05.13
Tue
IMG_20140513-7585.jpg

使えるものと使うもの 
着られるものと着るもの 
履けるものと履くもの 

どれも前者は好みにかかわらず、
壊れていない、傷んでいない、破れていないなど、
不具合が生じていないから、という言葉が
見え隠れしているように思えます。

後者は時には好みでないものも含まれるけれど、
そこには使いたい、着たい、履きたいと、
自分の抱く希望が寄り添っていると思います。

色々なしがらみがあったりして、
一刀両断できないこともあるかもしれないけれど、
自分の持ち物だもの、
使えるものだからという理由で使うより、
使いたいものだから使う。
好みが変わったけれど(好みじゃないけれど)、
まだ着られるから着よう、でなく、
着たいと思える服だから着る、
履きたいと思える靴だから履く、方がいいよね。

どれを使う、着る、履くをとっても、
どれも好きなものだったら、迷う時間もそんなにないような。

大事に大事にしすぎて、タイミングを逃すなら、
いつでもスタンバイOKよ、ってな具合で
しまい込まず使っていって、クタクタになったら、
新旧交代でいいじゃない。
大事に使うことと大事にしすぎて使わないことは、
全然違うと思うから。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top