02.09
Wed
以前、無印のざくろせっけんを購入した話を書きました。(記事はコチラ→
せっけんの方は、冬になると乾燥する肌でしたが、これを使うようになって、
洗顔後のつっぱりもなく、しっとりした洗い心地がお気に入りになりました。
けれど何よりも今まで使っていた洗顔フォームよりずっと長持ちするんですもん。
お得感アリ~^^
10月に購入してからまだ使い続けてます。(って石鹸はこんなもんですか?)
で、その時一緒に購入した石けんケース。
これも使っているうちに、石鹸カスがつくんですよね。
気づいたらその都度水洗いでこするんですが、ちょっと放っておくと、
蛇口のカルキ汚れと同じように、ケースの隅っこに白く汚れがついたりします。↓
DSCF6387.jpg
スポンジのところは、石けんを置くので石鹸のぬめりがついて、↑
スポンジの下側にもたくさんぬめっています(^-^; ↓
DSCF6389.jpg

こういった浴室や洗面所で使う容器は、石けんカスがついたり水アカで
くすんできてしまいます。
シャンプーボトルがいい例だと思います。(こんな風になります→
無印の詰め替えのシャンプーボトルも、そんなに使ってないのに汚れが目立ちます。
一番の希望は、フタの部分がボトル本体からパカっと開いて、
手をいれて中を洗えるタイプがいいのですが・・・。 
無印さ~ん作って~
なので、ある程度使ったら清潔さを求めるとなると、
新しいモノに交換するしかないのかなってボトルの時にそう思いました。

けれど、本来気に入って買ったモノ。壊れてしまったら寿命と思えるけれど、
モノとしては全然大丈夫なモノが結構あります。
洗えるモノは洗ってキレイにしておきたい。
お手入れ次第でまだまだ十分使えるモノは、きちんと手入れをして使いたい。

なので石けんケースもクエン酸水スプレーをして少しこするだけでキレイになります。
DSCF6394.jpg


ほんの少しだけ手間をかけてやるだけで、見た目もすっきりして、
「汚くなったから買い換えよう」が先送りにできるかもしれません^^

DSCF6399.jpg

シンプルに暮らすということは、とっかけひっかけ新しいモノを買い換えず、
手持ちのモノが長く使えるようにお手入れは必要不可欠なものだと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^



comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://hyanry.blog122.fc2.com/tb.php/372-4f547bba
トラックバック
コメント
無印さんに ココリンさんのような方がアドバイザーとして必要なんじゃないかしら。
ココリンさんプロデュースのシリーズ なんて言うのは ものすごくシンプルライフ や エコライフを志す人たちのなかでもてはやされる ひいては無印さんファンの方皆さんのきぼうなのではないかしら・・・
無印さんに なんとかしてココリンさんのことお知らせできないかしら・・・<(`^´)考えてしまいました。
ぽけっと | 2011.02.09 21:02 | 編集
無印さんとかシンプル系ではないですが、胴体でカポっと外せて洗えるタイプがセシールにありました。
付け替え用の袋を直接中にセットするので本体の汚れも少なく、使っている途中の水垢汚れも洗いやすく重宝してました。
購入したのは2,3年前だったと思うけど今は扱ってるのかな?

無印さんの石鹸受けスポンジわたしもファンでした。
水切りがいいようにステンレス製の石鹸受けに乗っけて使ってました。
ただ、やはり寿命が来るのでその時はくっついた石鹸カスごと水回りのお掃除に使って最終任務終了としました(笑)
mam | 2011.02.09 21:23 | 編集
こんばんわ♪

いえいえとんでもないです・・。
知恵も浮かばないですw
すごいアイディアをお持ちの方はたくさん^^
ボトルは同じ悩み持っている人いますね~。
無印さん、開発して欲しいなあ~(笑)
なんてまだのたもうてます(^^ゞ
でも夢は膨らみますね~♪
ココリン | 2011.02.09 22:22 | 編集
コンバンワ~。

わかります~詰替用をそのままいれるタイプの!
容器が汚れなくて良いと思うのですが、
我が家の夫はNGなんです・・なんだかもうって感じですよ(ーー;)

mamさんもスポンジファンでしたか!!いいですよねこれ。
石けんがぐちゅぐちゅにならないから^^
寿命がくればお役ご免、そうやって使いきってやれば、
モノも十分だと思っていると勝手に解釈してま~す( ̄▽ ̄)
ココリン | 2011.02.09 22:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top