10.27
Fri

先日記事にしましたが、
スロークッカーを迎え入れて楽になったのは言うまでもありません。
とくに煮込み料理は時間がかかるので休みのとき、って限定することもなく、
ガスを使わないので、放り込んで帰宅したら出来上がっているというスタイルが
やっぱり便利。なのであぁ、今までこの存在を知らなかったことが悔やまれるほどです。
今は時間にゆとりがありますが、目放しできない料理もほったらかしでできるので、
ズボラーな私には重宝するキッチン家電となりました。
これについては夫の暴走、大歓迎となりました(笑)
煮込み料理の写真をアップしようかと撮ってみたのですが、
カレーなんてルーを先にいれるので(固形は溶かして)
見た目が・・・撃沈です。
ちなみにカレーやシチューは、
水は分量どおりいれると水分多めになっちゃうので、
少なめにしています。
野菜もお肉もそのまんま入れて調理OKですが、
炒めた方が甘みがでたり焦げ目がついた方が
美味しさも増すので炒めてから入れています。
出来上がりの美味しさが低温調理の醍醐味だということが実感。


+

今回、モノを増やしましたが-
モノを持ちすぎた暮らしから、引き算の暮らしにシフトしてきました。
もちろん大きなモノに限らずですが、
手にいれるということはそのモノの行く末を承知しなければなりません。
とくに粗大ごみ扱いになるものに関してはすごく慎重になりました。
それでも手にいれて活用していくならプラスに転じるでしょう。
けれどお蔵入りとなると、いろんな意味で悲しい結末。

使わないものでも捨てられない-
「せっかく買ったのに捨てるなんてもったいない」
と、親世代にありがちな溜めぐせ、口癖。
勿論、捨て時に迷ったら、自分が納得するまで置いておけばいいのですが、
存在さえ忘れてしまうのも事実。
年齢を重ねていけばいくほど、使うモノも使う頻度も変化がでてくると思います。
でも-
今使っていないのに、この先使うことがあるんだろうか。
その確率はグンと下がっていく気がします。
あの世には持っていけないのにと思うので、
ガンガン使うか使わないなら手放すか。
その時その時の暮らしに応じて、
モノと向き合いながら身軽で過ごしていきたいと思っています。

l1.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 6
コメント
私も今のマンションに転居後、粗大ごみ扱いのモノには慎重になりました。
念願のマイホーム、できればスッキリと暮らせたら、観葉植物を楽しめるくらいスペースをもってと。

使わないモノは忘れてしまいますよね。
実家がすごく食器があって、うちより大きな食器棚とまだあって2つもあるんです(><)当然使わないモノは山盛りなわけで・・・ 処分できないんですよねぇ。
父はせっかくある器をどうして使わないんだ、とか母に言ってますが。もう家事同線が同じなので、上棚から下棚からわざわざ取り出さないんですよ。本当に考えさせられます。
年齢にそってモノとのつきあいも変わるし、その変化を上手くこなしていきたいと思います。
きこ | 2017.10.27 15:31 | 編集
きこさんへ

今の世の中たくさんの魅力あふれるモノが溢れているので、
つい、と手が出てしまいます。
年齢は関係ないとは基本的には思いますが、
やはり体力が衰えていくので、そこを鑑みながら生活をするということを
念頭に置いておきたいかなと思うのです。
きこさんのお母様のこと、実家の母とおんなじでした。
家事動線を考えると、使うものだけにすると取り出しやすいのでしょうけれど。
使いやすいところに使うものを・・ということを
わかっていただくといいのでしょうけれど。
親子でも生活が違うの色々ありますが、
なによりも安全を考える暮らしにと思います。
HASU* | 2017.10.27 19:36 | 編集
自分の部屋のものはだいぶ減らせた気がしますが
主婦が2人いるわが家の台所は、もう使ってないのに
しまいこんでるものが多々あります(^^;;
お魚焼き専用のロースターなんて、サンマ4匹を切らずに丸のまま
焼ける、と昔母が買って当時は使ったけど
洗うのがすごい大変で(サンマの油が落ちてるからね)
洗い物係の私が音を上げた代物です。
もういらないじゃん、というのに捨てない(笑)
ほんと親世代のもったいない信仰は根が深いね。
ぎゅうすけ** | 2017.10.27 21:08 | 編集
ぎゅうちゃんへ

魚焼き専用ロースター、うちも夫が独身時代に
お義母さんからもらったものがあったんだけど、
洗うのが大変で結局使わなくなって処分したことがあるんだよね^^;
グリルは石を置いてお手入れがラクになったから、
魚焼き器はひとつで十分だしね。
でも親の世代はこわれていないから、という理由とか、
とにかく使っていなくても捨てられないんだろうね。
使っていない方がずっともったいないと思うんだけどね。
親子とはいえ、折り合いをつけるのが難しいよね。
HASU* | 2017.10.27 22:56 | 編集
今回HASU*さんの記事のお陰でスロークッカーを
迎え入れることができました
実はここ数年シャトルシェフだったり活力鍋だったり…気になっておりました。
本当にこのタイミングの良さと言ったらもう
旦那さまありがとうに尽きます(笑)

考えたんだよね、収納場所とか使用頻度とか。
手の届かないお値段ではないだけに簡単に手に入れられる。
けど…棚の奥に追いやられ忘れられるなら迎え入れたらいけないと。

長女が帰省したときこれなら喜んで料理してくれるんではないか?!
まんまとハマッてくれたら有難いんだけどねw

私も親の「捨てられない」に悩まされたからね~
身軽にしておきたいと常々思います。

あ!スロークッカーの料理は抜群に美味しいけど
見映えがね…(;^_^A
残念な画像だけど一応乗せてみたよ。
ゆるまま | 2017.10.28 20:51 | 編集
ゆるままさんへ

ゆるままさんもシャトルシェフとか活力鍋とか
気になっていらしたんですね。
でもスロークッカーが助っ人となって何よりです。
私も手にいれて使ってみて、本当に助っ人になってくれています。
そうなんですよね、めちゃくちゃお高いものではないだけに、
迎え入れられるから、棚の奥にいれちゃうと忘れられてしまう存在に
なりかねない・・・って考えられたのですね。
きっと長女ちゃん、帰省されてこれは便利~って
言ってもらえる!!と信じたいです(笑)

身軽に‥・私も本当に身軽にしておきたいです。

出来上がり楽しみです♪見に伺いますね~。

HASU* | 2017.10.28 21:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top