12.30
Fri
私の琴線に触れる言葉として、
以前、お話したことがある「膨張氾濫」という言葉。
幸田文さんが父である幸田露伴さんから、
暮らすにあたってごく普通なことを教わったことを
書かれたエッセイの中にかかれていた言葉です。

IMG_20161230-8727.jpg


重複しますが-

『人は誰でも好きなことをして
のんびりしている時をもたなくてはいけない。
家事というものは行く河の流れと同じで、
絶え間もなく続き続き、渋滞すればたちまち膨張氾濫するから、
何事をおいても先ずこれを一埒さっとかたづける。
果て知らずという性質をもったのが家事だから、
われからくぎって規矩(きく)にはめなくてはならぬ。
最も明瞭、もっとも早く、能力と体力との限りを尽くしたところが、
その人の規矩だから、そうして一っ時でもいいからのびやかな
時間をもたなくては、こせこせししてはいけない。』
(幸田文 しつけ帖 より抜粋)



私なりに都合の良い解釈もありますが-

ナマケ心がでた時には「膨張氾濫、ぼうちょうはんらん」と
ちょっと戒めの気持ちを込めながら、
これだけはやっちまおう~と頑張れる気力の元であったりします。

おうち仕事は終わりのない仕事。
探せばいくらでもあるし、
溜めれば溜めるほど、時間もかかるので、
自分の基準を決め、優先順位を考え、
片付けるべきものは片付ける。
家事なんてそれぞれの家の基準があり、
型にはめないで自分のルールですればいい。
体が悲鳴をあげている時は無理せず。
自分の好きなことをまったり楽しむ時間や、
心のゆとりを持つことも必要だと解釈しています。

先日の体調を崩して、
予定していたことができなくなったり。
以前の私でしたら、イライラが募っていたと思います。
この秋から仕事の時間の変更や、
担当する仕事が一からということになり、
気負いとプレッシャーもあったと思います。
多少のミスがあったりして落ち込んだり、
次はないぞ、という無言のプレッシャーを感じたり。
そんな諸々のことが重なって、
体調を崩した原因のひとつかもしれないと思いました。

こざっぱりと気持ちよく新年を迎えたいと思いますが、
多少の「省き」も受け入れながら、
今年の残りの時間を有効に使おうと思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



back-to-top