09.25
Sun

先日の106万円の壁の記事の追記記事です。

今回の改正でご主人の扶養範囲で働く選択をした場合、
週19時間程度に抑えなければなりません。
これまで130万円以内(社会保険の扶養範囲)で働いて、
雇用保険をかけていても、今回の改正により、
106万円以内で働くという選択をすれば、
当然ながら雇用保険の加入条件に満たないということで、
(雇用保険の加入条件が週20時間以上)
今後退職しても失業保険を受けることができないですね。

社会保険加入の条件を、
130万円から106万円に引き下げるなら、
雇用保険の加入条件も引き下げにしないのかしら。
まぁ、しないでしょうが。
130万円の引き下げにするなら、19時間程度(年収106万)でなく、
なぜ雇用保険と同じ、週20時間で社会保険加入にしないのか、
ふと疑問に思いました。
雇用保険と同じにしないのには、なにか理由があるんでしょか。
勝手な想像ですが-
これまでどおり雇用保険に加入したいなら、週20時間以上働いてね。
で、週20時間ぽっちで社会保険加入だと手取りも少なくなると思うなら、
時間増やしてもっと働いてねって話なんでしょう。

それと-
今まで雇用保険をかけていた人が、
今回の改正で106万円以内という選択をすると、
かけていた雇用保険、無駄になっちゃうってこと?
ま、それが嫌なら、雇用保険の加入条件に満たす時間働いてね。
って結局いきつくところはそこなんでしょうね。

改正が良いとか悪いとか、そういうことでなく、
ひねくれた見方をすれば、
ていよく女性のために・・とか、女性が働きやすくするためにと言われていますが、
(もちろんこれまでより、働きやすくなった、
社会保険に加入できるようになって良かったと思う人もいらっしゃると思いますが)
とどのつまりもっと働いて税金収めてねってことなんでしょうね。

+

今回の社会保険加入条件の引き下げと雇用保険を考えてみて、
なんか釈然としないというかモヤっとしたものを感じました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
コメント
私も会社でそのような仕事をしてるので
最近の改正の多さにうんざりしてます。
雇用保険も今まで64才からは払わなくてよかったのが(詳細省きますが)払うことになります。ただ65才から新たには雇用保険に加入出来なかったのが出来るようになります。雇用延長はありがたいのですが 今の高齢者は元気とは云うものの その限界をま目の当たりにしております。それでも私も働くとは思いますけどね。生活のために。
社会保険の今回のけんもそうです。いろいろな案件をみてると ナンダカネーと思います。
以前から感じてたのは 130だ103だと
管轄が違うとルールも違い 抜け穴もあったりして そこが問題ではないかと思ってました。わかりずらいですもんね。わかりやすく辻褄があうようにしろと思います。

そういうルールはざっくりしかわからす
でも旦那の扶養で 目一杯働きたいパートさんが 秋過ぎるとやってきて あと何日働けるか調べてくれというんですよねー
そんなの現場も困るしね(看護し)
それくらい自分で知る努力しろよと思ってました。
どんぐりん | 2016.09.25 10:57 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2016.09.25 14:36 | 編集
どんぐりんさんへ

改正もわかりづらくしている部分というのもありますね。
改正が多くなって複雑になればなるほど、
知らぬが損ということもでてくるでしょう。
でも今は色んな情報が手に入りやすくなったので、
知識を持っている方が良いんでしょうね。
うちの会社も定年は一応60になっていますが、
更新を重ねて働いていらっしゃる人も多いです。
パワフルだな、元気だなぁと思います。
そう思うと自分はまだまだひよっこだわと感じたりもします。
でも体力的にはやはりしんどくなっていくのも現実。
悩ましいです。

自分が働いた時間、自分で管理して調整すればすむはなし。
給与明細にも累計時間も記入されているのに。
でも調べてほしいっていう人多いですよ。
担当の同僚もほとほと困っています。
HASU* | 2016.09.25 20:22 | 編集
鍵コメさんへ

今回の改正、いずれ中小とわずそうなっていくだろうと
いう話ですが、どうなるのでしょうね。
社会保険を引き下げるということは、
会社負担も増えるわけですから、
大変な部分はあるでしょうね。

私も不思議でしょうがないんです。
女性みんながみんな、扶養を外れて働きたいと思っているか?
というと、鍵コメさんのおっしゃるとおりどうなんだろ・・と。
扶養控除を上げた方がいいんじゃないかって。
でもそうなると税収が増えないから、
働く方向へ持っていっているとんじゃないのか?
なんて思ってしまう。
今回の改正や配偶者控除廃止にしても、問題はそこか、と思うんですよね。
子供を持つ母が働きやすい環境をつくることを整えてからじゃないと、
本当に手放して喜べる人がどれだけいるんだろうかと思うんです。
机上の空論でなければいいなと思います。
これからまた様々な変化がでてくるでしょう。
介護保険料の徴収の年齢の引き下げなど、
懐が痛まぬ人が作っている制度なんじゃないの?
って思ったりも(笑)

HASU* | 2016.09.25 20:38 | 編集
うんうん、HASU*ちゃんのいうように
配偶者控除を受けてた女性から税金を取りたいがための方便っていう感じがプンプン臭う気がします。

ちょっと前に高齢者に一律定額支給されたのも(ウチは母が対象年齢でしたが)投票率の高い高齢世代へのごますり的な意味合いがあったんじゃ?という意見もあって、なんだかなぁ、と思ったのよね。

取れるところから取る、なんか年貢と一緒じゃん!と思っちゃったよ。
ぎゅうすけ** | 2016.09.25 21:30 | 編集
ぎゅうちゃんへ

なんかきな臭いっていうかね、、そんなふうに思えちゃうのよね~。

あ、あったね、高齢者に支給って。
選挙前だったっけ。見え見えな感じがするね。

表向きは女性のために、って掲げて、
問題解消のように聞こえるけれど、
なんかやっぱり胡散臭さを感じる。
ほんと年貢と一緒じゃんね。
おかみのすること、庶民の暮らしをもっと
見て欲しいと思うんだけどね~。
HASU* | 2016.09.25 22:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top