06.30
Sat
夫ちゃんは茄子が好き。
でも私は嫌い。決して食べず嫌いではありません。
何度か食したことはありました。でもやっぱり苦手。

作る人が嫌いな食材は、やはり料理に出番が少なくなります(笑)
食材を買う時点で選ばない茄子。
でも夫ちゃんと一緒に買い物に行くとカゴに入っています。
夫ちゃんが自分で作るつもりだったのかもしれない茄子も、
冷蔵庫に入ったままだと・・・やはり気になります。
なので、茄子を調理しますけど(笑)

「茄子の炊いたん」 茄子の煮浸しというのでしょうか。
一番手っ取り早い料理かも。
私は薄口醤油と濃口醤油の両方を使います。

キャベツの千切りだとそんなに食べられなくても、
塩もみしてコールスローサラダにしたら、たっぷり食べられます。
一緒に入れる具材を色々変えて・・。写真のコーンと胡瓜以外に、
鮭フレークやかにかまも、なかなかいけます。

bangohan2.jpg

お義母さんから送っていただいた、時しらず(時鮭)
旬の秋でなく春から夏にかけての時期はずれにとれる鮭「ときしらず」
卵巣・精巣が成熟していなく、身に脂がよくのって美味です。
余談ですが、鮭児(ケイジ)は、一度は食べたい幻の鮭!

豚バラと小松菜と卵を炒めたもの。お酢が入っているので、
夏むきかも。最近意識してお酢を摂取するようにしています。


でも、でもね、ご飯に梅干しがやっぱりイイ!

bangohan1.jpg

ごはんが美味しかったら、おかずがなくても梅干しだけでも
ばくばく食べられます(笑)


いつも玄米を食べる分ずつ精米するのですが、ここのところ精米された
北海道の新品種「ゆめぴりか」がおいしくて気に入っています。
同じゆめぴりかでも味の違いがあるのかなーと思い、
今回初めてネットで購入したのですが、スーパーで購入したのより、
甘みがあってモノスゴク美味しいの。
控えめにしようと思いつつ、ついつい食べてしまいます。

10キロ購入しても、脱酸素剤を用いた長期保存パック(有料)にすると
お米の劣化を防ぎ、虫、カビの発生が防げるので安心です。



018l.gif

6/29拍手コメ欄にいただいた、
Nさん、Yさん、Mさん、コメントありがとうございます。
拍手コメ欄にレスさせていただきました<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.29
Fri
ここ2、3日梅雨だというのに、雨らしい雨も降らず、
中休みといったところでしょうか。

毎年、梅雨の時期になると部屋干しのあのニオイを軽減させるために、
柔軟剤や消臭スプレーを駆使してきました。
浴室乾燥機もないので、本当に部屋干しした時のニオイ、
特にタオルの生乾きのニオイには耐えられませんでした。
それが昨年は洗濯爽快に出会ってそれまでより気にならなくなり、
更に秋に、を使うようになって部屋干しのニオイに悩まされることは
なくなりました。けれどキッチンでは昔ながらの洗剤を使っているのに、
洗濯洗剤は石けんには移行できていません。
それまで使っていた液体ボトルの合成洗剤から石けんでの洗濯に
切り替えにする前に、徹底的に洗濯槽を掃除をして移行という段階で、
色々考えました。夫婦2人でさほど汚れもないのとついつい水道代を
考えてしまうと、やはりすすぎ1回が脳裏に浮かびます。^^;
そんなおりに「浄」とであったわけで。
炭酸塩が主成分ならと思って使っています。
まだセスキや炭酸塩での洗濯なども理解不十分なところもあり、
これで様子見かたがたといったところでしょうか・・。
洗いあがりも干し方ひとつで全然変わってくるので、
しっかりフリフリすると柔軟剤なしでも十分柔らかです。
「浄」のコスパについては過去記事に書いています。

なので、今年の部屋干しは慌てて扇風機をだすこともなく、
部屋干しが苦にならない、快適洗濯ライフを過ごしています。


mono38.gif


ところが、エリの黄ばみ汚れ、これは一手間がやっぱり必要。
横着ものの私は、気になれば酸素系漂白剤を一緒にいれて洗濯したり、
少し溶かしてエリにつけてつまみ洗い程度でそのまま洗濯していました。
夫ちゃんがスーツ出勤でないので、Yシャツに関してはすごく大雑把。

ところが夫ちゃんの白いコットンシャツ。以前にエリの黄ばみをとろうと
一度試みたのですがとれなくって諦めていました。
夫ちゃんからもう一度なんとかならないか?と聞かれ、
あれから時間も経っているから無理だよねーと思いつつ、
ダメ元でふきん洗いの石けんを、エリに直接ゴシゴシこすりつけ、
そのまま洗濯機に放り込みました。

yshirt2.jpg
(以前、半分に石けんを切った残りを今回使用しました)

黄色く汚れた写真を撮り忘れたので比較できませんが、
嘘みたいにとれたのです。

yshirt1.jpg

帰宅した夫ちゃんもすごく驚いていました。
ビフォーアフターの画像がないので、証明しようがないのですが、
本当に黄色くついた汚れがきれいにとれていました。
ミシン目のところも汚れていたのですがこれもくっきり。

たまたまふきん洗いの石けんの半分が残っていたので使いましたが、
昔ながらの石けんで良いと思います。

シンク磨きに使ったり、汚れの酷い油汚れの食器洗いとしても使いますが、
液体石けんよりも固形の石けんの方が脂肪酸ナトリウムが多いせいか
洗浄力も大きい気がします。コスパも液体より良いですし(笑)

石けんますます気に入っています(*^^*)





018l.gif

6/29拍手コメ欄にいただいた、
Pさん、Cさん、コメントありがとうございました。
コメレスは拍手コメ欄にさせております。お手間とらせますが
<(_ _)>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.28
Thu
我が家はパン屋さんではありません(笑)
夫ちゃんが趣味でパンを焼きます。
写真の下2つは、アルタイトの1斤の食パン型。
そして過去記事にも書いていますが、夫ちゃんがどうしても陶器製の型で
焼きたいと言って買った1.5斤の型があります。

pankata4.jpg

この3つ(真ん中の*印以外の型)は、まだ我が家で
ニーダーかHB論争中だったので、手捏ねでパンを焼いていた頃に
買ったものです。

ですがずいぶん前から、夫ちゃんが勾配のない2斤の食パン型が欲しいと
言っていました。我が家にある長方形の1斤の型は、厳密に言うと台形です。
もう一つの真四角の方は勾配のない1斤の型。
ですが、どうしてもパン屋さんのような2斤の型で焼きたいと。

で、今回購入した型がこちら(上の写真の*印のもの)

pankata3.jpg
使いやすい業務用仕様 アルタイト食パン型 勾配のない2斤

勾配がなくてツルンとしています。

pankata2.jpg

比べてみると、やっぱり左側の方は台形です。

pankata6.jpg

そんなに大差はないようですが、前からずっと探していたようです。
どこのお店でもたいていは微妙に台形サイズ。
みつからないとずっとずっと言っていました。

pankata7.jpg


こちら勾配のない1斤の型と並べてみました。

pankata9.jpg

当たり前ですがどちらもツルっとしてまっすぐですね。

pankata10.jpg

もうあきらめかけていた頃見つかりました。
夫ちゃんは「やっと見つけた~!」と大騒ぎでした。

実は前から、今回購入したお店で勾配のない2斤の型を探していたのですが、
その時はなかったようで今回見つけたというわけです。


となると台形の型は使わなくなるのは時間の問題です。
夫ちゃんもそれは重々わかっているようで、パウンドの型として使うと
言っておりますが・・・。

でも本音を言うと、そんなに種類がなくてもいい気がします^^;
ただこれは私のモノではないのと、夫ちゃんの趣味の域。
夫ちゃんは、これらは水洗いできないので、
使用後丁寧に拭きとって大事にしています。
道具は使わなくなったらおしまいですから、
その後の行く末を見守ることにしようと思っています。
でもいつも夫ちゃんには感謝しています^^;
ほとんどパンづくりをお任せしてますから。


我が家のキッチンラックに鎮座しています。

pankata11.jpg

以前からブログで書いていますが、モノは使ってナンボだと思っています。
壊れるまで使う・・こういうものはそうそう壊れやしません(笑)
ひとつ増やすならひとつ減やせば、モノは増えませんが、
これが先日の記事に書いたジレンマです。
だからこそ、手に入れる時に本当に欲しいものを手にいれる。
でも今回のように、その時にはなくて後からでてくる場合もありますが・・。
あらたな問題発見だったりして^^;

既存のモノをどうするか。別な使い道があれば問題なし。
これ以上は増やさない。捨てないという選択をするなら、
それをどうするか考えないと死蔵品になりかねないですから。
今となっては捨てるという選択の方が、捨てない暮らしより
たやすいような気もしないではありません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 0
06.27
Wed
今年も和歌山のみなべ町から我が家に梅が届きました。
台風の影響があるかなと心配しましたが、少し遅れての到着。

2012umeboshi1.jpg

今年は樹上でゆっくり熟した樹熟南高梅 2キロにしました。

2012umeboshi2.jpg

こちらの樹熟南高梅もアク抜きの必要がないので、
丁寧に水洗いした後、自然乾燥させ残った水気をしっかり拭きます。

昨年の超完熟南高梅と違って、ちらほらホシがありました。
なり口のホシを取り除きます。

2012umeboshi3.jpg
私は、梅干しを漬け始めた時から、このなり口に焼酎をふくませた
ペーパーで拭いています。

その次は塩漬けです。今年は減塩で漬けてみようかと思い悩みました。
が、やはり冒険するには怖くて梅1キロに対して18%にしました。

2012umeboshi4.jpg


毎年重石で悩みます。通常は梅の2倍と言われていますよね。
この樹熟南高梅も、梅と一緒に同封されたメモには重石は軽めにと
書かれています。おそらく重石を重くしすぎると、梅がペッチャンコに
なるからだと思われるのですが、昨年の悪夢が蘇り(笑)

なので、昨年の梅酢のあがり具合を思うと、今年は梅も違うことだし、
最初から梅と同等の重石にしました。↓は2キロの重石。

2012umeboshi5.jpg


が、昨年の超完熟と様子が違う。今朝みたらなんとなく・・不安になり、
微調整。1キロ半ほど追加。
最初から3キロ半にすればよかったかも^^; はぁ・・・(;´д`)トホホ・・・。

けれど重石は、梅の熟度や漬け込む量、塩分により加減が必要なので、
その時の梅の状態をみつつ、重石を減らしていったりします。

私はほんと、この塩漬けの時が一番ドキドキ、ハラハラします。

本やネットで色々な作り方がありますが、お家での保存場所、
温度や湿度など様々な状況によって違うと思います。
毎年、こうだからこうなるということでもなく、
梅と向きあいながら、梅の様子をみて個々の判断でというようなところが
大きい気がします。だから毎年、不安もありつつ漬ける楽しみがここに
あるような気がします(*^^*)

018l.gif

拍手コメをいただいた方へ

6/26 yさんへ
こちらこそコメント欄を開けたり開けなかったりで申し訳ないです。
せっかくお越しいただきながら、本当にm(__)m
おっしゃるとおり、お家に迎え入れる時、買う時が大事だと思います。
捨てないくらしと手にいれてしまったものとの付き合い方、
ここが考えどころなのですよね・・^^;

6/26 kさんへ
心が痛むこと・・誰しもひとつやふたつあると思います。
これを抱えながら暮らすと、途方もない闇に包まれる時もありますね・・。
すんでしまったことを思い悩んで解決できれば良いのですが、
絶対に元に戻せないことは、同じことを2度と繰り返さないようにしようと
思いました。
ウエスにしたクズ、気にならなくて良かったです。

6/26 oさんへ
容器、ツボでしょ! って私もこの容器にはまりました。
いろんな考えがあると思うのですよ・・ね。
値段に関わらず、自分の手元にきたもの、お迎えしたものは
やはりその時は気に入って向かえたものだと思うのです。
(私はいい加減に手にいれたものがたくさん過去にありました)
なのできちんと使ってやりたい。そういう意味でoさんは、
余すことなくモノを使ってあげているなぁと思います。見習いたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.26
Tue
以前、モノに執着しすぎて、使っていないものでも捨てられず、
ためこんで仕舞いこんだままの「捨てない暮らし」でした。
でも愛着の持てないモノを処分し、モノの数を減らし
「捨てる暮らし」を経てみると、いかにモノ選びが安易で
簡単に手にいれたことで(それほど強い意思もないのに手にいれたり)、
モノを生かしきれず、果ては不要なモノになったことか実感。

お気に入りのモノや質の良い物を選び持つことで、
大事に使い続け「捨てなくても良い暮らし」を目指しました。
モノと上手に付き合えばそれはやがて「捨てない暮らし」へ。
それは、モノを生かす暮らし、モノを最後まで使い切る、
以前とは違う「捨てない暮らし」です。

修理してでも使いたい、繕ってでも着たい服、
そういうものを選ぶことで、モノの数が多いことで満足するのでなく、
少ない数でも満足度が高いものになりました。

ただ、現実問題、修理より買い替える方が費用が安いということに
直面することもあったり、長い目で見ると買い替えた方が良いという
こともあります。家電などが良い例でしょうね。
時と場合によりますが。

できるだけムダのない暮らしをしたいと思っています。

けれど「捨てない暮らし」を心がけていても、
時々大なり小なりジレンマも起こります。
過去に入手したモノが壊れてはいない、まだまだ使えるけれど、
今は好みじゃない、または新たなモノに目移りすることって
あると思うのです。「もったいないよね・・まだ使えるし」という思いと
「買っちゃいなー」と悪魔の囁きが聞こえてきたり(笑)
でもだから次こそはしっかりして選びたいもの。
今あるモノを「捨てない」からといって、更にモノを増やせば、
一歩間違えたら、以前の「捨てない(捨てられない)暮らし」と
同じになりかねない。
モノを手に入れるということは、モノの行く末まで見届け
始末をするということを忘れてはいけない。
ならやはり、自分の暮らしに於いて本当に必要なのか?
考えすぎるということはないような気がします。

使い切る暮らし、壊れるまで使う・・とすると、
やはり最初のモノ選びが重要なわけで、
中途半端にモノ選びをしたツケと、うまく付き合って折り合いを
見つけなければならない気がします^^;


018l.gif

拍手コメ欄にいただいた、鍵コメでないお返事は、
拍手コメ欄にさせていただいております<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.25
Mon
本日2回めの更新です。

無印週間も実店舗では本日が終了ですね。
ネットストアでは明日、火曜日午前10時までですね。
私も今回の無印週間を待って購入したものがあります。

それは、こちら。

mujicosmetic1.jpg

オールインワン美容液ジェルは、過去記事でもご紹介しましたが、
昨年お試しサイズで初めて使ってから、その保湿の良さが気に入って、
容器をカットしてまで、根こそぎ使うというくらいケッチイ使い方を
していました。その後通常サイズを購入して、冬の乾燥対策に
十分対応でき、思いの外化粧水なしでも十分潤い乾燥知らずの冬を
越せました。
オールインワン系は1本で不安がかなりありましたが、
結局、これ1本でも全然問題なかったのと、あまりゴテゴテつけなくなって、
逆にお肌の調子が逆に良くなったこと。
あとコレも思い出したように使っていますが、私、これ気に入っています!

ですがなくなって別のオーツインワンジェルに手をだしてしまいました^^;
季節も冬と違って、暖かくなる季節でしたから乾燥することもないだろうと
高をくくっていました。が、やっぱり潤い感が違うのです。

↓コレがいいです♪
mujicosmetic2.jpg

こういったコスメは、個人の好みによりますが、
つけてからお肌がモチっとして、つけた後両手で頬を押さえると、
離すときにも手に吸い付いてくる感じがします。
こちらとほぼ変わらない価格のものと比べても、つけ心地はこの
無印のジェルに軍配があがりました(^^)
なので、別のジェルを必死で使いきって(笑)今回の購入です。


もうひとつは、「シアバター かかとなめらかクリーム」です。

人のフリ見て我がフリ直せじゃないんですが、
夏のシーズンになって、手足の露出が多くなるこの時期。
かかとケアもさることながら、ヒジ・・意外とゴワっとなっている人も
たまに見かけます。自分のヒジなんて歩いていて見えないですから、
鏡を見てハっとしたり。

「かかとなめらかクリーム」となっていますが、
かかとだけでなくヒジにも使えるものです。

シアバターがはいっているからべたつくのかなと思いきや、
べたつかずしっとり感はかなりでます。
少し固めのテクスチャーですが、使いづらいということはありません。
足の角質も指の付け根などサンダルを履くと硬くなりがち。
乾燥するからケアするというのでなく、この時期にぬりこんで
やわらかくしていると、冬の対策にもなりそうな気がします。
あと、冷え性なのでお風呂上りに足裏をマッサージする感じで、
塗りこんでいます。少しは血行がよくなるかしらー。
これはしばらく続けてみないとわかりませんが、
少しの量でのびるので、お得感があります(^^)
柑橘系の香りがするので、夏にもいい感じ。
香りは好き嫌いがあるかもしれませんが・・。

こういうクリームってすぐにしっとり感は実感できても、
かかとやヒジのがさがさ感が速攻で改善されるわけでもないので、
気になる場合は、気長にケアするのが良いと思います。


018l.gif

拍手コメをいただいた方へ

温かいコメント、ありがとうございます<(_ _)>

6/24 yさんへ
日々ストレスもありお疲れのことと思います。
花や空や月を見て美しいものを美しいと感じたいですね。
今更私が言うまでもありませんが、どうぞお体にはお気をつけて。

06/25 hさんへ
そうだったのですか!夫婦ともどもなんだか似ていてびっくりです。
「同じやわー」(笑)まさしくそう思いました。
六甲山、とまでは行かずとも摩耶山ビーナスブリッジなら手軽に行けそうです♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.25
Mon
あまり ほとんど花の知識がありません。(/・ω・\)

紫陽花は好きな花ですが、今まで紫陽花だと思っていなかった花が
紫陽花だったと知ったり、紫陽花とひとくに言っても、
色々な名前があったのですねぇ^^;
まだ咲いていない紫陽花もあったり、一部しかご紹介していませんが、
お付き合い下されば嬉しゅうございます。

ajisai1-2012.jpg

バックポーチという名の紫陽花なんてあるのですね。

ajisai2-2012.jpg

という具合に聞いたこともない名前の紫陽花がたくさん。

ajisai3-2012.jpg

額紫陽花と言う紫陽花を初めて知るきっかけとなった「墨田の花火」

ajisai9-2012.jpg
思わず六甲山という名で足が止まってしまった「七段花」
1950年代に発見されるまで、幻のあじさいと呼ばれていたそうです。

白妙‥‥可憐な花びらが白さを引き立たせています。

ajisai10-2012.jpg


ツルアジサイなんて木に絡みながら這い上っていました。

ajisai11-2012.jpg

こうしてひとつひとつじっくり眺めてみると、

ajisai6-2012.jpg

色も形も違って、

ajisai7-2012.jpg

今更ながら非常に恥ずかしいですが、

ajisai8-2012.jpg

紫陽花の奥深さを感じました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.24
Sun
不安定な空模様だなと思いつつ、穏やかな気持ちになれるかなと
思って少し散歩をしました。

車と違って足を踏み入れたことがないところを歩くと、
意外な発見があったりします。

階段を下ると紫陽花がたくさん咲いていました。

昨年もぶらぶら歩いて紫陽花を楽しみましたが、

今年、紫陽花らしい紫陽花を見たというか、

sanpo1.jpg

P6231503.jpg

私の家の近くでは今年はあまり紫陽花の咲きがパッとせず。



sanpo2.jpg

やっぱり白い紫陽花は好きです。

sanpo3.jpg

酸性とアルカリ性の土壌がまじっているのか、
途中から青い紫陽花に変化してもおかしくなさそうなものがあったり。

sanpo4.jpg

額紫陽花もここぞとばかりに背が高く咲いていました。

sanpo5.jpg

しばらく歩いて細い道を過ぎるとこんな風景が。生まれて初めて見た光景。
「え?これって・・もしや・・」

sanpo6.jpg

麦畑!?

こんなところに麦畑!? ちょっとオドロキ。
テレビや写真では見たことあっても、実際に見たことがなかったので、
しばらく立ち止まってしまいました。

sanpo7.jpg

麦ですよね!?(*^^*) ちょっぴり感激した私デス。

P6231513.jpg



それからしばらく歩くと、やたらと蝶々がたくさん飛んでいたので
立ち止まると、蝶々がとまっていたのですが、

sanpo8.jpg

近寄っても逃げないの。これズームで撮ったのではなくって接写。
よほどこの花の蜜がおいしいのかしら。しばらく眺めていましたが、
花から花へと渡り、その木から離れることはありませんでした。

sanpo9.jpg


人混みがとても苦手なので、時々すれ違うくらいで、
ひっそりしているくらいが丁度いい感じがします。
今日は12000歩ほど歩きました。

先週漬けた梅シロップは順調です^^

2012ume27.jpg

漬けてから1週間。こんなにシロップがあがってきました。


来週はいよいよ和歌山から梅が届く予定なので、
いよいよ梅仕事の本丸、梅干しづくりにとりかかれそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.23
Sat
夫ちゃんがもらってきた試供品を試してみました。
すでに発売されているようなので、使われている方もいらっしゃるかも
しれませんが、すこしお付き合い下されば・・と思います。

頂いたのはこちら「レンジでお料理バッグ」

rangepack1.jpg

レンジで調理といえば、シリコンスチーマーを使われている方も多いと
思います。レンジ調理ものも色々な種類が出まわっているので、
こういう使い捨てのレンジ調理グッズはどんな時に使うんだろうって
ギモンもありました。

私の使い方が悪いのか正直言って、レンジでかぼちゃの煮物も、
シリコンスチーマーでするより、普通に鍋でことこと煮た方が
味が染みこんでおいしく感じたりもして、レンジで煮物料理は、
不向きなのかなーと思っていました。
(実は我が家ずっと、IKEAのフードキーパーをシリコンスチーマの
代用で使っていたのですが、劣化してシリコンスチーマーに
買い替えたのです)

なので半信半疑でこちらの「レンジでお料理バッグ」のレシピに
紹介されている「かぼちゃ煮」を作ってみました。

でもね、「本当にかぼちゃ煮なんてできるのー?」って
かなり疑いを持っていました^^;

これ、「この面を上にしてください」ってよく冷凍食品のパスタや
チャーハンなどであるような蒸気口があるタイプです。

rangepack2.jpg

この袋に具材と調味料をいれて混ぜ合わせなじませて、
レンジでチンするだけ。かぼちゃ300gなら600Wなら5分でできます。

写真をとるのを忘れたのですが、レンジを見ていると、
加熱中は蒸気でバッグがものすごいパンパンに膨らむので、
破裂するんじゃないかと、ちょっとハラハラドキドキ。

袋から取り出すまでは、ちゃんと味が染み込んでいるのか
不安だったんですよー。^^;

でも、ちゃんと時間をかけて煮込んだように染みこんでいました。
かぼちゃのほくほく感があって、おいしかったです。
レンジ調理でありがちな、加熱ムラがみられませんでした。

rangepack3.jpg

だいたい2~3人、2人分の分量で作る量のようなので、
人数が多いと一袋では無理ですし、これでメイン調理というのは、
厳しいかな~。でも、あと1品少し足したい!早く調理したい!と
いった時は、お助けグッズだと思います。

1人で食事するとなるとついつい手抜きになり、
わざわざ煮物をする気もならない私ですが、これなら億劫にならないかも。
とグウタラ嫁はそう思ってしまいました(笑)
どうも夫ちゃんがいない時、お一人様ごはんになると、
洗い物が少ないようにワンプレートですましがちで、
煮物料理はしないようになってしまいます。

ただ、4枚入りでこの価格。
(安いのを探しました)


これを高いと思うか安いと思うか。

毎日使うとなると決してコスパが良いとは思えない。
ですが、私のように1人の時の食事が面倒だけど、
それなりのものを調理して食べたいと思うなら、オススメです。
でも、使い捨てだから・・・ということを考えると、
便利だけれど・・・なくても・・・といった思いもなくはない(笑)
旭化成さん、ゴメンナサイ。

サブとして使うなら・・・、
時々たま~にラクしたいと思う時には、これもアリかと思います。


ちなみに通常のレンジ料理では、
レンジのマイクロ波による加熱だけなので加熱ムラは生じます。
この「レンジでお料理バッグ」は、バッグの蒸気口から蒸気を抜くので、
スチーム対流が起き、マイクロ波による加熱とスチーム対流との
相乗効果で、短時間で加熱ムラも少ないので、レンジ調理では難しい
お肉やお魚の煮付けもできるということです。

魚の煮付け・・・ちょっと試してみたい気がします(^^)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10 trackback 0
06.21
Thu
以前シンクをふきん洗用石けんで洗った記事を書きました。
(注)石けんは用途が広いけれど、台所用、洗濯用だとか
法律上用途別に書かれています。

ふきん洗いと台所用と別々で売っていたら、別物?って思っちゃいますよね。
それ専用のものを使った方が良いのでは?って思ってしまいますが、
台所用とふきん用と区別することなく使っていますが問題なく使えています。
石けんと一口に言っても、無添加石けんや洗浄力を高めてくれる
アルカリ剤が配合されたものや研磨剤が入ったものもあるので、
奥深いものだとつくづく思います。

この記事を読まれて、石けんで洗ってみたけど思いの外
きれいにならなかったわーとか、逆にシンクに膜がはったような感じや、
曇った感じやヌルっとした感じがでて、石けんがいまひとつだと
感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

きっとそれは食器用洗剤が合成洗剤を使っていたり、
合成洗剤のクレンザーでシンクを磨いていたりされたり、
されているのではないかしら?と思います。

食器も合成洗剤から石けんへ切り替えしたり、
試しに使ってみようかと思って、石けんで洗ってみると、
洗い上がりがヌメっとしたベタベタした感じがあってスッキリしない。
なので石けんをやめてまた合成洗剤に戻った方もいらっしゃるのでは。

食器に残る膜は合成洗剤の残りなわけで、石けんの成分で
そうなるわけではないのですが、石けんのせいだと思ってしまうものです。

私も石けんを使い出した時、食器の洗い上がりに不満足でした。
(現在びわこふきんで水、お湯だけで食器洗をしていますが、
モノによって石けんを使用しています)
使い続けるとベタっとした感じもなくなっていきますが、
洗い方ひとつとってもコツが必要になってきます。
合成洗剤の便利さに慣れていると、それが手間に感じるかもしれません。

合成洗剤が悪い、良いを言っているわけではありません。
ただ、石けんの良さが十分にわからぬまま石けんは使いづらい、
石けんでは落ちないと思われる方もいらっしゃるかな?と思って、
私も思っていたことを書いてみました。

合成洗剤か石けんかどっち?

sekkenn.jpg

おうちにある洗剤で試してみるとおもしろいかも。

って、クダラナイことをしてみました(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 1
06.20
Wed
幅木の掃除なんて毎日しませんが、(私だけ?)
どうも見落としがち気づかぬふりをしそうな箇所です。

だってねー、掃除機で床を掃除しても、ルンバがあっても(我が家はないけど)
幅木までは掃除ができないんだもの。
家具に隠れていたらこれは諦めもできるけど、
そうじゃないところでも・・・埃が積もりやすいトコロです。

こういうところってどのくらいのペースで掃除をするもんなんだろう・・。

トイレの幅木は、あの狭いスペースですから、

habaki6.jpg

床を拭く時に一緒に拭いちゃいます拭くように気をつけています。
脱ぎ着があるので、埃が積もりやすい(;´д`)トホホ・・・

けれどそれ以外の幅木・・・。洗面所、脱衣所あたりなど・・・。

habaki1.jpg

幅木って種類によるのでしょうが、我が家の場合ツルンとしてなくて、
溝が2ヶ所あるんですよね~。これがまたその溝に埃がつきやすい!


しゃがまなくて便利なフローリングワイパー。これで床を掃除する時、

habaki2.jpg

↑横着してこんなことやあんなことをしてみたこともあります(笑)
が、溝の間まで拭きとってくれるはずもなく。


また、テーブルと壁の間が狭いと、フローリングワイパーが入らない。

habaki3.jpg

となると、これで掃除をするしかないのかしら。

habaki4.jpg


いや~毎日こんなことやっていないし・・・。
この手の掃除グッズを買う時は必ず「気づいたらサササーとできるから!」
って思うのですが、いかんせん、思うほど頻繁にしませんで(-_-;)
ズボラーになってしまいます。

まめーに拭っていればたいした汚れでもないけれど、マメでないもので^^;
洗面所あたりになると湿気を含んだ埃は、これだと取り残しがあります。
やっぱりすっきりさっぱり感を求めようとするならば、手拭きが一番。

掃除機かけて時間があれば床を雑巾で拭いた時、
幅木も一緒に拭けばよいわけで・・・。

視線が下がるとね、埃がよーく見える、見える(笑)

habaki5.jpg

梅雨で室内干しが多くなり湿気の多いこの時期、
湿気やほこりがこもりやすくダニが繁殖しやすいので、気をつけたいものです。

フローリングワイパーで簡単に済ます時もあっても、
時々、昔ながらの雑巾がけ。いいもんです(*^^*)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12 trackback 1
06.19
Tue
梅仕事の続きです。
梅もぎしてから、いよいよ梅シロップづくりです。

日曜日は雨上がりだったこともあり、足元もぬかるんでいました。
小さくて細い枝をよけながら、収穫した梅をいれているバケツを
ひっくり返さないように持ち歩きながら、
斜面を下ったり登ったりは緊張します。

P6171416.jpg

梅もぎをした梅は、バケツにいれていきます。

2012ume14.jpg

予定は2キロとしていましたが、ドンピシャ2キロでした。
もう少し漬けてもいいなーと思ったりもしますが、
飲み終わってちょうど足りないかなーくらいが、我が家では丁度良い量です。

きれいに洗って2時間くらいアク抜きをしました。

2012ume23.jpg

その後、水気を切って拭き取り、なり口のほしをとっていきます。
梅のなり口のほし、取りにくいものととりやすいものがありますね^^;


昨年は冷凍して漬けましたが、苦味が強くなった気がしたので、
梅本来の甘みと香りを楽しみたかったので、
今年は梅を冷凍せずに、そのままの梅でシロップづくりをしました。
冷凍よりはシロップがあがってくるまで時間がかかるでしょうが、
急いで急ぐこともなし(^^)
なにやら炊飯器で梅シロップを作るやり方もあるような・・。
色々なやり方があるようですね。



今年、フォークでプチプチ穴をあけるかどうか迷ったところです。
そのまんま梅をつけた方がおいしいという話を聞いたのですが、
今年は穴をあけて、砂糖と梅を交互に漬けていきました。
ちなみに我が家は、シロップができあがってきても熱処理しません。
もし泡がでてきて発酵しだしたら、熱処理して発酵をとめますが・・。

それにしても梅干しと違って、梅シロップを漬けるのは、
それほど神経質にならないのはなぜなんだろ?(笑)
梅干しの時は、カビないか・・・・ものすごく不安になるのですが^^;



今回は梅2キロ、グラニュー糖2キロです。

2012ume24.jpg

翌朝見ると、ところどころ梅の周りがしっとりしてきたところも見受けられます。

2012ume25.jpg

冷暗所に保存なのですが、コンロ下にはスペース的に置けないので、
こうして布鞄をかけています。光が直接当たらなければいいのかなー的な
毎年梅シロップや梅サワーの時は、こうしています。

一日1~2回、ビンを揺すり砂糖と梅を混ぜあわせます。
毎日、目で見て梅の状態を確かめながら楽しめます(*^^*)

おいしくできるかなー。

梅干しを漬けるまでの楽しみである梅シロップづくり、
自分で収穫した梅、ひとしお愛情がでます(*^^*)

3日目の梅の様子

2012ume26.jpg

昨夜よりはグンと砂糖も溶けだしています。
これから毎日がとても楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 32 trackback 1
06.18
Mon
梅シロップ用に漬けるための梅もぎ。
土曜日の予定だったのが雨で行けなくて・・。
日曜日も朝方、あまり天気も思わしくもなかったけれど、
思い切って梅もぎに出かけました。

実を言うと、外に出かけるのも億劫になって、
少しかなりヒッキーになっている今日この頃。
雨なら雨でもういっか~という気持ちもナキニシモアラズでした。
でも、土砂降りでもないし行って雨降ったらもともと・・という気で
出かけました^^;

心配していてほど雨も降らず、梅園に着いたら曇のままでしたが、
思いの外湿度が高くムシムシしていました。
こんな感じで斜面を下っていきます。

2012ume1.jpg


梅園に行く途中に、緑色のまつぼっくりを見つけました。
まつぼっくりって茶色のしかみたことがなかったのでオドロキでした^^

梅の木の根元にはきのこもちらちら。

2012ume2.jpg

野いちごのそばに、かたつむりが(^^)

P6171404.jpg



こちらの梅園は白加賀梅なので、梅酒用、梅ジュースにむいています。
今年は梅の生育が昨年に比べて悪かったようで、
梅もぎの期間も短くなっていました。

2012ume10.jpg

梅もそんなにたわわになっている感じではなく、
大きさもなんだか小ぶりのものが多かった気がします。
できるだけ大きな梅を探して、探して。

2012ume16.jpg

雨上がりだったので、こうして棒で枝をつついて梅を落とすと、
しずくが一緒に落ちてきて冷たい(> <)
落とすとまっすぐ下に落ちてくれれば御の字。
斜面になっているので、コロコロ転げ落ちたり、
自分の頭に直撃する時もあります^^;


(オンマウスで)


梅の木から樹液がでていました。ゼリーのようですね。


(オンマウスで)


空が少し明るくなってくると、梅も見つけやすい感じがしますが、
これが、ギラギラに太陽が照っていたら、暑くて大変だったかもしれません。

2012ume22.jpg


P6171397.jpg


3ヘクタールほどの敷地全て歩いたわけではありませんが、
梅を探して夢中になっていると、結構歩いていたようで、
ヘロヘロになった足で、斜面を登るのは少々きつかった(笑)


梅仕事その2に続きます(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.16
Sat
気に入った洋服やモノを手に入れて大事に使っていても、
使っているうちにくたびれ感じがでたりします。
リネンの洋服が好きです。
お洗濯もガンガンにします。
買ったばかりの時は、気をつかって手洗していても、
だんだんとめんどくさくなって、時々洗濯機に放り込んでしまいます。
本当はいつも手洗いがベストかもしれません。
でも、ガシガシな生地がくたーっとして、
カラダに馴染んで着やすくなったりします。
丁寧な暮らしをしたいと思いつつ、
手抜きでラクさに逃げてしまいます。

話が横道にそれましたが、長く使っていると、
くったりしてきてちょうどいい塩梅になるものと、
ただただみすぼらしくなってしまうものもあります。
たとえば茶器、茶渋がつくと汚い感じがするものですが、
萩焼のように茶渋がいい具合に模様になるので、
漂白しない方が良いと言われたりします。
長く使えば使うほど味がでるというか、不思議な気がします。

どんなものでもさらっぴんはきれいなものです。
それが使い続けていくと、質の違いや値段の違いで差が生まれます。
値段が高いから、長持ちするというのは多少あるでしょうが、
全てがそうだとも言い切れません。
値段に関わらず、古くなってもその古臭さがいい味をだしているもの、
そうでないものがありますよね。
そうでないモノの時、値段が高いとモノにしがみついてしまいがち。
出がらしの茶っぱのようであっても、手放せないといった感じ?
そうなると使うのが憚られるも、処分できず仕舞ったままになるのがおち。


モノを手にいれる時に、消耗品と割りきって使うものもあれば、
そうでないものもあります。手にいれる時、長く使えるもの、
愛着が持てるものを選ぶようになりました。
そうすると自然と選ばなくなるものがでてきます。
たとえば・・・モノやそれを使う用途にもよりますが・・・。
化繊ものであるとかプラであるとか・・・。
便利な時もあるけれど、長く使い続けられない。
買い替えが前提であったりもします。
だからといって、全てこれらが否とは言い切れないのですが、
使い続けて古さがでても、それをひっくるめて好きでいられるものを
選びたいと思うようになりました。

kyuuri.jpg
きゅうりの下の方に花がついているものを見ると、
そちらに手がでてしまいます^^ なんか新鮮な感じがします。
今日も新鮮野菜を買いに行ってきました。
少々形が悪くても嬉しいものです。

今年の我が家の梅仕事、予定していた梅もぎが雨で中止になりました。
さてさて梅シロップ、サワーどうしましょ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 0
06.15
Fri
本日2回目の更新です^^
1回目の記事、まだでしたら、紫陽花のお話、コチラです。


夫ちゃんがシナモンロールを焼いてくれました。

Cinnamon roll11

翌日、アイシングを作ってかけてくれました。

Cinnamon roll12

ひとつで2度の味が楽しめました。大変おいしゅういただきました。





優しいなーと思ったら、今夜は飲み会だとさ(笑)

どーりでね( ̄ー ̄)ニヤリ


なんてそんなことを言っちゃあバチがあたりますね^^;


さて、ひとりごはん・・何しようかな・・。
ついお一人様だと、手抜きも手抜きになるのですよね。
いやいやいや、それを言っちゃあおしまい(笑)


昨年漬けた梅干し。これだけになりました。
セラーメイト 取手付密封びんに保存していましたが、
残りすくなくなったので、weckガラスキャニスターに入れ替えして、
今年の準備を整えています。

梅酢につけた方がお色も鮮やかだけれど、こちらはおにぎりの中に
いれる時も汁気がなくて夫ちゃんの評判がイイ。
今年は樹熟南高梅を漬ける予定。さて梅酢に戻すか戻さないか・・。

saigonoume.jpg

今夜はこれもお供にゆっくりと食事をするとしましょ(*^^*)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.15
Fri
ずっとブログを読んで下さっている方は、お馴染みだと思いますが、
6月15日、またこの日が訪れました。

昨年飾った紫陽花にお礼を言って、新旧交代です(^^)

今年は初めての額紫陽花にしました。
私の住んでいるあたりだけかもしれませんが、紫陽花も例年より
咲いていない気がします。気候の加減かもしれませんが、
毎年、この季節になると紫陽花の咲き加減が気になります(^^)

トイレに飾るのに額紫陽花を飾ったことがなく、
中心部の両性花がドライになった時、大丈夫なのだろうか・・と
一抹の不安がよぎりましたが、今年はこれでいこうと!


オンマウスで昨年の紫陽花が見られます。


西洋紫陽花と違って、華やかさがなく、花が咲ききっていないようにも
見える額紫陽花ですが、周辺の花びらがしっかり咲いています。

お決まりのように逆さに吊るします。まだ装飾花も元気がありますね。

azisai2.jpg

昨夜、14日から15日に日付が変わってから飾って、翌朝見ると、
装飾花がこんな風になっていました。数が少ないのでなんだか
風鈴のような、提灯のようなそんなふうにさえ見えてしまいました。

azisai3.jpg

azisai4.jpg

一年間、どうぞお守りくださいね。

azisai5.jpg


健康が一番だと思いますが、人間、どこか悪くなったりします。
どの病気が良い、悪いはありませんが、私だけがそう思うのかもしれませんが、
女性にとって婦人科は、やはり行きづらい感じも否めません。
定期健診でさえ、「検査だから」と言い聞かせて行くものの、
腰が重くなってしまいます。
迷信であろうとも、1年間何事も無く過ごせられるならば・・と
思って毎年この日に、紫陽花を飾っています。

風水的にはトイレにドライフラワーは良くないと聞きましたが、カラダ優先かな(笑)

紫陽花にまつわる記事はコチラ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.14
Thu
以前から、我が家はお家の掃除をクエン酸や重曹やセスキで
まかなっている話を書いてきました。
でも基本汚れの酷くないものは、水やお湯拭きで十分汚れがとれることは、
窓拭きや扇風機の掃除の記事でも書いてきました。

浴室掃除も通常はクエン酸水スプレーで掃除をしていますが、
以前、しっかりめに掃除をする時に重曹と石けんで作るクリームクレンザーで、
掃除をすることも書きました。(その時の記事はコチラ

浴室もクエン酸で掃除をして白残りもなく、カビも予防していたつもりですが、
築年数が経った我が家は、パテ埋めしているところを見ると、
汚れがでてきます。黒い点を見るとカビかもしれない。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
早い目に手当をすれば・・と思い、しかし我が家にカビ取り剤はありません。

なので、酸素系漂白剤と粉石けんを使ってペーストを作りました。

今回使ったものは、容器と中身が違いますが同等の酸素系漂白剤の、
無添加 シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 と、
無添加 シャボン玉スノール(無添加石鹸)を使用。
液体石けんでは、漂白剤を溶かしてもペースト状にならないので、
合成洗剤でない粉石けんを入れてぬるま湯でペースト状にします。

hyouhakupack1.jpg

それぞれ1:1の割合でぬるま湯で溶かしていきます。
こんな感じでクリーム状にしますが、緩すぎずるとたれてくるので、
加減しながら調整してみてください。

hyouhakupack2.jpg

今回気になった浴室の天井と壁の境目。
少しわかりづらいですが、黒ずみがあります。
手が届きにくいので乱雑な塗り方ですが、使い古した歯ブラシで塗ります。
お風呂に入った後にしたので、そのまま一晩放置。
(時間を置いた方が良いです。)

hyouhakupack3.jpg
完全とまではいきませんが、薄く目立たなくなりました。

こういった四隅の部分も、拭き取りをしていても拭き残りがあったり、
梅雨の季節、どうしても湿気で黒ずみもでやすい感じがします。
同じように塗りこんで一晩放置。

hyouhakupack4.jpg
このへんも入居前にパテ埋めされているのですが、
経年劣化で薄汚れてきました。すごくわかりづらいのですが、
ここも気にならなくなりました。


見落としがちな窓の上の部分。水滴がたまりやすい場所です。
自分の目線より高いところは、目に触れにくい場所なので要注意です。

hyouhakupack5.jpg

クエン酸水スプレーで落ちない汚れは、こうしてペーストを作って、
気になる部分に塗って放置して、洗い流すだけです。
その後はしっかり拭き取りを忘れずに。

これでも落ちないカビ(らしきもの)は・・・塩素系漂白剤のお世話に
ならざるを得ないかもしれませんが・・・。

あのツンとしたニオイが苦手な方、クエン酸だけでは落ちた感じがないと
思われる方、重曹と石けんで作るクリームクレンザーや、
カビらしき汚れを見つけたら、今回の酸素系漂白剤と粉石けんで作る
ペーストでの掃除もオススメです(^^)
なによりもお家にあるもので掃除をすると安上がりです(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.13
Wed
昨日はたくさんの方にお越しいただき、とても嬉しく感謝しております。
おまけにコメント欄を閉じていると書きながら、開けていたという
そのことにも最初気づかなかったすっとぼけた私です。
なのに温かいコメントをいただいて、本当に嬉しくて嬉しくて、
胸の奥が、ジン・・としてしまいました。
ありがとうございます。
本当にご心配おかけしておりますが、ゆるゆると過ごしたいと思います。

018l.gif


実家の私の部屋に飾っていた2つのピエロの人形。
私の移動とともに一緒に連れてきました。

もう何年何十年も前に、実家の母が作ったピエロの人形です。
紫色のお洋服で白のドットももっと色鮮やかでしたが、
陽あたりの良い部屋と年数が経ち、ずいぶん色褪せてしまっています。

pierrot1.jpg
確か、リボンも縫ってビーズをつけていたような気がします。

お顔も薄れてしまっています。涙もかろうじて見える・・かな。

pierrot2.jpg

腕と足にはポプリが入っていて、以前はいい香りがしていました。
残念ながらもう香りはしませんが、触るとその名残はあります。

pierrot3.jpg
お腹には綿らしきものが入っていますが、定かではありません。


この顔を見ると、今の自分の心が映しだされているような、
そんな気もしないではありません。
でもひょっとしたら、私のイロイロ抱えている思いを、
代わりに吸収してくれているのかなー。

pierrot4.jpg


もうひとつのピエロ。
ピエロって言っていますが、ピエロじゃないのかも。
これも上のとそう変わらない時期に母が作ったものです。
椅子にちょこんと座った姿が愛らしいです。
この椅子、一応ロッキングチェアーなのでゆらゆらと揺れます。

pierrot5.jpg

笑った顔ですね。

pierrot6.jpg

こちらの人形は全て手でチクチクのようです。

pierrot7.jpg
お手玉のような感触があります。中に何が入っているんだろう・・。
昔のお手玉のように小豆?いえいえ、そんな大きな豆ではないようです。
横向きにしても、そのまんまおさまっています^^


いつもこんな風に穏やかな顔でいたいと思います。

pierrot8.jpg


飾っていると埃がついて、フリルの間を綿棒で拭いてやっても、
はらってやってもどこか薄汚れてきます。色もどんどん褪せてくる一方です。
きっともう母はこんな手づくりはもうできない・・・かもしれません。

でも、これからもずっと私の傍に・・・・、決してお金で買えないものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.12
Tue
ここのところ、コメント欄も閉じておりながら、
私のブログにお立ち寄りいただいたり、拍手コメント欄にコメントを
残してくださったりして本当にありがとうございます。
拍手コメント欄では、非公開のコメントにはお返事ができませんで、
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
そして、昨日はたくさんの方から応援ポチ☆をいただいて、
ありがとうとざいます。とても嬉しく大変励みになっています。
心とカラダのバランスを取り戻すまで、まだ少し時間がかかりそうです。
心がつぶれそうなことを抱えていますが、一心不乱にシンク磨きをしたり、
少しの時間ブログを書いている間は、無心になれると申しましょうか・・・。
皆様のところにご訪問させていただいておりますが、
私自身のブログにいただいたコメントにお返事が、
ままならなくなりそうなので閉じさせていただいています。
勝手していますが、どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>

(訂正)↑・・とアップ後コメント欄が開いてました‥‥後で気づきました。
おかしな具合になってしまって、すみません。


tree01.gif


可愛い缶や瓶を見ると、中身よりも缶そのもの、瓶そのものに
目が奪われてしまって後先考えずに買っていた頃もありました。

bin1.jpg
この缶、可愛いでしょう。以前ブロガーさんのところで見て、
一目惚れして買っちゃいました。
中はサプリメントをいれて使っています^^
鳩サブレーでお馴染みの豊島屋さんの、らくがん「小鳩豆楽」です。



その結果、使う数以上の缶や瓶が食器棚の隙間をみつけては、
押し込んだりしていました。
とくにジャムの瓶なんていうものは、いつでも買えるものであっても、
その手頃な大きさ、形がどうもいけません(笑)なので溜まる一方でした。
でも、可愛いな、素敵だな、そういう感性は大事にしたいと思っています。
なので、ただただ以前のようになんでもかんでも手元に残さず、
やはり手におえる数だけにすると、愛着が倍増した気がします。


ジャムの瓶でもこのぽってりした形が一番お気に入りです。

bin2.jpg


中身を隠すものでもなく、逆に中身を見せた方が素敵な場合もありますが、
敢えて中身を隠してみました。
2種類のワックスペーパーをくしゃくしゃ入れて・・。

こういうセンスがイマイチなもので、素敵にお見せできませんが・・(uu*)

最初文字の入ったペーパーだけ入れてみたのですが、
重ねるとうっすらと色が写り、こっちの方が温かみがあるなーと思って。

bin3.jpg

中は大小さまざまなクリップです。

bin4.jpg

100均のクリップですが、ちょこっと留めるのに便利です。

bin5.jpg

「使う時がくるかもしれないから、瓶をとっておく」といった頃は、
利用するまでは仕舞われたままの状態でした。
ひとつやふたつでなく何個も何個も・・。

それよりもこうして使ってやる方が、やっぱりいいなぁ・・と。



      




 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 20 trackback 0
06.11
Mon
我が家は夫ちゃんも私もほとんどお酒を飲みませんが、
ビールかワインをすこ~し嗜む程度です。
最近カルーアミルクにハマってしまいました^^;
シナモンをふりかけていただいています。

P6091503.jpg

飲みやすいだけに勢いあまって2杯3杯といかぬよう気をつけながら(笑)


以前から不器用な私に夫ちゃんが、私には「絶対必要だー」と云い続けていた
モノがこちら、「しぼレトルトへら」です。
ご存知の方も多いかと思いますが100円ショップで購入しました。

retort hera1

便利グッズを発明した人はすごいなーと思います。
けれどその便利グッズも、思わず飛びついて買ったはいいけど、
謳い文句ほど実用的でなかったり、使用頻度も少なかったり。

結局、あれば便利だけれど、なくても問題ない。
そんなふうに思うものも多々あるのも事実。
でも、その家にとってものすごーく活用しているものもありますね。
我が家も買って失敗したものもあれば、これが100円なんて!と
驚かされるものもたくさんあります。

このしぼレトルトへらも、確かにあれば便利だろうなーって思っていました。
でも、なくてもチューブ食品もギュって絞れるから要らないかも・・と
思いつつ、歯磨き粉など絞りにくいものがあって買おう買うまいか、
かなりの期間悩んでいました。

たかが100円、されど100円。

買って使わないほどもったいないことはない。

そんな思いがあって、なかな買いに至らなかったのですが、
買ってみると、これは重宝しました。


こんなチューブの食品も手で絞りだすより、
ギューって上から絞っていくと、ムダなくすっきり。

retort hera2

こちらのチューブもこんなに薄くなります。

retort hera3

いつも悩まされていた歯磨き粉も、夫ちゃんに絞ってもらうこともなく簡単。

retort hera4

レトルト食品はあまり利用しないのですが、熱いものを絞るのに具材が
袋に残りやすいですが、これならあますことなく絞れます。

retort hera5

シャンプーの詰め替えの時も、絞り残さずにすみます^^

こんなことならもっと早くに買えば良かった(笑)
と思わなくもないですが、値段の高い、安いにかかわらず、
やっぱりモノ選びには新調になります。
必要なモノ、必要でないモノの判断は、お家によってそれぞれ。
モノ1つで、イライラ感がなくなれば暮らしやすくなるのも事実です。

006s.gif

ブログ村のカテゴリー、賃貸インテリアでも登録していましたが、
インテリアに特化する記事もそんなに書けずにいました。

なんの取り柄もないフツーの主婦である私が、お家のこと、
お掃除のこと、賃貸暮らしの中での収納の工夫、使ってみて良いと思うもの、
日々の暮らしのこと、お菓子やパンづくりが好きな夫ちゃんのこと、
時には日々の出来事にギモンに思うことを辛口に書いてきました。

モノに溢れすぎて見えなくなっていたことも、数を減らしてわかったり。
要、不要の判断をして本当に必要なモノ、気に入ったモノを選び、
大切に使い、使い切る、使いこなしながらの暮らし。
私の求めていた暮らしは、そんなシンプルな暮らしですが、
それと同時に以前から自分にできない「丁寧な暮らし」を少しずつ
追い求めてきました。
「シンプル且つ丁寧な暮らし」そういう暮らし方を実践したいなと
思って今回「丁寧な暮らし」を追加変更することにしました。
これからもよろしくお願いします。<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.10
Sun
冷蔵庫の整理も兼ねて、あるものでグラタン。

市販のグラタンでなくても、時間をかけてホワイトソースを作らなくても、
電子レンジでホワイトソースを作りおきして冷凍しておけば、
いつでもサッとできます。

小麦粉大さじ3、バター大さじ3を入れて電子レンジで40秒くらい加熱。
塩、小さじ1/2 おこのみでコンソメや胡椒を入れて、
牛乳400ccを入れて混ぜあわせて3分~4分加熱。
取り出してからさらに混ぜて、更に3分~4分、中の様子を見ながら加熱。
ダマがなくなるようになめらかになるまで混ぜ合わせる。

冷めてから冷凍しておけば便利です。

gratin.jpg

残りもののマカロニと玉ねぎ、鶏ももとチーズのグラタンです。
少しずつ寄せ集めの材料ですが、結構ボリュームがでました(^^)


hana1.jpg

梅雨に入りましたが、今日はお天気が良かったのとお家に閉じこもりは
良くないこともあり、調子も良かったので少し散歩をしてきました。

紫陽花もちらほら咲いていました。今年もまた6月15日に紫陽花
トイレに飾る日が近づいてきました。
先日、お家のドライフラワーを撤去した話も書きましたが、
これだけはやっぱり欠かせない行事です(笑)

hana2.jpg


まだ暑さも酷くないせいか、走っている人も多くみかけました。
運動ということを考えれば、早歩きをした方が良いのですが、
のんびりぶらぶら(笑)

hana3.jpg

珍しい花だったのでパチリ。

hana4.jpg

ピンクの花が愛らしいです。

hana5.jpg

なんともブラシのような、お掃除してくれそうな感じ。
たわわに花がたくさんついていました。

hana6.jpg

こうして色々な花を見ると、お庭があったらなーと思います。

hana7.jpg

我が家のベランダに咲いているのは、ケイトウ。

hana8.jpg

カリフォルニアローズ。

hana9.jpg

桔梗。

hana10.jpg

あと、もうだめかと思っていた、ベゴニアの蕾が(^^)
生命力のすごさにただただびっくりです。

やっぱりお花を見ると、少しずつ穏やかな心が戻ってくる感じがします。

006s.gif

ここしばらくコメント欄を閉じさせていただいています。
拍手コメント欄に鍵コメでいただいた方、
こちらにてお礼を申し上げます<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.09
Sat
かつお菜という珍しい菜っぱが目につきました。

生まれて初めて目にした菜っぱです。
見た目はなんだか高菜に似ているけれど、どうなんだろーと不安に思いつつ
買ってみました(^^)

katsuona1.jpg

調べてみると、福岡県の伝統野菜だそうです。
やはり高菜の一種のようで、かつおだしをとる必要がないくらい、
風味がよく味もでるとのこと。
福岡ではお正月のお雑煮にもいれるようです。

色々なレシピがあったのですが、炒めたりするよりは、
できるだけ菜っぱそのものの味を味わいたいと思って、お浸しにしました。

katsuona2.jpg

薄口醤油で味付けしました。
薄口醤油、みりん、砂糖、大さじ2~3ずつ、水1カップ 塩少々

かつお菜は茎をさきに茹でその後葉っぱを茹でて、水気をきってから、
しょうゆ洗いします。
この時は濃口醤油をふりかけました。

上記の材料を一煮立ちさせて冷ましたら、かつお菜と合えます。
お好みで胡麻をふりかけました。


この日の晩ごはんは、数日前から恒例の甘いものの食べ過ぎもあり、
お肉もお魚も抜きという、唐揚げ大好き夫ちゃん泣かせかもしれない晩ごはん。

katsuona3.jpg
後は写真には写っていませんが、お粥とお味噌汁。

先日、御岳渓谷に行った帰り、立ち寄ったお店で購入した檜原村特産の
こんにゃくをお味噌をかけて刺身こんにゃくに。

そしてがんもどきの煮物。

人参ともやしのナムル。
もやしのナムルを作る時、水から入れて蓋をして茹でます。
そうするとシャキシャキに仕上がりますよー。
沸騰したら弱火で1分茹でて、熱いうちに塩、すりおろしにんにく、白ゴマ
人参(この時は先日の下ごしらえした人参を使用)を入れて混ぜて、
ごま油、大さじ2、醤油は数滴入れ混ぜ合わせます。

ボリュームのない食卓なのですが、このかつお菜が意外と食べごたえがあって、
夫ちゃんに「お腹がいっぱい」と言われました。

かつお菜・・また見つかるといいなー。

お庭があったら栽培したい(笑)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

trackback 1
06.08
Fri
もう使わなくなった布鞄もオークションに出したりしてずいぶん処分しました。
でもまだ別置きしていた箱のひとつ、すっかり忘れた存在になっていました。
オークションに出すのもひとつひとつ写真を撮ったり、
作業の事を考えると億劫になってしまい、時間だけが経ってしまったり。
もともとこういうことがメンドウな性格なので、
モノを持つときにはほんとよく考えないと・・ってこんな時に
すごく実感したりします(笑)


以前に何度か、布鞄フリークだったこと、民族モノが好きだったことを
書いています。独身時代からずっと集めていたものもあります。
でも前に、コレクションしていた民族服もこれだけはと思うものだけを
残した話を書きました。
もっともこれらは実用的な服ではなく、あくまでもコレクションだから、
集める楽しさと、飾ったり、見て楽しむものとしての位置づけです。
それと並行して、民族モノの布鞄もものすごい数を所持していました。

民族モノの鞄は実際に機能的なものもあるので、
買うときは「使うから」という名目があり、似たようなデザインであっても、
「ここが違うんだ」という確固たる理由もあれば、ただ、自分が持っていない
ものを見つけて欲しくなっただけのものもあります。

歯止めがきかなくなっていましたねー^^;

minzokubag1.jpg

とくに1人の時は、自由にお金が使えることもあり、
ある意味ささやかな贅沢と称していたところもあります。
結婚してからもモノに溢れながら、次から次へと買い続けていました。
だから夫ちゃんから、一時鞄禁止令がでたくらい^^;

先日の夫ちゃんのエヴァンゲリヲンのフィギアと同じで、
集めているものしかわからないこだわりがあって、
さほど違いがなくても、「欲しいっ!」と思ったら手がでていました。

これなんか典型的で、これは裏返しにしていますが、
鞄の形は同じ。でも柄、色が違うので購入したものです。
これも他に何個かあって処分した残りで、オークションに出しそびれたもの。

minzokubag2.jpg
とまあ、別置きしていた箱を見なおしても、今やっぱり使わないものばかり。


先日のTシャツをファブリックパネルにしたように、
他にリメイクできるものはリメイクしてみようと思いました。


実際どれだけ使ったかなー。

7個ならば1週間毎日違うものが持てます。
14個ならば2週間毎日違うものが持てます。
21個ならば3週間毎日違うものが持てます。
28個ならば4週間毎日違うものがを持てます。
30個ならば一ヶ月違うものが持てます。

ですが、持っている全ての数をまんべんなく使っていたかしら・・。

答えはNO!

なんだかんだ言っても、使うカラダは1つなのにねー。
集めるだけ集めて使い切れず、使いこなせず。

自分では使っているつもりでも、使いやすいモノが出番が多くなったり、
使いこなしてはいなかった。使っているという錯覚だったのかも。
「使っている」と「使いこなしている」は全く違う気がします。

見た目で買ったはいいけど、やっぱり使いづらいものも正直多かった。

コレクション部屋があるならともかく、狭い我が家。
使いこなせる数も限りがあるということに気づきました。

暮らし方が変わり、好みも変わり、モノの持ち方に対する考え方も
変わると、少ない数でも使いこなせるだけ。
そうしていくと「これだけは手放せないモノ」が数少なくても
満足感は以前より増したと思います。

でも、モノを買わない、買わない生活・・ではありません。
自分が使いこなせる数を把握しつつ、増やしたら減らす、減らして増やす。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.07
Thu
キッチンスポンジは色々ジプシーして、びこわこふきんに落ち着いて
1年が過ぎました。
びわこふきんと出会う前に使っていた「迷いがなくなった」と決めた
ふきんタイプのスポンジもありました。
スポンジからふきんタイプで食器を洗うという過程があったから、
びわこふきんに違和感もなく使いこなせたという点では大きい存在でした。

びわこふきんに至る経緯は過去記事にも書いています。
もしご興味のある方はコチラをお読みくださいませ。


キッチンスポンジも使っているとくたびれてくるので、
定期的に買い替えをしますよね。
我が家も夫ちゃんは、アワアワで洗いたい派なので、
(液体石けん洗剤についてはまた後日)
最近では自分でスポンジを選んでおりますが、
この1年でも買い替えしています。

ところが、私のびわこふきんは買い替えしておりません。
右側は、シンク拭き用として使っているもので、シンクを磨いた後こんな
感じで汚れてしまいました^^;

biwako1.jpg

過去記事でもご紹介しましたが、こうしてふきんの煮洗いをすると、

biwako3.jpg

きれいになりますし、タオルの煮洗い同様、
乾くと多少ふっくらした手触りにもなります。

biwako4.jpg

塩素系漂白剤を使うと、煮洗いせずとも真っ白にはなりますが、
生地を傷めます。長持ちはしないと思います。
通常は石けんでゴシゴシと手洗いして、時々煮洗いをしているだけです。

写真は2枚しか写っていませんが、
食器洗い用、テーブル拭き用、シンク拭き用と3枚使用しています。
食器を洗う時は、これに慣れてしまうと、隅々まで洗いやすい。
所詮食べ物の汚れなので、食べ終わったらすぐお茶碗にお水を張る、
油ギトギトのものは、事前に拭きとってぬるま湯で洗うと
ほとんど汚れは落ちます。それでも落ちない時は石けんを使用します。
お鍋を洗う時は汚れ具合によるので、びわこふきんで洗ったり、
たわしを使う時もあります。

びわこふきん、今のところ初期投資だけですんでいますが、水道代、
その他光熱費を考えると、驚くようなお得感がでたわけでもありません。
ただ、水道代が増えてはおらず若干減ったと思います。

洗剤を使わなくても落ちる汚れに、わざわざ洗剤を使うまでもなく、
これはキッチンだけに限らず住まいの汚れもですが、
湯だけ、水だけで落ちるならそれで問題ないと思っています。

なんとなく泡で洗うと、汚れが落ちた感や洗ってます感、安心感が
でるのかもしれません。


全て不使用というわけにはいかないので、石けんは使用しています。
合成洗剤から石けん(液体石けん含む)を使うと必ず、壁にぶちあたります。
それはまた別の機会に・・・・。

吸収力抜群 びわこ ふきん

オススメです(*^^*)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.06
Wed
使いかけの食品の保存も見なおしたりして、色々と変遷しています。
以前はAnylock(エニーロック)で留めたものをカゴにいれたり、
その後IKEAのIKEA KRUSふた付き容器に保存していました。

小麦粉やパン粉、お麩、マカロニなどもスナップウェアーに
入れ替えていますが、小さなサイズのパスタなど
わざわざ移し替えす程でもない・・・サイズのものは、

IKEAKRUS4.jpg

やはりここに収まっています(^^)
密閉式で中身が見えるので、使い忘れるということがありません。

IKEAKRUS3.jpg

チャック付のものは、無印のPPストッカーに収納しています。

IKEAKRUS6.jpg

なので現在は、IKEAの大きなサイズの方2つとも、
お菓子に関するものだけを収納しています。

IKEAKRUS1.jpg

この2つのケースは、私、というより、お菓子を作る夫ちゃんが、
わかりやすく、常に在庫の確認ができる方が良いので便利です。
ここには夫ちゃんが買った封を開けていないものもいれてあります。
以前は食品のストックのケースにいれていたこともありましたが、
食品のストックと一緒にするより、お菓子やパン作りのものは、
ひとまとめ(もちろん小さいサイズのものですが)にすることで、
ムダ買いがなくなりました。

IKEAKRUS2.jpg

このケースについては以前にもご紹介したことがありますが、
詰め込みすぎて、「ない」と思っていたものが、底からでてきたり(笑)

使うものを使うだけ、必要なモノを必要なだけ。これを忘れず^^;

こういったケースに限らずですが、少しスカスカ気味で余裕を持たせると、
探しやすく、使い切ることができやすいと思います。

IKEAKRUS5.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.05
Tue
トイレ掃除も便器や床などは行き届きやすいけれど、
手洗い部分というのは、汚れという汚れがなさげで、
トイレ掃除のついでに・・・という程度の感覚です。

でも、キッチンのシンク同様水アカは絶対についてくるんですよね。
ただ、キッチンシンクのステンレスと違って、手洗い部分が陶器だと
あまり水アカの汚れが目立ちません。
おまけに、我が家のトイレ、電球色なので黄色っぽい色で、
白色灯のような白っぽい明るさではありません。
なので、手洗い部分の水アカやザラツキが少々ついてもわかりづらい。

蛇口はもちろんですが、蛇口の根元、隅の部分、内側手前の面も、
汚れていないようで汚れているものです。
そして、⇔部分。キッチンシンクでもこういうカドの部分を磨くだけで、
水がサーっと流れて、美しく見えます。
手抜き掃除をしても、こういうところだけでもしっかり押さえて
掃除をするだけで、光って見えるのできれいに見えます^^;

tearai1.jpg
築年数が経ったそっけない、オサレにほど遠いトイレタンクです(笑)

通常のお掃除ではスポンジやウエスでこすり洗いですが、
時々、100均で購入するスポンジの裏に傷がつきにくい研磨剤が
ついたもので磨きます。カットして使っています。

このスポンジは水だけでもきれいになりますが、
重曹をふりかけてこすると、タンクの中の汚れにも効く感じがします。
以前記事にもしましたが、トイレタンクの中、入居した当初に比べれば、
ずいぶんきれいになりました。ここは掃除の限界を感じたところですが、
重曹で掃除をした成果はそれなりにありました。
月1くらい、寝る前に重曹を1カップくらいいれてそのまま放置。
翌朝、普通に使用しても問題ありません。こんなこともしながら、
トイレタンクはそれなりにきれいに保っています。

tearai2.jpg

掃除が終わったら一応水気は拭き取りますが、
そうはいってもトイレですから、使用すれば水滴はついたまま。
だから、水アカも目立たないだけでつきやすいところなのです。
時々、手洗いの陶器をツルツルにしておくだけで、
埃もたまりにくく、汚れもつきにくいと思います。

tearai3.jpg


我が家は過去記事でも書きましたが、トイレの芳香剤は使っていません。
柑橘系のトイレ芳香剤(床に設置タイプ)を置くと、
便座との隙間についた汚れ、縁裏などについた汚れのニオイなど、
目立ちにくい部分の汚れのニオイがわかりづらい気もして・・。

でも、気分転換にお香を置いてみました。
芳香剤と違って、トイレに入ったらプンプン香るということもなく、
かすかな香り程度です。

ちなみにタンクの後ろ側には、クエン酸をカップにいれて置いています。
トイレにはクエン酸が消臭剤になります。

kaori1.jpg

お香をいれている瓶、アップルジュースが入っていました。
Martinelli's アップルジュース
瓶が可愛くてジュースを買ったのですが、昔ほど瓶をためこむことも
なくなりいくつか処分していく中で、残した瓶です。
リンゴ型の瓶に葉っぱの模様が施されています。

kaori2.jpg

マルティネリってこん可愛い文字が書かれていると、
床置きでなく、棚に置こうかなって思ったんですよね・・・。
でも、最近頻繁にある地震を考えると、便器にあたったりすると
トンデモナイことになりそうなので却下しました。 ^^;

kaori3.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.04
Mon
楽天さんのスーパーセールとかでお買い物をされた方も多いかと思います。
日頃から欲しかったモノをチェックして、そういう機会にお買い物。
今回のスーパーセールでなくても、セールの時、ポイントアップの時に
賢くお買い物・・・上手にお買い物をするのも手なのですよね。

どうもそういう波に乗れないのが私(;´д`)トホホ・・・。
なぜにこういうものに弱いのか・・・。
チェックしているものはあっても、絞り切れなかったり、
タイムアウトになったり(笑)
確かに昔に比べると、モノを買うのに時間がかかるようになったのも事実。
と言えば、なにやらしっかり吟味しているようにも聞こえますが(笑)
そんなたいそうなことでもなく、どうもこういうイベントに参戦すると、
つい雰囲気に煽られて、それほど必要でないものまで買ってしまったり・・と、
そういったきらいがあります^^;
どうも、その場の勢いで買ったものは、結局自分では使いこなせなかったり、
失敗した感がでてきたりするのです^^;
なので自分で手綱を締めながらしていると、チャンスを逃すことも多々。

事前のチェックを怠らず、決めたものがお買い得になっていれば、
本当に良いお買い物ができるわけなのですよね・・。
欲しかったものが手に入った時の喜び・・・・心も満たされますね。

044.gif


さて私自身、モノとのつきあいかたを振り返ってみて、
今までもブログで書いてきたように、モノに振り回されないように
自分軸がぶれないように・・と思ってきました。

かつての洋服好きが昂じて、オトナ買い、色違いで同じものを手にいれたり、
似たようなものをいくつも。手にいれるまでのワクワク感も手に入れた後の
満足度もアップし自分のモチベーションもアップしたりもしました。
その反面、数多くの洋服を持っているということだけで、
満足していた部分もありました。
その後、袖を通さない洋服や使わないモノを処分して
お家をすっきりさせて・・とそうしてきました。
タンスや押入れの肥やしにならないように・・。
それなりに効果はありました。着ない、使わないものがないように、
安易に手に入れないようになりました。
気に入ったものを手にいれることの意味、大切さ。
それがやがてモノを大事に扱い、使い、使いきるということ。
そんなごく当たり前のことに気づきました。


自分のお家の収納キャパを超えないように、自分で管理できるだけの数で
モノを持つ。そうすることで暮らしやすくなることも実感。

それでも人間ですから、新しいモノに目が奪われます。
壊れたから、劣化したからということでの買い替えだけでなく、
お気に入りのモノが見つかると、欲しくなったります。
それが自然の摂理だと思います。

とくに食器は、かつて夫ちゃんが使っていたもの、間に合わせで選んだもので、
自分で選んで手にしたわけではなかったので、
自分の好みがはっきりしてから、ひとつひとつ選ぶ充実感、
嬉しさも味わえるようになりました。
ただ、我が家は狭いこともあり、欲しいままに買うとあっという間に
収納なんていっぱいになってしまいます。
洋服が食器に変わっただけ・・・首のすげ替えだったと言うことのないよう、
先日の夫との話ではないですが、「使うものだから」という理由を
大義名分にしないよう、忘れずにいたいと思っています。


必要あらば買い足すけれど、増やしすぎず身の丈にあった、
本当に必要なモノを手にして、心豊かになる暮らしをしたいと思っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.03
Sun
時々、おいしい空気を吸いたくなるとここに来ます。

P6021421.jpg

奥多摩湖の手前、JR青梅線御嶽駅の近く、御岳渓谷。
ここを渡ると東京の銘酒、澤乃井の蔵元があり、橋のたもとには、
澤乃井園があり、豆腐やゆば料理がいただけます。

P6021428.jpg

楓橋。写真右手に見える赤い屋根は、散策にきた人が自由つける鐘堂。

P6021457.jpg

橋から澤乃井園に向かって、右岸の風景です。
カヌーをしてらっしゃる方も多くみかけます。

P6021430.jpg

こちらは左岸。

P6021432.jpg

川の近くまで行くと、結構流れが早いのには驚きます。

P6021446.jpg

澤乃井園の庭園の中に、木蓮科の唐種招霊 (からたねおがたま)という
花が咲いていました。花がバナナの香りがするんです(*^^*) 
本当にバナナに囲まれている感じです。

P6021436.jpg

秋に来るとこのグリーンの紅葉も真っ赤に色づくのでしょうけれど、
この時期の緑もとても美しいです。

P6021456.jpg

中国の蘇州にある寒山寺にちなんだ「寒山寺」のお堂。

P6021460.jpg

今まで何度も足を運んだ御岳渓谷ですが、この階段を上がったことがなく、
上まで登ってみました。ちょっとひっそりしていていい感じ。

P6021464.jpg

上から眺める橋も川も、いつもと違って見えました。

P6021466.jpg

東京都なのに、緑がいっぱいで自然豊かな場所です。
ここに来ると時間が止まった感じがして、ついつい長居をしてしまいます。


突然、降って湧いたように、心穏やかでなくなくなることが起きたりします。
心と体のバランスが崩れてしまうこともあります。
どうして良いのかわからなくなって、わめきたくなることもでてきます。
考えても考えても結果が見えない暗くて長いトンネルにはいって、
先が見えないことに直面することもあります。
いっぱい考えても答えがでない時もあります。
どうして良いかわからなくなって頭がいっぱいいっぱいになり、
胸がしめつけられることもあります。
現状どうすることもできないこと・・・悩んでみたところで為す術もなく、
そんな時は、心穏やかにさせてくれる場所にくると一瞬でも忘れることが
でき・・るかな・・と思いました。
今は、静観するだけ・・・そう自分に言い聞かせて日々を過ごすこと。
ここに来ると、少し自分を取り戻すことができたかもしれません。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.02
Sat
休日の朝の食卓。

French toast

夫ちゃんのおばあちゃん直伝のフレンチトースト。
ずいぶん歳はとっているはずだけれど、昔からモダンだったそうです。
これは夫ちゃんが腕をふるってくれました(^^)


最近オープンした農家直接のお店。
少し形がいびつだったり、規格外の野菜だったりするのかもしれませんが、
新鮮で安いので賑わっています。

我が家も早起きして野菜をたくさん買ってきました。
葉つき大根や人参がありました。

スーパーだと葉がついているものがないので、久々に浅漬にしました。
大根は写し忘れですが、まんまるした大根が70円でした。^^;
塩をまぶして重しをして半日から1日置くだけのお手軽なもの。

yasai1.jpg

今回は葉がもっさーとついていたので、葉だけでしたが、
葉が少ない時は、こんなふうに大根も一緒に浅漬します。
これだけでもごはんがすすむんですよね~。

yasai5.jpg

葉つきの人参。スーパーの人参と違ってそんなに美しくないけれど、
こういう人参は優しい感じがします。根っこもついてました。

yasai2.jpg

先日人参の細切りに塩をまぶして保存できることを聞いたので、
早々に試してみました。これで下ごしらえのひとつができあがり。
そのままつまんでみましたが、これ結構いけます(笑)
これなら人参のナムルもすぐにできますね。
時間のある時に、下ごしらえをしていると便利ですね。

yasai3.jpg

人参の葉は洗って乾かしています。
パスタソースにする分と、ランチ用にわけました。
(パスタソースはまだ仕込んでいません)

yasai4.jpg

今日のランチは、人参の葉いりペペロンチーノです。
人参の葉は軽く茹で、茎は少し固めなのでしっかり茹でます。
茎は歯ごたえがあって、しっかり噛むのでいいですね。
最近柔らかいものを食べることが多くなり、固いものを食べることは
やっぱり必要だなーって思います。

yasai6.jpg

これはオマケ^^;
苺ジャムいりココナッツケーキ。
夫ちゃんが夜に焼いてくれていたものです。バナナケーキも好きだけれど、
少し苺ジャムとココナッツがはいったケーキもおいしいです(*^^*)

P5311415.jpg


大根も人参も葉も捨てることなくこうして使えると、
本当に自然の恵に感謝です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 22 trackback 1
06.01
Fri
以前からブログを読んで下さっている方はご記憶にあるかもしれませんが、
前に、コンパクトデジタルカメラを買い替えた話を書きました。
それまで使っていたコンデジが調子が悪くなり、を騙し騙し使っていて、
デジイチが欲しいと思いつつも、諸事情で(笑)買えず、
桜の季節も近かろうと、お買得価格でコンデジを買ったという話。

いくら安かったとはいえ、それまでのデジカメより最新のカメラ。
それにカメラメーカーという安心感がありました。
なんの疑いもありませんでした。
一応買う前にはそれなりに写りとか諸々調べて購入した・・・はず。

ですが、

ですが、

どうも買ってしばらくしてから一つの疑問が生じ、それが沸々とでて、
そうこうしているうちに、どんどん不信感が募りました。

このカメラでポーチを撮影(オート)しました。

シャッターを押すときに、液晶で確認した時は、より実物に近い色と思い、
納得した色だったのに、明るく白っぽく写ってしまう。
撮影する時の色と保存後、再度液晶で見た色がかけ離れてしまう。

(↓の画像は写真を撮った後ですので、実物よりは明るく写っています)
camera2.jpg


↓こんな感じで、撮った後に確認すると見え方が違うのに気づきました。
「あれ?撮影時の色と違う!」って。
下の画像は、このカメラで保存したものを、前のカメラで撮影しているので、
また色が若干違っていますが・・・。
カメラによって色合いが違うのもわかりますが、
撮る時に液晶で確認して見た色と保存後の色が違うことが重なると、
撮影したものがどんどん不安になりました。

camera2-2.jpg

写す時、全く自分の目で見たままのものが写真に撮れるとは思いませんが、
(カメラの性能、値段を考えて)
実物の色よりは若干違っていても、液晶で見た色で判断すると思うのです。

他にも色々撮ってみて、室内で写すものは特に色が違う感じがします。

う~ん、これは困った。(;´д`)トホホ・・・
ほぼ室内撮りが多いのに。

前のカメラではそんなことが一度もなく、
液晶でみたままの色がそのまま納められていましたから、
まさかそんなことはあるまいと、故障かと思ってメーカーに問い合わせを
しました。結果は「故障ではない。」ということ。

そういう仕様なのか・・と思ったので、それはそれで仕方がありません。

それまで使っていたカメラになんの疑問もなかったので、
液晶で見た色がそのまま保存されるものだと思っていました。
が、このカメラは違うということ!
もちろん、性能の良い金額も高いデジイチとかは、そんなことがないのかも
しれませんが・・・。
電気屋さんで同メーカーの他のカメラで確認しましたが、
やっぱり若干白っぽく、明るく写る感じは否めませんでした。
もちろん、光の加減もあるので一概には言えませんし、
こだわる私がおかしいのかもしれませんが、
撮影後の液晶で見る色が違うというのは盲点でした。

そんなことがあってか、再度それまでに使っていたカメラの設定を
リセットしてみたら、なんとそれまで制御不能だったカメラが
さくさく動くようになって・・・。不思議なのですが快調なのです。
結局、前のカメラを持ち出すことが多くなっているのが現状^^;

↓こちらは前のカメラで撮ったもの。
条件はオートで同じにしていますが、実物とほぼ変わらぬ色あい
撮れています。

(↑オンマウスで新しいカメラの画像と比較できます)


もちろんシャッターを押すときに見た色と、保存後液晶で見る画面と
大差はなく、ほぼ同じ色あい
です。

camera1-1.jpg
(↑デジカメに保存された画像を、新しいカメラで写しています)


メーカーの違いで色合いは違うと思います。
実物との色の差もあります。
カメラの性能にもよると思います。
同条件で撮影しているつもりでも、光の加減もあると思います。
撮影したものを補正すれば実物の色に近づけることもできます。

が、撮影の時に液晶で見た色と撮影後の液晶で見た色が違うのは、
なんか非常にがっかりしました。

違うのが普通なのでしょうか・・ド素人なのでわかりませんが。

これだけに限らず色々と撮影して、
また、夫ちゃんにも色々撮ってもらって比べてもらいましたが、
同じ状態でした。オート撮影でなく色々細かく設定もして撮影もしましたが、
やはり全体的に白っぽく写ります。
ならば、暗めに設定すればと思って試したこともありますが、
液晶で確認してシャッターを押す時の色で納得しませんか?

比較的景色を写す時はあまり感じられませんが、
それでも自分が納得した色で写したはずなのに、
見たらなんか少し違うという思いがあると不安がつきまといます。

今後のカメラ購入の時には、写真の写りや望遠とか色々な機能だけでなく、
実際に液晶で見える色、その後の色との違いもチェック項目になりました。

やはり少し切羽詰まって購入した感があったデジカメ。
正直言って、安いカメラで気づいて良かった・・・という思いがあります。
色合いにいたっては、個人の好みもあります。
今まで気づかなかったことがわかり、デジイチを購入の時には
もっと慎重になりそうです^^;


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 19 trackback 1
back-to-top