08.08
Mon
  
格子の隙間からのぞく空は、青と白のコントラスがくっきり。

IMG_20160808-001-5595.jpg



夏の日差しはまぶしすぎ、
緑に吸い込まれていくような錯覚さえ覚えます。

IMG_20160808-002-5607.jpg


空を見上げると、夏の雲そのもの。
エアコンの効いた部屋から抜けだして、
暑さのなかを歩き、汗ばみながらも気持ちイイ。

IMG_20160808-003-5611.jpg


+

ブロ友さんが紹介していたコラムがとても気になりました。

***
スマホを手にしていると、視線が斜め下になるのは仕方がないけれど、
辛いことや思い悩んでいることがあるとき、
気の重さにひっぱられるようにして下を向きがち。
下を向いてばかりでも心が塞いでいくような気になっていく。
ちょっと視線をあげてみると、
いつも同じに思っていた景色が違って見えたり。
知らない景色を見たりして、小さな発見をし、
心ときめかせてくれたり。
***
コラムのタイトルは、
心を軽くする僕の習慣は「見上げること」 でした。

+

ここ最近の私は、心に不安を抱えていたこともあって、
うつむき加減に歩いていたりしていたなぁ、と。
不安な気持ちに押しつぶされそうになって、
自然と下向きになるのは心の表れ。
そんな時だからこそ、上を向いて息を吸ってみると、
少し心が軽くなれた・・そんな気がしました。
「なるようになれ」
決して投げやりな気持ちでなく、
腹が据わった-
そんな感じかもしれません。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
コメント
そうですね。
何かわかります…
最近 HASU*さんの真似して 花の写真をとるときに屈んで下から撮ってみるのですけど その時 花の向こうに空がみえて何ともいえない気持ちがおりてきます。
上をみる日があってもいいかもしれませんね(*'▽'*)
どんぐりん | 2016.08.08 09:13 | 編集
そういえば私は植物園を訪ねると上を向いて歩いていることがあります^^
あの梢に小鳥が~ とか
空のかんじ とか
木々を眺めることも多いので自然に上向きかげんが多いかも。
そうして美しいものたちに囲まれていると幸せな気持ちがひたひたと心に寄せてきます。

自然の中にいると、様々な様子を眺めたいのであちこち顔を向けている(笑い)

そうですよね・・・
うつむいていると負の気分に陥りやすい
上を向いてとぼとぼ歩く・・・って無いですものね。
きこ | 2016.08.08 13:53 | 編集
どんぐりんさんへ

うふ、真似っ子してくださって嬉しいです。
なのに私は最近、下を向いていましたねぇ^^;
なので見上げて空を見ると、
気持ちが和らぐ気持ちになりました。
HASU* | 2016.08.08 16:28 | 編集
きこさんへ

こんにちは。
そうですか、きこさんは上を向いてあるいていることが
おありなのですね。植物を見て鳥をみつけ、
自然と向き合っていらっしゃるのがよくわかります。
たしかに背の高い木々をみるのも、
上を向かなきゃ見えないですもんね。
自然に囲まれることの意味・・あらためて思うことに。

きこさんのおっしゃるように、
上を向いてとぼとぼあるくってことないですね。
気持ちとりなおして、あえて上を向くようにしたいです^^

HASU* | 2016.08.08 16:33 | 編集
北欧暮らしの道具さんのこのコラム読んだとき、私も
お♪と思って、目からうろこというか、
あぁ下向いてばかりだったかも、と何の気なしに紹介したのですが、HASU*ちゃんの気持ちをちょっとでも上向かせてくれたのなら、嬉しい限りです。

昨日、疲れて仕事から帰る時、上を向いたら
月がきれいだったよ。
ぎゅうすけ** | 2016.08.09 14:58 | 編集
ぎゅうちゃんへ

ぎゅうちゃんの記事をうんうんと頷きながら読んで、
私も上を向いてみたら、あら空がきれいって思って。
確かに、心が重いと下を向きがちで。
事前にお断りしていなかったので、
お名前ださなかったの、ごめんね。

ぎゅうちゃんも仕事帰り、
クタクタになっていると思うけど、
お月さん見て和らいだかな。
やっぱり上を向くのがイイ(笑)

HASU* | 2016.08.09 16:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top