02.24
Mon
モノが多すぎて片付けるにも
どこから手をつけてよいか途方にくれたり。
必要なものかそうでないものを判断して、
処分する。まずはモノを減らすことからはじめ、
すっきりさせ、その後モノを手に入れる時に、
リバウンドしないように気をつけるようになったり。
そこに、同じ失敗はすまいという気持ちが働き、
本当にこれが必要なのか?と考えることも、
安易にモノを手に入ることにブレーキを
かけてくれると思います。

house07_20140224153550f92.gif   house07_20140224153550f92.gif


必要なものが欲しいものなら万々歳。

冷蔵庫や洗濯機が壊れたら、
非常に困る、ただちに新しものを購入しようと考えます。
必要なものだから購入・・ですね。
なくてはならないものだからということになるのでしょう。

あったらあったで便利だけれど、どうしても必要なものでもない、
そんなときもあります。
ただ、それらを手にいれて、無用の長物になるのはどうかと。
やはりそれは不要なものなんだと思います。

必要か否かと問われれば、限りなくグレーゾーンのものでも、
これを手にすることで、自分の気持ちが高まる、捗る、
といったことがある場合もありますよね。
代用できるものなら・・という思いもありながら、
悩ましくも思ったり。
本当に気に入ったものなら、
欲する気持ちがでてくることは自然のこと。
手にすることで癒やされたり、元気になったり。

ただ持つことで満足してしまわない。
仕舞ったままでその存在を忘れない。

手にいれてからどうするかが大事なのじゃないかなと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
コメント
私の言いたいことをココリンさんがすべて言ってくれたような気がします。
いる、いらない?だけなら買うものはほんとに少量ですむけど
でもそれだけじゃ私の場合すごくつまらないと思う。
ブローチも服もなくても全然困らないけど、あれば幸せな気持ちになれる。
買った分、また仕事頑張ろうと思える。

買うという行動をストレス解消にするんじゃなく
好きで買ったもの、欲しくて買ったものだから
せっせと使いたいです。
ぎゅうすけ | 2014.02.24 22:10 | 編集
ぎゅうすけさんへ

こんばんは。

要る、要らないだけで片付けられないのではないかと
思うようになりました。もちろんモノは溢れすぎて、
生活に支障がくれば・・うちの実家のように(笑)
困りものですが、暮らしていく上で楽しみ、
心のよりどころは必要だと思うのですよね。
ぎゅうすけさんの言われるとおり、
ストレス発散で買うというのはよろしくないと思います。
要らぬものまで手をだしてしまいそうだから・・。
でも気に入ったものをみつけた時の心の潤いが
働く糧にもなるんじゃないかと思うのです^^

ココリン | 2014.02.25 00:12 | 編集
確かにね。
極力物を排除して、モデルルームのようなスッキリ見事なお宅の写真をたまたまドールにみせたら、

遊びにはいきたいけど、住みたくはないな。

そんな意見でした。

暮らしにプラスになるものは、必ずしも要、不要で片付くわけではないのですね。

その家らしさがでている、家族にとって、自分にとって、我が家が一番』な状態をオーナーである私たちが→注・だんなさまもです。作りあげてきたいね。
| 2014.02.25 00:22 | 編集
おきょうさんへ
(お名前がなかったですが、ドールちゃんでわかりました^^)

私もモノを大量に捨てて一所懸命だった時は、
引き算ばかりしていました。
私の場合は多すぎたので減らさなければなにも
はじまりませんでしたから(笑)
自分の気持ちが高まるモノも、
暮らしているなかで必要なんだと。
なにごともバランスが大事ってことなのでしょうかね・・。
ココリン | 2014.02.25 19:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top