06.30
Fri
   
まだ色褪せていない紫陽花が咲いていました。
 
IMG_20170630-001-2885.jpg


昔は紫陽花といえば西洋紫陽花がアジサイだと
思っていました。 (uu*)

IMG_20170630-003-2936.jpg


初めて額紫陽花を見た時は、
正直なんだこりゃ~って印象でした。
萼を花びらだと勘違いしていたせいもあるので、
花びらが少ない紫陽花だなぁなんて思っていたくらいですから(笑)

IMG_20170630-002-2889.jpg



でも小さな花がたくさん見られる額紫陽花が
目につくようになって、ついつい追っかけてしまいます。

IMG_20170630-004-2939.jpg


少し控えめな華やかさも持ち合わせた感じが、
好きなのかなぁと思ったりします。

IMG_20170630-005-2946.jpg



色の変化が楽しめる紫陽花。
まだもう少し楽しませてくれるかなと期待。

IMG_20170630-006-2965.jpg

++

今日はモヤモヤしたお天気でした。
気持ちもモヤモヤ、ダブルでモヤモヤ。
職場内の雰囲気を悪くしたくないのと、
自分が折れることで丸く収まるなら・・・と思って、
苦い気持ちを飲み込んだものの、
やっぱりどこか喉にひっかかりが残ります。
いつしか時間が解決してくれるのだろうと思うけれど・・。
人間できていたら、切り替えも早くできるのかもしれませんが、
まだまだ未熟。ふぅ・・・。
嫌な記憶は消しゴムで消せたらいいのにね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.30
Fri

今年最初に漬けた梅干しのこと-

これまで樽でしか漬けたことがなかった梅干し
今年は袋漬けに初チャレンジしたことは、
記事に書いたとおりです。
そして、いくつか傷をつけてしまったことも。

+

梅しごとの記録として。

傷つけて破れた梅を取り除いたものの、
梅酢が濁ってきました。
おまけに皮が剥けて種があらわになったものも見つかり、
( ̄Д ̄;) ガーン
一瞬カビが生えた!?と思ったのですが、
どこにもカビは見当たらず、香りも梅の香りだけ。
なぜなのか理由がわからず。
どうしたものか・・・ネットで検索してみるも、
カビが生えた時の対処法は見つかったのですが、
そうではなくて濁った時の対処法が見つからず、
このまま放っておいても大丈夫かどうか不安もあり、
結局、きれいな梅だけとりだすことに。
濁った梅酢を戻しても仕方ないと思い、
第二弾に漬けた梅の白梅酢を、
少しいれようかと思ったのですが、
せっかくきれいに漬かっていることもあって躊躇。
ダメ元でホワイトリカーを少し足しました。
(赤紫蘇をいれない白梅干しです)

IMG_20170629-003-2876.jpg

随分数が少なくなっちゃいました。
こんな少しの梅酢(といえるのかどうかわかりませんが)で、
無事に仕上がるのかどうかわかりませんが。
空気を抜いて液が行き渡るようにそっと動かしています。
レシピどおりに漬け込んだはずなのですが、
重石が良くなかったのか、
揺すりすぎたつもりはないのですが、
それが原因?とか色々考えられますが、
思ったところでしょうがない!
土用干しまで毎日カビが生えないかチェックして、
残ったこの梅たちを見守りたいです。


第二弾の梅は順調です。
透明の白梅酢を見るとうっとりします。

IMG_20170629-004-2878.jpg



これまで梅干しを何年か漬けていますが、
こんなトラブルになったことは初めてで
正直驚いています。
袋漬けということでハードルが下がったことで、
油断していたのか、知らず知らずのうちに
雑に扱っていたのかもしれません。
これから気を引き締めていきたいと思います。


+++

我が家で愛用しているセラーメイトの保存瓶。
4L、2L、1Lを使っています。
今年は梅シロップで全て使っているので、
梅干し用に追加検討しています。

が-
梅シロップを漬けた後で知ったのですが、
あらたに3Lの瓶が誕生していたようで。
レビューの声が多くて生まれた商品のようです。
1キロの梅シロップを漬けるのにちょうどいいサイズなのかな。
確かに、使いだして、このサイズだとちょっと大きいなぁ、
小さいなぁってことがあったりします。
使ってみて初めてわかるってこと・・ありますね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.29
Thu

できるだけ帰宅後の負担を減らすため、
出勤前に短時間でできる常備菜を。
昨日作り置きしていればよかったのですが、
ごぼうの存在を忘れていて・・・あちゃ~ってわけで・・。(-_-;)

今年初めて作った梅味噌(熟した梅にお味噌と砂糖を1:1:1の割合で煮たもの)を使って-

ごぼうの梅味噌煮を作りました。

IMG_20170629-001-2880.jpg

ごぼう1本
醤油 大さじ1
出し汁 50CC
梅味噌 適量

醤油と水の代わりに白だしなど
使ってもいいかと思います。
梅味噌がなくても梅干しと味噌を入れれば
できる簡単にできる常備菜。

IMG_20170629-002-2882.jpg

でもごぼうは煮込めばもっと甘くなるので、
コトコト煮込んだ方が美味しくなるのかもしれません。
歯ごたえが欲しいということもあって、
我が家はごぼうが柔らかかくなったら、で
出来上がりとしました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.28
Wed
 
ここのところほとんど定時で帰宅できず、
休日が待ち遠しく。
とはいえ、休みの日めいいっぱいに
日頃できない掃除を全部するという気力がなくて、
手間を省いているこの頃です。

なので作る予定だった食材が気になり、
(残業で遅くなると献立の変更をしたりするので)
慌てて使うはめになったり。
買い置きしていたえのきも冷凍保存しとくんだった~と、
なめたけを作りました。
今回のレシピはコチラで。
             
IMG_20170628-2874.jpg

井上 古式じょうゆ 360ml【楽天24】

+

割高ではあるけれど、
小さなサイズを使うようになって、
開封してから風味が変わらないうちに
使えるようになりました。
予め多めに使うことがわかっていたら、
大きめを買うこともあります。
使う時期、種類によって消費量も変わったりします。
それらを鑑みながらサイズの変化もありますが、
基本小さめサイズ。
回転よくして美味しいままいただきたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
06.27
Tue
                     
IMG_20170627-2873.jpg

試供品はやみくもにもらわないか、
使ってみたい商品の試供品だけをもらったら、
すぐ使うことにしています。
以前は○○のためにと大義名分で
もらい、取り置きすることもありましたが、
試供品が溜まっていく方が早かった。
溜まった試供品をバッサリ捨てても、
困ったことはひとつもなく。
食品ではないといえ、
未開封でも使用期限もあるでしょうし。
試供品、もらった日付なんて覚えていないだろうし、
管理するのもめんどくさい。
何年も寝かさず、
もらうならどんどん使う、すぐ使う。
本来の試供品の意味を考えるとそれが自然かなと思ふ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
06.26
Mon

美容院に行ってきました。
軽くウエーブをかけるようになって、
スタイリングが楽になったので今回も同じスタイルで。

+

先日のような大雨は降らなかった日曜日ですが、
水を得た魚のように、紫陽花が生き生きとしていました。

IMG_20170626-001-2757.jpg



先日のカサカサした状態の時に比べると、
しっとりして潤っています。
こちらの紫陽花はまだ真ん中の花が開いていないですが、

IMG_20170626-002-2760.jpg


こちらのように花開いたら、
また一段と華やかになりそうです。

IMG_20170626-003-2764.jpg


潤いが大事なのは紫陽花も人も同じかな。

IMG_20170626-004-2829.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.25
Sun
           
最初に漬けた梅シロップが出来上がりました。
今年は第二弾の梅もぎをして、
追加で梅シロップを漬けたので瓶が所狭しと並んでいます。
なので、出来上がった梅シロップの梅を取り除き、
少し小瓶に分けて、冷蔵庫で冷やして味見しました。
昨年は味わうことができなかった梅シロップ
2年ぶりのこの味! すっきりした味わいに感激。

IMG_20170625-001-2723.jpg

第二弾にもいだ梅の追熟ですが-
自己責任で、りんごをそばに置いていたせいか、
第一弾と違って、満遍なく追熟がスムーズに進み、
塩漬けしています。

IMG_20170625-002-2719.jpg

右は第一弾の梅。
なにぶん、袋漬けが初めてでしたので、
樽つけの時と違い、袋をひっくり返す作業で
柔らかくなった梅を傷つけて皮が破けてしまったので、
数が少し減ってしまいました。

IMG_20170625-003-2721.jpg

さて-

梅シロップ、 梅干し、 今年初チャレンジの梅醤油と
漬けてきましたが、
今年は更に追加したのが梅味噌です。
手前は梅シロップから取り出した梅で作った梅ジャム
今年の梅ジャムはフードプロセッサーにかけたことで、
とてもなめらかな舌触りとなりました。

奥側の瓶に入っているのが梅味噌です。
鯖の煮付けやおにぎりに塗ったり、
冷やし中華(しょうゆだれをかけた上でも)に、
梅味噌をのせて食べたら旨旨でした~。
和物のタレとして梅醤油とともに万能調味料になりそうです。

追熟し終えた梅にお味噌と砂糖を加えて煮て、
梅の種をとって出来上がりです。
(梅、味噌、砂糖 1:1:1の割合)

IMG_20170625-004-2716.jpg


これでひととおり今年の梅しごとはお終い。
あとは土用干しまでしばし休憩。
最初に漬けた梅は赤紫蘇を入れず白梅にしようかと。
あとの梅は赤紫蘇をいれようか迷い中。
でもぐずぐずしていたら赤紫蘇がなくなっちゃうな(笑)

昨年は梅を楽しめなかったので、
今年はたっぷり楽しむことができました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
06.24
Sat

IMG_20170624-2590.jpg

どこの職場にでもありそうな話ですが-
誰かをターゲットにして悪口を言う人がいます。
誰か一人悪者を作ってヒソヒソと陰口。
言いたいことがあるなら、
はっきり言えばいいのに、と思う時があります。
自分のことは棚にあげて、人の批判ばかりする人。
棚上げ女って言うんでしょうか。
常に誰かに対して不満な言葉を発する。
また、本人の前では仲良しさんのようにべったり一緒にいるのに、
陰で悪口を言う・・・いるんです。
また、本音はどうかわかりませんが、
「そうそう!」と同調して盛り上がって悪口のオンパレード。
いいオトナが・・・と思ってしまいます。
楽しく仕事した方がいいのにな。

メンドクサイなぁと思う。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
06.23
Fri

全体的にこういうデザインの洋服に目がいきます。
敢えて言うなら、それに加えて首元が詰まっていたら
ドストライクなんですが-



私はなで肩なのでこの手の服を着ると、
肩がずり落ちたりします。
以前、一度失敗したことがあります。
やはり気に入って購入したものの、
手にとる回数が少なく、
自分の体にあっていないからだと痛感。

こんなふうに、気に入った、好きな服と、
自分に似合うか、着心地が良いかは別な話で。
そこに好きな色と似合う色が違うと、
また悩ましい話になります。

また-
以前は似合っている色でも、
年齢を重ねるごとに似合わなくなることもあります。
肌のくすみだとか関係してくるのでしょうか。

また-
好きな服はサイズの変化で着られなくなっても、
なかなか捨てがたいものになりがちです。
いつか着られるかも-
ほとんどの女性なら一度や二度は、
そう思うかもしれません。
が、年齢にもよると思いますが、
いつか着られると思いながら持ち続けても、
その、いつかはやってくる確率は、
年齢があがるにつれ、グンと下がってくると思います。

チョイスを間違ってしまっても、
それも勉強代と思って次に繋げればいいし、
好きなものを着るとやっぱり心が潤います。
だけど、箪笥の肥やしにならないようにはしたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
06.22
Thu

先日、夫がやっと捨てる気になった段ボール。
私が想像していた枚数以上にでるわ、でるわで、
正直びっくりしました。
狭い我が家のどこに隠し持っていたのか・・・と(滝汗)

サクサクと片付けていく夫。
虫全般が苦手、退治は私にさせるという夫なので、
あのゴキブリの話は本当に効果があった!と喜び、
それでも捨てるまでは、
「やっぱり置いておくわ」って言わないだろうか・・・という
一抹の不安がありました。

IMG_20170622-2696.jpg

終了~。

私がPCに座っている横で、
夫が作業を終了したと思われると同時に、
あれ?なんか数枚を棚の上に置いたような・・・・。

私の見間違えでは・・・なかった!


夫に問うと-
案の定数枚は置いておくと言う。
「なんで?」と聞くと、
「このサイズはレンズを売る時にいいサイズだから」と、
サラっと言ってのける。
最近、小物は箱でなく緩衝材の入った袋で届くし、
そのサイズを言われると言い返す言葉もなく、
ここは譲ることになりました。

IMG_20170622-2708.jpg

はぁ~

過剰に期待した私が馬鹿でした。

でも捨てた段ボールは4束。
中にごっそりと段ボールが詰まっています。
段ボールを取り除いたせいで、
それまで隠れて見えなかったモノが色々顕になりました。
そのなかでも私が捨てようとしたカゴを、
夫は使うからと言って処分しなかった。
それも結局使わずじまいだったようで、
ここに隠しもっていたか~と発見。
隠れていたせいで今まで使っていなかったカゴ。
つまりなくても問題なかったというわけだし、
今後も使わないであろう。
これは断捨離決定だ~!
と他にも顕になった状態を見ながら、
本音は全部捨ててしまいたい-
けれど夫のモノは勝手に処分できない。
見て見ぬふりができるまで
ジレンマとの戦いです(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
06.22
Thu

昨日は台風かと思うほどの雨と風で、
傘も役に立たないほどでした。

でも、昨日の雨を喜んでいるのは、
紫陽花かもしれません。

梅雨入りしたというのに、
雨らしい雨も降らなかったせいなのか、
紫陽花の色がこれまでにないくらい色が悪く。

IMG_20170622-001-2568.jpg

どの紫陽花を見ても、
カサカサした感じが否めません。
萼の真ん中の本当の花も蕾のものもあれば、
こんなふうに咲いているものもあります。

IMG_20170622-002-2578.jpg

これで少し元気になったかな。

また見に行こうと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
06.21
Wed

先週17日に漬けた梅干しの袋漬け-
待望の酢があがってきました。
この白酢が摂れると思うと嬉しくなります。

IMG_20170620-001-2539.jpg

+

父が亡くなった年に気力が抜けて、
それまで毎年漬けていた梅干しでしたがお休みして、
その後も仕事をするようになって、
時間的なこともあってしごとも、
梅シロップのみとなっていました。
けれど、今年この袋漬けの梅干しをしてみて、
神経質になりすぎるくたいだった樽に漬ける梅よりも
本当にハードルを下げてくれました。
今後はまた樽漬けするかもしれませんが、
力が入りすぎずにできる梅干しです。

+

先週、梅もぎに行きましたが、
ちょっと小さめだなぁと思っていたことと、
今年は昨年のリベンジも兼ねて、
梅しごとに力が入ってしまい、第二弾の梅もぎに行ってきました。
やはり1週間経つと梅も成長していました。
が、ここでアクシデントが!
棒を使って高いところの梅を落とすのですが、
目測が誤ったというかこっちに落ちてきて、
梅が目に直撃。
痛ぁ~!
目が潰れたかと(大げさ)思った後、
今度は頭に直撃。
イタっ!
なんだかなぁ・・・。

そんなこんなでしたが、
前回より非常に満足した梅もぎでした。

+

で、梅シロップ用の梅をアク抜きしている間、
また梅干し用の梅を追熟。

IMG_20170620-002-2530.jpg

またあの芳醇な香りが楽しめるのかと思うと、
とても楽しみです。

+

さて、今回は夫が是非ともという梅醤油も漬けました。

IMG_20170620-003-2537.jpg


梅醤油といってもただただ、
梅に醤油をいれるだけという超お手軽なもの。
梅の風味が醤油に移り、
食卓の調味料として、梅の実は箸休めとして。

口広の瓶を梅シロップで使い切ったので、
ジャータイプの瓶に漬けることに。
時々梅を混ぜるのですが振ったらいいかと。
20日ほどでできあがるようです。
冷蔵保存するなら1年間。

IMG_20170620-004-2536.jpg

今年初めての梅醤油
どんな出来栄えになるかワクワクします。

青梅の醤油漬けのレシピ
我が家はガーゼがなかったので省きましたが、
梅が乾燥しないように瓶をまわしています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
06.20
Tue
                        
IMG_20170620-2393.jpg

中途半端な気持ちのまま、
その場の雰囲気に流されてモノを買ったら、
全てとは言わないまでも、後で後悔することがあります。
迷いがでて悩んだ時は、一旦時間を置いて。
買うか、買わないかで迷ったものは、
時間が経ったら、欲しい気持ちが薄れていくか、
ますます気持ちが高まるかのどちらかだと思います。
それで手にいれたものは、
本当に自分が引き寄せているものなんだなと思うのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.19
Mon
                           
IMG_20170619-2465.jpg

親の世代にありがちな、
モノを手に入れたことで満足、
たくさん持っていることが幸せ、でなく-
モノは活用してこそ、だと思っています。
必要なもの と 心が潤うもの、
自分の暮らしに欠かせないものを・・。
死蔵品を作らないことが大事。
不要なモノを捨てて、
数を絞ったことで見えてきたコト。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
06.18
Sun
                
花菖蒲が満開でした。

IMG_20170618-001-2413.jpg



花摘み娘さんがいらっしゃいました。

IMG_20170618-002-2436.jpg


花摘み娘さんがしぼんだ花を摘んでいました。
ひとつの茎に複数のつぼみをつけ、順に花を咲かせる花菖蒲
毎日しぼんだ花がでるため、一番花の花がらを摘み、
二番花を咲かせるのに欠かせない作業だそう。

IMG_20170618-003-2419.jpg


そういうひと仕事のお陰で、
開花期間中は美しい状態を楽しめるんですね。

IMG_20170618-004-2441.jpg


梅雨だというのに雨が降らないお陰で、
楽しむことができました。

IMG_20170618-005-2395.jpg


IMG_20170618-006-2380.jpg


自然と触れ合う、花を愛でる-
昔は見過ごすことが多かった気がします。
カメラを手にしてからだと思いますが、
年を重ねてもゆっくり自分ペースで楽しめる趣味が
できて良かったと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.17
Sat

追熟していた梅ですが、
満遍なく追熟ができず気持ち焦っていた矢先、
黄色くなったものにポツポツとしたものが目についたので、
何個か強制追熟することに。
ブロ友さんのご主人がされていたという方法を
調べてみるとありました、ありました。
お湯に20秒ほど浸して水気を切って放置し粗熱をとってから、
他の梅と同じに漬け込みました。


初めての梅の袋漬け

梅 1キロ
粗塩 18%

梅を洗って水気を拭いてなり口をとって、
焼酎でなり口を拭いて、保存袋に梅と塩、
ホワイトリカー50ccを入れてなじませ、
平にして空気を抜いて、

IMG_20170617-001-2300.jpg

重石を敷いて梅酢が上がるのを待つのみ

IMG_20170617-001-2303.jpg

これまでの梅干しは樽に漬けていました。
袋に変わっていただけで、
樽や重石の消毒、
たいした手間ではないというものの、
このステップが省かれるだけでも
なんだか梅干しのハードルが
低くなった感じがします。

追記: 一晩経って先に黄熟していたうちの2個が潰れていたのを発見。
それを取り除いて重石を外しました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
06.17
Sat
                           
IMG_20170617-001-2311.jpg


諸説あるようですが、
今年も6月15日に、紫陽花をトイレに飾りました。
でも、過去に15日を忘れた時もあって、
遅れて飾ったこともあります(uu*)

「しもの病気になりませんように」と
願いをこめて紫陽花を逆さまに吊るすこと1年間。
1年経ったら、お礼を言って新しい紫陽花と交換。
紫陽花は月日が経つと小さな花が落ちてくるので
飾るのは西洋紫陽花が良いと実感。

IMG_20170617-002-2315.jpg



母から教わった紫陽花おまじない

IMG_20170617-003-2316.jpg


知人も私も大事に至らなかったということもあって、
風水的に・・・とか、ドライを飾るのは・・とか色々ありますが-
やめて後で後悔したくないので、
きっとこれからも続けるおまじないです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 0
06.16
Fri
     
よそさまのブログでも目にしますが、
うちも色々モノが捨てたがらない夫。
時々、ほんと何を思ってか、
整理して捨てることもありますが、
まぁ、滅多にありません。
「これ要るの?」と聞くと、
大抵「要る」、「使うから」との返事。
夫のテリトリーを見てしまうと、
「要るの?」と聞きたくなるモノが溢れんばかり。
なので、見て見ぬふりをしています。

さて、その中でも段ボール問題。
私はさっさと段ボールは処分するのですが、
夫はこれまた置きたがる人です。
PCやプリンターの箱や家電など、
買ってなにか不具合があった時を思ってか、
絶対捨てません。
それについては確かに、不具合があって
箱があって良かったということもあったので、
まぁ、いいか・・・と。
でも基本私は、なかったらなかったで
なんとかなると思っているので、
諸手を挙げて賛成というわけではありませんが・・。

で、問題はそれ以外の段ボール
ネットで買い物したときの箱。
しかもア○ゾンは一回で注文したものでも、
分けて配送される時があるから箱が増えて増えて。
流石に小さい箱は捨てていますが、
夫が受け取ってしまうと、
以前に比べるとマシになったとはいえ、
手頃な大きさなものだとほぼ捨てない。


そんななか-
昨日、ネットで「ゴキブリが住みにくい家」っていう記事を見ました。
幸いなことに我が家でゴキブリを見たことはないですし、
ダンボールも床に直置きしておりませんが-
ゴキブリが段ボールや紙類が好きで、
食べる、住処にしやすいという記事だったこともあって、
すぐさま夫にスマホで送ったところ、

「捨てるか~」

\(^o^)/やったー

夫は大のゴキブリが苦手。
万一、家ででたら私に退治をさせるというくらい、
ゴキブリがダメな人です。
なのでこの話が効いたのかもしれませんが-

++

記事で紹介されていたのは-

ゴキプリの住みにくい環境をつくるポイントとして-

1.段ボールや紙類は都度処分する。
 ゴキブリの生息域は下部に集中しているので、
 腰から下の高さのところはできるだけシンプルにしておく。
 直置きしない。


2.家具と壁の隙間に気を付ける。
 ゴキブリは狭い隙間が安住の地。
 とはいえぴったりとくっつけたつもりでも
 隙間を作らないのは難しい。
 それならば壁と家具の間を広く開けて、
 動かせる状態にして・・。

 
 つまり掃除がしやすい状態を 作るということでしょうか。

3.水分をなくす
 シンクに水滴がついていない状態にしておく。
 スポンジの水分を絞って乾かしておく。
 排水口のゴミ受けのゴミは毎日捨てる。
 魚焼きグリルの底に水を貯めっぱなしにしない。
 キッチンや洗面所の床にはねた水滴は拭き取る。



功を奏したといいましょうか、
夫には効き目があったようです。
なにはともあれ、来週の資源ゴミの日には、
たっぷりと段ボールが出されることだと思いたい-
いや、思います(笑)

ついに段ボールの断捨離です!



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 12
06.15
Thu
                     
先日アップしたアリウム・ギガンチウムです。

アップにしてズズズっと寄ってみると-

IMG_20170601-001-2295.jpg


小さな花の集まりですが、
このツンツンと怪獣の角のような姿が可愛くて。

IMG_20170615-002-2286.jpg


こちらは今からあともうひといきで・・・ってそんな感じ。

IMG_20170615-003-2294.jpg



蕾だったものがどんどん咲いていったので、
この前よりも、花が密集してもっさりしました。

IMG_20170615-004-2282.jpg

たった数日でもみるみるうちに変化していく花。
毎日楽しませてもらっています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.15
Thu

今月11日にもぎして漬けた梅シロップ
氷砂糖の方は下にちょこっと残っているだけ、
ハチミツで漬けたほうはこんな状態になりました。
振って振ってを繰り返し、美味しくなぁれ、美味しくなぁれと
呪文を唱え(笑) 後は飲み頃を待つだけです。

IMG_20170615-001-2270.jpg



干し用に取っていたちゃんたちを追熟しています。
これまで干しを漬けた時は、
完熟した南高でしか漬けたことがないので、
追熟がどれくらいかかるのかわからず。
黄色みがでたら・・と思っていますが、
一斉に黄色くならない(当たり前ですが)ところが悩ましいです。
全部がそうなるまで待っていると、
先に黄色くなったものが変色する可能性もありそうで、
どの塩梅で追熟をやめたらいいのかなぁと、
毎日眺めながらドキドキ。

IMG_20170615-002-2278.jpg


梅の香りが漂って、なんか幸せな気分です。

この時期だけの特別だと思うと、
イロイロあっても乗り切れそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
06.14
Wed
2、3週間は楽しめるということで-

蕾がまだまだたくさんあるのと、

IMG_20170613-001-2241.jpg



そこそこ花開いたのと、

IMG_20170613-002-2257.jpg



満開になっているのを選びました。


IMG_20170613-003-2248.jpg


お迎えしたお花は-
今年は見逃してしまったアリウム・グローブマスターと
遠目でみると紫色のまんまるがそっくりな
アリウム・ギガンチウムでした。

IMG_20170613-004-2237.jpg


数年前、初めてこの花を見たのは散歩途中の畑。
お花屋さんで売っているのは初めてだったので、
見つけた時はもうお持ち帰り決定~と。

しばらくの間ですが、
またひとつ、心の潤いが増えました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.13
Tue
IMG_20170613-2091.jpg


先日、職場の愚痴を吐きましたが、
ちょっと嬉しいことがありました。

1人でできることは限られているので、
抱えている仕事で手いっぱいな時に、
重なる仕事・・・時間内でできることが限られているので、
本当にどうしよう・・と頭を抱えていました。
昨日、同僚が手伝ってくれたことが嬉しくて。
(ギリギリでやっているのは同じなのに)
それと問題があったことも、ひとつ解決して、
仕事がスムーズに運べそうな道筋がつきました。
なので昨日も残業になりましたが、帰りの足取りは軽かった。
背負い込んで自分を追い詰めていたのは、
私自身だったのかもしれません。
とはいえ、職場の人員問題が解決したわけではないので、
また皆で助け合って回していく日々が続きそうですが・・。
でも、ひとつ、心の錘が軽くなった気がしました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.12
Mon
昨年は梅の不作で、梅もぎに行ったものの、
手ぶらで帰るという始末。
で、梅の購入もタイミングを外してしまい、
紫蘇ジュースオンリーで過ごした夏でした。

今年、皆さんが梅仕事をはじめられたというのを
ブログで読みながら、我が家も早く早くと気が焦り。
やっと梅もぎに行ってきました。

土曜日の仕事疲れが多少残っていたこともあって、
体調万全とはいきませんでしたが、
小ぶりな感じはしつつも、昨年の不作を思えば満足。

+

梅干しもご無沙汰なので、
今年は初めてのジプロックで梅を漬けてみようかと思っていました。
ですが、こちらの梅はまだまだ青梅なので追熟させる必要があり、
1キロだけ梅干しにして、あとは梅シロップを。


2時間ほどアク抜きをしてからなり口をとる作業。

IMG_20170612-001-2221.jpg



定番の氷砂糖で漬けたものと、
初めて試みるハチミツとリンゴ酢入りの梅シロップ

IMG_20170612-002-2231.jpg


傷んでいたものがあったりで、
1キロと1.6キロの梅シロップ

IMG_20170612-003-2228.jpg


でも予想だにしなかったのは、
キロ数が予想より少なかった。
結構いっぱいもいだつもりだったのだけれど・・・。
当初はもうひとつ4Lの瓶に漬ける予定だったので、
再度梅を入手し漬けようかな~と目論んでいます。

だってあっという間に梅シロップ
なくなっちゃうんだもの(笑)
これから毎日、揺すりながら出来上がりが楽しみです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
06.11
Sun

梅雨入りしましたが、
ザザザザっと降ることもなく、
時折ぱらついたりと折畳み傘が手放せない日々が続きます。
しとしと降る雨もざあざあ降る雨も困りますが、
雨も降らなければ、作物の影響がでるので痛し痒しです。

+

昨日は猛烈に忙しくてんてこ舞いでした。
(サービス残業も含む)
今のうちの職場の状況(人手が足りぬ)で、
また仕事量が増えてしまう現状-
わかって言っているのか、わからないで言っているのか、
わかりませんが、とてもじゃないけど厳しい。
一息つく間もないので、少しゆとりがないと、
間違いを起こす元になるのに。
人件費削減を言うのも仕方ない部分もあるけれど、
うちの今の現状だと、有給どころか突発的になにかあって休みたいと
思っても休みさえとれない・・。這ってでもいかなければならない状況。
募集して欲しいと要望はだしているけれど、却下されていると思われ。
できるでしょ、できてるでしょ、とそんな声が聞こえてきそうです。
いやいやいや、できているというより、
やらないとどうしようもなく、
結果できている状態になっているだけで。
なんとかギリギリで回しているだけなのに・・・。
それが当たり前化してしまうのが恐い。

と、のっけから愚痴ってしまいました (-_-;)

+

晴れ間に-
                               
IMG_20170610-001-2181.jpg


青空と白い雲に色が映えます。

IMG_20170610-002-2186.jpg


ちょっとした息抜き-

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
06.10
Sat
                    
職場の同僚とお花の話をしていて、
多肉を育ててみたい」という話から、
うちの仔をお嫁入りさせることになりました。

IMG_20170610-001-2212.jpg

エケベリア
食べられる多肉 グラパラリーフ
秋麗
乙女心
熊童子
ミセバヤ
グリーンネックレス

ミセバヤは挿し木で増やしたことがないので、
どうしようかと思ったのですが、
あのピンクの可愛いお花が咲いたところをぜひ見てもらいたくて。
(無事に育ってくれますように・・・)


いろいろあったグリーンネックレスでした。
成長しすぎた親からカットして、
こんな感じで土の上に置いただけでしたが、
しっかり根付いて今ではもっさり育ちました。

IMG_20170610-002-2213.jpg

そんな仔たちのお嫁入りです。
嫁ぎ先で元気に育ってもらえればいいなと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
06.09
Fri

蚊の季節となってきました。
部屋に蚊の侵入を防ぐのには、
網戸と窓の位置関係が重要、
って番組でやっていました。
新発見があるかな~と思ったのですが、
あれ?この位置って我が家と同じじゃん!
意識して網戸は右側にしていたわけでなく、
そういうもんだと思っていました。
でも、スライド式の網戸の場合、
どの位置にあるかによって、
隙間ができて蚊が侵入しやすくなるという理屈。
へ~と思わず納得。

左側に網戸があって、左側の窓を少しだけ開けると
窓と網戸に隙間ができてそこから蚊が侵入しやすいらしく。
右側に網戸があると、
右側の窓を閉めていても窓を少し開けても、
外側(左側)の窓のフレームと網戸のフレームが重なるので、
侵入しずらくなるという。

また、網戸についているモサモサした部分をモヘヤと
呼ぶそうですが、これも隙間を防ぐ役割だそうです。
でも経年劣化するので、これだけ取替もできるそうです。
網戸の開け閉めを素早くするために、
網戸のレール部分に砂埃やゴミがたまっていると、
スムーズに動きずらいのでここの掃除も重要だそうです。
我が家はお洗濯の時に、物干し竿を拭いてから、
簡単ですがレールや網戸も軽く拭いています。
念入りではなくテキトーですが、
蓄積しない分後の掃除がラクになりました。

+







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.08
Thu

ザ・薔薇、といえば、
真っ赤な薔薇を思い浮かべます。
が、好みかどうかというと、そうでもなく。
それと、写真に撮ると色がつぶれるんだもの(> <)
なのでほとんど赤い薔薇をアップすることはないのですが、
だいぶだいぶマシなのを選んで・・・。

IMG_20170607-001-2164.jpg



初めて見る薔薇かも・・。
内側がピンク色でとってもキュートです。

IMG_20170607-002-2150.jpg




はらりとびらが落ちそうな姿もいと美し。

IMG_20170607-003-2169.jpg




グレーな空に彩りを-

IMG_20170607-004-2190.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 0
06.08
Thu

DMのようにすぐさま要る、要らないが
判断できるものならいいのですが、
すぐ不要と判断できないものや、
どこにも分類できないものなどがあります。
所謂、ごしゃごしゃしたモノたちです。
ずっと気になっていたので、
それらを整理、断捨離することに。

IMG_20170608-2209.jpg

未練はない-

またひとつ空間が増えた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.07
Wed

夕飯の支度-
夫の帰宅が遅い時は、
残業になっても焦らずにすみます。
けれど今週は出勤が早いので帰宅も早く。
残業になると夫の方が早い時も。
ごはんを急かされることはありませんが、
私自身がアセアセしてしまいます。
自分のペースでできなくなるというか、
手順が狂ってしまったり。
そういう自分の性分が嫌になるときがあります。
動じず冷静に行動ができればいいのですが・・。

なので前もって作り置きするとやっぱり助かる。
だけどこの前も書きましたが、
その常備菜を作るにあたって、
時間的な余裕に加えて、
自分の気持ちにゆとりがないと作る気力もない。
気分にムラがあります(> <)
作っておくと自分がラクなのはわかっているのに、
できないときはできないのです。
凝った料理を作るわけでなく、
至って簡単、時短料理にもかかわらず-

+ + +

筑前煮を作るつもりでごぼうを買ったのはいいのですが、
こんにゃくがないことに気づき、たたきごぼうに変更。

お酢と塩を加えて柔らかくなるまで茹で、
綿棒で叩いて冷ましてから、
調味液と合わせるだけ~。

IMG_20170607-001-2206.jpg

少しおいてからの方が、
味が染みて美味しくなります。

レシピは飛田和緒さんの常備菜より。
とっつきやすいシンプルレシピです。




他にも常備菜の本を手にしましたが、
1番愛読しているかも。

覚書
ごぼう(太め)1本
だし汁 1/2カップ
砂糖 小さじ2
醤油 大さじ2
お酢 大さじ1
白ごま 大さじ1

+

最近利用しているアプリ、kurashiru[クラシル
動画も見やすい、わかりやすい、作りやすそう。


ピーナッツがなかったのですが、
クミンを使った人参サラダはとってもスパイシーです。

細切りにした人参に 調味液をあわせただけ~。
ナッツ系があった方が美味しさも増すのでしょうが、
人参1本使い切れました。

IMG_20170607-002-2202.jpg

冷蔵庫で冷やして食べると美味しいです。

覚書
人参 1本

オリーブオイル 大さじ2
お酢 大さじ2
砂糖 小さじ1
塩 小さじ1
黒胡椒 クミン   適量


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 8
06.06
Tue
                       
かねてからブロ友さんが蒸篭を使って、
蒸し料理をされているのを見て、
「蒸篭が欲しい~」と思うことしばし。
ですが我が家の狭い収納で蒸篭の行き場と、
モノを増やすことにちょっと躊躇いがあって
なかなか決断できませんでした。
なので蒸す料理は、シリコンスチーマーですませていました^^;
ずっと匂い移りも気になっていました。

でも、でも-
おうちにあるもので代用しようと思い、
圧力鍋とカゴで簡易蒸し器に。
いい塩梅でサイズがピタリ。

最近の我が家、蒸し料理にハマっています~。

IMG_20170606-001-2198.jpg


ちょいと見た目はさておき-
この日は、もやしを敷きつめて豚肉、肉団子、えのき、
しめじ、れんこんをいれただけですが、
レンチンして食べた時より、
ずっと、ずっと美味しいんですよね。
れんこんも水分が抜けないのでぱさつかずしっとり、
それでいてさっくりとした食感が残ります。
なんか、なんか違うんですよね。
ポン酢でいただいたのですが、
食材の甘みがあるというのでしょうか。


電子レンジは閉じ込めて調理する感じですが、
こうして蒸すと嫌な臭いも蒸気と一緒にでていったり、
余分な油分が下に落ちたりするのが、
美味しさの秘密なのかなぁと思いました。

IMG_20170606-002-2196.jpg


確かに電子レンジで調理した方がスピーディですが、
少し時間がかかるもののあらためて、
蒸し調理いいなと実感しました。

ステンレスのカゴでなく、
蒸篭の方が味わいがありそうですが・・・(uu*)
今のところ、我が家はこれで問題なさそうです(笑)

+

蒸篭と蒸し板があると専用の鍋がなくても-









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 10
back-to-top