07.29
Tue
制菌・制汗・消臭という効果を持った
ミョウバン水を使っています。
水に溶かすと弱酸性になるので、
アルカリ性のニオイのものに効果あり。
雑菌の繁殖を抑える働きがあるそうです。


IMG_20140728-001-3507.jpg

ミョウバンの水原液の作り方

1.5リットルの水
焼ミョウバン 50グラム
ペットボトルにいれて溶かすのですが、
ご覧のようにつくりたては白濁しています。
すぐには溶けないので、3日ほど放置。
すぐ透明になったようにみえますが、底に沈殿しているので、
しっかり溶かします。

ミョウバンの結晶が溶けて透明な液体になったら出来上がり。
冷暗所に保管。

IMG_20140728-002-3555.jpg


こちらがミョウバン水原液。

お洗濯の最終すすぎの時に、
100CCほど(多めにいれても問題なし)投入。

これをするようになって、心なしか、
生乾き臭がなくなった気がします。

それと汗臭さが気にならなくなったかなぁ。


ミョウバンは漬物の変色防止やあく抜きに利用したりするだけでなく、
制汗作用や収れん作用があるということで、
薄めて肌にスプレーしても使えます。
汗が抑えられると雑菌も増えない、、ニオイも抑えられると
いったところでしょうか。


上記で作ったミョウバン水原液を10倍に薄めて、
消臭剤スプレーとして使えます。
制汗スプレーとして使う場合は、
水100mlでミョウバン10mlの割合で薄めて、
肌の調子を見ながら加減しながら。
薄めたミョウバン水は冷蔵庫で保管します。
多めに作らず少なめに作ってはやめに使い切ります。

IMG_20140728-003-3972.jpg

焼きミョウバン、安くて手にはいるので、
デオドラントスプレーよりお得です^^






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
コメント
みょうばん、ナスの色止め以外にそんな使いみちがあるんですね。
うちのダンナの洗濯物も時々???と思うことがあるので
みょうばん水、作ってみたいです。
いいこと教えてもらいました。ありがとうございます。
ぎゅうすけ** | 2014.07.29 22:18 | 編集
ぎゅうすけさんへ

そうなんですよ~。
この時期のお助けアイテムに
なっています。
濃度が濃いとピリピリする場合が
あるので肌にスプレーする時は様子みながら・・。
足のニオイも軽減しますよ^^
ココリン | 2014.07.29 23:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top