05.22
Thu
恥ずかしながら、秘伝豆というのを知らなくて、
山形では青大豆・・大豆と知って、、あはは^^;
気になっていたので早々購入。

8時間水に浸して、

IMG_20140522-001-0025.jpg
まるでお風呂にはいっているかのよう(笑)

塩茹でして(塩はほんの少し) 水気を切って、
一部は小分けして冷凍保存しようかと。

IMG_20140522-002-0032.jpg
いい湯上がりだったわ~と言っているかどうかは存じませんが(笑)

茹で上がった秘伝豆をつまむと美味しい(> <)
こりゃ、冷凍枝豆なんぞに負けないぞ~ていうぐらい、
ビールのお供にもいいじゃない!
熱々のご飯に混ぜてもよさそう~。
ひたし豆にするには、塩をいれたので厳しいか?
いやサラダでもパスタにいれてもいいね~。
と、、夢膨らんだ1日でした。

+++

上新粉が残っていたので、みたらし団子。

IMG_20140522-003-0022.jpg

白玉粉を混ぜると、もう少しモチモチ感がでるかと思われ~。
でも旨々。 ケーキもいいけどお団子もね♪




     



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
コメント
おはようございます^^

わたしも秘伝豆という名前は知らず、同じお店で初めて知りました^^
青大豆って本当に茹でただけで美味しいですよね。
わたしは茹でた青大豆にポン酢を少しつけておいて食べるのが好きです♪


お豆さん、きっと「いい湯だった~ (*´◡`*)」って言っていますよ☆
それぐらいキレイな茹であがりです♪
UKO | 2014.05.22 07:29 | 編集
UKOさんへ こんばんはー。

ね~、これほんと茹でただけでも
美味しいですよね。
もうすっかりハマってしまいました。
知らないお豆さんがあるので、
レシピも詳しくないので少しずつ勉強中です(笑)

お豆さんシアワセそうでしょw
なんちゃってね。でもありがとうございます。
ココリン | 2014.05.22 23:14 | 編集
10年間着なかった洋服って・・
のコメントとして。

一人暮らしをしていた義理の母との同居が決まり。
数部屋にわたってあふれていた物を6畳におさめなくてはいけなくなりました。

捨てられない義母にとっては、どれほど大変な作業だったことか・・・。

やはり思ったことは。。。
捨てる大切さ。
そして簡単に買ってしまわない心の強さを持つ大切さ。

使っていない物で埋め尽くされた義母の家、もし使っている物だけに囲まれていたら、
家賃が倍以上の家に住むのと同じ空間が手に入ったはず。
収納スペースや居住スペースにもお金がかかっているという発想の欠落。
義母の「まだ使えるのに捨てるの?もったいない・・・」という耳にタコができるほど聞き飽きた言葉に対して、
「確かに使えます。でも使わない物を置くほど豪邸じゃないんです、うちは。」と言いたかった・・・

NHKオイコノミヤで、又吉直樹が若い頃に買ったでかいソファが当時高価だったことからどうしても捨てられないことについて、経済学者が言ったことは。
畳1畳分のスペースをそのソファが占めていたとして、6畳のワンルームを家賃6万円で借りていたら、毎月1万円つまり年間12万円をソファのために支払い、引っ越しのときもソファがない場合よりも引っ越し料金が高くつく。
そう考えると、そのソファを捨てないでいる方が、買ったときの値段よりもずっとコストがかかり続けていることになる。
それでも必要なのか。と。。。

そして、捨てる=もったいないという発想はあるくせに、次々と不必要な物を増やすことへの浪費感のなさ。
「まだ使えるのになんで捨てるの?」と言われるたびに、心の中で思った。。。
「じゃあ、なんで使ってない物がこんなにも溢れてるんですか?捨てることには心が痛むくせに、使わない物を買うことに浪費感は持たないんですか?同じような服が山ほど、同じようなカバンも山ほど、使ってもらえないでたんすの奥につっこまれたままにされる物たちの方が可哀想です。あなたがやっていることの方がよっぽどもったいない行為です。」と。

捨てる苦しさを知っている人間は、絶対に不必要な物は増やすまいと、簡単に物を手に入れない。
服やカバン、どんなに安くてもそう簡単には買い足さない。
本当に使うのか?同じような物持ってないか?きちんと自問自答してから買う。
もし、もらい物で自分の希望でなく家に入ってきたならば、バザーやフリーマーケットやオークションでいくらでも、使ってくれる人のもとへ旅立たせることができるし、その方が使われずにいつまでもしまわれるよりも、物たちは喜ぶはず。

「まだ使えるのに捨てるなんて、もったいない・・・」何回言われても。。。
結局使わない物に囲まれる生活ほどもったいないことはない。と確信しました。

こちらのブログでもいつも同じようなことを書かれていて共感していましたが、
このたび義母宅とゴミステーションとの数えきれない往復で、ますますこのような思いが膨れ上がり。
でも、どこへも誰へも言えず、この場を借りて主張してしまいましたことを
お許しください。
嫁 | 2014.05.24 01:07 | 編集
嫁さまへ

はじめまして、こんばんは。

お義母様と同居されるにあたって、
荷物の整理をされたのですね。
おっしゃるとおり・・・「本当に捨てる大切さと
簡単に買ってしまわない心の強さをもつ大切さ」・・同感です。

確かに捨てることにもったいなさを感じるのに、
なぜに使わぬことにもったいなさを感じないのか・・。
私も以前モノが捨てられず、処分してそのことに気づきました。
お義母様のまだ使えるのに・・というお気持ち、
モノが捨てられない人はよく言われますよね。
結局、モノの始末を自分でできなくなって、
誰かの手を借りなければならなくなる・・・、
だから元気なうちに整理をした方がよいと思っています。

お義母様のおうちとゴミステーションとの往復、
本当に大変なことだと思います。
手にいれるときは簡単でも、捨てるときの労力は
計り知れないですね。
どうぞ、お義母様とこれからの生活、
気持ちよくしたいものですね。
お疲れをだされぬようになさってくださいね。

こちらこそ、私のブログにお立ち寄りくださって、
コメントをくださりありがとうございます。
またこれからも何かありましたら、
コメントくだされば・・と思います。


ココリン | 2014.05.24 22:31 | 編集
秘伝豆、私も知りませんでした。
買ってみたいな、食べたいな。
私も時々、お豆さんを水に一晩浸して翌朝煮るときがあります。
ふっくら煮えるとうれしい^^
今は白花豆とうすい豆がタッパに。

ココリンさんの秘伝豆のおいしそうなこと。
ふっくら艶子ですね♪

嫁様のコメントを拝読して姑様宅とゴミステーションの往復の様子が、将来の自分に重なるようでした。
どの部屋も物がいっぱいで散らかっているあの家を片付けるは自分なのか・・・

大きなご決心をなさいましたね。
これからの生活に心労が積もらぬことをお祈り致します。
この場でコメント失礼致しました。
ケストナー | 2014.05.26 16:40 | 編集
ケストナーさんへ

うすい豆ってうすいえんどうですよね。
実家にいた時は、グリーンピースご飯ではなく、
豆ご飯といえばうすいえんどうを使ったものでした。
お豆さんって今までは味付けしたりするイメージが
ありましたが、そのままでもおいしくいただけるんですよね~。
艶子さんですか!? 嬉しいですw

嫁様のコメントを読んでくださったのですね。
本当に人事ではない話・・・我が家もだいぶましになったとはいえ、
直面している問題です。
もったいないという意味、あらためて考えました。
本当にこれらの片付けをすることで、
心労が積もらぬことを願うばかりです。

ケストナーさん、コメントくださって、
ありがとうございました<(_ _)>

ココリン | 2014.05.26 21:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top