04.13
Thu

IMG_20170413-0290.jpg

ゴミ収集場にて-

資源ごみの日、
これでもか~というくらい雑誌の束が
きちんと揃えて紐で縛られて、
収集場の1/4ほど占められていました。
ぱっと見ただけでしたが、
同じシリーズの雑誌だと思われ。
きっとずっと購読していたものを
まとめて処分されたのでしょう。

収集場を後にしながら、
ちょっと思いを巡らせてみました。
お引っ越しで処分したのかな、
それともなかなか処分できずにいたけれど、
思いきって処分したのかな。
ひとさまのことですが、
昔、本や雑誌がなかなか処分できなかった私なので、
つい過去の自分と重ねてしまいました。

本や雑誌に対する思いも人それぞれです。
昔私は、借りるというよりも所有したいという気持ちの方が強く、
それがたとえ旅行雑誌のような情報雑誌であっても、
捨てがたかったり。情報は古くなっているのにね。
なのに捨てられませんでした。

今から思うと、持っているということが宝だったのかもしれません。
読み返すということがどれだけあっただろうか-
時間的に余裕もなかったし、
おそらくほんの数冊だったと思います。
また、買った本さえ忘れて同じ本を買ったということもありました。
大事にしていなかったなぁと思います。

借りたり、サラリと立ち読みで終わらせられる本、
そうでなくてじっくり家でも読みたい本、
今ならよく考えて手にいれられるのに。
あの頃の自分は、所有欲と執着心の塊だったのかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
back-to-top