10.31
Thu
先日お義母さんが送ってくれた秋刀魚がまだまだあるので、
今日は秋刀魚の味噌煮をつくりました。

じっくり煮込む時間がないので、圧力鍋で作ったのですが、
水分が多かったのか・・、味噌のとろみがつかず、
秋刀魚の味噌煮 秋刀魚の味噌煮、っぽく、なってしまいました(笑)

IMG_9213.jpg

崩れて見た目が美しくないですね(;´д`)トホホ・・・

でも、骨ごと食べられて味噌煮と思わず、
ただ味噌煮と思って食べるとおいしくいただけました(笑)

が、失敗だったので次回リベンジということで

+++++

慌ただしく気持ちがバタバタしているとよろしくないですね^^;
帰宅時間が遅くなったので、丁寧さにかけてしまいました。
少し急いだからといって、何時間の差があるわけでもなし、
気持ちを落ち着けて調理すればよかったです(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 14
10.30
Wed
知人の話しです。

親子で商売を営んでいる知人が、
自分の父親がゴルフやダンスなど趣味に興じて、
出歩くことが多い、ちょっと仕事を自分に任せっきりにする、
と、ちょっと愚痴を私に話します。
私が見たところは、高齢なのにパワフルに働いているなぁという印象を
持っていましたが、家族のこと、多かれ少なかれ他人にはわからぬ悩みは
あろうかと思います。

そんなおり、知人のお父さんと話しをする機会がありました。
「近々ゴルフに行くんだ」の話しから、饒舌に色々話し始めました。
こちらがあれこれ聞いたわけではありませんが、
おじさんの「思ひ」みたいなことがわかりました。

その昔、おじさんが田舎からでてきて、
別のお店で小坊主さん?のような感じで働き始めたこと。
そして20代はものすごく一所懸命働いていたこと。
また周りの人がゴルフに行くのを横目で見ながら、
おじさんが心に決めたのが、「自分もお金をためて店を構えたら、
ゴルフをするんだ」って思われたそうです。
それで、独り立ちして結婚されて、ゴルフやボーリングやら
色々するようになったとのこと。

高度成長期にそういう思いを持ちながら、
一所懸命働いて自分の夢を手にされたのだなぁと思いました。

IMG_9158.jpg
支え合って生きる・・・

そして、知人と会った時に、その話をしました。
その話は知らなかったようで、とても驚いていました。
その時の知人の顔が、「そうだったのか・・」と、
納得顔というか、そんな表情がとても印象的でした。
お父さんのゴルフのことも、少し思いが変わったようです。

おじさんは、自分の子どもが跡を継いでくれていることも嬉しいようで、
そういうことも面と向かって子供に話すことはなかったようですが、
私には嬉しそうに知人のことを話してくれました。

本当は話してよいものかどうか・・。
家族のことを他人が言うのも・・と一瞬躊躇したのですが、
親と子なんて、わかりあえているようなこともあるけれど、
知らないことだってたくさんありますね。
知人の親子関係は、決していがみあっているわけではないけれど、
親子で仕事を共にすると、良い面も悪い面もあったりします。
言いたいことを言い合える部分もありながら、
割り切れない部分があったりして、ひとつ釦の掛け違えをすると、
どんどんかけ離れたりするものです。
なので、余計なお世話かもしれないのですが、
ほんの少しでも、理解できる部分が増えればいいなと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
10.29
Tue
ぽろりと落ちた多肉ちゃん。

IMG_9051.jpg


こんな風についていたかな。折れた子をちょっとのっけてみる。
そそ、こんな感じだった。

IMG_9047.jpg


ぽろりと落ちた親の方、葉がないままどうなるんだと思っていたら、
しばらく経つと、折れたところから白い新芽がでてきたと思っていました。

IMG_9046.jpg


近づいて見て、この白いのが緑に色づくのかしら・・と不思議に思う。
花のようにも見えなくはないけれど、まさかね・・これってなあに^^;

IMG_9054.jpg


この多肉ちゃん、名前がわかりません。
どなたかご存知の方いらっしゃいませんか??


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
10.28
Mon
我が家は毎朝ほぼパン食です。
少し前にフランスパンを焼くようになりましたが、
食パンの方が多いです。
最近は仕事を始めたので、フランスパンはとんとご無沙汰です。

丈夫で使いやすいティ◯マプレートにトーストをのせていましたが、
磁器だから水分を吸わないせいか、最期までパリっと感が続かない。
気にするほどでもないけれど、以前から木のプレートが
気になっていました。色々物色していたところ、
見た目だけでたまたま気になるモノとして記事にのせていたところ、
それは、食器用ポリウレタン塗装なので、最期までカリカリにならないと
教えていただきました。それでオイル仕上げのものが見つかりました。
お値段も手が出しやすいのに、
我が家の小さい食器棚・・なので、モノを増やすということは、
基本増やしたら減らす、減らしてから増やす、
そういう思いを持っているので、色々と考えてしまいます^^;

使いづらくあまり出番のないプレートと新旧交代して、
購入したのは少し前ですが、木のプレートをお迎えしました。

IMG_9033.jpg

食べている途中で見苦しい画像ですが、吸湿されていきます。
まだ一部残っていますが、だんだんと消えていきます。
なので、最期の方になるとしっとりしてくるトーストも
パリっとした食感でいただけました。

IMG_9034.jpg

すっかり吸湿されているので、この後クッキーをのせてみましたが、
問題なくサクサクでした。

IMG_9038.jpg

伊豆高原で仕上げたアカシア プレート

木の温かみ・・いいですね。
スプーンはいくつか持っていますが、
使い心地がよいので、器も気になってきました。
沸々とブツヨクが・・。なんて(笑)
イカンイカン、と気を引き締めないと^^;

***
予約投稿



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
10.27
Sun
我が家の多肉ちゃん。
熊童子も成長したのはいいのだけれど、背丈が伸びると、
あまり可愛く見えない感じ(笑)

IMG_9003.jpg


右下に見えるロチエはさほど変化がなさそうな気もします。

IMG_9018.jpg

やっぱりなんといってもグリーンネックレス。
一時元気がない時もありましたが、その後は順調に回復し、
ものすごい勢いで育っています。

IMG_9016.jpg


こんなに成長しました。
3ヶ月前は背丈も全然短くて、持ち手部分にかかる程度だったのに、
今はどこまで伸びるの?って言うくらいの勢いです。

IMG_9023.jpg


今年の夏はすごく暑くて、秋をすっ飛ばして冬になりそうなぐらい、
いきなり寒くなって秋を楽しめなくなっちゃいそうな?
そんな雰囲気が漂っています。
「秋晴れ」・・・見れるかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 7
10.26
Sat
今までスムーズにいっていたことでも、
毎朝出勤となると、何かを省いたりしないとだめだったり、
スムーズに事が運ばずバタバタし、時間との闘いがあったりします。
自分なりの家事の流れができてしまえば、
滞りなくこなしていけるのだろう・・と思うことに。

以前の仕事は、毎日連続勤務というのではなかったこともあり、
数年のブランクで、その時自分はどうやって家事をしていたのか、
記憶が定かではありません。

***

家事と仕事のことで、あれこれ思ったりしている私に、
コメントをくださり、また心配してくださり本当にありがたいです。
ブログをしていなかったら、できないことに焦りを感じイライラして、
きっと・・家族にあたったりしたかもしれません。
「私だって一所懸命やってんのぉ~」みたいな事、
口走っていたかもしれません。
1人で悶々と考え、苛立ちをぶつけて日々暮らしいるかも。
なので、皆様からの助言で、気持ちが安堵し助けていただいております。
この場を借りて、お礼申し上げます。


***

梅酢がまだ残っているので、またしば漬けを漬けました。
レシピは以前とほぼ同じですが、また生姜がなかったので、
練生姜を多めにいれました。前回よりしっかり漬かり色濃くできました。

IMG_9026.jpg

アツアツのご飯にのせると、食がすすみます。
茄子が苦手な私ですが、これにするといただけるのです。
それも不思議なのですけれどね^^

時間の余裕だけでなく、心、気持ちにゆとりがある時に、
やらなきゃ・・でなく、やってみようか、やろう!と
思えたものをしていけばいいね・・と思っています。

***

今日は久々に午後休みで、のんびりしております^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
10.25
Fri
今までと違ってのんびりと家事ができないので、
朝早くに・・・と思うも、賃貸なので早朝に
掃除機をかけるわけにもいかず、
ずっと決められずにいた「箒」を本腰いれて、
決めなくちゃなんて思いにかられています。

が、箒の問題ではなく、「できる時にできることを」
これにつきるな~と日々感じています。
恥ずかしながら、今年は未だ扇風機を洗って片付けておらず、
そこに鎮座しております。目にはいるとげんなりしますが、
まだまだ心の余裕がありません。(> <)

時間的にも無理があるので、連続してあれこれできない分、
同時進行しつつこまぎれで。

って、そんなこと当たり前よ~、そうしてるよ~、って
お声が聞こえてきそうです。
ずっと仕事をされていたり、子育てされている方などは、
時間の使い方、工夫をされて家事と両立されているのだと思います。


その手でできることはともかく、少し時間がかかりそうなら、
見て見ぬふり・・・・見なかったことにしてやりすごす・・・、
これ、増えました_| ̄|○

隙間家事で効率よくできればいいな・・。


house12_20131024230304adf.gif   house11_20131024230302405.gif   house10_20131024230301635.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 9
10.24
Thu
ここ数日携帯電話(ガラケー)の液晶の具合が悪く、
着信相手の画像が、映画「リング」の写真の顔が消えかかったような、
いびつな顔になったり、またテレビの砂の嵐のようになったりと、
画面が乱れたりしていました。
そして突然真っ暗になって、電源をオンオフにして、
元に戻るという状態で、キー操作ができなくなったり、
挙句、液晶が真っ暗のまんまになってしまいました。

今までいくつか携帯電話を買い替えてきましたが、
故障という故障に出くわしたことがないので、
まさか、こんな具合になるとは思いもよらず。
おまけに迂闊にもSDカードにデーターの移行もしてなくて
アドレス帳が・・・・・ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!。

携帯電話がないとやはり困ります。

というわけで、携帯を買い替えました。
遅咲きのスマホデビューです。

ですが、ですが、こんなにもややこしいものなのか・・・と。
正直言って、今まで機種変更してもスムーズに
使えていたものが、スマホに四苦八苦。
しかも年々取扱説明書が薄いと感じていたものの、
スマホにはそれすらない(> <) なにやら紙切れにちょこっとあるだけ。
やっぱり機種を片手にブックを見ながら、、というのが、
しやすいんですよね・・アナログ人間です(笑)

スマホをサクサクと操作している人を見ると、
すごい・・と羨望の眼差しで見てしまいます。

慣れの問題もあるのでしょうけれど、
マナーモードの設定はどこ? だとか、
着信音の音量とメールの音量の設定が一緒にないだとか、
基本的な使い方というか・・前とは全然勝手が違って・・。

うっかり手が触れて充電器から手にとると、
なにやら起動する設定になってしまって、毎回起動してまう・・。
それを消すだけでもどう消していいのか、消し方すらわからない。
一見消えたかと思ってもまた復活して・・・泣きそうになりました。
しばらくスマホと格闘しました。凹みっぱなし。
もう万事がそんな調子で、

仕事以上に疲れた~っ。

IMG_8907.jpg
黄色の花を見て、元気だしまっしょ。

スマホにしたのが間違いだったのか!?
なんて今更言っても遅し・・ですが、
こんなにイライラしながら、頭をつかったのも
脳にいい刺激となったかしらん・・。
と、これもぼちぼちとやっていきまっしょ・・と思うことにしました。

それにしても、なんでもかんでもプションなのね~。
留守番設定も、端末にはついていないし、
無料通話というのもないのも(これ私には良い料金プランでした)
「んん?」でしたが、でもまぁ変更しちゃったし、
グダグダいってもね(笑)

しかし・・とりあえず最低限使える状態にするのに、
へとへとになりました

長々私の独り言にお付き合いくださり、ありがとうございました<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
10.23
Wed
勤めに行きだして、今までと同じように家事ができないのは、
予想どおりです。夜ご飯の献立もいきあたりばったりでは、
やっぱり厳しい(> <)

休みに常備菜を作っておこう、、と思いつつ、
作る元気がないというか、ひたすら「休みたい」だったり。
でも、あると便利な作りおき、そのうちに(笑)

見た目は決して美しくないのですが、グリーンカレー鍋。
具材も白菜、鶏肉、えのきで、変わりダネがセロリ。
意外といけます。シメは雑炊で。美味しかった~。

カレーも食べたい。葉物野菜もたっぷり食べたい。
極めつけ、時短、片付けも簡単。
冷蔵庫にあるものをいれただけなので彩りもよろしくないですが、
「鍋」はお助けメニューです。

IMG_8984.jpg

実は今年の3月に、土鍋が割れてしまいました。
土鍋を買おうとお店を巡りましたが、シーズンが終わりだったせいか、
陳列されてなかったり、種類が少なかったりしてあきらめました。
また今シーズンに買えばよいかと思っていました。

お鍋=土鍋・・みたいなイメージがありました。
が、ないならないで他のお鍋でもたいした問題でもないなぁ・・。
ただ、土鍋の方がしっくりくるのかもしれません。
器で味が変わると言われるように、
ひょっとしたらあるのかもしれませんが。
最終的においしさを判断するのは脳なので、
視覚や触覚の情報が脳に伝わり、
味の印象が変わるのでしょうかねー。

てんこ盛りの鍋で見た目の美しさもありませんでしたが、
グリーンカレーの美味しさは病みつきになりそうです。

とりあえず、我が家の土鍋は保留となりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
10.22
Tue
以前、木製の菜箸を使っていましたが、
揚げ物をしたりしていると、先が焦げてきたりして短くなったり。
箸先のすべり止めの溝も、良し悪しで長く使っていると、
その部分で折れたり、洗いづらかったり・・と。
そんなわけでシリコン製の菜箸に変えて使っていました。

炒めたり、揚げたりと調理に使う分には全然問題ないのですが、
盛り付けするときが、どうも使いづらい。
フライパンからザーっとお皿に移し替えるぐらいなら気にならないのですが、
煮物などおかずを盛り付けたりする時、お弁当のおかずなど、
小さな隙間にいれるなど、盛り付けしづらいのです。
思うようにできないので、イラっとすることも度々^^;
私だけがそう思っているのかしら・・と思っていたところ、
同じように思っていらした方がいて少しほっとしました。

そんなわけで先日、再び、木製の菜箸をお迎えしました。

向こう側がシリコン製の菜箸、手前があらたにお迎えした菜箸です。

IMG_8987.jpg


画像ではわかりづらいのですが、木製の方が先すぼりになっています。
手に馴染むので持ちやすく、滑り止めの溝はありませんが、
箸先は四角なので、お豆さんも掴みやすいです。
盛りつけしやすいのでイライラ解消です。

IMG_h8989.jpg

持ち手部分は、シリコン製は四角の形状でしたが、
こちらは三角の形状なので、ころがりにくく手にフィットします。
素材は孟宗竹です。

IMG_8995.jpg

新潟県燕市の金属洋食器メーカー SUNAOのカトラリーでお馴染みの
graf (グラフ) Sunao 菜箸

木製の菜箸なんてどれも一緒だろうと思っていましたが、
箸先、持ち手部分で随分その違いを感じました。

これでお料理の腕も上がれば良いのですが(笑)

たかが菜箸ですが、台所で使う道具、
納得したものが見つかりよかったです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
10.21
Mon
とあるお店に「つもり違い十訓」なるものが壁に貼られていて、
なんだろうと思って見てみると、なるほど・・と。

高いつもりで低いのが教養
低いつもりで高いのが気位

深いつもりで浅いのが知識
浅いつもりで深いのが欲の皮

厚いつもりで薄いのが人情
薄いつもりで厚いのが面の皮

強いつもりで弱いのが根性
弱いつもりで強いのが我

多いつもりで少ないのが分別
少ないつもりで多いのが無駄

よくよく読んでみると、人間の本質を突いているなぁと。
どの言葉もごもっとも・・省みるきっかけになります。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
高尾山の薬王院への参道に書かれていると聞きました。
何度か高尾山に登ったことがあるのに、気づきませんでした。
紅葉の季節、高尾山に行く機会があったら、
探してみようと思いました。

P1030814.jpg

**予約投稿**

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
10.20
Sun
休みの日がこんなにほっとするなんて、何年ぶりだろう・・。

ついこの間まで、家事はすれども自分のペースでこなしていたので、
働きだして、その日にできないことがでてきました。
まあそれは当然なわけで、それまでのんびりと過ごしてきた私の体に、
リズムがつかめていないのだと思います。
少し、お家の中が乱れてきたことに、少し苛立ちを覚えます。

IMG_8965.jpg


あれもこれもやっておこう・・などと欲張ると、
どれも中途半端になって、やる気もおきなくなっちゃうので、
できることはして、できないことを無理やりせず、
構えずのんびりやろうと思っています。


IMG_8971.jpg


ほんの数年の間に、怠け者になっちまったか・・。
そう思わなくもないのですが、
この数年で、頑張りすぎず・・ということも覚えました。
心身ともに健康なことがどれだけ幸せなことか。
自分のカラダと向き合って、気をつけながら・・と思っています。

もちろん、いい加減な気持ちで仕事に取り組もうとは思っていませんが、
会社は守ってくれない。自分の体は自分で守らないと・・と、
という思いが強くあります。

まだまだ慣れていない新しい生活のリズム。
そして欲をいえば、もっと眠りたい!です(笑)

雨の休日がちょっぴり恨めしかったです^^;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 18
10.19
Sat
先日の記事にも少しふれたのですが、
私の暮らしに変化がありました。

父の葬儀が終わって自宅に戻って日も浅いのですが、
ご縁があって、仕事をすることになりました。
いえ、実際にはもう働きはじめております。

本当にあれよあれよという間に決まりました。
ひょんなことから、まさにこの言葉がぴったりで、
まさかこんなに急に働くことになろうとは、
自分でも驚いています。

最近、父が亡くなったこと、お家の事情、
またしばし帰省することもあるということ、
祖母の具合が悪いこと、などこちらの事情をお話しした上で、
仕事が決まりました。

実は・・、体調が良くなり、そろそろ仕事をしようと考えていました。
けれど、しばらく仕事をしていなかったので、
正直なところ、仕事ができるんだろうかという不安がありました。
通勤時間もできるだけ短いほうが、
今の私にとっては無理なく続けられそうだとか、
年齢のこと、職種、色々なことが頭の中でグルグルと回っていました。
でも、そう自分に都合の良い条件でみつかるはずもなく。
仕事探しに二の足を踏んでいたのは、
私の体調のことだけでなく、
今の土地で、引っ越ししたとしても、
この先もこの地で住むかどうか、とか、
ちらりと夫の転勤話が浮上したり(なくなりましたが)
実家の父のこともあったので、身軽に動きやすくしておきたい気持ちもあり、
決めることに積極的でなかった部分がありました。

前の仕事はこちらに来て半ばあせって決めたところがあるので、
(義理の父から「仕事見つかったかぁ?」ってしょっちゅう電話があって、
急いで見つけなきゃって、切羽詰まったところがありました)

なので、焦らず決めたいという思いがありました。
それでも仕事をしていないことで、夫の身内からは、
グウタラな嫁だと思われていたかもしれません。
どちらかと言えば、夫の身内は、歳をとっても働くことが
当たり前?というか、生涯現役・・的な考え方ぽいようなので、
肩身が狭い・・というか、「仕事決まった?」って
夫に尋ねている気配はずっと感じていました。
とくに伯母はずっと働いているせいか、
ちょっと冷ややかな視線を感じる時があります。
もちろん、言葉にだして言われたことはありませんが・・。

怪我をしているとか見た目でどこか具合が悪いとわかれば、
わかりやすいですが、そうでないとなかなか・・ね。
子供がいないから余計・・・働いていないことが「なんで?」
なのでしょうね・・。まぁイロイロあります。

そういう周りの思いを感じながらも、
私自身のことなので、私が決めること。
そう思って過ごしてきました。
(夫は私が働いていない間も、仕事については、何もいわず見守ってくれていました)


IMG_8487.jpg

父を見送って、ひとつ背中が軽くなったのかもしれません。
その時の気持ちは、なんて言ってよいのか、
上手に表現できませんが、何かが落ちた・・。
そんな感じでした。
もう少し落ち着いてからの方が良いかも・・って思ったのですが、
なんだか、なんだか、なんだか、

「今でしょ」だったんです。(笑)

+++

なので、生活のリズムも少し変わり、
ブログの記事もつぶやきみたいなことを書いたり、
皆様のところへもコメントを残せなかったりしますが、
これからもよろしくお願いします。<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

10.17
Thu
金木犀の香りに包まれているかのような今日このごろ。

なのに、季節外れの紫陽花。
遅咲きの紫陽花なのでしょうか。

IMG_8464.jpg

蟻がしきりに群がっていました。
ところどころ枯れた蕊をみると、あぁやっぱり咲き遅れだったのかなと。


IMG_8457.jpg


でも、こちらの紫陽花の花びらは生き生きしてる・・。

IMG_8465.jpg


白い花びらが凛として、今からまだまだ花を咲かせるぞ~と、
いわんばかりに、すくすく伸びています。

IMG_8473.jpg

そっと覗くと、まだまだ新芽が。

IMG_8471.jpg

新しい命が生まれてこようとしています。

+++++

季節を間違えて咲いちゃったのかしら。
本来の時期とずれて咲いてしまうのも、
ここ最近の異常気象のせいなのでしょうか。

周囲はだんだん赤く色づく準備をしているなかで、
緑の新芽を見ると、応援したくなります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
10.16
Wed
一目惚れしてしまいました。

いつものクセで、しばらく手にとって眺めておりました^^;

これがネットだと、買い物カゴにいれて何度も見直すチャンスもありますが、
実際のお店、一度家に帰ってから再度訪れる・・・には、遠し。
なので決断が迫られます。

ってね、そんなに高価なものでないから買えば?って話ですが、
本当に欲しいの?使うの?って何度も問うてしまいます。


IMG_8790.jpg

スナフキン。いい顔してる~。

IMG_8799.jpg



あんよが片方あがっているこの姿。

IMG_8793.jpg


頭が可愛いミー。お茶目な感じで、「私を連れてって~」と、
連れてって光線をたくさん放っていたような気がして・・・。

IMG_8795.jpg

お持ち帰りしました。

IMG_8787.jpg


実用的かどうかとなると、もっと実用的なものは他にもあるけれど、
なんだかほとんどにキャラクターものに手が伸びない私が、
手にとってしまいました。

他にもムーミンとニョロニョロもありました。
ちょっと迷ったんですけどね・・でもやっぱりこの姿にノックアウトです。

IMG_8791.jpg


見ているだけで和みます。今の私の心が欲しているのかな。


+++++

あはっ、楽天さんでもセットでありましたね~。




       

      




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12
10.15
Tue
IMG_8067.jpg


延命治療については、色々な考え方があろうと思います。
本人の意志がまず第一だと思います。

年齢にもよると思います。
我が子であれば、どんなことをしても
元気な姿に戻ってほしいと願うと思います。
ケースバイケースだと思います。
機械の力で生かされているという考えもあれば、
機械の力で生きているという考え方もあります。
また高齢で、回復する見込みがなければ、
自然にまかせて・・という考え方もあります。
「生きていてさえくれれば」という思いで延命治療をされる方も
いらっしゃるかと思います。またその時と時間の経過とともに、
気持ちの変化もあるかもしれません。
残された家族の負担も考えておかねばなりません。
色々と考えて結論をださねばならないこともあります。
治療によって助けられる命は助けてあげたい、
できるだけのことをしてあげたいと、
家族であればそう思うであろうと思います。
でもひょっとしたら、家族のエゴかもしれない。
本人がどう生きたいかなんて、家族であってもほんとのところ
わからないような気がします。
苦しそうに見える姿も、ひょっとしたら本人は、
懸命に生きようと必死なのかもしれないし。

ただ私は、やっぱり思ってしまうのは、
食べ物を自分の口で食べられることの幸せ。
そこにいきついてしまいます。
それができないのは辛いと思ってしまいます。
でもそこに、しばらくの間だけ・・と、期間があるならともかく、
先の見えない状態だと・・その状態は非常に切なく思ってしまいます。

私自身は、延命治療は望まない。
元気なうちに意思表示をしておきたいと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

10.14
Mon
ちょうど父が亡くなる数日前に、
お義母さんから、「秋刀魚送ったよ~」と。

スーパーで見かける箱で届きました。
我が家が魚屋さんになりました(笑)

IMG_8367.jpg

早く処理しないと・・とアセアセ(笑)
その日食べる分以外は冷凍します。

IMG_8370.jpg


秋刀魚を骨まで柔らかく・・の秋刀魚の生姜煮も作りました。

秋刀魚を筒切りして熱湯にくぐらせて、臭みをとるため冷水に落とします。

IMG_8372.jpg

今まで圧力鍋で作っていましたが、今回はストウブで。

IMG_8377.jpg


骨まで柔らかくなるんだろうか・・と少し心配しましたが、
柔らかくなり丸ごといただけました。

秋刀魚 2尾
水400CC 酢大さじ2 酒大さじ2
みりん大さじ2 砂糖大さじ2 醤油大さじ2

醤油以外の調味料と秋刀魚をいれて、弱火で30分~、
様子みながら煮ていきます。(このへんはアバウトです)

醤油をいれて煮詰めて出来上がり。

IMG_8383.jpg

この後、更に花咲ガニと毛ガニが届き、
食べ比べをしました。どちらも好きですが、
花咲ガニの甘みがやっぱり好きだな~。
何もつけないでそのままシンプルに食べるのが好きですが、
酢につけて食べるのもアリです。

IMG_8386.jpg

それから、大好物の糠秋刀魚が届きました。
獲れたての秋刀魚を糠につけたもの、お義母さん手作りです。
こちらは内蔵をとらずにそのままビニール袋に小分けして冷凍。

IMG_8509.jpg

今年は秋刀魚が不漁だということで例年に比べ、
スリムな感じの秋刀魚もありましたが、
脂ののった秋刀魚、とっても美味しゅういただくことができました。

次から次へと何十尾と秋刀魚の内蔵をとるのも、
この時期、恒例の行事となりました。
ありがたい贈り物です。
でも、お義母さ~ん、我が家は2人暮らしです^^
おすそ分けしてね・・の意味がこもっているのだと思いますが・・。

我が家はほとんど海の幸を購入することがないのに、
旬の味をいただける幸せ・・お義母さんには本当に感謝しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
10.13
Sun
仲良くさせていただいているブロガーさんのお母様が、
うっかり鍋を焦がしてしまったという話を書かれていました。
それがしかもル・クルーゼだったから、大変そうだ・・と思っていた矢先、

私もうっかり鍋を焦がしてしまいました。
ステンレス鍋の底が真っ黒焦げ。
今までも多少の焦げ付きをしてしまったことはありましたが、
もう底に厚い焦げの層が・・。ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
写真を撮るのを忘れてしまうくらい、底一面が真っ黒くろすけでした(笑)

重曹をいれて沸騰させてしばらくグツグツ煮ると、

ゴソーっとこんな黒いものが、ドンドン浮き上がってきて、

IMG_8522.jpg

面白いほど剥がれる様子が見てとれました。

IMG_8523.jpg

こすることなくここまでとれてホッ。

IMG_8524.jpg


その後はそのまま放置し(画像はわかりやすくす湯を捨てましたが)
スポンジでこすってきれいになりました。

IMG_8532.jpg


以前ご紹介した五徳の焦げも重曹で煮ましたが、重曹サマサマ^^
お鍋の素材にもよりますが、力要らず重曹でラクチン焦げ落としです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 0
10.12
Sat
母の背中が、帰省するたびに小さくなっているように見えていました。
父が亡くなって1番の心配は母のことでした。

母が、患っていた父と長く一緒に暮らしていなかったとはいえ、
生きているのと、亡くなったのとはやはり違うので、
酷く落ちこんでしまうのではないか・・と心配していました。
母の暮らしそのものは、以前となんら変わらないけれど、
気持ちの問題が大きく違うので、不安でもありました。
とくに私たちが帰省した後の落ち込みが、毎回気になっていたので、
今回は本当に家族で、母を安心させるために・・が目標みたいな
ところがありました。

実のきょうだいとはいえ、微妙な確執もありましたから、
私自身、涙をのまねばならないこともありました。
大なり小なり、家族の中ではイロイロあると思います。
表立って問題にはならずとも・・・。
兄のことも・・、他人にはおそらく理解できないだろう・・と思ったりします。
他人としてみれば、いいけどね・・・身内としてみると・・・、
んんん・・、みたいな・・そんな感じがあったり。
これまでも、父のこともあり、母のこともあるので、
言いたいことも言えない・・そういうこともありました。
家族の問題というのは、どこもそうだと思うのですが、
厄介な問題のひとつやふたつ抱えていると思います。
うちだけとは思いませんが、なにぶん離れているので、
実家に居る間に、母が安心して暮らせる体制を整えて・・と思っていました。

ものすごく漠然とした書き方なので、
何を言っているんだろう?と思われた方もいらっしゃるかと思います。
ここには詳しくは書けませんが、ずっと胸にためておくと、
私自身が壊れていきそうで・・、ここに吐き出しました。

母が父の遺影を前に、淋しさを感じながらも、
悲しい悲しいと思うばかりにならないように、
それだけが気がかりでした。
幸いにも、毎日聞く母の声は落ち込んでおらずホッとしています。
空威張りなのかもしれませんが、わたしたちの気持ちを
しっかり受け止めてくれているようです。

IMG_7995.jpg

それから・・・。私の暮らしも・・・ちょっと変化がありました。
それについてはまた近々書きたいと思っています。


+++++

10月11日にメッセージをくださったNさんへ
お気遣いありがとうございました。
お言葉に甘えて、こちらにて失礼させていただきます。
本当にありがとうございました。
またブログを見てくださると嬉しゅうございます。
<(_ _)>


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

10.11
Fri

IMG_7998.jpg

写真の左側にちょこっと写っている猫ちゃんは、
寝そべっている猫ちゃんたちの方には行かず、
そーっと眺めているだけ。近寄れないのかな・・なんて思いながら、
しばらく眺めてしまいました^^;

******

以前、宅配業者のトラブルの話を書きました。
決して、指定した時間どおりに配達されないということだけを
問題にしていたわけではありません。
その対応の仕方に疑問を持ちました。
配達のお知らせがきて、その時間は不在なので、
時間変更をしたにもかかわらず、不在通知が入っていました。
しかも配達された時、品物は冷凍が溶けた状態でした。
この当事者のドライバーさんからは一言もなく、
事の顛末がわかった後も謝罪の言葉もありませんでした。
でも後日、別のいつも感じの良い男性ドライバーさんから、
謝罪されてこちらが恐縮するほどでした。

また別の業者では、午前中指定だったものが、
夜に配達されて、そのことを問うと、年配の配達員さんが、
「俺もさっき受け取ったばかりなんだよ」と言われました。
遅れたことについては一言もふれず、言い訳だけを述べて
荷物を手渡されました。
大手の宅配業者から下請け業者に荷物の受け渡しをしたのでしょう。
下請け業者からすれば、午前中指定のものを夜に渡されたから、
仕方がないという言い分なのでしょう。
でも、受け取る側にすれば、下請け業者さんかそうでないかなんて、
一見わからないし、そもそもそれはその業者内部事情の話であって、
言い訳の理由にはならないと思うのです。

5分、10分遅れたからクレームを言おうなんて思ってはいません。
前回の記事で書いた、他の家に荷物を持っていったついでに、
指定時間外であっても、たまたま配達したら家人がいたから
渡したということについても、事情を考慮すると
それもありなのかなと・・・配達の仕事をされた方から聞いて、
少し納得する部分もありました。

交通事情で遅れることもありますし、
不可抗力で・・ということもあります。
その時、やっぱりドライバーさんの一言で、
全然雰囲気が変わってくるんです。

我が家に配達してくださる女性ドライバーの方、
前出の男性ドライバーさんは本当に感じが良く誠実さが伝わってきます。
プロのドライバーさんだなぁと思います。
短いやりとりでも、コミニュケーションのあるなしで、
ずいぶん違うものだと感じます。

日常生活でも、ちょっとした言葉のやりとりで、
全然違う・・ってことがあると思います。
日々のお買い物、病院、銀行、学校、会社、ご近所さん、
互いが少し、ほんの少し思いやりを持つだけで、
嫌な思いをしないのかもしれないと思いました。
私自身、気をつけなきゃ・・。
コミニュケーション、・・やっぱ大事かも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

10.10
Thu

IMG_8354.jpg


眠りたい、ゆっくり眠りたい。
何も考えず、ひたすら眠りたい。
時折襲われる、不安感、恐怖感から開放されて、
安堵に眠りたい。ぐっすり眠りたい。
今は、ただただ、そう思うばかり。

これって贅沢ですか?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

10.09
Wed
父のことを引きずるわけではないのですが、
今回、父の葬儀を終えて、「葬儀」のことについて、
書いておきたいことがあるので、ここに記します。
なので、こういう話題は好き嫌いがありますので、
これから先、こういう話は・・と思われる方は、
ここで閉じてくださいますようお願いいたします。


++++++++++

今まで、親戚や友人、知人のお葬式には出席しても、
今回のように自分が携わることがなかったので、
初めての経験でした。通夜、葬儀に関しては、
葬儀場の方にお任せすれば流れていくので、
感傷に浸る間もないというのが正直な感想でした。
私の場合、打ち合わせ等々などの事務的なことは、
主に兄がしてくれましたので、1人で取り仕切ることはありませんでしたが、
細々したこと等々、お葬式の大変さはしみじみ感じました。

父は病院で息を引き取りましたので、
看護師さんが「清拭」をしてくださったと思います。
ですがあらためて、「湯灌」をしていただくことにしました。

映画「おくりびと」でご存知の方も多いと思います。

生まれた時産湯につかるのと同じように、
來世に旅立つのだから、お風呂にいれてあげる。

なにぶん初めてだったので、正直戸惑いもありました。

儀式がはじまり、持ち込まれたバスタブにお湯がはられ、
バスタオルで遺体を包むようにしてバスタブへ移され、
家族に肌を見せることなく、全身、手足の先 指の間まで、
洗ってくださる。家族も交代で亡くなった父の足元から胸元に
逆さ水をかけてお清めしていきます。
シャンプーで頭を洗っていただき、洗顔し、髭剃り、爪切り、
髪を乾かしセットし、終了したらお布団に移動し、化粧をほどこしてくれます。
白装束、上帯を締め、手甲、脚絆を着け、足袋を履かせて、
六文銭を入れた頭陀袋を首に掛けて身支度終了です。

流れをざっと書くとこんな感じですが、
長い入院の間、床ずれで皮膚が赤くなっていたところも
きれいにしてもらったり、口や鼻等、体のあなに綿を詰めていきます。
父の歯が抜けて口元がげっそりしているところも綿を詰めると
げっそりした顔がきれいになりました。
手足の曲がった体を洗ってくださる、硬直した体を洗うのは
大変なことのように思えました。髪の毛も美容院で洗ってもらう感じですが、
生きている人間と違って、しにくいのではないだろうか?などと
思ってしまいました。もちろんそんな不安は無用なのですが・・。

その一連のお仕事を見ていて、本当に感動しました。
亡くなった時に対面した父の顔が、見違えるほど穏やかな顔で、
眠っているかのような、今にも起きてきそうな・・
生前の父の姿に近い状態・・・温かみのある肌の色が甦えりました。

もちろん仕事といえばそれまでなのですが、
ひとつひとつ丁寧にしてくださり、わたしたち家族は
とても素晴らしいと感じました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

私自身、お葬式は簡素でも、湯灌はしてもらいたい・・と思いました。

本当にこんな時に不謹慎かもしれませんが、
とてもいい経験をさせていただきました。

湯灌の儀について考え方もそれぞれだと思います。
嫌だと思われる方もいらっしゃるかと思います。
私は「おくりびと」の映画を見ていないので、
本当に未知の世界でした。

父はどう思っているかわかりません。
ただ残された家族の満足に過ぎないのかもしれませんが・・。

ですが、本当に「湯灌」をして父を送り出せて、
良かったと思っています。


+++++

最後までお読み下さり、ありがとうございました。
また時折、父について書くこともあるかもしれませんが、
次回からまた、ふだんの暮らしのことを書いたブログに戻ります。
これからもこんなブログですが、よろしくお願いします。
仲良くさせていただいているブロガーさんのところへは、
ゆっくりとご訪問させていただきとうございます。
そして、昨日の記事にはたくさんの方が読んでくださって、
本当に嬉しく思います。ありがとうございました。<(_ _)>



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

10.08
Tue
久しぶりの更新となりました。
更新がない間もご訪問くださってありがとうございます。
コメントやメッセージをくださった方々、
そっと見てくださっている方々からの温かいお気持ちが、
たくさん伝わってきました。ありがとうございます。
胸がつまる思いです。
本当に感謝とともに、この場を借りて心よりお礼申し上げます。<(_ _)>

IMG_8100.jpg


実は、先月のお彼岸の時に帰省した時、眠っているかのような父に、
看護師さんが私達が来たことを声掛けした時、
「おうっ」っと手をあげました。もちろん、私を認識してのことではありませんが、
そういうことすらもうできないと思っていたので驚きました。
今回、父の臨終には立ち会えませんでしたが、
先々週に会えたこと、なにかしら知らせだったのかなと思います。

昔、祖母が亡くなった時、叔母が自分の子供がいるのを忘れるぐらい、
取り乱し泣き叫んでいたことがありました。その時の光景がものすごく
印象的で今も忘れられないくらい、記憶に残っています。
伯父が亡くなった時も、従姉妹はものすごく涙して悲しんでいました。
自分の親が亡くなった時、私はどうなんだろう・・と漠然と思いました。
私も大泣きするのだろうか・・と。

突然の死ではないので、覚悟をしていたせいなのか、
父の訃報を聞いた時、不思議と泣けませんでした。
それよりも、お彼岸の帰省の時、ちょっとした事故があって、
精神的にもまいっていた母を慮って、
ある程度覚悟はしていたものの、できるだけショックを与えないように、
兄と相談して私の口から直接、母に伝えることしました。
この前帰ったばかりなので、母もおかしいと思うけれど、
電話でではなく、会って私から伝えたかったのです。
そういうこともあり、今までの帰省と違って、
家に近づくにしたがって、重たい気持ちがのしかかってきました。
聞いた母も目は潤ませたものの、すぐさま準備にかからねばなりません。
ゆっくり思う間もなかったというのが正直なところでした。

最後のお別れの時、父の好きだった煙草をお棺に入れる時、
一筋の涙が流れました。
昔、病気のため煙草をやめさせる時に、何度も父と衝突し、
隠れて煙草を飲む父をみつけては、煙草を取り上げなければならなかったので、
そのことが、昨日のことのように思い出されて
「ごめんね」としか言えませんでした。
本当は好きなものをとりあげるということは、どれだけ辛いか。
父のため・・と言いながら、本当にそうだったんだろうか・・と思うことも
度々ありました。もちろん煙草をやめさせたことで、
少なからずとも本人の負担が大きくならなかったこともあります。
でも、寿命がもっと早くに縮まっても、好きなようにさせていたほうが
良かったのではないだろうかと、、時々思うこともあります。

父が亡くなって、どこかぽっかり穴があいたような、
淋しいような切ない思いがじわっと込み上がってきますが、
乱れることなく冷静にいられることが不思議な気がします。
しっかりしなきゃ・・と気負っていたわけでもないし、
父が亡くなって悲しくないわけでもありません。
すごく冷たい言い方になりますが、悲しみにくれても父は戻らないし、
今の状況を受け止めて、父を偲びながらも立ち止まることなく、
今、生きているもの(人)が大事だから、
前に進んでいくしかないと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

10.01
Tue
IMG_8123.jpg

患っていた父の容態が急変し、息を引き取りました。
父の旅立ちを見送りに行ってきます。

しばらくブログをお休みします。
また戻りましたら再開したいと思います。

メールをくださったり、ご心配してくださった方、
お返事ができないままでごめんなさい。m(__)m



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

back-to-top