03.09
Thu
                           
ドラマ「カルテット」で-

別府さんと真紀さんが、
レストラン「ノクターン」で食事をしているときの会話。

(かなり端折りますが、
ドラマをご覧になっていない方のために解説すると、
真紀さんと別府さんは、あと2人とともにカルテットを組んで、
このレストランで演奏しています)

真紀さんが「ずっとここでいいかなって、気がします。
それじゃ向上心なさすぎるかな」

別府さん「みんながみんな向上心あるわけじゃないと思います。
みんながお金持ち目指しているわけじゃないし。
一人ひとりちょうどいい場所ってあるんだと思います。」

別府さんのこの言葉が心に残りましてね。

IMG_20170309-9731.jpg

*
向上心
現在の状態に満足せず、よりすぐれたもの、
より高いものを目ざして努力する心。

*


でもどこか、向上心を持たないやつは・・・と
否定的に言われがちなこともありますが、
これはこれでいいんだと思います。

最初っから何もせずに「あ~だめだ」と
投げてしまうのはどうかと思うけれど、
ずっとやってきたこと、好きなことでも、
「もっと、もっと」を目指しすぎて、
好きなことが嫌になったりすることもあります。
自分が目指すところにもよりますが、
やっていることが嫌にならず、
楽しんでできて、自分が心地いいと感じることが、
自分にとってちょうどいい場所なのかなぁと。

自分のちょうどいい場所を見過ごして、
結局続けられなかった(音楽)過去の自分に、
教えてあげたかった、と思った言葉でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
コメント
独身時代にエレクトーンを習っていました。
仕事だけの毎日よりも、何か楽しむものがあるといいな、と。グループレッスンのメンバーの皆さんも良い方に恵まれてよかったのですが・・・そのうち、楽しむことよりも、次のグレード試験のために練習することが目的のようになってしまい、楽しむどころかついにはストレスになってしまい辞めてしまいました。

自分の望む方向性とか、ドラマのセリフの一人ひとりちょうどいい場所、というものがあるのでしょうね。

仰るように楽しめて心地よいことがあること、大切だと思います。
そういうものに巡り会えたこと自体が幸福ですものね。

向上心と同じくらい心地よさを生み出すものを持つことも大切のように思います。
きこ | 2017.03.09 16:03 | 編集
ドラマは見てないのだけど、確かにつねに
高みを目指すことを良しとする風潮があるよね。
今あるところで満足したら、もう終わりなんだみたいな。

でも、何が何でも上を目指す生き方がすべてじゃないし
上を目指す以外にも選択肢は、実はあるんだよね。
多種多様n価値観が認められるように
なってきたのかな、と思います。

自分自身が望んでいるのは何か…それを
見つけないといけないんですね。

↓ワタシも、今旺盛な食欲、特にオヤツ欲が止まりません(・_・;
家にいるとついチョコに手が…
もう、心と身体が欲しているんだわ、とちょっとあきらめ気味です。
ぎゅうすけ** | 2017.03.09 17:29 | 編集
きこさんへ

きこさんはエレクトーンを習われていたのですね。
グレードを取ることは悪くはないけれど、
取るのが目的になってしまって、
楽しめなくなってしまうのは残念でしたね。

本来音楽なんて楽しんでやるのがいいと思います。
それがストレスになってしまうと、楽しめなくなっちゃいますしね。
きこさんのおっしゃるとおり、向上心と同じくらい心地よさを
生み出すものをもつことも大切・・まったく同感です。

HASU* | 2017.03.09 20:09 | 編集
ぎゅうちゃんへ

どこに目標を置くのかにもよるけれど、
そんな風潮があるように思えます。

ぎゅうちゃんの言うとおり、
色々な価値観があって、楽しみ方も色々。
常に上を目指すことに意義を感じる人もいれば、
程よいところで心地よさを楽しむ人もいるわけで。
自分がどうしたいかによって違うんだよね。

ぎゅうちゃんもオヤツ欲止まらない!?
もうね、先日なんて100グラムの板チョコ、
ぺろりだったの(-_-;)
体が欲しているのかしらねぇ。。

HASU* | 2017.03.09 20:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top