01.21
Mon
お家で使っているタオルは、過去記事でも書いていますが、
煮洗いしたり、ほころびがでたら繕って使っています。
ただタオルは消耗品と思っているので、痩せてふっくら感、
吸水性がなくなったら、惜しまず雑巾に格下げします。

ずっと前はタオルを買うなんて・・という発想もありました。
が、毎日絶対使うもの、気に入ったものをちょっぴり贅沢にしたことで、
たったこれだけのことですが、ちっぽけなシアワセな気分に(笑)
これは、私にとって、少ないモノでも納得のいくモノ選びの
基礎となったのが、タオル選びでした。

枚数も必要最小限しか持っていないので、
どのタオルもヘビロテで、傷むのも早いのかもしれません。

P1050545.jpg

これも以前少しほどけたところを繕ったものですが、
煮洗いしても「くすみ」がもう取れないのと、ほころびも酷くなり、
買い替えすることにしました。

P1050544.jpg

以前購入した今治タオルの使い心地が良かったのですが、
長さが長かったこともあり、今回のはトイレ用なので、
長さは80センチくらいのもので十分のということを考慮して、
こちらのものにしました。

P1050540.jpg
贅沢フェイスタオル  今治タオル

P1050536.jpg

弾力があって手触りも柔らかです。

P1050533.jpg

すでに何度かお洗濯をしましたが、こちらも吸水性、毛羽ぬけも
問題なく、サイズも丁度よく、気に入っています。

それと同封されていたタオルはまかせたろさんの「虎の巻」がおもしろいんです^^

P1050541.jpg

少し抜粋しますね(*^^*)

其の一 洗うべし
届いたタオルはまず洗って、綿本来の吸水性を引き出す。

其のニ 柔軟剤は御法度
最近の柔軟剤は漂白剤が使用されている場合があり、
毛羽抜けや吸水性を損なう原因となる場合がある。
最小限の洗剤が1番の長持ちの秘訣。

其の三 洗濯機を知るべし
ドラム式は汚れも落ち節水型で素晴らしき品。
自動設定より水量を多めに設定したっぷりの水洗いで洗濯する。
摩擦を減らし、生地が傷みにくく毛羽落ちも防ぐ効果あり。

其の四 日陰で干すべし
直射日光は気持ちがよいが、タオルの繊維を傷つける場合も。
風通しのいい陰干し。繊維が開くように干す。

其の五 丸めて収納すべし
ホテル畳み、粗品畳み、たたみ方は場所に応じて。
でも平積みせず、ケースの上から全てが見て取れるようにまるめて収める。

其の六 用途に合わせて使い分けるべし
無撚糸タオルは柔らかいけれど毛羽抜けしやすいと心得、
寝室やキッチン、赤ちゃんの周りは埃の原因に。
タオルの特徴、サイズも見極め使う。

其の七 タオルは消耗品と心得。
柔軟剤を最終段階で使用してもやせてしまえば雑巾にし、
感謝して礼をのべて捨てるべし。

其の八 ヨタヨタになるまで使うべし
お気に入りの一枚になりし時には、一生残すべし。

其の九 リユースすべし
バスタオルともなれば買い換えの時期も分からぬもの。
使えし状態で新しいものが届いた暁には、善意を頂き第二の活用を。
(こちらで購入したタオルが不要となったら再活用の場あり)

其の十 たずねるべし
悪き点も遠慮なく伝え、喜びの声もよろしく候。

などなど。ふむふむと頷いたり、なるほど・・と納得したり。
タオルソムリエのいらっしゃるタオル屋さんならではの
「虎の巻」でした。

タオルの良さはもちろんですが、お店の対応も丁寧で、
気持ちよくお買い物ができました。

たかがタオルですが、ふっかふかのタオルで顔を拭いたら、
シアワセ(> <) ささやかな贅沢です。
次はそろそろバスタオルの寿命かな~なんて。
そう思っている時はなんだかんだいってもウキウキするんですよね^^;


        


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top