07.22
Fri

                                  
ie.jpg


知人が親の家を片付けるという。
亡くなってからの片付けではなく、
足が弱って躓くことが多くなったということで、
溢れんばかりの荷物の整理を兼ねて、
この際、思い切って片付けようということらしい。


躓く原因のひとつ、所狭しと置かれた使ってもいない
モノがあまりに多すぎて、
危ないということを説き伏せたらしい。
しかしながら、お母様はこの世代にありがちな、
モノを捨てることにかなり抵抗があるようで。
以前にも片付けについては話しをしたらしいのだけど、
お話にならず決裂。挙句、「自分が死んだら処分して」と。
自分の目が黒いうちは、捨てさせない勢いだったそうです。
で、その時は諦めた経緯があったようで。

自分の死後、おそらく処分されるであろうと思っていても、
生きている間は、処分されたくない気持ちが強いのでしょう。
その気持ちもわからなくはないのですが、
残された家族にとって、モノの処分はタダではできません。
一緒に寄り添って少しずつ、片付けができたらなって思うから、
今なんだ、と。そのことも少しわかってくれたらなって、
知人も思ったそうです。


ie.jpg



片付けを一緒にし出すと必ずといっていいほど出てくる言葉は、
壊れていないのになぜ捨てるのか?モッタイナイ。
まだまだ使えるのに。です。

じゃなぜ使わなかったの?って話しなんです。

もちろん、今まだ使っているものがあるから、
使う出番まちということで仕舞っておいたってこともあるでしょう。
そういうのが積み重なった結果ともいえますが、
どこかに使うのがモッタイナイって気持ちもあるのではないかと。
ちょっと気に入っていて、普段使いにはもったいない、とか。
お客さんが来た時使おうかとか。
そんな思いもあったのではないのかなって思ったりもします。

それと、すっかりその存在を忘れていたということ。
だから片付けの時に発見して、まだ使える、という発想になる。
でもモノを持ってあの世へは行けないです。

だんだん年をとってきて、行動範囲が狭まったり、
暮らし方だって変わってきたりすると思うのです。
ハレの日に着る服と思って、大事に箪笥に仕舞っていても、
着られなくなっちゃうときだってくるかもしれない。
空き箱や包装紙の類だってそう。
子や孫がいて、工作などに使うかもしれないから、
老婆心でとっておくのもわかります。
子や孫の成長とともに、それらもだんだん必要なくなってきます。
ずっと同じ生活スタイルじゃないということを自覚していないと、
いままでずっとしてきたから、だとか、いつかまた使えるから、
という理由で置き続けると増える一方。


ie.jpg


まぁ、ぶっちゃけ-
本人が片付けたくないなら片付けなくて、
放っておいたらいいのかもしれません。
家が広くて置き場所があって危険が伴わないなら、
一部屋に詰め込んで置いていればいいのかもしれません。
使わないものであってもモノに囲まれているのが
幸せならそれでいいのかもしれません。
ひとつのものを取り出すのに、
すぐに出せなくてあれこれ探しまわるのも、
苦にならないのならそれはそれでいいのかもしれません。
親を心配する子の気持ちさえも、
好ましく思わない場合だってあるかもしれません。
放っておいてよ~、自由にさせてよ~って
思っているかもしれません。
また、心の中では感謝していても、
やっぱり私のモノ、今は処分できないって思っているかも。

子だって親の頑固さにほとほと呆れて、
もう片付けはしないと思う場合もあるかもしれません。
親の意向を組んで、親が亡くなるまでこのままの状態に
しておこうと思うかもしれません。

快適に暮らす基準もそれぞれで、
親子で微妙なかなり温度差があって、
片付けようとする子との間でせめぎあいがでてきます。


ie.jpg


ただ、片付ける時に気をつけたいこと-

決して強制的に勝手に捨てない。
そして、親が使っているものを買い替える時など、
替えのきくものときかないものがあるということ。
コンパクトな方がよいかもと思い買い替えする場合など。
ずっと愛用しているものを真新しいものに替えてもダメな時があるということ。
若ければ、新しくなったものでもすんなり使えても、
年をとってくると使えないこともでてきます。
機械ものはとくに自分が使っていたものはクセがあって、
使っていた人が使いやすいようになっていたりするものです。
なので新しくしたから良いというものでもないこともあります。
よかれと思ってしたことでも、それがアダになる時も。

ie.jpg


だけれど、この先、どれだけ自分が使いきれるものかどうか-
引き出物のお茶碗やお祝い返しのタオルやシーツ、
ずっとずっと寝かせたままいつ使うの?
新品であっても色褪せてきたりします。
ならどんどん使いましょうよ~。
ストックは数枚でもいいじゃないですか。
いつか使うかも・・って言っても、
そのいつか、は永遠のものではないのだから。

おうちの整理や片付けをしていて、
自分(子)が昔贈ったモノが手つかずで、
(大事にしすぎたあまりだと思われますが)
片付けの時にでてきたら、悲しいしがっかりします。
それよりも、遺品整理などで、たとえ使い古したものでも、
親が愛用していたモノなら、
「大切に使ってきたものなんだ」と
譲り受けても大事にしたいと思うのだけど。

年をとっての片付けは、決して人ごとではなく。
自分自身で自分のモノとの決着をつけられるように、
心構えはしておきたいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 14
コメント
里の親の家の片づけ
数年前にやったのです
父より 母が後に残って
母に 一度聞いたことがあります
広い家に一人住まいで
どうなってるの?
母 曰く
まあまあよ あんたらが(3人で)好きなようにしてよ
さ~て 母の49日が済んで さあ お片づけ
義妹2人と姉の私
私が全て引っ張り出して 自分が必要と思う物 いる いらないで やりましょう
次々と出して片づけました
昔の人ですから
もったいない こんど使おう 誰かにあげよう
3人で 私がいる 私いらないよ
色々とありました 出ました 母の結婚以来の物です
最後は全部 大箱に入れて バザーなり 捨てるなり
広い家の中は ぽっかり穴が開いたようでした
あー終わった
母は押入の隅々まで綺麗にして 品物は全て箱に入れて
ほとんど ゴミもほこりもありませんでした
今 我が家も いつどうなるか?
母のようにはならないと思います
どうしましょう?
ヒロちゃん7 | 2016.07.22 10:05 | 編集
こんにちは!
この問題、オヤカタ問題っていうんですね~~!
初めて知りました(*゚o゚*)
先日のブログにも書きましたが、私の実家にも使っていないものが色々あるんですよ~

うんうん、世代的にも物が溢れた時代じゃなかったからでしょうね、あるに越したことはない、という感じですよね^^;
以前テレビの特集でも見たのですが、体力的にも衰えてきているのが腰を重くさせている一因みたいですね。

子どもも巣立って明らかにライフスタイルが変わっているんだし、今の生活にあった物だけを残した方が過ごしやすくないかな?なんて思ったりもして。
と言いながらも、足の踏み場もない、とか、衛生面に問題あり、とかじゃなければ、そこまで子どもが介入しすぎても、、、というところがあって難しいです( ̄ω ̄;)

オススメの方法としては「これ、使わないならちょうだい~」ともらっちゃうことだそうです(笑)使い道があれば、親も納得してお別れできるんでしょうね^^
ひよこまめ | 2016.07.22 12:31 | 編集
旦那の両親が亡くなり空き家になって12年 生前のままです。ただ人が住んでないので ホコリがつもりくちていくばかり。庭も先日のブログの状況です。親のもの自分の荷物を持ち帰りたい義妹に いるものは持ってってとお願いしてはや二年半。持って帰るにしても 自分(義妹)の家を片付けないとはいらないとか…で未だ完了の知らせはありません。そして 肝心であるはずの旦那(長男)は寿命より早めで三年前になくなり 他人ですが嫁の私の肩にのっかってるわけですよ。あとを継ぐであろう息子たちも成人ですが まだそんな技量もない未熟物だしね(v_v) どうするんだ?って状態なんですよ。
でもね これが70とかでないのがすくいかなと思うんですが←まだ処分できる元気はある
価値観で違ってくるとは思いますが 親の使っていたものといっても 私の亡き後 息子たちからしたらいらないもんだろうなぁとか思うと いろいろ考えてしまいましてね~ 物じゃなくて気持ちとか記憶かなぁとかね
ただ この経験をふまえ言えることは
今の生活における物の吟味 ふやさないこと。そして 万が一のときは 実家(まだ母一人いますが)の処分にはくちださない。逆に後押しするきでいます。
すでに フライング気味で 自分のアルバムとかも処分したんですよ(^_^;)
奥の深い話ですよー


ちなみに 旦那実家から 冷凍の肉 ハイター多数 白髪染め多数… タオルも山ほど…でてくるでてくる 溜め込まれてましたよ
どんぐりん | 2016.07.22 13:55 | 編集
今日の記事を読みながら何度も頷きました!
そうなの、そうよねぇって。
全くそのとおりって。
老人の捨てない生活は手ごわいなぁ と実感こみ上げて・・・

さらに片付けを進めているうちに当人が認知症になってしまったりして別の深刻な問題まで持ち上がったり。
捨て時ラインがあるのかもしれません。

ご友人の件、よい流れで事を進められますように。
きこ | 2016.07.22 15:52 | 編集
こんにちは。
親と子でも価値観が違うから、難しいですね。
やはり所有者の気持ちを優先すべきと思います。

震災ボランティアの人は、どんな板きれも、ボロになったものでも、「このゴミ捨てていいですか?」と言ってはいけないそうです。
「これはとっておきますか?」とたずねるようにするそうです。
持ち主にとってはゴミではないのです。

いろいろ難しいですね。

みんと | 2016.07.22 16:05 | 編集
ヒロちゃん7さんへ

こんばんは。

ヒロちゃん7さんはすでにご経験済なのですね。
その模様を読んでいると、実家の母が祖母の家の
片付けをした時のことを私に話した内容とほぼ同じです。
亡くなった後できょうだいで、話しながら片付け。
箱にしまったまま・・というくだりを読んで、
やっぱり似たような話しが多いなと感じました。
私の実家もリフォームを機に事前に片付けをしなければならず、
やはり箱のまんまでてきました。
そういうのを見ると、もちろん使えるものは使っても、
新品なのに使えないものがでてきたり。
なので、どんどん使っていこうよって言いました。
ヒロちゃん7さんもお母様のようにはならない、ですか。
私も母のようにはならないと思います。
HASU* | 2016.07.22 17:59 | 編集
ひよこまめさんへ

こんばんは。

親の家を片付ける・・・オヤカタですね。
ひよこまめさんも記事にされてましたねー。
ご実家で使わなくなったものがたくさんあるって。
なので、お菓子づくりの型とかいただいてきたって。
昔の造りはしっかりしているから、
いただいてきて大正解ですよね。

年をとるとやっぱり片付けることが億劫になるのは、
体力的にしんどいんだと思います。
子供が巣立って、生活が変わってきて、
食器だって使う人数に合わせて減らしていけばいいのだけど、
そのまんま同じスタイルでいくからモノだけ変わらない状態なんだと。
実家ならまだしも義理がはいると介入できにくいですしね。

無理強いはできないけれど、
ひよこまめさんのおっしゃるとおり、
使うものがあればもらうというのも大ありですね。
問題は、自分も使いみちがない場合、
片付けという問題がいづれくるということを心にとめておかねば、
誰がその片付けをするの?って話しになるんですよね。
HASU* | 2016.07.22 18:07 | 編集
どんぐりんさんへ

どんぐりんさんが以前記事にされていた
旦那様のお家のお庭の掃除の大変さ、あれだけ見ても
本当に骨の折れる仕事だと思いました。
誰も住んでいないお家の管理、ご苦労なことと思います。
義妹さんの意向があるのですね。それは勝手に処分とはいきませんね。
で義妹さんも未だに片付けられない状態なのですね。
いやほんと、70とかじゃないのが絶対救いだと思います。
年をとるごとに自分が感じている以上に、気力がなくなっていくと言います。
気力があるうちじゃないと自分から片付けようって気持ちがおこらないと思います。
まして息子さんの代になってしまうと、もっと遠い存在だと思います。

そうやって親のモノを見ていると、
反面教師じゃないですが、気をつけようって思いますよね。
私は子供がいないから尚更です。

おぉ~溜め込まれたものが・・・スゴイ。
やはりたくさん買い置きしていたってことですね。
気をつけたいものです。
HASU* | 2016.07.22 18:15 | 編集
きこさんへ

この記事でコメントくださった方のを読んでいても、
モノを溜め込んでいるのがよくわかります。

そうなんです。
本人が元気なうちはまだしも、
認知症になって別の問題が持ち上がると、、と思うと、
捨て時のラインがあるのかもしれませんね。
いつか、いつかそのうちに、、って言うけれど、
150年も200年も生きるわけじゃないですから。
そこらへんを踏まえておかねばって思いますねぇ。

友人の片付けもスムーズにいければな、、って願っています。
お気遣いありがとうございます。


HASU* | 2016.07.22 18:19 | 編集
みんとさんへ

こんばんは。

確かに親子といえども価値観が違うので、
難しい、そして悩ましい問題です。

所有している親の気持ちを優先、
そうですね、震災などに限らず、ゴミ屋敷のゴミと
思われるものでさえも、勝手に処分はできないですからね。
だけど人の迷惑になってしまうようでは、
それはまた別の問題にもなってきますし。

親の片付け問題も、おうちの中が安全に心地良く暮らせるなら
良いのでしょうが、通路がなくなるほどモノが溢れていたら、
子供は心配するでしょうし、対策を講じねばならなかったりもします。
親の意のままが良いのか、子がどこまで踏み込んでよいのか、
状況によって違ってきますが・・・。




HASU* | 2016.07.22 18:28 | 編集
うん、ウチも私が死んだら捨てて、とか
「どうせあんたは捨てるんだろうけど」って、よく言うよ。

大切にしてたもの、思い入れのあるものは思い出や形見としてとっておくと思うけど、もう誰のだったからわからない
結婚式の引き出物(昔は仲人よくやったから)とか
いらんだろう!と思うもの。

もったいないのは、使わない食器ではなく、
それをしまっておくスペースや、掃除、メンテにかかる手間
のほうだと思うんだけど、なかなか難しいよね。

やっぱり、モノのない時代を経験してる世代だからかも
しれません。

ぎゅうすけ** | 2016.07.22 22:09 | 編集
ぎゅうちゃんへ


ぎゅうちゃんのところも前にも言っていたよね。
お母様も捨てられない世代だね。
確かに、思い出の品をとっておくのはともかく、
誰にもらったものさえ忘れているものなどを
置いていてもね、って思っちゃうよね。
ぎゅうちゃんのいうとおり、スペースや掃除、
本当にメンテ、管理といったことがでてくるからね。

少し柔軟になれればいいのかな~と思ったりもしますが、
世代的に難しいのかもしれないけれど・・・。
HASU* | 2016.07.22 22:49 | 編集
我が家は夫の実家が空き家になって一年。
「オヤカタ」って難しい!(初めて知った言葉でした(笑))
物のない時代に育った義母はやっぱり捨てられません。
義母。今はホームにいるので、大切で肌身離さず持っていたい
物があれば、ホームのお部屋に運んでいいよ。というのですが、「大切なものなんてない」といつも同じ返事。
大切だから捨てられないのではなく、
もったいないから捨てられない。みたいです。
金額の高かったもの。苦労して月賦で買った物。
もったいないのです。
染める前の正絹(しょうけん)の着物。
欲しい人がいればあげていいそうです。でも、
リサイクルや、捨てるのはNG。
(タンスの中で30年以上は確実に眠っていますけど・・・。)
白い絹100%の着物がしょうけんと言うのも知らなかった私。その私が欲しがる人を探すのは、こちらも疲れる・・・・。
他にも、大量の食器も好きなものを持って行っていいって
言われるけれど、欲しいものは何もないし・・・。
とにかく。家がとっても広くて収納が多いんです。
義母が亡くなった後の荷物を考えると、今のうちに。って
思うのですが、義母にとっては捨てられないものばかり
何ですよねぇ。
ちなみに。笑い話ですが・・・・。
義母は亡くなった自分の夫のものは、ちゃっちゃと捨てます。
危篤と言われていた時から捨て始めました。(笑)
え~。って感じですけど、深く考えると溜息出るので
笑い話にしてます( *´艸`)

他の方のコメ。そうそう。って思いながら読ませてもらいました~。

くろくろ | 2016.07.27 15:46 | 編集
くろくろさんへ

こんばんは。
くろくろさんのお義母様もやはり同じですね。
でもホームにはいられて、大切なモノはない、と言われるけれど、
処分はできない・・まぁこの世代特有というか・・。
そうなんですよね、欲しいものがあったらとか言われても、
好みのもの、欲しいものがあれば別だけど、
ないともらってかえっても仕方ないですしね。
収納が多いのも考えものかもしれませんね。
とはい勝手に処分できるものでもないし、
でもお義父様のものは捨てられていたのですね。
それはもう笑い話です(笑)

無理に捨てずとも置き場所があるのなら、
それはそれでそのままに・・ってことになるのでしょうけれど、
ほんとのところ、お義母様の方から、少しずつ処分をしていって、
とお声掛けくださればいいのにね。
なんて勝手なことを言ってしまいました^^;
HASU* | 2016.07.27 20:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top