02.22
Sat
交流させていただいているブロガーさんが、
以前、ご紹介されていた
「きれいなおばあちゃん」になりたいという目次が
目につきました。




このタイトルだけを見ると、50代からの暮らし方、と
限定されそうですが、年代を問わず読んでみたいと
思う項目がたくさんあります。
うんうん、そうそう~と思う箇所が満載。

「もの減らしは」、作らない方法で。
「拭く」だけのそうじでいつもきれい。
体力の要るそうじは、やる場所を”引き算”。
床にものを置かないスタイル。
なぜ、必要でないものを処分できないのでしょう。

・・とかね。なんだか気になることがたくさん。
アマ◯ンなら中身が閲覧できます。


年代別にモノの持ち方が違ったり、
小さな子供がいると必要なモノが違ったりしますが、
シンプルな暮らしの根は、一緒のような気がします。





   


   

   

   



 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
コメント
最近すごく読みたいな~、見たいな~と思っているのが
「大人になったら着たい服」なんですよ。
10代で主婦の友系読んで20代でクロワッサン系読んで
今30代でその手の本・・・・って私
年齢サバ読んでる?って思ってましたが
ああ、良かった。
同じ感じの人がいてw
この本もおもしろそうですね。
う~ん・・・最近読みたい本や雑誌が多すぎて
うっかり買いすぎてしまいそうです。
シンプルな生活目指してるはずなのに~!^^;

↓の記事。
素敵なおばあちゃまのご紹介ありがとうございます。
なんか素敵!って思っちゃいました^^
うちの78歳の祖母も普段着はデニムにTシャツなんですよ。
そんで、私にお下がりくれたりしますw
しかもユニクロとかだったりするから私でも普通に着れたりしますw
私も大橋さんやおばあちゃんみたいな格好良い年の取り方したいな~って
改めて思いました^^
花喃 | 2014.02.22 09:49 | 編集
まぁ 読んでくださったのですね。
暮らし上手なココリンさんにも参考になることがあって、うれしいです^^って自分が書いた本じゃないのに(笑い)

本棚の奥にしまうのではなくて、全面に出しておいて時々読み返したい本だなって思っています。

実家や姑の家のことを思うと、年齢があがるに連れて「すっきりさせる」事は大切だなと感じるこの頃です。
また、いつか自分の持ち家を持てた時「ごちゃぐちゃ」にしないためにも^^

今日はたくさん本の紹介をありがとうございます。図書館で借りてみようと思います。
私は今日、「ためない心の整理術」という本を借りてきましたよ。
ケストナー | 2014.02.22 15:23 | 編集
花喃さんへ

花喃さんも「大人になったら着たい服」
気になった本ですか。
対象年齢ってあるのでしょうけれど、
読みたいと思った時が読み時なのかもって思うんですよね。
ヒントになることもたくさんあったりするし。。

皆、年をとるけれど、
人によってほんとに受けるイメージが違ったりしますよね。
78歳のお祖母様、デニムにTシャツなんておしゃれ~。
年をとると、おばおばファッションになりがちだけれど、
おしゃれすること忘れないで素敵に年をとりたいな~って思いますね^^
ココリン | 2014.02.22 23:37 | 編集
ケストナーさんへ

ケストナーさんのところでこちらの本を知り、
ずっと気になっていました。
全て同じに実践することがなくても、
とても参考になりました。
ほんと、本棚の奥に仕舞うのでなく、
有元葉子さんの「ためない暮らし」
とともになんども読み返したい本となりました。

実家の片付けをしていて、本当に年をとると
モノを片付けることがどれほど大変か。
溜めすぎたことで、危険なことも生じるということを実感して、
若くなっていかないので、それに応じたモノの持ち方hが大事だなと思いました。

「ためない心の整理術」またまた気になります。
教えてくださってありがとうございます。


ココリン | 2014.02.23 00:49 | 編集
よんでみたい本が山盛りだわー!

素敵なおばあちゃんになりたい。私も。

銀行などで、たまに本当に品のよいおばあちゃんにでくわすと、(なぜかメインバンクの都市銀行M銀行に、多い遭遇率)こんなふうに、着るもの、持つもの、お化粧、アクセサリー、こだわりたくなっちゃいますね。
品がよい=自分を知っている

そんな感じで、決してたくさんものをもつとか、高価なものをもつ、というわけではないものね。学びたいわー。
おきょうさん | 2014.02.23 01:33 | 編集
うわ、読んでみたい本がいっぱいです。
私の場合、欲しいモノがあることも元気の源、のような気がするので
ついついモノを買ってしまうけど、
だからこそ、で死蔵してるもの、気に入ってたけど使わなくなったもの
などは処分していかないとな、と思います。

図書館にリクエストまたしなくちゃ(笑)
ぎゅうすけ | 2014.02.23 10:03 | 編集
おきょうさんへ

新刊じゃなくても見つけた時は、
なんか嬉しくなったりします。

素敵なおばあちゃんになりたい・・。
できれば、いかにも系の服は着たくないなぁと思ってしまいます。
高い安いでなく、自分に似合う服を見極めたいですね。
都市銀行に素敵なおばあちゃんに遭遇する確率高いのですか。
行く機会がおおいとしっかり見て勉強できますよね~。

年だから。。て否定しないのがいいのかもですね。
ココリン | 2014.02.23 11:51 | 編集
ぎゅうすけさんへ

ぎゅうすけさんはいつもたくさんの本を
読まれているので、また読まれたら感想を^^

ぎゅうすけさんの言われる「欲しいモノがあることも元気の源」
共感します~。なにも欲しいモノがなくなったというのも淋しいし、
ある意味買いたいものもあるから、働く意欲もあらわれるものだと思います。
手にいれたけれどそれがいまひとつだったら、それは自分にあわなかったのかも、
と思うと、処分することで、あらたない手にいれて愛着がでればいいのかなと
思うんですよ・・。死蔵品はやっぱり・・もったいないですもん^^

ココリン | 2014.02.23 12:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top