04.13
Thu

IMG_20170413-0290.jpg

ゴミ収集場にて-

資源ごみの日、
これでもか~というくらい雑誌の束が
きちんと揃えて紐で縛られて、
収集場の1/4ほど占められていました。
ぱっと見ただけでしたが、
同じシリーズの雑誌だと思われ。
きっとずっと購読していたものを
まとめて処分されたのでしょう。

収集場を後にしながら、
ちょっと思いを巡らせてみました。
お引っ越しで処分したのかな、
それともなかなか処分できずにいたけれど、
思いきって処分したのかな。
ひとさまのことですが、
昔、本や雑誌がなかなか処分できなかった私なので、
つい過去の自分と重ねてしまいました。

本や雑誌に対する思いも人それぞれです。
昔私は、借りるというよりも所有したいという気持ちの方が強く、
それがたとえ旅行雑誌のような情報雑誌であっても、
捨てがたかったり。情報は古くなっているのにね。
なのに捨てられませんでした。

今から思うと、持っているということが宝だったのかもしれません。
読み返すということがどれだけあっただろうか-
時間的に余裕もなかったし、
おそらくほんの数冊だったと思います。
また、買った本さえ忘れて同じ本を買ったということもありました。
大事にしていなかったなぁと思います。

借りたり、サラリと立ち読みで終わらせられる本、
そうでなくてじっくり家でも読みたい本、
今ならよく考えて手にいれられるのに。
あの頃の自分は、所有欲と執着心の塊だったのかな。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
コメント
わかるわかる、私もだけど本=知識みたいに思ってたから
絶対捨てられないし、並んだ本の数にうっとりしてるところもあった気がする。
ずっと昔から持ってて、捨てられない本ももちろんあるけど
昔感動した本も、今読み返そうと思わないものは
手放せるようになりました。
もう読まなくても、手離してしまっても、
昔感動読んだ時の感動は残ってるからね。
ぎゅうすけ** | 2017.04.13 22:35 | 編集
ぎゅうちゃんへ

そうなんだよね。本棚に並んだ本を見て、
うっとり、、それそれ。
絶対手放せない本もあるし、
手放してもずっと心に残る本もあるんだよね。
ぎゅうちゃんも、手放せるようになったんだね。
なんでもかんでもじゃなく、
これだと思える本が大事じゃないかなーと思う。

HASU* | 2017.04.13 22:59 | 編集
駐在中と違い、本も雑誌も図書館で借りれば読める恵まれた暮らしに戻ったのにやっぱり買ってしまうことがあります。

でも、決めました!
自分用の本棚をもっているのですが、それに収まる分だけにしようと!!
これからは婆度が増すばかりなので、重いものを蓄えないようにしようと思います(笑い)

遅読ながらも何かしら読んでいるので、本棚からはみだしそうになったらお別れ整理をすることにしました。
冷蔵庫じゃないけれど、1段は丸々空けて写真なども飾ったりして余裕をもたせています。

いつまでつづか?
がんばるわん(^^♪
きこ | 2017.04.14 16:49 | 編集
きこさんへ

こんばんは。

ずっと手元に置いて何度も見たりする本、
一度読んで満足する本、色々ありますよね。
きこさんのおっしゃるとおり、本棚に収まる分だけって決めるのは、
良いなと思います。そこに収まっている本は、
「今」必要としているものばかりの表れになるかもしれませんね。
お部屋と同じで空間があると、
風通しがよくなっていいかもしれませんね~。
すこしゆとりを持たせて、ってことは、
色々なことに通じることなのかもしれませんね^^


HASU* | 2017.04.14 21:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top