01.30
Sat

検索で煮洗いの記事でに辿ってきてくださる方が
結構いらっしゃるので、改めて最近の煮洗い事情を。


IMG_20160130-0218.jpg


煮洗いもアバウトにやっております。
石けんを入れずにネルドリップは湯だけの煮洗いだったり。
タオルの煮洗いなんて酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を
入れているのにグツグツ煮たりしたこともありました。
酸素系漂白剤の効果が1番発揮できるのは、
50℃なので、火にかけて石けんを入れ、
漂白剤をいれて泡だったら火をとめて、
冷めるまで放置。このスタイルが1番多かったり。
もしくは時間に余裕があれば、
石けんのみだけいれてグツグツ20分くらい煮る。
まぁ、適当、適当。

でも以前、煮洗いに過炭酸ナトリウムを加えても、
特別な漂白効果は期待できない。
炭酸塩入りの石鹸を高温で使うと、
洗浄力が高まるので漂白剤の助けはほとんど必要ない。
なので石けんのみでの煮洗いという記述を見て、
我が家の石けんは炭酸塩が入っていないのですが、
石けんのみでの煮洗いが多くなったかも。
その時の気分で放置スタイルをしたり。
でもふだん漂白メインの時は、煮洗いではなく、
ボウルで漬け置きすることが多く。

臭いとかくすみがでたタオルやTシャツは、
ダントツ煮洗いが効果を発揮。
ふだんお洗濯していても、
どんより臭う、とか-
夫の男臭さい(笑)臭いとか-
煮洗いするとやっぱりすっきりします。
ふきんもふだん、使用後石けんで洗っていますが、
殺菌する意味でも煮洗いは欠かせない。
洗ってきれいなはずでも、煮洗いすると、
繊維の奥に詰まった汚れがでるのか、
水の汚れをみるのも、
「うわ~汚れとるなぁ」などと思いながら、
煮洗いの時間も楽しかったりもします。

義務感でするより、
心と時間に余裕があって、
「煮洗いでもするか~」ってな気持ちで、
した方が精神衛生上よろしい、なんて思います。
同じするなら、楽しくする方がいいもんね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 2
コメント
こんにちは。

煮洗い、心まで洗われるようで気持ちが良いですよね。
できるものなら、ドラム缶でジーンズなんかも洗っちゃいたいくらい。
うちはあまり大きな耐火容器を持っていないので、
煮洗いは、大きめのボウルを使って夏物の薄手のシャツが限界です。
HASU*さんの写真に映っている入れ物、大きくて使いやすそうですね。
野田琺瑯の洗い桶でしょうか?白くて見た目も素敵です~♪

酸素系漂白剤を入れてのグツグツ煮洗い、
私も最初の頃はよくやっていました。
使っていくうちに50℃で浸けおきが良いのだと知りましたが、
今考えたらちょっと危ないことをしていたなぁと反省です(^^;)
Riko | 2016.02.01 10:08 | 編集
Rikoさんへ

煮洗い、ほーんと心まで洗われるようで
気持ちがいいですよね^^
ふふふ、写真の鍋はフライパンなの。
以前使っていたものを捨てようかと思ったのですが、
平たくて五徳の煮洗いにも丁度良いサイズだったので、
捨てずに煮洗い用に使っているんです。
ふきんの煮洗いも色々やり方があったりしますよね。
色々やってみてたどり着くってことでしょうか(*^^*)
HASU* | 2016.02.01 18:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top