10.13
Fri

この時期の桜もまたオツなもので。

この季節に「桜が咲いてる!」と驚くこともなく、

毎年楽しみにしています。


IMG_20171013-4040.jpg

+

+


ホテルのような部屋ではないし、

インテリアが素敵!ってわけでもないし。

できるだけ目障りにならないように、と心がけるも、

一人暮らしじゃないから折り合いをつけるも、

雑多な部分も見え隠れ。

でもそこで暮らしている息遣いはしっかりと。

こざっぱりと暮らすための手段だった断捨離。

今はしょっちゅう捨てるモノはみつからない。

あとは不要に入れないように気をつけて、

時々見直ししながら整える。

そこそこモノが少なくなれば、

日々の掃除や片付けはぐっとラクなのは実証済み。

体力が衰えてあたふたしないように心がけながら、

年老いても小奇麗に暮らしたい。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4
コメント
私も!
私も老いても小綺麗にしていたいです。
年齢に合わせて持ち物の工夫や品数。
室内も床にいろいろ置くのではなく
自身もいかにも老婆ヨレヨレばーさんじゃなく。

そういうふうにできるように、やっぱり元気じゃないといけませんね。
あー でも、元気だけど気力というかやる気が無い人もいるから、気持ちの問題も大きいですね。

小綺麗なばーさん 目標にしよう!
きこ | 2017.10.13 16:36 | 編集
きこさんへ

どうしても年をとっていくと、
溜めがちになってにっちもさっちも行かなくなる、
面倒になってきがち。
自分はならないぞ!と思っていても、
親を見ていると、体がしんどくなっていくんだなと思って、
そうなる前に意識しながら持とうと思っています。
見た目だけでなく心もヨレヨレにならずに過ごしたいですね~。
きこさんのおっしゃるとおり、気持ちの問題は大きいですね。
HASU* | 2017.10.13 21:56 | 編集
ホテルに泊まると、ほんと無駄なものがないのに
落ち着く空間で、こんな部屋で暮らしたい、と思うけど
やっぱり、家族がいて日々暮らしを営めばごちゃごちゃしてくるのは
避けられないよね。
でも、何にもないミニマリストの部屋はちょっと寂しいな、と思うから
自分なりに工夫しつつ、でもやっぱりものに溢れた、じゃなく
好きなもの、使うものを選んでの暮らしがしたいと思います。
つい、いろいろ迎え入れちゃうんだけどね。
ぎゅうすけ** | 2017.10.13 21:59 | 編集
ぎゅうちゃんへ

確かにホテルには無駄なものがなくて、
落ち着くんだけど、それはたまに・・のひとときの良さなのかと思ったり。
日常で少しくらい雑多な部分があってこその暮らしなのかなと。
何もない部屋で落ち着く人もいるんでしょうけれど、
うちは夫が絶対、落ち着かないという人なこともあって、
マネはできないし、溢れないように自分がお世話できる範囲で
モノは持ちたいとは思うね。
HASU* | 2017.10.13 22:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top