08.19
Mon
IMG_5231.jpg

暑い夏、ついつい冷茶を飲みがちですが、
温かい日本茶で最中をいただくのもいいものです。

++++

このお皿の柄、ずっとブログを読んでくださっている方は、
見覚えがあるかもしれませんね。
結婚前にこの作家さんの器がとても気に入って
いくつか買ったものです。

もともとそんなに器に興味があったわけでもなく。
たまたま陶器市でみつけたお茶碗に惹かれ手にしたことがきっかけ。
そのお店が近くにあるとわかり、それから足繁く通い詰め、
ひとつ、ふたつと。
そしてコーヒーカップを一客買った時、
お店の方が、珈琲茶碗は割れてしまったので、
お皿が余ってしまったので、どうぞ・・と。

IMG_5488.jpg

ご高齢の作家さんでしたので、ここにあるものだけ・・とその時に聞き、
ご好意に甘えていただくことにしました。

IMG_5492.jpg

買った当初、このシリーズの器を、割れたらどうしよう・・なんて
馬鹿げた思いが強く、なかなか使えずにいたり、
自分勝手に「特別な日」に使おうと決めたり。
気に入って買ったものを失うことの不安が強かったのだと思います。

しばらく実家に置いたままでしたが、(ごはん茶碗のみ実家に残し帰省時に使っています)
持ち帰って良かったと思います。
カップ&ソーサとして使うより、お皿として使うことが多く、
以前より愛着がでたような気がします。


どうでもいいもの、でなく、好きなものを使うことは、
ふだんの暮らしで、心に潤いがでるような気もします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
コメント
そう、大事な器って割ったらどうしよう、とついしまいこみがちだけど、
しまい込まずにつかってこそ器冥利に尽きるんですよね。

景品のコップでも自分で選んだコップでも、
味は同じはずなのに、豊かさが全然違うな、と思います。

ぎゅうすけ | 2013.08.19 21:19 | 編集
ぎゅうすけさん、おはようございます。

大切な器だから丁寧にあつかって、たくさん使ってあげて、
壊れてしまったらそれが寿命だと思うのが自然なのかもしれませんね。

そうなんですよね。気持ちの持ち方なのでしょうか。
味自体は変わるわけではないけれど、
思い入れというスパイスが入っているからかもしれません^^
ココリン | 2013.08.20 11:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top