を忘れていたのかと思って尋ねると、
「はい」と。続いてお店側の説明では、
決済方法にてメールを仕分けしているらしく、ポイント決済でありながら、
銀行決済に仕分けされていて、見落としていたと言います。
それじゃあ、なんのための備考欄なのか・・備考欄の意味がありません。

そのショッピングサイトでは決済方法には『ポイント決済』という項目がなく、
カードや銀行、代引などの決済方法を選択しないと、先に進めないシステムです。
以前サイトに確認したところ、それはどうしようもないとのことで、
出店しているお店は認識しているはずだとのことでした。


今回、こちらから連絡をしなければ、自動的にキャンセルになって
しまったかもしれません。
そして、こちらから電話連絡した時に、真っ先にでるはずであろう
「申し訳ありません」がひとこともありませんでした。

「発送いたします」と言われて、こちらが尋ねて、
おかしな点を追求してから、はじめて「申し訳ありません。こちらの
対応の不手際でした」と言いました。

メールの仕分けが原因だと言っていましたが、
それがサイトのシステムではなく、店側のメールのシステムの問題です。
決済方法で仕分けしていたとしても、内容確認を怠っていたとしか
思えません。そしてメールの仕分けも、メッセージルールで
「メッセージに指定した言葉が含まれる場合」とか作っておけば、
仕分けもできるであろうと思われます。

ネットショッピングサイトに出店している以上、そこのサイトのシステムが、
どうなっているのかわかっていて当然だと思います。
人間ですから見落としもあるけれど、前回のお店といい、今回のお店といい、
あまりにもお粗末な対応で非常にがっかりしました。

とても後味が悪いものになりました。
顔が見えないネットショッピングだから、表情ではわからない。
なので言葉のやりとりで判断になってしまうのですが、
今回もネット、実店舗に関係なくお店としての姿勢を疑ってしまいます。

不愉快な話をまた書くにあたって迷いましたが、
ネットショッピングが多い中、敢えて書かせていただきました。
ほとんどのお店はサイトのシステムを熟知されていらっしゃるかと思いますが、
今一度、ご登録のサイトのシステムを再度ご確認くださればと思います。

P4290913.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 2
05.02
Wed
「シンプルライフ」と言ってもそのスタイルは人それぞれだと思います。

合成洗剤を使わないこと?余分なモノを持たないこと?
考えられることは色々ありますが、自分が快適に過ごせるというのは
全くもって人それぞれ。「余分な」といっても「余分」と決めるのも
個々それぞれに違いますよね。

モノが多くて部屋が散らかる、片付けたいけど片付かないと悩むなら、
片付けるひとつの手段として、モノを処分する。

快適な暮らしを求めるなかで、モノを持ちすぎないことで、
心地よさが保たれる場合もあります。

でも、モノを持たないことがシンプルライフとも言い切れない。
モノの持ち方もそれぞれの生活スタイル、家族構成、住まいによって
違うので、モノだけでは計り知れない部分もあります。

究極、器にしてもお茶碗、お汁椀、お皿、深皿だけでも食事はできます。
それらを家族の人数だけ持っていれば、「食べる」ということだけで
言えば、十分可能です。
でも暮らしってそういう問題でないでしょう。
器があって料理が映えておいしく食事ができる。
自分が良いと思うものでも、他人から否定されるものあるでしょう。
価値観の違いですからそれは仕方ないことです。

道具にしても良いと思えるもの、そうでないもの。
他人にとって不要なモノでも、自分にとっては必要なモノが多々あります。
「よそはよそ、うちはうち」

でも、他人の持つものをまっこうから、否定はしたくないと思います。
自分の基準にあてはめて、ただ否定でなく、
「そういうのもあり」と受け入れる気持ちは持ちたい。
人と違って当たり前だもの。


rough_kitchen39.gif    rough_kitchen26.gif   rough_kitchen15.gif


代用できるもので代用する、これも考え方のひとつ。
我が家も代用できるものは代用して・・という考えのものもあれば、
やはり日々の暮らしで、あった方が家事をスムーズにこなせる、
今の暮らしには欠かせないものなどを考慮して選んでいます。
でも時にはよく選んだつもりでも、必要なくなる時もあります。
だって暮らしなんて、年数とともに変化がありますから。
「こうだ」と決め付けるのでなく、柔軟に対応できるアタマを持ちたい。

お金をかけるモノに対しても、それぞれです。
共感することもあれば、そうではないこともある。
実親であっても違うなんてことだってあるのですから、
他人様だと違って当たり前。

極力無駄なものは買わないと徹底してでききる人もいるけれど、
私はまだまだ欲もあってできません。
色々な考えがあるけれど、生きてるうちにできることはしたい。
贅沢することが良いも思わないけれど、たまに旅にでた時には、
その土地でおいしいものもいただきたい。
お金も使うけれどそれが循環だとも思っています。
我慢、我慢で一生を終わらせるのも、ちと淋し。

もとい、でも嫌になったらすぐ捨てるということのないよう、
モノをしっかり選びたい。
でもどんなに質の良いものを選んでも、一生持てるものばかりではありません。
一生持てるぐらいという思いで、自分が選んだお気に入りのモノを
大切に扱うという気持ちは持ち続けたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18 trackback 0
05.01
Tue
以前キッチンで使うウエスの収納で、使わなくなった布袋に
入れて収納している記事を書きました(コチラ

waste5.jpg

Tシャツのような生地をウエスにしていると気にならない糸くずも
先日処分したタオルをカットすると、こんな具合に糸くずがハンパなく
ついてしまいます。袋の中につくのは問題ないのですが、

waste6.jpg

ウエスを取り出すたび床に、糸くずがボロボロ落ちるのがプチストレスでした。
取り出す時に丁寧にそっとだせば、床に落ちるのも少ないのですが、
ウエスを使う時って、何かこぼした時とかすぐに取り出して拭くので、
やっぱりこんな感じで床に落ちます。
ウエスの切れ端はこんなだから仕方ないとは思うのですが・・・。

waste7.jpg

なので今回いれものを変えてみました。
これだとウエスは取り出しやすく、糸くずも払いやすいし、
布と違って糸くずもつきにくい。

waste9.jpg

でも新しい容器ではありません。
これも以前ご紹介した、レンジで野菜の下ごしらえの時に使っていた容器です。
機能としてはザル付きで、レンジでチンしても野菜がべちゃつかないので
気に入っていました。でもやっぱり使った後洗って乾かすのがかさばるの。
これだけだと良いんだけれど、他に洗ったものがあると、
やっぱり場所をとります(;´д`)
私1人がそう思っているなら、せっかく買ったものを使わない→捨てると
なるのもなんだかな・・と思いながら使っていました(笑)
でも、夫ちゃんが「これは便利だけどかさばると思っていた」と言います。

まさに渡りに船! 

夫ちゃんもそう思っていたのね~。
買った時は本当に便利だと思いました。ですがIKEAで空気弁のついた容器で
ルクエの代わりに使っていたものもあるのでキッチンではお役ごめんに。

waste11.jpg

このまま使うのもなんだかなーと思って、
こちらのサイトからDLしたものを蓋に貼りました。
多くのブロガーさんのところでお馴染みですが、私はセンスもないので、
ただただDLして、サイズを大きくしただけという(笑)

waste12.jpg

蓋を開けてというアクションが増えましたが、
使わなくたって捨てることになったかもしれない容器が生まれ変わりました。
これで、プチストレス解消となりました(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 1
back-to-top