10.29
Thu

IMG_20151029-7786.jpg


○○整理と色々ありますが-

遺品整理だけが、本人がする整理ではなく、
残された家族が故人のモノを整理し処分。
思い出がいっぱい詰まったものを処分するのは、
並大抵のことではありません。
この時、モノが溢れていたら、片付ける家族の負担も大きい。

遺品整理と違って、生前整理や老前整理は自分がするもの。
けれど、家族のためにするのか、
自分自身のためにするのかでまた違ってきます。

生前整理は、「残される家族のために」
自分が死んだ後に起こり得る様々なトラブルを
防ぐ意味で、財産や持ち物を整理したり処分したり。

老前整理は、「自分のために」
体力があるうち、判断能力があるうちに、
不要なモノを捨てて、使いやすく、暮らしやすくするもの。

老前整理って老いてからでは遅く、
いつかそのうちに・・・・って思っていると、
ズルズル月日が流れます。
年齢とともに変化する暮らしのなかで、
その時々、モノと向き合うことが重要で、
要るもの、要らないものも変化してきます。
使っていたものでも使わなくなったり。
年齢を重ねるごとに、その時の年齢で、
その先に必要?と思うものが違います。

現時点で使わないものがこの先、
使う可能性は高くなることはまずないだろう-
そんなふうに思うことだってあるでしょう。

自分の暮らしを快適にするための整理と思えば、
老いる前、だけに限らずだと思います。

色々な意味で、
残った家族が負担のないように-



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top