12.06
Tue

IMG_20161206-8052.jpg

                                                                                 
捨ててから後悔したという話も聞きますが、
私は後悔したことはあまりなかった気がします。
迷ったときは、一時的に別箱に入れて保管し、
自分の気持ちが固まった時に捨てるようにしたり。
気持ちにケリがついた時に手放せばいいや、
そんな気持ちでした。

片付けをはじめて、仕舞われたままのものがでてきて、
捨てるのがもったいなくなった、なんて話も耳にします。
もちろんその中には、とても大切なものがでてきた、って
こともあるかもしれません。
けれどその大半はそんなに大事なものじゃないのかも。
だってそれまでその存在すら忘れていたモノ、
なくてずっと過ごしてきたのだから、
大して問題なかったのではないだろうか。
けれど、何年かぶり、何十年かぶりで再会して、
使いたい、着たいと思ったなら手元に残せばいいいと思っています。
そんな感じで、不要なモノを処分してきて、
いかに適量を越えてモノを持っていたか、に気づきました。
たくさんモノを持っていた頃は、
ただ持っていることだけで満足していた部分が大きく、
飽きて使わなくても、持ち続けることへに執着があったと思います。

断捨離と出会って、適量で暮らすことの大事さを
教えて教えてもらった気がします。

取り出しやすく仕舞いやすく、
掃除や片付けが億劫にならない暮らし-
迎え入れる時に自問自答し、
好きなモノは手元に置いて、心の潤いは持ち続けたい。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top