11.26
Wed

持ちものを少なくしてから、
モノを買う時に、欲しいと思ったらまずは検討。
本当に必要かどうなのかを考えるようになりました。



IMG_20141126-8740.jpg


欲しくて手にいれたものが手放せないという「捨てられない暮らし」、
使わない、仕舞ったままの「捨てない暮らし」からシフトして、
不要なものを手放す「捨てる暮らし」に。
そして、好きなもの、必要なもの、使いたいもの、使うもの、を持って
「捨てなくても良い暮らし」ができればいいなと思いました。
でも、できるだけ長く持つつもりであっても、
壊れたら買い替えるし、自分にとって不要となれば
譲ったり処分したり、モノを循環させる暮らしが心地良い。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
コメント
今、ものすごく気になっていて使い切る自信のあるモノがあります。が、同じ用途の使いかけがあって・・。今月いっぱい使って替えようかと思います。甘々ですが、以前はパッパッと買ってたんですよなのだ、少し進歩では?
みささ | 2014.11.26 09:26 | 編集
ココリンさんの写真、文章、何より視点が大好きで時々、お邪魔させてもらっています。
ただ、ご自身の考えなどを書かれている時は遠慮なさってか、とても小さいフォントを使われているので、目がシバシバして辛いです(笑)。
個人的な主張等は控えめに…ということなんだと思いますが、「これからの暮らし」ファンとしては(そして「そいういう年齢の読者としては」)ぜひぜひ普通の大きさで…なんて思ったりしています。
だってココリンさんのブログで、ココリンさんの考えですもの!
これからも素敵な写真、文章を楽しみにしています。


ぽん太 | 2014.11.26 14:02 | 編集
みさささん、こんばんは。

使い切る自信のあるモノ・・ってなんだろーって気になりました^^
使いきって替えるのいいですね♪
進歩進歩です~(*^^*)
きっと買い替えた時の気持ちも違っているかも。
ココリン | 2014.11.26 17:58 | 編集
ぽん太さん、こんばんは。

そうおっしゃってくださると、
飛び上がりそうに嬉しくなっちゃいます。
あ、、お気付きでしたか・・。
なんとなく、、なんとなくなのですが、
小さな声でつぶやく話をコソっと(コソっとといっても
ブログに書いたらコソっとでもないですよね)
確かに、見づらいですね。ごめんなさいです。
これからは普通のフォントで・・時々小さなのが
でるかもしれませんが^^; できるだけそうしたいと思います。
おっしゃってくださってありがとうございます。
自分では気づきませんからありがたいです。
これからも拙いブログですが、またコメントくださると、
嬉しいです。よろしくお願いします<(_ _)>

ココリン | 2014.11.26 18:04 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2014.11.26 19:20 | 編集
鍵コメさん、こんばんは。

溜めて捨てないのじゃなく、
捨てるものがないように・・捨てなくても良い暮らしが
できればいいなと。
鍵コメさんもお父様がお亡くなりになられた時に
片付けにうんざりされたのですね。
うんざりでなく、これだけしかないのか・・・ぐらいが
意外と丁度良かったりして。
子供さんに何か残せるもの・・というのは親心ですね。
大切に使ってもらえるものを残せることができればいいですね。

銀杏並木、気分転換になって良かったです。
こんなもんでよければ・・・。
またお越しくだされば・・と思います<(_ _)>
ココリン | 2014.11.26 20:42 | 編集
ココリンさん こんばんは。

いつもココリンさんの深いお言葉に頷いています。
最近は検討して物を買うようになりましたが まだまだです^^;
「捨てなくても良い暮らし」良い言葉ですね。
私にとって最終目的です^^

そして 優しい綺麗な写真に癒されてます(^-^)
いつもありがとうございます。



usa | 2014.11.26 23:24 | 編集
私はココリンさんのブログを拝読するようになって、モノとのつきあい方を考え始めました。
まだまだ修行中なので、お恥ずかしい状態ですが意識はもって暮らしたいと思っています。

引っ越しもあるのでリセットするよい機会。
終の棲家に連れてゆくものたちの事をこの秋から思案しています。

捨てなくても良い暮らし。
本当にそのとおりですね。
ケストナー | 2014.11.27 15:43 | 編集
usaさん、こんばんは。

そう言ってくださると、
とても嬉しいです。
usaさんはいつもすっきりした暮らしを
実践されているので、すでに捨てなくてもいい暮らしなのでは?
手に入れる時より捨てるときの方が大変ですよね・・。
ココリン | 2014.11.27 21:57 | 編集
ケストナーさん、こんばんは。

私も数年前にモノとのつきあいかたを改めました。

ケストナーさんはお引っ越しで
選別しやすいでしょうね。
連れていきたいもの、そうでないもの、
ゆっくり考えて新居でお迎えしてくださいね。
捨てなくても良い暮らし、
ゆるりとしていきたいものですねー。
ココリン | 2014.11.27 22:15 | 編集
断捨離ブログだったはずなのに、最近どっさり寝具や古着、書籍を捨てたことを更新していませんでした(^-^)ゝ゛

モノってなんのためにあるんだろうと考えたとき、自分の暮らしをプラスにするため以外の目的はないんじゃないかと。

そう考えたとき、使えるとか、もらったからとか、そういうモノ自体の状態で判断するのはナンセンスだと感じまして。

ココリンさんご案内の通り、私は親が寄越したモノを目にすることで逆に罪悪感(捨てるなんて許すもんか、とか、買ってやったのに、とか)をあおられてしまうので、情念もろとも封印して手放すことで、妙に晴れ晴れした気分になるのです!

ココリンさんの域には全くたどり着きませんが、いつも勉強になります。
更新楽しみにしています。
cocue-cocue | 2014.11.30 13:23 | 編集
cocue-cocueさんへ

こんがんは。

cocue-cocueさんの最近の決意、私もちょこっと始めてみたんです。
意思が弱いので続くかなーと心配ですが^^;

そうなんですよね。断捨離でよく言われているとおり、
モノ軸でなく自分軸が大事なのだと思います。
親の気持ちも時にはありがたいを通り越して・・っていうとき、
ありますしね・・。だれの暮らしでもなく自分たちの暮らしだと思うと、
そこはお気持ちだけいただいて、要らないものは要らないというのも
ありだと思うんですよね。
親からしたら薄情な娘って思われてるかもしれないけれど(笑)

コメントありがとうございます。
cocue-cocueさんの更新も楽しみにしています。
ココリン | 2014.11.30 18:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top