04.16
Sat


こんな時に不謹慎かもしれませんが-

大きな地震や災害があると、
ふだんの暮らしの有り難みがわかります。
昨日まで、いや、さっきまで
何事も無かったのに、一瞬にして状況が変わってしまう。
ご飯を食べたり、ゆっくりお風呂につかったり、
布団に入って寝たり-
ふだんの暮らしのなかの小さな幸せ。
なにもないときは、意識することも少なく、
ただ惰性に暮らしている。
けれど大きな災害があると、
そのなにげない暮らしのありがたさに気づきます。
5年前の大震災の時にも、
そう思ったはずなのに、
喉元すぎればなんとやらで、
意識することが薄れてきたような。
あらためて-
ふだんの暮らしができるということの意味、
胸にしっかり刻んでおきたい。

+

一日でも早く、被災地の方々の笑顔が
見られるよう、お祈りいたします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top