05.27
Fri
 
ユキノシタ

小さな花ですが、上部3枚の花びらに、
絵筆で描いたように紅色と黄色の斑点があって、
下部にビュンとのびた2枚。可愛いです。
                                                                              
IMG_20160527-001-3996.jpg

                                                                                
昨日の朝の連ドラの話し-

常子の妹の美子の筆入れが、
姉たちのお古を使っているのを知った祖母が、
はぎれで作った飾りを筆入れにつけてくれて、
姉のお古の筆入れが自分だけの筆入れになったと喜んだ妹。

このシーンは伏線だったのですね。

それは-                               
常子の学校の先生が、
百貨店の包装紙を本のカバーにしていていました。
それに気づいた常子たち。
カバーに切り絵が貼られていました。
昭和12年頃だと、きっと紙も貴重なものだったかもしれません。
先生は、「きれいな包装紙をいただいた時は、
工夫して本のカバーにしているの。私のささやかな心がけです。
ささやかですが、こうした心がけが小さな幸せを生むと思っています。
そんな瞬間を大事にしていく人でありたいと」と言います。

それを聞き感銘を受けた常子。
ささやかな心がけ-

昔からそういう感じ方を大事にしてきたけれど、
なんて言葉にしていいのかわからなくてと話す常子。
そして祖母がつけてくれた飾りの筆入れに喜んだ妹のことを
生き生きと話す常子。

常子はささやかな心がけを大切にし、
小さな幸せを見いだせるような人になりたいと。


IMG_20160527-002-3997.jpg

常子じゃないですが、
琴線に触れた言葉でした。
ふだんの心の持ち方次第で、
ときめくこともたくさんあるということ。

15分のドラマの中で、
忘れかかっていたことを掘り起こしてくれる、
そんなことがこのドラマの中で時折あります。
足元の幸せに気づかず、遠くを見てばかりではなく、
暮らしのなかで見落としがちのちっちゃな幸せ、
気づいていきたいなと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 8
コメント
HASU*さん
ウレシイ。

私も
先生のこの言葉に朝からず~んと来たの。

>>私のささやかな心がけです。
  ささやかですが、
  こうした心がけが小さな幸せを生むと思っています

そう感じられる感性。
ここで大きなヒントを常子はもらいましたね。

本のカバーの切り絵 
なんて可愛いんでしょう。
モノがないあの時代に創意工夫がホントに素敵です。

見落としがあるので
2回目はセットなどバックをみていますよ(笑





mogyo | 2016.05.27 00:54 | 編集
私の心にも大きく響きましたよ。
小さなことも丁寧に行う
心がけは幸せを生むのですね。
こうして常子の志は暮らしの手帖創刊に注がれていく・・・

そして、教師は若い人達に『種を蒔く』人なのだと改めて思いました。
人を育てることは学科の勉強はもちろんですが、もっと深いものがあることを感じます。

HASUさんも私も今日という日の幸せを見つけて眠りに落ちましょうね。
きこ | 2016.05.27 15:25 | 編集
mogyoさんへ

mogyoさんもご覧になって、
この言葉、心に響かれましたか。
ささやかな心がけ。
なんだか胸にギュンときました~。

あの花の切り絵、お気づきになられました~?
包装紙に貼って楽しんでいる時代。
百貨店の包装紙にプラスアルファ。
なーんか素敵ですよね。

このドラマ、セリフや小道具、
見逃せないものばかりで、
画面にじっと張り付きながらみています(笑)

HASU* | 2016.05.27 16:49 | 編集
きこさんへ

きこさんの心にも大きく響きましたか。
常子の感性はどんどん磨かれ、
暮らしの手帖に生かされていくのかなーなんて
思いました。

きこさんの「種を蒔く」人という言葉にも、
気づきを頂きました。
教師の教えを種を蒔く人と表現されたきこさんらしいというか、
いつも語彙、表現の豊富さに感心いたします。

日々の愚痴をつい口にしてしまいますが、
きこさんのおっしゃるろおり、今日という日の
幸せをみつけて1日を終わりたいと思います。
HASU* | 2016.05.27 16:55 | 編集
わ、私もこのシーンにハッとしました♪
あの当時にしたらなかなか個性的と思われる先生の
乙女チックな一面が垣間見えて、しかも
素敵な包装紙を無駄にせず生かす、
「ささやかな心がけ」いい言葉だな、と思いました。

神は小さきところに宿る、というけれど
幸せも小さいところに宿るのかも。
ぎゅうすけ** | 2016.05.27 21:27 | 編集
ぎゅうちゃんへ

ぎゅうちゃんもこのシーンに惹きつけられましたか。
ね、ふだんは全然乙女な感じがしない先生の、
包装紙にお花、ちょっとした工夫だよね。
私は包装紙、よほど気に入ったもの以外は
処分しているので、ちょっとチクっとしたのだけれど、
カバーとしてまた使うということでは、
死蔵品になっていないなぁ~と別の視点で感じてしまった^^;
でも、本当にムダにしない暮らし方だよね。

ぎゅうちゃんの最後の言葉も、
ググっと心に響きました。
幸せも小さなところにも宿る・・
心にとどめておきたいです。

HASU* | 2016.05.27 21:40 | 編集
HASU*さん こんばんわ☆

実は私も この連ドラの話を記事に
しようと思っていました。
ドラマはパンチの効くものでないけれど穏やかな雰囲気のシーンが
幾つも出てきて毎朝 楽しみに観ています。
いそいでメモをした言葉
「ささやかな心がけ」と
「小さな幸せを みいだせる人」
とても心に残りました。
HASU*さんのおっしゃるとおり
忘れかかっていたことを掘り起こしてくれる 
そんな優しい気持ちになれそうです。
おばあさまが作った可愛い筆入れや
百貨店の包装紙で作ったブックカバーも
優しさがいっぱい詰まって素敵でしたね(^-^)
うさ | 2016.05.28 23:57 | 編集
うささんへ

こんばんは。

うささんもご覧になっていらっしゃるのですね。
おっしゃるとおりですね、
ドキドキ、ハラハラなドラマではないですが、
私も楽しみにしています。

小さな幸せをみいだせる人、
なーんかいいですよね。
このドラマを見ていると、
ほっとできる時間かなぁと感じます。
ついつい忘れがちなことがセリフとなって、
心に響いてきます。また今週からも聞き逃さず、
見ていきたいなと思っています。

HASU* | 2016.05.29 21:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top