04.06
Sun
今までは総額の表示が義務づけられていたけれど、
消費税増税後、税抜きの価格表示も
認められることになりましたね。


増税後、とあるお店に行って感じたこと。

今までは内税表示をしていましたが、
増税後は外税表示に切り替わっていました。
本体価格 + 消費税

ある店ではよく見かけていた税込み50円の商品が
大きな字で50円 小さな字で、+税と表示されていました。
一見、50円という表示だけ目にはいって、
金額が変わらないんだと思ったものの、
あっ?違う、54円(税込み)になるんだと思ったのですが・・・。
総額表示に慣れていたので、
なんか数字のマジックにかかった感じに思えました。
でもそれもよくよく考えると変!? ですよね。
52円(税込み)になるんじゃないの~。

以前の税込み価格表示されていたものは、
増税後、本体価格 + 消費税 と表示されていたら、
本体価格が下がっていないとプラスになるのでは?

ひとつひとつの価格を覚えていたわけでもありませんが、
よく目にする商品の価格が、便乗値上げされているような・・。

++++++

内税表示の時の価格が98円の商品が(商品価格93円+5%)
増税分3%増えるなら、93円 +8%で100円になるはず。
なのに、98円 +税と表示。
98円 +8%ってことで105円になります。
ということは、5%+8%の消費税を
とっているってことになっている?
あれ?って話しでしょ。

+++++

よく行くスーパーのレシートをチェックしてみると、
上記のようなことはなく、3%上乗せだけのものも
もちろんあるのですが、同じ商品なのに、
計算してみると微妙に、ほんの僅かな金額ですが、
値段が上がっていたものもありました^^;
若干仕方がないのも否めないのでしょうが。


でも、知らぬまに便乗されているってこと
他にもありそうな・・と、疑心暗鬼を生じます。


+++++

今回の消費税の引き上げは、社会保障にきちんと使われるのかな・・。
消費税のあがったぶんは、大半が社会保障の現状維持のためとしか
見えないような・・そんな気もします。
この先、どんなふうになっていくのだろう。
一抹の不安を感じます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top