01.18
Wed

今年のお正月は酢ばすさえも作らずだったので、
今頃ですが、作ることに。

以前から書いておりますが、
料理が苦手(大きな声で言うことではありませんが)です。
しなくてすむものならしたくない-
が、本音。
でも、そういうわけにもいきません。
気がすすまない時に無理しない、
自分の気持ちが前向きな時に、
常備菜などは作ったり。
キッチンで使う道具などを、
好きなものを使ったりして、
心が弾むようにしたりしています。

+

さて、酢ばす。
昆布だしをとることから始まり、
甘酢をつくりハスを茹で漬けて出来上がり。

IMG_20170118-001-9099.jpg


出汁でとった昆布で佃煮を。

IMG_20170118-002-9094.jpg

たったこれだけのことですが、
やっぱり時間と心に余裕がないと、
作る気がおきない(> <)
でも、余すことなく使い切ると、
やっぱり気持ちがイイ。

+ +

この日、たまたま目にした記事で、
俳優の堤真一さんの言葉。

自宅に招いた友人のために、
前夜からスープをとったり、
料理をつくってもてなすそうです。

「プロの料理は美味しいし、凄いなぁとしょっちゅう思うけれど、
また行こうとはあまり思わない。それより、
おふくろの作ったおにぎりの方が何度でも食べたくなる」と。

「僕の勝手なイメージですけど、便利なもので身の回りを固めると、
自分も便利な扱いしかされないように思う。
でも、普段から手間を惜しまない生活をしていると、
それが自分にもきっと返ってくると思うんです」


+

手間を惜しまぬ暮らしを・・と思うものの、
なかなか普段の暮らしは手抜き全開の私ですが、
ちょっと手をかけて丁寧に心がけけてみること-
心にとめておきたいなぁと思いました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 12
コメント
おふくろの作ったおにぎりの方が何度でも食べたくなる
そうなんですかぁ~~~

数年前まで広島県尾道に住んでおりました

息子はすで 就職しておりまして 
(儲けてくれておりました)
わが家は夫の転勤で親子3人がばらばらに暮らす?
今までは 夫 単身赴任しておりました
子供の学校とかもありまして
夫 最後のご奉公らしいですから 私がついて行こう
(今住んでる家は ほったらかしにして)
ってことで 息子が時々尾道に 来ておりまして
さあ 美味しいもの食べに行こう
って言いましたら
いいや ボクは おかあさんの作った料理を
お茶碗で食べたい って言いました
いつも コンビニか 学校給食ばかりだよ
ってことでしたよ
う~ん おふくろ料理 そんなものでしょうね
いい ことば



ヒロちゃん7 | 2017.01.18 11:49 | 編集
堤真一さん、そんなお料理上手なのね、びっくり。
私も隙あらば手を抜こうと身構えてるので、耳に痛いわ(笑)
でも、洗濯も炊事も全部手仕事だった時代ならいざ知らず、
こんなに便利なものがいろいろある時代に、そんなに手を抜いて空いた時間で何をしたいの?と自分に問うことも。

忙しい時は時短や手抜きも必要だけど
時には手間をかけることを楽しむゆとりが、丁寧な暮らしにつながるのかな、と思います。
いや、口だけで全然できてないんだけど(^^;
ぎゅうすけ** | 2017.01.18 14:56 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.01.18 18:53 | 編集
こんばんは^^
堤さんのお言葉・・・すごく深いですね。
便利なものばかりついつい求めてしまいがちな私には、
ドキッとする言葉です。
おふくろの味。こればかりは、お金を出しても買えないことだってありますよね。
それに、いつまでも食べられるものじゃない。。
そう考えると、なんてことのない自分の手料理も、すごく価値のあるものに思えてきます。(夫が思っているかは別として(笑))

HASUさんは料理がニガテとおっしゃいますが、いつも写真を見る度、美味しそう!作ってみたいと思わせる何かがありますね。
なぜででしょう^^
酢ばすも美味しそうです。
ひよこまめ | 2017.01.18 21:16 | 編集
ヒロちゃん7さんへ

こんばんは。

手で握ったおにぎりだから・・ということなのでしょう。
コンビニのおにぎりじゃそうはいかないですよね。

ヒロちゃん7さん、尾道に住まわれていたのですか。
息子さんの言葉、心に染みますね。
おかあさんの作った料理がいいんですよ。
きっと何年経っても食べたくなる味、忘れられない味なのでしょうね。
私も子供がいたら・・・そういう言葉が聞けたかな^^;


HASU* | 2017.01.18 21:39 | 編集
ぎゅうちゃんへ

私もびっくりしたよ~。
意外な一面を見た感じがしました。

だよね、昔の家事に比べると、今は家電が発達してるから、
ずいぶんラクになっているハズなんだけど、
それでも手を抜けるところがあるなら・・って思うんだよね^^;

仕事をしていると100%家事に力を注げないこともあるから、
はしょってやらなければいけない、けどぎゅうちゃんの言うとおり、
手間をかけることを楽しむゆとり・・これも必要なことかも。
あぁ、私もまだ楽しむゆとりはないなぁ(笑)

HASU* | 2017.01.18 21:44 | 編集
鍵コメさんへ

こんばんは。

響きました、この言葉。

お惣菜の味しか知らなければ、
きっと手作りの味が新鮮だったのだと思います。
なんか、面白いですね。
鍵コメさんは、仕事を持ちながらも、
しっかり作り置きされていて、いつもながらすごいなぁと思います。
でも時々の外食であったり、買ってきたものは、
たまのご褒美ですね。

あ・・・やらかしちゃいましたか。
でもそれって危ないですよね。
そうそう、うちの方は例のやらかした事件、
落ち込んだのも束の間、すっかり忘れてる・・・。
都合の悪いことは見ない、聞こえない、忘れるパターンのようです。
けれど、その後の方がトンデモナイ曲者だったと判明。
やりづらいです。
HASU* | 2017.01.18 21:51 | 編集
ひよこまめさんへ

こんばんは~。

なんかしみじみと心に残ります。
私も便利なものに流れていってしまいやすいので、
ちょっと立ち止まれるきっかけにもなったかな。
ひよこまめさんのお子さんも、きっとおかあさんの
作った味は体を作り、記憶にはきっと残っていくのだと思います。
お母さんの味、忘れられないものになっていくでしょうね。

きゃ~恥ずかしいです。
私はマメな方じゃないので、いつも子育てしながら、
あれこれ作られているひよこまめさんには感心っぱなしです。
でもコメントくださって、また私なりに頑張れそうな気がします。
ありがとうございます。

HASU* | 2017.01.18 21:57 | 編集
ノートに書き留めておこうと思いましたよ、堤真一さんのこの言葉。
真心のある人や手間をおしまい人には何かしらの形で自分に返ってくる・・・ 
改めてそのことを思います。

逆に食べ物をとても粗末にするとか
料理を作る人に対してなんら敬意を抱かない人はいつか天罰がくだるのかも、なんて思ったり。


れんこんの酢ばす とってもおいしそう(^^♪
色もきれーい。
思わず箸が伸びそうです!
きこ | 2017.01.21 15:08 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2017.01.21 15:16 | 編集
きこさんへ

堤真一さんの言葉、心にのこりますねぇ。
手間を惜しまない・・・うわ~惜しまくりなところがあるので^^;
耳が痛いけれど、なるほどなぁと。

今頃でしたが、夫もに喜んでもらえて、
作って良かったと思いました。
今回も白ごはんcomさんのを参考にしました。
HASU* | 2017.01.21 20:54 | 編集
鍵コメさんへ

本当に今頃のご挨拶となって、
(。>﹏<。)恥ずかしいです。
こちらこそ、本当に嬉しくて嬉しくて。
手しごともお疲れをだされぬように、
楽しまれてくださいね。
寒さが増すこの頃、どうぞ体調を崩されませんように。

あらためて今年もよろしくお願いします。
<(_ _)>
HASU* | 2017.01.21 20:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top