11.01
Sat
以前に「器の話」に登場した、
結婚前に気に入って買った器たち。
マグカップもあったのですが、取手が割れたので、
私の手元に残ったものはこちらだけ。大切に使っています。

IMG_20141101-001-8028.jpg

右の茶碗は、丼でもなくごはん茶碗より大きめのもの。
ごはん茶碗は、手前の湯のみとお揃いの
赤いものなのですが、実家に残し帰省時に使っていました。
実は、実家の母から電話で、
リフォームするのにどけておいた食器を、
間違ってなのか、意図的なのかわかりませんが、
兄に処分されてしまったとのこと。
(母は気に入っていたものだということを知っていたので、
どけておいてくれていました。)

私が片付けを全てするわけでないので、
そうなるだろうな・・まぁ予想どうりというか。。
先日のお箸の時に一緒に持ち帰れば良かったのですが、
お茶碗だけは置いてきました。これを残すことで、
「また帰って実家でごはんを食べる」
そんな思いを馳せたというか・・・。

電話の向こうの母は、何度もごめんねと。
母のすまなさそうな顔が浮かんできました。
気遣う母をよそに、私はなんともないよ。

この作家さんのはもう手にはいらないので、
心が淋しくないといえば嘘になりますが、

モノですから。

いつか割れたりするものですし、
愛着はありますが、たくさん使いましたし、
執着はありません。

以前の私なら、きっと怒りがこみ上げて、
恨み事のひとつやふたつ言い、
母にあたってしまったかもしれません。

IMG_20141101-002-8041.jpg


意外なほどあっさりしている自分がそこにいました。

どんなに好きなものでも、
どんなに思い入れがあっても、
どんなに丁寧に使っていても、

モノですから。

新しく買うにも、同じものはなく、
代わりはありません。
でも、不思議とあきらめがつくというか、
たくさん使わせてもらったという思いでいっぱいだからか、
諦めきれないということもありません。

形あるもの、いつか壊れるから。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
コメント
ココリンさん、ご無沙汰しています。

大切なお茶碗、処分されてしまったのですね。そのものもさることながら、お兄様に意図的に捨てられたのではないかという思いまでも加わって、いろんな意味で形あるものがなくなることに直面されているでしょうか。

阪神大震災で食器の大半を破片にしてしまった時、もうモノなんて持ちたくないと実母と誓ったのに。
今ごろガンで死にかけている80すぎのじいさんとの二人暮らし、きっと汚屋敷まっしぐらなんだろうなと思ったり。
私はココリンさんとは異なり、そんな想像をしつつもまるごと実家との関わりを断ちましたから、事情は違いますが…

自分の心のなかは、好きにできる、それを大事にしていけたらと最近つくづく感じています。

また、お邪魔しますね♪
cocue-cocue | 2014.11.01 14:59 | 編集
cocue-cocueさん、お久しぶりです。
こんにちは。

リフォームにあたって残すものを母なりに
決めていたものがあったのです。その中に私のお茶碗も
いれてくれていたようで。。母の気持ちをを
半ば無視した形になったようですが、仕方ないことだと思うようにしています。

cocue-cocueさんのご両親様、捨てられなくなっちゃったんでしょうね。
うちの実家もリフォームがなければ、たまりまくっていると思います。
片付けながら思いました。

自分たちの暮らしを大事にしていけたら、、それはおんなじ思いですよ^^

季節の変わり目、どうぞ体調を崩されませぬように。。

ココリン | 2014.11.01 15:36 | 編集
実家に置いてある各自のものって、難しいですよね。
私も家を出るとき、たくさん本を置いたままだったし
今も兄のものがいろいろあります。

お茶碗がなくなってしまったのは悲しいけど、
自分の中であきらめがつけられたの、よかったですね。
ぎゅうすけ** | 2014.11.01 22:51 | 編集
ぎゅうすけ**さん、こんばんは。

実家というブラックホールがあるが故、
とりあえず置いておきましょっ的な(笑)
いつか、と思っていると、
あっというまになんとかしないといけない時が
やってくる・・今回そう思いました。
本も全てなくなっちゃいましたが、
自分でなんとかしなかったのも悪いと諦め、
お茶碗も然り。
結局自分のものは自分で始末を
つけんといかんのよね。
ココリン | 2014.11.02 00:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top