06.30
Thu
                                                            
本日2度めの更新、お花シリーズです。

色褪せした紫陽花、小町。

IMG_20160630-001-4863.jpg



艶やかな色の紫陽花も見応えがありますが、
色素が抜けてきた装飾花も趣があります。

IMG_20160630-002-4865.jpg



見頃が過ぎた紫陽花の前には、
人だかりも少なく、のんびり撮れるのも好きです。

IMG_20160630-003-4866.jpg



色褪せてもまだまだ美しいです。

黒髪が白髪になっても別の魅力があるのと同じ。
人間と同じかな・・って思っちゃいます。

IMG_20160630-004-4867.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
コメント
夏はお休みする園芸店があるんですけどね
そこは 休み前に大特価セールをするんです。
そこで とうとうアジサイの苗買いましたよ(笑)
種類不明!ガクアジサイと思われます。
うまく育つといいのですけどね(*'▽'*)

HASU*さんのブログ効果(笑)
どんぐりん | 2016.06.30 20:23 | 編集
どんぐりんさんへ

お~、休み前に大特価セールですか!
で、ガクアジサイをお迎えされたのですね♪
うわ~楽しみですね。
どうぞ、どうぞ、元気で育つといいですね。
またブログでのアップ、楽しみにしていますよ~(*^^*)
なんか、嬉しいな、嬉しいです!

HASU* | 2016.06.30 21:42 | 編集
HASU*さん

↑の詩
ご紹介ありがとうございます。

まさに その通りと思うのです。

自分がどんどん歳を経てきてわかったことは

きっとだんだんと 
覚悟をしていく・・ことだとおもいます。

突然 老人になったわけではなく
誰にもあった子供時代・青春時代・・

自分の母のベッドには
お花と若き日の母の写真を飾ってあげていました。

本当に美しい人でしたの。(私は父似・汗)




mogyo | 2016.07.01 10:54 | 編集
こんにちは~~^^
いつもコメント滞りがちでごめんなさい><
小町、かわいいですね。私も先日紫陽花を撮ってみたけど、
HASUさんみたいにはきれいに撮れなかった~(;´ω`)

↑の記事、最近NHKスペシャルで「人生の終い方」というテーマがやっていて、老いるということ・・・すごく考えさせられました。
昔は大きな存在だった両親ですが、だんだんと小さく見えてきて・・・それがどうしようもなく切なくなってしまいます。
いつかは訪れる終わりを考えると、不安な気持ちが浮かんでしまうのですが、そのことばかり考えて時間を過ごすのも何だかなあと思ってしまい悩みます^^;
私の場合、大学進学から結婚して今に至るまで、ずっと実家を出ているので、会えるのはお盆やお正月だけ。限りある時間の中で、少しでも顔見に行って、楽しい時間を過ごしたいなぁ~と思ってます。
素晴らしい詩ですね。じんわりしました。
親孝行しているつもりでも、きっと親心にはかなわないんだろうな、と実感します。
ひよこまめ | 2016.07.01 13:00 | 編集
mogyoさんへ

こんばんは。

mogyoさんの言われるとおり、
突然老人になるってことは決してなく、
順番に年をとっていく。
若い頃は遠い遠い未来の話し、
全く想像つかない先のことが、
少しずつ少しずつ、近づいてくるんですよね。

お母様のベッドに、お花と写真ですか。
きっとmogyoさんがしてくれたこと、
嬉しく思っておいでだったことと思います。
私も父似です^^;




HASU* | 2016.07.01 20:15 | 編集
ひよこまめさんへ

こんばんは。

ひよこまめさんは今時間があれば、
休息しておかないと‥‥体がまいってしまいますよ^^
どうぞお気遣いなくですよ。

そんな番組があったのですね。
老いなんて・・って思っていても、
間違いなく自分にもかかってくる問題ですしね。
昨今は高齢化社会だから色々な問題もありますしね。
ひよこまめさんは、大学進学の時にご実家を出られているのですね。
なら、季節ごとに時間があれば元気なお顔を見せにって
思われますよね。きっとご両親も楽しみにされていると思います。
時間がなければ声だけでも・・そんなちょっとしたことでも、
喜ぶんじゃないかな、って思ったりもします。
HASU* | 2016.07.01 20:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top