06.21
Wed

先週17日に漬けた梅干しの袋漬け-
待望の酢があがってきました。
この白酢が摂れると思うと嬉しくなります。

IMG_20170620-001-2539.jpg

+

父が亡くなった年に気力が抜けて、
それまで毎年漬けていた梅干しでしたがお休みして、
その後も仕事をするようになって、
時間的なこともあってしごとも、
梅シロップのみとなっていました。
けれど、今年この袋漬けの梅干しをしてみて、
神経質になりすぎるくたいだった樽に漬ける梅よりも
本当にハードルを下げてくれました。
今後はまた樽漬けするかもしれませんが、
力が入りすぎずにできる梅干しです。

+

先週、梅もぎに行きましたが、
ちょっと小さめだなぁと思っていたことと、
今年は昨年のリベンジも兼ねて、
梅しごとに力が入ってしまい、第二弾の梅もぎに行ってきました。
やはり1週間経つと梅も成長していました。
が、ここでアクシデントが!
棒を使って高いところの梅を落とすのですが、
目測が誤ったというかこっちに落ちてきて、
梅が目に直撃。
痛ぁ~!
目が潰れたかと(大げさ)思った後、
今度は頭に直撃。
イタっ!
なんだかなぁ・・・。

そんなこんなでしたが、
前回より非常に満足した梅もぎでした。

+

で、梅シロップ用の梅をアク抜きしている間、
また梅干し用の梅を追熟。

IMG_20170620-002-2530.jpg

またあの芳醇な香りが楽しめるのかと思うと、
とても楽しみです。

+

さて、今回は夫が是非ともという梅醤油も漬けました。

IMG_20170620-003-2537.jpg


梅醤油といってもただただ、
梅に醤油をいれるだけという超お手軽なもの。
梅の風味が醤油に移り、
食卓の調味料として、梅の実は箸休めとして。

口広の瓶を梅シロップで使い切ったので、
ジャータイプの瓶に漬けることに。
時々梅を混ぜるのですが振ったらいいかと。
20日ほどでできあがるようです。
冷蔵保存するなら1年間。

IMG_20170620-004-2536.jpg

今年初めての梅醤油
どんな出来栄えになるかワクワクします。

青梅の醤油漬けのレシピ
我が家はガーゼがなかったので省きましたが、
梅が乾燥しないように瓶をまわしています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
06.20
Tue
                        
IMG_20170620-2393.jpg

中途半端な気持ちのまま、
その場の雰囲気に流されてモノを買ったら、
全てとは言わないまでも、後で後悔することがあります。
迷いがでて悩んだ時は、一旦時間を置いて。
買うか、買わないかで迷ったものは、
時間が経ったら、欲しい気持ちが薄れていくか、
ますます気持ちが高まるかのどちらかだと思います。
それで手にいれたものは、
本当に自分が引き寄せているものなんだなと思うのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

06.19
Mon
                           
IMG_20170619-2465.jpg

親の世代にありがちな、
モノを手に入れたことで満足、
たくさん持っていることが幸せ、でなく-
モノは活用してこそ、だと思っています。
必要なもの と 心が潤うもの、
自分の暮らしに欠かせないものを・・。
死蔵品を作らないことが大事。
不要なモノを捨てて、
数を絞ったことで見えてきたコト。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 4
06.18
Sun
                
花菖蒲が満開でした。

IMG_20170618-001-2413.jpg



花摘み娘さんがいらっしゃいました。

IMG_20170618-002-2436.jpg


花摘み娘さんがしぼんだ花を摘んでいました。
ひとつの茎に複数のつぼみをつけ、順に花を咲かせる花菖蒲
毎日しぼんだ花がでるため、一番花の花がらを摘み、
二番花を咲かせるのに欠かせない作業だそう。

IMG_20170618-003-2419.jpg


そういうひと仕事のお陰で、
開花期間中は美しい状態を楽しめるんですね。

IMG_20170618-004-2441.jpg


梅雨だというのに雨が降らないお陰で、
楽しむことができました。

IMG_20170618-005-2395.jpg


IMG_20170618-006-2380.jpg


自然と触れ合う、花を愛でる-
昔は見過ごすことが多かった気がします。
カメラを手にしてからだと思いますが、
年を重ねてもゆっくり自分ペースで楽しめる趣味が
できて良かったと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 2
06.17
Sat

追熟していた梅ですが、
満遍なく追熟ができず気持ち焦っていた矢先、
黄色くなったものにポツポツとしたものが目についたので、
何個か強制追熟することに。
ブロ友さんのご主人がされていたという方法を
調べてみるとありました、ありました。
お湯に20秒ほど浸して水気を切って放置し粗熱をとってから、
他の梅と同じに漬け込みました。


初めての梅の袋漬け

梅 1キロ
粗塩 18%

梅を洗って水気を拭いてなり口をとって、
焼酎でなり口を拭いて、保存袋に梅と塩、
ホワイトリカー50ccを入れてなじませ、
平にして空気を抜いて、

IMG_20170617-001-2300.jpg

重石を敷いて梅酢が上がるのを待つのみ

IMG_20170617-001-2303.jpg

これまでの梅干しは樽に漬けていました。
袋に変わっていただけで、
樽や重石の消毒、
たいした手間ではないというものの、
このステップが省かれるだけでも
なんだか梅干しのハードルが
低くなった感じがします。

追記: 一晩経って先に黄熟していたうちの2個が潰れていたのを発見。
それを取り除いて重石を外しました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 6
06.17
Sat
                           
IMG_20170617-001-2311.jpg


諸説あるようですが、
今年も6月15日に、紫陽花をトイレに飾りました。
でも、過去に15日を忘れた時もあって、
遅れて飾ったこともあります(uu*)

「しもの病気になりませんように」と
願いをこめて紫陽花を逆さまに吊るすこと1年間。
1年経ったら、お礼を言って新しい紫陽花と交換。
紫陽花は月日が経つと小さな花が落ちてくるので
飾るのは西洋紫陽花が良いと実感。

IMG_20170617-002-2315.jpg



母から教わった紫陽花おまじない

IMG_20170617-003-2316.jpg


知人も私も大事に至らなかったということもあって、
風水的に・・・とか、ドライを飾るのは・・とか色々ありますが-
やめて後で後悔したくないので、
きっとこれからも続けるおまじないです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
お手数ですが応援クリックしてくださると嬉しいです。 ^^


関連記事

comment 0
back-to-top